1:2015/01/17(土) 16:22:47.03 ID:PwbeXegx0

※タイトル通りシモネタ多めです

■■談話室■■

サーニャ「わかる、わかるわ芳佳ちゃん 無言なのよね」

宮藤「うん 無言だよね この場合」

ルッキーニ「無言?エーなんでー」

サーニャ「 恥じらいよ!!! 」クワッ!

宮藤(うわっビックリした)

ルッキーニ「んー・・・」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421479366



2:2015/01/17(土) 16:27:24.44 ID:PwbeXegx0

サーニャ「まずハシタナイ言葉を口にできるほどエイラの肝っ玉は座ってないわ」キッパリ

サーニャ「でも受け身のままじゃダメ、本当は先に進む覚悟は出来てる」

サーニャ「そこを伝えたいが為の…ヘタレながらの度胸一発での事なのよ」ドン!

宮藤「そうそう、恥ずかしがって顔も見せないんだよね」

宮藤「腕も回して こう『ギュッ…』 と密着して、肩に顔置く感じで___

宮藤「ん!…ん!…っふ! っあ! エイラさん…私!もう!」ユッサユッサ

宮藤「え!? ちょ!エイラさん!? ダメですって!」アタフタ

宮藤「離し!もう!で っああ!     …みたいなねwww?」

ルッキーニ「オオォ〜〜〜 相変わらず芳佳演技派ダネェェ〜」パチパチ

サーニャ「芳佳ちゃんイイわ もう最っ高! ちょっとトイレ行ってきていいかしら?」

宮藤「ダメダメwww やめてよサーニャちゃんwww」

アハハハハハ キャッッキャッキャ ウフフフフフ



3:2015/01/17(土) 16:35:39.27 ID:PwbeXegx0

宮藤「でも確かにルッキーニちゃん相手だと…う〜ん」

宮藤「そのシチュエーションはベストじゃないかもね」

ルッキーニ「デショー? 大体ヘタレだs

サーニャ「やっぱりルッキーニちゃんとならエイラの錯乱倒錯攻めしかないかも」

サーニャ「シチュは失恋?NTR?いや…想い人の戦死でもいいわね…」

サーニャ「満たされない心と体を慰めるのに、その寂しさを紛らわせようとして」

サーニャ「優しさで傍にいてくれたルッキーニちゃんの上目遣いにズッキュンきちゃって」

サーニャ「何だかんだ葛藤と錯乱の末に押し倒しての騎乗位ポジションね」


サーニャ「 ヘタレ狐の半べそヤケクソSEXよ! 」コブシガッ!


宮藤( スロットル全開だなぁサーニャちゃん  溜まってるのかな? )

ルッキーニ「そいで、必死になりすぎて中出し回避失敗って感じになりそー」

宮藤「あ、それ有りそうwww で逆ギレ的にエイラさんが泣いちゃうんだよね」



6:2015/01/17(土) 16:42:04.38 ID:PwbeXegx0

宮藤「サーニャー サーニャー 何でなんダヨー」(ナリキリ)

ルッキーニ「エイラ〜もうこんな事やめてよー(泣」フリフリ

宮藤「五月蝿いゾ、ルッキーニ 静かにしてろヨー」ズッチャズッチャ

ルッキーニ「エイラもうダメだって! もう____ンァ!」ビクン!

宮藤「 エ…なんで中で出しちゃったんダヨ! 中はサーニャだけなんダゾ! 」

宮藤「 バカバカバカ! 中はサーニャが! サーニャ…サーニ    ウワーーン! 」

サーニャ「プププププ やっぱり泣いてるエイラはカワイイわ」

宮藤「だよね!」

サーニャ「でもちょっと私もほんとに怖くなってきたわ」

宮藤・ルッキーニ「え?」

サーニャ「エイラの余りのマルチロールファイターっぷりに」ガクガク

アハハハハハ キャッッキャッキャ ウフフフフフ


坂本「   …おい宮藤 」


8:2015/01/17(土) 16:47:54.05 ID:PwbeXegx0

宮藤「どうしたんですか坂本さん、さっきからずっと黙ってましたけど」

坂本「うむ… その…お前が言ってたソレなんだがな」

宮藤「エイラさんの錯乱逆ギレレイプですか?」

坂本「違う違う もっと前だ」

宮藤「えっと…  無言の強制中出しだいしゅきホールド、ですか?」

坂本「そう、それだ」

宮藤「坂本さん、軍人たる者__物事は正確に復唱して伝えるべしって」

宮藤「いつも言ってるじゃないですかぁー」

坂本「はっはっは! スマンスマン、横文字が入るとどうにも苦手でなぁ…」


9:2015/01/17(土) 16:51:27.53 ID:PwbeXegx0

坂本「ん! ん”ん! ゴホン!       ・・・・スゥ」

宮藤・サーニャ・ルッキーニ(  ____来るか! )


坂本「 無言の強制中出しだいしゅきホールドだ 」キリリィッ!


「 オォォー 」「 サスガネ 」「 カックイー! 」パチパチパチ(拍手)

宮藤「さすがですw 坂本さんが言うとカッコイイですwww」パチパチパチ

サーニャ「私、ドキッとしました少佐」パチパチパチ

ルッキーニ「少佐のキメ顔で言われたらもう逃げれないって思っちゃった」パチパチパチ

坂本「 ッフ そうか? 」眼帯パカ! & 魔眼キラーン!

アハハハハハ キャッッキャッキャ ウフフフフフ ハッハッハッハッハ



10:2015/01/17(土) 16:54:05.62 ID:PwbeXegx0

ルッキーニ「それでどうしたの少佐?」

坂本「ああ、丁度昨日ミーナにされてしまったものでな」

宮藤「うっわぁ〜 エロいなぁ〜」キラキラ

坂本「しかしだな」

ルッキーニ「少佐は自分がしたい方なんだよねー」

坂本「そうだ!そうなんだ! 解ってくれるかルッキーニ!」

ルッキーニ「少佐いつもいってるじゃーん ベッドでは私は本当は受けタイプなんだって」

サーニャ「でもそれじゃあやっぱりまだ…」

坂本「うむ、未だにミーナが受けのままなのだ…」



11:2015/01/17(土) 16:57:04.22 ID:PwbeXegx0

坂本「私だって扶桑ナデシコの名を背負って立つ身だ」

坂本「組み敷かれてアンアン言いたいし…」

坂本「歯を食いしばってシーツにだってしがみつきたいというのにだ!」

坂本「全部だ!全部ミーナに持って行かれてしまうんだ!」

サーニャ(可哀想な少佐)

坂本「その上強制ホールドまで使われてしまっては…」

坂本「夜伽の立場を逆転するのは更に難しくなってしまったと憂鬱でな」

ルッキーニ「もう〜少佐がサッサと言わないからじゃんー」

坂本「言えるわけないだろう!? 私が悪いのか? 宮藤!お前言えるか?」



12:2015/01/17(土) 17:01:16.23 ID:PwbeXegx0

宮藤「え?     う〜〜〜ん」

宮藤(リーネちゃんの場合…バルクホルンさんの場合…ハルトマンさん………)

宮藤「 坂本少佐、私も言えません! 」

坂本「そうだろう? 意識的でも無意識的でも自然と相手に合わせる気持ちってものが_

ルッキーニ「マンマはやった後は絶対にすぐ反省会しなきゃダメだって言ってたよ?」

坂本「な!」

ルッキーニ「悪かった所と良かった所をちゃんと言い聞かせなさいって」

宮藤(スゴイ… Noと言える外国人…)

坂本「反省会か…今のミーナのニャンニャンっぷりを考えると恐ろしい事が起きそうだ…」

サーニャ(ニャンニャンっぷりって…)



13:2015/01/17(土) 17:04:33.52 ID:PwbeXegx0

ルッキーニ「まあ私はシャーリー相手なら攻めでも受けでもどっちでも良いけど ウシシシシシ」

宮藤「確かにシャーリーさんの包容力なら…どっちでもOKかもね」

坂本「シャーリーの攻めとなるとどうしてもパイ○りの画が浮かぶな私は」

ルッキーニ「使い魔もウサギだから一回燃え上がったら結構スゴイかも!」

ルッキーニ「すれ違いざまとかにー今夜の予告を耳元でささやいてきたり」ニシシシ

坂本「なるほど、あの少し悪戯っぽい声と表情で…うむ、悪くないな」

サーニャ「私としてはやっぱり憧れのお姉さんキャラだから___

宮藤「あ〜アレでしょ? 優しく微笑みながら言われたい?『中で良いぞ』とか」



14:2015/01/17(土) 17:07:02.25 ID:PwbeXegx0

サーニャ「 ふぅ〜〜〜〜 ┐(´ー`)┌ 」頭フリフリ

サーニャ「芳佳ちゃんもまだチョット理解ってない所があるわね」

芳佳(あ、コレちょっと五月蝿い所の琴線に触れちゃった感じだ)

サーニャ「姉キャラって、バルクホルン大尉みたいな妹煩悩タイプだけじゃないの」

サーニャ「シャーリーさんは放任で大らかながらも、要所要所でちゃんと導くタイプなの」

サーニャ「だからこそ現役ウィッチに中出しなんて所業は」

サーニャ「ちゃんとたしなめて叱ってくれる筈よ」

芳佳(サーニャちゃん中出しシチュ好きなんだなぁ〜 まあ私も大好きだけど)

芳佳(選択肢でそれ以外を選ぶ人の気がしれないもん)



15:2015/01/17(土) 17:08:54.11 ID:PwbeXegx0

坂本「はるほど、一理ある」

芳佳「『バカヤロー!何で中に出しちゃうんだよ〜』とか言いながら」

芳佳「枕元のティッシュをシュッ!シュッ!と焦って抜きとるシャーリーさん…」

ルッキーニ「……ブツクサ怒りながら背中を丸めてティッシュで股を拭くシャーリー」

サーニャ「それよ! そういう事よ! 凄くいいわルッキーニちゃんも!」

サーニャ「今私の心のスタンプカードにボーナスで2ポイントが押されたわ!」

アハハハハハ キャッッキャッキャ ウフフフフフ ハッハッハッハッハ



16:2015/01/17(土) 17:15:01.28 ID:PwbeXegx0

サーニャ「はぁ〜 でも私も中出しS●Xしてみたいわ」

宮藤「え? サーニャちゃんだったら、多分エイラさんならいつでも__

サーニャ「ハルトマンさんとか!」

宮藤(Oh…)

サーニャ「どういう感じになるのかしら」

坂本「ハルトマンならわりかし本気になったらキチンと正面切っていってきそうだが」

坂本「割りとフラットな感じで、子供を作りたいとハッキリとな」

サーニャ「いいわ…とっても… 作りましょう、私達の愛の結晶…」ポワーン

宮藤「でもそのイメージなら、本来ミーナ隊長だったんですけどね」

坂本「もう、そうれはいい…」



17:2015/01/17(土) 17:20:53.91 ID:PwbeXegx0

ルッキーニ「でも少佐も悪いんだよー」

坂本「なに?」

ルッキーニ「多分ミーナもベッドで少佐がイマイチノッてないのを肌で感じてるんだよ」

ルッキーニ「体の相性悪いと思われてるのかなぁ〜とかぁ」

ルッキーニ「少佐の数々の女性遍歴の遊びの一人だったのかしらぁ〜 とか」

サーニャ「その辺りの不安からの既成事実化オペレーションだったって事?」

ルッキーニ「そうじゃないカナー」ウンウン

宮藤「ホント坂本少佐は罪作りな人ですね(笑」

坂本「…少し寒気がしてきたぞ」



18:2015/01/17(土) 17:23:42.17 ID:PwbeXegx0

サーニャ「カールスラント組で言えばバルクホルン大尉も直接言ってきそうね」

宮藤「テレッッッテレで耳まで真っ赤にして だけどね」

ルッキーニ「ニャハハハハハ」


坂本「__おっ、そういえば宮藤」

宮藤「 ? どうかしましたか坂本さん」

坂本「この前言ってた申し開き書だが、ちゃんと用意してるか?」

ルッキーニ「え? 芳佳またなんかしたの?」

宮藤「うん… 実はチョットいまトラブってて」エヘヘヘ



19:2015/01/17(土) 17:27:39.99 ID:PwbeXegx0

坂本「10日ほど前にヘルマが基地に寄ったことがあっただろう」

サーニャ「確か…アフリカでの新兵器耐気候テストの移動で基地に一泊した…」

坂本「そうだ その時にヘルマとチョットあってな」

ルッキーニ・サーニャ(・・・?)

宮藤「実はヘルマちゃんへのセクハラ容疑で問題になって」

ルッキーニ・サーニャ(…まぁ驚いたって事はないけど)

坂本「ヘルマが宮藤の直属の上司である私に報告して来た時点では」

坂本「私もなるべく穏便にすまそうと、のらりくらりかわして隠蔽を図っていたんだが」

坂本「私が宮藤を処罰するつもりがないと悟ったのか…」

坂本「事もあろうにミーナや軍上層部にまで報告してしまってな…」



20:2015/01/17(土) 17:31:04.06 ID:PwbeXegx0

ルッキーニ「ウワァオー 思ったよりピンチじゃん芳佳ー」

宮藤「えへへ それで坂本さんが、動きが本格化する前に申し開き書を各方面に送って」

宮藤「事態の沈静化を図ったほうが良いってアドバイスしてくれたんだけどね」

サーニャ(亀の甲より年の功って事かしら…)

サーニャ(流石坂本少佐、泣かせたウィッチは数知れずなだけあるわね)

ルッキーニ「ふーん それで出来たの? 芳佳見せて!」

坂本「どうなんだ宮藤」

宮藤「はい!昨日ちゃんと訓練後に書きました!」ガサゴソ



21:2015/01/17(土) 17:32:27.59 ID:PwbeXegx0

宮藤「じゃあせっかくなんで私読みますんで、感想聞かせてもらっても良いですか?」

坂本「良いだろう、この 『501淑女の会』 の皆で添削してやろうじゃないか」

ルッキーニ「イイヨー!」

坂本「よし!読んでみろ宮藤」

サーニャ「芳佳ちゃん頑張って」

宮藤「おほん! では宮藤芳佳、行きます!」



22:2015/01/17(土) 17:38:41.95 ID:PwbeXegx0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宛_
第501統合戦闘航空団司令 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐
                      並びに軍査問委員会の皆さん


          私は厳重に抗議します!

あの日、あの時、あの場所に…私と同じ境遇になった事もない
人が私を裁くという暴挙を。
そしてヘルマ・レンナルツ曹長の大いなる誤解に基づいた報告
だけを不当に取り上げ、不幸と偶然が重なった事故が私の
セクハラ行為と断定されている現状にです。
断じて許せない。

長旅の疲れと扶桑式の風呂にノボセてしまい、脱衣場にへたり
込んでいたヘルマ曹長を、私が欲望のままに全身くまなく執拗に
舐めまわした…
との今回の案件ですが、この認識自体が大変な誤解なのです。


23:2015/01/17(土) 17:40:38.07 ID:PwbeXegx0

中佐にも先日繰り返し説明した事でありますが、風呂場で倒れて
いたヘルマ曹長を発見した私は当然介抱しようと駆け寄った訳
です。
そこで行った行為は紛れも無い人命救護処置です。
熱っぽいヘルマ曹長を最も効率よく冷やす方法、・・・・そう
私の唾液を全身につける事によって、気化熱の作用で冷却して
いたのです。
限られた時間と選択肢の中でこれ以上の方法があるでしょうか?
いいえ絶対ありえません。

私の救命行為を、変にセクハラに結びつける事こそがそもそもの
間違いの始まりなのです。
なぜその様な誤解が発生したのか、まさか皆様ならそうしたいと…
自分なら当然そんな欲求に駆られるだろう…という推察でしょうか?

己の欲望と、歪んだ性欲を私に重ねて断罪するなど言語道断!



24:2015/01/17(土) 17:41:48.89 ID:PwbeXegx0

ヘルマ曹長をペロペロしたいが余りに、一足お先に初物を頂いた
私に嫉妬の念をいだき、なりふり構わず強権を振りかざす__
残念ながら其れが今の皆様の真の姿なのです。

しかし、私は皆様が今一度この文書を誠意を持って受け止めて
下されば、紳士に反省し、またヘルマ曹長の私への誤解も解いて
いただける物と信じています。

  なぜなら我々は皆、信頼と誠実さをなによりも重んじる、
          誇りある軍人なのだから


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



25:2015/01/17(土) 17:43:24.80 ID:PwbeXegx0

追記、
あとゼイ肉の少ないヘルマちゃんのおっぱいは体温が高いと解かった事。
ロリキャラの魅力はハリのあるちっぱいや、小ぶりで掴みやすいお尻、
スラっと伸びたカモシカのような肢体だけじゃない。
薄くて小さくてかわいいお腹周りもまた素晴らしい…下乳や内ももと同じ
くらい私のペロペロに反応する様子を拝めた事は収穫でした。
(ノボセてない通常時の反応も同様であるかは次回以降の確認事項)

以上、 第501統合戦闘航空団 宮藤芳佳    おわり



26:2015/01/17(土) 17:44:35.10 ID:PwbeXegx0

サーニャ「 グレイト… ユーアーグレティストよ 芳佳ちゃん 」サムズアップ

サーニャ「最後にセクハラのお裾分け情報持ってくるのもポイント高いわ」

坂本「会心の出来だな宮藤!」パチパチパチ

ルッキーニ「芳佳スゴイ! コレじゃ何も言い返せないヨ」

宮藤「えへへへへ みんなありがとう 自信が出てきたよ!」


その時、宮藤達が平和な一時を過ごしている談話室にけたたましいサイレンが鳴り響く

ウゥーーーーーーーーーー! ウゥーーーーーーーーーー!



27:2015/01/17(土) 17:46:14.94 ID:PwbeXegx0

サーニャ「あら もうお昼だわ」

ルッキーニ「おなかすいたー 芳佳お昼ご飯なにー?」

宮藤「今日は昨日のすき焼きの残り使って すき焼き丼だよ」

坂本「そいつはイイな、私は卵半熟とじで頼むぞ」

宮藤「じゃあ今回の定例会はお開きって事で・・・」

宮藤「次回開催時には、私達がさらなる淑女になっている事を願って 解 散! 」

おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421479366/

→→もっとストライクウィッチーズを読む←←