1:2014/07/20(日) 22:09:23.30 ID:Pe9RU0S60

チノ「どうしましょう…こんなこと誰にでも頼めることじゃありません」

チノ「それに中学生にもなっておっぱいが飲みたいなんて恥ずかしいです」

チノ「でも…」

ココア「チノちゃーん。どうしたの?」

チノ(ココアさんなら飲ませてくれそうです///)

ココア「どうしたの?」

チノ「ココアさん…あの、お願いがあるんですが…」

ココア「なに?なんでも言って!!私はチノちゃんのお姉ちゃんだよ」

チノ「それじゃあ…おっぱいを飲ませてください」

ココア「へ?」

チノ「ココアさんのおっぱいを飲ませてください///」

ココア「えええええええええっっっっっ!!!!!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405861753



2:2014/07/20(日) 22:15:38.57 ID:Pe9RU0S60

ココア「な、なんで!?急にどうしたのチノちゃん!?」

チノ「別に…どうしたってことは。ただ…おっぱいが飲みたくなって///」

ココア「えぇ…」

チノ「やっぱり変ですよね。中学生にもなっておっぱいが飲みたいなんて…」ショボン

ココア「ち、チノちゃん…」

チノ「すいません。さっきのことは忘れてください」ショボン

ココア(チノちゃんが悲しんでる!?ダメっ!?わたしはお姉ちゃんなのに…)

ココア「待ってチノちゃん!!」

ココア「あの…おっぱい…飲んでもいいよ?///」

チノ「ココアさん…」

チノ「ホントにいいんですか?」

ココア「うん…だって私はチノちゃんのお姉さんだし…///おっぱいくらいいいよ?」

チノ「ココアさん///ありがとうございます…///」

ココア「でも…ほ、ホントにおっぱいがでるわけじゃないから///」




4:2014/07/20(日) 22:16:25.25 ID:Pe9RU0S60

チノ「わ、わかってます///そういう意味でおっぱいが飲みたいっていったわけじゃ…」

ココア「う、うん…///」

チノ「え、えっと…じゃあ…いいですか?」

ココア「うん…。ちょっと待ってね。今、制服脱ぐから…」

ヌギヌギ

ココア「全部脱ぐとちょっと寒いから、服を捲るからね…」

チノ「は、はい…」

ペロン

チノ「はわわ…」

ココア「チノちゃん…どうかな?///」




5:2014/07/20(日) 22:17:56.23 ID:Pe9RU0S60

チノ「…前から思ってましたけど、ココアさんてやっぱり胸大きいですよね」

ココア「そ、そんなことないよ。リゼちゃんやチヤちゃんに比べたら…」

チノ「あの二人と比べたらダメです!!だったら私なんか…」ショボン

ココア「ふふ…チノちゃんもこれから大きくなるよ?それよりも…」ナデナデ

チノ「…はい」

ココア「ブラもはずして?///」

チノ「は、はい///」

ゴソゴソ

チノ「す、すいません。こういうブラジャー慣れてなくてホックのはずし方が…」

ココア「そっか。チノちゃんまだだもんね。じゃあ…」

ペロン

ココア「ずらしたままでいいよ///」ポヨ

チノ「ココアさんのおっぱい…///」

ココア「チノちゃんはやくぅ…恥ずかしいよ…///」

チノ「は、はい…それじゃあ…」



6:2014/07/20(日) 22:19:31.81 ID:Pe9RU0S60

カランカラン

シャロ「ココアいるー??」


ココア・チノ「「あっ」」

チノ「あ…」

シャロ「う…」

チノ「…」

シャロ「あ、あ、ああアンタ達!?何してるのよーーーっ!!??」

ココア「うあわああああぁぁぁぁ!!!!シャロちゃんに見られたああぁぁぁぁ!!!!!」バタバタバタ

チノ「ココアさんっ!?」

カランコロン

チノ「…どこかに行ってしまいました」

シャロ「ち、ち、チノちゃん…ココアと二人で一体なにして…///」

チノ「ち、違うんです!!別にいやらしいことしてたわけじゃ…」








シャロ「なるほど…ココアの胸を…ってやっぱりいやらしいことじゃない!?」

チノ「すいません…」ショボン




7:2014/07/20(日) 22:20:29.80 ID:Pe9RU0S60

シャロ「ご、ごめんなさい!!別にチノちゃんを責めるつもりは…」

チノ「いえ、いいんです。中学生にもなっておっぱいが飲みたいだなんて私が変だったんです…」ショボン

シャロ(うぅ…責任を感じてしまう…)

シャロ「べっ、別に変じゃないわよ。それくらい普通よ!!」

チノ「えっ…そうなんですか?」

シャロ「そうよ!!普通だから気にしないで!!おっぱい飲みたいのも、飲ませたいのも!!なんならココアの代わりにあたしが…あっ!!」

チノ「えっ…シャロさん、今なんて」

シャロ「しまったぁ〜///いきおいでとんでもないこと…」

チノ「シャロさんのおっぱい…飲んでもいいんですか?」

シャロ「い、いや今のは間違い…」

チノ「シャロさん…」ウルウル

シャロ(うぅ…こんな目で見つめられたら…)



8:2014/07/20(日) 22:21:54.23 ID:Pe9RU0S60

チノ「シャロさん…」ウルウル」

シャロ「わ、わかったわよ!?あた、あたしのおっぱい…飲んで…///」

チノ「シャロさんっ!!」

ガバッ

シャロ「ま、待って!?チノちゃんっ…急に…んっ///」

チノ「ごめんなさい。さっき…ココアさんのおっぱい見たときから我慢できなくて…」ギュ

シャロ「だからってこんな乱暴にっ…まって…じ、自分で脱ぐから…」

チノ「ダメです///私が脱がしてあげます///」

シャロ「やっ…だめ///恥ずかしい…」

チノ「シャロさん…///とっても可愛いです///」

プチプチ

シャロ(年下にいいようにされちゃってるっ)

チノ「シャロさんのおっぱい…」

シャロ「うぅ…言わないで、小さいでしょ///」

チノ「そんなことありません…とってもかわいいです///」

シャロ「チノちゃん…///」




9:2014/07/20(日) 22:22:51.61 ID:Pe9RU0S60

チノ「シャロさん…///」

シャロ「…きてぇ…おっぱい飲んでぇ///」

チノ「は、はいっ…///」

カランコロン

チヤ「こんにちは〜、シャロちゃんがお邪魔してないかしら?」

ココア・シャロ「「あっ」」

チヤ「あら〜」








チヤ「あら〜そんなことが…」

シャロ「そうなの!!だから決していやらしいことしてた訳じゃないから…」

チヤ「ふふ…

シャロ「こ、このことはリゼ先輩には…」

チヤ「もう、シャロちゃんたら。言うわけないでしょ。それよりも…」

シャロ「な、なによ?」

チヤ「そろそろバイトの時間じゃ…」

シャロ「あああぁぁっ!!!遅刻する〜〜!!!」バタバタ




11:2014/07/20(日) 22:23:54.37 ID:Pe9RU0S60

カランコロン

チノ「あっ…シャロさんっ…」

チヤ「もう、シャロちゃんったら…ねえ、チノちゃん」

チノ「は、はい」

チヤ「チノちゃんはおっぱいが好きなの?」

チノ「…はい。やっぱり変でしょうか?」

チヤ「そんなことないわ。私もおっぱい大好きだもの」

チノ「チヤさんもですか?」

チヤ「ええ、そうよ。特にリゼちゃんのおっぱいなんか…」

チノ「わかります!!わたしもリゼさんのおっぱい大好きです!!大きくて、柔らかそうで…」

チヤ「あらあら…」

チノ「はっ!?すいません…つい語ってしまって…」

チヤ「ふふ…いいのよ。それよりも…」

チノ「??」



12:2014/07/20(日) 22:24:41.14 ID:Pe9RU0S60

チヤ「シャロちゃんとの邪魔しちゃったみたいだし…代わりに私のおっぱい飲む?」チラッ

チノ「ち、チヤさん///和服の胸元からおっぱいが…」

チヤ「チノちゃんたら照れちゃって可愛いわ///ほら?おいで?」

チノ「はい…///」

ギュ

チノ「チヤさんのおっぱいおっきくて…すごく柔らかいです///」フニフニ

チヤ「もう…チノちゃん甘えちゃって///赤ちゃんみたい///」ナデナデ

チノ「んっ///おっぱい…///」

チヤ「ふふ、可愛いわ///」

チノ「ち、チヤさん///は、はやくおっぱい飲みたいです///」

チヤ「もう…そんなに焦らないで?全部脱ぐのは恥ずかしいから…かたっぽだけね?///」ポヨン

チノ「そ、そんなエッチな格好で…」

チヤ「恥ずかしい///」

チノ「は、早く…///」




13:2014/07/20(日) 22:25:31.80 ID:Pe9RU0S60

チヤ「ふふ…でもその前に聞かせて?

チノ「??」

チヤ「チノちゃんはなんで、そんなにおっぱいが好きなのかしら?」

チノ「そ、それは…やっぱり…近くにリゼさんがいたから…でしょうか?」

チノ「リゼさんがラビットハウスで働くようになってから…気がつけばいつも私はリゼを目で追ってました」

チノ「リゼさんは魅力的で、頼りになって…わたし、リゼさんのことばかり考えるようになってしまって…」

チノ「そうしたら、リゼさんに触れたい…リゼさんのおっぱいが気になるようになってしまって…おっぱいが飲みたいって///」

チヤ「ふふ…」

チノ「な、何か変ですか?」

チヤ「ううん。ちっとも変じゃないわ。チノちゃん…アナタのその気持ちはおっぱいへのものじゃないわ」

チノ「えっ」




14:2014/07/20(日) 22:27:11.24 ID:Pe9RU0S60

チヤ「きっと私のおっぱい、ココアちゃんやシャロちゃんのおっぱいを飲んだってその気持ちが満たされることはないわ」

チノ「それは…どういう…」

チヤ「だってね。アナタのその気持ちはリゼちゃんへの恋心だもの」

チヤ「わ、私が///リゼさんに恋…///」

チヤ「そうよ。だからね、誰のおっぱいでも飲んでいいものじゃないわ。ちゃんとリゼちゃんに気持ちを伝えて、それから…ね?」

チノ「チヤさん…」

チヤ「ちょっとおせっかいが過ぎたかしら?」

チノ「そんなことありません!!わたし、がんばります!!」

チヤ「ふふ」

カランカラン

リゼ「ただいまー。おっ、チヤ来てたのか?」

チノ「り、リゼさん!?」




15:2014/07/20(日) 22:27:57.52 ID:Pe9RU0S60

チヤ「じゃあ、私はこれで失礼するわ。チノちゃん頑張って!!」

チノ「はい!!」

リゼ「??」

カランカラン

リゼ「なんだったんだ?」

チノ「リゼさん…」

リゼ「ん?なんだ、チノ?」

チノ「大事なお話があります」

リゼ「な、なんだよ…あらたまって。き、緊張するじゃないか」

チノ「わたし…」ドキドキ

リゼ「…」

チノ「リゼさんのことがっ…好きなんです///」

リゼ「…」



16:2014/07/20(日) 22:28:41.68 ID:Pe9RU0S60

チノ「あの…」

リゼ「…じゃなくてか?」

チノ「え?」

リゼ「こ、ココアじゃなくて…私でいいのか…」ポロポロ

チノ「リゼさん!?どうしたんですか、泣かないで…」

リゼ「ごめん…嬉しくて…わたしはてっきり…チノはココアのことが好きなんだと…」ポロポロ

チノ「違います…私はずっとリゼさんのこと…」ギュ

リゼ「なんだ…両思いだったのか…」ギュ

チノ「リゼさん///」

リゼ「チノ///」

チノ(あっ、りぜさんのおっぱいに顔が…///)

リゼ「ん?なんだ?胸が気になるのか?」

チノ「べ、べつにそんなことは///」




17:2014/07/20(日) 22:29:20.10 ID:Pe9RU0S60

リゼ「恥ずかしがらなくてもいいんだぞ?今日から私はチノのモノなんだから…///おっぱいだって///」ゴソゴソ

リゼ「ほら?チノの好きに使っていいんだぞ////」ボヨン

チノ「り、リゼさん…///」ギュ

リゼ「なんだ?チノはおっぱいが飲みたいのか?///」

チノ「はい///飲みたいです///リゼさんのおっぱいが飲みたいです///」

リゼ「…私も飲んで欲しい…きて///」


チノ「リゼさ…くっ…がああっ…はぁはぁっ…なんだ…」

キィィィィィン

リゼ「ち、チノ!?どうしたんだ!?」



18:2014/07/20(日) 22:30:11.04 ID:Pe9RU0S60

キィィィィィン

チノ「何故だ…抑えられない…ぐっ…うがああああああああああああ!!!!」

メキメキメキ

リゼ「きゃあああああああああああ!!!」

チノ「はぁはぁ…な、なんで…勝手に裏返って…」

リゼ「ち、チノなのか?…なんなんだ…その姿は…」

チノ「!? り、リゼさんに見られ…」

ガシャァァァァァン

ZET「クソッ!!暴きの輪か、厄介な…」

リゼ「こ、今度は何なんだ…」

チノ「貴様がZETかぁっ!?貴様のせいでこの姿を…」

ZET「悪いが今はお前の相手を…くっ!!お前ら伏せろ!!」

ヒューン  ガシャーーン

アルファス「ほう…ただ逃げているだけかと思ったがプレイヤーのところまで誘い出してくれたか。大方、二人がかりで私を倒そうということだろうが」カチャ

ZET「待て!!高我!!こいつらは関係ない!!静かに暮らしていただけだ!!」



19:2014/07/20(日) 22:31:37.75 ID:Pe9RU0S60

アルファス「悪の声など聞く耳持たん!!正義執行!!」バンッ

ZET「クソっ!!」

ガンガンッ

アルファス「庇うか…やはりお前も真にプレイヤー側ということか」

ZET「黙れ!!お前にどうこう言われる筋合いはない。おいっ」

チノ「な、なんだ!?」

ZET「ツレの女を連れて早く逃げろ!!」

チノ「私を助けるというのか。貴様は我々を抹[ピーーー]るハンターでは…」

ZET「いいから逃げろっていってんだ!!早くしろ!!」


チノ「…わかった」ヒュン

リゼ「え…チノ!?」ヒュン

ZET「ふんっ…」




21:2014/07/20(日) 22:32:10.26 ID:Pe9RU0S60

アルファス「つくづく貴様は悪だな。だが、貴様の野望は食い止める!!この私がいる!!正義は悪に屈しない!!」

ZET「甘ェんだよ…正義ごときが悪に勝てると思ってんのか!?」

ZET「テメェが正義で俺が悪なら結果は見えてんだろ!!死ぬのは<正義>テメェだ!!」

アルファス「やはり貴様欺いていたか!!この私を!!」

アルファス「キサマを本物のヒーローと憧れ親友であることが誇りだった私の心を踏みにじったのか!?」

ZET「知るかよ間抜け。正義なんて知ったこっちゃねェと何度も言ったろ!!」

ZET「だいたいオレはテメエのことを親友だとか一ミリも思ったことがねえぜ!!」

アルファス「ぐああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

ガッガッガッガッ

ZET「がはっ…」

アルファス「許さんっ!!許さんっ!!」

ガッガッガッガッ

ZET(高我…お前が終わらせろ…オレはもう…生きたくねエんだ…)

アルファス「その名を恥じて[ピーーー]!!ジン!!」

ZET「ふん…グダグダ言ってねエでさっさと殺ったらどうだ」

バンッ

                          正義の居場所編‐完‐



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405861753/