1:2016/03/17(木) 01:56:40.69 ID:MwYB8yza0

サトシ「うっ!」ドピュッ

サトシ「はぁ…またヌメルゴンで抜いちゃったぜ」

サトシ「あいつのこと、今でも大切な仲間だって思ってるのに」

サトシ「ヌメルゴン…元気にしてるかな」

サトシ「……駄目だ、あいつのこと考えたらまた…」

サトシ「うぅ…ヌメルゴン……ヌメルゴン……」シコシコ

サトシ「ごめんよ…自分のポケモンで自慰する最低なトレーナーで…」

サトシ「うっ!」ドピュッ

サトシ「はぁ…会いたいよ。ヌメルゴン」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458147390



2:2016/03/17(木) 02:01:44.14 ID:MwYB8yza0

次の日


セレナ「サトシ、体調でも悪いの?」

サトシ「えっ?」

セレナ「何だかいつもより元気がないから」

サトシ「そ、そんなことないよ。俺はいつだって元気だぜ!」

シトロン「でも今日はご飯だって残したじゃないですか」

サトシ「それは……」

シトロン「サトシ、何かあったんですか?」

サトシ「………」

シトロン「言ってくれれば力になりますよ」

セレナ「サトシ…」

サトシ「いや…大丈夫だよ。少し睡眠不足でさ」

シトロン「…そうですか。じゃあ今日は早めに旅を終えましょう」

セレナ「うん。それがいいわ」

サトシ「ありがとう。二人とも」

サトシ(本当はヌメルゴンで自慰をしていたなんて、絶対に言えない)

サトシ(ごめん。みんな)

ユリーカ「プニちゃーん!」

プニちゃん「プニプニ」


3:2016/03/17(木) 02:03:38.41 ID:MwYB8yza0




サトシ「うっ!」

サトシ「…何やってんだよ俺、みんなに迷惑かけたばっかりなのに」

サトシ「はぁ。最低だな、俺って」

サトシ「今日はもう寝よう。これ以上みんなに迷惑はかけられない」


「会いたいか?」


サトシ「えっ?」


「愛するポケモンに…会いたいか?」


サトシ「だっ、誰だッ!」



プニちゃん「我だよ」

サトシ「え……プニちゃん!?」


4:2016/03/17(木) 02:05:44.06 ID:MwYB8yza0

サトシ「プニちゃんって…喋れたんだな」

プニちゃん「まあな。まぁそんなことはどうでも良い」

プニちゃん「我は前からお前が夜な夜な自慰に身を注いでいるのを知っていた」

プニちゃん「当然、自分のポケモンをネタにしていることもな」

サトシ「は、はぁ……」

プニちゃん「お前が何をしようとナニをしようと我には関係のないことだ」

プニちゃん「だが、今日のように旅に支障をきたされるとこちらとしても非常に迷惑なのだ」

プニちゃん「そこで、いつも頑張っているお前の為に我が一肌脱いでやろうというわけだ」

サトシ「一肌脱ぐって…どうするつもりなんだ?」

プニちゃん「なにも単純なことさ」

プニちゃん「お前をあのポケモンのところまで連れていってやろう」


5:2016/03/17(木) 02:08:13.54 ID:MwYB8yza0

サトシ「えっ、本当に!?」

プニちゃん「ああ。知り合いに空間に詳しいポケモンがいるのでな。そいつに頼もうと思うのだ」

サトシ「ありがとうプニちゃん!これでまたヌメルゴンに会えるよ!」

プニちゃん「まぁ落ち着け。決行は明日の夜だ」

プニちゃん「お前も疲れているだろうし、我にも色々と準備があるからな」

サトシ「ああ。わかった!」

プニちゃん「それでは我は戻るとしよう。ユリーカが愛しくなってきたのでな」

サトシ「明日は頼んだぞ!プニちゃん」

プニちゃん「ふっ、任せておけ」


6:2016/03/17(木) 02:09:36.76 ID:MwYB8yza0

次の日の夜


サトシ「いよいよだな」

プニちゃん「言っておくが、今回だけだからな」

サトシ「ああ。わかってる」

プニちゃん「では紹介しよう。友人のフーパくんだ」

フーパ「ンンンフゥパァァァァ!!」

サトシ「お前、フーパじゃないか!久しぶり!」

プニちゃん「なんと。知り合いだったのか」

サトシ「ああ。映画で共演したんだ」

プニちゃん「それならば話が早いな。サトシ、準備はいいか」

サトシ「いつでもいけるぜ!」

プニちゃん「よし。ではフーパくん、サトシをヌメルゴンのもとまで送ってやってくれ!」

フーパ「ンンンフゥパァァァァ!!」グィングィン

プニちゃん「二時間後に迎えに行く。それまで存分に楽しむんだぞ!」

サトシ「ありがとな!プニちゃん」

プニちゃん「うむ!」


7:2016/03/17(木) 02:14:13.50 ID:MwYB8yza0

湿地滞


サトシ「ここは…ヌメルゴンのいる湿地滞みたいだな」

サトシ「ワープ成功か。凄いぜフーパの奴、一匹ほしいぜ」


その時、サトシは自分のもとに何かが来る気配を感じた


サトシ「!?……この足音は、まさか!」

ヌメルゴン「ヌメェェェェ!」ダキッ

サトシ「ヌメルゴン!」

ヌメルゴン「ヌメェェェ…」スリスリ

サトシ「ヌメルゴン…お前の方から来てくれるなんてな」

サトシ「本当によかった…また会えて…」

サトシ「ずっと……会いたかったよ…」ポロポロ

ヌメルゴン「ヌメェェェ」


8:2016/03/17(木) 02:18:12.03 ID:MwYB8yza0

サトシ「それにしても、相変わらず全身ヌメヌメだな」サワサワ

ヌメルゴン「ヌメ……!」

サトシ「お前だってその気があるんだろ。ヌメルゴン」

ヌメルゴン「ヌ……ヌメェ……///」

サトシ「今まで離ればなれだった分、埋めあおうぜ」

ヌメルゴン「ヌメ………///」ポッ

サトシ「よし、じゃあ早速ヌメルゴンの乳首ゲットだぜ!」ジュポ

ヌメルゴン「!?…ヌメェ!」

サトシ「はぁぁ…かわいいよ…ヌメルゴン」ジュルジュルジュポジュルジュポ

ヌメルゴン「ヌ…ヌメェェ……!」

ヌメルゴン「ヌメェェェェ!!!」ビクビク

サトシ「はは、乳首だけでイクなんてエッチだなヌメルゴンは」

ヌメルゴン「ヌメェ…」


9:2016/03/17(木) 02:20:57.79 ID:MwYB8yza0

サトシ「そろそろ俺のもいじってくれよ」ボロン

ヌメルゴン「ヌメェ!」

サトシ「舐めれるよな」

ヌメルゴン「ヌメェ…」ジュポジュポ

サトシ「うわっ……!すげぇ。口の中がローションみたいだぜ」

ヌメルゴン「ヌメェ…ヌメェ…」シュルシュル


ヌメルゴンは触手でサトシの乳首をいじりはじめた


サトシ「あっ…やばい。気持ちよすぎる……!」ハアハア

ヌメルゴン「ヌメェ…!」ジュポジュポ

サトシ「!?…もう……イく!」ドピュッ

ヌメルゴン「ヌメェ!?……ケホッ!ケホッ!」

サトシ「あっ…大丈夫か?」

ヌメルゴン「ヌメェ…!」ニコッ


10:2016/03/17(木) 02:25:45.80 ID:MwYB8yza0

サトシ「さて、そっちの下はどうなってるかな」

ヌメルゴン「!?…ヌメ!!」

サトシ「ここが一番ヌメヌメだぜ。ヌメルゴン」ニギィ

ヌメルゴン「ヌメェ…ヌメェ!」

サトシ「体のわりに意外と小さいんだな」シコシコシコシコシコシコ

ヌメルゴン「ヌメェェェェ!」

サトシ「どうしたヌメルゴン!またイキそうなのか?」シコシコシコシコ

サトシ「さっきから思ってたけど意外と早漏れだよなぁ!」シコシコシコシコ

ヌメルゴン「ヌメェェ……!!」

サトシ「よし、がまんだ!」

ヌメルゴン「ヌ、ヌメェ!?」

サトシ「お前の得意技だろ。ヌメルゴン」

ヌメルゴン「ヌメェ……」


11:2016/03/17(木) 02:28:31.40 ID:MwYB8yza0

サトシ「そろそろ後ろを使わせてもらうぜ」

ヌメルゴン「!?…ヌメェ!」

サトシ「ほぐす必要は無さそうだな」ヌメヌメ

ヌメルゴン「ヌメェ……!」

サトシ「いくぜ!ヌメルゴン!!」ズボッ

ヌメルゴン「!!…ヌメェェェェ!」

サトシ「すげぇ…めちゃくちゃ気持ちいい…!」パンパン

ヌメルゴン「ヌメェ……!!」

サトシ「ヌメルゴン、まだだぞ。まだがまんするんだ!」パンパン

ヌメルゴン「ヌメェ…ヌメェ…!」

サトシ(くっ……俺ももうイきそうだ!)

サトシ「今だヌメルゴン!がまんをときはなて!」

ヌメルゴン「ヌ……ヌメェェェェ!!」ドピュッドピュッ

サトシ「俺もイく……!」ドピュッ


12:2016/03/17(木) 02:30:46.02 ID:MwYB8yza0

サトシ「ふぅ……凄い出たな、ヌメルゴン」

ヌメルゴン「ヌメェ……」

サトシ「……どうだ、湿地滞のみんなと仲良くしてるか?」

ヌメルゴン「ヌメ!」コクリ

サトシ「そうか。それなら安心だな」

サトシ「とにかく、元気そうで良かったよ」

ヌメルゴン「ヌメェ!ヌメェ!」スリスリ

サトシ「あはは。かわいいなヌメルゴンは」

サトシ「……なあ、もう一回いけそうか?」

ヌメルゴン「ヌ…ヌメェ///」コクリ

サトシ「ヌメルゴン……」

ヌメルゴン「ヌメェ……」ドキドキ


13:2016/03/17(木) 02:36:06.32 ID:MwYB8yza0

2時間後


プニちゃん「そろそろ時間だぞ」グィングィン

フーパ「ンンンフゥパァァァァ!!」

サトシ「プニちゃん!フーパ!……わかったよ」パンパン

サトシ「ヌメルゴン、悪いけど俺そろそろ戻らなくちゃ」パンパン

ヌメルゴン「ヌ…ヌメェェェェ!」ドピュッ

サトシ「うっ…俺も……!」ドピュッ

サトシ「ふぅ…ヌメルゴン、今日はありがとな」チュッ

ヌメルゴン「ヌメェ……///」

サトシ「これからも湿地滞のポケモン達を守ってやってくれ」

ヌメルゴン「ヌメ!」コクリ

サトシ「うん。じゃあな、また来るよ」グィングィン

ヌメルゴン「ヌメェ!!」



ヌメルゴン「………ヌメェ」グスン

ヌメルゴン「…ヌメェ……ヌメェ……!」ポロポロ

───
──────
─────────


14:2016/03/17(木) 02:39:02.17 ID:MwYB8yza0

─────────
──────
───

サトシ「うっ……ううっ……」ポロポロ

プニちゃん「我はもう戻る。お前も早めに寝るのだぞ」

サトシ「ああ……わかってる」ポロポロ

プニちゃん「うむ。フーパくん、今日はありがとな」スタスタ

フーパ「ンンンフゥパァァァァ!!」



サトシ「……なあフーパ、話があるんだけどさ」

フーパ「?」

サトシ「俺のポケモンにならない?」




終わり


15:2016/03/17(木) 02:39:57.22 ID:MwYB8yza0

以上です。
ヌメルゴン可愛いから書いた


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458147390/