1:2016/07/14(木) 10:30:58.47 ID:mWSmV50W0

ツツジ「だらしないですわね……まあ嫌いじゃありませんけど」

ツツジ「まだ年端も行かないわたくしに踏まれて興奮するなんて」

ツツジ「どうしようもない変態さんですわね」クスクス

ツツジ「ほら、これがいいんでしょう?タイツ大好きですものね」グニグニ

ツツジ「気付いてないとでも思ったんですか?
    あなたがいつもチラチラ見てるのなんてお見通しですよ」

ツツジ「駄目です。今イったら続きしてあげませんからね」

ツツジ「やめませんよ?ほらほら、我慢我慢」


2:2016/07/14(木) 10:31:23.47 ID:mWSmV50W0

ツツジ「あっ……」

ツツジ「イっちゃいましたね。残念ですがこれで終わりです」

ツツジ「そんな顔しても駄目です」

ツツジ「駄目ですってば……」

ツツジ「うーん……」

ツツジ「まあ……そこまで言うなら。
    代わりにタイツに付いた精液舐め取って綺麗にしてください」

ツツジ「……そうですか。なら、この話は無かった事に」


3:2016/07/14(木) 10:31:53.05 ID:mWSmV50W0

ツツジ「そうそう。やればできるじゃないですか」クスクス

ツツジ「どうですか?自分の精液の味は」

ツツジ「まあ……そうでしょうね」

ツツジ「……いいでしょう。約束通り、続きをしてさしあげますわ」


4:2016/07/14(木) 10:35:15.22 ID:mWSmV50W0

しゅるっ……パサッ

ツツジ「さて……上を脱いでみましたけれど。興奮しますか?」

ツツジ「……ああ、聞くまでもありませんでしたわね」

ツツジ「さっき出したばかりだというのに……」

ツツジ「見ての通りですわ。小ぶりですけれど……
    まあ……年齢相応でしょう?」

ツツジ「え……このぐらいの方が好きなんですか?
    変態でロリコンで本当にどうしようもないですわね」


5:2016/07/14(木) 10:36:42.91 ID:mWSmV50W0

ツツジ「……こういうのをパイズリと言うんでしょうか。
    胸が小さいとあまり上手くできませんわね」ムニムニ

ツツジ「え……パイズリしながら?いいですけど……」

ツツジ「あむ……れろ……ん……」

ツツジ「ちゅ……んむ……はむ……」


6:2016/07/14(木) 10:39:40.57 ID:mWSmV50W0

ツツジ「!」

ツツジ「けほっ……けほっ……」

ツツジ「もう……イくならイくと言ってくださいよ」

ツツジ「あなたに舐めさせておいてあれですけれど……
    あまり口にしたい味ではありませんわね」

ツツジ「……まあ口に残った分くらいは」ゴクン

ツツジ「のど越し最悪ですわ……」


7:2016/07/14(木) 10:40:31.69 ID:mWSmV50W0

ぬぎぬぎ

ツツジ「ほら……これで全部ですわ」

ツツジ「ええ、まあ……。
    人前で素肌を晒すというのは少し抵抗がありますわね」

ツツジ「褒めても何も出ませんわよ?」

ツツジ「上手いこと言ったつもりですか……
    そりゃあなたは出るでしょうけれど」


8:2016/07/14(木) 10:45:35.04 ID:mWSmV50W0

ツツジ「……どうですか?スマタの感触は」コスコス

ツツジ「わたくしですか?わたくしはその……」

ツツジ「何言ってるんですか……そんなわけないでしょう?」

ツツジ「……んっ……はぁっ……」

ツツジ「い、今のは違います!今のは何というか……」

ツツジ「……まあいいでしょう。
    そういうことにしておいてあげますわ」


9:2016/07/14(木) 10:46:22.53 ID:mWSmV50W0

ツツジ「どんどん溢れてきますわね……ぬるぬるですわ」

ツツジ「あの……生えていた方が良かったですか?」

ツツジ「まあそうですわよね。あなたロリコンですし」

ツツジ「まだ生えていない内に楽しめて良かったですわね」

ツツジ「もうこんなチャンス一生無いと思いますし、
    せいぜい感謝してほしいですわね」

ツツジ「あっ……またこんなに出して……」

ツツジ「後でちゃんと床掃除してもらいますからね」


10:2016/07/14(木) 10:50:26.61 ID:mWSmV50W0

ツツジ「え……もう我慢できない?今すぐ挿れたいんですか……?」

ツツジ「えっと……その……どうしても……?」

ツツジ「まあ……どうしてもと言うなら……し、仕方ないですわね……」

ツツジ「……ほら、好きにしていいですわよ」くぱぁ


11:2016/07/14(木) 10:51:31.90 ID:mWSmV50W0

ツツジ「はぁっ……ん……」

ツツジ「そんな、いきなり……!」

ツツジ「も、もうちょっとゆっくり……」

ツツジ「んっ……」

ツツジ「痛っ……!」


12:2016/07/14(木) 10:52:28.58 ID:mWSmV50W0

ツツジ「はーっ……はーっ……」

ツツジ「……あら、もう抜いてしまうんですの?」

ツツジ「いえ……確かに痛かったですけれど……
    初めてならそういうものではないのですか?」

ツツジ「……もう。変なところで優しいんですから」

ツツジ「そういう所がわたくしは……いえ、何でもありませんよ」

ツツジ「……そうですわね。持ってきていただけますか?」


13:2016/07/14(木) 10:53:23.29 ID:mWSmV50W0

ぬりぬり

ツツジ「ローション……塗り終わりましたよ」

ツツジ「まあ……これなら大丈夫でしょう」

ツツジ「ではもう一度……」

ツツジ「んっ……まだ少しキツいですわね」

ツツジ「……ええ。ゆっくり……動いていただけますか?」


14:2016/07/14(木) 10:55:51.75 ID:mWSmV50W0

ツツジ「あっ……んっ……」

ツツジ「凄いですわ……体の内側から押し上げられるような……」

ツツジ「……はい。今度はその……気持ちいいですわ……」


15:2016/07/14(木) 10:58:00.07 ID:mWSmV50W0

ツツジ「ふぁうっ……」

ツツジ「す、すみません……変な声が」

ツツジ「べっ、別に可愛くはないでしょう……!」

ツツジ「意地悪ですわ……」


16:2016/07/14(木) 10:59:55.78 ID:mWSmV50W0

ツツジ「あの……はぁっ……わたくし……そろそろ……んっ……」

ツツジ「あっ……ん……出していいですよ……わたくしのナカに……」

ツツジ「でも……やぁっ……おね、がいっ……が……あります……」

ツツジ「ちょっと……ひぅっ……怖いので……」

ツツジ「手を……握ってて……んっ……くれませんか……?」

ツツジ「ふふ……温かくて……安心しますわね……」ギュッ


17:2016/07/14(木) 11:01:17.24 ID:mWSmV50W0

ツツジ「あっ……もうっ……!」

ツツジ「――――ッ!!!!!」ビクンッビクンッ


18:2016/07/14(木) 11:01:51.37 ID:mWSmV50W0

ツツジ「え……本当にナカに出して良かったのかですって?」

ツツジ「まさか……駄目に決まってますわ、そんなの」

ツツジ「それはそうでしょう。その……赤ちゃんできちゃいますし」

ツツジ「……そうですね。ですから……」



ツツジ「責任……取ってくださいね?未来の旦那様……」ニコ


おわり


19:2016/07/14(木) 11:02:20.00 ID:mWSmV50W0

無言視点って書き忘れてた……


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1468459857/