1:2015/01/06(火) 22:14:37.54 ID:4vF6g/hpO

八幡を皆で攻略するお話
ニューゲームで戻る限界は高校入学まで後で安価


最初にニューゲームする人物を3人選びます(結衣・雪乃・八幡以外)
※ニューゲームしてなくても攻略は可能


安価下10までで多かった三人

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420550077



2:2015/01/06(火) 22:15:25.77 ID:um2ipZ+R0

はるのん


3:2015/01/06(火) 22:16:30.23 ID:xkN+na+Ao

いろはす


4:2015/01/06(火) 22:17:04.32 ID:9hr/J5gG0

小町


5:2015/01/06(火) 22:17:07.31 ID:ZzjQ8jRVo

小町


6:2015/01/06(火) 22:17:37.22 ID:i524W19QO

こまち


7:2015/01/06(火) 22:18:13.00 ID:c2/ankJ20

陽乃


8:2015/01/06(火) 22:20:33.59 ID:DL65merd0

こまち


9:2015/01/06(火) 22:21:44.01 ID:oD6ODYTo0

はるのん


10:2015/01/06(火) 22:23:21.98 ID:INEHj+Dlo

はるの


11:2015/01/06(火) 22:27:35.53 ID:fi2FTZxKO

いろはすー


12:2015/01/06(火) 22:30:57.61 ID:4vF6g/hpO


ニューゲーム者
結衣
雪乃
いろは
小町
陽乃

戻る過去

コンマ下1
偶数なら2年
奇数なら1年



13:2015/01/06(火) 22:32:04.09 ID:QKV+JxjAO




14:2015/01/06(火) 22:54:54.88 ID:4vF6g/hpO

一年スタート

結衣side

結衣「目が覚めたら入学式前に戻ってた……」

結衣「訳がわからないよー!」

結衣「そうだ!ゆきのん!」

―――

雪乃side

雪乃「……どうなってるのかしら」

陽乃「ひゃっはろー!」

雪乃「……姉さん。どうしたの」

陽乃「いやー……これから独り暮らしする雪乃ちゃんのこと考えたら寂しくてー」

雪乃「欠片も思ってないでしょうに……」

陽乃「……」ジー

雪乃「……何かしら?」

陽乃「んー。普段の雪乃ちゃんなら問答無用で追い出してくるのになーって思って」

雪乃「……それもそうね。出ていって頂戴」

陽乃「ひどいっ!?」


16:2015/01/06(火) 23:13:37.66 ID:4vF6g/hpO

いろはside

いろは「……いみわかんないですけど……」

いろは「何で私中学生になってんの!」

いろは「いや、それ以前にまた受験!?嘘!?」


―――

小町side

小町「……うわー」

八幡「……どうした」

小町「いやー……今小町ちょっと混乱してるの」

八幡「はぁ?」

小町「ねぇ、お兄ちゃんって中学生?」

八幡「もうすぐ高校だが……」

小町「……だよねぇ」

八幡「頭でも打ったか」

小町「……あーもう……結衣さんや雪乃さんはどうなんだろ……」

八幡「?」



19:2015/01/06(火) 23:25:53.99 ID:4vF6g/hpO


小町(……お兄ちゃんを事故にあわせたくないしなぁ……)

小町(どうもお兄ちゃんは記憶ないみたいだし)

小町(朝早く出掛けなかったら事故にはあわないけど)


八幡「……」

小町(……そうなると結衣さんと会わないしなぁ……)


八幡「お前……どうしたの」

小町「お兄ちゃんのせいだよ!」

八幡「えぇ……理不尽じゃないですかね」

小町「うーん」



21:2015/01/06(火) 23:37:43.78 ID:4vF6g/hpO


入学式前日

小町(……どうしよどうしよ……雪乃さんたちに電話しようかな……)

コンマ下1

偶数で電話
奇数でしない



22:2015/01/06(火) 23:38:01.89 ID:brd3pQfFo

ほい


25:2015/01/06(火) 23:44:08.26 ID:4vF6g/hpO

ごめん冒頭抜けてた>>23




小町(うー。もし二人に記憶がなかったら変に思われちゃうし……)

小町「どうしよー!」


八幡「……思春期か」



23:2015/01/06(火) 23:42:11.55 ID:4vF6g/hpO


入学式


八幡「いってきまーす」

小町「お、おおおにいちゃん!」

八幡「あ?なに?」

小町「車には気を付けてね!後犬!犬連れてる女の子がいたらリードに気を付けてもらっといて!」

八幡「はぁ?」

小町「とにかく!わかった!?」

八幡「……あ、ああ」


コンマ下1

奇数で結衣と出会う
偶数で雪乃
ゾロ目でニューゲーム者から一人自由安価



24:2015/01/06(火) 23:42:57.31 ID:hJxRHlyfO

ほい


28:2015/01/07(水) 00:11:55.60 ID:4bPiiOPPO


結衣「……あ!いた!」

八幡「……」シャー

結衣「ちょ!ちょっと!何で無視するの!」

八幡「え。ちょ」ガタッ

結衣「へ?わわわ!」

ガシャン

八幡「……だ、大丈夫か」

結衣「う、うん。ごめん。ヒッキーこそ大丈夫?」

八幡(ヒッキー?え?俺?どういう意味ですかそれ)

八幡「はぁ……まぁ自分は大丈夫ですが」

結衣「よかったぁ……間に合った」

八幡「?」

結衣「えーっと……」

結衣(どうしよう!何も考えずだった!)

コンマ下1

偶数でイベント継続



33:2015/01/07(水) 00:27:55.36 ID:4bPiiOPPO


結衣「えーっと……はじめまして……?」

八幡「……はぁ。はじめまして」

八幡(何だこの人。新手の勧誘か何かか)

結衣「……」

結衣(やっぱりヒッキー覚えてないんだ)

八幡「えーっと……俺学校なんで」

結衣「あ!ご、ごめんね。引き留めて」

八幡「それじゃあ」

結衣「うん。またねー」


八幡「……またね?」

―――

学校

結衣「ゆきのーん!」

雪乃「由比ヶ浜さん」

結衣「よかったよぉ……ゆきのんは覚えててくれて」

雪乃「……そうね。何故戻ってしまったのかしら」

結衣「これからどうしよ……」

雪乃「……そうね」




34:2015/01/07(水) 00:45:12.74 ID:4bPiiOPPO


八幡「……ここか」

一年のクラスメイトは

安価下5までで多かった三人

雪乃以外




35:2015/01/07(水) 00:46:00.96 ID:c/Z89N9AO

川崎


36:2015/01/07(水) 00:46:37.26 ID:8QumbnPXo

川崎


37:2015/01/07(水) 00:49:21.65 ID:jlnQwQLxO

結衣


38:2015/01/07(水) 00:50:07.41 ID:VXvWRFPDo

相模


39:2015/01/07(水) 00:51:06.34 ID:iopxdg0zO

えびな


42:2015/01/07(水) 00:55:34.00 ID:4bPiiOPPO

結衣
姫菜
相模
で抽選
コンマ下5までで多かった人二人

1-3姫菜
4-6相模
7-9結衣
0指定人物



43:2015/01/07(水) 00:55:57.72 ID:c/Z89N9AO




44:2015/01/07(水) 00:56:28.39 ID:yInAvE0xO

A


45:2015/01/07(水) 00:56:36.44 ID:VXvWRFPDo

せい


46:2015/01/07(水) 00:57:18.26 ID:a6h57n0gO

おら


47:2015/01/07(水) 00:58:12.82 ID:quae8qQSO

いろはす


49:2015/01/07(水) 01:27:54.61 ID:4bPiiOPPO

クラスメート
川崎
相模
姫菜


―――

自己紹介後

八幡(何人かとメルアド交換したがどうせ送らなくなるんだろうな)

コンマ下1

偶数で三人の誰かから話しかけられる



50:2015/01/07(水) 01:29:16.70 ID:ZPHHFBpoo

川崎


51:2015/01/07(水) 01:41:00.68 ID:4bPiiOPPO


川崎「……よろしく」

八幡「……ああ、よろしく」

八幡(そうそう。これぐらい淡白な対応してくれた方がありがたい)

八幡(何か他はさっそくカースト作り始めてるなぁ……まぁここでこれからの立ち位置が決まるんだから当然か)

コンマ下1

奇数でイベント継続



52:2015/01/07(水) 01:43:32.33 ID:gILhpMCTo

ほい


53:2015/01/07(水) 01:52:48.48 ID:4bPiiOPPO

ゾロ目ボーナス


川崎「……あんた」

八幡「ん」

川崎「……どっかであったことある?」

八幡「いいや」

川崎「……そう」

八幡「……どうかしたか?」

川崎「別に」

八幡「……あ、ああ」

川崎と出会った

川崎と連絡先を交換した


―――

平塚「奉仕部……ね」

雪乃「……ええ」

平塚「作るのは構わんが正式に認められるには色々と大変だぞ」

雪乃「大丈夫です」

平塚「……ふぅ」

雪乃「平塚先生」

平塚「なんだ?」

雪乃「……煙草は少し控えた方がいいと思いますよ」

平塚「む。すまんな……」ケシケシ

雪乃「いえ……出過ぎたことをいってすいません」

平塚「なに、気にするな」

雪乃(未来で煙草が原因で婚約できなかったと言ってたのだから……少しぐらい止めてもバチは当たらないわよね)




55:2015/01/07(水) 01:56:46.51 ID:4bPiiOPPO

とりあえず寝ます
質問等あればどうぞ
お疲れ様でした


誰sideで行動するか

コンマ下1
1,5雪乃
2,6陽乃
3,4結衣
7,9小町
8,0いろは



56:2015/01/07(水) 02:01:40.87 ID:yInAvE0xO




62:2015/01/07(水) 13:31:41.18 ID:tNfXOpu4O


小町side

小町「……んー。やっぱり夢じゃないよね」

小町「お兄ちゃんの事故は回避できたしよかったんだけど……問題は」



八幡【あ?高校?別に普通だぞ。どこにでもある普通の】


小町「あの言い方からすると雪乃さんたちとは出会ってないんだろうなぁ……」

小町「……そもそもお兄ちゃんが部活はじめたの2年からだったし……」

小町「……今のうちにお兄ちゃんを少しでも更正させておいたら結衣さんも雪乃さんも苦労しないんだろうけど……」

小町「んー……」

八幡「小町ー飯できたぞー」

小町「はーい」

小町(でもお兄ちゃんをどうやって更正させたらいいんだろ)

コンマ下1

偶数なら買い物
奇数なら特になし
ゾロ目ならデート



63:2015/01/07(水) 13:34:13.26 ID:d5/l+ndOO

どれ


64:2015/01/07(水) 14:01:46.31 ID:tNfXOpu4O


小町(そうだなー……ゆっくり慣らしていこう)

小町「おにーちゃーん!今度の休み暇でしょー!」タタッ


八幡「人様の予定を勝手に決めつけるなよ……」

小町「え?暇じゃないの?」

八幡「いや、暇だけど」

小町「よし。なら小町とお買い物にいこう」

八幡「何買うのよ」

小町「それは後で考える!」

八幡「なんだそれ……」


日曜日買い物が決まりました

―――

学校

ワイワイガヤガヤ

八幡「……」

八幡(入学から1ヶ月あらかたクラスでの立ち位置も決まり始めたな)

八幡(まぁ俺は案の定話してたのは最初だけで今では殆ど喋ってない)

八幡(一応今のカースト上位ってか目立つ存在は……)

相模「えー!まじー?」

女「ほんとほんと!」


八幡(あの一角と)

川崎「……」

姫菜「さきさきー!」ダキッ

八幡(川崎ぐらいか……川崎は何か怖いってのが強いらしいが)

川崎「さ、サキサキいうなって」

姫菜「おうおう。かわいいのぅー」ナデナデ

川崎「ちょっと……喉触らないで」

八幡(こうしてみると別に怖くも何ともないんだよな)

川崎「……なに」

八幡「……何もないぞ」

八幡(やっぱり怖い。女性って怖い)

姫菜「……」


コンマ下1

奇数で相模
偶数で姫菜



65:2015/01/07(水) 14:03:52.73 ID:kMrrW/hp0




66:2015/01/07(水) 14:27:04.78 ID:tNfXOpu4O


相模「ねぇ、比企谷くん」

八幡「……?」

相模「もうすぐGWじゃない?」

八幡「はぁ……」

相模「それで、皆で親睦会しようって話になってるの」

八幡(うわー。出たよ。んで一応俺にも声をかけておこうと)

相模「よかったらこない?」

八幡「悪いけど遠慮しとく」

コンマ下1

奇数ならイベント継続



67:2015/01/07(水) 14:27:54.44 ID:BXLtFChzO

はい


75:2015/01/07(水) 16:43:54.35 ID:tNfXOpu4O


相模「そっか。じゃあーまたね」

八幡「ああ」

八幡(このまたねってのは社交辞令であり大半は次も断れよってことだ)

八幡(一応クラスでのってことにしたいなら声ぐらいかけとかないとってのと誰にでも声かける私優しいってのを確立させたいんだろう)

川崎「……」ジー

八幡「……なんだよ?」

川崎「……別に」プイッ

八幡「……?」


誰sideの行動するか
安価下5までで多かった人物




76:2015/01/07(水) 16:44:53.56 ID:c/Z89N9AO

川崎


82:2015/01/07(水) 17:54:10.46 ID:tNfXOpu4O


川崎side

川崎(……やっぱりどっかであった気がする)

姫菜「サキサキーどしたのー?」

川崎「何でもないよ……あとサキサキ言うな」

姫菜「またまたーほんとは嬉しいでしょ?」

川崎「嬉しくないから……」

姫菜「えー?……比企谷くんみてたの?」

川崎「別に」

姫菜「へー」

川崎「……なに」

姫菜「サキサキのタイプは比企谷くんみたいなひとかぁ」

川崎「違うっての」

姫菜「もー。照れない照れない」

川崎「照れてない……頭撫でるのやめて」

姫菜「んふふー」



83:2015/01/07(水) 18:17:14.96 ID:alqgRtJmO

川崎「ただいま」

大志「おかえりー」

京華「おかーりーさーちゃーん」

川崎「ただいまーけーちゃん」

川崎「大志あんた勉強してんの」

大志「し、してるよ」

川崎「ほんとー?」

大志「ほ、ほんとだって」

京華「さっきまでテレビみてたよー」

大志「あ」

川崎「あんたねぇ……」

大志「これからやるってばぁ」

川崎「はいはい……大志」

大志「なに?」

川崎「あんたって中3……だっけ」

大志「いや、中2だけど」

川崎「……そうだよね」

大志「変な姉ちゃん」

京華「さーちゃん?」

川崎「何でもないよ」ナデナデ


次の視点安価下3まで多かった人



84:2015/01/07(水) 18:17:55.17 ID:VXvWRFPDo

いろはす


85:2015/01/07(水) 18:18:09.28 ID:EEvkHoH3O

いろは


86:2015/01/07(水) 18:19:01.52 ID:c3w8VaZqo

いろはす〜


87:2015/01/07(水) 18:22:13.57 ID:alqgRtJmO


いろはside


いろは「うー……めんどくさい」

女「どうしたの?」

いろは「んーん。何でもないよ」

いろは(中学までの人間関係なんて覚えてないよ)

いろは(あー。先輩どうしてるんだろ)

いろは(会いに行こうかなぁ……んー)

コンマ下1

奇数、ゾロ目ならで行く
偶数で行かない



88:2015/01/07(水) 18:23:37.72 ID:VXvWRFPDo

こい


91:2015/01/07(水) 18:33:32.87 ID:alqgRtJmO


女「いろはー。いくよー」

いろは「ああ。うんー」

いろは(あー……仕方ないなぁ)

いろは(先輩に会うのはもう少し後だなぁ)


―――

部屋

いろは(あー。もう)

いろは「疲れた……こんなにめんどくさかったっけ」

いろは「……はぁ。やっぱり中学のときって薄っぺらだったんだなぁ」

いろは「ぁー……先輩に会いたいよー」



92:2015/01/07(水) 19:10:50.39 ID:alqgRtJmO

八幡side

八幡「はぁ……」

八幡「やっとGWか……」

小町「お兄ちゃんー!買い物いくよー!」

八幡「……そんな約束してたな」


―――

小町「お兄ちゃん」

八幡「どした」

小町「今日は小町を一人の女としてエスコートしてください」

八幡「……はぁ?」

小町「こいつ何言ってんだ?みたいな顔しないでよ」

八幡「こいつ何言ってんだ」

小町「声にも出さないの!」

八幡「えぇー……」

小町「今日は私を彼女さんと扱うの!わかったー?」

八幡「わかりません」



94:2015/01/07(水) 19:23:15.94 ID:alqgRtJmO


八幡「で、普通に買い物してるだけなんだが」

小町「いいのいいの」

コンマ下1

1雪乃
2結衣
3いろは
4川崎
5-9指定人物



95:2015/01/07(水) 19:25:05.88 ID:Nm87LPKzO

はるのん


97:2015/01/07(水) 19:33:12.90 ID:alqgRtJmO


小町「ほらー。つぎあっちだよ」

八幡「わかったから……」

陽乃「……キャッ」トンッ

八幡「あ、すいません」

小町「もー。お兄ちゃん何やって……陽乃さん?」

陽乃「!……すいません。大丈夫ですか?」

八幡「ええ。大丈夫です」

陽乃「ぁ……アイスが袖に」

八幡「え?ああ。別に問題ないですよ」

陽乃「そんなわけにはいかないですよ」チラッ

小町(こっちを見た?……まさか)

八幡「いえ、ほんとに大丈夫ですから」

小町「まぁまぁお兄ちゃん。ここじゃ邪魔になるしそっちの椅子に……」

八幡「お、おい」



101:2015/01/07(水) 19:49:36.83 ID:alqgRtJmO


陽乃「ほんとにすいません」

八幡「いえ、此方も不注意でしたから」

陽乃「こちらクリーニングに出しますので」

八幡「いや、そんなことしなくてもいいですよ」

陽乃「……じゃあせめて代えの服を買わせてくれませんか?」

八幡「なんでそうなる……」

陽乃「……ほんとごめんなさい」

八幡「え、ええ」

陽乃「どうしました?」

八幡「……いえ、何でもないです」

陽乃「……妹さんとお買い物ですか?」

八幡「ええ」

小町「あ、比企谷小町っていいます」

陽乃「そっか。私は陽乃。雪ノ下陽乃です」

小町「よろしくお願いします」

陽乃「うん。よろしくね」

八幡「ぁー……雪ノ下さん。弁償もクリーニングも本当に大丈夫なので」

陽乃「そうですか……」

八幡「ええ」

陽乃「では、これを」スッ

八幡「え」

陽乃「私の番号とアドレスです。気が変わりましたらご連絡ください」

八幡「はぁ……」

陽乃「それでは失礼します」チラッ

小町「……」コクッ

―――

小町「綺麗な人だったねー」

八幡「……そうだな」

小町「……どうかした?」

八幡「別に」

小町「連絡するの?」

八幡「まさか」

小町「……お兄ちゃんそれ見せてよ」

八幡「ああ?……ほら」

小町「ありがと♪」

小町(番号暗記っと)



102:2015/01/07(水) 20:03:57.06 ID:alqgRtJmO


小町「やー買い物したねー」

八幡「……何も買ってないんだが」

小町「もー!こんなのは気分だよ気分」

八幡「そうですか」

小町「うん」

小町「ねぇお兄ちゃん」

八幡「んー?」

小町「お兄ちゃんは過去をやり直せるとしたらどうする?」

八幡「なんだそれ」

小町「例えばだよ」

八幡「どれぐらい戻るんだよ。それによるだろ」

小町「んー中学ぐらい?」

八幡「そうだなー」

八幡「黒歴史ノートの処分……かな」

小町「え?それってあの押し入れにあるやつ?」

八幡「待て。何故知ってる」

小町「何でだろうね」

小町「……てかそんなことでいいの?」

八幡「といわれてもな……そんなこと言われてもやり直せないから人生な訳だし、そりゃセーブできて何度でもロードできるなら苦労しないっての」

小町「そうだよねー……」

小町(そのやり直しってのになっちゃってるんだけどなぁ)



103:2015/01/07(水) 20:05:31.35 ID:alqgRtJmO

誰sideを見るか安価下5までで多かった人物


105:2015/01/07(水) 20:06:00.26 ID:q4O5uO5XO

いろはす


110:2015/01/07(水) 20:10:23.68 ID:alqgRtJmO


いろはside

いろは「……はぁ」

いろは「駄目だ……やっぱり一年とか長すぎだよー」

いろは「神様もせめて高校入学からにしてくれれば楽だったのに……」

いろは「あー……勉強もだるいし……友達と遊ぶのも……何か違うしなー」


コンマ下1

偶数町へ
奇数総武へ
ゾロ目なら八幡と遭遇



111:2015/01/07(水) 20:11:33.88 ID:q4O5uO5XO




117:2015/01/07(水) 20:18:37.96 ID:alqgRtJmO


商店街

いろは「……一人でなにやってんだろ」


八幡「……」


いろは「……嘘!?」

いろは(ど、どどどどうしよ!?)

コンマ下1

奇数きさくに話しかける
偶数初対面のように話しかける
ゾロ目蹴り飛ばす


118:2015/01/07(水) 20:18:58.22 ID:LBfrzcNDo

こい


125:2015/01/07(水) 20:27:37.67 ID:alqgRtJmO


いろは「先輩!」

八幡「……」

いろは(……え。無視?無視ですか?こちとらどれだけ先輩に会いたかったかも知らずに?)

いろは「……」タタッ

いろは「なーに無視してくれてるんですかこの人はー!」ドゴッ

八幡「ゲフッ!」

いろは「まったく!先輩の愛しの私がここにいるってのに酷いですね」

八幡「ゲホゲホ……な、なんだ?だれだ?」

いろは「……ぁ」

いろは(も、もしかして……やらかした?先輩記憶ないの?)

いろは「……す、すいません!」

八幡「今日は厄日か……」



127:2015/01/07(水) 20:51:24.41 ID:alqgRtJmO


喫茶店

いろは「ほんとすいませんでした!」

八幡「……いいけどさ」

いろは「すっごく知り合いに似てて……」

八幡「はぁ……」

八幡(めっちゃ尻痛い……さっさと帰りたい)

いろは「えーっと……あ、私いろはっていいます!一色いろはです」

八幡「はぁ……比企谷八幡です」

いろは(どうしよ……これ一番やっちゃいけない出会いかたしたよね)

コンマ下1

偶数学校の話をする
奇数適当に話をあわせる



128:2015/01/07(水) 20:51:56.98 ID:d783/d8/o




129:2015/01/07(水) 21:16:46.77 ID:alqgRtJmO

いろは「先……比企谷……さんは学生ですか?」

八幡「……?ああ」

いろは「どこの学生なんですかー?」

八幡「……」

八幡(何なんだこの子)

いろは「もしかして総武とかですか?」

八幡「そうだけど」

いろは(ここから話題広げていこう)

いろは「私も総武受験しようとしてるんですよー」

八幡「はぁ」

いろは「先輩ですね」

八幡「まだ受かってないだろうに……」

いろは「そのはずなんですけどねー」

八幡「?」

いろは「先輩」

八幡「なんだよ」

いろは「今度学校案内してくださいよー」

いろは(案内されなくてもわかるけど)

八幡「……えぇ……」

八幡(いきなり蹴られて学校案内とか滅茶苦茶なんですけどぉ……)

いろは「いいじゃないですかぁー」

八幡「……そのうちな」

いろは「あ、先輩のそのうちは信じないので明日でお願いしますね」

八幡「な……」

八幡「あのなぁ……俺だって用事の一つぐらい」

いろは「あるんですか?」キョトン

八幡「……」

いろは「ないんですね……」

八幡「……」

いろは「まぁまぁ、ここは奢りますから」

八幡「もともと奢るって言って連れてきたんだろうが……」



130:2015/01/07(水) 21:20:34.53 ID:alqgRtJmO

八幡「結局押しきられた……」

いろはの連絡先をてにいれた

出かけることになった


誰sideを見るか
安価下5まで多かった人物



131:2015/01/07(水) 21:21:08.22 ID:Sn7zTgQNo

ガハマさん


137:2015/01/07(水) 21:40:49.96 ID:alqgRtJmO


ガハマside

結衣「ゆきのーん!やっはろー!」

雪乃「こんにちは」

結衣「やっと部として認めてもらえたねー」

雪乃「そうね」

結衣「あたし少しは役に立った?」

雪乃「……むしろ前の時は1ヶ月もかからなかったかしら」

結衣「うそ!?それってあたし足手まといってことじゃん!」

雪乃「ふふっ……冗談よ」

結衣「もー!」

雪乃「ごめんなさいね」

結衣「いいけどさー」

結衣「……それにしても不思議だよねー」

雪乃「……そうね」

結衣「今日はその話をするんだっけ」

雪乃「ええ。あなたと私は過去に戻ってしまった……それは間違いないわ」

結衣「うん。ビックリしたよー卒業間際だったのに目が覚めたら入学前なんだもん」

雪乃「……え?」

結衣「……え?なんか変なこと言ったかな」

雪乃「……いえ、そう……よね」

結衣「変なゆきのん」

雪乃(卒業間際から戻った……?)

雪乃「……由比ヶ浜さん」

結衣「なーに?」

雪乃「貴女の卒業間際っていうのは大学の……よね?」

結衣「へ?高校だけど?」

雪乃「……」

結衣「どうしたの?」

雪乃「……私は……大学卒業間際からこの時代に戻ったわ」

結衣「……嘘」



139:2015/01/07(水) 22:09:09.79 ID:alqgRtJmO


結衣「ゆきのん大学生だったの!?」

雪乃「前はね」

結衣「ほぇー……あ!じゃあじゃあ未来のあたしってどんな風になってた?」

雪乃「……相変わらずよ」

結衣「ど、どういう意味!?」

雪乃「それよりこれからどうするか話し合わないといけないわね」

結衣「……そうだねー」

―――

結衣「……と言ってもこれといってどうすることもできないんだよねー」テクテク

コンマ下1
奇数陽乃と出会う
偶数小町
ゾロ目八幡


140:2015/01/07(水) 22:09:41.30 ID:CY/DsFXAO




143:2015/01/07(水) 22:20:14.25 ID:alqgRtJmO


結衣「……あ」

小町「え?」

結衣(やばっ。小町ちゃんともあったことないんだった!ゆきのんにも変に思われるから注意されてたのにー!)

結衣「あ、あははー。ひ、人違いです!」

小町「……結衣さん?」

結衣「……小町……ちゃん?」

―――

GW二日目

八幡「……あー……何で貴重な休みに」

いろは「いやーここが総武かぁー」

八幡「学校こなければいけないのか」

いろは「まぁまぁ、こんなかわいいことデートできると思ったらチャラですよ、むしろお釣りが返ってくるんじゃないですか?」

八幡「……いきなり蹴りかかってくる女のどこが可愛いんだよ……」

いろは「だからそれは謝ったじゃないですかー」



144:2015/01/07(水) 22:39:44.99 ID:alqgRtJmO


いろは「この学校はどうですか?」

八幡「どうって……別に普通だ」

いろは「何か変な部活とかないんですか?」

八幡「変な部活?」

いろは「……」

いろは(この反応だと先輩は奉仕部にはいってないのかぁー……んー……アタックするなら今がチャンスなのかも)

いろは「ほら、憧れませんか?そういう普通とは違う部活とか」

八幡「まぁ憧れてた時期はだれにだってあるだろ」

いろは「先輩ってそういうの好きそうですもんね。現実にありえないようなもの」

八幡「……そりゃ現実にありえないから欲しくなるんだよ」

いろは(……ごめんなさい結衣先輩雪ノ下先輩)

いろは「私もそうなんですよー」

八幡「ふーん」

いろは「私も……本物がほしいって思って思ってしまったんですよ」

八幡「……」ビクッ

いろは「……あくまで理想で、無理かもですけど」

八幡「……かもな 」

いろは(思ったより反応薄かった……)

―――

八幡「一周したな」

いろは「ですねー」

八幡「帰るか」

いろは「えー。速くないですか」

八幡「んなこと言われてもな」

コンマ下1

ゾロ目ならそのまま喫茶店へ



145:2015/01/07(水) 22:40:21.95 ID:c/Z89N9AO




146:2015/01/07(水) 22:40:50.95 ID:alqgRtJmO

ごめん修正
コンマ下3までにゾロ目あるなら喫茶店



147:2015/01/07(水) 22:41:38.99 ID:oAgGDjzBo




151:2015/01/07(水) 22:44:02.13 ID:33wpmRST0

いろはすのゾロ目率は異常


154:2015/01/07(水) 22:51:44.95 ID:f/30fNPqO

大 正 義 い ろ は す


156:2015/01/07(水) 23:25:23.12 ID:alqgRtJmO


八幡「……わかったよ」

いろは「ほんとですか!」

八幡「……ちょっとだけな」

八幡(初めて出会ったかもしれない……本物を求めてるやつ……そんなものが存在してるわけないのに)

いろは「それじゃいきましょーかー」



159:2015/01/08(木) 00:07:37.17 ID:1XhWqLffO


いろは「ねー先輩」

八幡「んー?」

いろは「先輩は何で総武選んだんですか?」

八幡「進学校だからな」

いろは「……普通ですね」

八幡「当たり前だろ……」

いろは「まぁそうですよね」

八幡「そっちこそ何でだよ」

いろは「んー。私も先輩と変わらないですよ」

八幡「普通だな」

いろは「そう。普通だったはずなんだけどなぁ」

八幡「今は違うのか」

いろは「……秘密です♪」

八幡(うわー……かわいくねー)



160:2015/01/08(木) 00:12:16.31 ID:1XhWqLffO


八幡「そろそろ帰るわ」

いろは「小町ちゃんが待ってますもんね」

八幡「ああ。じゃあな」

いろは「はい。さよならです」





八幡「……あれ?俺に妹がいるって言ったっか……?」


誰sideを見るか安価下5まで多かった人物



163:2015/01/08(木) 00:13:50.47 ID:OGtbEXRBo

ガハマさん


172:2015/01/08(木) 01:32:29.65 ID:1XhWqLffO


結衣side

結衣「小町ちゃんは記憶がある……」

結衣「……けどヒッキーにはないんだよねー」

小町「多分……ですけど」

結衣「そっかぁー仕方ないねー」

小町「でも結衣さんに記憶があるってことがわかってよかったですよー」

結衣「誰かが同じだと安心するよねー」

小町「そうですね、それに安心して愚兄を任せれるんで……」

結衣「ぁ……事故のこと?」

小町「はい。もしかしたら事故が起きなかったせいで結衣さんや雪乃さんと出会わないんじゃないかーって思いまして」

結衣「んー……そうなってたらどうなってたんだろうね」

小町「きっと……何時までも独り身で……小町がめんどうをみることに……」

結衣「……あ。そうだ。それなんだけど」

小町「何です?」

結衣「小町ちゃんって自分が何時からここに戻ったかわかる?」

小町「へ?……えーっと」

小町「……思い出せない」

結衣「え?」

小町「……確か総武で三年の時……?」

小町「ゆ、結衣さんは何時からなんですか?」

結衣「……あたしは卒業の時かなぁ……」

小町「卒業……ですか」

結衣「……やっぱバラバラなんだねー」

小町「どういう意味ですか?」

結衣「んっとね、ゆきのんも記憶があるんだけど」

小町「ゆきのさんも?」

結衣「うんー。でもゆきのんは大学を卒業するときにこっちに戻ったんだってー」

小町「へぇ……」



175:2015/01/08(木) 01:37:00.37 ID:1XhWqLffO


結衣「優美子や隼人くんは記憶持ってないみたいだし……何でなんだろ」

小町「あ。陽乃さんは記憶あるそうですよ」

結衣「え!?そうなの!?」

小町「はい。この前偶然出会いまして」

結衣「うへー……でも何か当然って思えちゃう」

小町「あはは。陽乃さんって何でもお見通しって感じですもんね」

結衣「そうそう!」


コンマ下1
奇数で雪乃
偶数で陽乃
ゾロ目なら八幡



176:2015/01/08(木) 01:37:30.09 ID:3Q32NkDVo




178:2015/01/08(木) 01:42:11.01 ID:1XhWqLffO


雪乃「由比ヶ浜さん……急ぎの用とはなにかしら」

結衣「あ。ゆきのん!やっはろー」

小町「雪乃さんやっはろーですー」

雪乃「やっは……こんにちは由比ヶ浜さん小町さん……小町さん?」

小町「どもですー」

結衣「まぁまぁ、これから説明するよー」


――――

GW三日目

八幡「今日こそゆっくりしよう」

コンマ下3までにゾロ目ならお出かけ



179:2015/01/08(木) 01:43:00.74 ID:OGtbEXRBo

そい


180:2015/01/08(木) 01:43:10.07 ID:fGCDlSu80

てい


181:2015/01/08(木) 01:45:33.92 ID:SdQvPQqH0




183:2015/01/08(木) 01:47:24.84 ID:1XhWqLffO


小町「お兄ちゃんーご飯だよー」

八幡「おー」

ゴロゴロ過ごすことにした

―――

誰sideを見るか安価下5までに多かった人物



184:2015/01/08(木) 01:48:01.39 ID:/pQb0HaqO

はるのん


194:2015/01/08(木) 12:12:27.82 ID:1c2wcjjFO


陽乃side

陽乃「……暇だなぁ」

陽乃(未来で障害になった人達はもう問題なくなったし)

陽乃(比企谷くんと結婚する準備もできたし)

陽乃「問題はどうやって比企谷くんを落とすか」

陽乃「気分転換に誰かのとこいこうかな」

コンマ下1
奇数雪乃
偶数小町



195:2015/01/08(木) 12:17:09.52 ID:433X4ukVo

来い!


200:2015/01/08(木) 16:47:35.16 ID:35ehOyxFO


陽乃「こんにちはー」

小町「いらっしゃいませー」

陽乃「ごめんねー?急に押し掛けて」

小町「いえいえー。全然問題ないですよ」

陽乃「今日は比企谷くんはなにしてるのかな?」

小町「んー。部屋から出てきてないので多分本読んでるかアニメ見てるか寝てるかですね」

陽乃「そっかー」

小町「呼びますか?」

陽乃「んー。それもいいけど邪魔しちゃ悪いし」

陽乃「今日は小町ちゃんとお話したいしね。この前のメールの内容を詳しくね」

小町「……はい」



201:2015/01/08(木) 17:04:55.05 ID:46T8CL4cO


陽乃「雪乃ちゃんは大学、ガハマちゃんと小町ちゃんは高校の頃から戻ってきた……」

小町「はい……」

陽乃「……ふーん」

小町「何かわかりますか?」

陽乃「……んー。どうだろう」

小町「陽乃さんはどのタイミングで戻ったんですか?」

陽乃「私?えっとねー雪乃ちゃんが大学卒業してから一年後だったかなー」

小町「……ってことは一番未来から来たってことですかね」

陽乃「どうだろうね」

小町「お兄ちゃんとかどうしてたんですか?」

陽乃「私の相棒」

小町「ええ!?」

陽乃「無理矢理やらせてたんだけどね」ニコニコ

小町「まさかお兄ちゃんが働いてるなんて……」

陽乃「嫌嫌って言ってるくせに仕事は速いし的確だし」

陽乃「必要と思ったら泥を被ってくれたり……助かってたよ」

小町「あのお兄ちゃんが……」

陽乃「で、私が猛アタックしてたんだけどねー」

小町「まさか……」

陽乃「頑固だよねー」

小町「流石すぎるよ……お兄ちゃん」



209:2015/01/08(木) 19:44:29.72 ID:0XMQJm7ZO


GW最終日

小町「お兄ちゃんーアイスが食べたいよー」

八幡「……家にあっただろ」

小町「それ……昨日お兄ちゃんが食べたんだけど」

八幡「……」

小町「一週間前は小町のプリン食べたよね」

八幡「……買ってきます」

小町「よろしくね!」


コンマ下3までにゾロ目あれば誰かと遭遇



210:2015/01/08(木) 19:45:06.79 ID:fu4kcoThO

任せろ


211:2015/01/08(木) 19:45:08.03 ID:tpjtH2G8O




212:2015/01/08(木) 19:45:55.16 ID:I6dBvs9lo

ほい


213:2015/01/08(木) 19:49:16.27 ID:0XMQJm7ZO


コンビニ

八幡「アイス……っと……ついでに立ち読みしてくか」


誰sideを見るか安価下5まで多かった人物


214:2015/01/08(木) 19:50:15.06 ID:PuD66XB7o

ゆきのん



222:2015/01/08(木) 20:11:44.19 ID:0XMQJm7ZO

雪乃side

雪乃「……腹が立つわね」

雪乃(何故彼は覚えてないのか)

雪乃「……ばか」


雪乃(……脆くなったわね。ただ会えないだけでこんなに腹が立つなんて)


雪乃「……はやく来年にならないかしら」


コンマ下1

奇数陽乃
偶数結衣
ゾロ目コンビニへ



223:2015/01/08(木) 20:12:31.44 ID:FkGidm/A0




227:2015/01/08(木) 20:20:46.43 ID:0XMQJm7ZO

コンビニ

雪乃(……わざわざ彼がよく行ってたコンビニにきたけど)

八幡「……」ペラペラ

雪乃(本当にいるとはね……)

雪乃(……フフッ相変わらず週刊誌を読んでるのね……ネタバレをしてあげたらどんな顔をするかしら)

雪乃(……少しだけならいいわよね。私が立読みしても)

八幡「……」ペラペラ

雪乃「……」


コンマ下3までにゾロ目なら話しかける




228:2015/01/08(木) 20:20:55.01 ID:bIw2o1qgo

何事もタイミングというものがある


229:2015/01/08(木) 20:21:12.16 ID:xGEHD+cJo

こい


230:2015/01/08(木) 20:21:17.84 ID:FkGidm/A0

まだ早い


232:2015/01/08(木) 20:31:55.15 ID:0XMQJm7ZO


八幡「……やべ」

雪乃「……」

雪乃(あのアイス……小町さんのね……シスコンは変わらずね)

雪乃(……比企谷くんが変わってないから安心するなんてね)

雪乃「……」

雪乃(……だからこそ……もう彼にあんなことさせたりしない)

雪乃「……絶対に」




GWが終わりました



236:2015/01/08(木) 20:41:58.78 ID:0XMQJm7ZO


時間軸

安価下10まで多かった方

1,二学期から
2,三学期から
3,二年四月から



237:2015/01/08(木) 20:42:55.08 ID:3CA7iax7O

1


247:2015/01/08(木) 20:53:49.64 ID:0XMQJm7ZO


二学期スタート


八幡「……あっという間だったな……」

小町「……と言うか夏休み外出てなかっただけでしょ」

八幡「まぁ、そうだけどさ」

小町「彼女の一つでも作ればいいのに」

八幡「冗談だろ」

小町(いやー。お兄ちゃんさえその気になれば3人はできると思うんだけどなぁ)


コンマ下3まででゾロ目なら誰かと遭遇



248:2015/01/08(木) 20:54:07.29 ID:qcipSoFRO

やー


249:2015/01/08(木) 20:54:35.91 ID:433X4ukVo

ゾロ目来い!


250:2015/01/08(木) 20:54:57.75 ID:3S0N4vWfo

ゾロ


252:2015/01/08(木) 21:36:32.94 ID:0XMQJm7ZO


クラス

ガヤガヤ

八幡「……」


相模「ほんっと楽しかったね!」

女「ねー!」


姫菜「ひっさしぶりー!サキサキー」

川崎「だから抱きつかないでってば」


八幡(今日から二学期ねぇ……)

誰に話しかけられる
安価下5までに多かった人物
川崎
相模
姫菜


253:2015/01/08(木) 21:37:53.41 ID:xGEHD+cJo

サキサキ


259:2015/01/08(木) 21:51:03.37 ID:0XMQJm7ZO


川崎「……ひさしぶり」

八幡「……あ、ああ。ひさしぶり」

川崎「……」

姫菜(それだけ!?サキサキもっと頑張りなよ!?)

コンマ下1奇数ならイベント継続



260:2015/01/08(木) 21:51:42.17 ID:REgZbzAAO

てーい


262:2015/01/08(木) 22:04:27.84 ID:0XMQJm7ZO


川崎「……どうだったわけ」

八幡「何が」

川崎「……」

八幡(え。何で黙るの……どうだったってなんだ……)

川崎「……」

八幡「……ああ、夏休みか」

川崎「それ以外ないんだけど」

八幡「特に何もしてないぞ?普通の夏休みだ」

川崎「…そう」

八幡「……」

八幡(こういう沈黙って辛いよな。特に顔見知り程度の仲での沈黙)

八幡(小町とかなら沈黙でも何時間でも大丈夫なんだけどなー)



263:2015/01/08(木) 22:17:15.96 ID:0XMQJm7ZO


教師「文化祭の出し物と役割決めてくぞー」

八幡「……」

八幡(さて、こういうときどうやって当選を回避するか。そりゃもう目立たないことが条件なわけだ)

教師「一年だしどんな出し物でもいいぞー好きなもん作れ、簡単なのでもいいしな」

相模「なんか大きいことしたいでーす」

八幡(うわー。でたよー。あのやるなら大きいこと!でも面倒なことはしたくないってスタイル)

出し物

コンマ下1
奇数簡単な出し物
偶数お化け屋敷



264:2015/01/08(木) 22:17:37.51 ID:433X4ukVo




266:2015/01/08(木) 22:48:47.48 ID:0XMQJm7ZO


八幡(一時間近くごねた結果簡単な出し物になった。日本中の方言を集めて展示するそうだ)

八幡(地味だがこれはこれでめんどくさいな)


八幡(チームを作って方言を調べるそうだが……こういうときって大体あぶれるのが一人や二人はいるんだよな……もちろんこの場合は俺だけど)

コンマ下3までにゾロ目ならチームを組める

奇数ゾロ目なら川崎、姫菜
偶数ゾロ目なら相模




267:2015/01/08(木) 22:50:00.11 ID:+SeSVDxMo

さきさき


268:2015/01/08(木) 22:50:07.81 ID:Q+3ErH680




269:2015/01/08(木) 22:50:52.38 ID:eC+4jsYD0

すげぇwwww


274:2015/01/08(木) 23:03:16.54 ID:0XMQJm7ZO

教師「好きなやつと組んでいいから黒板に書いていけー」

八幡(最後まで残ったやつと組むか……別に一人でやってもいいし)

川崎「……あんた誰と組むの?」

八幡「決まってないぞ」

川崎「……そ」ガタッ

八幡「?」

川崎「……」カッカッカ

川崎
海老名
比企谷

八幡「……はい?」

川崎「……だめだった?」

八幡「いや、別にいいけどさ」

姫菜「よろしくねー」

八幡「は、はぁ……よろしく

八幡(どうしてこうなった)



相模「……へー」ニヤ


誰sideを見るか安価下3



277:2015/01/08(木) 23:04:25.86 ID:6KkgEBH50

ゆきの


279:2015/01/08(木) 23:23:21.07 ID:0XMQJm7ZO


雪乃side

奉仕部部室

結衣「ゆきのーん」

雪乃「どうしたの?」

結衣「文化祭どうするのー?」

雪乃「と言うと?」

結衣「奉仕部としてなにかするのー?」

雪乃「いいえ、特に予定はないわ」

結衣「ないんだ!?何かしてると思ってた」

雪乃「普通に楽しめばいいんじゃないかしら?来年は……しっかりしないといけないけれど」

結衣「……さがみんヒッキーと同じクラスになっちゃってたねー」

雪乃「……そういえばそうね」

結衣「なにするんだろーね」

雪乃「どうかしら」

雪乃「……」

結衣「どうかした?」

雪乃「……いえ」

雪乃(……そうよ。見落としていたわ……彼のクラス……何故クラスメイトが変わっているのかしら)

雪乃「……私たちの知ってる過去とズレがある?」



281:2015/01/09(金) 00:13:17.25 ID:GXbgG8K3O


結衣「んーどうしようかなぁ」

雪乃「と、いうと?」

結衣「折角戻ったんだからヒッキーと回ってみたいなーって思ったんだけどね」

雪乃「……なるほど」

結衣「でもあんまり出会ったりしたらヒッキーが奉仕部入ってこないかもしれないんだよね?」

雪乃「可能性の話だけどね……」

結衣「うー」

コンマ下3までにゾロ目なら接触してみる



282:2015/01/09(金) 00:13:36.47 ID:Lqj3mXuNo

ほい


283:2015/01/09(金) 00:13:37.22 ID:y1WX1h4qo

ほい


284:2015/01/09(金) 00:15:09.37 ID:0lm5t8+AO

>>283

お見事


286:2015/01/09(金) 00:19:45.34 ID:GXbgG8K3O


雪乃「……偶然を装ってなら」

結衣「大丈夫なのかな?」

雪乃「わからないわ……けど」

雪乃(もうすでに私たちの知ってる過去ではないのなら……待っているだけでは比企谷くんは奉仕部にこないのかもしれない)


結衣「けど?」

雪乃「……いいえ、それとなく接触してみましょう」

結衣「おー!」



287:2015/01/09(金) 00:26:40.06 ID:GXbgG8K3O


八幡(さて、何故か川崎や海老名さんと同じ班になってしまった)

姫菜「ほい。資料」

八幡「ああ。ありがと」

姫菜「年度別と地域で区切るんだよね?」

八幡「適当にやっていいと思うけどな」

川崎「……それ、半分やるよ」

八幡「……あー。お前の方は大丈夫なのか?」

川崎「平気。てかあんたの方がちょっと多いから」

八幡(思ったよりよく見てるのな)

姫菜(あれ。意外と噛み合ってる?)


コンマ下1

奇数ならイベント



288:2015/01/09(金) 00:27:48.91 ID:0lm5t8+AO




304:2015/01/09(金) 14:40:36.15 ID:UbVKTr9fO


川崎「……あんたさ、文化祭誰かと回るわけ?」

八幡「いいや」

川崎「……ふーん」

姫菜(サキサキ!そこ!何でそこでもうちょっと押さないかなぁ!)

八幡「……こっち終わったぞ」

川崎「……海老名のが残ってる」

八幡「ん」

姫菜「あ……ごめん」

八幡「いや、いいよ」

姫菜「……」

姫菜(……適当でいいとか言いながら真面目にやってるんだ)

川崎「こっちも終わったから貰うね」

姫菜「はっ!?私もしかして一番働いてない?」

川崎「人には人の作業ペースがあるから」
姫菜「ほんとごめん二人とも」

川崎「気にしないで」

八幡「……」



誰sideの話を見るか安価下5までに多かった人物



305:2015/01/09(金) 14:41:26.25 ID:mulEeDm+0

いろはすー


306:2015/01/09(金) 14:41:44.79 ID:VJNE+l58O

がはま


313:2015/01/09(金) 15:13:52.37 ID:UbVKTr9fO


同数なためコンマ下1
奇数結衣
偶数いろは


姫菜もコンマに勝てば攻略することは可能



314:2015/01/09(金) 15:16:03.69 ID:VJNE+l58O

やー


316:2015/01/09(金) 15:25:26.46 ID:UbVKTr9fO


結衣side

男「とりあえずこんなもんか?」

葉山「だな」

女「間に合ったねー」

戸塚「お疲れさまー」

女「結衣ー悪いんだけど先生呼んできてくれないー?」

結衣「わかったぁー」

戸塚「僕が行こうか?」

結衣「ううん。大丈夫。彩ちゃん休んでて」

結衣(ついでにヒッキーのクラス覗いていこうかなぁ)


誰と出会うコンマ下1
奇数戸塚
偶数葉山
ゾロ目八幡


317:2015/01/09(金) 15:26:12.69 ID:7G3q+S2AO




318:2015/01/09(金) 15:31:35.63 ID:UbVKTr9fO


戸塚「由比ヶ浜さんー」

結衣「へ?どしたの?」

戸塚「ううん。やっぱ一人で行かせるのも悪いなって思ったから」

結衣「そんなことないよ?あたしあんまり役に立ってなかったし」

戸塚「いやいや、由比ヶ浜さん皆のために準備とか凄いしてたじゃん」

結衣「そんなことないって。彩ちゃんのが頑張ってたし」

結衣(奉仕部で活動してたからそういうのに慣れちゃってただけなんだかどなぁ)

戸塚「あはは……ほんとはついでに飲み物でも買っていこうかなって思っただけなんだ」

結衣「あー、たしかに喉乾いたねー。先生呼んだら買いにいこっか」

戸塚「うん」

結衣(……ヒッキーのクラスは覗けなかったなぁ)



320:2015/01/09(金) 16:04:51.41 ID:UbVKTr9fO


姫菜「きりもいいしここまでにしよっか」

川崎「うん」

八幡「わかった」


八幡「……さて、帰るか」

コンマ下3までにゾロ目があればイベント



321:2015/01/09(金) 16:05:40.93 ID:0+4V09VEo

ぞろ


322:2015/01/09(金) 16:07:26.62 ID:VUqFbDRk0

はい


323:2015/01/09(金) 16:11:02.41 ID:OtMc7AIdO

ゾロ目っ


325:2015/01/09(金) 16:22:10.81 ID:UbVKTr9fO


八幡「ただいま」

小町「おかえりー」

八幡「あれ……早いな」

小町「たまたまね」

小町「文化祭小町も行っていいかなー?」

八幡「いいんじゃないの」

小町「そっか。お兄ちゃん何するんだっけ」

八幡「方言まとめてるだけ」

小町「うわぁ……地味」

八幡「他回りたいから簡単なやつにしたんだろ」

小町「まぁそうだろうけどねー」

小町「暇があったら覗いてみるよ」

八幡「暇だから文化祭くるんだろうが……」



誰sideを見るか安価下5までで多かった人物



326:2015/01/09(金) 16:22:39.00 ID:ppcK2qQAO

サキサキ


329:2015/01/09(金) 16:25:16.70 ID:SrE16orKO

あねのん


331:2015/01/09(金) 16:28:32.85 ID:UbVKTr9fO

コンマ下1

奇数陽乃
偶数川崎


332:2015/01/09(金) 16:29:24.93 ID:6OB4atHRO

へい!


338:2015/01/09(金) 16:48:51.63 ID:UbVKTr9fO


陽乃side

陽乃「……大学の単位も取ったし」

陽乃(社内の裏切り者も排除したし)

陽乃(私が今すぐお父さんの代わりになっても大丈夫なんだけどなー)

陽乃「……まぁそのためには比企谷くんが必要な訳だけど」


陽乃(もうすぐ文化祭かー比企谷君に会いに行くのもかねてめぐりのとこ行ってみようかな)

コンマ下1

奇数町へ
偶数学校へ
ゾロ目比企谷家へ



339:2015/01/09(金) 16:50:25.95 ID:7G3q+S2AO




341:2015/01/09(金) 16:54:24.82 ID:UbVKTr9fO


陽乃(暇だしブラブラしようかな)


―――

陽乃(……面白そうなの見つけちゃった)


雪乃「……」

結衣「……」


陽乃(雪乃ちゃんとガハマちゃんかぁー仲良くしてるんだねぇ……あんなことになったのに)


陽乃(ま、今はそれより……)

陽乃「やっほー。隼人」

葉山「……陽乃さん」

陽乃(こっちだよねー)



342:2015/01/09(金) 17:05:53.84 ID:UbVKTr9fO


葉山「悪い皆……ちょっとこの人と話してくるよ」



陽乃「相変わらず人気者だねー」

葉山「なんのようだい?」

陽乃「もー。久しぶりに見かけたから声かけただけなのに」

葉山「……そうか」

陽乃「ふふっ。高校生活は楽しんでる?」

葉山「そこそこには」

陽乃「……ねぇ隼人」

葉山「……なにかな?」

陽乃「比企谷八幡って子知ってるかな?」ニコニコ

―――

文化祭3日前


八幡「準備もできてるし……後は展示物運ぶだけか」

姫菜「そうだね」

川崎「……結構な量になったけど」

八幡「そうだな」


教師「あー。いい忘れてたわ。文化祭当日展示物飾ってる間留守番が必要た」

教師「交代制でいいと思うが……その何人かを決めてくれ」


八幡(決めてなかったのに驚きだよ……)


八幡(当然自分からそんな役を引き受ける奴がいるわけもなく……)


教師「……ま、そうなると思ったからくじ引きを用意した、引いてくれ」


八幡(……さてと)


コンマ下3までにゾロ目なら留守番回避



343:2015/01/09(金) 17:06:09.83 ID:VUqFbDRk0

人いないな。連投ありならお願いします。駄目なら安価下


344:2015/01/09(金) 17:06:19.67 ID:ppcK2qQAO




345:2015/01/09(金) 17:06:26.89 ID:OiHhDvngO




346:2015/01/09(金) 17:13:01.75 ID:UbVKTr9fO


八幡(こういうところで見事に引いて微妙な空気を作るやつっているよな……俺だけどさ)


八幡(別に誰かと約束があったわけじゃないから留守番でいいけど……一人なら気楽だし)


教師「一人だと大変だろうからひとつの時間帯毎に二人のペアでやってもらう」


八幡(……嘘だろ)


相方は?
コンマ下3までにゾロ目なら以下の人物
1-3川崎
4-6相模
7-9姫菜


347:2015/01/09(金) 17:13:50.28 ID:0+4V09VEo

ぼっち


348:2015/01/09(金) 17:13:55.59 ID:VJNE+l58O

たー


349:2015/01/09(金) 17:14:00.00 ID:3TpXFSRz0

ほい


354:2015/01/09(金) 17:15:08.34 ID:LTyLtfEf0

見事にゾロ目で範囲外というスナイパー


357:2015/01/09(金) 17:28:55.71 ID:UbVKTr9fO


0ゾロ目なので安価下5まで多かった人物
姫菜
川崎
相模



359:2015/01/09(金) 17:29:27.82 ID:L2OvACXKo

相模を見極めたいな


363:2015/01/09(金) 17:38:07.34 ID:UbVKTr9fO


教師「あと一人は相模か」

相模「……」ウゲェ

八幡(さて、あの顔は俺と組むことに対するものかせっかくの文化祭なのに留守番することになったからなのか)

相模「最悪ー……」

女「あちゃー。どんまいー」


八幡(何もなく終わればいいけど)



―――

誰sideを見るか
安価下5までに多かった人物



364:2015/01/09(金) 17:38:43.11 ID:Xcvi7VhFO

サキサキ


369:2015/01/09(金) 17:53:42.96 ID:UbVKTr9fO


川崎side

京華「あはは!ブーン!」バタバタ

川崎「けーちゃん。ちゃんと前見ないと危ないよ」

大志「最近何かいいことでもあったの?」

川崎「?なんで」

大志「最近ねーちゃん楽しそうだったから」

川崎「そんなに?」

大志「うん。でも今日はちょっと悲しそうな顔してた」

川崎「……」

大志「どうしたの?」

川崎「あんたってそういう無駄に鋭いとこをもっと生かせば彼女の一人や二人できるのに」

大志「なっ!ねーちゃんだって彼氏いないくせに!」

川崎「う、うるさい!ばか」

大志「高校生なのに好きな人の一人や二人いないなんて」

川崎「あんただっていないでしょ」

大志「そ、それは……」

川崎「……え」

京華「私はさーちゃん大好き!」ダキッ

川崎「あはは。私もけーちゃん大好きだよ」

川崎(好きな人……かぁ。あいつは違う……よね)



371:2015/01/09(金) 18:07:36.11 ID:UbVKTr9fO


文化祭当日

小町「それじゃー昼ぐらいにはいくからー」

八幡「ああ。そうしてくれ」


八幡(休日に学校ってのも疲れるなぁ)


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



372:2015/01/09(金) 18:07:57.69 ID:7V/CJqhhO

こい!


373:2015/01/09(金) 18:08:05.39 ID:0+4V09VEo




374:2015/01/09(金) 18:08:05.95 ID:otzqWZDk0

好感度MAXのはるのんと相模が居合わせたら惨事になりそう


377:2015/01/09(金) 18:14:55.32 ID:UbVKTr9fO


川崎「おはよ」

八幡「……おはよ」

姫菜「おはよー」

八幡「どうも」

―――

体育館

生徒会長「それでは総武校文化祭を開催します」


八幡(さて、教室に行きますか……)


誰sideを見るか安価下5まで多かった人物




378:2015/01/09(金) 18:15:14.85 ID:0+4V09VEo

いろはす


384:2015/01/09(金) 18:28:52.71 ID:UbVKTr9fO


総武校

いろは「……きちゃった」

いろは(……始まったばっかりっぽいけど)

いろは「さて、先輩の出し物は……」

いろは(……やば。そういや先輩のクラス知らないや)


コンマ下3までにゾロ目なら八幡



385:2015/01/09(金) 18:29:38.12 ID:0+4V09VEo

ゾロ


386:2015/01/09(金) 18:30:24.39 ID:cURdQzk70

いえい


387:2015/01/09(金) 18:30:29.29 ID:gXZY51pHo

ゾロ目来い!


389:2015/01/09(金) 18:53:55.15 ID:UbVKTr9fO


いろは(んー。適当に一年の所回ってたらいいかな)


戸部「それまじぃ!?パネー」

男「戸部!うるせぇ!」

戸部「すいません!先輩!」

いろは(戸部先輩は相変わらず戸部先輩だなぁ……声でかいし)

三浦「あーし、コーラ飲みたい」

いろは(三浦先輩も変わらないなー)

めぐり「ガスには気を付けてくださいね。……ここは大丈夫ですね。次の検査を」

いろは(めぐり先輩も変わらずだー)

いろは(一年前の先輩たちを見るって面白いなぁ)

ドンッ

いろは「あ、すいません」

葉山「いえ、こちらこそごめんなさい」

いろは「……ぁ」

葉山「ん?」



390:2015/01/09(金) 19:02:02.32 ID:UbVKTr9fO


八幡「……」

相模「……」ポチポチ

八幡「……」

八幡(思ったより暇だ……本でも読むか)

八幡「……」ペラッ

相模「なにしてんの」

八幡「読書だけど」

相模「客きたらどうするの」

八幡(……携帯弄ってるのはいいんですかねぇ)

八幡「……悪かったよ」

相模「ふんっ」

八幡(はぁ……どうせなら一人のがよかった)

相模「……あんたさ」

八幡「何だよ」

相模「川崎さんとつきあってんの?」ニヤ

八幡「いいや」

八幡(ああ、これめんどくさいやつだ……明らかに悪意のこもった質問だ)

相模「へー。でも仲良さそーにしてたじゃん?お似合いだと思うけどなぁ」

八幡「お似合いかどうかはわかんないだろ」

相模「えぇ?二人揃っていつも黙ってるじゃん?お似合いだよー」アハハ

コンマ下1

奇数雪乃・結衣が来る
偶数陽乃



391:2015/01/09(金) 19:03:23.90 ID:OiHhDvngO

A


408:2015/01/09(金) 19:57:07.66 ID:UbVKTr9fO


八幡「……」

八幡(さて、どうやって切り抜けるか……川崎に迷惑はかけれないし)

陽乃「こんにちは♪」ニコニコ

八幡「……」

相模「あ、いらっしゃいませー」

相模(うわっ凄い美人)

八幡「あれ?えっと」

陽乃「久しぶりー比企谷くん」

八幡「あ、お久しぶりです。雪ノ下さん」

八幡(アイスぶつけられた人だよな)

陽乃「元気してた?」

八幡「はぁ。まぁそこそこに」

陽乃「 そっかぁー今は展示物の留守番してるんだ」

八幡「ええ」

陽乃「……ふーん。あ、そうだ……」

八幡「え?」

陽乃「私この学校初めてなんだけど、トイレの場所教えてくれないかな?ちょっと化粧直したいんだー」

八幡(トイレなんてそこら中にあったと思うけど……)

八幡「えーっとそこの階段をおりて」

陽乃「私方向音痴だからさ……君……教えてくれないかな?」ニコッ

相模「え?ウチですか?」

陽乃「駄目かな?」

相模「いい……ですけど」チラッ

八幡「……気にしなくていいぞ。留守番なんて一人でもできる」

相模「そう。じゃあご案内しますね」ニコッ

陽乃「うん♪ありがとう」ニコニコ

八幡(……こりゃ帰ってこないな。案内ついでにそのままトンズラするだろう……俺からしてもそっちのが助かるからいいけど)



412:2015/01/09(金) 20:00:27.64 ID:UbVKTr9fO

八幡(さて……やっと静かになったな)


次誰が来るか

安価下5までに多かった人物



414:2015/01/09(金) 20:01:03.01 ID:SalCkAeEO

ゆい


415:2015/01/09(金) 20:01:11.08 ID:3tfsl4nmO

いろはす


419:2015/01/09(金) 20:07:12.27 ID:UbVKTr9fO


八幡「……」ペラッペラッ

結衣「やっはろー」

雪乃「こんにちは」

八幡「……いらっしゃいませ」

結衣「……わ、方言ってこんなにあるんだ」チラッ

雪乃「よくこれだけ調べたものね」チラッ

八幡(……何か見られてるんだが……こちとら人の視線には敏感なんだぞ……やめてくれ)


コンマ下1

奇数なら話しかけられる
ゾロ目なら



420:2015/01/09(金) 20:08:29.91 ID:7G3q+S2AO




422:2015/01/09(金) 20:09:10.77 ID:UbVKTr9fO

ごめんいろはと同票だった
後でいろはも出します


426:2015/01/09(金) 20:20:53.39 ID:UbVKTr9fO


結衣「これってヒッキーが調べたのかな?」

雪乃「どうかしら……どれかはそうでしょうけど」

八幡(ヒッキー?どっかで……)

結衣「ねぇヒッキー。どれがヒッキーが調べたやつー?」

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん!?」

八幡「え。俺?」

結衣「あ……」


八幡「……思い出した……入学式の時の……」

雪乃「……はぁ」

結衣「あ、あはは。久しぶり」


431:2015/01/09(金) 20:57:11.63 ID:UbVKTr9fO


八幡「あ、ああ……久しぶり」

雪乃「由比ヶ浜さんは前にも会ったことがあるのね」

結衣「うん。入学式のときにちょっと」

雪乃「……なるほど」

八幡「えーっと……」

雪乃「ごめんなさい自己紹介がまだだったわね……雪ノ下雪乃よ」

八幡「ども……比企谷八幡です」

結衣「……はっ!?そういえばあたしもまだ自己紹介してない!?」

雪乃「貴女って人は……」

結衣「ゆ、由比ヶ浜結衣です!」

八幡「……ども」

結衣「なんか引かれ気味だ!?」

雪乃「むしろ私も引き気味よ」

結衣「ゆきのんまで!?」

八幡(なんなんだ一体)


コンマ下3までにゾロ目なら昼から一緒に回らないか誘われる



432:2015/01/09(金) 20:57:38.81 ID:y1WX1h4qo




433:2015/01/09(金) 20:58:13.09 ID:7G3q+S2AO




434:2015/01/09(金) 20:58:33.38 ID:gXZY51pHo

そろそろ来よう


438:2015/01/09(金) 21:04:13.28 ID:UbVKTr9fO


雪乃(どうみても警戒されてるわね)

雪乃「次に回りましょうか」

結衣「あ、うん」

雪乃「それではね……比企谷くん」

結衣「またねー」

八幡「あ、ああ」

八幡(前のまたねってのは同じ学校だったってことか)

八幡「……あれ」

八幡(何で由比ヶ浜は入学前から俺の事知ってたんだ……?)



441:2015/01/09(金) 21:20:17.56 ID:UbVKTr9fO


いろは「こんにちはー」

八幡「いらっしゃいませ」

いろは「あ、やっと見つけたー」

葉山「ここだったか」

いろは「はい。案内ありがとうございました」

葉山「気にしなくていいよ。それじゃあね」

いろは「はい」

八幡「よう。来てたのか」

いろは「来てたのか。じゃないですよー。文化祭があるぐらい教えてほしかったです」

八幡「何でそんなことを教えないといけないんだ……」

いろは「えーっと……そりゃあー自分が希望してる学校の学祭ぐらいみときたいじゃないですか」

八幡「そーですか……で、感想は」

いろは「普通ですね」

八幡「そりゃそうだ……」

八幡「……さっきのやつは?」

いろは「ああ。葉山先輩ですか?ちょっと色々あって案内して貰ったんですよここまで」

八幡「ふーん」

いろは「で、先輩いつまで店番なんですかぁー?」

八幡「知らん……相方は帰ってこないし交代もまだこない」

八幡(つーか交代時間はとっくに過ぎてるんですが……もう昼だぞ)

いろは「……もしかして押し付けられちゃったんですか?」

八幡「かもな」

いろは「うわー。何か先輩らしいなぁ」

八幡「らしいって……そんなに知り合ってもないだろ……」

いろは「あはは。私にはわかるんですよ」

八幡「そりゃ凄い能力なことで」

コンマ下3までにゾロ目なら誘われる



442:2015/01/09(金) 21:20:40.54 ID:SalCkAeEO




443:2015/01/09(金) 21:21:05.47 ID:ppcK2qQAO




444:2015/01/09(金) 21:21:16.16 ID:y1WX1h4qo

おら


449:2015/01/09(金) 21:27:23.35 ID:69QDZuvnO

いろは「交代きたら先輩は暇なんですか?」

八幡「……そうだな。いらっしゃいませー」

いろは(先輩暇そうだし……交代きた後に予約いれとこうかな)

いろは「せ」

女「あれ?いろは?」

いろは「え?」

女「わ。やっぱりー。何してるのー?こんなところで。一人?」

いろは「あれー。奇遇だね!」

いろは(うわぁー!こんな嫌なタイミングでこないでよー!)

女「一人ならよかったら一緒にまわろーよー」

いろは「あはは。そうだねー」

いろは(ああ……折角のチャンスが……)


八幡「……やっと人がいなくなったか」



454:2015/01/09(金) 21:46:24.27 ID:UbVKTr9fO


八幡「……まじで交代がこない」


八幡(外から焼きそばの匂いとかするせいで余計に腹へったんだが……)


八幡「人も来ないし暇だ……」

コンマ下1

奇数陽乃
偶数川崎
ゾロ目相模



455:2015/01/09(金) 21:46:50.14 ID:0+4V09VEo

さがみん


461:2015/01/09(金) 21:52:30.61 ID:UbVKTr9fO


川崎「お疲れ」

八幡「……あれ。次の交代って川崎だっけ」

川崎「違うけど……あんたの後の子がライブ見に行くのが見えたから」ガサッ

川崎「……差し入れ」

八幡「え……」

川崎「焼きそばとかたこ焼き……適当だけど買って来たから」

八幡「悪い……いくらだった?」

川崎「500円」

八幡「……少なくないか?」

川崎「私も半分貰うから」

八幡「ああ、それで……サンキュ」チャリン

川崎「ん」



464:2015/01/09(金) 21:59:41.43 ID:UbVKTr9fO


八幡「海老名さんはどうしたんだ?一緒じゃなかったのか」

川崎「何かびーえる?の本が売り出されるから買いにいくっていってた」


八幡(何やってんだあの人……つかそんなもん売り出すなよ。何考えてんだこの学校)


川崎「あんた、回ってきていいよ」

八幡「なにが?」

川崎「文化祭。店番なら私がしとく」

八幡「……別にいいぞ。特にみたいやつがあるわけでもないし」

川崎「……ずっと店番もきついでしょ」

八幡(困った意外と頑固だ……)

コンマ下1
奇数なら任せて行く
偶数なら残る
ゾロ目なら交代がくる



465:2015/01/09(金) 22:00:10.58 ID:ppcK2qQAO




470:2015/01/09(金) 22:07:11.12 ID:UbVKTr9fO


八幡「それこそ川崎に悪いから行かないっての」

川崎「……あんたって頑固だよね」

八幡「お前もだろ……」

川崎「……別にいいけどさ」




八幡「……ごちそうさん。まじで助かった」

川崎「いいよ。これ、片付けてくる」

八幡「いや、置いといてくれれば後で俺が」

川崎「店にゴミ置いとくのはみっともないでしょ」テクテク

八幡「……川崎って何か母親っぽいな」


コンマ下1
奇数相模
偶数陽乃
ゾロ目交代



471:2015/01/09(金) 22:07:24.57 ID:QZeFj9ceo




477:2015/01/09(金) 22:24:55.28 ID:UbVKTr9fO


八幡「いらっしゃ……相模」

八幡(てっきりそのまま遊んでるかと思ったが……帰ってくるとは)

相模「……ただいま」ガタガタ

八幡(この短時間でお前になにがあったんだよ)

八幡「お、おう……おかえり」

相模「ひ、比企谷」

八幡「なんだ?」

相模「ご、ごめんなさい……さっきの……」

八幡「あ、ああ……気にしてはないけど」

相模「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

八幡(ふぇぇぇぇ何か相方が壊れて帰ってきたよー……オヤシロサマ助けてください)

八幡「わ、わかったからもう謝るな……」

相模「ほ、ほんと……?」

八幡「あ、ああ」

陽乃「……」ニコニコ

相模「ひぃ!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

八幡「ちょ。だから気にしてないって」

八幡(頼むから勘弁してくれ……誰かに見られたら完璧に俺が虐めてるみたいじゃないか)




478:2015/01/09(金) 22:26:42.33 ID:JD/7EXqDO

はるのん恐ろしいなぁ…


480:2015/01/09(金) 22:32:05.68 ID:UbVKTr9fO


八幡(やっと解放された……)

八幡(と言うかもうほとんど終わりじゃねーか……)

小町「お。お兄ちゃんやっほー」

八幡「ああ、小町」

小町「さっき展示見に行ったけどお兄ちゃんいなかったよー」

八幡「ああ、丁度入れ代わりだったんだろ」

小町「面白いことあった?」

八幡「変なことならやたらと起きた……」

小町「へ?変なお兄ちゃん」

八幡「……疲れた」

小町「あはは。ごめんお兄ちゃん。小町ちょっと用があるからこれでー」

八幡「ああ」

八幡(適当にどっかで休むか)

誰と出会う安価下5までに多かった人物



482:2015/01/09(金) 22:32:41.79 ID:y1WX1h4qo

いろはす


489:2015/01/09(金) 23:03:16.71 ID:UbVKTr9fO


いろは「先輩ー!」

八幡「……」

いろは「おーい、先輩ー?」

八幡「ああ、俺か」

いろは「そりゃそうですよ」

八幡「こんだけ人がいるのにわかるかっての」

いろは「先輩は先輩ですよ?だから先輩と呼ぶんです」

八幡「何か哲学っぽいが言ってることは無茶苦茶だ……」


八幡「……で、お友だちはどうした」

いろは「ああ、葉山先輩のバンド見るってんでおいて……じゃなくて抜け出してきました」


八幡「それ……言い直しても酷いこと言ってるからな」


いろは「あはは」



490:2015/01/09(金) 23:13:35.52 ID:UbVKTr9fO


いろは「で、先輩は暇ですよね?」

八幡「俺は休みたいんだが……」

いろは「まぁまぁ、そう言わずに」

いろは「まだ出店も出し物もしてますし……遊びましょう!」パシッ

いろは「まずは出店からですねー」ニコニコ

八幡「……」

いろは「どうかしました?」

八幡「……いや、ただ今の財布の中身を計算してた」

いろは「うわぁー……学祭の出店ぐらいでなんてケチっぽいことを……」

八幡「学生だからこそだろ」


いろは「あ、射的勝負しましょうよ」

八幡「はいはい」


◆◆◆

校舎

陽乃(あれ?比企谷くんだ……隣にいるのは……)

めぐり「はるのさーん。もうすぐ有志のほうの準備にいってくださいー」

陽乃「あ。うんー」

陽乃(……へぇ……あの子もなんだ)




492:2015/01/09(金) 23:19:08.34 ID:UbVKTr9fO


八幡「ただいま」

小町「あれ!?」

八幡「何だよ」

小町「打ち上げとかは?」

八幡「そんなの行くわけないだろ……」

小町「うわー……やっぱりこれも変わらないんだ……」ボソッ

八幡「何か言ったかー?」

小町「ううんー。なんでもなーい。文化祭楽しめた?」

八幡「……まぁ、そこそこには……な」

小町「……そっか!」ニコッ


文化祭終了


次の時間軸

コンマ下1
偶数三学期
奇数二年



493:2015/01/09(金) 23:19:21.31 ID:ZPHt8y22o

ぶっちゃけ男女性別入れ替えてもしっくり来るような被攻略体質だよな八幡って


496:2015/01/09(金) 23:32:38.44 ID:UbVKTr9fO


雪乃・結衣side

雪乃「……結局あれから接触の機会もなかったわね」

結衣「そうだねー」ハァ

雪乃「何故巻き戻ったのかもわからずじまいで二年生……ね」

結衣「そうだねぇ……」

結衣「ちゃんとヒッキー奉仕部にはいるのかなぁ」

雪乃「……どうかしら」

雪乃(これから先起こることを考えたら彼はここに入らない方がいいのかもしれないわね……)

―――
いろはside

いろは「やーっと入学かぁ……一年って長かったなぁ」

いろは「さーて、頑張ろー」

いろは(多分先輩は二年生のどこかのタイミングで奉仕部にはいるはずだからそれまでにアドバンテージ作っとかないと)


いろは「結衣先輩も雪ノ下先輩も手強いからなぁ……」

―――

陽乃side

陽乃(……雪乃ちゃんガハマちゃん……小町ちゃんにいろはちゃん……そして私)

陽乃「私の記憶通りなら共通点はあるんだけどなぁー」


陽乃(まぁいろはちゃんはもうすぐ総武に入学するし……接触は何時でもできる……)


陽乃「問題が出てくるのはこれからだろうし……どうするんだろ……雪乃ちゃん」



二年生編スタート



510:2015/01/10(土) 00:35:07.76 ID:kQc5QeuuO


八幡「二年生……か」

八幡「行ってきます」

小町「あ、お兄ちゃんー」バタバタ

八幡「んー?」

小町「ふぅ……いってらっしゃい!」ニコッ

八幡「……ああ。行ってきます」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



511:2015/01/10(土) 00:35:38.53 ID:EuLP1Hn5o

まかせろ


512:2015/01/10(土) 00:35:56.07 ID:lBJ5HU0mO

たー


513:2015/01/10(土) 00:36:00.23 ID:sOGoG4SeO

よし


521:2015/01/10(土) 01:34:37.67 ID:kQc5QeuuO


八幡(さて……新しいクラスメイトは……)


安価下5まで多かった人物3人

葉山
雪乃
結衣以外



522:2015/01/10(土) 01:36:24.86 ID:3xZ2D/tOo

さきさき


524:2015/01/10(土) 01:38:39.59 ID:yIX5uVr30

あーし


526:2015/01/10(土) 01:39:44.25 ID:OmUPwObwo

相模


547:2015/01/10(土) 15:54:55.52 ID:Ew936I4HO



川崎「よろしく」

八幡「……ああ、よろしく。まさかまた同じクラスになるとはな」

川崎「……海老名は違うクラスになったけど」

八幡「……あ、ああ」

川崎「……」ズーン

八幡(なんだかんだ言いながら好きだったのか)

八幡(他の顔見知りっていえば……)

相模「……」ビクッ

相模「……」プイッ

八幡(あれ以来顔を見られるとこうだ……まぁあからさま敵意がないだけいいけど)


八幡(んで、問題があるのが……あいつか)


結衣「いやー、それはどうだろー?」

戸部「いや、まじだって!」

大和「ないな」

岡部「ないない」

三浦「……隼人ー。今日放課後暇?」

葉山「ああ、今日は部活も休みだよ」


八幡(……ようわからんやつには近づかない方がいいか)プイッ

結衣「……」チラッ

結衣(……ヒッキーと同じクラスにはなれたけど姫菜もいないし彩ちゃんもいない……どうなってるのー!?)



549:2015/01/10(土) 16:03:20.55 ID:0dlF0Rj0O


平塚「今日から私が君たちの担任の平塚静だ。どんなやつかは君達がこれから私を見て判断してくれればいい」

平塚「自己紹介とかも特に不要だ。残り時間は適当に談笑の時間にでもしてくれ」

八幡(……すげぇ美人の先生だな……)


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



550:2015/01/10(土) 16:04:16.99 ID:MLPGK5OZo

はい


551:2015/01/10(土) 16:04:22.57 ID:ZPKbsJ3AO

Go


552:2015/01/10(土) 16:04:27.31 ID:gihiFEBAO




557:2015/01/10(土) 16:14:45.05 ID:0dlF0Rj0O


葉山「やぁ、よろしく。葉山隼人だ」

八幡「……ああ、よろしく。比企谷八幡です」

八幡(あれ……どっかで……)

葉山「文化祭以来だね」

八幡「……あの時の」

葉山「ははは。あの時はお互い一瞬だったからね、今年は仲良くしよう」スッ

八幡「……ああ」スッ

八幡(何だ……この違和感……モヤモヤした感じ……嫌な気分になる)

結衣「や、やっはろー」ヒョコ

八幡「……げ」

結衣「ぅ」

結衣(やっぱりドン引きされてるよぉぉ!)

八幡「わ、悪かったから泣きそうな顔しないでくれ」

結衣「な、泣いてないし!」

八幡(どうみても泣きそうな顔してたじゃねーか……)

結衣「その……改めてよろしくね」

八幡「……あ、ああ」

三浦「結衣ー隼人ーなにしてんの?」

三浦「……」

八幡「……ども」

三浦「……」

八幡「……?」

葉山「こっちは比企谷くん。でこっちは優美子」

三浦「……三浦優美子」クルッ

八幡「……」

八幡(クラスの面子が濃すぎるんだけど……)



560:2015/01/10(土) 16:24:40.84 ID:1xp3TgEOO


川崎「……あんたって意外と顔広いんだ」

八幡「はぁ?まさか……」

川崎「……ふーん」

八幡「……」

八幡(今日はもうさっさと返って寝よう……疲れた)


誰sideを見るか安価下5まで多かった人物



561:2015/01/10(土) 16:25:17.97 ID:MLPGK5OZo

さきさき


562:2015/01/10(土) 16:26:05.77 ID:lXFLt5BHo

ゆい


567:2015/01/10(土) 16:30:05.00 ID:BcGNbUcPO


同数なのでコンマ下1
奇数結衣
偶数川崎
ゾロ目指定人物


568:2015/01/10(土) 16:30:12.37 ID:D1ltxXYYO

結衣


570:2015/01/10(土) 16:37:34.14 ID:ATN9WtVyO


結衣side

結衣「……何か変なの」

雪乃「変?」

結衣「うん」

結衣「姫菜や彩ちゃんがいないし……隼人くんや優美子がヒッキーに話しかけてた」

雪乃「……」

結衣「……何て言うか……どんどん知らない世界になっていってる気がするんだ」

雪乃「……そう……ね」

結衣「優美子も少し柔らかいっていうか……出会った頃はもっとツンツンしてたと思うの」

雪乃「……」

結衣「……ねぇゆきのん」

雪乃「……何かしら」

結衣「あたし……何か怖くなってきた」

雪乃「……大丈夫よ」

結衣「そうかなぁ……」

雪乃「ええ……大丈夫よ」


―――

結衣「ゆきのんはああ言ってたけど……」

コンマ下1

奇数で陽乃
偶数で小町

ゾロ目なら八幡



571:2015/01/10(土) 16:38:14.15 ID:9R1arIw7o




572:2015/01/10(土) 16:46:20.91 ID:iHn+Uu9IO


陽乃「ひゃっはろー」

結衣「陽乃さん」

陽乃「今日は雪乃ちゃんは一緒じゃないんだ」


結衣「はい、今日は用事があるっていってたので」

陽乃「そっかそっか」

陽乃「ガハマちゃんは今から少し時間ある?」ニコッ


―――

小町「ただいまー」

八幡「おかえり」

小町「お兄ちゃんー。新しいクラスはどうだったぁ?」

八幡「ぁー。何か一年の時より疲れそうだ」

小町「可愛い人とかいなかったのー?」

八幡「ぁー?そんなの見る余裕なかっ……ああ、美人ならいたぞ」

小町「え!?だれだれ!?」

八幡「担任」

小町「……」

小町「お兄ちゃん……小町は色んな意味で残念だよ」

八幡「ちょっと待て何でそんな憐れみの目を向ける」

小町「ほんと……そりゃ皆苦労するよ」

八幡「……皆?」

小町「何でもないですよー。着替えてくるー」

八幡「ああ」



583:2015/01/10(土) 19:03:32.19 ID:iJiDNkUuO


奉仕部

結衣「……こないねー」

雪乃「……そうね」

結衣「……静かだね」

雪乃「……そうね」

結衣「もうすぐ5月だね……」

雪乃「……ええ」

結衣「……このままじゃ林間学校に間に合わないね……」

雪乃「……その時は私達がなんとかするしかないわ」

結衣「うん……頑張らないと」

雪乃「どちらにせよ今回は彼に汚れ役をやらせる気はないわ」

結衣「……そうだね」

雪乃「ええ」

コンマ下5までにゾロ目なら八幡奉仕部入部



584:2015/01/10(土) 19:04:15.78 ID:hNINu0jUO

任せろ


585:2015/01/10(土) 19:04:41.45 ID:hMVkUG6AO




586:2015/01/10(土) 19:04:49.18 ID:rDoaED9Fo

俺に任せろ


587:2015/01/10(土) 19:05:59.33 ID:O4ihVv0X0

とりゃ


588:2015/01/10(土) 19:06:04.65 ID:XnbSf8JAO

せえゃ


591:2015/01/10(土) 19:15:24.08 ID:iJiDNkUuO


平塚「何だね……このふざけた作文は」

八幡「そんなに変ですかね」

平塚「……確かに君の考えは悪くない。間違ってもいないと思うが……これを提出するという行為が大間違いだ」

八幡「……すいません」

平塚「責めてはいない。ただ、この作文に担当教師はカンカンだ……何かしらの罰は与えねばならない」

八幡「……体罰とかは勘弁してほしいんすけど……先生の拳って痛そ」

ヒュン!

平塚「こんなか弱い先生を捕まえておいてその言いぐさはないだろう?」ゴゴゴ

八幡「そ、そうすね。俺が悪いですね」

平塚「……ふぅ」

平塚「……付いてきたまえ」



595:2015/01/10(土) 19:32:07.84 ID:iJiDNkUuO


平塚「入るぞー。雪ノ下、由比ヶ浜」

雪乃「!」

結衣「!」ガタッ

平塚「最近暇だっただろうから面白いものを連れてきたぞ」

雪乃「……面白いものですか?」

結衣「そ、それって!」

平塚「ほら、入りたまえ」

八幡「……なんすかここ……は」


八幡「……え」

平塚「新入部員の比企谷八幡だ」


八幡「は?」



598:2015/01/10(土) 19:49:03.46 ID:iJiDNkUuO


平塚「君にはここで部活動をしてもらう」

八幡「ちょっと待ってください」

平塚「何だね」

八幡「意味がわかりません」

平塚「君は人生に意味のある出来事ばかりが起こると思ってるのかね」

八幡「はい?」

平塚「まぁ仮入部みたいなものだよ……」

八幡「いや、だから」

平塚「では、後は頼んだぞ。雪ノ下、由比ヶ浜」


八幡(話をまったく聞いてくれないうえに丸投げしていきやがった)


雪乃「……」

結衣「……」

八幡「……えーっと……お久しぶりです?」

八幡(何で俺から話しかける空気になってんだよ……)


誰sideを見るか安価下5まで多かった人物



601:2015/01/10(土) 19:49:56.05 ID:jBD+EFYuO

がはまさん


606:2015/01/10(土) 20:06:27.28 ID:iJiDNkUuO


結衣side


結衣「……ヒッキー……あたしね……ヒッキーの事が……」


八幡「……由比……ヶ浜?」


結衣「……好きです」



結衣「はっ!?」


結衣「……ゆ、夢?」


結衣(とうとうヒッキーが入部してきた)


結衣「……けど、どうみてもヒッキー警戒してる……」


結衣(確か最初の依頼って彩ちゃんだったよね?)

結衣「今日あたりにでもあの場所に行ってみよう」



609:2015/01/10(土) 20:17:01.77 ID:iJiDNkUuO


八幡「……」モグモグ


結衣「やっぱりここにいた」

八幡「え……」

結衣「やっはろー」

結衣(ヒッキーってこの場所好きなんだよね)

結衣「お昼ここで食べてたんだ?」

八幡「……ああ」

八幡「由比ヶ浜はどうしてこんなとこに」

結衣「あたし?あたしはじゃん負けしてさー」ドッコイショ

八幡(何故隣に座るんだ……)

八幡「……」

結衣「……良いとこだね……ここ」

八幡「……そうだな」

八幡(……聞いてみるか)

八幡「……なぁ、由比ヶ浜」

結衣「ん?」

八幡「何で俺の」

戸塚「こんにちは」

結衣「あ、彩ちゃん。やっはろー」

八幡「……」

結衣(……ごめんね。ヒッキー)



639:2015/01/11(日) 00:05:44.29 ID:/lhwI7wIO


結衣「休憩?」

戸塚「うん。休憩だよ」

結衣「ヒッキーは彩ちゃん知ってる?」

八幡「……俺に女子の知り合いなんて……」

八幡(………考えたら少しはいるな)

戸塚「……僕男の子なんだ」

八幡「……はい?」

―――

奉仕部

八幡「……」ペラペラ

結衣「……」ポチポチ

雪乃「……」ペラペラ


八幡(一体なんのための集まりなんだこれは……奉仕活動ってどういうことするんだよ……)

コンマ下3までにゾロ目ならイベント




640:2015/01/11(日) 00:06:08.52 ID:vxQxiAhko

まかせろー


641:2015/01/11(日) 00:06:22.59 ID:26oovxeco




642:2015/01/11(日) 00:06:25.76 ID:zF2fPlxYo

はい


645:2015/01/11(日) 00:11:13.95 ID:/lhwI7wIO


一時間後


八幡(……帰っていいかなぁ……これ)


結衣「……あ、ゆきのんこれすごくない?」ポチポチ

雪乃「なにかしら?」


八幡(……二人の仲は良さそうには見えるな)



誰sideを見るか安価下5まで多かった人物



647:2015/01/11(日) 00:12:05.49 ID:fxnXi2fAO

川崎


652:2015/01/11(日) 00:57:12.12 ID:/kA/M3tRO


川崎side

朝5時

ガラガラ

川崎「……ただいま」

大志「姉ちゃん」

川崎「……大志……あんたこんな時間まで何してるの」

大志「それはこっちの台詞だよ」

川崎「……あんたには関係ないよ」

大志「なっ!」

川崎「……疲れてるから寝させて」

大志「……待ってよ!姉ちゃん!」

川崎「うるさい京華がおきるでしょ」

バタンッ


川崎「……疲れた……でも後少しで学校……二時間だけ……」スゥ



654:2015/01/11(日) 01:00:33.47 ID:/kA/M3tRO


「愛してるぜ!川崎!」


川崎「……っ!」ガバッ

川崎「……」ボー

川崎「……やばっ。遅刻」

川崎「……どうせ遅刻だしゆっくりいこ」

コンマ下3までにゾロ目ならイベント



655:2015/01/11(日) 01:01:06.38 ID:Gd2WUTfRo

はい


656:2015/01/11(日) 01:02:02.37 ID:koRLwOe80

とう


657:2015/01/11(日) 01:02:18.12 ID:ecJnBbciO




659:2015/01/11(日) 01:06:37.58 ID:/kA/M3tRO


平塚「えらく重役出勤だな」

川崎「すいません」

平塚「ここのところ増えてるようだが……何かあったのか?」

川崎「何でもないですよ」

平塚「……ふむ。君がそう言うなら仕方ないな……さて、もう一人の重役はいつくるか」

川崎(もう一人の重役?)

平塚「なぁ?比企谷ぁ?」

八幡「……」ビクゥ

八幡(何で気付かれてるんですかねぇ!)

平塚「話を聞かせてもらおうかぁ?」

八幡「いや、これはですね、あのですね」

平塚「問答無用だ!」


ドタバタ


川崎「……」クスッ

川崎「バカみたい」



662:2015/01/11(日) 01:11:07.40 ID:/kA/M3tRO


八幡「……ひどい目に遭った……」

川崎「おはよ」

八幡「お前は何でしょっぴがれないんだよ」

川崎「さぁ?日頃の行いじゃないの」

八幡「そうですか」

川崎「……あんたは聞かないんだ」

八幡「何を」

川崎「……いや、何でもない」

八幡(遅刻したりする理由なんて聞くかよ……だいたい一年の頃から優等生だったやつが急にサボりだすっていったら、聞いていい理由じゃないだろうしな)

八幡「……はぁ」

八幡(多分平塚先生もわかってるんだろうけど……それでも俺に対する仕打ちは酷くないかなぁ……奉仕部とかいう意味不明な部にぶちこむし)



663:2015/01/11(日) 01:23:05.14 ID:/kA/M3tRO


放課後

八幡「……行きますか」


八幡(嫌なはずなんだけど足が勝手に向かってしまう……これが日本人の悲しい習性なのかなもな)


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



664:2015/01/11(日) 01:23:14.77 ID:zF2fPlxYo

こい


665:2015/01/11(日) 01:23:23.80 ID:x1ONgkWTO




666:2015/01/11(日) 01:23:45.74 ID:C75FeHxSO

ほい


669:2015/01/11(日) 01:44:17.51 ID:/kA/M3tRO


平塚「ああ、比企谷。悪いが部室へと荷物を運んで貰いたいんだ」

八幡「……わかりました」


職員室への道中出会うのは

コンマ下1
奇数いろは
偶数陽乃



670:2015/01/11(日) 01:44:53.36 ID:fxnXi2fAO

いろはす


702:2015/01/11(日) 15:53:56.40 ID:xaiu/CoHO


陽乃「およ?比企谷くんー。久しぶりー」

八幡「あ……どうも」

平塚「陽乃」

陽乃「やっほー。静ちゃん。文化祭以来かな?」

平塚「今日はどうしたんだ」

陽乃「めぐりに生徒会の相談受けてね」

平塚「……ほう。それだけのためにわざわざ来るようなやつだったかね」

陽乃「もー。ひどいなぁ静ちゃんはー」

陽乃「比企谷くんもそう思うよねー?」

八幡「はぁ……どうでしょうか」

八幡「……先生とはどういったご関係で?」

陽乃「……私の先生だったんだよー」

平塚「手を焼かされたものだ」

陽乃「えー?そんなにかなぁ」

八幡(……だったらなんであの時……)

―――

八幡「……」

八幡(荷物を受け取ったのはいいが)

陽乃「……」ニコニコ

八幡(……どうして陽乃さんまで付いてくるんだ)

陽乃「元気だった?」

八幡「まぁそこそこには」

陽乃「そっかそっか。雪乃ちゃんやガハマちゃんとは仲良くやってるのかなぁ?」

八幡「……何でそう思うんですか?俺雪ノ下さんにそういう話したこと……雪ノ下?」

陽乃「あれ?気がついてなかったの?」

陽乃「私、雪ノ下雪乃ちゃんのお姉ちゃんだよ」

八幡「……まじですか」

陽乃「あはは。君らしくないね。頭の回る君ならとっくに気がついてるかと思った」

八幡「……じゃあついでに聞いていいですか」

陽乃「なーに?何でも聞いていいよー?」

八幡「……どうして文化祭の時初めてだって嘘を?」

陽乃「……」ニヤリ

陽乃「そこら辺はちゃんと気がつくんだ」

八幡「……」

陽乃「……特に理由はないよ?強いて言うならちょっとあの子とお話したかったからかな♪」

八幡(この人は敵に回すと絶対におっかないな)




703:2015/01/11(日) 15:55:13.36 ID:xaiu/CoHO

ごめん抜けてた

コンマ下3までにゾロ目ならイベント継続


704:2015/01/11(日) 15:56:34.34 ID:jdkNM6AEo

継続してくれ


705:2015/01/11(日) 15:57:00.13 ID:ULwV4BbJo

出る


706:2015/01/11(日) 15:57:36.19 ID:zaCETwpvo

ぬっ


709:2015/01/11(日) 16:09:54.72 ID:xaiu/CoHO

奉仕部

八幡「よっと」 ドサッ

陽乃「お疲れー」

結衣「やっはろー!なにその荷物……あれ?陽乃さん?」

雪乃「こんにちは比企谷くん」

陽乃「雪乃ちゃんお姉ちゃんには挨拶してくれないの?」

雪乃「呼んでないもの」

陽乃「酷い!比企谷くーん。雪乃ちゃんが虐めるよー」

雪乃「ね、姉さん、比企谷くんから離れなさい」

陽乃「ほらー。そんなに怒ってるとまた嫌われちゃうよ?」ギュー

雪乃「姉さん……」

八幡(……あの二人の間に挟まれてる俺を誰か助けてくれませんか)

結衣「ちょ!二人ともやめてってば」

八幡(由比ヶ浜!初めてお前がいいやつに見えるぞ)

雪乃「由比ヶ浜さん……でも」

結衣「ヒッキーも困ってますから陽乃さんも離れてあげてください」

陽乃「んふふ。しょうがないなぁー」

陽乃「それじゃあ私は用があるからこれで。またね!比企谷くん」

八幡「……やっと解放された」


結衣「大丈夫?ヒッキー」

八幡「ああ。助かった……由比ヶ浜」

結衣「えへへ」

雪乃「何か姉さんようにトラップでも設置しようかしら」

結衣「あ、あはは」

八幡(どうやら仲がいいとは言えないみたいだな)


誰sideを見るか安価下5までに多かった人物



713:2015/01/11(日) 16:11:14.67 ID:ZS4l7Ipdo

がはまちゃん


720:2015/01/11(日) 16:25:07.71 ID:xaiu/CoHO


結衣side

結衣「……ねぇゆきのん」

雪乃「なにかしら?」

結衣「彩ちゃん依頼こなかったね」

雪乃「……そうね」

結衣「一応前みたい聞いてみたんだけど今は皆頑張ってるって言われちゃった」

雪乃「……それはいいことね」

結衣「うん……いいことなんだけどさ」

雪乃「……不安が残るのね」

結衣「うん……やっぱりあたしたちの知ってる過去じゃなくなってる」

雪乃「でも彼は入部したわ」

結衣「……そう……だけど」

雪乃「確かに戸塚くんの依頼が来なかったのはおかしい……けれどそれは後から来る可能性もあるわ」

雪乃「今の問題はやっぱり林間学校よ」

結衣「そう……だけど」


ガラガラ

八幡「よっと」ドサッ

陽乃「お疲れー」

―――

雪乃「今日はここまでね」

結衣「うん」

八幡「はいよ」

コンマ下1
奇数雪乃
偶数陽乃
ゾロ目八幡



721:2015/01/11(日) 16:25:27.25 ID:IGxfcQFTo

やー


722:2015/01/11(日) 16:29:33.30 ID:xaiu/CoHO


結衣(やっぱりゆきのんともう少し話し合おう)

結衣「ゆきのんー。今日これから暇?」

雪乃「……そうね。特に用はないわよ」

結衣「ゆきのんの家に行ってもいいかな?」

雪乃「……わかったわ」

結衣「ごめんねー。急に」

雪乃「構わないわよ。ただ……帰りに買い物によってもいいかしら?」

結衣「全然大丈夫!それじゃあね!ヒッキー」

雪乃「さようなら」

八幡「ああ」



723:2015/01/11(日) 16:40:26.86 ID:xaiu/CoHO


「―――好きです」



小町「おにーちゃんー起きてー」

八幡「んー」

小町「学校だよー……うわ凄い顔」

八幡「……」ボー

小町「……涎」

八幡「……顔洗ってくる」

小町「うんー」

小町「……泣いてた?」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



724:2015/01/11(日) 16:41:06.26 ID:dRY/8i9Ko

そいや


725:2015/01/11(日) 16:41:14.02 ID:dCqu+5CWO




726:2015/01/11(日) 16:41:26.42 ID:K0rHIMCQO

いけ


729:2015/01/11(日) 16:49:40.72 ID:xaiu/CoHO


教室


八幡(今日も川崎は遅刻か)

八幡(何やってんだあいつ)

結衣「……」

三浦「……結衣?」

結衣「あ!なになに?」

三浦「何かあったん?」

結衣「何でもないよー」


平塚「おらー、お前ら席につけー」


誰sideを見るか安価下3



732:2015/01/11(日) 16:51:28.43 ID:L5yP0t+9O

いろはす


737:2015/01/11(日) 17:04:24.97 ID:xaiu/CoHO


いろはside

いろは(折角総武入ったのに……)

いろは「なかなか先輩と会えない」

いろは(しかも陽乃さんには私が巻き戻ったのばれてるし)

いろは(結衣先輩や雪ノ下先輩まで戻ってるならほんとにアドバンテージ無いし……)


いろは「いっそのこと奉仕部に入部しようかな」

いろは(……食堂にでもいってこよ)

コンマ下1
奇数めぐり
偶数葉山
ゾロ目八幡



738:2015/01/11(日) 17:04:37.82 ID:HPtFKvjPo

はい


740:2015/01/11(日) 17:10:52.73 ID:xaiu/CoHO


食堂

いろは(人多すぎ……パンも買えやしないし)

葉山「……ん?久しぶり一色さん」

いろは「……ああ、葉山先輩。お久しぶりです」

葉山「よかったちゃんと総武入れたんだ」

いろは「ええ。その節はお世話になりました」

葉山「気にしないでいいよ。俺もあそこの展示に興味があったから」

いろは「そうなんですか」

いろは(……そのわりには速攻で帰ってたような)

葉山「パンをかいに来たのかい?」

いろは「はい。弁当忘れたんで」

葉山「そっか……惣菜と菓子パン。どっちがいい?」

いろは「どちらでも構いませんが」

葉山「わかった。少し待ってて」

いろは(あー、流石葉山先輩だー。こういう目に見えるところでイイ人なんだよね)



741:2015/01/11(日) 17:17:43.97 ID:xaiu/CoHO


葉山「はい、一応適当に取ってきた。好きなの取って」

いろは「それじゃこれとこれで……お金も」

葉山「たしかに」

いろは「……聞きましたよ。大会での活躍」

葉山「あはは……たまたまだよ」

いろは「いやいやー、一年のクラスにもその噂はかねがね」

葉山「はは、まいったな」

いろは「……」

葉山「……」

いろは「無理に背負うことないのに」

葉山「……そうかもね」

いろは「それじゃ、パンありがとうございました」

葉山「一色」

いろは「はい?」

葉山「……君も気負いせずに自由にすればいいと思うよ」

いろは「……はい!」



742:2015/01/11(日) 17:21:28.10 ID:xaiu/CoHO


奉仕部

結衣「もうすぐテストだからさ、皆で勉強しようよ!」

雪乃「構わないわよ」

八幡「……俺は一人で」

結衣「小町ちゃんも来るって言ってたしさ!」

八幡「……まじかよ……」

雪乃(由比ヶ浜さん……また危ない橋を渡ってるわよ)

結衣「サイゼにレッツゴー」



745:2015/01/11(日) 18:14:42.67 ID:xaiu/CoHO


サイゼ

八幡(小町を餌に釣られたが本当にくるのか小町のやつ)

結衣「飲み物でも頼んでおこうか」

雪乃「そうね……」


小町「やっほーお兄ちゃん」

大志「……ども」

八幡「……ちょっと待て」

小町「どしたのお兄ちゃん」

八幡「小町……誰だそいつ」

小町「小町のお友達だよ?」

八幡「本当にお友達なだけなんだろうな」

小町「本当だってー」

小町(何かお兄ちゃん何時もよりシスコンな気がする)

大志「まぁまぁ落ち着いてお兄さん」

八幡「お前にお兄さんと呼ばれる筋合いはない」

小町「えっと……こちら川崎大志くん」

小町「で、こっちがうちの兄です」

大志「どうも、川崎大志っす」

八幡「お前を弟とは認めん」

小町「お兄ちゃん……」

雪乃(話が進まないわね)



746:2015/01/11(日) 18:37:45.56 ID:xaiu/CoHO


八幡「……川崎?」

雪乃「それで、川崎くんはどうしたのかしら?」

結衣「あたしたちと勉強しにきたの?」

大志「いや、今日は折り入ってお願いが……」

小町(何て言うか二回目って色々としんどいなぁー)

――

八幡「……急に帰りが遅い……ねぇ」

大志「そうなんです……学校からも遅刻してるって連絡があったし」

雪乃「……」

結衣「……」

小町(あれ?二人はだんまりで行くのかな?てっきりささっと解決するのかと思ったけど)

八幡「……」

八幡(確かに二年になってから遅刻が目立ち始めたが……)

大志「姉ちゃん塾にも通ってるし元は真面目だったのに……それに最近冷たいし」

八幡「……バイトでもしてるんだろうな」

大志「そ、そうっす!何でわかったんすか?」


八幡「……それぐらいしか思い付かんぞ」

コンマ下1

奇数で川崎のもとへ



747:2015/01/11(日) 18:38:15.33 ID:V3NZbL1HO

うい


755:2015/01/11(日) 19:24:46.73 ID:xaiu/CoHO


八幡「……よう」

川崎「何やってんのあんたこんな時間に」

八幡「遅刻しただけだよ」


川崎「……そ」

八幡「バイトはじめたのか」

川崎「……うん」

八幡「……そうか」

八幡「大学行くつもりなんだよな」

川崎「うん……家族に迷惑かけたくないから」

八幡「……なら、そのこと大志にもしっかり教えてやれ」

川崎「……あんた、なんで」

八幡「お姉ちゃんの事が心配なんだとよ」

川崎「……大志に言ったら気を使わせるから」

八幡(だと思ったよ……こいつ変に繊細なとこあるもんな)

八幡「……バイト代、何に当ててるんだ」

川崎「塾と大学費用」

八幡「……そっか」



756:2015/01/11(日) 19:32:43.03 ID:xaiu/CoHO


廊下

平塚「……よー比企谷ぁ川崎」

平塚「仲良く社長出勤してくるとはいい度胸だなぁ」

八幡「……げ」

川崎「おはようございます。先生」

平塚「川崎よ、いくら成績が優秀だろうが出席点が足りなければ留年するんだぞ」

川崎「……」

平塚「君もわかっているんだろう?このままでは不味いことぐらい」

川崎「先生」

平塚「何だ?」

川崎「先生もこのままじゃまずいってわかってるんじゃないですか?結婚とか」

平塚「ぐはっ!」ガクッ

川崎「それじゃ」テクテク

八幡(……容赦ないな……)

平塚「……比企谷」

八幡「……何ですか?」

平塚「……少しは彼女の話は聞けたか?」

八幡「……少しなら」

八幡(何だかんだでいい先生なんだよな……誰か貰ってやれよ)




757:2015/01/11(日) 19:33:36.43 ID:xaiu/CoHO

誰sideを見るか安価下5まで多かった人物



759:2015/01/11(日) 19:34:17.07 ID:nZ8AqgLAO

静ちゃん


766:2015/01/11(日) 20:12:47.03 ID:xaiu/CoHO


静side

平塚「……ふぅ」

教師「お疲れのようですね」

平塚「……ははっ。そうかもしれませんね」

教師「今日も遅刻でしたか」

平塚「そうですね」

教師「平塚先生が甘いんじゃないですか?」

平塚「ははは。返す言葉もありませんよ」

教師「よければ私が」

平塚「いえ」

教師「……」ムッ

平塚「彼女は今壁のようなものに当たってるんですよ」

教師「壁ですか。ではこのままでは押し潰されるんじゃないですか?」

平塚「どうでしょうか」

教師「平塚先生……」

平塚「確かにそれを無くすのは我々の仕事かもしれません」

平塚「ですが、何でもかんでも介入していては彼女達のためにはなりませんよ」

教師「その結果……彼女が留年するかもしれないんですよ?」

平塚「……確かにそうなるかもしれませんね」

教師「そうなられては困るんですよ。学校としてもね」

平塚「……もう少し様子を見てやってくれませんか」

教師「……はぁ。何故平塚先生はそうまで彼女を信じられるんですか」

平塚「……生徒ですから」

平塚(……やれやれ。うるさいものだ……)



767:2015/01/11(日) 20:21:31.73 ID:xaiu/CoHO


奉仕部

結衣「どうだったー?」

八幡「ああ、バイトしてる理由は聞けたぞ」

雪乃「……そう。何だか意外ね」

八幡「なにが」

雪乃「貴方が彼女のために動くのも、彼女が貴方に理由を教えたのもよ」

八幡「……一年の時から知ってる奴だからな」

雪乃「そう」

結衣(あ、これもしかしてゆきのん妬いてる?)

雪乃「……それで、解決策は見つかりそうなのかしら?」

八幡「いや、どう考えてもわからん」

結衣「え」

雪乃「!」

八幡「なんだよ?」

結衣「ううん。何でもないんだけど……」


雪乃「大志君に聞いたのだけど彼女の塾はここらしいわ」ガサッ

八幡「へぇ。結構でかい塾なんだな」

結衣「……ヒッキーは塾行ってないの?」

八幡「ああ……行こうと思ったんだけどな……」ガサッ

雪乃「……」

八幡「……これは」

結衣「なになに?」

八幡「……スカラシップ……か」



768:2015/01/11(日) 20:31:04.33 ID:xaiu/CoHO


川崎「……」フラフラ

八幡「……大丈夫か?」

川崎「……おはよ」

八幡「……無理しすぎなんじゃねーの」

川崎「……平気」

八幡「バイト掛け持ちまで始めたんだって?」

川崎「またあの子は余計な……」

八幡「……ほら」

川崎「……なにこれ……うちの塾のチラシ?」

八幡「下の方読んでみろ」

川崎「……スカラシップ」

八幡「それとって少しバイトの時間減らせばいいんじゃないのか」

川崎「……」

八幡「……」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



769:2015/01/11(日) 20:31:20.45 ID:p+aFN0sR0

ほいq


770:2015/01/11(日) 20:31:40.21 ID:s7h1DDKFO

こい


771:2015/01/11(日) 20:31:48.37 ID:35AE2n4oo

カワサキさんにイベントは不要


775:2015/01/11(日) 20:41:19.08 ID:xaiu/CoHO


八幡「あれで解決になるのかねー」

小町「なーにをぶつぶつ言ってるの」

八幡「あ、小町ー」

小町「なーに?」

八幡「俺が急に朝帰りとかしはじめたらどうよ」

小町「そんなことを妹の小町の前で言うのはポイント低いよ」

八幡「……まぁそうだわな」

小町「でもー。大志くんのお姉さんみたいに働くんだったら小町泣いちゃうかも」

八幡「バイトぐらいなら俺だってするっての」

小町「違うよー。朝まで働いちゃうなんて小町寂しくて泣いちゃうってこと」

八幡「……」

小町「なーんてね。今の小町てきにポイント高い!」

八幡「……八幡てきにもポイント高かったぞ」ナデナデ

小町「……えへへ」


誰sideを見るか
安価下3



778:2015/01/11(日) 20:43:51.49 ID:35AE2n4oo

こまち


781:2015/01/11(日) 21:30:36.81 ID:xaiu/CoHO


小町side

小町「何だかんだでもうすぐ夏休みだねー」

八幡「ああ」

小町「ねぇお兄ちゃん」

八幡「何だよ」

小町「好きな人できた?」

八幡「……はい?」

小町「だーかーらー好きな人」

八幡「いないっての」

小町「えー?じゃあさーバレンタイン」

八幡「?」

小町「チョコ貰ってたよね?」

八幡「……」

小町「あれ誰のだったのー?」

八「……黙秘する」

小町「えー?じゃあじゃあ、ホワイトデーの時のあれは?」ツンツン

八幡「……うぜぇ」

小町「えー?」



783:2015/01/11(日) 21:38:06.57 ID:xaiu/CoHO


小町「……もー。お兄ちゃんは本当に」

小町(……ほんと前途多難だなぁ)

コンマ下1
奇数雪乃とメール
偶数いろは
ゾロ目なら八幡とお出掛け



784:2015/01/11(日) 21:38:33.03 ID:dqpN36vco




787:2015/01/11(日) 22:14:17.12 ID:xaiu/CoHO


プルルル

小町「……雪乃さん?」


小町「……今度会えないかしら……聞きたいこともあったし丁度いいや」


小町「了解ですー……と」


小町「……お兄ちゃんはお嫁さん見つけてくれるのかなぁ」


―――


八幡「後三日で休みか」

小町「そうだね」ゴソゴソ

八幡「何してんだ?」

小町「準備だよー」

八幡「どっかでかけるのか?」

小町「うんー。まだ先だけどね」

八幡「こんな荷物持って……家族旅行の予定なんてあったっけ」

小町「まぁまぁ、お兄ちゃんは気にせずあと少しの一学期をちゃんと過ごすことー」

八幡「あ、ああ」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



788:2015/01/11(日) 22:14:33.39 ID:dqpN36vco

ほい


789:2015/01/11(日) 22:14:42.58 ID:26oovxeco




790:2015/01/11(日) 22:14:50.35 ID:mjjYP7qZ0

へい


792:2015/01/11(日) 22:21:23.61 ID:xaiu/CoHO


教室

川崎「おはよ」

八幡「……はやいな」

川崎「うん」

八幡「……」

八幡(……何とかなったんだな)

川崎「……ありがと」

八幡「……」

誰sideみるか安価下5まで多かった人物



793:2015/01/11(日) 22:21:47.97 ID:26oovxeco

川崎



798:2015/01/11(日) 22:29:49.68 ID:xaiu/CoHO


川崎side


平塚「やぁ川崎」

川崎「……どうも」

平塚「頑張ってるみたいだな」

川崎「……その節はどうも」

平塚「なに、私はなにもしてはいないよ」

川崎「……親を説得してくれたの先生でしょ」

平塚「……はて、何の事かな」

川崎「……」

平塚「礼なら比企谷達に言うといい」

川崎「……そうします」


平塚「ああ、そうだ……川崎」

川崎「はい?」

平塚「君の夏休みの予定を少し貰えないかね」

コンマ下3までにゾロ目なら林間学校に川崎参加



799:2015/01/11(日) 22:30:19.95 ID:ZS4l7Ipdo

はい


800:2015/01/11(日) 22:30:51.85 ID:26oovxeco




801:2015/01/11(日) 22:30:57.98 ID:E75dBu/Do

どうだ


804:2015/01/11(日) 22:37:14.32 ID:xaiu/CoHO


川崎「……」

平塚「どうかね?」

川崎「すいません。その日は家族旅行入ってるんで」


平塚「……」ガクッ


平塚「そ、そうか……なら仕方ないな」

川崎「は、はい」

平塚「なーに、気にすることはない。存分に楽しんできなさい」

平塚「ではな」

川崎(先生……背中が寂しそうなんだけど)

平塚(くそぉ……すっごくかっこよく決めたのになぁ……)

平塚「……家族旅行……家族かぁ」トボトボ

平塚(かたや幸せに家族旅行……かたや生徒の引率)

平塚「……うぅ……結婚したい」



805:2015/01/11(日) 22:43:20.31 ID:xaiu/CoHO


奉仕部

八幡「……この部活ってさ」

雪乃「どうしたの?」

八幡「休み中は活動ないよな」

雪乃「……そうね。特に考えてないわよ」

八幡「そうか」

結衣「あ!はいはい!じゃあ夏休み皆で遊ぼーよ!」

八幡「嫌だ」

結衣「少しは考えてよ!?」

雪乃「……ごめんなさい由比ヶ浜さん。私も忙しいわ」

結衣「ぅ……そっかぁ……」

八幡「……」

八幡(休みはゆっくりできるな)

コンマ下3までにゾロ目ならイベント



806:2015/01/11(日) 22:44:42.41 ID:26oovxeco




807:2015/01/11(日) 22:44:48.68 ID:GOVqOHFQ0

俺に…任せとけー


808:2015/01/11(日) 22:45:09.83 ID:BgkC1b+qO

はい!


817:2015/01/12(月) 00:18:33.01 ID:QhIeM2lRO


八幡「んじゃお疲れ」

結衣「うんー。またねー」

雪乃「さよなら」

八幡(久しぶりに本屋でも行ってみるか)

誰sideを見るか
安価下3



820:2015/01/12(月) 00:19:37.75 ID:h+8/dnK8o

ゆきのん



823:2015/01/12(月) 00:31:31.26 ID:QhIeM2lRO

雪乃side

雪乃「……結局彼は変わってなかったわね」

結衣「……うん」

雪乃「彼がどう出るかを確認したかったからあえて黙ってたけど」

結衣「結局前みたいになったね」

雪乃「……と言ってもチラシを見せたりはしたけれど……」

結衣「でも……」

雪乃「ええ……もし林間学校にいって鶴見さんを見たら彼は必ず同じことをするわ」

結衣「それは……嫌だね」

雪乃「そうね……」

雪乃(そして彼は文化祭……修学旅行と同じように……)

雪乃「させないようにしないと」


結衣「うん」


雪乃(さて、帰ろうかしら)

コンマ下1

偶数直帰
奇数スーパー
ゾロ目本屋



824:2015/01/12(月) 00:31:59.02 ID:L4tBHYKNo

はい


827:2015/01/12(月) 00:43:20.85 ID:QhIeM2lRO


雪乃「……今晩ぐらいの材料は冷蔵庫にあるわね」



ガチャ


陽乃「おかえりー」

雪乃「……」

ガチャ

陽乃「あはは。何ベタなことしてるのー?」

雪乃「……姉さん……不法侵入よ。どうやって入ったの」

陽乃「合鍵使ってだけど」

雪乃「……返しなさい」

陽乃「んー。返してもいいけど条件があるよー」

雪乃「条件?」

陽乃「そんなに睨まなくても大丈夫だよ?簡単なことだからさ♪」



829:2015/01/12(月) 00:56:17.99 ID:QhIeM2lRO


八幡「……やーっと夏休みだ」

コンマで連絡先を交換した人物から連絡があります

コンマ下1
1,4,7川崎
2,5,8いろは
3,6,9陽乃

0やゾロ目なら指定人物と外で出会います



830:2015/01/12(月) 00:57:07.88 ID:k2wbM+vqo




844:2015/01/12(月) 01:56:39.05 ID:QhIeM2lRO


いろは「あ、もしもし先輩ですかぁ?」

八幡「……ああ」

いろは「あーそびましょー」

八幡「ことわ」

いろは「いいじゃないですかぁー」

八幡「あれだよあれ。あついだろ?」

いろは「……」ニヤリ

いろは「んじゃー決まりですね」

八幡「……はい?」


―――

プール前

いろは「いやー。夏と言えばここでしょう」

八幡「何でそうなるんですかね……」

いろは「とか言いながら来てるじゃないですかー。密かに水着姿に期待してるんじゃないですかぁ?」

八幡「違うから……小町がたまには外に出ろって追い出したんだよ」

いろは「へー。そーなんですかー」

八幡「……まじであつい……」

いろは「あれなら映画とかにします?私はどっちでもいいですよー?」


コンマ下1

奇数映画
偶数プール



845:2015/01/12(月) 01:57:40.95 ID:etFV6srI0

ほい


850:2015/01/12(月) 02:18:00.95 ID:QhIeM2lRO


八幡「映画で」

いろは「うっわぁ……即答ですか」

八幡「お前知ってるか?この時期のプール」

いろは「何がですか」

八幡「人地獄。プールの中は人人人。ろくに泳ぐこともできないし人とぶつかりまくる」


いろは「うわぁ……」


八幡「そんな中泳いでも嫌だろ?映画にしとこうぜ……」

いろは「確かに……何か気分が」

八幡(計画通り……誰がプールで運動するかよ……)



851:2015/01/12(月) 02:30:13.14 ID:QhIeM2lRO


いろは「さて、映画館に来たわけですが」

八幡「ああ」

いろは「何見ます?」

八幡「好きなの選べよ……」

いろは「あれ?アニメっていうと思ったのに」

八幡「別に俺はアニメ以外も普通に見るぞ」

八幡(小町とか話題のDVDとか結構借りてくるし)

いろは「へー」

八幡「好きなの選んでいいぞ」

いろは「んー」

コンマ下1
奇数ホラー
偶数恋愛
ゾロ目アニメ




852:2015/01/12(月) 02:32:00.98 ID:YnEtWvT1o

来い


853:2015/01/12(月) 02:35:06.54 ID:QhIeM2lRO


いろは「じゃあこれで」

八幡「……定番だな」

いろは「やっぱ駄目ですか?」

八幡「……大丈夫だろ」

八幡(……大体こういうのにはドロドロの展開があるはずだし、そこら辺を楽しみにすれば……)

いろは「それじゃあこれで」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



854:2015/01/12(月) 02:35:10.39 ID:Y/NYTZZxo

王道デートっぽくなってるな


855:2015/01/12(月) 02:36:36.34 ID:etFV6srI0




856:2015/01/12(月) 02:36:40.18 ID:t80YPQQlO

カモン


858:2015/01/12(月) 03:04:16.17 ID:QhIeM2lRO


いろは「微妙でしたねー」

八幡「……」

いろは「ドロドロとも純愛ともいえない展開でしたし」

いろは「先輩?」

八幡「……ああ。悪い何でもない」

八幡「お前……途中から映画見てなかっただろ」

いろは「え?そんなことないですよ?」

八幡(思いっきりこっち見てたんだよなぁ……)

八幡「……今更だけどちゃんと総武受かったんだな」

いろは「そーなんですよ!何でか学校で先輩とすれ違わないんですよねー」

八幡「そりゃ、俺の行動範囲狭いし」

いろは「ほんとーですよー」

八幡「……さて、帰るか」

いろは「……目的がなくなったらすぐ帰るのも変わってないんだ」

八幡「は?」

いろは「んーん。何でもないですよー。帰りますか」

八幡「……ああ」


誰sideを見るか安価下5までに多かった人物



861:2015/01/12(月) 03:07:52.29 ID:4/S+p1aIO

さきさき


869:2015/01/12(月) 03:35:17.45 ID:QhIeM2lRO


川崎side


川崎「お先です」

店長「はい。お疲れ様」

川崎(あっつ……夕方だってのに)

川崎「……何やってんだろ……あいつ」

川崎(……何であいつの事なんて気にしてんの)

コンマ下3までにゾロ目ならイベント



870:2015/01/12(月) 03:35:57.73 ID:Y/NYTZZxo

やー


871:2015/01/12(月) 03:36:20.91 ID:HgrCDLATO

はい


872:2015/01/12(月) 03:36:53.89 ID:oarxbUg9o

おお


878:2015/01/12(月) 03:46:23.75 ID:QhIeM2lRO

川崎「けーちゃーん」

京華「あ!さーちゃーん」

川崎「お待たせ。帰ろっか」

京華「うん!先生さよーならー」

川崎「失礼します」ペコッ

先生「はい、さよーなら。気を付けてねー」


川崎「ちゃんといい子にしてた?」

京華「うん!」

川崎(折角時間ができたんだし……今はこうやってればいいかな)

川崎「帰りにアイス食べてこうか」

京華「アイスー!」



879:2015/01/12(月) 04:01:40.10 ID:QhIeM2lRO

八幡「夏休みも中盤か……」

小町「宿題終わらないよー」

八幡「ちゃんと宿題しないと夏休みがループするぞー」

小町「……ループ?」ピタッ

八幡「……ネタだからマジに取らないでくれよ……」

小町「あ、うん」

八幡「どうしたんだよ」

小町「何でもないですよー。ただお兄ちゃんの厨二っぷりに呆れてただけだよー」

八幡「それはそれで酷いこと言ってるからな……」


コンマ下1
1,4,7陽乃
2,5,8川崎
3,6,9いろは



880:2015/01/12(月) 04:01:58.65 ID:WDzKGqkc0

ほっほい!


882:2015/01/12(月) 04:15:10.23 ID:QhIeM2lRO


小町「お兄ちゃんー携帯なってるよー」

八幡「……どうせスパムだろ」

小町「ほいっ」

八幡「投げんなよ……って川崎?」

小町「え?川崎さん?」

八幡「暇してないか……」

八幡(暇と言えば暇だが外には出たくない)

コンマ下1
奇数で外出
偶数だと出ない


883:2015/01/12(月) 04:16:10.10 ID:xZOTByxu0

ほい


906:2015/01/12(月) 13:54:55.20 ID:QhIeM2lRO


八幡「暇じゃないっと」

小町「暇なくせに……」

八幡「気分が乗らん……外には出たくない」

小町「もー……」

八幡「寝て過ごす……これぞ休み」

小町「最低だぁ」

誰sideみるか安価下1



907:2015/01/12(月) 13:55:34.33 ID:Yq+Wdu0aO

ゆい


911:2015/01/12(月) 14:14:47.37 ID:QhIeM2lRO

結衣side

三浦「あつーい」

結衣「あついねー」

三浦「歩くのもめんどい」

結衣「あはは休憩しよっか」

三浦「んー」

―――

三浦「何かへんなんだよね」

結衣「何がー?」

三浦「……わかんないからイライラする」

結衣「へ?」

三浦「あ、アイス食べよーよ」

結衣「う、うん」


コンマ下1
奇数陽乃
偶数雪乃



912:2015/01/12(月) 14:15:24.68 ID:8UXLpgbAO




915:2015/01/12(月) 14:21:28.62 ID:QhIeM2lRO


雪乃「あら、由比ヶ浜さん」

結衣「ゆきのん!」

三浦「……雪ノ下さん」

雪乃「……由比ヶ浜さん。そちらのかたは?」

結衣(あ!そっか……ここでは初対面なんだ)

結衣「えーっとあたしと同じクラスの三浦優美子……」

三浦「……三浦」

雪乃「雪ノ下雪乃です。よろしく」

三浦「……うん」



925:2015/01/12(月) 14:29:24.64 ID:QhIeM2lRO


雪乃「それじゃあ」

結衣「うん!またねー」

雪乃「ええ。三浦さんもさようなら」

三浦「……うん」


結衣「どうかした?」

三浦「……もっとすかしてて仲良くなれそうにない嫌な奴だと思ってた」

結衣「あはは」

結衣(実際卒業間際まで争ってたんだけどね……)

結衣(ここでは仲良くなれたらいいなー)



934:2015/01/12(月) 14:41:22.48 ID:QhIeM2lRO


八幡「……休みが終わる」ゴロゴロ

八幡「休みが足りない……」

着信平塚静

八幡「何回目だよ先生……しかも長文……あれ下に……」

電話出ろ

八幡「……見なかったことにしよう」

小町「おにーちゃーん。準備してー」

八幡「あー?何を」

小町「はい。これとこれもって」

八幡「何だよ……一体」

小町「これから千葉にいくよー」

八幡「はぁ?」



947:2015/01/12(月) 15:18:34.27 ID:dEDvQ99QO


平塚「まったく……君には呆れるぞ」

八幡「……小町さん……これは?」

小町「平塚先生お願いしますー」

平塚「うんうん。任せたまえ」

結衣「やっはろーヒッキー」

雪乃「こんにちは」

陽乃「ひゃっはろー」


八幡「由比ヶ浜に雪ノ下に……雪ノ下さん?」

陽乃「きちゃった♪後陽乃でいいよー?雪乃ちゃんと混ざっちゃうでしょ?」

八幡「ははは……勘弁してください雪ノ下さん」

陽乃「んもー。つれないなぁ」

小町「ど、どういうことですか」コソコソ

雪乃「……ごめんなさい。どうしても行くと聞かなくて」

結衣「ビックリしたよー待ち合わせ場所に行ったら陽乃さんもいるんだもん」

平塚「ほら、お前ら乗り込め」

乗り込む位置は

コンマ下1
偶数助手席
奇数後部座席



948:2015/01/12(月) 15:18:56.32 ID:VpCZ2dlfo

おら


950:2015/01/12(月) 15:25:31.92 ID:dEDvQ99QO


八幡「……」ガチャ

小町(さ……流石お兄ちゃん真っ先に助手席奪いに行ったよ)

八幡(後ろにのったら色々と後が恐い)


平塚「ふむ。比企谷が助手席か」

八幡(まだ先生と話してた方が安全な気がする)

八幡「よろしくお願いします」

陽乃「あー!私も助手席で静ちゃんと話したかったのにー」

雪乃「子供みたいな事を言わないの……置いていくわよ」

陽乃「ちぇー」


コンマ下3までにゾロ目ならイベント



951:2015/01/12(月) 15:26:33.22 ID:kNk1Sw1wO

ほい


952:2015/01/12(月) 15:26:41.07 ID:rwWLdWRMo

へい


953:2015/01/12(月) 15:26:53.55 ID:ihfO/6kZ0

ゾロ目ェ…


957:2015/01/12(月) 15:37:36.90 ID:dEDvQ99QO


八幡「……で、何処に向かってるんですか」

平塚「ふふふ……何時から」

陽乃「千葉村だよ♪」

八幡「千葉村?」

陽乃「うん」

平塚「千葉村にいくと……」

雪乃「そこで小学生が林間学校をやってるのよ」

八幡「何でそんなとこに?」

平塚「錯覚……」

結衣「皆の引率をしてほしいんだってー」

八幡「……小町に完璧に騙されたな……」

小町「えー?騙してないよー。千葉としか言ってないし」

平塚「……」ショボーン

陽乃「あ、そうそう、そこにある川で泳ごうって話だったけど比企谷くんはちゃんと水着もってきた?」

八幡「そもそも荷物すら用意してないんですけど」

小町「抜かりありませんよ!今度はしっかりと入れてきました!」

八幡「今度ってなんだよ……これが一度目だろ……二度目なんてないから……」

結衣「ま……まぁまぁヒッキー元気だして……ね?」

八幡「何で夏にまで奉仕活動することになるんだよ……休みに活動はないって言ってたじゃん……」

雪乃「あら、基本的にといったはずよ?」

八幡「……完全に詐偽の手口なんですが……」

雪乃「そう気に病むことはないわよ。余った時間は自由にできるのだから」

八幡「……はぁ」

八幡(どっちにしろ車に乗った時点で逃げられはしないか……)

平塚「……いいんだ……どうせ私なんか」

八幡「ど、どうしたんすか先生」



959:2015/01/12(月) 15:43:43.08 ID:dEDvQ99QO


平塚「休憩にしよう……この後休む場所もない……手洗いにいくなり一服するなりするといい」

八幡(トイレだけでも行っとくか)



誰と喋るか

安価下5までに多かった人物
結衣
雪乃
陽乃
小町




961:2015/01/12(月) 15:44:08.76 ID:Yq+Wdu0aO

ゆい


966:2015/01/12(月) 15:49:50.50 ID:dEDvQ99QO


結衣「ヒッキー!」

八幡「んー?」

結衣「わたあめ!わたあめ売ってるよ!」

八幡「このくそあついのによくそんな喉が乾くやつ食べようとするな……」

結衣「ほんとはりんごあめがあればよかったんだけどねー」

八幡「ここは夏祭り会場かよ……普通のインターに何を求めてるんだお前は……」

結衣「えへへ、それもそっか」

結衣(……あれ、ヒッキーから祭りの話題ふってくれた……これってチャンスじゃん!)


コンマ下1
ゾロ目なら祭りに誘う
それ以外なら妨害がはいる



967:2015/01/12(月) 15:50:27.82 ID:Yq+Wdu0aO

たー


969:2015/01/12(月) 15:53:39.02 ID:dEDvQ99QO


結衣「あのねヒッキー!」

陽乃「比企谷くーん。ガハマちゃーん。出るよー?」

八幡「あ、はい」

八幡「……で、どうした?」

結衣「あー……ううん。また今度でいいや!行こっ!」パシッ

八幡「お、おい引っ張るな自分で歩く」

結衣「ほらほら、ちんたらしてたら置いてかれるよー」

八幡「そんなわけがあるか」



971:2015/01/12(月) 16:01:02.95 ID:dEDvQ99QO


千葉村

陽乃「着いたねー……懐かしいなー」

静「各自荷物をまとめるように」

雪乃「……」キョロキョロ

八幡「どうした雪ノ下」

雪乃「いえ、何でもないわ」

雪乃(おかしい……葉山くんたちが来てない)

結衣「……あれ?」

陽乃「……どうしたの?」ニコニコ

結衣「あ……いえ」

八幡「……?」

小町「……ほら、お兄ちゃんは男なんだからこれ」

八幡「あ、ああ」

八幡(何か空気が変だったよな……今)



979:2015/01/12(月) 16:06:01.22 ID:dEDvQ99QO


雪乃「先生」

平塚「なんだね?」

雪乃「引率は私たちだけですか?」

平塚「ああ……張り紙をしてはみたが結局希望者はこなかったよ」

雪乃「!」

結衣「……嘘」

陽乃「……」

平塚「どうした?そんなに意外かね?確かに内申点は貰えるがわざわざ休みの時に来る方が珍しいものだ」

雪乃「いえ、そういう訳では……」

陽乃(さーて、比企谷くんも隼人も無しでどう切り抜けるか見せてもらおうかなぁ……雪乃ちゃん♪)

誰sideを見るか安価下3



987:2015/01/12(月) 16:07:44.24 ID:p0NxbJ+Lo

はるのん


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420550077/