1:2015/02/14(土) 18:08:07.81 ID:hNOM2gJp0


?「キャラ崩壊・世界観崩壊が苦手な方は、回れ右かなーって」

?「アイマスとFateのクロスなの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423904887



2:2015/02/14(土) 18:08:56.17 ID:hNOM2gJp0


あずさ(さてと、音無さんからもらった恋愛指南書に従って……)

あずさ「すみません」

セイバー「む?」

あずさ「ここはどこなのでしょうか?私迷ってしまって」

セイバー「ふむ、銀だ○の前のようです」

あずさ「そうではなくて住所とか……」

セイバー「ふむ」キョロキョロ

セイバー「私にも見覚えの無い場所のようです」

あずさ(アホの子かしら?)

あずさ「うふふ、迷子仲間ですね」

セイバー「なっ!貴様無礼だぞ!危機的状況を救う匂いを辿っていただけだ!」

あずさ「え?」

セイバー「え?」

あずさ(これは私のこと……確かめましょ)


3:2015/02/14(土) 18:11:44.43 ID:hNOM2gJp0


あずさ「んー、ここで待っていれば、プロデューサーが迎えにきてくれるかしら」

セイバー「ぷろでゅうさあ?何味ですか?」

あずさ(やっぱり。って外国の方よね?プロデューサーの単語って……あれ?それなら……)

あずさ「そうねえ、甘酸っぱい味かしら」ウフフ

セイバー「ほう、士郎が漬けたハチミツレモンのようなものでしょうか」

あずさ「あらぁ?」

セイバー「?」


4:2015/02/14(土) 18:13:26.76 ID:hNOM2gJp0


あずさ「まぁせっかくの迷子仲間ですし、お名前を聞いても?」

セイバー「迷子ではないと……セイバーです」

あずさ「私は三浦あずさと言います。セイバーさん、素敵なお名前ですね」

セイバー「ありがとう。ただ、クラス名なので真名ではありまs グゥゥゥ

あずさ「あらあら、凄い音」

セイバー「」///

あずさ「たこやきでも食べましょうか」

セイバー「あいにく私はお金をもっていません」シュン

あずさ「私が買ってあげましょう」

セイバー「天使っ!」パァ

あずさ(ちょろりん。こっち方面からね。はいはい)


5:2015/02/14(土) 18:18:01.50 ID:hNOM2gJp0

あずさ「お待たせしましーたっ」ニコッ

セイバー「む?1つだけですね、貴方は食べないのですか?」

あずさ「一緒に食べようと思ったのですけど」

セイバー「ももも申し訳ない。決して独り占めしようなどとは……」アセアセ

あずさ「セイバーさんは食いしん坊なのね」

セイバー「誰が腹ペコ王だ!」

あずさ「え?」ビクッ

セイバー「な、何でもない……士郎から今朝方言われたのでつい……」

あずさ(士郎……今朝……むぅ)


6:2015/02/14(土) 18:19:02.71 ID:hNOM2gJp0

あずさ「はい、あーん」

セイバー「む?1人で食べられます」

あずさ「あーん」

セイバー「だから」

あずさ「あーーーーーーん」

セイバー「……あ、あーん」

あずさ「」ヒョイ パクッ

あずさ「ほふほふ、おいしいわぁ」

セイバー「貴様っ!」

セイバー「私がどれだけの思いでたこ焼きが私の元へと来るのを待っていたのかわからないのか!!
昨日の深夜に残り物を頂戴しただけで士郎に朝ごはんを抜かれてしまい空腹のあまり
市中に食べ物を求め彷徨い歩きこうばしい匂いにつられここまで険しいの道のりを越えてきたのに
手持ちがなく呆然と見つめるしかなく店員からは不穏な目でチラチラ見られ道行く人々からも
蔑みの眼差しを浴びてもなお2時間という永遠ともとれる途方も無い時間を過ごし空腹という名の絶望を
匂いで紛らわせようと努力し続けてきた私のこの思いを貴様の茶目っ気か何か知らんがあーんひょいぱくの
今更恋愛漫画でもやらんような糞つまらん遊戯でもって踏みにじったその愚行万死に値する!!!!」



あずさ(おバカわいい)


7:2015/02/14(土) 18:19:57.86 ID:hNOM2gJp0


あずさ「冷めちゃうわよ?はい、あーん」

セイバー「きっ、きさっ、きさm……あーん」

あずさ「」ヒョイ パクッ

セイバー「くぁwせdrftgyふじこlp;」ダバダバ

あずさ「あらあら」

セイバー「そこに直れ!」

あずさ「ごめんなさい。なんだか可愛らしくって」ウフフ

セイバー「なっ」//

あずさ(ちょろかわ)


9:2015/02/14(土) 18:21:12.67 ID:hNOM2gJp0


あずさ「はい、どうぞ」アーン

セイバー「もう無しですからね」

あずさ「もうお腹いっぱいよ」アーン

セイバー「」パクッ

セイバー「あづっ」ベポッ ベチャッ

あずさ「あっ」

セイバー「くっ、騙したな!」

あずさ「何も騙してないわ」

セイバー「そ、それもそうですね。申し訳ない、冷静さを失っていた」

あずさ(この子ったら……)プルプル


10:2015/02/14(土) 18:24:29.86 ID:hNOM2gJp0


あずさ「セイバーちゃん猫舌?」

セイバー「猫舌ではありません」ハフハフ

あずさ「……」ナデナデ

セイバー「なぜ頭を撫でるのです?それにちゃんなどと」

あずさ「だめかしら?」

セイバー「たこ焼きの恩があります、今回は不問とします」ハフハフ

あずさ「あらあら」ナデナデ

あずさ「セイバーちゃん、お口の周りが」スッ

セイバー「もがっ、じ、自分でできますから」//

あずさ(ふむ……)


11:2015/02/14(土) 18:25:24.06 ID:hNOM2gJp0


あずさ「ねぇセイにゃー」

セイバー「セイにゃー!?」

あずさ「にゃん語を話してくれる?」

セイバー「あずさ、いったいどうしたのです?さっきまでと雰囲気が違いすぎます」

あずさ「やっと名前で呼んでくれた」

セイバー「え?」

あずさ「さっきから名前で呼んでくれなかったから。貴方とか貴様とかで」

セイバー「む、そうでしたね。失礼しました、あずさ」

あずさ「うふふ」


12:2015/02/14(土) 18:26:25.91 ID:hNOM2gJp0


あずさ「さてセイバーちゃん、まだ物足りないわよね。お昼ごはん一緒にどうかしら」

セイバー「先ほども言いましたが、私には手持ちが」

あずさ「気にしないで。私のおごりよ」

セイバー「女神っ!」

あずさ「じゃあ行きましょうか」

セイバー「はいっ!」ルンルン

あずさ(ホイホイついてきちゃうセイバーかわいい)


13:2015/02/14(土) 18:29:14.74 ID:hNOM2gJp0


―――――
――――
―――

あずさ「遠慮しないで、どんどん頼んでね」

セイバー「感謝します、女神」



セイバー「ウマウマ」

あずさ「あらあら」

セイバー「メシメシ」

あずさ「うふふ」

セイバー「ヒュゴォォォォオオオオオ」

あずさ「!?」


14:2015/02/14(土) 18:33:21.44 ID:hNOM2gJp0


セイバー「ご馳走様でした、あずさ」

あずさ「お粗末様でした」

あずさ「うちの貴音ちゃんより食べるかも」

セイバー「貴音?」

あずさ「何でも無いわ、気にしないで」

セイバー「む、気になるきり方ですね。まぁ構いませんが」

あずさ(あらぁ?あらあら?)


15:2015/02/14(土) 18:35:45.52 ID:hNOM2gJp0


セイバー「お礼に、私が最近教わったイイトコロへ案内しましょう」

あずさ「いいところ?」

セイバー「ええ。食後の運動にもなります」

あずさ「もしかして、食欲を満たした後は……ってことかしら?なーんて」

セイバー「ん?まぁそうですね、おまかせください」

あずさ(あらぁ//あらあら///)


16:2015/02/14(土) 18:42:28.27 ID:hNOM2gJp0


あずさ「私は最初からその気だったけど、バレてたのかしら?」テクテク

セイバー「最初から?私は先ほどそういう気分になりました」トテトテ

あずさ「あらぁ」//

セイバー「顔が赤いですね。体調が優れないのであればやめましょうか?」

あずさ「いいえ!望むところよ」

セイバー「いい覚悟です、あずさ。しかし特訓を重ねている私に隙はありませんよ?ホームランです」グッ

あずさ「ナニがホームランなのかしら」ボソッ

セイバー「え?」

あずさ「何でもないわ」//


17:2015/02/14(土) 18:44:04.51 ID:hNOM2gJp0


セイバー「今なら途切れることなくイケそうです」ムフン

あずさ「途切れることなく!?私持つかしら」//

セイバー「私は手加減できませんよ?」キラン

あずさ「手加減抜き!」ピヨー!!

セイバー「え?ぴ、ピヨっ??」ビクッ

あずさ「こっちの話です」//


18:2015/02/14(土) 18:46:22.83 ID:hNOM2gJp0


あずさ「あら?そういえば最初、この辺り見覚えないとか……」

セイバー「えっ!?ぬ、抜かりはありません!私にはその、アンテナがっ……そう!このアンテナがあります!」ピコーン

セイバー「ですので目的地まで一直線で行けます」ピコピコ

あずさ「可愛いだけじゃなくて頼もしいのね」

セイバー「かわっ……」//

あずさ(うぶなのかやり手なのか……かわいいわ)ウフフ


19:2015/02/14(土) 18:50:50.84 ID:hNOM2gJp0


あずさ「ねぇ、手をつないでもいいかしら」

セイバー「構いませんが、何か?」

あずさ「私、道によく迷うの。それに、何より……ねぇ?」チラッ

セイバー「?」ポケ

あずさ「もうっ」

セイバー「ふふっ、ようやく一本取れた感じですね」ニコッ

あずさ「」///


20:2015/02/14(土) 18:53:08.06 ID:hNOM2gJp0


・・・zさ!あずさ!

あずさ「はっ!あらあら、ボーっとちゃってたわ」

セイバー「そうだと思いました。着きましたよ」


21:2015/02/14(土) 18:56:26.60 ID:hNOM2gJp0


あずさ「え?」

セイバー「ん?」

あずさ「バッティングセンター??」

セイバー「そうです!かつての敗北から学び、特訓を重ねホームランを打てるようになったのです!」ドヤァ

あずさ「食後の運動……」

セイバー「そうです!負けませんよ?」フフン

あずさ「ホームラン……」

セイバー「ええ、あの看板に当てればホームランです」グッ

あずさ「途切れることなく……」

セイバー「20球全てホームランします」ムフン

あずさ「手加減……」

セイバー「勝負ですから」キラン

あずさ「……」

あずさ「……」

あずさ「……」

セイバー「あずさ、200円ください」


22:2015/02/14(土) 18:57:00.46 ID:hNOM2gJp0


あずさ「セイバーの腹ペコアホ子ぉぉぉぉ」ダダダ

セイバー「あ、あずさ!?ちょっ、待t」

セイバー「そんな……」ポツーン



セイバー「バッセンまで奢らせる流れが……しょうがない」スッ

セイバー「」スッスッ

trrrrrrrr

セイバー「私です。今すぐいつものところへ、勝負しましょう、勝負」

セイバー「小銭をちゃんと用意して……ええ、そうです」

セイバー「金塊や宝石だとここでは都合がつかないので。では後ほど」ピッ

セイバー「凛から貰った恋愛指南書……士郎以外には有効なのになぁ」ハァ


fin


23:2015/02/14(土) 18:58:08.59 ID:hNOM2gJp0

お目汚し、失礼しました。読んでくださった方ありがとうございます。


24:2015/02/14(土) 21:52:14.56 ID:QsRySdObO

乙です


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423904887/