1:2016/04/23(土) 13:54:37.72 ID:WjA3RtIN0



〜ごらく部〜

京子「さーって、今日は何しようかなー」

結衣「そうだなぁ・・・。またトランプってのも芸がないしな」

ちなつ「今日は宿題もありませんし」

あかり「何か、いいアイディアないかなぁ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461387277



2:2016/04/23(土) 13:55:35.73 ID:WjA3RtIN0



京子「・・・そう言えばさぁー、あの場所ってどうなったかな?」

結衣「あの場所?」




3:2016/04/23(土) 13:56:53.70 ID:WjA3RtIN0



京子「ほら、あれだよ。私達がちっちゃい頃山に作ってた」

結衣「あ、あー。あれか」

あかり「もしかして、秘密基地?」

ちなつ「何ですかそれ?」




4:2016/04/23(土) 13:57:50.26 ID:WjA3RtIN0



京子「学校のうしろに山があるじゃん?そこにちっちゃい小屋があってさ」

京子「そこを秘密基地って呼んで、みんなの遊び場にしてたんだよ」

ちなつ「へぇー・・・」




5:2016/04/23(土) 13:58:56.27 ID:WjA3RtIN0



結衣「お菓子とか持ち込んだりしてな」

あかり「懐かしいねー」

京子「休みの日とか、お弁当もって集合したりなぁ」

結衣「あー、あったなぁ・・・」




6:2016/04/23(土) 13:59:34.74 ID:WjA3RtIN0



京子「なぁ、久しぶりに行ってみない?」

あかり「秘密基地に?賛成!」

ちなつ「私も行っていいですか?」

結衣「もちろんだよ」




8:2016/04/23(土) 14:01:10.23 ID:WjA3RtIN0



〜移動中〜

ドドド・・・

結衣「なんか、工事してるな」

京子「この辺も、だんだん変わっていくねー」

あかり「あ、ここの分かれ道覚えてる。懐かしいなー」

ちなつ「皆さん、子供のころってどんな子供だったんですか?」




9:2016/04/23(土) 14:02:48.08 ID:WjA3RtIN0



結衣「うーん、そうだなぁ・・・。私は特に変わらないかも」

京子「あかりは今とちがってお転婆だったよな。葉っぱ仮面・・・クク・・・」

あかり「も、もー!京子ちゃん!」

結衣「京子は、今と違って大人しかったよな」

ちなつ「へー、今と全然違いますね。そのままだったら良かったのに」

京子「ちなつちゃん、ひどいな!?」




10:2016/04/23(土) 14:04:38.37 ID:WjA3RtIN0



結衣「ちなつちゃんは、どんな子供だったの?」

ちなつ「私ですか?私は素直で優しい、いい子でしたよ?」

京子「そうなんだ。まあミラ・・・ちなつちゃんはいい子だからねぇ〜」

ちなつ「今、ミラクるんって言いかけませんでした?」

京子「気のせいだよ〜」

結衣「あはは・・・」




11:2016/04/23(土) 14:05:45.57 ID:WjA3RtIN0


〜秘密基地〜

結衣「さー、着いた。うっわー、変わってないなぁ」

京子「懐かしいなぁ〜」

あかり「ほんと、イスとかそのまんまだね」

結衣「あ、これこれ!ずい分昔の少女マンガ!」

京子「げー、何年前のだこれ?」

ちなつ「あっ、『セーラールーン』載ってる!」

あかり「懐かしいよぉー」




12:2016/04/23(土) 14:06:59.81 ID:WjA3RtIN0



京子「あと、これこれ」

ちなつ「何ですかこれ?枯れた葉っぱが箱いっぱいに」

京子「葉っぱ仮面変身セット・・・プクク・・・」

あかり「ちょ、ちょっとやめてよーっ!」

結衣「あっはっは・・・あー、懐かしい」

京子「色んな事、あったねぇ・・・」




13:2016/04/23(土) 14:08:31.81 ID:WjA3RtIN0



京子「そうだ、今でも覚えてるけど」

結衣「何だ?」

京子「結衣が、親とケンカしてここに泊まるって言い出したことあったよな」

結衣「ああ!あったなぁ・・・」

ーーー
ーー





14:2016/04/23(土) 14:09:41.34 ID:WjA3RtIN0



結衣(幼)「今日は、ここに泊まる!」

あかり(幼)「えー?結衣ちゃんどうしたの?」

京子(幼)「お母さんと、ケンカしたの・・・?」




15:2016/04/23(土) 14:10:44.01 ID:WjA3RtIN0



結衣「もう、家には帰らない!」

あかり「えー、お母さん心配するよぉ」

京子「ごめんなさいしようよ、結衣・・・」




16:2016/04/23(土) 14:11:42.93 ID:WjA3RtIN0



結衣「やだ!今日は、京子もあかりも一緒にここに泊まろうよ」

あかり「え?ここにお泊りするの?」

京子「私は、お父さんとお母さんが心配するから・・・」




17:2016/04/23(土) 14:17:32.25 ID:WjA3RtIN0



結衣「何だ、京子は度胸ないなぁ」

あかり「あかりも、怒られちゃうかなぁ・・・」

結衣「えー?あかりもー?」




18:2016/04/23(土) 14:19:31.48 ID:WjA3RtIN0



あかり「けど、今日は夕方まで一緒にいてあげるよ!京子ちゃんもいいでしょ?」

京子「え?うん、夕方までならいいよ」

結衣「・・・まぁ、しょうがないかー」




19:2016/04/23(土) 14:20:56.55 ID:WjA3RtIN0



結衣「それじゃ、夕方までいっぱい遊ぼう!」

あかり「おー!」

京子「うん!」




20:2016/04/23(土) 14:22:09.76 ID:WjA3RtIN0


〜夕方〜


あかり「もう、暗くなってきたね・・・」

京子「そろそろ、帰らなきゃ・・・」

結衣「え?まだ遊ぼうよ!」




21:2016/04/23(土) 14:23:24.38 ID:WjA3RtIN0



あかり「あかり、あんまり遅くなると怒られちゃう・・・」

京子「私も・・・」

結衣「ま、まだ大丈夫だって」




22:2016/04/23(土) 14:24:16.42 ID:WjA3RtIN0



京子「ね、結衣も一緒に帰ろう?」

あかり「そうだよ。お母さん心配しちゃうよ?」

結衣「う・・・」




23:2016/04/23(土) 14:25:00.95 ID:WjA3RtIN0



結衣「うるさいな!帰りたければ帰れば?」

あかり「・・・もう、結衣ちゃん!」

京子「帰ろうよ〜・・・」




24:2016/04/23(土) 14:25:55.69 ID:WjA3RtIN0



結衣「私は絶対帰らないからね。2人の根性なし!」

あかり「・・・わかった。京子ちゃん、帰ろ?」

京子「え〜・・・?」




25:2016/04/23(土) 14:26:57.19 ID:WjA3RtIN0



あかり「こんな意地っ張りの結衣ちゃんなんて、知らないもん!」

結衣「ああ。じゃ早く帰れば?」

京子「ゆ、結衣ぃ〜・・・」




26:2016/04/23(土) 14:27:48.33 ID:WjA3RtIN0



あかり「京子ちゃんも、帰るよね?」

結衣「京子は、まだいるよな?」

京子「え、えっと・・・」




27:2016/04/23(土) 14:28:31.34 ID:WjA3RtIN0



京子「ごめんね、結衣。帰らないと怒られちゃうから・・・」

結衣「・・・あっそ。じゃー好きにすれば」




28:2016/04/23(土) 14:29:11.23 ID:WjA3RtIN0



結衣「私1人でも、平気だもん!」

あかり「本当に、帰らないの・・・?」

京子「結衣も一緒に帰ろうよー・・・」




29:2016/04/23(土) 14:30:00.28 ID:WjA3RtIN0



結衣「うるさいな!2人とも、早く帰れば?」

あかり「・・・わかった。帰る。京子ちゃん、行こ?」

京子「・・・結衣ぃ〜」


バタン


結衣「・・・ふん。2人の意気地なし!」




30:2016/04/23(土) 14:31:16.46 ID:WjA3RtIN0



カァ、カァ・・・


結衣「・・・」

結衣「だんだん、暗くなって来たな・・・」

結衣「・・・お母さん、心配してるかな」

結衣「・・・」

結衣「・・・こんな事で、くじけてちゃダメだ」

結衣「もう、絶対家には帰らないって決めたんだからな!」

結衣「ちょっとぐらい、暗くなったからって・・・」グゥ〜・・・

結衣「・・・」




31:2016/04/23(土) 14:32:23.28 ID:WjA3RtIN0



結衣「お腹、空いたな・・・」

結衣「そうだ、この前買っておいたお菓子・・・あった」

結衣「これさえあれば、平気だもんね」

結衣「さぁ、みんないっしょに食べ・・・」ハッ


結衣「・・・そうか。誰もいないんだっけ」

結衣「・・・ふん。寂しくなんかないもん!」




32:2016/04/23(土) 14:33:24.69 ID:WjA3RtIN0



京子「ねぇ、結衣ちゃん大丈夫かなぁ・・・?」

あかり「平気だよ。きっと、寂しくなってそのうち帰るよ」

京子「本当かなぁ・・・」




33:2016/04/23(土) 14:34:29.45 ID:WjA3RtIN0



結衣「ふぅ。お腹はふくれたけど・・・」

結衣「ヒマだなぁ・・・」

結衣「・・・今日、見たいテレビあったんだっけ」

結衣「・・・」

結衣「みんなの置いていったマンガでも、読も・・・」

結衣「・・・これ、怖い話のヤツ・・・」




34:2016/04/23(土) 14:37:25.15 ID:WjA3RtIN0



京子「もう、すっかり暗くなっちゃった・・・」

京子「結衣、大丈夫かなぁ・・・」

あかり「きっと、もう帰ったよ」

あかり「結衣ちゃん、寂しんぼさんだもん」

京子「それならいいんだけど・・・」

あかり「あ、じゃああかりこっちだから、じゃーねー!」

京子「あ、じゃーねー・・・」




35:2016/04/23(土) 14:38:30.04 ID:WjA3RtIN0



ポツ・・・ポツ・・・

京子「あ・・・」

京子「雨・・・」




36:2016/04/23(土) 14:44:57.83 ID:WjA3RtIN0


ザァー・・・

結衣「雨、降り出したな・・・」


ゴロゴロ・・・

ドォーーー・・・ン・・・

結衣「雷・・・?」

結衣「やだ・・・怖い・・・」



37:2016/04/23(土) 14:48:30.75 ID:WjA3RtIN0



ドォォーーン


結衣「うわぁっ!」

結衣「・・・」

結衣「・・・か、帰る。帰ろう!」




38:2016/04/23(土) 14:49:46.18 ID:WjA3RtIN0


(京子の家)

ザァー・・・

京子「すごい雨・・・」


京子母「京子?」

京子「あ、お母さん。なに?」

京子母「結衣ちゃん、まだ家に帰ってないんだって。京子、何か知らない?」

京子「え・・・?」




39:2016/04/23(土) 14:50:44.88 ID:WjA3RtIN0


ザァー・・・

結衣「はぁ、はぁ・・・」バシャバシャ

結衣「・・・あれ?なんか、道がいつもと違う・・・」

結衣「暗くて、よくわかんない・・・」




40:2016/04/23(土) 14:52:50.48 ID:WjA3RtIN0


(あかりの家)

ピンポーン

あかり「あ、あかりが出る!はーい」

ガチャ

あかり「あ、京子ちゃんどうしたの?」

京子「結衣が、結衣がまだ帰ってないんだって!」

あかり「え!?」




41:2016/04/23(土) 14:56:41.26 ID:WjA3RtIN0


ザァー・・・

結衣「はぁ、はぁ・・・」

結衣「迷っちゃった・・・」

結衣「ここ、どこ・・・?」

結衣「・・・」

結衣「・・・寒いよぉ・・・怖いよぉ・・・」




42:2016/04/23(土) 14:58:22.42 ID:WjA3RtIN0



結衣「・・・」

結衣「・・・うっ、うっ・・・」

結衣「うわぁーん・・・」




43:2016/04/23(土) 15:06:48.27 ID:WjA3RtIN0



結衣「京子ぉ・・・あかりぃ・・・」

結衣「お母さん・・・」

結衣「うっ、グス・・・」


ゴロゴロ・・・ドォーーン

結衣「うわぁぁ!」




44:2016/04/23(土) 15:12:29.28 ID:WjA3RtIN0



「・・・ちゃーん、結衣ちゃーん・・・」


結衣「・・・?」

結衣「あの声・・・!」

結衣「京子ー?あかりー?」




45:2016/04/23(土) 15:17:29.20 ID:WjA3RtIN0



結衣「どこー!?」

「・・・こっち・・・こっちだよー・・・」




46:2016/04/23(土) 15:27:38.99 ID:WjA3RtIN0



結衣「い、今行くから!」

「・・・こっち・・・こっちだよ結衣ちゃん・・・」




47:2016/04/23(土) 15:34:53.18 ID:WjA3RtIN0



ザァー・・・

結衣「はぁ、はぁ・・・」バシャバシャ・・・

結衣「どこー?」

「こっち・・・こっち・・・」




48:2016/04/23(土) 15:38:14.61 ID:WjA3RtIN0



結衣(・・・)

結衣(・・・この声・・・)

結衣(京子?あかり?)

結衣(どっちの声にも思えるし・・・)

結衣(それに、近くから聞こえる気もするし、遠くから聞こえるみたいだし・・・)




50:2016/04/23(土) 16:15:50.05 ID:WjA3RtIN0



結衣「京子・・・?あかり・・・?」

結衣「うわぁっ!」ガラ



結衣「ガケ・・・あ、危なかった、もう少しで落ちるトコだった・・・」










「・・・落ちちゃえば良かったのに」







51:2016/04/23(土) 16:16:59.94 ID:WjA3RtIN0












京子「ってな事があってさ」

結衣「おいこら!」




52:2016/04/23(土) 16:17:33.49 ID:WjA3RtIN0



結衣「話をでっち上げるな!」

ちなつ「なーんだ、京子センパイのつくり話ですかー」

あかり「京子ちゃん、ヒドイよそれー」




53:2016/04/23(土) 16:23:02.21 ID:WjA3RtIN0



ちなつ「で、実際はどうだったんですか?」

結衣「ん?ああ、声のする方に向かったのは本当。それで・・・」

ーーー
ーー





55:2016/04/23(土) 16:27:21.77 ID:WjA3RtIN0



結衣「京子・・・?あかり・・・?」

結衣「・・・あ!」




結衣「秘密基地だ・・・」




56:2016/04/23(土) 16:33:06.11 ID:WjA3RtIN0


バン

結衣「京子!あかり!」

結衣「あれ・・・?」

結衣「おかしいな、誰もいない・・・?」




57:2016/04/23(土) 16:38:43.58 ID:WjA3RtIN0



結衣「ま、まぁ・・・雨も止んだし、ここまで戻ってこれたから今度は迷わないように・・・」


バン

京子「結衣!」

あかり「結衣ちゃん!」




58:2016/04/23(土) 16:44:37.82 ID:WjA3RtIN0



結衣「あ、京子、あかり・・・!」

京子「・・・うわぁーん、結衣ー!」ダキ

あかり「もう、結衣ちゃん、心配かけて・・・」ジワ・・・




59:2016/04/23(土) 16:50:25.26 ID:WjA3RtIN0



結衣「な、泣くなよぉー・・・」グス・・・

京子「だって、すごく心配したんだから・・・」ボロボロ・・・

あかり「無事で、良かったぁ・・・」ボロボロ・・・




60:2016/04/23(土) 16:54:58.01 ID:WjA3RtIN0



結衣「・・・」

結衣「・・・二人とも、ごめんな?」

京子「ううん、いいよもう」グス

あかり「結衣ちゃん、一緒に帰ろ?」




61:2016/04/23(土) 17:05:16.10 ID:WjA3RtIN0



結衣「・・・うん」

あかり「あかりも、一緒に結衣ちゃんのお母さんにごめんなさいするね?」

京子「あ、私も!」

結衣「京子、あかり・・・」



結衣「・・・ありがとう」

ーーー
ーー




62:2016/04/23(土) 17:09:26.44 ID:WjA3RtIN0



結衣「・・・っていう感じ」

京子「いやー、あの後結衣の家に3人で行ってさー」

あかり「結衣ちゃんのお母さん、泣きながら結衣ちゃん抱きしめてたよねー」

結衣「まあ、その後たっぷり怒られたんだけどな」

ちなつ「へぇー・・・」




63:2016/04/23(土) 17:11:45.54 ID:WjA3RtIN0



結衣「まあ、あの時京子とあかりが大声で呼んでくれて助かったよ」

京子「・・・いやー、アハハ」

あかり「・・・えへへ」




64:2016/04/23(土) 17:14:57.79 ID:WjA3RtIN0



京子(・・・なぁ、あの時結衣に大声で呼びかけてたっけ・・・?)

あかり(多分、結衣ちゃんの記憶違いだよね・・・?)




65:2016/04/23(土) 17:20:08.01 ID:WjA3RtIN0



京子「・・・まあ、さていい時間だし、そろそろ帰るか」

結衣「そうだな」

ちなつ「今日は結衣センパイの昔話、いっぱい聞けちゃいました」

あかり「今度、また来ようね」




66:2016/04/23(土) 17:23:02.13 ID:WjA3RtIN0





・・・・・・・・・サヨナラ・・・







67:2016/04/23(土) 17:28:42.22 ID:WjA3RtIN0



京子「・・・ん?」

結衣「どうした、京子?」

京子「あ、いや別に?」

ちなつ「ドア閉めますよ、センパーイ」

京子「あー、はいはい」

ーーー
ーー




68:2016/04/23(土) 17:32:44.95 ID:WjA3RtIN0



〜数日後、ごらく部〜


京子「なぁなぁ、またあそこ行ってみない?」

結衣「秘密基地?いいよ」

ちなつ「じゃあ、今日はそこでお茶しましょうよ」

あかり「わぁい、遠足みたい」




69:2016/04/23(土) 17:36:52.55 ID:WjA3RtIN0



〜秘密基地〜


京子「え・・・?」

結衣「あ・・・」

ちなつ「これって・・・」

あかり「そんな・・・」






京子「・・・取り壊されて、無くなってる・・・?」




70:2016/04/23(土) 17:46:53.59 ID:WjA3RtIN0



〜ごらく部〜

京子「・・・はぁ〜。なんか、ガッカリだなぁ」

結衣「思い出の場所が無くなっちゃったな・・・」

あかり「何だか、胸にぽっかり穴が空いたみたいだよぉ」

ちなつ「その気持ち、わかります・・・」




71:2016/04/24(日) 14:53:23.91 ID:8VG638sI0



京子「私のやる気も失われた〜・・・今日はグダグダして過ごす〜・・・」

結衣「それじゃ、いつもと変わらないだろ・・・」

あかり「あかりも、なんだか元気が出ないよぉ・・・」

ちなつ「もう、しょうがないですね」




72:2016/04/24(日) 14:54:52.09 ID:8VG638sI0



ちなつ「じゃ、今日はみんなを元気づけるために」

ちなつ「特別に、おいしくお茶をいれちゃいましょう!」

結衣「お、それじゃあ期待しちゃおうかな」

京子「気がきくねぇ。さっすが、私のちなちゅー」

ちなつ「ちなちゅ言わないでください。あと京子センパイのものになった覚えありませんから」

あかり「ちなつちゃんも、けっこう言うね・・・」




73:2016/04/24(日) 14:56:03.28 ID:8VG638sI0



京子(・・・あの時、確かにサヨナラって聞こえた気がした)

京子(もしかして、お別れを告げたのかな・・・)

京子(・・・)




74:2016/04/24(日) 14:57:12.43 ID:8VG638sI0



ちなつ「はい、お待たせしました」

結衣「おー、いい香り」

ちなつ「結衣センパイのお茶には、たっぷり愛情を入れましたから」

京子「私のには?私のには?」

ちなつ「たっぷり呪いを入れました」

京子「なんで!?」

あかり「ちなつちゃん、ひどすぎるよー」

アハハハ・・・




75:2016/04/24(日) 14:58:08.38 ID:8VG638sI0



京子(まぁ、でも・・・)

京子(今のここが、私達の新しい秘密基地なのかもね・・・)

京子(・・・)




76:2016/04/24(日) 15:01:03.01 ID:8VG638sI0



京子「いよーっし、私は、ごらく部部長としてここを守り抜くぞー!」

結衣「うわっ、な、なんだ京子急に?」

あかり「ど、どうしたの?」

ちなつ「頭でも打ったんですか?」




77:2016/04/24(日) 15:02:03.38 ID:8VG638sI0



京子「私達のごらく部は、永遠に不滅だー!」

結衣「きょ、京子・・・?」

ちなつ「呪いが利きすぎちゃったかしら・・・」

あかり「ほ、ホントにどうしちゃったの・・・?」




78:2016/04/24(日) 15:03:29.13 ID:8VG638sI0



京子「お前ら、今日も気合い入れて部活動に励むぞー!」

結衣「気合いを入れて、何をするんだ?」




79:2016/04/24(日) 15:08:53.92 ID:8VG638sI0



京子「えーと・・・」



京子「ダラダラ〜」

結衣「・・・結局、変わらないじゃないか」




80:2016/04/24(日) 15:09:39.46 ID:8VG638sI0


ちなつ「良かった。やっぱりいつもの京子センパイでした」

あかり「気合い入れて部活なんて・・・京子ちゃんらしくないよ」

結衣「本当、何かに取り憑かれたんじゃないかと思ったよ」

京子「お前ら、本当にひどいな!?」

アハハハ・・・



終わり




81:2016/04/24(日) 15:11:32.62 ID:8VG638sI0

以上です。
読んでくれてありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461387277/