1:2013/05/27(月) 02:26:50.06 ID:ZQc/l14M0

照「すいません、白滝と糸こんにゃく」

優希「はいよっ白滝と糸こんにゃく、お待ちだじぇ」

照「どうも」

優希「タコスもいるかい嬢ちゃん」

照「いらない」

優希「そうかい」

照「……」

優希「……ほんとにいらない?」

照「うん」

優希「そうかい……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369589209



2:2013/05/27(月) 02:29:56.18 ID:ZQc/l14M0

照「あ」

優希「おっ。食べる気になったかいタコス」

照「ううん。このお店、甘いものはあるの?」

優希「う、おう……。あ、あるじょいちおう」

照「どんなの?」

優希「タコスアイス略してタコス」

照「……」

優希「……ほ、本当は善哉と黒ごまアイスが」

照「渋い」


3:2013/05/27(月) 02:30:40.83 ID:ZQc/l14M0

照「あとで頼むね」

優希「分かったじぇ」

照「もぐもぐ」

優希「ところで嬢ちゃん。なぜに白滝と糸こんにゃく?」

照「さあ。食べたかったから、かな」

優希「大根いるかい」

照「今はいい」

優希「染みてるじょ」

照「うん。おいしそう」

優希「食べるがいいじぇ」

照「まだいい」


5:2013/05/27(月) 02:31:15.26 ID:ZQc/l14M0

菫「やってるか?」

優希「おうらっしゃい!」

菫「……と、なんだ、照もいたのか」

照「菫。隣くる?」

菫「ああ。大将、青りんごジュース」

優希「あいよっ」ごとん

照「菫も嬢ちゃん呼ばわりされてる」

菫「大将のほうがどう見たってチビなのにな……」



6:2013/05/27(月) 02:32:53.95 ID:ZQc/l14M0

優希「ノッポの嬢ちゃん、他にご注文は?」

菫「それ、私のことか」

優希「おうともよ」

菫「ん、そうだな――照は何を?」

照「白滝と糸こんにゃくだけど」

菫「じゃあ私もそれを……ん?いや待て」

優希「なんだじぇ」

菫「それ、同じものじゃないのか」

照「?」

菫「白滝も糸こんにゃくも同じだろう」

優希「……」

照「……」

菫「……何故黙る」



7:2013/05/27(月) 02:35:09.89 ID:ZQc/l14M0

優希「やれやれだじぇ。おい嬢ちゃん。説明してあげな」

照「うん」

菫「なんだ照まで」

照「あのね菫、こっちが白滝。こっちが糸こんにゃく。分かる?」

菫「ああ。結んであるかどうかの違いだろう。それだけじゃないか」

優希「なんだノッポの嬢ちゃん、分かってるじゃないか」

照「へんな菫」

菫「ちょ、ちょっと待て。違いは結んであるかどうかだけで素材だとかは同じなんだよな?」

照「そうだよ。そうだよね?」

優希「うむ。うちの白滝と糸こんにゃくはいずれもアルバニア産の最高級品100%」

照「珍しい」

優希「アルバニアのペチン県はこんにゃくの名産地だじぇ」

菫「おい。おい待て」


8:2013/05/27(月) 02:36:55.41 ID:ZQc/l14M0

菫「産地なんてどうでもいい。つまり結局同じなんじゃないか」

優希「ノッポのお譲ちゃん。あんまり店の商品に文句言うなら出てってもらうじぇ?」

照「そうだよ菫。大将に失礼」

菫(そこまで責められなければいけないんだろうか)

優希「どうすんだ?今ならまだお代は受け取らないでおいてやる」

菫「くっ、じゃあひとつ、訊かせてもらってもいいか」

優希「なんだじぇ」

菫「結ばれていると、なにがふつうの糸こんにゃくと違うんだ」

照「それは――」



優希「食感」 照「風味」


優希「……」

照「……」

菫「……おい」


9:2013/05/27(月) 02:38:21.92 ID:ZQc/l14M0

菫「はあ。なんでもいい。もう大将に任せるから二、三品適当に取ってくれ」

優希「ほう。ならばタコスとナンタコスとチリタコスを」

菫「おでん屋だよなここ?」

照「サイドメニューじゃないの?」

優希「なにおう、タコスはうちの看板メニューだじぇ!」

菫「あーもう大根。大根をくれ」

優希「ざんねん!大根は予約済みだじぇ!」

菫「なにを食べたらいいんだ……」

優希「だからタコスを」

菫「……」


10:2013/05/27(月) 02:39:40.36 ID:ZQc/l14M0

優希「……がんもと卵とちくわぶお待ち」

菫「まったく、最初からそうやって出せばいいものを」

照「菫、からし要る?」

菫「ああ。すまないな」

優希「チリソースもあるじぇ?」

菫「要らん」

優希「冷たいじぇ……」

照「あ、熱っ」

菫「大丈夫か?」

照「ちょっと汁が飛んだだけ。大丈夫」

菫「そうか」

優希「……」


19:2013/06/13(木) 15:04:33.58 ID:qwpFEcUC0

純「よう」

優希「ノッポ!ノッポじゃないか!」

純「その呼び方やめろって」

菫「この店は客に妙なアダ名をつけるのか」

照「面白いね」

菫「え、いや……」

純「っと、先客がいたのか。ええっと――」

照「あ。ひょっとして長野の」

純「うわ、宮永照?!それに弘世菫まで……」

優希「さんをつけろじぇデコ助ノッポ」

純「デコを露出した覚えはないんだが……あ、すんません宮永さん、弘世さん」

菫「別に構わん、慣れている」

照「龍門渕のひと……よくくるの、ここ?」

純「ああ、まあ、こいつとは県予選で同じ先鋒だったこともあって」


20:2013/06/13(木) 15:07:17.60 ID:qwpFEcUC0

優希「その嬢ちゃんも先鋒だじぇ」

照「うん」

純「嬢ちゃんって……お前はさん付けとか以前の問題だな」

照「大将はいい。大将だから」

純「ああ、さいで……」

純(あれ?いま暗にオレはダメって言われた?いやふつうそうだろうけど)

優希「ところで今日は何の用だいノッポ」

純「メシ食いに来る以外にないだろ」

優希「それもそうか。何にするじぇ?タコスか?」

純「あー、そうだな……宮永さん達は何を?」

照「これ。白滝と糸こんにゃく」

純「へー。じゃオレもそれにするかな。大将、白滝と糸こん……」



純「おい!一緒じゃねーか白滝と糸こんにゃくって!!」

菫「……テンドンだな」


21:2013/06/13(木) 15:08:45.08 ID:qwpFEcUC0

優希「お?悪いね嬢ちゃん、天丼はないんだじぇうち」

菫「いやそういう意味では……いや、いい」

照「揚げ物は管理とかいろいろ、大変なんでしょ?」

優希「そうなんだじぇ〜……ここの設備じゃ油の温度がどうしても」

菫「やろうとしたことはあるみたいな言い方だな」

優希「あるじょ?」

照「大将の何にでもチャレンジするそういうところ、すごいと思う」

優希「てれるじぇ」

純(そして無視されたオレ)


22:2013/06/13(木) 15:11:09.01 ID:qwpFEcUC0

純「えーと、じゃあちくわと卵、んでこんにゃく」

優希「あいよっ。からしは要るかい?」

純「もちろん」

優希「卵は生かい?」

純「茹でろよ!」

優希「注文の多いお客だじぇ」

純「おでんに生卵はないだろ……」

優希「なにおう。というか茹でるというより煮るな気が」

純「揚げ足とんな!」

菫「大将。追加注文いいか」

優希「おうっなんだじぇ?」

菫「蛸はあるか?」


照「――!!」

純「――!!」

優希「――!!!!」


23:2013/06/13(木) 15:12:44.43 ID:qwpFEcUC0

優希「……」

菫(なんだこの空気は)

菫「聞いているのか、だから蛸は……」

優希「お譲ちゃん」

菫「な、なんだ」

優希「本当にいいのかい……?」

菫「えっ」

優希「後戻りするなら今だじぇ」

菫「か、構うものか……蛸だ。蛸と牛すじ、それに白滝をくれ」

優希「あいよっ……」

菫「な、何なんだ一体……」

照「……菫」

菫「て、照」

照「……気をつけて」

菫「……?」


24:2013/06/13(木) 15:14:37.04 ID:qwpFEcUC0

菫(なんだ、何が起こるんだこれから)

菫(私が蛸を注文した途端に三人の雰囲気が急に変わった。否、違う……?変わったのが三人であるならば、取り残されたのは私!そ、そうだ、これはまるで――)



菫(照の照魔鏡――!!)ぞくっ

菫(そうだ、すべてを見透かされると身体に空洞ができたようで、気持ちの悪い浮翌遊感とどうしようもない孤独を覚える……!あれと一緒だ……)

菫(た、たかが蛸でなんて力を……!)



菫「――片岡、優希ッ……!!」ぎりっ

優希「ヘッ。その名前は……とうの昔に置いてきちまったじぇ」


25:2013/06/13(木) 15:16:52.01 ID:qwpFEcUC0

優希「はいよっ。蛸と牛すじ、それに白滝おまち」

菫「来たか……」

菫(特別準備があったわけでもない、何から何まで……見るぶんには普通の蛸だ)

優希「……食べな」

菫「あ、ああ……」

菫「……」

優希「……」





菫「ふつうの蛸だ」



優希「うん」

菫「おい」


27:2013/06/13(木) 15:19:00.05 ID:qwpFEcUC0

菫「おい照。さっきはよくも思わせぶりな……」

照「あっ大将そろそろ大根」

菫「ちっ、おい君もだ龍門渕の……」

純「あーオレも大根くれ大根」

優希「あいよー」

菫「……」

菫「……大将、大根」

優希「あいよっ」

菫(……さっき予約済みだって言ってたのは何だ!)


35:2013/07/12(金) 12:33:51.28 ID:yIkVc5Bgo

照「大将、水もらえる?」

優希「あいよっ」

菫「こっちももう一杯、青りんごジュース」

優希「好きだねえ嬢ちゃん」

照「水じゃだめなの?」

優希「背伸びしたい年頃なんだろーじぇ」

照「ジュースなのに?」

優希「ジュースなのに」

菫「……」

菫(……飲みづらい)


36:2013/07/12(金) 12:44:47.49 ID:yIkVc5Bgo

純「なあ、サイドメニューってあるのか?」

優希「お?あるじぇ?あるじぇ?」

純「うわ、なんだよその食いつき方……で、何があるんだ」

優希「フフン、よくききなタk――」

純「あータコスはいいわ」

優希「……」

純「メニュー見せろ」

優希「……おう」

照「タコスはサイドじゃなくて看板だったんじゃないの?」

菫「追い打ちかけるなよ……」


37:2013/07/12(金) 12:53:57.39 ID:yIkVc5Bgo

照「ねえ、一緒に見てもいい?」

純「ああ、いいっすよオレはもう決めたんで……おい、枝豆ふた皿」

優希「枝豆?」

純「ああ」

優希「このタイミングでかい」

純「そうだよ!るせーなほっとけ!」

優希「それにふた皿も」

純「それは、ひと皿は宮永さんと弘世さんにだな」

照「気遣わなくていいのに」

純「まあまあ、親交を深めるってことでひとつ」

優希「枝豆のタイミングじゃあないけどな」

純「うるせーっての!」



45:2013/08/12(月) 23:58:33.65 ID:haUGFYC60

照「大将」

優希「おうなんだい?」

照「そろそろ頼もうかな、お善哉」

優希「あいよっ」

菫「シメか?」

照「うん。もういっぱい食べたし……井上さんも枝豆、ごちそうさま」

純「いえいえ。おい、デザートって他にもあるのか?」

優希「なにが欲しいんだい」

純「できりゃシューアイスとか」

優希「そりゃ無えなあ」

純「そうかよ。じゃ別にふつうに、アイスでいいや。バニラな」

優希「それも無えなあ」

純「……なにがあるんだよ」

優希「なにが欲しいんだい?」

純「あるものを寄越せ!!」


46:2013/08/13(火) 00:01:24.77 ID:TOSbMc0S0

菫「善哉か。具はなんだ?」

照「具?」

菫「ああ」

優希「具ときたかい嬢ちゃん」

照「具だって。ふふ」

菫「……」

純「あー、まあ、ねえ?」

菫「な、何が入っているんだ……とかでいいんだろ!」

優希「あずきが」

菫「他には!!」


47:2013/08/13(火) 00:06:40.17 ID:TOSbMc0S0

優希「黒ごまアイス、お待ちだじぇ」

純「ん?」

優希「あるものを寄越せと言ったじぇ?」

純「ああ、そういうことか……アイスは黒ごまだけなのか?」

優希「ほう?例えば他にどんな味をご所望かね」

純「あーそうだな柚子とか……いやいいわどうせ無えって言うんだろ」

優希「今後の参考だじぇ」

純「じゃ、こんど来るときにはメユーに追加しとけよ、柚子」

優希「おうともよ。でもいいのかい」

純「?」

優希「柚子はアイスクリームってよりシャーベットだじぇ」

純「あーもうなんでもいいから!」


48:2013/08/13(火) 00:11:29.97 ID:TOSbMc0S0

優希「ほい、善哉ふたつ。お待ちだじぇ」

菫「ああ」

照「ありがとう」

菫「ん?冷製なのか」

優希「おでんがあっちいからデザートは冷たくしてあるんだじぇ。冬になったら熱いのにしてもいいのだが」

照「さすが大将」

菫「なるほどな」

照「白玉かわいい」

菫「やらんぞ」

照「とらないよ」

優希「仲いいねえ」

菫「そんなでもない」

照「照れちゃって」

優希「お?ダジャレかい」

照「大将、おじさんみたいなこと言っちゃだめ」


49:2013/08/13(火) 00:20:15.83 ID:TOSbMc0S0

純「ごっそさん」

優希「おそまつくんだじぇ」

純「サッパリしてていいもんな黒ごまも」

優希「じゃ柚子はナシでも」

純「怠けんじゃねーよ」

優希「そっちこそ外食とはお怠けさんだじぇ?」

純「客に面と向かってよくそういうこと言えるなオマエ……」

優希「お間抜けさんだじぇ?」

純「オマエがな」


50:2013/08/13(火) 00:30:33.67 ID:TOSbMc0S0

照「こっちもごちそうさま」

菫「もうこんな時間か……そろそろ行こう、照」

照「そうだね。大将、お勘定」

純「あっ、じゃあ次オレも」

優希「あいよっ。じゃあ三人合わせてじゅうななまんさんぜんにひゃ……」

純「たけーよ」

菫「それと会計は別々だ」

優希「およ?彼女のぶんはもってやんないのかい」

菫「か、彼女っ……?!」

照「」キラキラ

菫「うっ」

純「……先に会計いいか」

優希「じょ。んじゃまずノッポは……ごまんななせんななじゅう」

純「だからたけーっての」


51:2013/08/13(火) 00:38:45.81 ID:TOSbMc0S0

優希「ところがどっこい。今ね、キャンペーンをやっとって」

純「?」

優希「うちのメルマガ会員になってもらうとその場でお会計が十分の一になるんだじぇ!」

純「ああそう……いやそれでもまだじゅうぶん高いが」

照「」キラキラ

菫「ううっ……」

優希「メルマガ登録用のQRコードはここね。ほんで学生さんは更にそこから70%オフの出血大サービス」

純「やっと適正価格になったな……ほら、登録したぞ。いくらだ?」

優希「1732円だね」

純「割引が細かいからハンパな数字になってんじゃねえか」

優希「ちなみにメール会員割引は何度でも有効」

純「ほんとめんどくさいなこの店」

優希「でも美味いだろ?」

純「大将のウザさとメシの美味さは一長一短じゃないだろ」


52:2013/08/13(火) 00:48:53.93 ID:TOSbMc0S0

菫「じ、じゃあすまない大将、二人でいくらだ……?」

優希「よっオトコマエ」

菫「うるさいはやくしろ」

優希「んじゃおふたりさんで3465円ね」

菫「5000円で頼む……」

照「ふふ。菫だーいすき」

菫「くっ……!」

優希「1535円のお返しね」

菫「ああ……」

優希「タクシーは呼ぶかい?」

菫「いらん!!」

優希「はっはっはそうかい」


53:2013/08/13(火) 01:06:33.39 ID:TOSbMc0S0


〜〜〜〜〜〜〜〜

優希「ふう。皿も洗ったし仕込みもできてる……そろそろ閉めるか」

久「――あら、もう終わり?」

優希「!」

久「今日は早いのね」

優希「部長は遅いじぇ」

久「学生議会の仕事でね。こんばんわ、優希」

優希「いらっしゃいだじぇ!」

久「まだいいかしら」

優希「もちろん!」

久「ありがとう。お昼からなんにも食べてなかったからペコペコなのよね」

優希「何にするじぇ?」

久「仕事自体は終わったんだけど読んでおきたい資料があってね……片手で食べられるものがいいかな」

優希「おでん屋に無茶な要求するじぇ」

久「串とかあるじゃない。でもそうね、強いていうなら……」

優希「うん」


久「タコスひとつ、もらえるかしら?」


優希「――合点承知だじぇ!」




おしまい


54:2013/08/13(火) 01:09:50.97 ID:TOSbMc0S0

読んでくれた方はありがとうございました。部タコが好きです

更新が遅くて本当に申し訳ない、もうちょい出せそうなキャラ考えて続けようとしたのですが今後まとまった時間の取れるかどーかなどちょっと怪しいのでこのへんで終わっておきます

菫さん(´・ω・)カワイソス

ではまた


56:2013/08/13(火) 02:43:39.26 ID:2Jk+QwZlo

乙でした


58:2013/08/13(火) 12:04:36.05 ID:8ISOlovyo

これは良いもの



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369589209/