1:2014/12/06(土) 20:55:02.48 ID:4qa66a0y0

ちなつ「くんくん…………」

ちなつ「すー……はー……///」


あかね「ちなつちゃん……」

ちなつ「お姉さん……」



あかね「やめられないわね」

ちなつ「やめられないです」

あかね「そろそろあかりが帰ってきてしまうわ……」

ちなつ「も、もう少しだけ……」くんくん


あかね「いけないわ、ちなつちゃん。より長くあかりパンツくんくんを楽しむためにも……自分で決めたルールは守るものよ」

ちなつ「そ、そうですね……明日もくんくんするためには、今の自分に鞭を打って諦めることも大切ですよね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417866892



2:2014/12/06(土) 21:00:39.43 ID:4qa66a0y0

あかね「うふふ、それにしてもちなつちゃんが遊びに来てくれるようになったから、私も最近楽しいわ」

ちなつ「えっ?」

あかね「だって……今までずっとあかりの可愛さを独り占めできてはいたけど、誰かと共有することはできなかったもの。幸せを分かち合うって、素敵なことよ?」

ちなつ「お、お姉さん……///」

あかね「いつでも遊びにきていいのよ。ちなつちゃんなら歓迎よ♪」



あかね「はぁ……それにしてもあかりの可愛さは留まるところを知らないわね」

ちなつ「ええ、本当に……」

あかね「あれよ。もうこれは新たな “SCP” として世に認められてもおかしくないわ」

ちなつ「えすしーぴー?」


3:2014/12/06(土) 21:05:49.87 ID:4qa66a0y0

あかね「ちなつちゃん、SCPって聞いたことない?」

ちなつ「はい……何かの頭文字ですか?」

あかね「そう。Secure, Contain, Protect……その頭文字をとって、SCP」

ちなつ「せ、せきゅあー……?」



あかね「うーん、これが説明すると結構難しくて……パソコンで調べてもよくわからないくらい……でもまあいいわ。今回は簡単に教えてあげる」

ちなつ「は、はいっ!」


4:2014/12/06(土) 21:12:38.49 ID:4qa66a0y0

あかね「そうかしこまらないで、気軽に聞いてね」

あかね「SCPは、さっきも言った通り3つの言葉の頭文字なの」

あかね「Secure……日本語で、 “確保” 。Contain……意味は “収容” 。Protect……これは “保護” 」

あかね「SCPという言葉そのものが含む意味は、この “確保、収容、保護” の3つよ」

ちなつ「はぁ」


あかね「言葉の意味はこうだけど、SCPというものは基本的に奇妙な物、現象、生物など数千にも及ぶ種類が確認されている事象のことよ。この世にはたくさんのSCPがいるの」

ちなつ「……?」


5:2014/12/06(土) 21:19:59.28 ID:4qa66a0y0

あかね「まあ、皆が考えた想像上のものなんだけどね。 “こんなものがいたら面白そうだ” とか、 “こんな感じのものがいたら怖いな” という物事や事柄を、世界中の人が判定して、SCPとして世に認められることになるの」

ちなつ「…………」

あかね「……よくわからなそうね」

ちなつら「ご、ごめんなさい……!」

あかね「いいのいいの。本当に説明が難しいだけで……」



あかね「じゃあ、ここからは代表的なSCPをちょっとだけ紹介するわ」

あかね「基本的にホラーテイストの怖いものが多いから、ちなつちゃんにはちょっとあれかもだけど……」

ちなつ「えっ!?」びくっ

あかね「あ、でもなるべく怖くないように紹介するわ♪」


あかね「このSSを読んでる画面の前のあなたたちも、自分でググって怖いものがたくさん出てきたからって、私に文句を言わないでね?」

ちなつ(誰に話してるの……?、)


6:2014/12/06(土) 21:28:52.21 ID:4qa66a0y0

あかね「SCPには、さっきも言った通り何千もの種類が、現段階でみんなに存在を認められているわ」

あかね「これらを区別するために、それぞれのSCPを、[SCP-○○(番号)]という形で呼んでいるわ」

ちなつ「なるほど」

あかね「じゃあ、一番最初の起源となったSCPを紹介するわね。最も有名で、代表的で、SCPという文化が産まれた最初の要因……それがSCP-173なの」

ちなつ「え、SCP-1じゃないんですか?」

あかね「そう、No.173なの。……なんでかはよく知らないけど」


あかね「このSCP-173は、人の形をした彫刻なの。とても大きな頭と、壁に正面から手を付き、まるでこちらを見ているような体制がとても不気味な彫刻」


7:2014/12/06(土) 21:38:05.12 ID:4qa66a0y0

あかね「SCP-173は、鉄筋とコンクリートでできた彫刻だけど生きていて、とても敵対的なの。近くの人たちに一瞬で迫り、その人の首を絞めたり、首を折ってしまったりして殺害してしまうの」

ちなつ「」ゾゾゾ

あかね「でも特徴があってね? SCP-173は “誰かに見られている時は絶対に動かない” の」

あかね「視線を常に向けてさえいれば、SCP-173は動かないわ。触ってもたぶん大丈夫よ」

あかね「でも……ほんの一瞬、人間のまばたき程度の瞬間でも視線を外すと、その間に瞬間移動して近くの人を絞め殺そうとするわ」

ちなつ「ど、どうしようもないじゃないですか!」

あかね「ええ。だからもしSCP-173と接するときは、必ず複数人で接すること。各人がそれぞれ交代でまばたきをし、絶対に視線を外さないことが最優先条件なの」


8:2014/12/06(土) 21:50:42.24 ID:4qa66a0y0

あかね「SCPには、オブジェクトクラスと呼ばれる “危険度” みたいなものがあって、主にSafe(セーフ), Euclid(ユークリッド), Keter(ケテル)の3つよ」

あかね「セーフは安全な取り扱い方がわかっていて、その方法に従えば安全に収容・保護を継続できる」

あかね「ユークリッドは、収容方法を解明されていても危険なもの。安全に収容し続けられるとは限らないもの」

あかね「そしてケテルは、安全に収容し続けることが困難で……もし収容できなくなった場合、人類全体が脅威に晒されるレベルの危険度……」


あかね「ちなみにさっき言ったSCP-173のオブジェクトクラスは、ユークリッドよ」

ちなつ「ユークリッド!? もっと危ない気がするけど……」

あかね「ええ……でもケテルはこんなもんじゃないわ。超弩級に危ないものがたくさんいるの」

ちなつ「へえ……」


9:2014/12/06(土) 22:01:49.90 ID:4qa66a0y0

あかね「SCPのことは、 “SCP財団” という架空の組織が管理・管轄することになっているわ」

あかね「財団はSCPを収容、時に研究し、安全に保護し続けるための方法を日々探っている」

あかね「未だに明晰されないSCPに新たな実験を行い、特徴をつかんだり……財団がSCPを保管している施設から脱走してしまわないように、厳重に警戒しているの」

あかね「さっきのSCP-173もそうよ。こんなものがそこらへんに置いてあったら危険すぎるでしょう? だから財団が施設に収容してる。そして実験の結果、一瞬の視線のスキをついて殺人行動をとることが確認された。その上で管理方法を定め、今もなお収容し続けられているってわけね」

ちなつ「はぁ……」

あかね「このように、SCPとは数千にも及ぶ不思議で時に危険な事象のことで、SCP財団とは、それが人類の脅威とならないように確保・収容・保護する団体なの」


あかね「……ふう、だいたいわかったかしら」

ちなつ「な、なんとなくは。なんか日本の妖怪とかと似てますね」

あかね「そうね。人知を超えた存在で……妖怪を集めて外に出さないようにしてる機関がSCP財団だと思ってくれればいいわ」


11:2014/12/06(土) 22:06:40.88 ID:4qa66a0y0

あかね「ここまでお付き合いしてくれてありがとう! もう堅苦しい怖い話はしないわ♪」

ちなつ「はぁ、よかった」ほっ



あかね「ところで話を戻すけど……あかりはSCPとして世に認められてもおかしくないと思うの!」

ちなつ「え、ええ……!?」

あかね「だってこんなに可愛くて……私たちをキュン死にさせそうなくらいの精神攻撃をしてくるじゃない! あかり自身に攻撃意思はないけれど!」

ちなつ「そもそも攻撃とも思ってませんよ! むしろ攻撃されたいですし」

あかね「まあそうね……」


12:2014/12/06(土) 22:16:26.02 ID:4qa66a0y0

あかね「まあみんなに認めてもらうことはできなくても、ちょっとSCPテイストにあかりを研究してみたいと思ったの!」

あかね「あかりのことをもっと詳しく知るために、あかりをこれからも守り続けるために……」

あかね「そのためには、ちなつちゃんの協力が必要なの!」ぐっ


ちなつ「わ、私の?」

あかね「一緒にやってみましょう? 私とあなたは、SCP-あかりをこれからも安全に愛していくために研究することになったコンビなのよ!」

ちなつ「うーん……つまりあかりちゃんのことを観察して教えあうってことですか?」

あかね「そうね! 特にちなつ-Dクラス職員には主に学校でのあかりを私に教えて欲しいわ。私はそれを聞いてレポートにまとめてみるから」



13:2014/12/06(土) 22:21:51.61 ID:4qa66a0y0

ちなつ「Dクラス職員ってなんですか?」

あかね「それは、そんなに気にしなくていいのよ。ただの呼び方だから……私のことは “あかね博士” とでも呼んでね」


ちなつ「じゃああかね博士……私がんばってみます!」

あかね「うん!」

ちなつ「これからも注意深くあかりちゃんを観察・研究して……SCP-あかりちゃんのレポートをより良いものにします!」

あかね「よく言ったわ! 頑張りましょうね!」ぎゅっ

ちなつ「はい!」



ちなつ「じゃあ私、そろそろ帰ります。パンツありがとうございました」

あかね「ええ、また来てね〜」

ちなつ「SCPのこと、帰ってちょっと調べてみますね〜」たたたっ

あかね「基本的に怖いものばかりだから気をつけるのよ〜!」ふりふり


14:2014/12/06(土) 22:27:53.38 ID:4qa66a0y0



〈数日後〉


ちなつ「あかね博士! SCPのサイト怖すぎて眠れなくなっちゃったじゃありませんかー!///」バン

あかね「だから気をつけてって言ったのに……」

ちなつ「気をつけても、興味があるから見ちゃうんですよぉ…………あ、それとDクラス職員って死刑囚を使うらしいですね!? 私そんなの嫌です! 私も博士がいい!」

あかね「そうね。じゃあちなつ博士に格上げしましょうか。異例の出世ね♪」



あかね「今日はちょっと試しに、レポートを書いてみようと思うの。ちなつ博士も一緒にやりましょう?」

ちなつ「はーい!」


15:2014/12/06(土) 22:32:05.87 ID:4qa66a0y0

『アイテム番号:SCP-あかり』


あかね「まずはオブジェクトクラスよ」

ちなつ「……セーフですよね?」


あかね「そうね。時に私が鼻から出血する事態が起こるけど……それは私の管理ミスだものね」

ちなつ「人類にとって、何ら害はないですね」

あかね「むしろ有益なことしかないわね」


16:2014/12/06(土) 22:38:43.56 ID:4qa66a0y0

あかね「次は収容プロトコルよ」


ちなつ「うーん……その前に、ちょっとだけあかりちゃんの説明を先に書いちゃいませんか?」

あかね「……それもそうね。そっちがしっかりしてないと収容方法は書けないわ」

あかね「えーっと……」さらさら



『説明: SCP-あかりは13歳の中学一年生である。日本の富山県に位置する赤座家の次女として産まれ、可憐にすくすくと育ち、今もなお成長を続けている。』


『SCP-あかりの外観的特徴として挙げられるのは、頭の両サイドにまとめられたお団子状の髪であろう。赤座家の姉、あかねによってお団子生成術を身につけたことが確認されている』


17:2014/12/06(土) 22:51:15.51 ID:4qa66a0y0

『SCP-あかりは非常に友好的で、周囲の人間に幸福感と癒しを与える』

『SCP-あかりは、我々にとって有益になることを進んで行う。周囲の人間から、 “いい子” と呼ばれることもある』


あかね「……こんなものかしら」

ちなつ「次は収容プロトコルですね」



『特別収容プロトコル:SCP-あかりを一定の場所に幽閉することは、あかね博士・ちなつ博士によってあってはならないこととされています』

『基本的には、SCP-あかりは汎用的な日本家庭に身を置かれるべきで、SCP-あかり専用の部屋を与えるとなお良いでしょう』

『SCP-あかりは自由に移動を許され、平日には付近の学校に通学している』

『SCP-あかりには快適な生活環境が与えられるべきで、これはSCP-あかり自身も望んでいる。温かいお風呂と美味しいごはん、暖かいベッドが与えられることが望ましい』




18:2014/12/06(土) 23:03:56.05 ID:4qa66a0y0

『現段階で、SCP-あかりのアウトブレイク(俗に言う家出)は起こっていないことか確認されている。SCP-あかり自身にもアウトブレイク欲求はないとされ、しかし難しい年頃ゆえ、これから先アウトブレイク欲求が沸き起こる可能性もゼロではないとされる……』


『そ、その場合ただちに最大レベルの緊急体制に移行し、可能な限りの捜索能力をもってSCP-あかりを確保することが求められる。なお確保にはあかね博士、ちなつ博士も全力を尽くすことが約束されている』


あかね「あかりもいつか、ぐれてしまうときが来るのかしら……」

ちなつ「どうなんでしょう……あかりちゃんはそんなこと起こらない気もしますけどね……」


19:2014/12/06(土) 23:13:15.38 ID:4qa66a0y0

あかね「あっ、いけない。これを書かないと」

ちなつ「?」



『SCP-あかりが着用する下着には、強大なリラックス効果があることがあかね博士、ちなつ博士によって判明されている』


『あかね博士は、このリラックス効果を含んだ女性用子供下着をSCP-あかり-1とした』


『SCP-あかりが所持・着用した下着は全てSCP-あかり-1となり、可能な限り回収、その後あかね博士・ちなつ博士の元で効果を発揮し、元のタンスに保管されることが望ましいとされる』


『SCP-あかり-1のリラックス効果をあかね博士たちが受けていることは、現段階ではSCP-あかりに認知されていないとされる』


『もし仮にSCP-あかり-1のリラックス効果を受けている事実がSCP-あかりに知られてしまった、またはリラックス効果を受けている現場を視認されてしまった場合、SCP-あかりはその心に重大なキズを負ってしまうことが予測されるため、SCP-あかり-1の取り扱いには厳重な注意が必要である』


20:2014/12/06(土) 23:17:01.60 ID:4qa66a0y0

あかね「なかなか面白くなってきたわね」


ちなつ「あの……ところで今日は、あかりちゃんのパンツ……いえ、SCP-あかり-1は回収されているんですか?///」

あかね「バッチリよ。しかもSCP-あかりがお風呂に入る際の脱衣時に回収……つまり着用されてから洗濯されずにここにあるわ」

ちなつ「っ!!!」



ちなつ「す、すーはーさせていただきます!///」

あかね「ええ、どうぞ♪」


21:2014/12/06(土) 23:19:56.39 ID:4qa66a0y0

コンコン

「おねえちゃん、ちなつちゃん来てるのー? あかり気づかなかったよぉ」ガチャ


あかね「あ!!!」どきっ

ちなつ「あーっ!!」


あかり「あ、あれ……? ちなつちゃん、それ、何を被ってるの……?」

ちなつ「い、いやこれは……///」

あかり「それ、あかりが昨日履いてたパンツ……!?」

ちなつ「や、その、え、あ……?」


22:2014/12/06(土) 23:25:55.35 ID:4qa66a0y0

あかり「ち…………ちなつちゃんのばかぁーー!///」ばん


ちなつ「待ってえあかりちゃーん!!」


あかね「ど、どうしましょう! このままではアウトブレイクの可能性さえあるわ!」

ちなつ「さ、最高レベルの捜索体制に移行します! 赤座家内にいる全ての職員はSCP-あかりの確保に全力を尽くし、確保次第すぐに上手い言い訳をすることが求められます!」

あかね「了解よ、ちなつ博士!!」



〜fin〜


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417866892/