1:2014/05/22(木) 21:53:32.24 ID:80vkoNS2o

501基地 食堂

エイラ「サーニャ、ほら。今日の食事だ。持ってきた」

サーニャ「ありがとう、エイラ」

エイラ「気にするなって」

シャーリー「エイラ。私の分も持ってきてくれよ」

エーリカ「ついでに私もー」

エイラ「あぁん? なんで私がお前たちの分まで持ってこないといけないんだ」

シャーリー「ひでぇ」

エーリカ「泣きそう」

バルクホルン「自分たちの分ぐらい自分で取れ」

シャーリー「たまには私たちもエイラの献身を受けてみたいんだよ。なぁ、ハルトマン?」

エーリカ「そーそー。サーにゃんはいつも幸せそうだもんね」

エイラ「べーっ。私はサーニャが幸せならそれでいいんだ。他のやつのことなんてしらねー」

サーニャ「エイラ、そういう言い方はよくないわ」

エイラ「いいんだって。私はそれで。サーニャの幸せが私の幸せでもあるんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400763212



2:2014/05/22(木) 22:00:22.21 ID:80vkoNS2o

滑走路

エイラ「夜間哨戒、気をつけるんだぞ」

サーニャ「うん。いつもありがとう、エイラ」

エイラ「何かあればすぐに連絡するんだからな。私は文字通り飛んでいくから」

サーニャ「わかってるわ。頼りにしているから」

エイラ「サーニャ、いってらっしゃい」

サーニャ「行ってきます」

ルッキーニ「……エイラって、いっつも同じこと言ってるけど、飽きない?」

エイラ「はぁ? 飽きるとか飽きないとかそういう問題じゃないだろ」

ルッキーニ「よくわかんないけど、サーニャも聞き飽きてるんじゃない?」

エイラ「こういうのは挨拶みたいなものなんだ。挨拶は大事ダロ?」

ルッキーニ「だったらあたしにも毎回言ってくれていいじゃん?」

エイラ「シャーリーなら毎回言ってくれてんだろ?」

ルッキーニ「そうだねー。じゃ、エイラからはいいや」

エイラ「なんだと、こらぁ!」


3:2014/05/22(木) 22:07:09.36 ID:80vkoNS2o

通路

芳佳「エイラさーん」

エイラ「どうした?」

芳佳「明日の訓練、エイラさんと一緒なんです。よろしくお願いします」

リーネ「お願いします」

エイラ「はー? 誰がそんなこと決めたんだ?」

美緒「私だが?」

エイラ「少佐かよ」

ミーナ「私も決めました。何か問題でもあるのかしら、エイラさん?」

エイラ「問題っていうか……」

美緒「どのような僚機でも組めるお前になら安心して新人を任せられるんだ。頼むぞ」

エイラ「はぁー? 自分の身ぐらい自分で守れよな。私は基本的にサーニャ以外、守らないからなー」

芳佳「そんなぁ! 私とリーネちゃんのことも守ってください!!」

リーネ「どんな命令にでも従いますから」

エイラ「メンドーだなぁ。まぁ、程々には付き合ってやるかー」


5:2014/05/22(木) 22:14:13.67 ID:80vkoNS2o

浴場

エイラ「なぁ、どう思う?」

ペリーヌ「どう思うといわれましても、エイラさんがそう命令されたのなら従うべきですわ」

エイラ「別に私じゃなくてもよくないと思わないか?」

ペリーヌ「少佐がエイラさんにと言ったのでしょう」

エイラ「でもさ、お前でもいいわけだろ? 実力だけでいうならさぁ」

ペリーヌ「それは、そうかもしれませんけど」

エイラ「明日の訓練はペリーヌが宮藤たちに付き合ってやれ」

ペリーヌ「無茶苦茶なことを言いますわね」

エイラ「自分から訓練に参加したいって言えばさ、少佐の好感度もあがるんじゃないか?」

ペリーヌ「少佐の……?」

エイラ「新人教育も出来るってところを見せておけば、少佐のペリーヌを見る目も変わるんじゃないか?」

ペリーヌ「……」

エイラ「ま、考えてくれ。お前も一緒なら私の負担も減るからな」

ペリーヌ「考えておきますわ」


6:2014/05/22(木) 22:21:07.93 ID:80vkoNS2o

サーニャ・エイラの部屋

エイラ「ふぅー。さ、寝よ」

エイラ(明日、絶対ペリーヌは訓練に参加するはずだ。そうなれば私の訓練時間も短くなって、サーニャと一緒にいる時間も増える)

エイラ(完璧ダナ)

エイラ「いや、上手くいけばペリーヌが全部引き受けてくれるかもしれないな」

エイラ「その場合は明日1日サーニャといられるゾ」

エイラ「そうなればイイナー」

エイラ(1日中、サーニャと喋って、おやつとか食べて……)

エイラ「あー! サーニャー! サーニャー!」ゴロゴロ

エイラ「楽しみダナー。サーニャとなにしようかなー」

エイラ「やっぱりまずは添い寝だよな。基本だもんな」

エイラ「で、サーニャが起きたら一緒にサウナいって……汗流して……」

エイラ「それで、サーニャの体とかサーニャのお尻とか……」

エイラ「ああ、いや。ダメダダメダ。そんなことしたらサーニャに嫌われるもんな。さ、もう寝るゾ。明日に備えないとナっ」

エイラ「うーん……。なんか、ネレネー。興奮シテキター」ゴロゴロ


8:2014/05/22(木) 22:27:35.43 ID:80vkoNS2o

翌朝

サーニャ「ふわぁぁ……。早く寝よう……」

エイラ「う……ぅぅ……うーん……」

サーニャ「エイラ?」

エイラ「うぅ……あぁ……おぉ……ぃ……」

サーニャ「エイラ? どうしたの、エイラ?」

エイラ「あ……アァ……ダ、ダメだ……」

サーニャ「エイラ、エイラ」

エイラ「はっ!?」ガバッ

サーニャ「きゃっ!?」

エイラ「はぁ……はぁ……はぁ……」

サーニャ「エイラ、大丈夫? すごい汗よ?」

エイラ「サ、サーニャ。みんなは?」

サーニャ「え? 今からみんなは食堂で朝食だから、エイラも早く……」

エイラ「そ、そうだな!! ごめん、サーニャ!! またあとでナ!!!」


9:2014/05/22(木) 22:34:03.33 ID:80vkoNS2o

食堂

バルクホルン「今日は私が一番乗りか」

バルクホルン「ふむ。手持ち無沙汰だな。テーブルでも拭いておくか」

エイラ「ダレかいるか!?」

バルクホルン「ん? エイラ。制服に着替えてからこい。寝間着のままここへ来る奴があるか」

エイラ「大尉……!」

バルクホルン「どうした?」

エイラ「たいいー!!」ギュッ

バルクホルン「な、なんだ!? おい!! ふざけているのか!?」

エイラ「大尉の今日の予定は!?」

バルクホルン「予定? いつも通りだ。ミーティングを終えたあとは哨戒任務、それが終われば訓練。それだけだ」

エイラ「や、やっぱり……」

バルクホルン「とにかく離れろ」

エイラ「大尉……。今日は私から離れるな。絶対だかんな」ギュゥゥ

バルクホルン「何を言っているんだ!! そんなわけに行くか!! いいから離れろ!!」


10:2014/05/22(木) 22:38:47.13 ID:80vkoNS2o

エイラ「離れるもんカー」

バルクホルン「何があったんだ!?」

芳佳「わっ!?」

リーネ「あっ……」

バルクホルン「宮藤、リーネ!?」

芳佳「リーネちゃん、もう少しあとからでもいいんじゃないかな?」

リーネ「そ、そうだね。朝食の前に軽くランニングしたいなぁ」

芳佳「いいね。いこ、リーネちゃん」

リーネ「うん」

バルクホルン「待て!! 二人とも!!」

エイラ「そうだ!! 待て!!」タタタッ

芳佳「え? な、なんですか?」

エイラ「お前らも私から離れるな!! 絶対にだ!!」ギュゥゥ

芳佳「ちょ……エイラさん、くるしい……ですぅ……」

リーネ「エイラさぁん……」


11:2014/05/22(木) 22:44:21.57 ID:80vkoNS2o

バルクホルン「エイラ、落ち着け。お前らしくもない」

エイラ「大尉も離れんな! こっちこいってー!!」グイッ

バルクホルン「こ、こらぁ!」

エイラ「みんな、こうしているんだ。私の傍にいろ」ギュゥゥ

リーネ「あぅぅ……」

芳佳「くるしぃ……リーネちゃんの胸が……くるしい……でも、うれしい……」

エイラ「いいな? 今日一日はこうしているんだ。わかったな?」

バルクホルン「エイラ!!」

エイラ「な……!?」ビクッ

バルクホルン「水でも飲め」

エイラ「そ、そんなのはどうでもいいだろ!!」

バルクホルン「ダメだ。そのままでは倒れるぞ」

エイラ「はぁ? なにいってんだよ……」

芳佳「そ、そうですよぉ。エイラさん、汗がすごいですよ?」

エイラ「あ、悪い……。こんな汗だくで抱きついて……」


12:2014/05/22(木) 22:52:54.68 ID:80vkoNS2o

バルクホルン「まずは水を飲め」

エイラ「わかった……。んくっ……んくっ……」

芳佳「あー、びっくりしたぁ」

リーネ「エイラさん、朝からどうしたんですか?」

エイラ「ふぅー……」

バルクホルン「座れ、エイラ」

エイラ「あ、ああ……」

バルクホルン「それで、何があった?」

エイラ「……」

バルクホルン「これでもお前のことを心配しているんだぞ」

エイラ「実は……夢をみてさ……」

芳佳「夢ですか?」

エイラ「サーニャ以外のみんなが大怪我するんだ。死ぬぐらい大きな怪我を……」

リーネ「え……」

バルクホルン「それは予知夢ということか?」


13:2014/05/22(木) 23:01:23.37 ID:80vkoNS2o

エイラ「わかんないけど……」

バルクホルン「少なくともお前が取り乱すほどの夢だったのだろう?」

エイラ「そ、そうだ。すごく怖かったんだ」

芳佳「どんな夢だったんですか?」

エイラ「最初は宮藤とリーネが空を飛んでいて、そこにペリーヌがきて、何か話しているうちにいきなり爆発して……」

リーネ「爆発!? ユニットの故障ですか!?」

エイラ「多分、そうだと思う。で、三人を助けるために大尉や少佐が駆けつけるんだけど、そのとき二回目の爆発が起こってさぁ……」

バルクホルン「私たちというのは、サーニャを除く全員ということか?」

エイラ「そうだ。夢の中ではみんなが三人を助けようとしてて」

バルクホルン「なるほどな」

芳佳「それから私たちはどうなったんですか!?」

エイラ「そこで目が覚めたから、分からない」

リーネ「バルクホルンさん、これって……?」

バルクホルン「エイラ。他に気になる点はなかったか? 誰かが何かを話していたとか。不審な行動をとっている者がいたとか」

エイラ「わからないんだ。みんなが爆発したってこと以外、覚えてない」


14:2014/05/22(木) 23:09:16.18 ID:80vkoNS2o

バルクホルン「ふむ……」

芳佳「エイラさんならそういうの正夢になっちゃうんですか?」

エイラ「なる。何回かそういうことあったからな」

リーネ「どんなことが今までにあったんですか?」

エイラ「サーニャが転ぶ夢を見たときはちゃんとサーニャが転んだし。訓練場に野良猫が迷い込んできた夢をみたときは、その日の訓練のときにそうなったし」

芳佳「そうですか」

エイラ「ほかにもあるぞ! カレーの夢をみたときはその日の昼食はカレーだったんだ!! あ、あと少佐がくしゃみをした夢をみたときもそうなったんだ!! ホントに!!」

リーネ「あははは」

エイラ「なに笑ってんだ、リーネ!!」

リーネ「すみません!!」

エイラ「大尉!! 今日は全員、私の傍にいるべきだと思うだろ? なぁ? 私の傍に居れば次に起こることも予知できるし、安全だろ?」

バルクホルン「その必要はない」

エイラ「大尉!!」

バルクホルン「あと、この話は誰にもするな。ルッキーニの耳に入れば無駄に騒ぎが大きくなるからな」

エイラ「なんでだ!! 危ないぞ!! みんな死ぬかもしれないんだ!! 私の傍にいたほうがいいってー!!」


15:2014/05/22(木) 23:20:02.45 ID:80vkoNS2o

芳佳「エイラさん!! 落ち着いてください!! ユニットが爆発するかもしれないなら、今からユニットを調べればいいじゃないですか!!」

リーネ「そうですよ!! それで何もなければ安心できますよ!!」

エイラ「ユニットの故障じゃなかったらどうするんだ?」

芳佳「ど、どういうことですか?」

エイラ「たとえば、ネウロイの遠距離攻撃かもしれないだろ」

リーネ「それは、あり得るかもしれませんけど」

エイラ「な!? な!? だから、今日はみんな私の傍から離れないほうがいいんだって!!」

バルクホルン「エイラ!!!」バンッ!!!

エイラ「うぇ!? なになに!?」ビクッ

バルクホルン「その夢ではネウロイの攻撃が見えたのか?」

エイラ「それは……」

バルクホルン「お前はこういった。宮藤とリーネにペリーヌが近づき、何かを話しているときに爆発した。そして私や少佐が近づいて二度目の爆発が起こったと」

エイラ「そ、そうだ」

バルクホルン「最初の爆発はまだ分かるが、二度目の爆発がネウロイによる攻撃ならば、私たちはシールドを展開しているはずだ。そのまま敵の射程に入るほど愚かではない」

エイラ「だ、だったら、ユニットが爆発したんだ!! きっとそうだ!!」


16:2014/05/22(木) 23:25:06.54 ID:80vkoNS2o

芳佳「なら、ユニットを調べましょう!! それで解決です!!」

リーネ「はい!!」

エイラ「ユニットが爆発したとは限らないダロ!! 例えば、小型ネウロイが――」

バルクホルン「もういい!!!」

エイラ「うぇ!?」

バルクホルン「お前の戯言には付き合っていられない」

エイラ「た、大尉……私はただ……」

バルクホルン「……ではな」

芳佳「バルクホルンさん、どこに行くんですか!?」

バルクホルン「ふんっ」

リーネ「行っちゃった……」

芳佳「バルクホルンさん……」

エイラ「なんでわかってくれないんだ……。私があんな夢をみたときは実現しちゃうのに……」

芳佳「あの、とりあえず着替えてきたほうがいいですよ? もし坂本さんに見られたら怒られちゃいますし」

エイラ「……そうだな。そうする」


17:2014/05/22(木) 23:29:34.09 ID:80vkoNS2o

サーニャ・エイラの部屋

エイラ「はぁ……」ガチャ

サーニャ「エイラ」

エイラ「あれ? サーニャ、まだ起きてたのか? 寝ないと倒れるぞ」

サーニャ「エイラのことが心配で、寝付けなくて」

エイラ「わ、悪い。私は大丈夫だから。サーニャは寝てたほうがいい」

サーニャ「そんな風には見えないわ」

エイラ「心配いらないって。なんでもないから」

サーニャ「どんな夢を見たの?」

エイラ「サ、サーニャ……」

サーニャ「教えて」

エイラ「でも……大尉には戯言だって一蹴されたんだ……」

サーニャ「それでもエイラは気にしてる。だから、話して」

エイラ「ありがとう、サーニャ」

サーニャ「いいのよ。私はエイラのこと、いつでも信じているから。安心して」


18:2014/05/22(木) 23:39:49.14 ID:80vkoNS2o

サーニャ「そう……。そんな夢を見たんだ」

エイラ「どう思う? やっぱり、ただの夢か、これ?」

サーニャ「エイラはどう思うの?」

エイラ「私は、ただの夢だとは思ってないんだ」

サーニャ「なら、エイラは夢が正夢にならないように動かないと」

エイラ「分かってる。だから、今日一日はみんなの傍にいようとしたんだ。なのに大尉が……」

サーニャ「汗まみれで傍にいようとすれば、嫌がれても仕方ないと思うけど」

エイラ「あ!? そ、そうだな!!」

サーニャ「先にお風呂にいったほうがいいわ」

エイラ「そうする!! ありがとな、サーニャ!!」

サーニャ「待って」

エイラ「まだなにかあるのか?」

サーニャ「あまりくっつきすぎるのも嫌がれてしまうものよ? だから、ある程度の距離は保って見守ったほうがいいかもしれないわ」

エイラ「確かに!! サーニャの言うとおりだな!!」

サーニャ「影からみんなを守るのもかっこいいから、がんばって。エイラ」


19:2014/05/22(木) 23:46:55.98 ID:80vkoNS2o

格納庫

美緒「どうだ、シャーリー?」

シャーリー「うーん……? あ、今ハラが鳴った」

バルクホルン「そんなことはどうでもいい」

シャーリー「どうでもよくないだろ。朝メシまだなんだからさ」

ミーナ「いいから。シャーリーさん、ユニットはどうなの?」

シャーリー「軽く見ましたけど、異常らしい異常はないですよ。勿論、飛んでみて初めてわかる不具合なんかもあるでしょうけど」

美緒「整備班の者たちにも聞いてみたが、整備不良等はまずないとのことだ」

ミーナ「そもそも毎日のように点検しているものね」

美緒「ああ。空中で爆発するなど考えられないな」

バルクホルン「私もそう思っているが、一応な」

シャーリー「エイラの夢だからな。気になるのは確かだけどさ」

美緒「今日の訓練は中止にするか?」

ミーナ「考えておきましょう」

シャーリー「それより、ハラへったぁ……」


20:2014/05/22(木) 23:58:34.78 ID:80vkoNS2o

食堂

ルッキーニ「にゃはー。ほらほらー。さっき見つけた虫だよー、みてみてー」

ペリーヌ「ルッキーニさん!! わたくし、別に虫が見たいとは一言もいっておりませんでしょう!?」

ルッキーニ「まてまてー」

ペリーヌ「おやめなさい!!!」

芳佳「あ、ペリーヌさんとルッキーニちゃんだ」

リーネ「おはようございます」

ペリーヌ「おはよう、リーネさん、宮藤さん。……貴方たちだけですの?」

芳佳「さっきまでエイラさんとバルクホルンさんがいたんですけど、色々あって今はいません」

ペリーヌ「なんですの、それは。朝食の時間ですのに」

ルッキーニ「シャーリーはさっき少佐と中佐につれていかれるのみたけど?」

芳佳「え!? ど、どこに!?」

ルッキーニ「格納庫のほうだと思うけど?」

リーネ「芳佳ちゃん、もしかして」

芳佳「うん! 行ってみよう!!」


21:2014/05/23(金) 00:14:09.64 ID:UUelZraUo

エイラ「クンクン……。よし。もう汗臭くはないぞ」

エイラ「あとは影から見守っておけばなんとか……」

エイラ「あれ? 影から見守るなら別に汗臭さはどうでもよかったな。ま、いいか。サーニャのアドバイスだし、その通りにしておかないとな」

エイラ「宮藤、リーネ。そろそろみんな揃った――」

エイラ「……あれ?」

エイラ「なんで、誰もいないんだ……?」

エイラ「もう朝食の時間、過ぎてるぞ」

エイラ「少佐や中佐はともかく、あのルッキーニとシャーリーまでいないって……」

エイラ「まさか……!!」

エイラ「探さないと――」

エーリカ「おっと。何慌ててるの?」

エイラ「中尉!!」

エーリカ「ごはんはー?」

エイラ「そんなことより!! 中尉もみんなを探してくれ!! 一大事だ!!」

エーリカ「え? ――了解。宿舎にはもう誰もいなかったから、居るとしたら格納庫のほうだね。行ってみよう」


22:2014/05/23(金) 00:23:18.50 ID:UUelZraUo

格納庫

ミーナ「宮藤さんたちが来てくれて助かったわ。早速、起動テストをしてみましょう」

芳佳「了解!!」

リーネ「はいっ!!」

ペリーヌ「どうしてわたくしまでこんなことを」

バルクホルン「朝食前の準備運動だと思えばいい」

シャーリー「ハラへったんだけど……」

ルッキーニ「あたしもぉ……」

美緒「我慢しろ。テストするだけだろう」

芳佳「やっぱりバルクホルンさんもエイラさんの言ってたこと、信じてたんですね」

バルクホルン「ユニットの点検は必要なことだろう。それ以外の理由はない」

リーネ「準備できました!!」

ミーナ「それでは初めてみて」

芳佳「宮藤芳佳、いきますっ!!」ブゥゥゥン!!!!

リーネ「まってー、芳佳ちゃーん」ブゥゥゥン!!!!


24:2014/05/23(金) 16:20:34.26 ID:UUelZraUo

芳佳「リーネちゃーん、こっちこっちー」ブゥゥゥン

リーネ「芳佳ちゃーん」ブゥゥゥン

美緒「宮藤、リーネ。問題はあるか?」

芳佳「いえ! いつも通りです!!」

リーネ「私も特に違和感はありません!!」

ミーナ「ありがとう。念のため、もう少し飛んでみて」

芳佳「了解! リーネちゃん、もう少し高度上げてみよっか」

リーネ「うん!」

美緒「順にためしてくれ。ペリーヌ、用意はいいか?」

ペリーヌ「はい。いつでもいけますわ」

美緒「よし」

ペリーヌ「あ、少佐。あの、本日の訓練なんですが、もし予定通り行われるなら、わたくしにもお手伝いなんて……させてくれたら……そのぉ……」

美緒「いいのか? エイラにも頼んでいるが、ペリーヌも一緒ならば更に心強い。私のほうからもお願いしたいぐらいだ」

ペリーヌ「で、では!」

美緒「ああ、是非とも手伝ってくれ。ペリーヌ」


25:2014/05/23(金) 16:25:20.36 ID:UUelZraUo

ペリーヌ「はぁぁ……!! 少佐のために尽力いたします!!」

美緒「だが、お前のユニットに不備があれば困る。まずはテスト飛行を行ってくれ」

ペリーヌ「了解!! ペリーヌ・クロステルマン、いきますわ!!」ブゥゥゥン!!!!

シャーリー「元気だな」

ルッキーニ「ペリーヌだもん」

バルクホルン「少佐。私も準備ができた」

美緒「うむ。シャーリー、ルッキーニもどうだ?」

シャーリー「オッケーでーす」

ルッキーニ「早く終わらせてごはんにしよーよー」

美緒「分かっている。飛んでくれ」

バルクホルン「了解!」

シャーリー「いくぞ、マーリン!!」

ルッキーニ「いっけぇー!!」

ミーナ「……問題はなさそうね」

美緒「やはり杞憂か。さ、ミーナ。私たちも飛んでおくぞ。万が一ということあるからな」


26:2014/05/23(金) 16:35:39.85 ID:UUelZraUo

通路

エーリカ「それ、実現することなの?」

エイラ「私が見たリアルな夢は大体実現するんだ!」

エーリカ「初耳だなぁ」

エイラ「言ってことなかったからな!」

エーリカ「まぁ、みんなが大怪我するっていうなら大変だし、止めないといけないけど」

エイラ「だろ!?」

エーリカ「……ところでさ、その夢で気になることがあるんだけど」

エイラ「ここにもいねー!!」

エーリカ「そのときエイラはどんなことしてたのさ?」

エイラ「やっぱり、格納庫か!? え、なんだ、中尉!?」

エーリカ「だから、エイラ自身はどうしてたの? 一緒に爆発しちゃった?」

エイラ「え? うーん……なにしてたっけな……」

エーリカ「あ、ユニットのエンジン音が聞こえない?」

エイラ「まずい!! 急ぐぞ、中尉!!」


27:2014/05/23(金) 16:40:36.27 ID:UUelZraUo

格納庫

エイラ「みんなー!!」

エーリカ「エイラ、外だよ、外」

エイラ「え!? あぁー!?」


芳佳「はぁー。朝からいい運動になったね」ブゥゥゥン

リーネ「そうだねー」ブゥゥゥン

ペリーヌ「ちょっと、宮藤さん、リーネさん。余り調子にのって高度を上げないように。何かあったらどうしますの?」ブゥゥン


エーリカ「宮藤とリーネとペリーヌだね」

エイラ「中尉!! あれ夢の通りだ!!!」

エーリカ「ホントに?」

エイラ「もうすぐ爆発する!! どうしてかわからないけど爆発するんだ!!」

エーリカ「わかった。私もいく」

エイラ「早く行かないと……宮藤たちが死ぬ……!! 早く……!!」

エーリカ「エイラ……」


29:2014/05/23(金) 16:47:02.17 ID:UUelZraUo

エイラ「行くぞ!! 今、助けるからなぁ!!!」ガクンッ

エイラ「なんだ!? なんで、飛ばないんだ!?」

エーリカ「エイラ、ロック外してよ」

エイラ「そ、そうか!! ありがとう、中尉!!」

エーリカ「こっちも飛べるよ。一緒に行こう」

エイラ「了解!!」

エーリカ「いっけぇー」ブゥゥゥン

エイラ「みやふじぃー!! リーネー!! ペリーヌー!!!」ブゥゥゥン!!!!

芳佳「あ、エイラさん」

リーネ「ハルトマンさんも一緒みたいだね」

ペリーヌ「エイラさん? ちょっと、なんですのあんなに猛スピードで」

エイラ「うわぁぁー!!!!」

芳佳「エイラさん!? スピード出しすぎです!!」

リーネ「エイラさん!! 減速してください!!」

エイラ「絶対に助けるぞ!!!」ブゥゥゥン!!!!!


31:2014/05/23(金) 16:55:52.44 ID:UUelZraUo

ペリーヌ「このままではぶつかりますわ!! 回避行動を!!」

芳佳「は、はい!!」

リーネ「了解!!!」

エイラ「もうちょっとでぇ……!!!」

エーリカ「エイラ! そのままじゃ衝突だ!」

芳佳「こっちにくるー!!」

エイラ「宮藤ぃー!! リーネぇぇー!!!」

芳佳「いやぁー!!!」

リーネ「エイラさーん!! やめてくださーい!!」

エーリカ「宮藤とリーネがエイラを振り切れるわけない……。――トゥルーデ!!! 手を貸して!!!」

バルクホルン「ハルトマン!? お前、いつの間に起きたんだ!?」

エーリカ「そんなことはいいから!! エイラを止めるの手伝って!! 早く!!」

バルクホルン「エイラ!?」

エイラ「まてぇー!!!」

芳佳「おちついてくださぁぁい!!!」


32:2014/05/23(金) 17:01:53.21 ID:UUelZraUo

ミーナ「どうしたの!?」

美緒「あれだ!! エイラが宮藤とリーネを猛追している!!」

シャーリー「おいおい!! 何やってんだ!?」

ルッキーニ「あ、あぶないよぉ!! シャーリー!!!」

シャーリー「分かってる!!!」ゴォォォッ!!!

ミーナ「この距離じゃ間に合わないわ!! ハルトマン、バルクホルン! エイラさんを抑えて!!」

エーリカ「こっちでも間に合うかギリギリだってー!!」

バルクホルン「くそ!! 遠すぎる!!!」

美緒「――ペリーヌ!!!」

ペリーヌ「は、はい!?」

美緒「お前はエイラの後方に回り込め!! 宮藤、リーネ!! シールドを展開してエイラを止めろ!!!」

芳佳「えぇぇ!? で、でもぉ!!」

美緒「ぶつかるぞ!!! 躊躇するな!!!」

芳佳「は、はい!! リーネちゃん!! いくよ!!」

リーネ「う、うん!! せーのっ!!」


33:2014/05/23(金) 17:06:50.49 ID:UUelZraUo

エイラ「みやふじぃー!!! リーネぇぇぇ!!!」

芳佳「エイラさん!! とまってくださーい!!!」

リーネ「くっ!!」

エイラ「いてっ!! なんで、シールドだすんだー!!」

芳佳「だ、だって……」

リーネ「エイラさん、どうしたんですか?」

エイラ「どうしたもこうしたもないだろ!!」

ペリーヌ「エイラさん、捕まえましたわ」ギュッ

エイラ「ペリーヌ! よ、よし!! とりあえずこれで安心だ!! 降りるぞ!!」

ペリーヌ「はぁ? まだ暴走を続けるおつもりですの?」

エイラ「暴走じゃない!! ここにいたら爆発するんだ!! お前が大怪我するんだぞ!?」

ペリーヌ「な、何をいっていますの?」

エイラ「いいから、こい!! いくぞ!!」グイッ

ペリーヌ「ちょ、ちょっと!! そんな強引に手を引かないでくださいな!! 危ないでしょう!?」

エイラ「私のいうことを聞いてくれ!! 頼むってー!!」


34:2014/05/23(金) 17:12:01.47 ID:UUelZraUo

美緒「まだエイラのやつは興奮しているようだな」

ミーナ「このままでは危険ね」

美緒「――ペリーヌ、聞こえるな? エイラのユニットにダメージを与えろ」

ペリーヌ『え? しかし、そんなことをしたら……』

美緒「今のエイラでは墜落することも考えられる。やれ」

ペリーヌ『わ、わかりましたわ』

ミーナ「仕方ないわね」

美緒「バルクホルン、ハルトマン、シャーリー、ルッキーニ。直ちにエイラの下へ急げ!!」

エーリカ『いわれなくたってー!!!』

バルクホルン『了解!!』

シャーリー『ペリーヌ!! あと1秒だけ待て!! そしたら間に合う!!』

ルッキーニ『エイラー!!!』

ペリーヌ『――トネール!!!』

エイラ『うわぁー!!!』

美緒「爆発を確認。いくぞ、ミーナ」


35:2014/05/23(金) 17:18:27.82 ID:UUelZraUo

シャーリー「よっと!! エイラ、怪我はないか!?」ギュッ

ルッキーニ「エイラ、しっかりしろー。いきてるかー?」

エイラ「う……ど、どうなったんだ……?」

芳佳「ユニットが爆発しました」

エイラ「そ、そうなのか……?」

リーネ「ユニットから火花が出てますよ」

シャーリー「ルッキーニ、エイラのユニットを外してくれ。爆発するかもしれない」

ルッキーニ「あいっ」

ペリーヌ「エイラさん、お怪我は?」

エイラ「よくわかんねぇ……」

バルクホルン「エイラ!! 無事か!?」

エーリカ「生きてるー?」

エイラ「うん……」

ルッキーニ「はい。脱げたー。ポーイッ」

リーネ「――あ、爆発した」


37:2014/05/23(金) 17:24:25.70 ID:UUelZraUo

エイラ「……」

バルクホルン「二度の爆発とは、このことか」

エーリカ「だけど大怪我は誰もしてないね」

エイラ「……みたいだな」

芳佳「あの、エイラさんちょっと火傷してるみたいなんで、治療したいんですけど」

シャーリー「そうだな。少佐ー。降下しまーす」

美緒「ああ!! 早くエイラを医務室に運べ!!」

シャーリー「了解! ルッキーニ、悪いけどエイラを私の背中に乗せてくれ」

ルッキーニ「いいよー」

ペリーヌ「わたくしも手伝いますわ」

リーネ「あぁ、でも、エイラさんに大した怪我がなくてよかったぁ」

ペリーヌ「ユニットの動力を破壊しただけですもの。足がなくなるようなことはありませんわよ」

エーリカ「やるねー、ペリーヌ」

ペリーヌ「エイラを殺してしまうような間抜けなことはしませんもの」

バルクホルン「それはいいとして、エイラの行動は問題だな」


39:2014/05/23(金) 17:29:31.84 ID:UUelZraUo

医務室

美緒「さて、まずは傷の具合から聞こうか」

エイラ「軽い火傷で、もう殆ど完治した。ありがとな、宮藤」

芳佳「いえ。気にしないでください」

美緒「では、憂いはもうなにもないな」

エイラ「なにがだ……?」

美緒「それはな……」

バルクホルン「エイラ!!!」

エイラ「な、なんだ!?」

バルクホルン「お前は自分がしたことがどういうことなのか、わかっているのか!?」

エイラ「……」

バルクホルン「危うく怪我ではすまない大事故になりかねなかったんだぞ!!!」

エイラ「わるかった」

バルクホルン「そんな言葉で済むと思っているのか!!!」

シャーリー「バルクホルン。そんなに怒鳴ってたらエイラだって喋れなくなるだろ?」


40:2014/05/23(金) 17:33:54.04 ID:UUelZraUo

バルクホルン「何を言っているんだ!! これは大問題なんだぞ!!!」

シャーリー「そんなことエイラが1番分かってるだろ。わざわざ大声でいうことじゃない」

バルクホルン「貴様は宮藤たちが死んでもよかったというのか!?」

シャーリー「誰がそんなこと言ったんだよ!!!」

バルクホルン「そうとしか聞こえないんだ!! お前の浅い発言ではな!!」

シャーリー「お前なぁ!!!」

ミーナ「黙りなさい!!!」

バルクホルン「……!?」ビクッ

シャーリー「は、はい! すみません!!」

ミーナ「もう」

美緒「はっはっはっは。大尉がこれではエイラを責めることはできんな」

エイラ「……」

ルッキーニ「エイラぁ? どうしてあんなことしちゃったの?」

エーリカ「夢の所為だよねー」

ペリーヌ「夢って、なんですの?」


41:2014/05/23(金) 17:41:41.43 ID:UUelZraUo

芳佳「あ!! そ、そっか。リーネちゃん、エイラさんが猛スピードで私たちに突っ込んできたときって……」

リーネ「うん。エイラさんが見た夢の場面と同じ……」

芳佳「だから、エイラさんはあんなに必死になって」

ルッキーニ「シャーリー、夢ってなに?」

シャーリー「私もバルクホルンから聞いただけなんだけど。なんでもエイラが夢でみたんだってさ。私たちが謎の爆発に巻き込まれて大怪我するところを」

ルッキーニ「そうなの?」

エイラ「そうだ……」

ペリーヌ「その夢が現実になると信じていたわけですの? 馬鹿馬鹿しい」

エーリカ「実際、現実になったじゃーん」

ペリーヌ「あれはエイラさんが余計なことをしなければ起こりえなかったことですわ」

エーリカ「どうなんだろう。私はちょっと違う見解だけどね」

バルクホルン「違う見解?」

エーリカ「エイラがああしなかったら、本当に私たちが謎の爆発に巻き込まれて死んでたかもしれない」

美緒「なるほど。エイラの行動によって未来が変わった可能性がある、ということか」

エーリカ「そうそう。事実、エイラは私たちが怪我をしちゃうところを見てるわけだし、あり得るよね?」


42:2014/05/23(金) 17:49:12.24 ID:UUelZraUo

バルクホルン「本当に見たかどうかは私たちでは知ることはできないがな」

エーリカ「そうだけどさ」

ルッキーニ「にゃはー。そっかー。じゃ、エイラはあたしたちのこと、助けてくれたんだー」

エイラ「え?」

ルッキーニ「ありがと、エイラ!」

エイラ「いや、そういうことにはならないだろ」

芳佳「なりますよ!! エイラさんは身を挺して私たちを守ってくれたんです!! きっと!!」

リーネ「私もそう思います!!」

エイラ「お前ら……」

バルクホルン「何を言っているんだ。お前たちはあのまま空中で衝突していたかもしれないんだぞ」

芳佳「確かにそうです。とっても怖かったです。でも、エイラさんが体を張って私たちを守ってくれたことには違いありません」

ルッキーニ「そーだ、そーだ」

バルクホルン「そういうことではないだろう」

ペリーヌ「大尉。お人好しな方たちの意見には耳を傾けなくていいかと。自分たちがどれだけバカなことを言っているのかわかっていないのですから」

芳佳「ペリーヌさん、なんてこというんですかぁー!?」


43:2014/05/23(金) 17:55:02.91 ID:UUelZraUo

ペリーヌ「ただ、可能性の一つとして、わたくしたちのことを守ってくれたかもしれないというなら……」

エイラ「え?」

ペリーヌ「クロステルマン家の令嬢としてはお礼を言って然るべきかもしれませんわね」

エイラ「ペリーヌ……」

ペリーヌ「ありがとうございます、エイラさん。助かりましたわ」

エイラ「……」

ペリーヌ「さ、朝食にいたしましょう。空腹で倒れそうですわ」

ルッキーニ「あにゃぁ。おもいだしたぁ……おなかすきすぎて……たおれりゅぅ……」

シャーリー「わ、私もだ……バルクホルンなんかと無駄に喧嘩したから……」

バルクホルン「無駄とはなんだ!!!」

エーリカ「そうだー。ごはんをたべよー」

芳佳「エイラさん! 食堂で待ってますね!!」

エイラ「あ、ああ」

ミーナ「私たちの分は残しておいてね」

エーリカ「りょーかい」


45:2014/05/23(金) 18:02:33.93 ID:UUelZraUo

エイラ「……」

美緒「本当のところはどうなんだ?」

エイラ「な、なにがだ?」

ミーナ「夢のこと。私たちが大怪我をするというのは本当なのかしら?」

エイラ「実は……思い出したことがあって……」

美緒「言ってみろ」

エイラ「宮藤たちの近くに私もいたんだ。きっと。何かが爆発したのは分かったんだけど……」

ミーナ「自分の足が爆発したというのかしら?」

エイラ「そんな気がしてきた。夢の映像も私の目線でしかなかったからな」

美緒「なんだ。ならば正夢だったわけか」

エイラ「そうかも……」

ミーナ「はぁ……。エイラさん?」

エイラ「ごめん!! いや、ごめんなさい!! 私の早とちりでこんなことになって!!」

美緒「謝る必要はない。お前が無事でよかったと胸を撫で下ろしているぐらいだ」

エイラ「少佐……」


46:2014/05/23(金) 18:13:52.28 ID:UUelZraUo

ミーナ「ただしエイラさんの行動に問題は多くあったのは事実です。上官の制止を振り切り、高速で味方機を急追したのですから」

エイラ「わかってる。また営倉行きだろ?」

美緒「甘いぞ、エイラ。もっと重い罰を用意している」

エイラ「え!? な、なんだ!? 除隊はいやだかんな!!」

ミーナ「午後の訓練。付き合ってもらうわよ?」

エイラ「そ、それは……」

美緒「今日だけではないぞ。恐らく、私の気が向いたときには声をかける。お前に拒否権はない。いいな?」

エイラ「いいのか、そんな程度で?」

美緒「ほう? 物足りないか? はっはっはっは。では、一週間トイレ掃除でもしてもらうか」

エイラ「えー!?」

ミーナ「美緒。いいすぎ」

美緒「そうか。割と本気だったのだがな」

ミーナ「とにかく、エイラさん。今後は夢を見たら、すぐに報告してね。貴方の夢次第で色々と検討しなければいけないことも出てくるでしょうから」

美緒「結果はどうあれ、お前の行動を批難するつもりはない。むしろ胸を張っていい。エイラの勇気ある行動は尊敬に値する」

エイラ「少佐、中佐……ありがとう……」


47:2014/05/23(金) 18:19:07.12 ID:UUelZraUo

食堂

芳佳「あ、エイラさん!!」

エイラ「よ、よう」

ルッキーニ「エイラのぶん、ちゃんとあるよー」

エイラ「ありがとうな、ルッキーニ」

リーネ「お水、どうぞ」

エイラ「お、おい。なんだよ。気持ち悪いなぁ」

ルッキーニ「エイラー」ギュゥゥ

エイラ「やめろってー」

エーリカ「仕方ないんじゃない? 今回の一件でよぉーく、わかったことがあるもんね」

エイラ「なんのことだ?」

シャーリー「とぼけるなよ。もう分かってるんだからさぁ。なぁー、ルッキーニぃ?」

ルッキーニ「あいっ!! エイラはあたしたちのこと、だーいすきなんだよねー?」

エイラ「は、はぁ!? な、なんでそうなるんだ!!」

芳佳「えー? だって、あんなにも必死になって私たちのこと助けようとしてくれたんですから、そうじゃないんですか?」


48:2014/05/23(金) 18:24:51.90 ID:UUelZraUo

エイラ「いや、そうじゃない! ただ、みんなが死んだら、困るだろ!! 色々と!!」

ルッキーニ「エイラー。あたしもだいすきー」スリスリ

エイラ「なんだよー!!」

ペリーヌ「……」

エイラ「ペ、ペリーヌ……」

ペリーヌ「わたくしは、貴方に好かれても別に嬉しくありませんけど?」

エイラ「なにぃ!! いつお前のこと好きだなんていったんだ!! ふざけんな!! こらぁ!!」

ペリーヌ「ふんっ。だけど、あのときのエイラさんはとっても素敵でしたわよ」

エイラ「え? ホ、ホントか?」

ペリーヌ「何を本気にしてますの? 嘘に決まっているでしょう?」

エイラ「あぁぁ!! ツンツン眼鏡ぇ!! なんだその態度はぁ!!!」

ペリーヌ「お間抜けさん」

エイラ「ぶんなぐってやるぅ!!! やるんだー!!!」

芳佳「エイラさん、ダメですよー!!」

リーネ「ペリーヌさんもそんなこと言わないでください!!」


49:2014/05/23(金) 18:30:18.40 ID:UUelZraUo

シャーリー「あははは。エイラ、顔真っ赤だぞ? かわいいなぁー」

エイラ「子ども扱いすんなっ」

バルクホルン「おい」

エイラ「た、大尉……」

バルクホルン「怪我はもういいのか?」

エイラ「う、うん」

バルクホルン「……なら、いい。ユニットはすぐに回収した。修理が終わるまでは予備のユニットを使用しろ。いいな」

エイラ「了解」

エーリカ「トゥルーデも素直じゃないなー。ちゃんと褒めてあげなよー」

バルクホルン「どうせ少佐とミーナが褒めている。私から言うことはなにもない」

エーリカ「かっこつけんなよー」

バルクホルン「いくぞ、ハルトマン!!! 哨戒任務だ!!!」

エーリカ「はぁーい」

芳佳「エイラさん。まずはごはんを食べてください。お腹がいっぱいなれば気持ちも落ち着きますから」

エイラ「そうだな。そうする」


50:2014/05/23(金) 18:37:09.72 ID:UUelZraUo

サーニャ・エイラの部屋

エイラ「あぁー」

サーニャ「ん? エイラ……?」

エイラ「サーニャー」ギュッ

サーニャ「どうしたの?」

エイラ「酷い目にあったんだ」

サーニャ「ふふっ。どんなこと?」

エイラ「あのな、夢なんだけどやっぱり正夢だったんだ。でも、それは私が原因でさぁ、みんなに迷惑かけることになって」

サーニャ「みんなはどういってくれたの?」

エイラ「……ありがとうって」

サーニャ「そう」

エイラ「なんか、顔が熱いんだけど。サーニャがいるからか?」

サーニャ「どうかしら? エイラがそう思うならきっとそうよ」

エイラ「うん、そうだよな。サーニャがそういうから間違いないな。あ、それとさ、昼からは宮藤たちの訓練に付き合うことになってるんだ。だから、悪いけど……」

サーニャ「気にしないで。芳佳ちゃんのこと、お願いね。エイラ」


51:2014/05/23(金) 18:42:11.08 ID:UUelZraUo

空中

芳佳「あわわ……」

エイラ「宮藤、どうした?」

芳佳「あぁ、すみません。ちょっとバランス崩しちゃいました」

エイラ「ほら、手」

芳佳「ありがとうございます」ギュッ

エイラ「いいか? ちゃんと私の後ろについてこいよ。できるまで付き合ってやるから」

芳佳「はいっ!!」

ペリーヌ「エイラさん!!」

エイラ「なんだよ?」

ペリーヌ「坂本少佐はどこですの!?」

エイラ「しらねーよ」

ペリーヌ「これではアピールができませんわぁ!!」

エイラ「うっせえなぁ。リーネが困ってるぞ。ちゃんと見てやれよ」

リーネ「あ、気にしないでください」


52:2014/05/23(金) 18:48:12.72 ID:UUelZraUo

ペリーヌ「貴方が少佐へのアピールになるからと誘っておいて、なんですの!!!」

エイラ「ほぇー。なんのことだー?」

ペリーヌ「んまぁ!! エイラさん!! お待ちなさい!!」

エイラ「誰が待つか」

ペリーヌ「このっ!! このっ!!」

エイラ「おそいぞー」

ペリーヌ「エイラさーん!!!」

芳佳「あぁ……どうしよう……」

リーネ「うん。困ったね」

ペリーヌ「今日という今日は許しませんわ!!!」

エイラ「はいはい。捕まえられたら、何でもいうこときいてやるよー」

ペリーヌ「言いましたわね……」

エイラ「やるか?」

ペリーヌ「望むところですわ!!」

バルクホルン「エイラ!!! ペリーヌ!!! 何をしているんだ!!! しっかり宮藤とリーネを指導しろ!!!」


54:2014/05/23(金) 18:54:30.11 ID:UUelZraUo

滑走路

ミーナ「あらあら。大丈夫かしら」

美緒「心配はいらんさ。さて、戻るか」

ミーナ「そうね」

シャーリー「エイラのやつ、張り切ってるなぁ」

エーリカ「もう怖いものがないからじゃない?」

ルッキーニ「どういうことー?」

エーリカ「エイラが私たちのことを好きなのはもうバレちゃったわけだし」

ルッキーニ「そっかー。恥ずかしがることがなくなったんだ」

エーリカ「だからこれからは、後輩のことになれば尚更燃えると思うよ」

シャーリー「うかうかしてると、宮藤たちはエイラに頼りっきりになるかもな」

エーリカ「今のエイラはそれが嬉しいんじゃない?」

美緒「……それは困る」

エーリカ「少佐? なんで?」

美緒「私の立場はどうなる? エイラに先を越されないようにしなくてはな……」


55:2014/05/23(金) 19:03:29.44 ID:UUelZraUo

夕刻 格納庫

エイラ「今日は終わりな」

芳佳「ありがとうございました!! エイラさん!!」

エイラ「ま、命令だからな」

リーネ「エイラさんと訓練できて楽しかったです」

芳佳「私も! また訓練に付き合ってください!!」

エイラ「また命令されたなら」

芳佳「わーい」

エイラ「何喜んでだよ。こんなことで」

ペリーヌ「嬉しいくせに」

リーネ「そのときはよろしくお願いしますね」

エイラ「わかってる。でも、これだけはいっとくからな!! 飽くまでも私の中の優先順位はサーニャだかんな!! サーニャとお前たちが同時に溺れていたら、私はサーニャを助ける!」

エイラ「宮藤たちを助けるのはそのあとだかんな!!」

芳佳「はい! エイラさん!! 私もエイラさんのこと助けられるようなウィッチになりますね!!」

エイラ「いや……。まぁ、そのときはよろしくな」


56:2014/05/23(金) 19:18:42.55 ID:UUelZraUo

サーニャ・エイラの部屋

エイラ「今日は散々な1日だったなー」

エイラ「つかれた……ねよ……」

エイラ(でも、夢をみたぐらいでなんであんなにも取り乱したんだ……。って、はっきりしてるよなぁ)

エイラ「あーあ、メンドくせーなー」

エイラ「いつの間に501のことこんなに好きになってたんだろうなー」

エイラ「サーニャさえいればそれでよかったはずなのになー」

エイラ「これから変な夢を見るたびに私は1日中ドキドキしてなきゃいけなのか……」

エイラ「……」

エイラ「あぁー!! なんでだー!! なんでだー!!」バタバタ

エイラ「別にペリーヌとか宮藤とかリーネとかルッキーニとかどうでもいいはずだろー!!」

エイラ「こんな私に誰がしたんだー」バタバタ

エイラ「うわぁぁー」バタバタ

エイラ「あぁ……もう夢なんて絶対にみないからなぁ……ぜったいに……」

エイラ「すぅ……すぅ……」


58:2014/05/23(金) 19:24:40.04 ID:UUelZraUo

翌日 滑走路

サーニャ「うぅ……ぅぅ……」

美緒「サーニャ。今、帰投したか。ご苦労だったな」

サーニャ「うぅ……さか、もとしょうさ……」ゴシゴシ

美緒「どうした?」

サーニャ「目にゴミがはいったみたいで……痛くて……」

美緒「こら、擦るな。余計に酷くなるぞ。見せてみろ」

サーニャ「はい……」

美緒「どれどれ……」

エイラ「――うわぁぁぁぁぁ!!!!!」

美緒「エイラ!?」

エイラ「やっぱり夢の通りだぁぁ!!! サーニャと少佐がぁぁ!!! あぁぁー!!!! キスをー!!!」

美緒「またか……。今度はどんな夢を見たんだ? 話してみろ」

エイラ「サーニャがぁぁぁ!! 穢されたぁぁ!!!」

サーニャ「あ、もう痛くない。よかったっ」


おしまい。


59:2014/05/23(金) 19:32:18.89 ID:ij2Ae+ZDo

エイラはかわいいんダナ
おつおつ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400763212/

→→もっとストライクウィッチーズを読む←←