2:2014/11/27(木) 23:19:00.63 ID:xmvx8tko0

P「今日もいい朝だ。」

気付けのコーヒーを口に含み一人ごちる。

P「輝子少し静かにしてくれないか?」

輝子「キノコーキノコー。」

相変わらず空を切る音が鋭い。

輝子「すぐに・・・楽になるから。」

輝子の小太刀が俺の喉元を狙う。
輝子が持つと小太刀でもまだ大きく感じた。

P「でも、そんなんじゃ。」

白刃が飛び上がりソファに突き刺さる。

輝子「フフ・・・トモダチ・・・強い。」

P「輝子がまだ弱いんだ。」


3:2014/11/27(木) 23:39:23.15 ID:xmvx8tko0

P「輝子は武器に頼り過ぎている。」

火薬の臭いが鼻につく。
輝子が懐からキノコを取り出す。

輝子「フハハハハ!キノコになれ!」

やはり輝子は少しハイになっているようだ。
キノコから弾丸が飛び出す。

P「お仕置きが必要だな。」

弾丸を掴みキノコを取り上げる。

輝子「!?」

気の緩んだ隙にデコをはじく。

輝子「・・・痛い。」

P「キノコに銃を隠すまではいい。」

P「だが、そんな不意打ちで勝とうとするんじゃない。」

輝子「うん・・・わかった。」


4:2014/11/27(木) 23:52:26.22 ID:xmvx8tko0

輝子もわかってくれたようだ。

輝子「机の下・・・行くね。」

P「頑張ってな。」

輝子は机の下に潜って行く。

P「輝子の挨拶は少し過激だから気をつけないと。」

P「大事な書類もあるから飛び道具はやめてほしいな・・・」

前に一度桃華の持ってきたSAM-4のをうまく処理できずに書類を焦したのも記憶に新しい。

P「さて、俺も頑張るか。」

輝子も今頃机の下でキノコたちと死闘を繰り広げてるに違いない。

P「でもまだ動き足りないな・・・」

真奈美「なら、眠気覚ましに付き合おうか?」


5:2014/11/28(金) 00:06:59.18 ID:HTWA6+qM0

P「そうですね。」

流石は真奈美さん、気配の消し方が優雅だ。

真奈美「君も人が悪い。」

真奈美「輝子くんの殺気を浴びれば私も疼いてしまうよ。」

P「下に降りましょうか。」

そして事務所を出て地下のレッスンルームに行く。

P「真奈美さん、調子はどうですか?」

真奈美「上々だよ。」

レッスンルームに着くと先にまゆがいた。

まゆ「Pさんに真奈美さん。」

まゆ「今日は稽古ですか?」

真奈美「いや、試合だよ。」


6:2014/11/28(金) 00:17:16.09 ID:HTWA6+qM0

まゆ「Pさん、気をつけてくださいね。」

P「ちゃんと弁えるつもりだよ。」

真奈美「それは本気でやってもいい・・・」

真奈美「ということかな?」

P「お手柔らかにお願いしますね。」

真奈美「善処してみるよ。」

真奈美さんは準備運動を始める。

まゆ「では、まゆがレフェリーを担当しますね。」

P「それじゃあ真奈美さん、ルールはどうします?」

真奈美「もちろん、ありありだ。」

真奈美さんは動きやすい様に服を脱ぎ捨てる。

P「わかりました。」




7:2014/11/28(金) 00:24:00.86 ID:HTWA6+qM0

ネクタイを緩める。

P「いきますよ。」

真奈美さんは下着姿であるはずなのだが鎧を感じる。

真奈美「ふふ。」

零れる吐息に気圧される。

P「フンッ!」

土を抉る感触。

真奈美「甘いな。」

真奈美「私の下着姿がそんなに好きかな。」

タックルしたはずであった。
音速を超えたはずであった。

P「やりますね。」

抱きとめられた真奈美さんの脇はとても良い匂いがした。

真奈美「それではこちらも。」


8:2014/11/28(金) 00:27:51.24 ID:LcnzP27q0

良い匂いがしたじゃねーよww


9:2014/11/28(金) 00:38:30.41 ID:HTWA6+qM0

真奈美さんの正拳突き。
空を切る一撃は衝撃波を伴い襲い掛かる。

P「すごいですね。」

真奈美さんから離れ衝撃波をかわす。

真奈美「まだまだ。」

爆発、爆発。

P「・・・」

真奈美「これはどうだ。」

真奈美さんの手から衝撃波が雨のように降る。

P「・・・」

真奈美「止めだ。」

13km先まで飛ぶといわれる真奈美さんの衝撃波。

P「心地良い。」


10:2014/11/28(金) 00:54:43.16 ID:HTWA6+qM0

真奈美「私の衝撃波を生身で受けるとは。」

P「真奈美さんもまだまだですね。」

説明せねばなるまい。
Pの体は鋼である。

真奈美「ならば。」

真奈美さんの拳が熱を帯びる。

真奈美「なぜ手は二つあると思う?」

真奈美「それは・・・こうするためだ。」

真奈美さんの拳がマグマのように滾る。

P「ほぅ。」

真奈美「流石のPくんでもこれは痛いだろう。」

真奈美さんの手は云わば火そのもの。
二つ合わさった火は炎となり、炎となった拳は炭化チタンをも砕く。

P「ならこちらは。」


11:2014/11/28(金) 01:08:52.94 ID:HTWA6+qM0

腰を低くし攻撃に備える。

真奈美「とりゃぁっ。」

真奈美さんの鎖骨割り。

P「ほっ。」

低い姿勢のまま体を捩り初撃をかわす。

P「咲桜拳!」

反動を生かし真奈美さんの鳩尾を狙う。

真奈美「覇山蹴!」

負けじと真奈美さんも応戦してくる。

P「はぁぁ」

真奈美「やぁあぁ」

真奈美さんの踵が拳にぶつかる。


12:2014/11/28(金) 01:23:23.69 ID:HTWA6+qM0

飛び散る汗が星の様に光る。

まゆ「綺麗・・・」

まゆは今、とても幸せです。
Pさんの腹筋。

まゆ「懐かしいですね。」

Pさんを始めてみたとき。
日本刀で殺されそうだったまゆを逞しい筋肉で守ってくれた。

まゆ「Pさん・・・」

汗が頬に飛ぶ。

まゆ「Pさん・・・喜んでいるのですね。」

P「ウォーミングアップは。」

真奈美「もういいだろう。」

真奈美さんの拳がさらに燃える。



14:2014/11/28(金) 01:34:13.82 ID:HTWA6+qM0

P「ほっ。」

真奈美「はっ。」

互いに拳が当たらぬまま数分。

真奈美「人生は選択の連続である。」

真奈美「かわすか受けるか、その二択だ。」

P「逃げる、という選択肢は?」

真奈美「ない!」

真奈美さんの拳のスピードがさらに上がる。

真奈美「ふぅー。」

気の上昇を感じる。

真奈美「天衝海轢刃!」

P「そうきますか。」


15:2014/11/28(金) 01:49:32.58 ID:HTWA6+qM0

P「ならばこちらは。」

死の世界を変革する。

P「デス・リボーン・レボリューション!」

真奈美「何っその技は!」

真奈美さんの声は爆発音に遮られる。

まゆ「Pさん!」

P「近づいちゃいかん。」

まゆ「どうして・・・」

P「次の真奈美さんの攻撃は・・・」

P「流石の俺も血が滾る。」

まゆ「わかりました・・・」

まゆ「頑張ってください。」


17:2014/11/28(金) 02:02:45.08 ID:HTWA6+qM0

真奈美「小便はすませたか?」

真奈美「神様にお祈りは?」

真奈美「部屋の隅でガタガタふるえて命乞いする心の準備はOK?」

P「もう、なにも怖くない。」

地球が猛る。

真奈美「悲しいな。」

真奈美「終わりは必ず来る。」

P「終りませんよ。」

P「あなたが生きている限り。」

真奈美「それはプロポーズかな。」

P「俺はあくまでプロデューサーですから。」


18:2014/11/28(金) 02:19:25.11 ID:HTWA6+qM0

真奈美「君ならそういうと、思ったよ。」

P「それじゃあ。」

真奈美「ああ。」

P「終わりに」

真奈美「しましょうか。」

まゆ「試合・・・終了ですね。」

粉塵の中に二つの影が立っている。

P「ふぅ。」

まゆ「真奈美さんは?」

P「このとおり、眠ってもらったよ。」

真奈美さんはもたれかかる様に眠っている。

まゆ「とってもかっこよかったですよ。」


19:2014/11/28(金) 02:28:18.41 ID:HTWA6+qM0

P「真奈美さんを仮眠室に寝かせてくる。」

まゆ「まゆもお手伝いしますね。」

P「助かるよ。」

二人の最後の一撃をまゆは見れませんでした。
でも、Pさんが本気でないのはわかりました。

まゆ「Pさん。」

P「ん、どうした?」

まゆ「まゆが強くなるまで待ってくれますか?」

P「それは・・・わからないな。」

まゆ「ふふ・・・Pさんはいじわるですね。」


20:2014/11/28(金) 02:41:07.42 ID:HTWA6+qM0

トップアイドルへの道は険しいですけども。

まゆ「Pさんのためにトップアイドルやっつけて見せますね。」

P「その前に真奈美さんを倒さないとな。」

まゆ「ネクタイ・・・直しますね。」

P「すまない。」

俺のアイドルは着実に成長している。
あの気の弱かったまゆですら今はネクタイで首を絞めてくる。

P「仕事に戻るとしますか。」

P「次のLIVEバトルまでにやらないといけないことが山積みだ。」

まゆ「まゆはPさんにどこまでもついていきますよ。」

俺はあの日決めたんだ。
この子達を必ずトップにしてみせる。
たとえ・・・この命尽きようとも。

第一部 完


22:2014/11/28(金) 03:01:30.07 ID:HTWA6+qM0

コーヒーを飲みながら谷崎潤一郎の痴人の愛を読んでいるときです。
波動拳を使えばさりげなくスカートをめくれるのではないか。
うっかり手元がすべった振りをすれば誤魔化せるのではないか。
そう思い立って練習してみたところため息しか出ないのであきらめました。

今回は一部とありますが二部はありません。

コーヒーに利用したパンツなのですが処理に困っています。
最近異臭放ち始めたので詳しい方や専門家の方がいればアドバイスをお願いします。

最後に、見てくださった方ありがとうございました。


27:2014/11/28(金) 15:44:51.27 ID:mLcIJR8eO

ネクタイで首閉めてくるまゆが不意打ちすぎた


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417096293/