1:2013/10/02(水) 22:55:06.37 ID:OJlB2bYt0


向日葵「お久しぶりですわね」

櫻子「う、うん」

向日葵「……よく似合ってますわよ」

櫻子「と、当然じゃん!だって私だもん」

向日葵「くすっ」

櫻子「?」

向日葵「櫻子は、相変わらずですわね」

櫻子「な、なんだと」

向日葵「ふふ」

櫻子(……なんか変、やっぱ変)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380722106



2:2013/10/02(水) 22:55:56.26 ID:OJlB2bYt0

向日葵「あ、赤座さんと吉川さん?」

あかり「あ、向日葵ちゃんと櫻子ちゃん!」

ちなつ「久しぶり〜」

あかり「なんだか向日葵ちゃん、キレイになったね」

向日葵「ありがとう。赤座さんもとっても素敵ですわ」

あかり「えへへ」

ちなつ「櫻子ちゃんも大人っぽくなったね」

櫻子「そりゃ、二十歳ですしぃ!大人の色気もばっちりっしょ」

ちなつ「……中身は昔のまんまだね」

向日葵「ふふ」

あかり「あ、みんなで写真撮ろうよ!成人式の記念に」

ちなつ「いいね」

櫻子「撮ろう撮ろう!」




3:2013/10/02(水) 22:57:06.47 ID:OJlB2bYt0


 
向日葵と再会したのは、東京に住むお姉ちゃんのところに遊びに行った時だった。
 

花子「迷ったし?」

櫻子「迷ってねーし」

花子「はぁ」

櫻子「これがあれで、あれがこれだから……うん、間違いないはず!」

花子「信用できないし」

櫻子「む……あ、そこにいる人に聞けばいいんじゃん」

櫻子「すいませーん」ダダッ

花子「あっ!……櫻子のやつ……」

??「はい?」

櫻子(うあぁ……美人)

??「あら?」

櫻子「あ、あの……道を」

??「櫻子?」

櫻子「……え?」



4:2013/10/02(水) 22:58:11.82 ID:OJlB2bYt0


??「やっぱり櫻子ですわね」

櫻子「……ひ、向日葵?」

花子「はぁはぁ……櫻子は後先考えずに走り出すくせ止めろし」

向日葵「花子ちゃんも」

花子「え、え?」

向日葵「ふふ、久しぶりですわね」

花子「ひま姉?」


あの日、偶然、私は向日葵と再会した。
すぐに向日葵だってわかんなかった。




5:2013/10/02(水) 23:09:35.03 ID:OJlB2bYt0


 
向日葵「撫子さんのところに遊びに来たんですね」

花子「案の定迷子だし」

向日葵「櫻子らしいですわね」

櫻子「むっ」

向日葵「ふふふ♪……櫻子は相変わらずですわね」

櫻子「喧嘩売ってる?」

向日葵「変わってなくて安心したんですわ」

櫻子「……向日葵は」

向日葵「え?」

櫻子「……なんでもない」

向日葵は、変わっちゃったの?
なんて、怖くて聞けなかった。
何ビビってんだろ?私らしくない。



6:2013/10/02(水) 23:11:41.59 ID:OJlB2bYt0


 
向日葵「なんだかんだで、中学校の卒業式以来だったかしら?」

櫻子「そーかも」

向日葵「私がいなくても大丈夫みたいですわね」

櫻子「?……初めっから向日葵の助けなんかなくても大丈夫だったし」

向日葵「……そうですわね」

高校は別々に進学した。
向日葵は家からちょっと遠い進学校。
私は家から1番近い高校。
朝、家を出る時間も、方向も、下校時間も……全部違ってしまったのが高校時代だった。

その時、ふと思ったことがある。

――私、向日葵がいなくてもやっていけるんだなぁ、と。
 
 
 
 


7:2013/10/02(水) 23:14:41.92 ID:OJlB2bYt0



向日葵「ここを曲がったところですわね」

花子「はぁーやっと着いたし」

櫻子「向日葵は」

向日葵「私はこれから用事があるんですの」

櫻子「……そっか」

向日葵「でも、成人式で会えますわ」

櫻子「ん」

向日葵「じゃあ、失礼します。撫子さんによろしくとお伝えください」



思えば、あの時、どこかおかしいなって感じてた。
久しぶりだったせいだって気にしないようにしていたけど、たぶん違った。





8:2013/10/02(水) 23:18:24.48 ID:OJlB2bYt0


 
成人式で再会した向日葵はやっぱり別人に思えた。


あかり「うぅ〜……今度、みんなで遊ぼうねぇ」

ちなつ「ほら、あかりちゃん、しっかり立って」

あかり「立ってるよぅ、ちなつちゃん」

ちなつ「お酒弱いのに、あんなに飲むからだよ」

あかり「ごめんねぇ」

ちなつ「じゃあ、私、あかりちゃんを送って帰るから」

向日葵「はい」

ちなつ「あかりちゃんも言ってるけど、また4人で集まって遊ぼうね」

櫻子「……」

向日葵「櫻子?」

櫻子「もっちろん!」

ちなつ「うん、じゃあまたね」

あかり「えぇー、あかりもっとみんなといたいよぅ」

ちなつ「酔っ払いが何を言うか」ポコッ



10:2013/10/02(水) 23:19:53.05 ID:OJlB2bYt0

 
櫻子「……」

向日葵「赤座さんって変わっていませんね」

櫻子「うん」

向日葵「私達も帰りましょうか」

櫻子「うん」

向日葵「ふふ、久しぶりですわね」

櫻子「?」

向日葵「あなたとこうやって帰るのは」

櫻子「……向日葵、何か変」

向日葵「アルコールのせいですね」

櫻子「そういうのじゃなくて」

向日葵「……ふふ」

櫻子「!」

昔みたいに言い争いをすることはないけど、向日葵の態度や物腰は同じで。
なんだか悔しいし、悲しい。
私だけ置いて行かれちゃったような気がした。




11:2013/10/02(水) 23:21:24.29 ID:OJlB2bYt0

 
向日葵「ねぇ、櫻子」

櫻子「ん?」

向日葵「中学校の卒業式、覚えてる?」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「あ、あかりちゃんがゴーキューしちゃって大変だったよね」

向日葵「ええ」

櫻子「そんなあかりちゃんにつられてちなつちゃんも泣いてたっけ」

向日葵「ええ」

櫻子「それと、うーっと……」

向日葵「櫻子」

櫻子「っ」ビクッ

向日葵「私ね、あなたに言っていない事があるんですの」



12:2013/10/02(水) 23:22:51.99 ID:OJlB2bYt0




――聞きたくない。
  

 
櫻子「ね、ひま」

向日葵「私ね、昔、あなたのことが好きでした」


櫻子「……」





13:2013/10/02(水) 23:24:25.18 ID:OJlB2bYt0

 
 
  
中学校の卒業式の帰り道。

  
 
 
向日葵「とりあえず櫻子が高校になんとか合格できてよかったですわ」

櫻子「櫻子様が本気を出せばこんなのちょれーし」

向日葵「はぁ……あなたはまったく……」

櫻子「へっへーん」

向日葵「余裕ぶっているみたいですけど」

櫻子「?」

向日葵「高校では朝迎えに行ったり、宿題を見せたりはないんですからね」

櫻子「余裕余裕!」

向日葵「私がいなくても櫻子はやっていけるのでしょうかって心配ですわ」

櫻子「ふんっ!高校は別々だからせいせいするし!!」

櫻子(それはこっちのセリフですわ)

向日葵「……」

櫻子(って言うんじゃねーのかよ)
 


14:2013/10/02(水) 23:25:26.07 ID:OJlB2bYt0

 
向日葵「……」

櫻子「ひ、向日葵?」

向日葵「」チュッ

櫻子「!」

向日葵「……」ダダダッ

櫻子「……」

櫻子「え……い、今のって」

櫻子(キ、キス……?)


あの時の向日葵も、向日葵であって向日葵じゃなかった。
なんか気まずくて、高校が別なのを理由に会う機会はどんどん減っちゃったんだ。

 


15:2013/10/02(水) 23:26:56.26 ID:OJlB2bYt0

 
向日葵「あの時は、いきなりキスなんかしちゃってごめんなさい」

櫻子「……」

向日葵「櫻子?」

櫻子(この向日葵って本当に本物の向日葵?)

向日葵「あ、着きましたわね」

櫻子「……」

向日葵「昔はもっと長く感じたのに、不思議ですわ」

櫻子「……」

向日葵「じゃあね、さく」

櫻子「……」ギュッ

向日葵「櫻子?」

櫻子「今日、泊まってもいい?」

向日葵「……」

櫻子(なに言ってるんだろう)

向日葵「仕方ないですわね」

櫻子「……うん」

櫻子(私も変になってるみたいじゃん)




16:2013/10/02(水) 23:28:35.14 ID:OJlB2bYt0

 

本当はね、分かってるよ。

私達の関係が昔と違うってこと。

「好きでした」も「泊まってもいい?」も昔の私達ならありえない。

私さ、向日葵。
向日葵がいなくてもやっていける自分に気付いた時、どうだ!っていう自慢の気持ちより、寂しい気持ちの方が大きかったんだ。
ちょっとだけだけど。


櫻子「ね、向日葵」


変わってしまった関係を本当は否定したい。
昔のままの私達でいたい。

でも、もうそんなの無理。
だって向日葵も、向日葵との関係も変わっちゃったんだ。

 


17:2013/10/02(水) 23:29:16.51 ID:OJlB2bYt0

  

櫻子「あ、のさ……」

変わってしまった関係を受け入れる魔法の言葉。
私達が未来に向かって歩き出すために必要な言葉。

言わないと……。

向日葵は言ってくれたから……だから……。


もし、あの時、向日葵のキスをちゃんと考えてたら……。
告白されていたら……何か変わっていたのかな。
ううん、あの頃の私は、そんな素直に受け入れられない。
たぶん、今よりもっと気まずくしてた。

だからね、向日葵。
これで、いいんだよね……?


櫻子「……私……私も昔、向日葵のことが――――――――」


  


18:2013/10/02(水) 23:31:24.99 ID:OJlB2bYt0


 
 
二十歳の古谷向日葵様

こんにちは。中学3年生の古谷向日葵です。
二十歳というと今頃私は大学生でしょうか。
今の私からは想像がつきません。
二十歳の私お隣には、変わらずあの子がいるでしょうか。
私は変わらず、あの子の隣にいるでしょうか。

私は、卒業式の日に櫻子に告白しようと思っています。
今までの関係が壊れてしまう不安があったから、進学先は別にしました。
でも……でも、それでも変わらず、私達は一緒にいられるのでしょうか。

これを読んでいる私はもう知っているのでしょう。
告白の結果も。二十歳の私と櫻子の関係も。

……好きだと自覚してしまったあの日から、ずっとずっと悩んできました。
面倒見て、嫌いだと言い合って、今まではそれが楽しかったのに、
いつの間にか胸が張り裂けそうで、楽しいはずなのに涙が出そうで……。

たぶん、もう、このままじゃいられない……。
上でこの関係が壊れるのが怖いと書きましたが、もう、私の中では壊れてしまったんですね。
もう戻れなくて、今のままじゃいられない……だから……。

だけど、変わらず隣にいたいなって本当は思っています。
ねぇ、二十歳の私。

恋人でも、ただの幼馴染でも構わないです。
今、あなたの隣にあの子はいますか?

もしいるのなら、告白の結果がどうあれ、私はとても幸せです。


中学3年生の古谷向日葵より


 


19:2013/10/02(水) 23:32:27.09 ID:OJlB2bYt0

 

向日葵(ねぇ、中学3年生の私……。)

向日葵(あの日、私は告白はできませんでしたわ)

櫻子「……」zzz

向日葵(今になってやっと言えました)

向日葵(あの頃ほどの重さはなくて……だけど……)

向日葵(あの頃の必死さもない……)

櫻子「……んん……」zzz

向日葵(ただ好きと、それだけでいいと……)

向日葵「ねぇ、櫻子」

向日葵「もし、もし……あの卒業式の日」

向日葵「ちゃんとあなたに告白出来ていたら、何か変わっていたのでしょうか」

向日葵「……なんて……たぶん、無理でしょうね」

向日葵(中学3年生の私……)

向日葵(今、私の隣にあの子がいます)

向日葵(……だから、とっても幸せです)



おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380722106/