1:2013/06/16(日) 14:24:46.65 ID:viC/KaZZ0

6月16日 昼
大室家

櫻子「ねーちゃん、花子、おはよー・・・」

撫子「あ、やっと起きた」

花子「全然早くないし」

櫻子「いーじゃんかよー、日曜なんだしさー」

櫻子「花子、朝ごはんちょーだい」

花子「自分でやれし」

撫子「そこにパンあるから、それ食べな」

櫻子「へーい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371360286



2:2013/06/16(日) 14:26:59.37 ID:viC/KaZZ0

櫻子「なんかねむい・・・」

花子「さっきまであんなに寝てたのに!?」

櫻子「食べ終わったら昼寝しよ」

花子「いや、起きろし」

櫻子「別にやることあるわけでもないし」

撫子「え?」

櫻子「え?」

撫子(櫻子・・・この様子だと、やっぱり)



3:2013/06/16(日) 14:32:45.46 ID:viC/KaZZ0

6月16日 昼
古谷家

楓「おねえちゃん、お誕生日おめでとうなの!」

向日葵「あらありがとう、楓。ちゃんと覚えててくれて嬉しいですわ」

楓「えへへー」

向日葵「それにしても・・・」

楓「どうしたの?」

向日葵「いえ、何でもありませんわ」

楓(さっきからお姉ちゃん、様子が変なの・・・)

楓(携帯何度も見てるし、なんかイライラしてるみたい)

楓(やっぱりお姉ちゃん、櫻子お姉ちゃんにお祝いしてもらいたいのかな・・・)


4:2013/06/16(日) 14:40:33.85 ID:viC/KaZZ0

大室家

櫻子「ごちそうさまー」

花子「あっ!ちゃんと片づけもしろし!」

櫻子「私は忙しいんだよー、昼寝すんのに」

花子「それは最大限にヒマだし」

撫子「ていうか櫻子には他にやることとかあるでしょうが」

櫻子「へ?」

櫻子「あったかなー、宿題」

撫子(そうじゃないんだが)

櫻子「しゃーない、向日葵に宿題あるか聞いてくるか」

櫻子「あったら写させてもらえばいいし」

花子「よくないし」

櫻子「まったくめんどくさいなー」バタン

撫子「・・・さすがに本人の顔見たら思い出すかな」

花子「?」


5:2013/06/16(日) 14:47:13.56 ID:viC/KaZZ0

古谷家

向日葵「楓、お散歩にでも行きましょうか」

楓「うん、お散歩うれし・・・」

楓「や、やっぱり行かないの!今日はおうちにいるの!」

向日葵「?」

楓(お姉ちゃんは櫻子お姉ちゃんを待ってるに違いないの)

楓(だから今日はずっとおうちにいるの)


ガチャ
櫻子「おるかー?」

向日葵「!!」

向日葵「さ、櫻子」

櫻子「おるなー!」

向日葵「どうしたんですの、急に」ソワソワ

櫻子「向日葵、宿題って何かあった・・・」

櫻子(やばっ!)


6:2013/06/16(日) 17:27:14.34 ID:MFI3gsG00

櫻子(向日葵の顔見たら思い出した)

櫻子(今日向日葵の誕生日じゃん)

向日葵「宿題?櫻子、まだやってないんですの?まったくこれだから」

櫻子「いや、その、あの」

櫻子「じゃ、そういうことで」バタン

向日葵「行ってしまいましたわ・・・」


8:2013/06/16(日) 17:30:37.18 ID:MFI3gsG00

櫻子の部屋

櫻子「やっばー、どうしよう」

櫻子「何の準備もしてないし」

櫻子「プレゼントとか、さすがにないとマズいよなあ・・・」

櫻子「でも・・・」

財布「カラッ」

櫻子「昨日大量にマンガ買っちゃって金が・・・」

櫻子「こうなったら」


9:2013/06/16(日) 17:36:10.18 ID:MFI3gsG00

花子の部屋

櫻子「花子ー」

花子「何?」

櫻子「お願いがあるんだけど」

花子「やだし」

櫻子「聞く前から!?」

花子「どうせロクでもないことに決まってるし」

櫻子「お金貸して!」

花子「・・・小学2年生に頼む内容じゃないし」

櫻子「えーいいじゃんかよー、いくらもってるんだよー」

花子「絶対にやだし!ていうか絶対返ってこないし!」

櫻子「まあまあそんなこと言わずに」ゴソゴソ

花子「カバン漁るなし!」


10:2013/06/16(日) 17:37:50.13 ID:MFI3gsG00

櫻子「じゃあねーちゃんから借りるか」

櫻子「ねーちゃんからお金借りるとちゃんと返せってうるさいんだよなー」

花子「それは返さないのが悪いし」

櫻子「ねーちゃん部屋にいる?」

花子「出かけたし」

櫻子「え?」

花子「高校の友達と遊び行くって」

櫻子「な?私が向日葵の家に行って帰ってくる一瞬でか?」

櫻子「さては私に金を貸したくなかったんだな!ゆるせん!」

花子「関係ないし」


11:2013/06/16(日) 17:42:58.30 ID:MFI3gsG00

櫻子「さて、どうするかな・・・」

櫻子「さすがに向日葵に借りるわけにはいかないし・・・」

櫻子「こうなったら」


アーナタノタメニアイノメッセージ
あかり「あれ?電話だ」

ピッ
あかり「櫻子ちゃん?どうしたの」

櫻子「あかりちゃん!助けて・・・」

あかり「えっ?えっ?何かあったの?」

あかり「ちょっと待ってて、今から櫻子ちゃんのうち行くから」


12:2013/06/16(日) 17:47:17.56 ID:MFI3gsG00

櫻子「というわけで、お金貸してほしいんだけど・・・」

あかり「何だぁ、そんなことだったんだね」

あかり「あかり、櫻子ちゃんに何かあったのかと思って、心配しちゃったよぉ」

櫻子「ごめんごめん」

あかり「でも、そんなに高いものじゃなくても、櫻子ちゃんが心を込めて選んだプレゼントなら、きっと向日葵ちゃんは喜んでくれると思うな」

櫻子「うーん、そうかな・・・」

あかり「櫻子ちゃん、今おこずかいどれくらいあるの?」

櫻子「113円」

あかり「」


13:2013/06/16(日) 17:50:13.26 ID:MFI3gsG00

あかり「うーん、じゃあ、今回は特別だからね」

櫻子「やったー!あかりちゃんありがとう!天使みたい!」

あかり「もう無駄遣いしたダメだよ?」

櫻子「がってん!」

あかり「それで、お誕生日プレゼント、何にするの?」

櫻子「うーん」

櫻子「全然考えてなかった・・・」

あかり「あはは・・・」

あかり「じゃあ、一緒に買いに行こっか」

あかり「あかり、可愛い雑貨屋さんとか知ってるよぉ」

櫻子「マジ!?」


15:2013/06/16(日) 17:55:51.37 ID:MFI3gsG00

古谷家

向日葵「さくらこ・・・」

向日葵「どうして行ってしまったんですの・・・」

向日葵「どうして・・・」ブツブツ

楓「お姉ちゃん?」

向日葵「そういうことですわよね・・・」

向日葵「櫻子にとって、私の誕生日なんて・・・」

楓「お姉ちゃん?大丈夫なの?」

向日葵「捨てられてしまいましたわね・・・」

向日葵「ふふふ・・・」

楓(お姉ちゃんがおかしくなっちゃったの・・・)


16:2013/06/16(日) 17:57:16.09 ID:MFI3gsG00

楓「お姉ちゃん・・・」

向日葵「あら楓、どうかしましたの?」

楓(何とかしてお姉ちゃんを元気づけてあげなくちゃ・・・)

楓「やっぱり、楓、お散歩行きたいの」

向日葵「あらそう?じゃあ、支度しましょうか」

楓「わーい」

楓(ちょっとお散歩すればきっと気も晴れるの)



18:2013/06/16(日) 17:59:40.18 ID:MFI3gsG00

向日葵「それじゃ出かけましょうか」

楓「うん!」バタン

向日葵「あ・・・」



櫻子「その雑貨屋さんってどこにあるの?」

あかり「ちょっと遠いけど、歩いて行けるよぉ」

あかり「前にちなつちゃんに連れてってもらったところなんだぁ」

櫻子「へー」



向日葵「櫻子と、赤座さん・・・」

向日葵(そういうことでしたのね・・・)

向日葵(櫻子は、私のことなんてどうでもよくて)

向日葵(赤座さんのことが)

向日葵「うふふ・・・」

楓「お姉ちゃん?」

向日葵「さあ、お散歩に行きましょう?今日はどこまで行こうかしら」

楓「???」


19:2013/06/16(日) 18:05:07.70 ID:MFI3gsG00

あかり「もうすぐ着くよぉ」

櫻子「そうなの?どこどこ?」

あかり「ほらあそこの、あれっ?」

櫻子「ん?あかりちゃん、どうかした?」

あかり「さ、櫻子ちゃん・・・」

櫻子「?」

あかり「ごめん・・・」

貼り紙「本日、臨時休業いたします」

櫻子「あっ・・・」

あかり「あかり、取り返しのつかないことしちゃったかな・・・」

櫻子「そ、そんなことないよ!臨時休業なんてわかんないしさ!」

あかり「櫻子ちゃん、プレゼント、どうする・・・?」

櫻子「うっ・・・」


20:2013/06/16(日) 18:07:31.71 ID:MFI3gsG00

あかり「このへん、あんまりお店とかないね」

櫻子「そうだね」

あかり「そろそろ戻らないと時間が・・・」

櫻子「うん・・・」

あかり「プレゼント、買えなかったね」

櫻子「うん・・・」

櫻子「どーしよ・・・」

あかり「向日葵ちゃんなら、きっと気にしないでくれるよぉ」

あかり「プレゼントは無くても、櫻子ちゃんがお祝いしてあげたら」

あかり「きっと喜んでくれるよ!」

櫻子「そうかな・・・」


21:2013/06/16(日) 18:11:43.00 ID:MFI3gsG00

夜 古谷家

向日葵「そろそろ夕ご飯の支度をしなきゃいけませんわね」

向日葵「今日はとびきり美味しいご飯を作りますわよ」

楓(やっぱり、さっきからお姉ちゃん、無理してるみたいなの)

ガチャ

向日葵「あれ?誰か来たみたいですわね」

向日葵「あれ、櫻子・・・」

櫻子「向日葵・・・」


22:2013/06/16(日) 18:15:15.02 ID:MFI3gsG00

向日葵「何しに来たんですの?」

櫻子「えっと・・・」

向日葵「夕飯なら自分の家で食べてくださいな」

櫻子「そうじゃなくて・・・」

向日葵「用がないなら帰ってくださいません?」

向日葵「あなたも私に用なんてないでしょう?」

櫻子「な・・・なんだよその言い方!」

向日葵「じゃあ、どんな用だっていうんですの?」


23:2013/06/16(日) 18:17:31.59 ID:MFI3gsG00

櫻子「えっと、今日、向日葵、誕生日だから」

向日葵「そうですわね」

櫻子「おめでとう、って・・・」

向日葵「はあ、ありがとうございますわ」

櫻子「・・・」

向日葵「それだけですの?」

櫻子「うん・・・」


24:2013/06/16(日) 18:22:28.48 ID:MFI3gsG00

向日葵「・・・じゃあ、用は済みましたのね?」

櫻子「そうだけど・・・」

向日葵「でしたらもう帰って・・・」

櫻子「何でだよ!さっきから帰れ帰れって!」

向日葵「それはあなたが!」

櫻子「私がなにしたって言うんだよ!」

向日葵「櫻子は別に私に会いたくなんてないのでしょう!?」

向日葵「さっきだってすぐ居なくなりましたし」

向日葵「赤座さんとどこか出かけてましたし!」

向日葵「私の誕生日なんてどうだっていいのでしょう?」

向日葵「私のことなんてどうだっていいんでしょう!!」


25:2013/06/16(日) 18:26:56.65 ID:MFI3gsG00

櫻子「そんなことないもん・・・」

向日葵「じゃあ何で・・・」

櫻子「そんなことないもん!!」ダキッ

向日葵「ちょ、ちょっと、櫻子?」

櫻子「あかりちゃんといたのは、向日葵のプレゼント買うためだし」

櫻子「まあ買えなかったんだけど」

櫻子「私バカだから向日葵の誕生日とか今日まで忘れてて」

櫻子「お金も遣っちゃって全然持ってなかったし」

櫻子「でも向日葵の誕生日、祝いたかったんだよ!」

櫻子「向日葵のこと、ずっと考えてたんだよ・・・」グスッ

向日葵「櫻子・・・」


26:2013/06/16(日) 18:31:25.62 ID:MFI3gsG00

向日葵「・・・まったく、櫻子は本当にどうしようもありませんわね」

櫻子「ごめん・・・」

向日葵「私の誕生日も、もうすぐ終わってしまいますわ」

櫻子「だから謝ってんじゃん!」

向日葵「誤ったくらいじゃ許しませんわ」

向日葵「ですから、その、何と言いますか」

櫻子「?」

向日葵「今日が終わるまで・・・」

向日葵「私の誕生日が終わるまで、櫻子には一緒にいてもらいますわ」

櫻子「へ?」

向日葵「当然でしょう。今日まで忘れてた。プレゼントもなし」

向日葵「できる限り一緒にいて、祝ってもらう以外手はありませんわ」

櫻子「ひまわり・・・」


27:2013/06/16(日) 18:33:06.76 ID:MFI3gsG00

櫻子「・・・向日葵のおっぱい、あったかい」

向日葵「なっ何を言ってるんですの!?」

櫻子「グスッ・・・よーし!今日は櫻子様が特別にサービスしてやる!」

櫻子「何しよーかなー、あ、夕飯作ってやる!」

向日葵「・・・できるんですの?」ジト

櫻子「なんだその目は!」

櫻子「私にできないことはない!」

向日葵(心配ですわ・・・)

櫻子(まったく向日葵の奴、失礼な!)

向日葵(でも・・・)

櫻子(でも・・・)



いつもの私たちだ。


28:2013/06/16(日) 18:34:43.76 ID:MFI3gsG00



櫻子「向日葵ー、狭い。もっとそっちいって」

向日葵「嫌ですわ、そもそもここは私のベットなんですから」

櫻子「おっぱいが邪魔なんだよ!」

向日葵「あら、櫻子は床で寝たいんですのね」

櫻子「・・・」ギュ

向日葵「櫻子?」///

櫻子「狭いんだから、こーするしかないじゃん」///

向日葵「しょうがないですわね・・・」


29:2013/06/16(日) 18:36:26.99 ID:MFI3gsG00

向日葵「櫻子?」

櫻子「スゥースゥー」

向日葵「もう寝ちゃいましたのね」

向日葵「時計・・・」

向日葵「11時59分ですわね」

向日葵「誕生日も、もう終わりですわね」

向日葵「櫻子」

向日葵「誕生日プレゼント、貰ってなかったですわね」

向日葵「用意しない櫻子が悪いんですわよ」


チュ


向日葵「9月7日、ですわよね」

向日葵「プレゼントのお返し、楽しみにしていてくださいね・・・」



おわり


30:2013/06/16(日) 19:27:44.97 ID:V4cgzep7o

乙ぱい!
これはお返しが気になるし


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371360286/

→→もっとゆるゆりを読む←←