1:2014/06/26(木) 23:15:45.25 ID:Bajjmggx0

綾乃「あ、あの! 歳納京子……」

京子「もう、『京子』って呼んでよ。綾乃」

綾乃「き、京……子」

京子「ふふ。どしたの、綾乃?」

綾乃「手、つないでも……?」

京子「当たり前じゃん、恋人同士だよ? 私たち」ギュッ

綾乃「な――き、京子。いきなりそんな……」

京子「綾乃、いい匂いだね」

綾乃「き、き、き京子! 私、あなたのこと――」


ジリリリリリリリリリ

綾乃「!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403792145



3:2014/06/26(木) 23:20:52.95 ID:Bajjmggx0

京子「お、時間か」

綾乃「えっ、あ、えっと延長……」

京子「ゴメン! 今日は予定あるから無理なんだ」

綾乃「あぁ、そうなのね……じゃあ、また今度」

京子「うん、いつもありがとね」

綾乃「……ううん。こちらこそ」

京子「じゃあ最後に写メ撮ろうか。綾乃、笑って」

綾乃(ハァ……私、いい機会だからちょっと自粛したほうがいいのかしら)

京子「はい、チーズ」

チュッ

綾乃「!?」

京子「おお、よく撮れてる。メールで送っとくよー」

綾乃「い、今あなた……キキキキスを!?」

京子「綾乃はお得意様だからね。特別だよ」

綾乃「ひ、ひ、暇があったらまた頼んであげてもゴニョゴニョ」


4:2014/06/26(木) 23:25:19.04 ID:Bajjmggx0

千歳「ハァハァ 今日も堪能させてもらったでぇ……」

京子「千歳、待った?」

千歳「全然よ。止血にちょうどいい時間やったわー」

京子「じゃあいつも通り、ダビングは3枚でいい?」

千歳「よろしく頼むわ〜」

京子「それと、これはご愛用サービス」

千歳「こ、これは――綾乃ちゃんと歳納さんのちゅー画像!?」

京子「携帯だから画像ちっちゃくてゴメンね」

千歳「いやいや、これで十分よ。むしろ、これ以上大きかったらうちが危ないわ」

京子「じゃあ、私はもう行くね。ありがとな!」

千歳「ありがとな、歳納さん。また綾乃ちゃんから指名あったらよろしゅう頼むわ〜」


5:2014/06/26(木) 23:29:26.61 ID:Bajjmggx0

京子(ふむ、まぁいつも通りの収穫か)

櫻子「歳納京子――先輩!」

京子「ん? おお、さくっちゃん」

櫻子「実はお願いがありまして」

京子「(まだ少しは時間あるな、よし) 何でも言ってみなさい」

櫻子「えーっと、その、向日葵とケンカしちゃって……」

京子「――なるほど。仲直りしたいと」

櫻子「な、仲直りじゃないです! ただ、きまずいからどうにかならないかなぁって」


6:2014/06/26(木) 23:34:09.78 ID:Bajjmggx0

京子「よしよし、簡単だよ。ときにさくっちゃん」

櫻子「はい」

京子「好きな食べ物はあるかい」

櫻子「竹輪の磯辺あげです」

京子「じゃあ、どれぐらい好きかを紙に書いてみてくれ」

櫻子「竹輪の磯辺あげに手紙を書くんですか?」

京子「まぁ、そんな感じ。でも『竹輪の磯辺あげ』じゃよそよそしいから『お前』にしてね」

櫻子「りょーかいです! え〜っと、『私はお前がいないと生きていけない』っと」カキカキ


7:2014/06/26(木) 23:37:14.42 ID:Bajjmggx0

櫻子「できました! ノーベル賞ものです!!」

京子「よし、じゃあ最初に『さっきはゴメンね』と書いて出来上がりだ」

櫻子「これをどうするんですか?」

京子「ひまっちゃんに読んでもらうんだ。感動のあまり、ケンカなんて忘れちゃうさ」

櫻子「なるほど! じゃあさっそく行ってきます!!」

京子「人助けは気持ちがいいなぁ。っと、時間、時間」


8:2014/06/26(木) 23:42:35.94 ID:Bajjmggx0

ピンポーン
京子「京子ちゃんです」

結衣「間に合ってます」

京子「おい」

結衣「冗談だよ。ほら、入って」

京子「ただいま」

結衣「自宅か」

京子「将来的には」

結衣「じゃあ引っ越すか」

京子「最近、ツッコミに愛がないぞ」

結衣「アイシテルヨ、じゃあな」

京子「なにが不満なんだよ!」


9:2014/06/26(木) 23:48:25.13 ID:Bajjmggx0

京子「結衣、なにかしてた?」

結衣「ん? 買い物でも行こうかと。夕飯時だしな」

京子「そっか……」

結衣「どうした?」

京子「結衣はさ、偉いよね。独り暮らしでもしっかりして」

結衣「な、なんだよ。気持ち悪いな」

京子「これ、よかったら生活の足しにでも……」

結衣「なっ!? いいよ、そんな気を使わないで! お前が稼いだお金だろ、お前が使えよ」

京子「じゃあ結衣がつかって! それが私が決めた使い道なの!!」

結衣「……」

京子「出したお金を引っ込めさせる。これって紳士のやることかい?」

結衣「紳士ちゃうわ……ありがとな、いつも」

京子「ううん。私はこんなことしか出来な――」

結衣「京子、一緒に買い物に付き合ってくれよ」

京子(私、必要とされてる!!)


10:2014/06/26(木) 23:51:25.49 ID:Bajjmggx0

京子「なにつくるの?」

結衣「好きなメニューは?」

京子「結衣のカレー」

結衣「じゃあそれにしよう」

京子「結衣……」キュン

結衣「ウインナー買わなきゃな」

京子「でも、これで数日間は結衣はカレー三昧か」

結衣「何言ってんだ、お前」

京子「だってさ、カレーって一人じゃなかなか減らない――」

結衣「選んだからには責任もって食べに来いよ。明日も明後日も。待ってるぞ」

京子「毎日行きます」キュン


11:2014/06/26(木) 23:55:18.92 ID:Bajjmggx0

結衣「京子、ニンジン持ってきて」

京子「ほい来た」


京子「あ、さくっちゃん達だ。仲直り成功か」

櫻子「!! 歳納先輩、こんちはー」

向日葵「すいません、先ほどは櫻子がお世話になったそうで」

京子「いやいや。仲直りできてよかったじゃん」

向日葵「おかげさまで。あ、これお口にあえばいいのですが」

京子「おぉ、クッキー! ひまっちゃん、ありがとう」

櫻子「え!? 私の分は!?」

向日葵「ちゃんとありますわ。そ、それにあなたはもっと食べたいものがあるんじゃなくて?」

櫻子「?? なにが」

向日葵「さ、さっきの手紙に……『早くお前を味わいたい』って……」

櫻子「?? あれは――」

京子「おおっと、二人とも仲良くて結構だね。私も結衣を待たせてるんで失礼するよ、ありがとね」

向日葵「あ、はい。お世話様です」

櫻子「ありがとーございましたー」


12:2014/06/27(金) 00:01:54.00 ID:qZ/FxQOz0

京子「今この具材を食べたら、おなかの中でカレーになるのかな」

結衣「どうぞ」

京子「相変わらず愛がないな」

結衣「あーんしてやろうか」

京子「そうじゃねぇよ。あ、食べるといえば、ほれクッキー」

結衣「どこで拾った?」

京子「ちげぇよ」

結衣「まさか……」

京子「どんだけ信用ないの、私。もらったんだよ!!」

結衣「知らない人に物をもらうなと」

京子「違うよ、ひまっちゃんだよ」

結衣「なにかしたの?」

京子「かくかくしかじか」

結衣「実はケンカもお前が仕組んだ、とかないよな?」

京子「ちゅめたーい」


13:2014/06/27(金) 00:05:18.56 ID:qZ/FxQOz0

京子「もういい、結衣にはやらん。んっ! これ、うまい」

結衣「お菓子作り得意らしいからなぁ」

京子「ほひいなぁ、『ぼへんははい』っへいへ」

結衣「めっちゃ食べかすとんでるんだけど」

京子「ほしいなら、『ごめんなさい』っていえ」

結衣「別にいいよ」

京子「えっ? いや、すごくおいしいんだよ? 食べたくないの?」

結衣「どうしてほしいんだよ」

京子「泣きながらむさぼってほしい」

結衣「路上で何をさせる気だ」


14:2014/06/27(金) 00:10:47.02 ID:qZ/FxQOz0

京子「ラスト1個だよ? 本当にいいの?」

結衣「じゃあ貰うよ」

京子「よっしゃ、半分こな」

結衣「まだ食べたりないのか? あ、割らなくていいよ」

京子「ん? わー! 全部食べるな――おい」

結衣「どうぞ」

京子「結衣さん……なぜクッキーをくわえてるのです?」

結衣「半分こだろ、どうぞ」

京子「そのままだと唇が触れてしまいますが」

結衣「噛んでからのほうがいい?」

京子「……『キスは有料です』とかないよね」

結衣「何言ってんだ、お前。しゃべりづらいから早く」

京子「……あほ」チュッ


15:2014/06/27(金) 00:14:14.53 ID:qZ/FxQOz0

京子「腹ン中がパンパンだぜ」

結衣「クッキー食べて、カレー食べてだからな」

京子「デザートとメインが入れ替わる食事。名づけるなら――」

結衣「デブ御用達」

京子「……もう食べない」

結衣「そうか、残念だな。せっかくラムレーズン買っといたのに」

京子「!? いつの間に」

結衣「京子が目を離してる隙に」

京子「今日から毎日拝むわ。でも私が言うとあれだけど、無駄遣いは控えろよ」

結衣「まぁ今日は臨時収入があったからな」

京子(臨時収入? 今日なんかあったっけ?)


16:2014/06/27(金) 00:21:49.87 ID:qZ/FxQOz0

結衣「じゃあ、おやすみ京子」

京子「おやすみ」


京子(!! そっか、結衣のやつ。きっと私のあげたお金で買ったんだな)

京子(もう、好きに使っていいって言ったのに。やさしいんだから……)


京子(ん? 待てよ)

京子(私が稼いだお金は結衣に行った。もしや、そのお金でラムレーズンを買ってくれた?)


京子(これ……私がアイス買ってるのと変わらなくない?)


18:2014/06/27(金) 00:28:13.39 ID:qZ/FxQOz0

京子「結衣! 起きろ、この野郎!」

結衣「な、なんだよ夜中だぞ!?」

京子「やかましい! 乙女の純情をもてあそびやがって!!」

結衣「?? なんの話だ」

京子「お前にとって、私はなんだ!?」

結衣「いや、いきなり」

京子「友達か? 恋人か?」

結衣「……京子?」

京子「それとも――ATMか?」

結衣「……」

京子「ねぇ、答えてよ……」

結衣「わかった」


19:2014/06/27(金) 00:35:02.31 ID:qZ/FxQOz0

結衣「この封筒、見覚えがあるだろ?」

京子「それ――私が結衣にあげたお金」

結衣「そう。で、これは今から丸ごとここに入ります」

京子「え、これ」

【京子との結婚資金BOX】

結衣「……本当はさ、貯まるまで秘密にしておきたかったんだ」

京子「結衣……ゴメン」

結衣「まぁ遅かれ早かれバレてたさ」


20:2014/06/27(金) 00:40:15.65 ID:qZ/FxQOz0

京子「じゃあ……臨時収入って?」

結衣「京子にニンジン持ってきてもらったときに、偶然ちなつちゃんに逢ったんだ」

京子「ちなつちゃんに?」

結衣「本当にまじめだよな、『結衣先輩、これ今月分です』だってよ。別にいつだっていいのに」

京子「そうなんだ。疑ったりしてごめんね。私、私……」

結衣「いいんだよ。こっちこそゴメンな、ほら」ギュッ

京子「あ……待って。まだ布団が」

結衣「どうせぐちゃぐちゃになるんだ。いいよ、あとで」

京子「あ。んっ……電、気……」


21:2014/06/27(金) 00:47:59.23 ID:qZ/FxQOz0

京子「ねぇ結衣」

結衣「ん?」

京子「あの貯金箱、あとどれくらいでいっぱい?」

結衣「ふふ、秘密だよ」

京子「えー、ケチー!!」

結衣「だって言ったらドキドキが薄れるだろ?」

京子「ロマンチストだなぁ、結衣にゃん」

結衣「うっさいわ」

京子「よーし、私も頑張って稼ぐぞー!!」

結衣「はは。あ、そういえばさっきの『プロレス』だけどさ」

京子「ちょ、言うな! 恥ずかしい!!」

結衣「三回分で、一万五千円ね」

京子「えっ」


22:2014/06/27(金) 00:55:11.00 ID:qZ/FxQOz0

京子(通常の半額!!)キュン

結衣「京子だからね、特別割引だよ」



おわり


23:2014/06/27(金) 01:04:14.24 ID:qZ/FxQOz0

京子「結衣が私のこと好きだとするじゃん」

結衣「ねぇよ」

京子「仮にだよ。百歩譲って」

結衣「まだ足りない」

京子「奇跡的に」

結衣「もう少し」

京子「地球上に存在するのが私たちだけだとして」

結衣「まぁ、いいだろ。仮定だしな」

京子「そんな嫌われてんの?」


24:2014/06/27(金) 01:11:52.07 ID:qZ/FxQOz0

京子「まぁいいよ。そしたらさ、好きな人とほぼ毎日一緒なわけじゃん?」

結衣「最近、ここによく泊まるしな」

京子「さらに、私も結衣を好きだとするじゃん?」

結衣「ごめんなさい」

京子「仮にだよ」

結衣「やめてください。迷惑です」

京子「仮説も許されないの?」


25:2014/06/27(金) 01:21:07.47 ID:qZ/FxQOz0

京子「続けるよ。両想いだけど、告白はしていない」

結衣「はっきりしろよ」

京子「聞きなさい。でも、事実上は恋人みたいなものなんだよ」

結衣「そりゃあ、こんだけ一緒にいればな」

京子「これってあくまで『仲の良い友達』なのかな?」

結衣「『友達以上恋人未満』ってやつ?」

京子「やっぱそうなのかなぁ」

結衣「なんか不満なのか?」

京子「恋人版の事実婚、ってないの?」

結衣「は?」


26:2014/06/27(金) 01:29:39.08 ID:qZ/FxQOz0

京子「いや、だからさ。『お前らもう付き合ってるとみなす』的な」

結衣「ないだろ」

京子「えー」

結衣「なんだよ」

京子「だってさ、『付き合う』って要は口約束じゃん?」

結衣「そういっちゃうとなんか……」

京子「『付き合って』『はい』。それで『恋人』なわけですよ」

結衣「一般的にはね」

京子「『別れよう』『はい』。それで『他人』なわけですよ」

結衣「極端だな。違ってはないだろうけど」


27:2014/06/27(金) 01:37:30.86 ID:qZ/FxQOz0

京子「なんかさ、すげー曖昧じゃん」

結衣「うーん……」

京子「それに『付き合って』じゃなくても『好きです』だけでもOKな場合もあるっしょ?」

結衣「うん」

京子「『好きです』だけで平気なら私とラムレーズンは恋人同士だよ」

結衣「末永くお幸せに。おやすみ」

京子「待って、話をもどそう」

結衣「なんだよ、明日は早いんだぞ」


28:2014/06/27(金) 01:44:25.02 ID:qZ/FxQOz0

京子「つまりだ、要するに互いの意志が『恋人』の条件なわけだ」

結衣「ごくまれに真面目なことをいうよな」

京子「ほっとけ。それなら、私と結衣が恋人でもおかしくないだろ」

結衣「いや、他人の彼女に手を出すのはよくないだろ」

京子「?? 私、フリーだけど?」

ラムレーズン「キョウコチャン ワタシヲ ステルノ?」

京子「やめろ」

結衣「ホテルとかのアイスって異常に高いよな」


29:2014/06/27(金) 01:53:00.48 ID:qZ/FxQOz0

京子「よし、これで元カノとはお別れです」

結衣「ちゃんと歯みがけよ」

京子「後でな。さて、フリーな私とフリーな結衣です」

結衣「確かにお前はいつでも自由だよな」

京子「いちいち水を差すな。常に一緒にいる二人、この関係を表すなら?」

結衣「幼馴染」

京子「へい」

結衣「親友とでも言ってほしかったのか?」

京子「違うでしょ、話の流れをくもうよ」


30:2014/06/27(金) 02:03:01.16 ID:qZ/FxQOz0

結衣「言いたいことはわかるけど、今一つ納得できない」

京子「どうしてよ。結婚の場合は婚姻届け出したら『夫婦』でしょ? わかりやすい」

結衣「そうだな」

京子「でも恋人の場合は、境界線が曖昧なんだよ」

結衣「確かに」

京子「だったら、気づかないうちにその線を越えててもおかしくないでしょうが」

結衣「……逆じゃないか?」

京子「逆?」


31:2014/06/27(金) 02:13:55.45 ID:qZ/FxQOz0

結衣「確かに『結婚』は線引きがはっきりしてる」

京子「うぃ」

結衣「だから『事実婚』みたいに『越えたと"みなす"』って言えるんじゃないの?」

京子「??」

結衣「まぁ簡単に言って、『曖昧な線を越えたと判断する』って難しくないか?」

京子「……ふむ」

結衣「京子が言ったみたいにさ、ちゃんと『付き合う』って宣言する人も『好き』で伝わる人もいるわけだ」

京子「うんうん」

結衣「基準が違うのを、判断するのって難しくないか?」

京子「むむむ……」


32:2014/06/27(金) 02:20:29.73 ID:qZ/FxQOz0

京子「――ん!? 待て待て」

結衣「まだ、続くのか? そろそろ眠いんだけど」

京子「ベッドにもぐるのはもう少し後だ」

結衣「手短にな。寝坊して延長料金はゴメンだ」

京子「もちろん。私たちの説は逆だけどさ、結論は同じじゃないか?」

結衣「結論?」

京子「結衣の場合『無意識に境界を超えることはない』、私の場合『超えるのに手続きとかはいらない』」

結衣「うん。そういう解釈なら、似てるな」

京子「ならさ『恋人かどうかは互いの意志によってのみ決められる』ってことは同じじゃん?」

結衣「それは――否定しない」

京子「だろ?」

結衣「……京子。お前、一つ重要な仮定を忘れてないか?」


33:2014/06/27(金) 02:30:24.46 ID:qZ/FxQOz0

京子「仮定? あ! いや、私が結衣を好きなのは仮定じゃなくて……」

結衣「そっちじゃなくて」

京子「――え」

結衣「私は別に……」


34:2014/06/27(金) 02:40:56.81 ID:qZ/FxQOz0

京子「……そっか」

結衣「え……おい」

京子「いや、いいよ。言わなくて」

結衣「待てって」

京子「きこえなーい きこえなーい みとめたくなーい」

結衣「わかった、悪かった。話を聞け」

京子「勘違いしてた私がバカみたいだなぁ」

結衣「おい、京子」

京子「はい、おやすみー」

結衣「……」


35:2014/06/27(金) 02:48:56.68 ID:qZ/FxQOz0

結衣「……京子、起きてる?」

京子「……」

結衣「なんでさっきだけ、いつもみたいにツッコまないんだよ」

京子「……」

結衣「あのさ、お前が言ってたみたいに『好き』で伝わる人たちもいるけどさ」

京子「……」

結衣「『好き』って言えないやつもいるんだよ」


36:2014/06/27(金) 02:57:04.20 ID:qZ/FxQOz0

結衣「こんだけ一緒にいるんだから、わかってるだろ」

ラムレーズン「ワカッテテモ フアンニナルノヨ」

結衣「起きてたのか」

京子「結衣の冗談は冗談に聞こえないから怖いんだよ。真顔で言うな」

結衣「嫌いだったら一緒にいないだろ」

京子「『嫌いじゃない』じゃなくて『好き』がいいんだよ」


37:2014/06/27(金) 03:05:59.47 ID:qZ/FxQOz0

京子「まぁとりあえず私たちが相思相愛ラブラブバカップルってことはわかった」

結衣「ストップ」

京子「まだ装飾語が足りないか?」

結衣「『恋人』である必要があるのかなぁって」

京子「……」

結衣「違う! 変な意味じゃない」

京子「どういう意味だよ」

結衣「『恋人かどうかは互いが好きかで決まる』だろ?」

京子「そうだな」

結衣「逆に『互いが好きあってる』なら、『恋人』って枠にはめなくてもいいんじゃないか?」


38:2014/06/27(金) 03:14:05.99 ID:qZ/FxQOz0

京子「そんなに私と恋人が嫌か」

結衣「違うって」

京子「じゃあ私が『付き合って』って言ったらどうする?」

結衣「たぶん保留する」

京子「おめーはよぅ……」

結衣「正直に言うと、今の関係が壊れるのが怖い」

京子「??」

結衣「変に意識してダメになるくらいなら、このままでも私は幸せだよ」

京子「それって『私は京子たんのそばにいられるだけでいいの(キリッ)』ってこと?」

結衣「……」

京子「かわ結衣な」

結衣「うっさいわ」


39:2014/06/27(金) 03:18:11.12 ID:qZ/FxQOz0

京子「そういうことなら、とりあえずは先送りにしよう」

結衣「そりゃどうも」

京子「その代わり、たまには『好き』と言ってくれたまえ」

結衣「夫婦みたいだな」

京子「婚姻届けだしとくか」

結衣「やめろ」

京子「私が妻な」

結衣「私も女なんだけど」

京子「職業は殿かな」

結衣「何言ってんだお前」


40:2014/06/27(金) 03:26:24.52 ID:qZ/FxQOz0

京子「でも一回くらいは『I love you』『I know』みたいなやりとりしたいよな」

結衣「ついさっき先送るって言ったじゃねぇか」

京子「それは『恋人』のことさ。ほら、いいから」

結衣「……ハァ」

京子「愛してるよ」

結衣「どうも」

京子「おい」

結衣「わかったよ、言えばいいんだろ」



41:2014/06/27(金) 03:32:10.38 ID:qZ/FxQOz0

京子「アイラブユイ」

結衣「ははっ」


結衣「ノーサンキュー」

京子「ぶっとばすぞ、お前」



おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403792145/