1:2014/10/02(木) 18:49:35.16 ID:40YuBSUO0

咲・FateクロスSS

・咲サイドは全麻前の設定
・Fateはカーニバルファンタズム的なトンデモ世界の設定
・キャラ崩壊注意
・本文進行遅いかもゴメン

それではつらつらとパイルドライブしていきます



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412243365



2:2014/10/02(木) 18:51:17.61 ID:40YuBSUO0

-咲サイド-

菫「どういうことですか?異世界とか頭沸いたんですか?」

代行「よその監督に向かってひどない?」

照「これは菫が正しい。というか御自分の学校はいいのですか?」

代行「問題ないで。説明終わったらすぐ帰るから。
   しかし、おたくらの監督に頼まれた案件やのにえらい扱いやわぁ。
   まぁええわ、これ見てみぃ」

菫「これは前年度の優勝トロフィーですね」

代行「その通りや。でももう少しじっくり見てみ?」

菫・照「ジー……!」

照「微かに光ってる?」


3:2014/10/02(木) 18:58:27.68 ID:40YuBSUO0

代行「監督さんから、依頼がきたんよ。うちのトロフィーがおかしいから見てくれ〜って」

菫「トロフィーに機械的な仕掛けがあるわけではない…これはいったい」ジロジロ

代行「ウチはいろんなツテがあってな、そんで調べたところこれが異世界と繋がってるということがわかったんよ」

照「フムフム、それでか」

菫「え?お前この状況が理解できたのか?」

照「当然」フンス




4:2014/10/02(木) 19:04:40.47 ID:40YuBSUO0

菫「あ、頭が追いつかないんだが」

照「菫だからね」ネー

代行「しょうがないね」ネー

菫 「」イラッ

代行「ではさっそく」

菫「いやいやちょっと待て」

照「なに菫?怖いの?」

菫「怖いとか以前の問題だろ!せめて疑問ぐらい解消させてくれ」

代行「しょうがないな子やな〜、何?お姉さんが答えたげる」キャピッ




5:2014/10/02(木) 19:17:59.23 ID:40YuBSUO0

菫「(ここは我慢して)1つ目の疑問、なぜそれが異世界と繋がってるとわかったのですか?」

代行「企業秘密やで〜」

菫「いきなり答えないとか…。じゃあ2つ目の疑問、仮に異世界と通じるているとして
  なぜ卓を囲むことになるんですか?危険なのでは?」

代行「なぜ?ここに卓があるやん?」

菫「ありますね」

代行「異世界とつながってるもんがあるやん?」

菫「…まぁ、ありますね」

代行・照「「ほな、囲むしかないやろ〜☆」」

菫「あたまの血管が破裂しそうだ」イライラ

照「まあまあw世界には不思議なことがあるということだよ」

菫「――っ!…はぁ、じゃな3つ目のしt「さ、もう交信はじめるよー」

照「おー!」

菫「ちょっ、まっ、心の準備が…」








6:2014/10/02(木) 19:30:31.92 ID:40YuBSUO0

―Fateサイド―

>衛宮家土倉

セイバー「大河ー?大河はどこですか?」キョロキョロ

セイバー「食事の時にでも伝えてくれれば良いのに。なぜわざわざ招待状?しかも場所が土倉」

アーチャー「ここで何をしている?セイバー」

セイバー「アーチャー!もしやあなたも大河に呼ばれて?」

アーチャー「いや?私は凛に頼まれ事で道具を取りにきただけだ」


8:2014/10/02(木) 19:48:15.82 ID:40YuBSUO0

セイバー「そうでしたか。ところで、ここへくる際に大河を見ませんでしたか?」

アーチャー「いや、特に見ていないが。(…藤姉が呼び出し?嫌な予感しかしないな)」

セイバー「2時のおやつを我慢して来ているに、招待主が来ないとは何事ですか!」プンスカ

アーチャー「招待?」

セイバー「そうです!大河が私に招待状をよこしたのです。つまりお菓子をたくさんくれるということです!」

アーチャー「なぜそうなる…ん?こ!これは!?」

セイバー「アーチャー?どうしたのです?慌てるなどあなたらしくない」

アーチャー「そんな事はどうでもいい!今すぐここから逃げr」


カッ!!


9:2014/10/02(木) 20:00:03.51 ID:40YuBSUO0

大河「くくく…、もう遅いわ!」

アーチャー「ちぃぃ…」

セイバー「大河!待ちくたびれてお腹がすきました!さぁ、早く私におかしを!!」

アーチャー「何を言っているセイバー!直感スキルはどうした!?状況を読め!!」

大河「言ったはずよ、もう遅いと!ホントはセイバーちゃんだけ罠にかけるつもりがあなたまでかかるとはね!
   幸運Eはダテじゃないってことかしら?」

セイバー「わ、罠!?どういうことか説明を!大河!!」

大河「あなた達はこれから異世界へ飛ぶわ!そして邪魔者がいなくなった世界で大河ルートが進行されるのよ!!」

大河「これから世界一素敵で美しい私を士郎に届けに行かなきゃだから。じゃね〜」

セイバー「なっ!ふざけっ!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」


ピカーーーーーーー

――――――――――――


10:2014/10/02(木) 20:13:55.52 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

菫「光が収まってきたな…いったい何がどうなt……!!」

セイバー「こ、ここは?」

アーチャー「どうやら本当に異世界に飛ばされたようだ」

代行「あんたらが異世界人やね?」

アーチャー「どうやらそのようだ」

照「現実は小説より奇なり」ワクワク

セイバー「これは聖杯戦争に呼ばれたということでしょうか?」

アーチャー「藤村大河は罠と言っていた。聖杯戦争と捉えるのは早急な気がするな」

照「セーハイセンソー?」


11:2014/10/02(木) 20:26:52.01 ID:40YuBSUO0

アーチャー「まずは自己紹介からすべきだろう。私はアーチャーだ」

セイバー「私はセイバーだ。問おう、誰が私のマスターだ?」

照・菫「???」

代行「ウチは赤阪郁乃、この子の保護者代行や。こっちの髪が長い子が弘世菫、
   角が生えてる方が宮永照。おたくらが大河ちゃんがゆうてた子でええんかな?」

アーチャー(角?)チラッ

セイバー「大河を知っているのですか!?」

代行「もちろんやで、でも1人送るとしか聞いてなかったんやけど?」

アーチャー「私は巻き添えをくったようだ」

代行「あら〜。私も打つ気ぃやったけど、若い子らにまかせよか」

菫「いやいやいやいや、私はそもそも説明を全て受けてn「わかりました。早速打ちましょう」

照「さ、菫も早く座って」ポンポン

セイバー「彼女だけ何か理解しているようですね…というかマスターは誰に?」




13:2014/10/02(木) 20:40:36.23 ID:40YuBSUO0

アーチャー「どうやら、私のマスターは照という少女のようだ。繋がりを感じる」

セイバー「む?そうか、では私のマスターは菫なのだな」

菫「マスター??」

代行「菫ちゃんも物分り悪いなぁ」

菫「理解できるほうがどうかしていると思いますが」

アーチャー(苦労人という点でいえば、彼女の方がシンパシーを感じるな)

代行「ちゃちゃっと説明するとな?菫ちゃんとセイバーさん、照ちゃんとアーチャーさんでの
   コンビ打ち対決をするんや。そんで、勝ったほうにはぁ、何でも願いが叶う権利プレゼントやで〜」

照ア菫セ「!」

セイバー「つまり、聖杯戦争ならぬ、麻雀戦争ということですね!!」ドヤァ

菫「何もうまくないのだが」



14:2014/10/02(木) 20:54:59.05 ID:40YuBSUO0

アーチャー「いずれにせよこの勝負に勝たねば元の世界に帰ることができないというわけか」

セイバー「どうやらそのようですね。ここに留まることで何が起きるかわかりませんし、勝たせてもらうぞ、アーチャー!」

菫「まったく意味不明だが、とりあえずコンビ打ちで勝てばいいんだな?」

照「私に勝てると思ってるの?悪いけどプールプリンは私のもの」

菫「相変わらずの願いだな。だがまぁ、危険なことは無いようだしさっさと終わらせるか」

セイバー「甘いです、マスター!」ドン

菫 ビクッ

セイバー「この戦争は命がけでなければならない!!なぜならプールプリンは私達のものだからです!!」

菫・アーチャー「」

照「プールプリンは私のもの。あなたには譲らない」

セイバー「いいでしょう照。私の幸運と直感があれば無敵だということをみせてやりましょう」トテトテスチャ

代行「話はまとまったようやね、ほら二人とも席につきや。はじまらんで?」

菫・アーチャー(さっさと終わらせて帰りたい)


15:2014/10/02(木) 21:12:05.83 ID:40YuBSUO0

東一局

アーチャー(な、なんだこの配牌は…6向聴だと?)

セイバー「どうやらいい配牌では無いようですね、アーチャー」フフン

アーチャー「それはどうかな?」プルプル

菫(さっきアホ毛が、直感がどうとかいっていたな。信じてみるか)

照「…」

セイバー「あ、そういえばこの世界だと令呪はどうなってるのでしょう」タン

アーチャー「あまりの異常事態に失念していたな。どうなのだ?」タン

菫「令呪?もしかしてこの右手の刺青のことか?」タン

照「…」タン

セイバー「そうです、それが令呪です。我々サーヴァントに対して強制的に命令ができるものです」タン

アーチャー「全部で3回使える。まぁこの場合差し込ませたい時にでも使えばいいんじゃないか?」タン

菫「なるほどな(聴牌さえできれば高確率であがれるということか…)」タン


17:2014/10/02(木) 21:20:47.69 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

菫「リーチ!」タン

アーチャー「くっ早い」

セイバー「さすがはマスター!早速令呪を!」

菫「いや、今はそのタイミングではない」

セイバー「そ、そうですか。ならば…マスター待ちはこれだ!」ダン

菫「」クビフリ

セイバー「くっ!申し訳ありませんマスター!次こそは必ず」

アーチャー「(リーチの前にオレのことを見ていた…これが意味するものは…)これだな」タン

菫「ロン。8000だ」

アーチャー「親だったのだが、残念だ」チャラ


20:2014/10/02(木) 21:37:41.50 ID:40YuBSUO0

セイバー「無様ですねアーチャー。戦場なら四肢の1つを失っているほどです。さすが幸運Eです」プププ

アーチャー「そういうお前の直感はどうなっている?主に差し込めないなど、直感Aが泣いているぞ」

セイバー「なっ!今は私が危機に陥っていないからだ!それに2時のおやつを食べていないから本領が発揮できないのだ」グゥ

ア・セ「!?」バッ

菫(オカルト世界の住人だけあって、照魔鏡に反応したか。というか腹が空いて力が出ないとか…あっちの照か?)

照「菫、この人たち偽名使ってる」

ア・セ「!!」

菫「どういうことだ?セイバー?」

セイバー「申し訳ありません、我々サーヴァントは易々と真名を語るわけにはいかないのです」


21:2014/10/02(木) 21:47:54.34 ID:40YuBSUO0

照「エm「我々にも事情があるのだ。アーチャーで頼む」

菫「まぁ深くは聞かないでおこう。それよりセイバー、腹が空いているのか?」

セイバー「はい!おやつが欲しいです!」キラキラ

菫「照、お前大量にお菓子もってただろ、何か1つあげてくれ」

照「断る。この世全てのお菓子は私のもの」

菫「この世全ては言いすぎだか、敵に塩は送れんということか。仕方ない、我慢しろセイバー」

セイバー「!!!」ガーン

菫「そ、そんな絶望を浮かべなくても」アセ

アーチャー「こいつはエンゲル係数を飛躍的に高める事が得意なサーヴァントだ。備えはしておいた方がいい」

菫「そ、そうか。代行、何か食べるものを」

代行「え〜ウチぃ?しょうがないなぁ。1回だけだよ?」バタン

セイバー「申し訳ありません、マスター」

菫「まぁ腹が空いては戦はできぬと言うしな」

セイバー「マスター…」パァ


22:2014/10/02(木) 21:56:50.82 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

東三局2本場

菫(照の3連続か。そろそろ止めないと取り返しがつかなくなる)

セイバー(なぜ照はこんなに連続であがれるのでしょうか?何か魔術でも使っている?)

照「リーチ」ギュルルルル

ア・セ「!!」

セイバー「こ、これは、風王結界!!」ガーン

照「?」ギュルルルル

アーチャー「ただの人間ではなかったのか!?」ガガーン

セイバー「どうりで手が読めないわけだ!」


23:2014/10/02(木) 22:11:27.87 ID:40YuBSUO0

セイバー「しかし!私とて風王結界の担い手!負けるわけにはいかない!!」ギュルルル

照・菫「!!!」

菫(セイバーも打点が上がっていくというのか?)

照(照魔鏡にはそんなもの映らなかった)

セイバー「これだー!」ダン!!

照「ロン。11600」

セイバー「」ズーン


24:2014/10/02(木) 22:22:35.58 ID:40YuBSUO0

菫「何がコレなのか…」

セイバー「///」

菫(しかしなんだ…この2人弱いな。令呪をそろそろ使わないと飛ぶな)

――――――――――――
――――――――
―――――

東三局3本場

セイバー(キターーーーーーー!名誉挽回のチャンス!!!配牌はすでに一向聴!)パァ

アーチャー「セイバー、嬉しそうだな」

セイバー「今までの私とは一味違います。見せてあげましょう、王の打ち筋を!」フンス

菫「はぁ」

――――――――――――タン
――――――――タン
―――――タン

セイバー「良し!テンパイ!!」

菫「バラすな!」

セイバー「すいません。つい…」タン

菫「リーチかけないのかよ!」

セイバー「しまった!」ハッ



25:2014/10/02(木) 22:32:19.45 ID:40YuBSUO0

アーチャー「愚かな」スッ

照「(いけない!)令呪をもって命ずる、その牌捨てるな!」キュピーン

菫(ここで!?セイバーを飛ばすつもりか?)

セイバー「何!?」

アーチャー「なっ!私のことが信じられないというのか」

照「当たり前」

アーチャー「くっ」チガウハイタン

セイバー「ちっ」

菫(これはどうだ?)タン

セイバー「」フルフル

菫「仕方ない。令呪をもって命ずる。セイバー、この局をあがれ!」キュピーン

セイバー「マ、マスター!この局、必ずやあなたに勝利を!!」キラキラ

菫「いや、お前があがれっていう命なんだが」






26:2014/10/02(木) 22:42:01.18 ID:40YuBSUO0

照(ずらせないかな?)タン

アーチャー「」

セイバー「良し!このツモでいけます!エ・ク・ス」スッ

セイバー「カリバーーーーーーーーーーーー!!!ツモ!白!2000!!」ドヤァ

菫「」

照「技名叫んでた割には小さい手だね」

セイバー「負け惜しみですか?上がりは上がりです。あなたの風王結界も
     私の約束された勝利の剣の前ではそよ風と同義です」フフン

アチャー「恥を上塗りするな、セイバー」


27:2014/10/02(木) 22:54:46.42 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

南二局(照:48400、菫:27700、アーチャー18000、セイバー:5900)

菫(ここで親。こうなるとアーチャーを飛ばさないと勝ち目はほぼない。しかしセイバーの点数も…)

セイバー(くっ!私が照と組めていれば)

アーチャー(見せ場がまったくないな。せめて一度でもあがって貢献しないとな)

照「プールプリンはもう目の前」ポワポワ


28:2014/10/02(木) 23:12:20.40 ID:40YuBSUO0

菫「さて…」

菫(配牌は悪くない。うまく伸びれば親ッパネをアーチャーに当てられるが…あと100点が遠いな)

―――――――――タン
―――――タン
――タン

照(む。菫が聴牌気配。シラガがダメそうならまた令呪使うか)

セイバー「むー、手がすすみません〜、お腹が空きましたぁ〜、マスタぁ〜」バタバタ

菫「おとなしくしてろ。というか、元の世界に帰るのではないのか?」

セイバー「!そうでした。プールプリンのことをすっかり忘れていました。がんばらねば」ムムム

アーチャー「そちらが優先か…」ハァ

アーチャー(ふむ、まだ場も進んでいないし、勝負をかけるか。良し!)スッ

照「令呪をもっt「待て待て待て待て」

照「何?アーチャー」

アーチャー「照、ここは私を信じてくれ」

セイバー「まさか心眼(真)を!?」

照「心眼?プールプリンが食べられるなら」

アーチャー「感謝する。マスター」


29:2014/10/02(木) 23:20:56.22 ID:40YuBSUO0

アーチャー「いくぞセイバー、点棒の貯蔵は十分か?

I am the bone of my sword

Steel is my body,and fire is my blo...「長い」

菫「さっさと切れ」

照「アーチャー?」

アーチャー「くっ…///」

セイバー「この切られ方は実に恥ずかしい」ププ

菫「お前のエクスなんちゃらのときも大概だが」

セイバー「なっ!!!」

照「プリン作る時間がなくなる。早くきって」

アーチャー「」タン

菫「お前達は見得切りすると失敗するクセでもあるのか?ロンだ、18000」

アーチャー「」ズーン



30:2014/10/02(木) 23:32:33.67 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

南二局2本場

アーチャー(オレがゼロだと!?しかもこんな時に限ってテンパイの形は作れるが役がなくドラ3つの
      二向聴…いや、オレは諦めない!絶対に負けん!!)

菫「セイバー、わかっているな」

セイバー「当然です。詰めに至るところまで警戒を怠らない。さすがマスターです」

照「さっきセイバーさん菫を力不足と嘆いてたよ」

菫「何?」ギロッ

セイバー「うううううう嘘ですよ、マスター!敵の言をまともに取り合ってはいけません!」アセアセ

照「嘘をついてるのはセイバーさんのほうだけど」

セイバー「黙れ貴様ぁ!騎士を侮辱するな!!」バン

菫「」ギロッ

セイバー「ヒッ」ビク


31:2014/10/02(木) 23:43:23.38 ID:40YuBSUO0

―――――――――タン
―――――タン
――タン

アーチャー(くっ!聴牌はしたが、役がない。せっかくのドラが…)プルプル

セイバー「アーチャー。どうやら聴牌のようですね」

アーチャー「だったらどうだというんだ?」

照・菫(コイツら学ばないなぁ)

セイバー「本来なら切って捨てるまでですが、あなたは【ゼロ】ですププから、アドバイスを送りましょう」

アーチャー「腹が減りすぎてどうにかなってしまったのか?まぁ聞こうか」

セイバー「アーチャーあなたはまだ2回リーチできる」

菫「それは直感からくる予知のようなものなのか?」

照「どういうこと?」

セイバー「ア(ー)チャ(ー)。ほら!2回リーチできます」フンゾリ

照菫ア「」

セイバー「どうですか?この素晴らしいアイディアは!!」


32:2014/10/02(木) 23:49:07.55 ID:40YuBSUO0

菫「かわいそうなヤツなんだというこを再確認したよ」

照「この子にならプールプリンを一口ならわけてあげてもいい」

アーチャー「///」

セイバー「さぁアーチャーリーチを!」

アーチャー「かけるか!普通にきるにきまっているだろう」タン

セイバー「な!人の厚意を無碍にするとは」

菫「これ何のために麻雀を?」

照「プールプリン」

菫「お前はお前でブレないな」ハァ

セイバー「あ、ツモった」


33:2014/10/02(木) 23:56:07.03 ID:40YuBSUO0

――――――――――――
――――――――
―――――

最後はセイバーのツモによりアーチャーがハコ。
菫・セイバー組が勝利したのだった。


優勝杯「お願い聞くけど?」

セイバー「万難を排してついにこの時が来ました!」

セイバー「プールぷr菫「元の世界に帰してやってくれ」

セイバー「はあああああああああああああああああああ????」

セイバー「菫!あんまりです!!」

優勝杯「おk」


パアアアア


セイバー「ちょ、まっ、ゴラアアアアアアアアア・・・・・・ シュン


菫「相変わらずまぶしいなこれ」

アーチャー「え?」

菫・照「え?」


34:2014/10/03(金) 00:04:10.24 ID:ox1O+Lb90

――――――――――――
――――――――
―――――

その後、アーチャーは雑務を終え、接待麻雀によって無事帰還。

優勝杯は菫がシュープシュートでしっかり破壊。

代行はいつのまにか姿を消していた。

そして照は、アーチャーが作ったプールプリンを25Mプール1コース分を食べたところで守衛に捕まり停学処分。

――――――――――――

セイバー「しろー、プールプリン作ってくださいぃ」グスグス

士郎「なんでさ」


カン!


35:2014/10/03(金) 00:33:09.37 ID:ujTUR711O


弓使いは苦労人ということか


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412243365/