1:2014/11/12(水) 19:08:03.47 ID:zSKdgBj10

八幡「お、おぅ?(どうした戸塚よ、唐突に当たり前のことを言いだして)」

戸塚「なんか八幡、最近他の人との交流が多くなってきたから・・・その、寂しいかなって」シュン

八幡「俺は至ってボッチだ(戸塚可愛いとつかわいい)」

戸塚「本当?」ウワメ

八幡「戸塚可愛い(あぁ、そこは安心しろ)」

戸塚「え!?///」

八幡「おっと、間違えなかった」キリ

戸塚「あ、あんまり可愛いなんて言わないでほしいかな?///」

八幡「そうか?(しかし、事実だ)」

戸塚「あんまり可愛いだなんて言われると・・・どうして良いかわからなくなっちゃうよ///」テレ

八幡「(本当にシャレにならん・・・)」ムクムク



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415786873



2:2014/11/12(水) 19:08:42.68 ID:zSKdgBj10

由比ヶ浜「彩ちゃんと何を話していたの?」

八幡「愛の告白だ(戸塚戸塚戸塚戸塚戸塚・・・)」

由比ヶ浜「え!? そ、それはダメだし!」

八幡「何故だ? <●> <●>」

由比ヶ浜「うぇ・・・」ビク

由比ヶ浜「え、えーと、同性同士って色々と弊害が多いよ? ヒッキーはまだ若いんだから、よく考えよう?」

八幡「ボッチに怖いものなんてない、俺はもう1人じゃないんだ・・・」

由比ヶ浜「言っていることが矛盾しているし、それ死亡フラグだからね?」

八幡「・・・由比ヶ浜のくせに生意気だ」ムス

由比ヶ浜「ちょっとそれどういう意味だし!」




3:2014/11/12(水) 19:09:22.90 ID:zSKdgBj10

雪ノ下「比企谷君、貴方戸塚君に変なことをしていないでしょうね?」

八幡「大丈夫だ、問題ない」

雪ノ下「全く信憑性が薄いのだけれど・・・お願いだから犯罪だけは侵さないでちょうだい?」


雪ノ下「私達のためにも・・・」ボソ


八幡「あ? 何か言ったか?」

雪ノ下「いえ・・・いずれ知ることよ、気にしないでちょうだい」フフ

八幡「・・・?」

由比ヶ浜「なんかこうして見ると、ヒッキーも変わったよね・・・私も少し寂しいよ」

八幡「デレたのか? 何も出ないぞ?」

由比ヶ浜「デレてないし、何の期待もしていないよ」

八幡「・・・雪ノ下、由比ヶ浜が俺をいじめる」

雪ノ下「あら、じゃあ私がトドメを刺してあげましょうかしら?」ニコ

八幡「神は我を見放した・・・」

雪ノ下「冗談よ。本気でそんなことするわけないじゃない・・・」ボソ

八幡「・・・?」

由比ヶ浜「・・・?(最近ゆきのん独り言多いなぁ・・・疲れているのかな?)」




6:2014/11/12(水) 19:22:39.17 ID:zSKdgBj10

戸塚「そういえば八幡、タバコのニオイがしなくなったね」

八幡「ああ、いつの間にかな」

戸塚「もしかして香水つけてる? なんか良い匂いがするんだけど」

八幡「ああ、たまたま家にあったからな」

戸塚「そうなんだ・・・普段の八幡のニオイの方が落ち着くんだけどな・・・」ボソ

八幡「ん? (クソッ! 大事な部分が聞こえなかったぞ!)」

戸塚「ううん、何でもないよ!」ニコ

八幡「オゥフ(戸塚可愛い)」

八幡「だが、俺はお前のニオイの方が好きだけどな」クンクン

戸塚「え!? 八幡!?///」

海老名「トツ×ハチキタアァァァーーーッッ!!!」ブシャー




10:2014/11/12(水) 19:34:01.91 ID:zSKdgBj10

三浦「姫奈落ち着くし・・・つーかヒキオ、マジでキモいから止めてくんない?」

八幡「俺は事実を言ったまでだ、お前に文句を言われる必要はない」キリ

三浦「ヒキオがゲイだと、あーしが困るんだけど・・・」ボソ

八幡「あ?」

三浦「何でもないし。大体なんでこんな男女を好きになんの・・・?」イライラ

戸塚「お、男女・・・」シュン

三浦「優柔不断でオドオドしているし、なんか見ててムカつくんだよn」




八幡「もう1度言ってみろよ、三浦? <●> <●>」




三浦「ひっ!?」ビク

戸塚「は、八幡・・・?」




12:2014/11/12(水) 19:34:55.82 ID:zSKdgBj10

八幡「誰が男女だって? あ? 誰が優柔不断だって? <●> <●>」

八幡「テニス部の件で騒ぎを起こしたのはどこのどいつだ? 自分のことを棚に上げるとんでもない奴だったよな? <●> <●>」

八幡「誰のせいで戸塚が怯えていると思っているんだ? 真っ直ぐ俺の目を見て言ってみろよ、三浦? <●> <●>」




三浦「あ、あーし、そんなつもりは・・・!」グス

戸塚「は、八幡、もう良いよ」アセ




八幡「三浦、俺のことはボロクソに言っても良い、だが・・・」

八幡「今度戸塚の悪口を言ったら、タダじゃすまさんぞ・・・? <●> <●>」




三浦「・・・・・・あーしは悪くないし」グス

戸塚「八幡! 言い過ぎだよ!」

八幡「・・・すまん、ちょっと頭冷やしてくる」スッ




三浦「・・・・・・」ニヤ






13:2014/11/12(水) 19:42:34.20 ID:zSKdgBj10

八幡「(俺は本当に戸塚のことが好きなのだろうか?)」

八幡「(三浦が戸塚の悪口を言った時、非常に頭に血が昇った)」

八幡「(俺はおかしいのだろうか・・・?)」

いろは「先輩、そんな暗い顔してどうしたんですか?」

八幡「一色・・・」

いろは「うわ、いつもの倍以上は目が腐っているじゃないですか・・・」

八幡「今なら余裕で腐り落ちそうだ」

いろは「・・・誰かと揉め事でもあったんですか?」

八幡「まぁ、そんなとこだ・・・」

いろは「先輩は優しすぎて、いつも自己犠牲の選択肢を取ります・・・もう少し自分を大切にして下さい」

八幡「今回はそんなんじゃねぇよ・・・」

八幡「(そうだ、今回は俺の一方的な感情で三浦を傷つけちまった・・・)」

いろは「そうですか・・・早めに解決してくださいね?」

八幡「ああ・・・その、なんかすまん」

いろは「良いんですよ、先輩」ニコ

八幡「(こいつ、本当は天使じゃないのか?)」

いろは「先輩からはお土産を貰っちゃいましたから・・・」ボソ

八幡「・・・?」




いろは「ふふ・・・えへへ・・・///」サスサス







18:2014/11/12(水) 19:54:06.16 ID:zSKdgBj10

八幡「三浦、さっきはその・・・言い過ぎた、すまん」

三浦「・・・・・・」

八幡「俺も頭に血が昇ってしまってな・・・どうかしてた」

三浦「・・・もう気にすんなし。あーしも悪かったんだから」

八幡「・・・・・・」

三浦「ほら、もうこの話は終わり、授業始まるよ?」

八幡「あ、あぁ・・・」クル

三浦「・・・」スッ   コロ




三浦「<●> <●>」







20:2014/11/12(水) 19:54:44.09 ID:zSKdgBj10

戸塚「八幡、あまりああいうことはしないでね?」

八幡「悪かった、軽率だった」

戸塚「あれでみんなからの印象が下がっていじめられることだってあるんだよ?」

八幡「ボッチはいつだって異端者扱いだよ」

戸塚「八幡にもしものことがあったら・・・僕・・・」ウル

八幡「(あったら? あったらなんだい、戸塚?)」ハアハア




戸塚「八幡をいじめた奴ら、みんな殺しちゃうかも <●> <●>」




八幡「と、戸塚・・・?(え・・・?)」

戸塚「・・・なんて、冗談だよ!」

八幡「お。おぅ・・・?」




23:2014/11/12(水) 20:03:01.97 ID:zSKdgBj10


― 自室 ―

八幡「あ〜、今日も疲れた・・・」カチャカチャ

八幡「ん?(なんだこれ?)」ヒョイ

八幡「(また香水か・・・? 誰かいらなくなって、俺のポケットに入れたのか?)」

八幡「(その割には良い値段がしそうな物だが・・・)」ジー

八幡「(なんだ、良い匂いじゃないか)」シュッシュッ

八幡「(わけのわからんことをする奴もいたもんだ)」

小町「お兄ちゃん、ご飯だよ?」コンコン

八幡「おぅ」




26:2014/11/12(水) 20:16:46.59 ID:zSKdgBj10


― 就寝前 ―

八幡「さて、そろそろ寝るか・・・」ゴソゴソ

八幡「(そういえば戸塚は今何をしているんだろうか・・・?)」

八幡「(ん? 何故俺は今戸塚のことを考えたんだ? まぁ、戸塚が可愛いのがイケナイ)」

八幡「(ん・・・)」ウトウト




ギシ・・・   ギシ・・・   ガチャ   バタン   トス・・・   トス・・・   トス・・・   トス




八幡「(ん・・・? 誰か入ってきたのか?)」ウトウト




スッ      スサー      ゴソゴソ




八幡「(誰か布団に入ってきたぁぁーーっ!? 小町か? 小町なのか? お兄ちゃん嬉しいよ!)」ムフー




27:2014/11/12(水) 20:17:54.07 ID:zSKdgBj10





モゾモゾ      ギュッ




八幡「(おぅふっ! 小町、今日はいつにもなく積極的だな・・・!)」ムクムク

八幡「(小町は今、どんな顔をしているのだろうか・・・?)」ハアハア   チラ














戸塚「<⦿> <⦿>」













八幡「」

八幡「」カクン

八幡「」

八幡「」








戸塚「八幡・・・僕と1つになろう・・・?」スルスル










28:2014/11/12(水) 20:26:16.61 ID:zSKdgBj10

八幡「(今日の帰りはオロナインを買ってこよう、尻が痛い・・・)」ヒリヒリ

八幡「(昨日はただでさえ疲れたのに、今朝は尻が痛いとは災難だ・・・)」

戸塚「は、八幡!///」

八幡「戸塚、おはよう」

戸塚「う、うん、おはよう!///」ニコ

戸塚「ねぇ八幡、そ、その・・・昨日の夜はぐっすり眠れたかな?///」

八幡「どうしてそんなことを聞くんだ?(・・・・・・)」

戸塚「い、いや、最近八幡寝不足気味みたいだから、僕心配で・・・」

八幡「大丈夫だ、ぐっすり眠れた(・・・戸塚)」

戸塚「良かった! 昨日は激しかったもんね・・・///」ボソ

八幡「・・・・・・(戸塚・・・)」

戸塚「じゃあ八幡、また昼ね!///」












八幡「(戸塚よ・・・・・・どうやって俺の部屋に侵入したのかは存じかねるが)」


八幡「(責任は必ず取ってやるからな・・・。あと最高の思い出になったぞ・・・)」




――― 終 ―――






30:2014/11/12(水) 20:30:19.52 ID:76C+7AEbo

ハッピーエンドじゃん(白眼)


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415786873/

→→もっとやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読む←←