1:2015/02/22(日) 23:24:21.11 ID:pxUGQjXZ0


〜帰り道〜

櫻子「あ〜 今日も疲れた疲れた」

向日葵「あなた今日も寝てただけじゃありませんの」 ハァ

櫻子「なにをー! 生徒会の仕事は頑張ったもんね」

向日葵「プリントの順番間違えて綴じたおバカさんは誰だったかしら?」

櫻子「ぐぬぬ… 細かいこと突っつきやがって…姑っぱい…」

向日葵「今日も宿題あるんですから、しっかりなさい」

櫻子「えー 今日はもうテレビ見てお菓子食べて寝たい!」

向日葵「はぁまったく、そんなことではダメですわよ」

向日葵「いいですこと?」



向日葵「わたくしの眼の黒いうちは、櫻子に怠けさせたりしませんわ!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424615060



2:2015/02/22(日) 23:26:35.11 ID:pxUGQjXZ0


櫻子「……」

櫻子「はぁ!?///」

向日葵「?どうしたんですの? いきなり顔を赤くして」

櫻子「それってつまり私が死ぬまで面倒見てくれるって意味!?」

向日葵「それがどうしたんですの?」

櫻子「そ、それって…」

櫻子「プロポーズ、なんじゃ…」



3:2015/02/22(日) 23:29:13.33 ID:pxUGQjXZ0


向日葵「……」

向日葵「はっはぁあああああ!?///」

向日葵「どこをどう解釈したらそうなりますのよ! このバカ娘!!///」

櫻子「普通そう考えるだろ! バカっぱい!!///」

  ワー ワー
       ギャー



4:2015/02/22(日) 23:31:17.47 ID:pxUGQjXZ0


ひまさく「はぁ… はぁ…」

櫻子「もう向日葵なんて知らないんだからっ///」

タッタッタッタッ…

向日葵「あっ もう、まったくあの娘は…」

向日葵「帰る方向と逆に逃げて… どうするつもりかしら」

向日葵「ちょっと探しましょうか…」



5:2015/02/22(日) 23:34:51.83 ID:pxUGQjXZ0


「あーー ダリィ 10万スったわ」

「いくら出ないからって台ガンガン叩くなよwwwwww」

「あの金ありゃあ、余裕で巨乳ソープ嬢抱けたのにな… クソッ」

タッタッタッタ…

向日葵「さくらこー どこですのー?」タユンタユン

タッタッタッタッ…

「……」

「俺、いいこと思いついたかも」

「絶対ワリィこと考えてるだろwwwwwwww」



「ちょっと、引き返そうぜ」





6:2015/02/22(日) 23:39:03.35 ID:pxUGQjXZ0


「あー、そこのお嬢さん」

向日葵「はい?」

「君の探してるサクラコ?って女の子知ってるよ」

向日葵「ほ、本当ですの?」

「あぁ、確かあの廃墟に入っていったよ」

向日葵(まったく… あのコったら、自由気ままなんだから)

向日葵「ありがとうございます、ちょっと探してみますわ」


「あそこは女の子一人じゃ危ないから、俺らも手伝ってあげるよ・・・」





7:2015/02/22(日) 23:41:23.67 ID:pxUGQjXZ0


櫻子「あー なんで家と逆方向に逃げちゃったんだろ」

櫻子「もう向日葵帰っちゃったかな…」

櫻子(ん、あれは、向日葵?)

櫻子(あの人たちは誰だろ? 親戚の人かな)

櫻子(って、あんな人たち親戚にはいなかったような…)ハテ

櫻子(後を追ってみよう)




8:2015/02/22(日) 23:46:56.09 ID:pxUGQjXZ0


〜廃墟〜

「お〜 いいおっぱいだねぇ」

向日葵「いやっ!や、やめて!」

「うぉっと案外、力あるなwwwwww」

「あとで交代してやっから、しっかり押さえとけよ」

向日葵「いやっ! もう、触らないで!」ポロポロ

「いい揉み応えだ。若いっていいわ」モミモミ

「そろそろ全部脱がすか」

向日葵「くっ このっ…!」

向日葵「変態っ!!」ビシッ

「いってぇ! このアマ…」

「あーあ こりゃやべぇぞwwwwww」




9:2015/02/22(日) 23:55:02.47 ID:pxUGQjXZ0


「このクソガキが! おとなしくヤられりゃいいんだよ!」ガッ バキッ

向日葵「う… あ…」

「おいおい 何発殴るんだよwwww もう抵抗して無いじゃんwwww」

「ハァ、ハッ、俺に歯向かうやつはこうなるんだよ」

向日葵(……)

「さぁ これに懲りたら自分から脱ぎ…」

パンッ



10:2015/02/22(日) 23:59:58.04 ID:pxUGQjXZ0


向日葵「あなた…なんかに…屈したりしません・・・わ」キッ

「ナイスビンタwwwwww」

「いてぇな……!」

向日葵「……」

「なんだその目は…」

「このっ! クソガキガアァアアアア!!!」

ガッ!!

向日葵「━━━っ!!」

「あっ…」

「あっ…」

向日葵「アアアアアアアアアア!!」

(思いっきり眼を殴りやがったwwwwww しーらねwwww)

「ふ、ふん 素直にならねぇからだ…」




11:2015/02/23(月) 00:07:12.00 ID:qlnodwjN0


櫻子「向日葵どこいったんだ 見失っちゃったよー」

アアアアアアアアアア!!

櫻子「!? 今の声は…!」ダッ


< ヒマワリー ドコダー?!

「やべぇ 誰か来たwwwwww」

「逃げるぞ 急げ!」ダッ




12:2015/02/23(月) 00:13:09.11 ID:qlnodwjN0


櫻子「向日葵っ ここか!?」

櫻子「 向日葵 !! どうしたの、ボロボロじゃん!?」

向日葵「さくらこ…ですの?」

櫻子「そうだよ! だから安心しろ!」

櫻子「なんか知らないけど、早くここ出るよ!」

櫻子「さぁ、私の手に捕まって」

向日葵「………」

櫻子「……向日葵、どうしたの?」

向日葵「なにも、なにも見えませんわ━━━」




13:2015/02/23(月) 00:18:14.57 ID:qlnodwjN0


櫻子(それから大騒ぎだった)

櫻子(ニュースでも報道されたくらい)

櫻子(犯人は…警察が捜してるけど、まだ見つかっていない)

櫻子(向日葵はすぐに救急車で連れて行かれた)

櫻子(……)

櫻子(身体の怪我は治るけれど…)



櫻子(向日葵の眼は、一生、光を見ることはなくなった)




14:2015/02/23(月) 00:22:53.39 ID:qlnodwjN0


キーン      カーン
   コーン      コーン

「古谷さん、学校来なくなって2ヶ月だね…」

「櫻子ちゃん、毎日古谷さんの所に行ってるんだって」

「櫻子ちゃんも、悲しいよねぇ…」

櫻子(……)

〜向日葵の部屋〜

櫻子「向日葵ー 入るぞー」カチャ

向日葵「櫻子? いらっしゃい」

櫻子「これ、駅前で買ったクッキー、良かったら食べて」

向日葵「ふふっ珍しいですわね 櫻子が手をつけてないなんて」

櫻子「なんだとー!? いらないなら私が食べるぞ!」

向日葵「いただきますわ ありがとう櫻子」

櫻子「うん」



15:2015/02/23(月) 00:28:42.05 ID:qlnodwjN0


向日葵「ねぇ櫻子、今日は大事なお話があるんですの」

櫻子「……なに?」

向日葵「実はわたくし、来月から特別支援学校に行くことになりましたの」

櫻子「え…」

向日葵「眼が見えなくても、しっかり勉強できる所なんですのよ」

櫻子「向日葵、遠くに行っちゃうの!?」

向日葵「それが、ひと駅離れたところなんですの」

櫻子「なぁ〜んだ、そっかー…」ホッ

向日葵「でも、学校は離れ離れですわね…」

櫻子「毎日会いに行くし、気にならないよ」

向日葵「もうっ」 クス



16:2015/02/23(月) 00:35:19.98 ID:qlnodwjN0


向日葵「それでね、わたくし、生徒会の先輩方や娯楽部のみなさん」

向日葵「先生や、クラスのみなさんにお別れできないのが気がかりなの」

向日葵「ですから、転校するまでの期間… 学校に通いたいんですの」

櫻子「!」

向日葵「やっぱり、迷惑かしら…」

櫻子「そんなことない! みんなも喜ぶよ!」




17:2015/02/23(月) 00:38:15.99 ID:qlnodwjN0


向日葵(その次の週から、わたくしは学校に復帰しました)

向日葵(復帰日の朝、生徒会や娯楽部のみなさんがサプライズでいらっしゃって)

向日葵(感激して、思わず泣いてしまいましたわ)

向日葵(赤座さんと吉川さんは優しく、暖かい言葉をくれて)

向日葵(歳納先輩は明るく、賑やかに冗談を言ってくれて)

向日葵(杉浦先輩、船見先輩がそれをたしなめて)

向日葵(池田先輩がふんわり優しい笑顔で見守って)

向日葵(櫻子は━━━ 見えなくても、わかる)


向日葵(きっと、太陽のような笑顔、ですわ)





18:2015/02/23(月) 00:41:06.85 ID:qlnodwjN0


キーン      カーン
   コーン      コーン

向日葵(あともう少しだと思うと、名残惜しいですわ)

向日葵(みなさん、本当によくしてくれて…)

向日葵(転校の決心が、にぶってしまいそう)

向日葵(ハッ いけませんわ、こんなことでは!) ブンブン

向日葵(気をしっかり持って、何でも一人でできるようにならないと!)

向日葵(今はまだ、櫻子にお世話してもらってばかりですからね…)

「あっ 古谷さんだ」

「学校来てるんだねー」

「櫻子ちゃんが毎日お世話してるんだって!」

  「「へ〜 アツーい!!」」

向日葵(もう///  聞こえてますわよ///)

向日葵(眼が見えなくなってから、耳が良くなった気がしますわ)



19:2015/02/23(月) 00:42:00.95 ID:qlnodwjN0



「あー… だから櫻子ちゃん、成績ガタ落ちしたんだ」

向日葵(え…)




20:2015/02/23(月) 00:45:00.38 ID:qlnodwjN0


「あー、しかも生徒会でのミス増えたって!」

「あんだけ世話焼いてたんじゃ、そうなるわなー」

「だよねー… 世話っていうか、

    介護だもんね」

ガラガラ パタン

向日葵(………)




21:2015/02/23(月) 00:46:14.73 ID:qlnodwjN0


櫻子「うー この前のテストは散々だったわ…」

櫻子「いつも向日葵が教えてくれてたからなぁ」

櫻子「生徒会でも、向日葵のフォローがなくなってミス増えちゃってるし…」

櫻子「まぁ櫻子様ならすぐ、一人で何でもこなせるようになるのさ!」ムフー

向日葵「………」

櫻子「おっ いたいた向日葵! 帰るぞー!」

向日葵「………」

櫻子「…? 向日葵?」

向日葵「……ありがとう、櫻子 でも、今日はお母さんがお迎えに来るから」

櫻子「あれ? そうだったっけ?」ハテ

向日葵「あと、これからは、なるべく一人でこなしますわ」

向日葵「おトイレも、階段も、登下校も、付き添わなくて結構ですわ」

櫻子「え、何言ってんの、まだ危ないって!」

向日葵「いいんですのよ、ありがとう、櫻子」

櫻子「向日葵……」



22:2015/02/23(月) 00:48:57.17 ID:qlnodwjN0


櫻子(その後、どう説得してもダメだった)

櫻子(向日葵はお母さんに電話して迎えに来てもらった)

櫻子(一緒に乗せてくれるって言ってたけど、なんとなく、断っちゃった)

櫻子(向日葵が一人になりたいように見えたから、かな)

櫻子(あーもう、どうしちゃったんだよ、向日葵!)



24:2015/02/23(月) 00:53:51.70 ID:qlnodwjN0


〜休日 向日葵の部屋〜
 
   チュン
         チュン

櫻子「向日葵ー、きたぞー」ガチャ

向日葵「あらおはよう、櫻子 どうしたんですの」

櫻子「どうしたのって… 今日は向日葵んち、両親いないじゃんか」

向日葵「そうですけれど… 楓もいますし、櫻子に手は焼かせませんわ」

櫻子「! ・・・またそれっ」

櫻子「もう、どうしちゃったんだよ 向日葵!!」

向日葵「……何が、ですの?」

櫻子「ちょっと前からよそよそしくなっちゃってさ!」

櫻子「水臭いじゃんか! この櫻子様に面倒見させろっての!」

櫻子「私の眼の黒いうちは、一生面倒見てやるんだからね!」

向日葵(っ!)

向日葵(櫻子、あなたって子は…)




25:2015/02/23(月) 00:57:30.96 ID:qlnodwjN0


向日葵(どこまでもまっすぐで、まぶしくて)

向日葵(わたくしにとって、太陽のような子)

向日葵(わたしくだって、ずっと、あなたを見上げていたい…)

向日葵(そばにいたい…)

向日葵(……けれど)

向日葵(あなたの人生を喰いつぶすことだけは、したくありませんわ)



26:2015/02/23(月) 01:00:17.46 ID:qlnodwjN0


向日葵「━━ふん、ずいぶん偉そうなんですのね」

向日葵「どうせわたくしの面倒を見て、優越感を得ているだけでしょうに」

櫻子「!?」

向日葵「周りから褒められて、いい気になっているんでしょう?」

櫻子「っ! そんなことない!」

向日葵「あのね、櫻子」

向日葵「眼の見えるあなたと、眼の見えないわたくしでは」

向日葵「もう住む世界が違うんですの」

櫻子「住む世界が━━━違う?」

向日葵「ええ、ですから」



向日葵「もう、つきまとわないで欲しいですわ」




27:2015/02/23(月) 01:03:28.53 ID:qlnodwjN0


櫻子「━━━━っ!」

  ガチャッ タッタッタッタ…

向日葵「嫌われ、ましたわね」ポロッ

向日葵「これで… これで、よかったんですわ」ポロポロポロポロ

向日葵「これで、あの子は幸せな人生を」

向日葵「歩んでいけますわね…」


楓「ひまわりお姉ちゃん、それはちがうと思うの」




28:2015/02/23(月) 01:07:34.46 ID:qlnodwjN0


向日葵「!? 楓、聞いてたの?」

楓「さくらこお姉ちゃん、泣いてかえったの」

向日葵「……」

楓「きっと、さくらこお姉ちゃんも、今のひまわりお姉ちゃんと同じきもちなの」

楓「ずっといっしょにいたいって、思ってるの」

向日葵「……!」

向日葵「でも、でも、わたくしがあの子の邪魔になるわけにはっ!」

楓「さくらこお姉ちゃんがいえにきてたとき、ずっとうれしそうだったの」

楓「でもさいきん会えなくてずっとさびしそうだったの…」

楓「ひまわりお姉ちゃんもさいきん元気なかったの…」

楓「きっと、ふたりともぱわーを与えあってたの!」

楓「だから、はなればなれになったら幸せじゃないの…」

向日葵「……」




29:2015/02/23(月) 01:09:48.22 ID:qlnodwjN0


『ひまちゃんっていうんだ! よろしく!』

『ひまちゃん、あそぼーよ!』

『ひまちゃん、いっしょにかえろ!』

『ライバルだから、今日から向日葵って呼ぶ!』

『向日葵が入るんなら、私も生徒会に入る!』

『はぁ!?/// なに言ってんだよ バカッぱい!』

    
    『私の眼の黒いうちは、一生面倒見てやるんだからね!』




30:2015/02/23(月) 01:12:00.92 ID:qlnodwjN0


向日葵「さく…らこ… さくらこぉ……!」 ボロボロ

楓「さくらこお姉ちゃんも、きっといまごろ、おへやで泣いてるの」

向日葵「……!」

楓「行ってあげてほしいの!」

向日葵「楓、ありがとうございますわ!」ゴシゴシ

 ガチャッ ドタドタドタ…

楓「ぐっどらっくなの、ひまわりお姉ちゃん!」



31:2015/02/23(月) 01:15:47.18 ID:qlnodwjN0


〜櫻子の家〜
向日葵(眼が見えなくても、勝手知ったる櫻子の家)

向日葵(一人でも部屋までたどり着けますわ!)ドタドタ…


ガチャッ!

向日葵「さくらこっ!」

櫻子「……向日葵?」

向日葵「聞いてほしいんことがあるんですの、櫻子っ!」ドタドタ

向日葵「わたくしが間違ってましたわ!!」ダキッ

向日葵「やっぱり、どんな境遇だったとしても、あなたといたいですわ!」

櫻子「私も… 私も、そう思ってるよ」

向日葵「ああ、よかった、本当に良かった…!」

向日葵「もう一生、放しませんわっ」 ピチャピチャッ




32:2015/02/23(月) 01:18:14.99 ID:qlnodwjN0


向日葵「あら、ごめんなさい、こんなに泣かせてしまいましたわね」 フキフキ

櫻子「あはは… 向日葵、これ、涙じゃなくって」


櫻子「 血だよ 」

向日葵「え………?」



33:2015/02/23(月) 01:19:03.01 ID:qlnodwjN0




        櫻子「眼、つぶしちゃった」
        



34:2015/02/23(月) 01:20:16.58 ID:qlnodwjN0


向日葵「あっ あああ」

櫻子「いやー ホント何も見えないねこれ」

向日葵「あああああああ」

櫻子「でもこれで、向日葵と私、住む世界一緒だよね?」



向日葵「イヤァアアあ”アアア”アあアアああ!!!!!!!!」

櫻子「ふふっ 向日葵っ」


            櫻子「ずっと、いっしょだよ!」



おわり



35:2015/02/23(月) 01:21:13.01 ID:qlnodwjN0

最後まで読んでいただきありがとうございました。
感想/意見等あれば幸いです。

前作: 京子「ちなつちゃん!今なんて?」

もよろしければご覧ください。それでは。


37:2015/02/23(月) 07:18:26.07 ID:rP4Au6T6o

面白かった
短くて読みやすかったけど、もう少しじっくり書いてもよかったかも
失明ネタは定番だけど、扱い方がいくらなんでも差別的と感じた
オチはぞくっとしたし、お前のSSがこれを狙っていたのなら予想以上の効果を上げたぞ

ていうかあの京ちなSSからどうしてこれを書くようになるんだテメー


38:2015/02/23(月) 15:12:46.99 ID:57NklI3/O

いや、怖えよ
良短編ホラーだと思った


39:2015/03/08(日) 01:08:28.90 ID:0lYN6tZB0

乙乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424615060/

→→もっとゆるゆりを読む←←