1:2016/02/05(金) 22:11:18.43 ID:y1KxbNin0

雪ノ下「下手こいたぁ〜〜」

雪ノ下「デンデンデンデンwwwwwwwwデンデンデンデンwwwwwwww」ピョンッ

雪ノ下「ウェーーーwwwwwwwwウェーーーwwwwwwww」

雪ノ下「ほらwほらwほらほらほらほらぁwwwwwwww誘惑してるよ〜wwwwwwww」

八幡「」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454677878



2:2016/02/05(金) 22:12:15.32 ID:y1KxbNin0

雪ノ下「あそれ!あそれ!あそれそれそれそれ!」

雪ノ下「私の出身はwwwwちばちば千葉県wwwwwwww」

雪ノ下「でもそんなの関係ねぇ!でもそんなの関係ねぇ!でもそんなの関係ねぇ!」

雪ノ下「はい、オッパッピー(白目)」

雪ノ下「ふぅ…」チャクセキー

八幡「一息ついてんじゃじゃねぇよどうしたどこからつっこめばいい」

雪ノ下「あら、比企谷くんも座ったら?お茶入れるわね。」

八幡「えっ、あ、はい。」

雪ノ下「はいどうぞ」

八幡「どうも」

八幡「…」

雪ノ下「そんなにじろじろ見て何かしら視姦谷くん」

八幡「熱でもあるのか?」

雪ノ下「あなたみたいな人間に心配されるまでもなく至って健康よ。」

八幡「そか。あのー、さっきのは?」

雪ノ下「さっきの?」

八幡「おう」

雪ノ下「何のことかしら?」

八幡「なかったことにしてくれってスタンスか?わかった俺は何も見てないいつもどうり部室にきて座ったらお前がお茶を淹れてくれた、それだけだ。」

雪ノ下「いえ、そうではなくて本当に何のことを言ってるのか分からなくて」

八幡「本気で言ってるのか?」

雪ノ下「ええ、私はいつでも本気よ。」


3:2016/02/05(金) 22:13:09.79 ID:y1KxbNin0

八幡「その、なんだ、ほら、さっき小島よしおのネタやったろ?あれのことなんだが?」

雪ノ下「小島よしお?誰のことかしら?」

八幡「いやだからさっきの」

雪ノ下「私が何をしたかやってみてくれなきゃ分からないわ。」

八幡「え?」

雪ノ下「やってみて」

八幡「え?」

雪ノ下「…」

八幡「…」

八幡「わかったよやりゃいいんだろやれば。ただ警察呼ぶとかは辞めてくれよゆきのしぎゃっ……あっ……」

八幡「下手こいたぁ〜〜」

八幡「デンデンデンデンwwwwwwwwデンデンデンデンwwwwwwww」ピョンッ

八幡「ウェーーーwwwwwwwwウェーーーwwwwwwww」

八幡「ほらwほらwほらほらほらほらぁwwwwwwww誘惑してるよ〜wwwwwwww」

八幡「あそれ!あそれ!あそれそれそれそれ!」

八幡「私の出身はwwwwちばちば千葉県wwwwwwww」

八幡「でもそんなの関係ねぇ!でもそんなの関係ねぇ!でもそんなの関係ねぇ!」

八幡「はい、オッパッピー(白目)」

八幡「ふぅ…」チャクセキー

雪ノ下「さすがね」パチパチパチパチ

八幡「やめてくれ余計恥ずかしい」

雪ノ下「さっきのってのはそれのことを言ってたのね。初めからそうと言ってくれればいいのに。」

八幡「いや、そういったろ?」

雪ノ下「小島よしおという方の名前を知らなかったのは本当だわ。中学生がやってるのを近くのたまたま見かけたのよ。」

八幡「そうか」

雪ノ下「ええ」


4:2016/02/05(金) 22:14:37.49 ID:y1KxbNin0

八幡「で、なんでやろうと思ったんだ?」

雪ノ下「そうね、私なりに努力しているのよ。」

八幡「芸人にでもなるのか?」

雪ノ下「ふざけたこと言わないでくれるかしら。そうではなくてその…中学生が大爆笑してたから…流行ってるのかと思って。」

八幡「そうか。でもお前って大爆笑を求めるようなキャラでもないだろ?なんでまたそんなこと」

雪ノ下「さっきも言ったけど私も努力しているのよ。その…なんというかもう少しフランクになれないかって悩んでみたり…」

八幡「フランクのレベル通り越してたよあれは」

雪ノ下「ええ、私もあなたがやってるのを見て少し引いたわ」

八幡「おい」

雪ノ下「でも私なりに思い切ってみたのよ。今回は間違っていたようだけれど。」

八幡「思いっきり間違えたな。ネタも微妙だったし。」

雪ノ下「ええ。」

八幡「まぁ、なんだ、無理にフランクになろうとか考えなくてもお前はそのままでいいんじゃねぇか?」

雪ノ下「でも…」

八幡「お前は確かに高翌嶺の花っていうか話しかけにくい雰囲気あるけどそれはそれでおまえらしい魅力っつーか、いいところでもあるんじゃねぇの?」

雪ノ下「えっ」

八幡「俺はそういうのも…好きだぞ……//」

雪ノ下「比企谷くん…//」

八幡&雪ノ下「//」


5:2016/02/05(金) 22:15:34.39 ID:y1KxbNin0

由比ヶ浜「ちょっと待ったぁあああ」

由比ヶ浜「おかしいよ!絶対おかしいよ!」

由比ヶ浜「いきなりネタやりだすゆきのんもおかしいし、やってみろって言われてすぐやれるヒッキーもおかしいよ!」

雪ノ下「そうかしら?」

八幡「まぁおかしいとは思うが事情が事情だしな」

由比ヶ浜「いやおかしいよ!もっとおかしいのはその後だよ!なんでいい感じになるのさ!小島よしおやった直後だよ?はい、オッパッピー(白目)だよ?」

雪ノ下「」
八幡「」

由比ヶ浜「いや引かないでよ!ゆきのんたちが引くのはおかしいよ!1番おかしいのはさ!わたしずっといたよ?ヒッキーが来る前からいつもの場所に座ってたよ?なのにまるで私がいないかのように二人でネタやってさらにその後なんかいい感じになるって!私もいたよ?」

雪ノ下「あら、気がつかなかったわ」

八幡「あぁ俺も雪ノ下の衝撃が強すぎて気づかなかった、わりぃ」

由比ヶ浜「いやいやいやいや!百歩譲ってヒッキーはわかるよ、気づかなかったって!ゆきのんは気づくも何もないよ!私の前のお茶は誰が淹れてくれたのよ!おかしいよ!」

雪ノ下「正確に言うと、私もネタをやるってなると頭が真っ白になっててその、忘れていたわ、あなたがいたこと。ごめんなさい」

由比ヶ浜「もういいよ!今日は帰る!」

雪ノ下「あっ、待ってまだあなたの感想聞いてないわ!」

由比ヶ浜「何よ今さら感想って!いつものゆきのん知ってる身からするとめちゃくちゃ面白かったよ正直!」

由比ヶ浜「ただ小島よしおのネタは海パン一丁って見た目も含めて笑えるものだから制服だとちょっと落ちるかな!でもゆきのん女子だしそこは許すよ!」

由比ヶ浜「ほら、ほらほらほらほらほら誘惑してるよ〜の下りももっとねっとりいやらしいした感じで言った方がいいよ!」

由比ヶ浜「あとちばちば千葉県っておきおき沖縄のまねだと思うんだけど、おきおきならまだしもちばちばってもう千葉って2回も言っちゃってるからだめだよ」

由比ヶ浜「 それに全体的にまだ照れを感じたよ!やるなら恥も何もかも捨ててやらなきゃ!」

由比ヶ浜「でも何よりやっぱりその方向性は間違ってるよ!」

由比ヶ浜「それじゃ帰るねっ!」バタン

雪ノ下「想像以上にしっかりした感想だったわ。」メモメモ

八幡「あぁ、驚いた。あとメモすんな。」



6:2016/02/05(金) 22:16:20.56 ID:y1KxbNin0








ガラッ

平塚「おいどうした。ここに来る途中由比ヶ浜が笑い転げてるのを見かけたんだが何か知らないか?」

雪ノ下「えっ由比ヶ浜さんが?」

平塚「あぁ話しかけるのもためらうくらいヒーヒー笑ってたぞ」

雪ノ下「そうですか…」ガッツポ

八幡「いやぁそのいろいろありまして」

平塚「いろいろ?ぜひ聞かせてくれるか?」

八幡「はぁ。雪ノ下、いいか?話しても。」

雪ノ下「ええ、構わないわ」

八幡「かくかくしかじか」

平塚「はっはっはっ、そんなことがあったんだなぁ」

平塚「ま、私は雪ノ下は今のままでいいと思うぞ。」

雪ノ下「ええ、わたしも混乱してたみたいです。」

雪ノ下「同じことでも言われる人によってこうも違うのね。」ボソッ

平塚「何か言ったか?」

雪ノ下「いえ」

平塚「そうか。それにしても小島よしおかぁ。少し流行に乗りすぎたってのもあるんじゃないか?」

八幡「えっ」

雪ノ下「そうなんでしょうか?わたしあまり詳しくなくて」

平塚「んー流行ってるものを取り入れるのはいいが流行りすぎてるものを真似すると逆に寒いってこともあるからな。」

八幡「えっ」

雪ノ下「そういうものなんですね。少し古いものをあえてやるというのはどうなんでしょうか?」

平塚「それは確かにあるかもしれんな」

八幡「いや小島よしおって、えっ」

雪ノ下「少し古いものも調べてみる必要がありますね」

八幡「いややっぱりその方向性でいくの?てか小島よしおって少し古いに入らない?」

平塚「何を言ってるんだ比企谷。少し古いって言ったらだっちゅーのとかだろう?」

八幡「え、あ、はい、そーっすね」

平塚「なんだその何か言いたそうな目は」

八幡「いや、だっちゅーのって少しどころかかなり…その、古いんじゃないかなーなんて思ったり…」

平塚「どうやら殴られたいみたいだな」

八幡「え、いや、グハァッ


FIN


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454677878/

→→もっとやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読む←←