1:2013/06/08(土) 18:42:16.20 ID:MSPJjBMSO

また書いてみた
ちなみにインデックス少ししか読んでない
木原出ない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370684536



2:2013/06/08(土) 18:47:24.47 ID:MSPJjBMSO

一方「木原くゥぅん」

ヒロシ「あ…あのき…木原君って誰ですか?」

一方「あァん!てかお前だれだァァ!?みねェーかおだなァ」

ヒロシ「え…えっと……の…野原ヒロシです!!」

一方「野原ヒロシだァ?きいたことねェー名前だなァ




5:2013/06/08(土) 19:04:27.61 ID:MSPJjBMSO

ヒロシ(こ…この人とは……)


町を歩いとき…ヒロシ「今日も暑いなぁ〜」……独り言をいっていたらいきなり話し掛けられた
きっと俺の声が誰かに似ていて勘違いしたんだろう…


ヒロシ「さ…さぁて…か…帰ろうかなぁ…?」アセアセ

一方通行「あァん?勝手に帰るのかァ?」

ヒロシ「すいません!!」

一方通行「くらいなァ!!!
ヒロシ「う…うわぁぁぁ…くらえー」靴を脱ぐ

一方通行「ぐォわァ!?…な…なんだ……この……臭い…」ドサ

ヒロシ「あ…アハハ…さ…作戦通り」偶然


6:2013/06/08(土) 19:36:05.32 ID:MSPJjBMSO

ヒロシ「…これ以上この人と関わるのやめておくとするか…来たら全力で逃げるかまた靴の臭いを嗅がせよう」

しばらく歩いていると……ステイルに出会う

ステイル「まったく君がアクセラレータを倒すとは驚いたよ」

ヒロシ「!?」(また変なのに出会った…よし逃げよう……)タッタッタッタ

ステイル「この僕から逃げられると思うのか?」

ステイル「いけイノケンティウス」

ヒロシ「うわぁぁちょっ!?」タッタッタッタッ

ステイル「やれやれルーンを貼るのが大変だねぇ」

ヒロシ「ん?ルーンってあの紙の事か?」

ステイル「吸血殺しの紅十字」

ヒロシ「う…うわぁぁぁ」

上条「間に合った」ピュウン




7:2013/06/08(土) 19:46:49.16 ID:MSPJjBMSO

上条「無能能力者に何やってるんだよ!!」

ステイル「ん?君も無能能力者ではないのか?まぁ何故かその右手に触ったものは全部消えるのが謎だ」

ステイル「いやその前にこの無能力者があの一方通行を倒したのだよ?」

上條「はぁー?そんな話誰が信じる?何いってやがんだ?」

ステイル「いや残念だけど本当の事だ」

ヒロシ「あぁ…この靴の臭いを嗅がせたら気絶した」

上条「まじかよ!!」

ステイル「どうだ…ここは折角だからやらないか?前は負けたけど次はまけない!!前みたいな奇跡はないからな!!」

上条「あんなの無くても俺はやる」



8:2013/06/08(土) 19:52:46.84 ID:MSPJjBMSO

上条「いくぞ?」タッタッタッタ

ステイル「イノケンティウスいけぇぇ!!」

上条「無駄だ!!」ピュウン

ステイル「それはこっちのせり……!?」

上条「もう一度殴らせてもらうぜ?」ドガァァ

ステイル「ぐわぁぁぁ」バタン

ステイル「く…またこの僕が…負けるなんて…まだだ…」立ち

ステイル「イノケンティウスがいる限りこの僕は負けない!!」
上条「じゃあまた殴ってもいいんだな?」

ステイル「なにっ!?」ドガトガトガドガドガドガドガ

ステイル「い…いつ……のま……に……?」ドガ


9:2013/06/08(土) 20:01:26.14 ID:MSPJjBMSO

上条「俺の勝ちだ」

ルーンは消えイノケンティウスも消えた

上条「で…君は誰?」

ヒロシ「え…?俺か……?俺は野原ヒロシだ…帰る途中に…一方通行?に襲われて…靴の臭いを嗅がせたら倒れたんだ」

上条「一方通行の事は聞いてないんだけど…聞きたかったらありがとう…でなんだ…?その靴の臭いはヤバイのか?」

ヒロシ「あぁヤバい」

上条「嗅がないようにしておこう」

ヒロシ「あぁ嗅がない方が身のためだ」




10:2013/06/08(土) 20:09:44.48 ID:MSPJjBMSO

上条「どこ行く途中だったんだ?」

ヒロシ「会社…でも行くのダルくなったから休む!!」

上条「そ…そうか…?じゃあ俺んちでゆっくり…する?………てか今日学校休みで散歩途中に君にあったようなもんだな」
ヒロシ「いやぁ偶然だな」

上条「だなぁ」ワライ


--上条家--


上条「ただいまぁ」

インデックス「あっとうまぁーとうまぁー早かったね…?この人ダレ?」

ヒロシ「野原ヒロシだ」(何でシスターさんがいる?)

インデックス「私の名前はインデックスっていうんだよ?みてのとおりきょうかいのものだよ?」


14:2013/06/08(土) 23:07:49.23 ID:MSPJjBMSO

分からないw


ヒロシ「そ…そうなんだぁー」

ヒロシ「にしても暑いなぁ…エアコンとか使わないの?」

当麻「それが…ビリビリのせいで電化製品使えなくなった…はぁー…不幸だ」

ヒロシ「ビ…ビリビリー?」

当麻「御坂との事だよ」
ヒロシ「そ…そうなのか…」

当麻「うん」

ヒロシ「た…大変なんだなぁ……」

当麻「まぁな」


暫く時間が立ち

ヒロシ「おっと…俺はこれで帰るよ」

当麻「ん?あぁ…また来いよ」

ガチャ



ヒロシ「…」

一方通行「のォォォォはァァァらァァァくゥゥゥゥんンン!!!!」

ヒロシ「い…一方通行!?」


15:2013/06/08(土) 23:19:53.04 ID:MSPJjBMSO

一方「さっきは油断したけどなァァ今度はァくらわねェ!!」

ヒロシ「やば…逃げなきゃ!!」タタタタタ

一方「あァん逃げ切れるとおもってるのかァ?よォ!!!」ゲシッ

ヒロシ「ぐわぁぁ!!」ドサン


ヒロシ「こ…これ程は…速いとは…」

一方「どォしたァ?」

ヒロシ「一応…」靴を脱ぐ

一方「!?おッと…(な…何だァあの靴の臭い…ここまで臭ってくるとはァ)

ヒロシ「ん?こ…こない…そうか奴は鼻が良いんだ」タタタ

一方「ぐッ…い…意識がァ……」

一方「グッ………」ドサ

ヒロシ「や…やった…ま…また倒したぞ」


一方は超強力臭い消しスプレーを持ってくるみたいです




16:2013/06/08(土) 23:35:26.28 ID:MSPJjBMSO

ヒロシ「む…お…俺まで靴の臭いが……」ドサ




ヒロシ「こ…ここは…?」

インデックス「当麻の家なんだよ?」

ヒロシ「と…当麻…?」

インデックス「当麻がここまで運んできてくれたんだよ?」

ヒロシ「そ…そうか……って!?靴の臭いは大丈夫だったのか?」

当麻「あぁそれならこの右手で臭いを消滅させた…いやぁにしてもキツかった」

ヒロシ「な…なにぃぃぃ?あ…あれは対一方通行用の…あれで一方通行を気絶させていたのに!!!」

当麻「え…?アクセラレータ…気絶?あ…あの靴の臭いで?でも…どっちみち意味ないと思うんだ…だって超強力臭い消しスプレーがあるから」

ヒロシ「な…なに…?じゃあ今度あったらお…俺は…………」

当麻「まずは話し合ってみよう」

ヒロシ「え…?もっといい方法は?」

当麻「ない!!」

ヒロシ「なん……だと…」



18:2013/06/09(日) 09:23:41.22 ID:JrbfnpJSO

一方通行「のォはらァくゥゥん!!!」ガチャ

当麻「アクセラレータ!!」

一方「じゃまだァ三下ァァァ!!!!」

当麻「…この右手さえあれば…」

一方「ちッ!!」

当麻「…」ブゥン!!


一方「な…なんだァ…この音」

当麻「」ブゥンブゥン!!

一方「ぐァはァ!!」

当麻「これで終わりだぁ!!」ドッガァァン

一方「ぐわァァ!!」

当麻「はぁ…はぁ」

ヒロシ「……(な…なんだこのあっさり間)


当麻「この右手が無かったら…今頃凍んでた」

ヒロシ「右手……?」

当麻「そう…イマジンブライカーだったけな…この右手に触れたものを消し去る…不幸続きだ」

ヒロシ「そ…そうなのか…」


19:2013/06/09(日) 09:32:19.49 ID:JrbfnpJSO

END←


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370684536/