1:2014/02/06(木) 01:55:28.92 ID:E9U2ch8p0

教室

さやか「なんか最近のナイトメアってさ、仁美のばっかな気がしない?」

杏子「...確かに」

まどか「それだけ大変なんだよ、仁美ちゃん」

さやか「そうは言ってもさ、こう何度も同じのに来られちゃ、正直こっちも呆れるっていうか、なんていうか...」

杏子「あー、それわかるわ」

まどか「ほむらちゃんはどう思う?」

ほむら「ちょっぴり思うかも...」

さやか「でしょ?だから、仁美の悩みを失くしちゃえばいいんじゃないかなって思うんだけど」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391619328



2:2014/02/06(木) 01:56:42.59 ID:E9U2ch8p0

ガララ

仁美「おはようございます」

まどか「おはよー」

杏子「おーっす」

さやか「おはよ。あれ?今日は恭介は一緒じゃないの?珍しいね」

仁美「...ふんっ!あんな人、もう知りません!男なんて信用できませんわ!」プイッ

さやか「どうしたのさ?」

仁美「!な、なんでもありませんわ!」アセアセ

さやか「......」


3:2014/02/06(木) 01:57:38.01 ID:E9U2ch8p0

さやか「現状はかなりマズイみたいだね」

杏子「あの志筑仁美がキレかかってるなんてな」

まどか「わたし、あんな仁美ちゃん久しぶりにみたよ」

さやか「こりゃあ、早々にことに当たるべきですなぁ」

まどか「わたしも協力するよ。仁美ちゃんは大切な友達だもん」

ほむら(正直、私は記憶が戻ってるから、早くこの偽の見滝原を作っている魔女を探したいのだけれど、ナイトメアに余計な邪魔をされるかもしれないし...ここは乗っておくべきね)

ほむら「私も、協力します」

杏子「仕方ねえ。どうせ暇だし、手伝ってやるよ」

さやか「じゃあ、次は恭介の方にあたってみようかな」



4:2014/02/06(木) 01:58:10.65 ID:E9U2ch8p0

恭介「はぁ...」トボトボ

さやか「よっ、恭介。どうしたのさ、溜め息なんてついちゃって」

恭介「さやか...なんでもないよ」

さやか「なんかあったんじゃないの?仁美のこととかさ」

恭介「なんでそれを!?あっ...」

さやか「ほ〜ら、やっぱりあるんじゃん。悩みがあるんなら、あたしが聞くよ?」

恭介「......」



5:2014/02/06(木) 01:59:28.16 ID:E9U2ch8p0

さやか「で、恭介から仁美と何があったのか聞いてみたところ」

恭介『志筑さんと別れることになりそうなんだ』

さやか「だ、そうです」

杏子「...どーでもいいわ」

さやか「結構大変なんだよ?恋愛っていうのも」

まどか「上条くんはどう思ってるの?」

さやか「あいつは別れたくないと思ってるらしいんだけど、ここ最近では近づくこともできないみたい」

杏子「なにをしたらそこまで深刻になるんだよ...」

さやか「で、仁美は仁美で『百合の花を咲かせたいですわ』って言ってて...」

まどか「百合...?」

ほむら「......」

さやか「そういうわけだから、あんたらにはこれと言って出番があるわけじゃないんだよね」

まどか「えっ、そうなの?」

さやか「うん。杏子は今の仁美の相手を出来るほど手馴れてないし、あんたとほむらはこういうの苦手だろうからね。まあ、あたしくらいがちょうどいいんじゃないかなって」

杏子「それもそうだな。で、あんたは何をするつもりなんだ?」

さやか「えっ、あんたまでそれ聞いちゃう?」

杏子「えっ?」




6:2014/02/06(木) 02:00:16.23 ID:E9U2ch8p0

数日後

さやか「やっほー、仁美!」

仁美「お待たせしました」

さやか「ううん、あたしも今来たばっかだから」

仁美「で、でも、本当によろしいので?」

さやか「んー?なにが?」

仁美「その、私は...さやかさんから上条くんを奪ったようなものですのに」

さやか「なに言ってんの。あいつが勝手に仁美を選んだだけでしょ。それに、恋のライバル以前に、あんたはまどかに次ぐあたしの嫁なんだからさ!」

仁美「あ...ありがとうございます...」ポロッ

さやか「ちょ!?」

仁美「す、すみません。最近、さやかさん達と疎遠になりつつあったので、てっきり嫌われたものだと...」グスッ

さやか「だいじょうぶ。あたしもまどかも、あんたを嫌ったりなんかしてないよ。ほら、涙拭いて」

仁美「は、はい...」ゴシゴシ

さやか「それじゃ、いこっか!」スッ

仁美「はい!」ギュッ




7:2014/02/06(木) 02:00:54.30 ID:E9U2ch8p0

遊園地

さやか「仁美はどれ行きたい?」

仁美「さやかさんのオススメはありませんか?」

さやか「そうだね...やっぱり遊園地といえばアレだよね!」

仁美「アレ?」



8:2014/02/06(木) 02:01:29.17 ID:E9U2ch8p0

ガタン ガタン

仁美「わ、私、ジェットコースターなんて初めてですわ」

さやか「そんな緊張しなくても大丈夫だって。慣れれば楽しいからさ」

仁美「そうは言っても...ひゃあああああぁぁぁ!!」ゴウウゥゥゥ

さやか「あははははは!どう、仁美!?」

仁美「YEAAAAAA!!!」

さやか「もうエンジョイしてやがる...」




9:2014/02/06(木) 02:02:16.56 ID:E9U2ch8p0

コソコソ

マミ「なるほどね。志筑さんとデート、か...」

杏子「そういうこと。まあ、女同士じゃ変な間違いも起きねーだろうから、あたしらはさっさと帰ろうぜ」

マミ「嫌よ。後輩の交際相手よ。本当に美樹さんを支えられるかこの目でしかと見定めます」

杏子「お母さんかよ。嫌な小姑になる匂いがプンプンするぜ」

まどか「あの二人、楽しそうだね。ほむらちゃんも混ざってくる?」

ほむら「嫌よ。まどかが行ってきたら?」

まどか「いやあ、なんだか入り辛いかなぁって...」

ほむら「そうよね」

まどか「うん。とっても」



10:2014/02/06(木) 02:05:45.01 ID:E9U2ch8p0

お化け屋敷

ブルアアアァァァ

仁美「ひゃあああ!」ガバッ

さやか「おうおう、仁美ちゃんは見かけによらず大胆ですなぁ」ニヤニヤ

仁美「ち、違いますわ!今のは、その...」

さやか「えー、残念だなあ。仁美の方からそれとなくアピールしてくれてると思ってたのに」




レストラン

さやか「はい、仁美。あーん」

仁美「あ、あーん///」

さやか「と見せかけて。あーおいしいなぁ」パクッ

仁美「あっ...」シュン

さやか「ん?してほしかったの?」

仁美「は、はい...///」

さやか「頬染めちゃって。やっぱりあんたは可愛いなぁ、もう!」





杏子「...なあ、マミさんよ。ああいうの見てると、なんだかムカツかねえ?特に青い方」

マミ「同感ね」

杏子「すみませーん。調味料ありったけください。できればこの胸のモヤモヤがとれるくらいの量を」



11:2014/02/06(木) 02:07:04.79 ID:E9U2ch8p0



まどか「ほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「百合って...なんなのかな」

ほむら「...寝なさい」

まどか「眠れないよ」

ほむら「寝なさい」

まどか「でも...」

ほむら「寝なさい」

まどか「百合のことは...!?」

恭介「百合は...俗にいうGLのことだよ」

まどか「ひゃっ!?」ビクッ

ほむら「...来てたのね」

恭介「うん。さやかに、ここで仁美さんとデートをするって聞いたから...」

まどか「そんなことより、GLってなに!?」

恭介「彼女が目覚めてしまったのは、僕の所為なんだ。...聞いてくれるかい?」

ほむら「......」




12:2014/02/06(木) 02:09:16.28 ID:E9U2ch8p0

恭介「僕と志筑さんが付き合い始めてからというもの、ロクに遊ぶような時間もなかった」

恭介「それは、偏に僕のバイオリンのレッスンと志筑さんの予定が幾度も重なってしまった所為なんだ」

恭介「バイオリンを少しでも上達させることが志筑さんを喜ばせる一番の方法だと思い込んでいた僕は、一度も休むこともせず、ひたすらに練習にうちこんでしまった」

恭介「それでも、彼女は僕に付きあってくれた。支えてくれた。でも...」

まどか「でも?」

恭介「あろうことか、男の下着に関する限り、彼女のデザインは悪趣味だったんだ。彼女にプレゼントされた下着を見て、僕はついこう言ってしまった」

恭介『おいおい、そんな下着は地獄の演奏会でも穿けないよ』

恭介「彼女は激怒した。そして、彼女は全ての男に幻滅してしまい、百合への道へと惹かれるようになったんだ」

まどか「だから、上条くんが悪いんだね」

恭介「うん...僕は後悔しているんだ!せめて、他の言い回しだったら...」

ほむら「本当にそう思ってるのなら、最後のケリは自分でつけることね」

恭介「え...?」

ほむら「あなたは幸せよ。あなたはまだ、大切な人を守れるんだから」

まどか「ほむらちゃん...?」

ほむら「...なんでもないよ、まどか」

恭介「......」




16:2014/02/07(金) 00:54:43.25 ID:/A9cKoii0

さやか「いや〜、楽しかったね!」

仁美「はい、とっても。私、このままさやかさんと本格的にお付き合いしたいですわ」

さやか「おっ、嬉しいこと言ってくれるじゃないの。それじゃあ、恭介がほったらかしてた分、あたしがトコトン喜ばせてやるからね」

仁美「それは楽しみですわ」

さやか「ねえ、仁美」

仁美「はい?」

さやか「嘘、つかなくてもいいんだよ」



17:2014/02/07(金) 00:56:00.51 ID:/A9cKoii0

仁美「...なぜ、そう思うのですか?」

さやか「わかるよ。だって友達だもん」

仁美「......」

さやか「こうやって二人きりで一日中遊ぶのも、お化け屋敷とかレストランでイチャつくのも、恭介としたかったことでしょ?」

さやか「恭介に怒ったのも、百合の花を咲かせたいとか言ってたのも、あいつに振り向いてもらいたかったから...ってとこかな」

仁美「...やっぱり敵いませんわね、さやかさんには」

さやか「仁美はさ、もっと素直になってもいいと思うよ?だから、こういうのもいいんじゃないかな。たまにはケンカするくらいはしないとあいつとはやっていけないって」

仁美「...ありがとうございます、さやかさん。ごめんなさい、利用するような形になってしまって...」

さやか「いいのいいの!仁美と久しぶりに遊べてあたしも楽しかったんだからさ!」

仁美「はい。私もそこに偽りはありませんわ!」

さやか(...利用しちゃったのはあたしもなんだよ。あたしは本当はここにいちゃいけない存在だから、最後の思い出作りって言い訳してね)




18:2014/02/07(金) 00:56:54.31 ID:/A9cKoii0

ドンッ

仁美「あっ、ごめんなさ...」

金髪の不良「ぎゃあああ」

仁美「!?」

赤髪の不良「兄貴!大丈夫ですかい?」

金髪「痛いわー。これ、肩がティロフィナっちゃったわー」

赤髪「てめえ、兄貴になにしやがる!」

仁美「え、えっと...」

金髪「大丈夫よ...じゃなくて、大丈夫だ。問題ない」

赤髪「いいや、兄貴が許してもあた...俺は許さねえ!このワカメヘアーには社会の厳しさってやつを教えてやらなきゃなあ!」

さやか(...なにやってんのこの人たち)

赤髪「オラ、早くきやがれ!そこの青共々ヤキいれてやんよ!」グイッ

仁美「嫌...離して!」

赤髪「なんなら今ここで素っ裸に剥いてやろうか!?」

仁美「嫌...嫌ぁぁぁ!」

「やめろっ!」



19:2014/02/07(金) 00:57:34.36 ID:/A9cKoii0

恭介「その子から手を離せ!」

仁美「か、上条くん...?」

赤髪「なんだぁてめえは?」

恭介「志筑さんから手を離せと言ってるんだ!」

赤髪「文句があるならかかってこいよ。それもできねえのならとっととハンサム号に乗ってハンサム星に帰れこのハンサム野郎が!」

金髪「悲しいけれど、それ悪口になってないわよ」

恭介「ハンサムの何が悪い!?ハンサムだって人間だ!」

赤髪「てめえ!自分でハンサムだと認めたな!?相変わらずいやらしい野郎だ!」

恭介「相変わらず...?」

赤髪「あっ、しまった...とにかく、だ!こいつを助けたかったら俺を倒s」

恭介「えい!」ゴン

赤髪「ぐあっ!」



20:2014/02/07(金) 00:59:00.87 ID:/A9cKoii0

赤髪「この野郎...やりやがったな!」

金髪「止めなさい、お杏」

赤髪「兄貴!?」

金髪「この子に間髪入れずに一撃喰らわすとは...大したやつね」

金髪「あなたのその男気に免じて...今日はひきあげてあげる。行くわよ、お杏」

赤髪「おう!...じゃねえ、ヘイ!」

さやか(...なに、この茶番?もっといいやり方はなかったのかな?)

さやか「ま、いっか...恭介、ちゃんとケリはつけるんだよ」

恭介「...うん」

さやか(さて、あたしは邪魔になりそうだから、まどかたちのところで見届けるとするか)スタスタ



21:2014/02/07(金) 01:00:25.60 ID:/A9cKoii0

コソコソ

まどか「お疲れ様、杏子ちゃん、マミさん」

杏子「いてて...なんのことかわからねえな。なあ、マミ」

マミ「え、ええ。まったくね」

まどか「そんな隠さなくてもいいよ。上条くんが出ていきやすいようにわざわざ幻術で変装までしてくれたんだよね」

杏子「あー...他のやつには言うなよ。あれ、結構恥ずかしいんだからな」

さやか(モロバレだったよ)

マミ(本当は、志筑さんと美樹さんの愛の深さを確認するためのつもりだったんだけど...まあ、結果オーライってところかしらね)




22:2014/02/07(金) 01:01:23.42 ID:/A9cKoii0

仁美「か、上条くん...」

恭介「志筑さん...いや、仁美。やり直そう。戻ってきてくれ」

仁美「な、なにを今更!助けてくれたことには礼を言います。でも、あなたは私を否定し、傷つけた...それは忘れませんわ」

恭介「あれは謝る...だから!」

仁美「信用できませんわ!」


シュルルル

恭介「これでもかああああぁぁぁぁ―――!!」バサァ




23:2014/02/07(金) 01:02:13.26 ID:/A9cKoii0

さやか「!?」

杏子「うわっ!」

マミ「きゃっ///」

まどか「えぇっ...!?」

ほむら「......」






仁美「その下着は、私がプレゼントした...」

恭介「そうだ仁美!戻ってきてくれ!」






恭介「このバイオリンの元へ!」






24:2014/02/07(金) 01:03:24.16 ID:/A9cKoii0

仁美(ようやく、ふりむいてくれた...)ウルウル

仁美「恭介くん!」ガバァ

恭介「仁美!」ダキッ



まどか「...ほむらちゃん」

ほむら「...なに?」

まどか「これって、ハッピーエンドなのかな?」

ほむら「...寝なさい」

まどか「眠れないよ」

ほむら「寝なさい」

まどか「でも...」

ほむら「寝なさい」

まどか「ハッピーエンドなの!?」

ほむら「ええ、おしまいよ」



25:2014/02/07(金) 01:05:23.94 ID:/A9cKoii0

終わりです。某童帝アニメの17話を見たら思いついてやってしまいました。こんなくだらないものを読んでくれたかたはありがとうございます。


27:2014/02/07(金) 03:53:02.43 ID:nQ2+VTZQo

肩がティロフィナるが不意討ちでワロタ
中の人達にまで残念扱いな上条くんはもっとがんばるように乙


29:2014/02/07(金) 19:40:10.25 ID:/qeNZZH50

恭介はむしろ仁美いなくなっても平気なタイプだろ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391619328/