1:2016/04/11(月) 04:50:33.11 ID:LkMCRUSR0

ほむら「何の味噌を使っているの?」


まどか「うぇひ!?ふ、ふ、普通の味噌だよ!?」


ほむら「…でも普通はこんなに苦くないわ…」


まどか「オ、オリジナルの味噌を使ったんだよ!」


ほむら「…そうなの」


まどか「そうだよ!」


まどか(うぇひぃ…ばれたかと思ったよ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460317832



2:2016/04/11(月) 04:55:02.59 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…ごめんなさい。せっかく作ってくれたのにもう飲めそうもないわ…」


まどか「別にいいよほむらちゃん!少し飲んでくれただけでも大満足だよ!」


ほむら「…気を遣わせてしまってごめんなさいね」


まどか「もう少し練習してから作るから…また飲んでくれる?」


ほむら「えぇ。勿論よ」


まどか「ほむらちゃん!貴女は私の最高の友達だよ!」


3:2016/04/11(月) 04:59:57.14 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…大げさよ。まどか」


まどか「そんなことないよ!こんな美少女が私のうん…じゃなくて味噌を飲んでくれたんだよ!?」


ほむら(うん…?一体…まどかは何を言おうとしたのかしら?)


まどか「明日もまた来てね、ほむらちゃん!」


ほむら「えぇ。勿論行くわ」


まどか「楽しみに待ってるからね!」


4:2016/04/11(月) 05:06:44.13 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…なんだかやけに私が味噌汁を飲んだことを喜んでいたわね…」


ほむら(…自分の手作りを食べてもらうのって嬉しいことなのかしら)


杏子「おーい、ほむらー」


ほむら(今度手作りのお菓子でも作ってみようかしら)


杏子「聞いてんのかー」


ほむら「…どうしたの杏子?私に用事かしら」


杏子「…さやかがアタシにジュース渡してきたんだけどさ」


ほむら「それがどうかしたの?」


杏子「…なんかすごくしょっぱかったんだよ」


5:2016/04/11(月) 05:11:58.15 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…塩と砂糖間違えたんじゃないの?」


杏子「そうなのかなぁ?…でも飲んだ後すごく嬉しそうな顔しててさ、まずいなんて言えなかったんだよね」


ほむら「…意外と可愛いところもあるのね」


杏子「そうなんだよ!笑顔だったから飲み干すしかなくてさ…」


ほむら「…それで何で私に声をかけたのかしら?」


杏子「さやかがまどかと一緒に作ったって言ってたからさ、ほむらに聞いたらなんか分かるかと思ったんだけど…」


6:2016/04/11(月) 05:17:40.32 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…そういえば、まどかが作った味噌汁すごく苦かったけれど…」


杏子「…レシピ通りに作ったって言ってたんだけどなぁ…」


マミ「あら!二人とも悩んでいるようだけど…どうしたの?」


マミ「チョコケーキ作ったのよ。食べに来ない?」


ほむら「…今、あんまり食べ物食べたくないわ」


杏子「…アタシも」


マミ「…鹿目さんと美樹さんも誘ったんだけどなぁ。…それなら仕方ないわね」


8:2016/04/11(月) 05:22:22.43 ID:LkMCRUSR0

ほむら「やっぱり行くわ」


杏子「…さやかが居るなら…」


マミ「ふふっ。それじゃあ…私の家に行きましょうか」


マミ「…美味しいチョコケーキをご馳走してあげるから…ね?」


ほむら(苦い物を食べたから…実は甘い物が食べたかったのよね)


杏子(マミの作るやつなら…多分美味しいはずだよな)


9:2016/04/11(月) 05:26:45.67 ID:LkMCRUSR0

マミ「…さぁ、召し上がれ?」


ほむら「…美味しいわね」


杏子「…やっぱりマミの料理はいつ食ってもうまいな」


マミ「喜んでくれて嬉しいわ」


まどか「…やっぱりマミさんには敵わないなぁ…」


さやか「あたしたちももっと練習しないとね」


マミ「…でも二人が作ったのも見た目は良かったわよ?」



10:2016/04/11(月) 05:32:23.42 ID:LkMCRUSR0

まどか「…ありがとうございます」


キュゥべえ「ウマイよ、マミ!君の料理はエントロピーを凌駕するよぉぉぉ!」


マミ「…いつも美味しそうに食べてくれて…ありがとねキュゥべえ」


キュゥべえ「マミの料理は最高だぁぁ!」


キュゥべえ「マミィィィ!おかわりがほしいよぉぉ!」


マミ「…ごめんなさいね。今日はもうないのよ」


キュゥべえ「…なん…だと…」


マミ「また明日作ってあげるから。…ね?」


キュゥべえ「…分かったよ。マミ」


11:2016/04/11(月) 05:38:30.32 ID:LkMCRUSR0

さやか「マミさんの料理を食べてるときのキュゥべえはすごいですね…」


マミ「…これでもマシになった方なのよ?」


まどか「…あれでマシなレベルなんですか?」


マミ「…えぇ。初めて食べたときは暴れすぎて家がなくなったわ」


ほむら「…でもそれが納得できるレベルで美味しいわよ」


マミ「…ふふ。褒めてもこれ以上は出ないわよ?」


ほむら「……ほむぅ」


まどか(ほむぅって言っちゃうほむらちゃん可愛すぎるよ!)


まどか(ほむらちゃんはほむほむ可愛いよ!)


12:2016/04/11(月) 05:43:57.56 ID:LkMCRUSR0

まどか(いろんな意味でお腹がいっぱいになったよマミさん)


ほむら「…そろそろ失礼するわね」


マミ「…もう帰っちゃうの?」


ほむら「…えぇ。用事があるから」


マミ「…そう。なら、また来てくれるかしら?」


ほむら「…気が向いたら行ってあげるわ」


マミ「分かったわ。暁美さんが来たくなるようにもっと美味しいお料理の研究をしないとね」


ほむら「…楽しみにしてるわ」


まどか(ツンデレ可愛いすぎる。ほむらちゃんマジほむほむ)


13:2016/04/11(月) 05:50:41.59 ID:LkMCRUSR0

杏子「…じゃ、そろそろアタシも帰るわ」


さやか「杏子が帰るならあたしもそろそろ帰りますね」


さやか「マミさん。ご馳走さまでしたー」


マミ「…あら?鹿目さんは帰らないの?」


まどか「…マミさん。…アレを入れましたか?」


マミ「?アレって…なんのことかしらね鹿目さん」


まどか「うん、このことですよ」


マミ「…ふふ。分かってしまったのね鹿目さん」


まどか「…私ぐらいになるとこのくらいは分かりますよ」


14:2016/04/11(月) 05:57:39.15 ID:LkMCRUSR0

マミ「…つい最近までノーマルだった子とは思えないわね」


まどか「…ふふふ。ほむらちゃんがアレだと知らずに美味しいと言うのは最高でしたが…」


まどか「…マミさん。私以外のアレをほむらちゃんに食べさせるなんて許せませんよ」


マミ「…嫉妬深いのね」


まどか「…ほむらちゃんは渡しませんから」


まどか「…失礼しました」


キュゥべえ「…なんだか怒っていたようだったね」


マミ「…鹿目さんってばそんなに睨まなくてもいいのに…」


15:2016/04/11(月) 06:04:47.97 ID:LkMCRUSR0

まどか「…ほむらちゃんはマミさんのこと、好きなのかな」


まどか「楽しみにしてるわ。なんて言っちゃって…」


まどか「…ほむらちゃんの浮気者」


まどか「もう私のことなんてどうでもいいんだ」


まどか「最近は杏子ちゃんとも仲良くしてるし…」


まどか「…あんなに仲が悪かったさやかちゃんともイチャイチャするし…」


まどか「…私はほむらちゃんにとってどういう存在なのかな…」



16:2016/04/11(月) 06:17:31.89 ID:LkMCRUSR0

ティロ-ン♪


マミ「…あら、美樹さんからメールが…」


[…あのケーキ、入っていましたよね?
…いくらマミさんでもうん、こを入れるなんて…]


マミ「…あら。気づいていたのね…」


[…だとしたら、どうするの?]


ティロ-ン♪


[さっきのレシピ教えてください]


マミ「…今度来た時教えてあげるわ…じっくりと、ね…」


[少なくともしばらくは無理ね。…だから暇になったら教えてあげるわ]


19:2016/04/11(月) 07:06:09.03 ID:LkMCRUSR0

ほむら「…もうこんなことやめたいのに…」


ほむら「…何でまどパンをほむほむしながらまどニーするとこんなに気持ちいいのかしら」


ほむら「…ッまどかぁ」


ほむら「…さすがにまどパンたまりすぎたかしら…」


ほむら「まどかに返さないと」


20:2016/04/11(月) 07:14:23.95 ID:LkMCRUSR0

キュゥべえ「…マミは僕をいじめているのかい?」


マミ「あら、そんなつもりはないわよ?」


キュゥべえ「…その魅惑の黒ストをペロペロしちゃいけないなんて、僕をいじめているとしか思えないよ!」


マミ「…そんな口を利いていいのかしらね?」


マミ「今日の夕飯はハンバーグなのに」


キュゥべえ「それはマミの排泄物入りのなのかい?」


マミ「当たり前じゃない」


キュゥべえ「ひゃっほーい!もうマミの糞料理を食べれるなら、黒ストをペロペロできなくてもいいよ!」


マミ「…その言葉に嘘はないわね?」


キュゥべえ「あ、いや…その…」


マミ「ふふっ。インキュベーターは嘘を吐かないんでしょう?」


キュゥべえ「そう…だね」


22:2016/04/11(月) 07:20:39.87 ID:LkMCRUSR0

変態度としては
QB>マミ>まどか>ほむら>さやか>杏子


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460317832/