2:2014/03/13(木) 21:06:00 ID:pQwXriig


〜マミの家〜


マミ「……まだ、あなたたち、仲直りしてないの…?」

なぎさ「まだケンカ中なのですか…?」


まどか「……」

まどか「ケンカって言うか…お互いにちょっと気まずくて…」

まどか「話しかけられなくて…」


まどか「ぐすっ…ひくっ…」


まどか「私…やっぱり、ほむらちゃんに嫌われちゃったんですよね…」

まどか「私、私…どうしたら」


3:2014/03/13(木) 21:08:47 ID:pQwXriig


マミ「…そんなことないわよ、鹿目さん」
ダキッ…

まどか「…でも、でもっ…でも…!」

マミ「…大丈夫、大丈夫よ」

なぎさ「ほむらがまどかのことを嫌いになるはずないのですっ」

まどか「…ありがと、なぎさちゃん、マミさん」


マミ「そうね、あなたたちって、お互いに気を使い過ぎなのよ」

まどか「…え?」

なぎさ「なぎさなんてマミに頼りっぱなしなのです」

なぎさ「でも、マミも私を頼ってくれるのです」

なぎさ「だから、まどかとほむらも素直にお互いの気持ちを打ち明ければ絶対仲直りできるのです!」

まどか「…そ、そうかな」

マミ「あなたたちは、相手に嫌われたらどうしよう、とか考えて、お互いに気を使い過ぎてるのよ」

マミ「でも、本当はもっと仲良くしたいって思ってるはずよ、多分自分でも気付いてるはず…」

マミ「だから、たまには素直になって、相手に甘えて、頼ったり頼られたりしてもいいと思うの…」


4:2014/03/13(木) 21:10:32 ID:pQwXriig


まどか「…素直になって…ですか…?」

マミ「ええ」

なぎさ「そして謝って、仲直りすればいいのです!」


まどか「…う、うん」



まどか「やってみます…!」


5:2014/03/13(木) 21:12:36 ID:pQwXriig


同じ頃
〜さやかの家〜


さやか「……」

杏子「……」モグモグ



さやか「で、なんであんたがあたしん家まできて、泣きそうな顔してんの?」


ほむら「…っ」

ほむら「ど、どうしたら、あなたたちのようになれるの?」


さやか「は?」

杏子「……」モグモグ


6:2014/03/13(木) 21:15:41 ID:pQwXriig


ほむら「わ、私はまどかと…」

さやか「え」

さやか「まさか…」

ほむら「……」

さやか「あんたたち、まだケンカしてんの!?」

ほむら「…け、ケンカじゃないわ…」


さやか「ああ〜、でも確かにあんたたち、学校でも話してなかったし…」

さやか「あたしらといるとき以外でもしゃべってなかったような…」


7:2014/03/13(木) 21:17:21 ID:pQwXriig


杏子「……」
モグモグ

さやか「ちょっとあんたはいつまで食ってんの!」

杏子「いじゃねーかよ、別に…」


杏子「つまり、てめーはまどかと仲直りの相談として、ここに来たわけだな?」

ほむら「……」

さやか「ああ、そうだったの?」

さやか「な〜んだ、最初からそう言えばよかったのに〜」


ほむら「…で、どうすればいいの?」

杏子「んなの、素直に謝ればいいだけじゃんっ」

さやか「そうそう」


8:2014/03/13(木) 21:19:45 ID:pQwXriig


ほむら「そ、そんな…」

さやか「ま、謝るようなことしてないにしてもさ」

さやか「誰だって謝られて、悪い気はしないでしょ?」

ほむら「……で、できないわ」

さやか「なんでよ」

ほむら「だ、だって…」


ほむら「は、恥ずかしいし…」

杏子「おいおい…」

さやか「…はあ」


9:2014/03/13(木) 21:21:16 ID:pQwXriig


ほむら「あ、謝るなんて私の柄じゃないわ…だって、私は…」

さやか「あんたさ…」

さやか「いつまでそう言っとくつもり?」

ほむら「…」

さやか「そうやって子どもみたいに、いつまでも自分の素直な気持ち隠しとくの?」


ほむら「私は別に…」


さやか「たまには、頼ったりさ、素直に謝ったり、甘えたりしてもいいんじゃない?」

ほむら「……」


杏子「ま、あとはてめー次第ってわけだな」

さやか「あたしらが言えることはこれくらいだし」


ほむら「……」


10:2014/03/13(木) 21:22:51 ID:pQwXriig


その後
〜見滝原市内〜


スタスタ…

ほむら「…素直に…ね」


………


??「…あっ」

ほむら「!」

ほむら「…まっ」

まどか「ほ、ほむらちゃん…」

ほむら「…まどか」


12:2014/03/13(木) 21:26:12 ID:pQwXriig


まどか「あ、あのっ、ほむらちゃんっ」

まどか「ごめんなさいっ」ペコッ


ほむら「な、なんでまどかが謝るのよっ」

ほむら「わ、悪いのは全部私なの、私っ!」


まどか「ううんっ、私だって…」

ほむら「まどかの何が悪いのよっ、まどかは何も悪いことしてないわ…!」


まどか「…で、でもっ」

ほむら「ごめんなさい…本当にごめんなさいっ」

まどか「…ううん、謝らなくていいよ」


13:2014/03/13(木) 21:29:05 ID:pQwXriig


ほむら「……まどか」

まどか「…なんだか私たち、お互いに気を使いすぎてて、遠回りしてたみたい」

ほむら「そうね…私もずっとまどかのこと心配で、意識し過ぎてて」

ほむら「だから、なんだか空回りしてたみたい」

まどか「どうしてこうなっちゃったんだろうね…」

ほむら「そうね…いつからかしらね」


まどか「……」

ほむら「……」


まどか「…ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「ん?」

まどか「今週の週末ね、ホワイトデーでしょ?」

ほむら「そ、そうね」


14:2014/03/13(木) 21:32:12 ID:pQwXriig


まどか「前にした約束覚えてる?」

ほむら「約束?」

まどか「ええ〜忘れちゃったの?」

ほむら「…も、もしかして」

ほむら「あ、あの…お、お互いの家に泊まる…」

まどか「うんっ」

まどか「せっかくのホワイトデーなんだし、ほむらちゃんの家でチョコ作って」

まどか「そのままお泊まりしちゃおっかなって…」

まどか「だ、ダメ…かな」


ほむら「そ、そんなわけないわ…!」

まどか「うぇひっ、じゃあ決まりだねっ」


15:2014/03/13(木) 21:33:47 ID:pQwXriig


ホワイトデー
〜マミの家〜



さやか「あれ、今日はまどかたち呼んでないんですか?」

マミ「今日は二人だけで過ごしたいんですって、鹿目さんたち」

杏子「ようやく仲直りしやがったのか、アイツら」

なぎさ「やれやれなのです」



さやか「んじゃ、今日はあたしらだけで、盛り上がっちゃいましょう!」


16:2014/03/13(木) 21:38:15 ID:pQwXriig


同じころ
〜ほむらの家〜



まどか「あ、ほむらちゃん、これはこっち」

ほむら「そ、そうだったわね」


まどか「ええっと…砂糖はこのくらいで…」

ほむら「これはオーブンにいいのよね?」

まどか「うんっ」


バタバタ…


………


17:2014/03/13(木) 21:40:06 ID:pQwXriig


パクッ
モグモグ…

まどか「あ、おいしいかもっ…」

ほむら「そうね、今までの中では一番じゃないかしら」


まどか「やっとうまくできたねっ」

ほむら「ええ」

まどか「うぇひひっ、夜までかかっちゃったけど」

ほむら「…でも、良かったの?」

ほむら「巴さんたちも今日は集まってるのに、まどかだけ私と…」

まどか「ううん、今日はほむらちゃんとの仲直り記念だからねっ」

まどか「ほむらちゃんと二人きりがいいなあって…」


18:2014/03/13(木) 21:42:21 ID:pQwXriig


ほむら「……」カアア

まどか「ほむらちゃんったら、顔赤くしちゃってっ」

ほむら「こ、これは…!チョコ作りで少し疲れただけよ…」


まどか「私も少し疲れちゃった…」

まどか「夜ごはんの時間だけど、もうお腹いっぱいだよね」

ほむら「…そうね、もう夜はいいかしら」


19:2014/03/13(木) 21:44:55 ID:pQwXriig


まどか「じゃあ、その…良かったら…」

ほむら「…え?」


ほむら(ま、まどか…まさか、今日も積極的まどかの日なの!?)

ほむら(ダメよ!まどか!)


まどか「…良かったら、寝るまでお話ししない?」

ほむら「え…う、うん」


20:2014/03/13(木) 21:54:27 ID:pQwXriig


………

まどか「…それでね」

ほむら「うん」


ほむら(ああ…幸せだわ、まどかと話すだけで、私はこんなに嬉しい…)


まどか「そういえばね、ほむらちゃん」

ほむら「何?」

まどか「よくね、さやかちゃんがほむらちゃんのこと『悪魔』だとか言ってるけど」

まどか「あれはどうしてなの?」


ほむら「あ、あれは…美樹さやかが勝手に言ってるのよ、気にしないで」

まどか「そうなの?でも、ほむらちゃんが悪魔なんて、ちょっと酷いよね…」


ほむら「別に私も気にしてないわ…」


21:2014/03/13(木) 22:04:42 ID:pQwXriig


まどか「ほむらちゃんといえばね、私…昔から変な夢見るんだ」

ほむら「…変な夢?」

まどか「なんだかね、私が壊れた町に立ってて」

まどか「何かしなきゃいけないって思うんだけど」

まどか「気付くと、誰かに手を引っ張られてるの」

まどか「少し強い力で、ちょっと痛いいんだけど…髪の長い女の人が引っ張ってるの」

ほむら「…!」

まどか「でね、町をそのままにして、その人に引っ張られていくと、なんだか草原みたいなとこにいるんだ」

まどか「でも、いつもここで起きちゃうの」


ほむら「そ、そう…それは確かに不思議な夢ね…」


22:2014/03/13(木) 22:07:47 ID:pQwXriig


まどか「でね、今思い出すと、その女の人が…ほむらちゃ」

ほむら「そんなわけないわ…!だって私はあなたに会ったことなんてないんですもの…!」

まどか「え…そ、そうだよね」

まどか「でも、ほむらちゃんにそっくりなの、その人…」

ほむら「……」


まどか「あ、もう10時だね」


まどか「じゃあ、そろそろお風呂に入って寝よっか?」

ほむら「そうね」


23:2014/03/13(木) 22:11:38 ID:pQwXriig


まどか「その、あのね…一緒に入る…?」


ほむら「え…ま、まどかがいいなら…」アセアセ


まどか「ええ〜どうしようかな〜」

まどか「ほむらちゃんがどうしてもって言うなら入ってあげてもいいんだけどなあ〜」


ほむら「え…」


ほむら(今日のまどかはちょっとSっ気のあるまどかなの?)


ほむら(でも今日の私は屈したりしないわ…!)


24:2014/03/13(木) 22:18:34 ID:pQwXriig


ほむら「…べ、別に私はまどかと入らなくてもいいわ…子供じゃないのよ」

まどか「じゃあ、私先に入るね」
スタスタ…


ほむら「…あっ」

ほむら「ま、待って…」


まどか「ん?」


ほむら「…や、やっぱり、水道代節約のためにも、こ、ここは一緒に…」


まどか「どうして?別に私と一緒に入らなくてもいいんでしょ?」

まどか「子供じゃないんでしょ?」


ほむら「そ、それは…!」


まどか「じゃあ私入るね」


ほむら「ま、待って…!」


25:2014/03/13(木) 22:24:10 ID:pQwXriig


ほむら「…ぐすっ、ひくっ」


ほむら(いくらなんでも酷過ぎよ…まどか…)



まどか「…ほむらちゃん」

まどか「さっきお互いに素直になろうって話したばっかりでしょ?」

ほむら「あ…」

まどか「ほむらちゃんはあまのじゃくなんだよ…」

ほむら「…そうね、それは自覚してるわ」


まどか「じゃあ、改めて…一緒にお風呂入る?」

ほむら「…ええ、もちろん」

まどか「うぇひひっ、よく言えました」


まどか「じゃあ、入ろっか」


26:2014/03/13(木) 22:37:08 ID:pQwXriig


チャプチャプ

まどか「前も言ったと思うけど、ほむらちゃんの身体、白くて細くて綺麗だよね、脚も長くてモデルさんみたいっ」

ほむら「そんなことないわ、まどかだって綺麗じゃない」

まどか「ええ〜、私なんて小さいころ転んでばっかりだったから、すり傷とか残ってて綺麗じゃないよ〜」

ほむら「すり傷くらいなら私にだってあるわ」

ほむら「まどかは、よく外で遊んでいたのね」

まどか「うん、体動かすのは得意じゃないんだけど、なんだか外で遊ぶのは好きだったなあ」

まどか「ほむらちゃんも外で遊ぶ方が好き?」

ほむら「そうね…私は入院してた期間の方が長いから、あんまり外で遊んだ記憶はないわ」

まどか「そ、そうだったね…なんかごめん」

ほむら「ううん、いいのよ、今はこうしてまどかにも会えたんだし…それが一番幸せ…」

まどか「うぇひっ、ほむらちゃんったら」


27:2014/03/13(木) 22:39:55 ID:pQwXriig


まどか「でも、私はやっぱりスタイルには自信ないなあ」

まどか「そりゃマミさんやさやかちゃんは別格だけど…」

ほむら「巴さんを言い出したらキリがないわ」

まどか「どうやったらあんなに胸が大きくなるんだろうね」

ほむら「彼女の場合、遺伝とかでしょうね」

まどか「やっぱりそういうのって遺伝するのかなあ」

ほむら「そうでなきゃ、あれはおかしいわ」

まどか「中学生とは思えないもんね」

ほむら「本当に腹立たしい…」

まどか「うぇひひっ、別にマミさんもなりたくてなったわけじゃないんだろうし…」

まどか「それに、ほむらちゃんだって十分大きいよ」


28:2014/03/13(木) 22:44:39 ID:pQwXriig


ほむら「私より、まどかの方が大きいわ」

まどか「ええ〜そんなことないよ〜」

ほむら「いえ、あなたのほうが大きいわ…」

まどか「でも、同じくらいかもね、私とほむらちゃん」

ほむら「ふふ…言われてみればそうね」


まどか「あ、そうだせっかくだし背中洗いっこしようよっ」

ほむら「え…」

まどか「ちょっと子どもっぽいかな…」

ほむら「いえ、私もちょうど…同じことを考えていたわ…」

まどか「ほんと?」

ほむら「ええ」

まどか「うぇひっ、良かったあ、じゃあまず私がほむらちゃんの背中洗うね」

ほむら「お願いするわ」


29:2014/03/13(木) 22:49:37 ID:pQwXriig


ゴシゴシ…
まどか「うぇひひっ、お客さん、痒いとこありませんかあ」

ほむら「まどか、それは頭を洗う時に言うセリフじゃあ…」

まどか「あ、そっか」

まどか「じゃあ、せっかくだから、頭も洗ってあげるね」


ほむら「あっ」
ゴシゴシ…

まどか「どう?気持ちいい?ほむらちゃん」

ほむら「ええ、とっても…」

まどか「じゃあ……えいっ」

ほむら「ひゃっ」

まどか「うぇひっ、やっぱり私と同じくらいの大きさだね、ほむらちゃんっ」

ほむら「……」カアア


30:2014/03/13(木) 22:51:04 ID:pQwXriig


ほむら「…次は私が洗ってあげるわ」

まどか「うんっ」



ゴシゴシ…

まどか「んっ」

ほむら「ふふっ、さっきのお返しよっ」

まどか「きゃっ」

まどか「く、くすぐったいよっ、ほむらちゃんっ」

ほむら「ふふっ」


31:2014/03/13(木) 23:46:13 ID:pQwXriig


_____________


まどか「だいぶ、長湯しちゃったね」

ほむら「そうね…でも、楽しかったわ」

まどか「うぇひひっ、じゃあ冷えないうちに寝よっか」

ほむら「ええ」


………

まどか「ふぁあ、なんだか今日は疲れちゃったね」

ほむら「そうね、朝からチョコ作り頑張ってもの」

まどか「でも、とっても楽しかったよ」

ほむら「ええ、私も…」


32:2014/03/14(金) 00:02:10 ID:L8U8MW.2


まどか「…こんな日がずっと続けばいいのにね…」

ほむら「続くわ」

まどか「え…?」

ほむら「貴女がそれを望むなら、絶対に続くわ…」

まどか「…そうかな」

ほむら「ええ…」

まどか「変なほむらちゃん…でも、ほむらちゃんも」

まどか「こんな日がずっと続けばいいのになって思うでしょ?」


ほむら「…もちろんよ」


ほむら(まどか…貴女は知らないでしょうけど、私はそのために悪魔になったのよ)


33:2014/03/14(金) 00:03:46 ID:L8U8MW.2


まどか「…良かったあ」

まどか「私と同じで…」

ほむら「ふふっ、当たり前よ」


ほむら(私は悪魔…悪魔は孤独…孤独で当然…)

ほむら(今までずっとこんなことを考えてきたけど…)

ほむら(私はただ、ずっとあなたのそばにいたい)

ほむら(悪魔としてじゃなく、貴女の最高の友達として、ずっとそばにいたい…)

ほむら(ただ、ただ…それを願っただけなのに…)


ほむら「…はっ!」

まどか「スヤスヤ…」zzz


ほむら(私はまどかの幸せを守るために、この姿になることさえ厭わないと決めたのに…)

ほむら(私が悪魔であることを否定してしまえば…)


ほむら(でも…私は…私は…!)


34:2014/03/15(土) 01:47:52 ID:FKx4C5Es

遅れましたが終わりです。

以前VIPでやっていたものの続きです


SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394712264/