1:2014/03/21(金) 00:00:13.26 ID:RPX1R3C10

 パタン
まどか(ふぅ…)

 スルリスルリ
まどか(あ…… 外気がひんやりして気持ちいい……)

まどか(…ズッシリくる…… あんまり見たくないけど)チラッ

まどか(おおおおお〜)

 ベリベリ
まどか(今日もたっぷり出たなぁ……)

まどか(予備はまだあったよね?)ゴソゴソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395327613



10:2014/03/21(金) 19:10:52.84 ID:LY7gbhx70




まどか「お待たせ」

杏子「遅いぞ〜! なに? 生理?」

さやか「そういうこと言わないの!」

まどか「それなんだけどね… みんな、どうしてるの?」

さやか「どう、って? 何か気になることでもあるの?」

まどか「うん… 日本に戻ってきてから、ちょっと不便で……」

杏子「アメリカだって来るもんは来るでしょ」

まどか「うん… でもあんまり外で話すのもね」

ほむら「ならうちに来たらいいわ。もっと詳しく聞かせてもらえるかしら」

杏子「こういう時素早いよな」


12:2014/03/21(金) 19:13:49.74 ID:LY7gbhx70

??ほむホーム??

ほむら「お茶が入ったわ」コトッ

まどか「……」

さやか「…お茶はいいとしてさ…… なにこれ」

杏子「レッドベルベッドケーキってやつだな。アメリカ南部の名物だよ」

ほむら「よく知ってるわね。見た目は真っ赤だけど、甘いのよ。食べてみて」

さやか「これをあんたが出すと、ねぇ…」

ほむら「そうね、まるで今のまどかの」

さやか「やめろ」

杏子「言われてみれば血っぽいよな」

まどか「杏子ちゃんもやめなさい」


13:2014/03/21(金) 19:16:57.83 ID:LY7gbhx70

杏子「それでさっきまどかが…」

さやか「やめろっつーの! せめて食べてからにしてよ!」

ほむら「このために用意したら期待通りの反応で嬉しいわ」

さやか「あんたマジな悪魔だな」



ほむら「では食べ終わったところで本題に入りましょうか」

さやか「なんか不便って言ってたよね」

まどか「そうなの… むこうにいた頃は良かったんだけどね……」

杏子「困ってるなら言っちゃいなよ。ここにいるみんな、いつもあることなんだから」


14:2014/03/21(金) 19:23:55.95 ID:LY7gbhx70

まどか「アメリカにはMenstrul cupっていうのがあるの」

ほむさや(なにそれ……)

杏子「生理カップ?」

まどか「うん。シリコンでできてて、中に入れて使うの」

杏子「痛そうだな」

さやか「でもタンポンみたいなもんでしょ」

杏子「あれだって痛いじゃん」

ほむら「ちょっと抵抗あるわね…」

まどか「タンポンは奥の方に入れるよね。でも… 生理カップだっけ? あれは浅い所に入れるんだよ」

まどか「シリコンだから痛くないし、多めでも受けきれて助かるんだよね」


15:2014/03/21(金) 19:29:29.97 ID:LY7gbhx70

さやか「それ聞くと良さそうだけど、確かに聞いた事ないね」

杏子「売り出してもそんなの使う人少ないだろ」

ほむら「現にまどかが手に入れられなくて困ってるじゃない」

まどか「引っ越しの時、捨ててきちゃったんだよね。日本で買えばいいかなって」

さやか「それが意外にも売ってなかったのか」

まどか「いつも多めだから困るんだよね」

さやか「タンポン使ってみたら? あげるよ」

まどか「あんまり奥に入れるのはちょっと…」

ほむら「なら無いと困るわね」


16:2014/03/21(金) 19:32:59.50 ID:LY7gbhx70

??それから一週間後のお昼休み??

ほむら「全員食べ終わったわね」

まどさや杏子「……」

マミ「ごちそうさまでした」

さやか「もしかして、あの話?」

ほむら「この間まどかの言っていた生理カップというのを探してみたわ」

マミ「どういうものなの?」

杏子「生理の時、中に入れるんだって。それで血が漏れないように溜めとくの」

まどか「見つかったの?」

ほむら「ネット通販であっさり見つかって、昨夜届いたわ」

ほむら「予備にいくつか注文しておいたから、わけてあげるわね」

まどか「ありがとう!」


17:2014/03/21(金) 19:36:06.19 ID:LY7gbhx70

マミ「それで、これがその生理カップというやつ?」

杏子「いやこんなの無理だろ」

ほむら「一つ問題があるのよ…」

杏子「サイズ的な?」

ほむら「説明書が英語だから、ちょっとよくわからないのよ」

まどか「簡単だよ」

さやか「ちょっと待った!」

ほむら「…なによ」

さやか「あんたまさか、まどかに教えてもらうって言うんじゃないでしょうね」

ほむら「当然じゃない」

まどか「最初はちょっと難しいかもしれないしね」

さやか「まぁ、確かに…… でもなぁ〜 ほむらが言うと…」


18:2014/03/21(金) 19:37:16.27 ID:LY7gbhx70

まどか「さやかちゃん、疑いすぎだよ〜 いくらほむらちゃんでも、そこまでじゃ…… ないよね?」

ほむら「ホントに使い方わからないのよ。でも使ってみたいじゃない」

マミ「そんなにいいものなの?」

ほむら「多めでも漏れない・いちいち捨てなくていい・お風呂に入れる」

ほむら「いいこと尽くめ… らしいわ」

マミ「それは良さそうね」

まどか「わたしなんて、これが無いと困っちゃうくらいですよ」

杏子(……心配だなぁ)


19:2014/03/21(金) 20:28:27.06 ID:LY7gbhx70

杏子(なにが心配かって?)

杏子(まどかが『見つからなくて困ってる』ものを、ほむらが探し当てるまで一週間もかかってる)

杏子(しかもネット通販であっさり見つかるようなものが)

杏子(このタイムラグが意味することは)

ほむら「でも私もちょうど一昨日終わったばっかりなの」

杏子(……絶対人にやらせる気だ)



20:2014/03/21(金) 20:32:53.99 ID:LY7gbhx70

ほむら「届くのが間に合ったら実演してもらおうと楽しみにしてたのに…」

マミ「確かに、最初は使ったことある人に教わった方が良さそうね」

まどか「じゃあ次に来た人から教えようか」

さやか「いいね。わたしも使ってみたいし」

マミ「私も一度くらい試してみたくなってきたわ」

杏子「あたしは… いいや」

まどか「どうして? 使えると便利だよ」

杏子「でもさ… 入れるのって何だかなぁ…… まぁいっか、さやかかマミかもしれないんだし」

まどか「じゃあ決まりだね」



22:2014/03/21(金) 20:45:24.61 ID:LY7gbhx70




杏子(まどかとほむらはこの間来たばっかり)

杏子(マミとさやかがいるから確率1/3かと思ってたけど)

杏子(二人とも、やけに『次に来た人に教える』案に乗り気だったよなぁ)

杏子(……前に来たのいつだ……? こんなの気にしてないから、よく覚えてないぞ……)

杏子(マミはこの間魔獣狩りをパスしてたような… あの時か? 何日だったっけ…)

杏子(さやかに至っては、時々来ない月もあるとか言ってなかったか…?)

杏子(それにあたしは……?)

杏子(忘れてるってことは、けっこう前…… もう一ヶ月くらいとか……?)


24:2014/03/21(金) 20:49:33.73 ID:LY7gbhx70

 ガバッ
杏子「ハッ!! ……ゆ、夢か?」

杏子「ああもぅ…… 気になりすぎて変な夢見ちm」   ドロリ

杏子(あれ? なんかヌルッと来たぞ)

 チラッ
杏子(おげぇえええええ!!!!!!)ガバッ!!

杏子(ふぅ、酷いことになってる… 危うく吐いて上書きするとこだった)

杏子(落ち着け、まずはこの布団をバレないように洗わないと)

杏子(って、どうすりゃいいんだよ!? 匂いもキツいし…)


28:2014/03/21(金) 21:01:23.16 ID:LY7gbhx70

マミ「佐倉さ〜ん! 朝ご飯できてるわよ〜」

杏子「お、おうちょっと待ってて!」

杏子(どうしよう… バレたら絶対あの変なゴム入れられる!)

杏子(とりあえず出て行かないと怪しまれるな。パジャマとパンツはビニール袋で密閉して)

杏子(布団は…… とりあえず窓開けて換気しとくか)カラカラ

 ガチャッ
マミ「あら、着替えてから出てきたのね」

杏子「たまにはね」

マミ「そうした方が朝の支度がラクかもしれないわね」

杏子(よし、バレてない…… みたい)


30:2014/03/21(金) 21:05:24.46 ID:LY7gbhx70

?? 放課後のマミ部屋 ??

まどか「おじゃましま〜す!」

さやか「おそいぞまどか〜」

まどか「近頃、パパがベーコン作ってるの。包んでくるのに時間かかっちゃった」

ほむら「そうえば、この間から熱心ね」

まどか「マミさんの家で晩ご飯作るって言ったら、張り切っちゃって」

杏子「ウマそうじゃない。よくこんなの手作りするな」

マミ「ありがとう。じゃあ今夜は手作りベーコンを使ったお料理にしましょうか」


31:2014/03/21(金) 21:09:32.61 ID:LY7gbhx70




さやか「おじさん、ホントにこういうの凝ると極めるタイプだなぁ」

ほむら「あの家庭菜園も、遊びに行くたびに立派になってるわね」

まどか「内職でネットショップやるとか言い出して大変だよ……」

マミ「でもこれなら売り物になりそうじゃない?」

杏子「うん、おいしいよ。それにちょうどいい香りが…」

さやか「香りっていうか、匂い? さっきから何かの匂いがするよね?」

まどほむマミ「……」チラッ

杏子「せっかく作ってもらってそういうこと言うなよ」



32:2014/03/21(金) 21:11:24.48 ID:LY7gbhx70

マミ「ベーコンってスーパーで売ってるスライスした物しか使ったことなかったけど」

まどか「うまくお料理できたみたいでよかったですね」

さやか「あたし生焼けだとあんまり食べられないから、このくらいカリッカリのが好みなんだよね」

杏子「そう? レアっぽいのもあれはあれでおいしいじゃん」

まどか「ああ〜…… 杏子ちゃんは生臭くても平気なんだ」

さやほむマミ「……」チラッ

杏子「ま、多少ならね。その辺も慣れれば味わいだよ」


33:2014/03/21(金) 21:18:00.57 ID:LY7gbhx70

ほむら「厨房覗いてて気付いたの。マミも鉄のフライパン派なのね」

マミ「ええ、最近買ったのよ」

まどか「あれ使うの大変じゃない? 重いし」

マミ「でもコーティング剤がない分気がラクなのよ」

ほむら「それに鉄分補給できる効果があるわ」

さやか「そうなんだ。鉄分が溶け出すの?」

ほむら「ええ、それで我が家は昔から鉄のフライパン派よ」


34:2014/03/21(金) 21:18:57.74 ID:LY7gbhx70

杏子「ほむら、いかにも鉄分不足してそうだしなぁ」

まどほむさやマミ「……」

杏子「な、なんだよさっきから…」

まどか「杏子ちゃんさぁ」

杏子「…お、おぅ?」

ほむら「ちゃんと持って来たわよ」スッ

まどか「もう諦めなよ」


35:2014/03/21(金) 21:28:41.60 ID:LY7gbhx70

杏子「やめろって! おい、引っ張るなよ!」

まどか「痛くないって言ってるでしょ」グイグイ

杏子「痛いとかじゃないだろ! そんなの入るわけないって!」

さやか「一応、市販しているものだからそれほど無理でもないんじゃないの?」

ほむら「とはいえいざとなるとちょっと踏ん切りが付かないのよ」

杏子「だからって人で実験すんな! まどかがもう使ってるからいいだろ!」

まどか「わたしはむしろ今までコレ使うのが当たり前すぎて…」

マミ「参考にならないわね」

杏子「お前らグルだったんだろ! 最初からあたしで実験するつもりだったんだな!?」

ほむら「そのために言い出す日調整しましたし」

マミ「一緒に住んでて、朝気がつかないフリするの大変でしたし」

杏子「……おまえらなぁ」


36:2014/03/21(金) 21:29:52.64 ID:LY7gbhx70

杏子『おぐぇあああああ!!!』

まどか『ほらほら、まだ入れてないよ〜』

 ズズッ
杏子『はい、入ってる! 入ってきてる!!』

まどか『あとちょっと!』クイッ

杏子『ぎゃああああ!!!!』

ほむら「トイレが賑やかね」

マミ「うちのトイレでこの大騒動は初めてだわ……」


37:2014/03/21(金) 21:31:53.32 ID:LY7gbhx70




まどか「ふぅ〜… 終わったよ」

杏子「ほぉぁ……」カタカタカタ

マミほむさやか(ガニマタだ……)

まどか「脚閉じても平気だって」

杏子「でも、すごい抵抗があるんだよな…」プルプル

さやか「痛くないっていうし、ほむらそっち持って」

杏子「よせよ…」

ほむら「ほらグイッと」グイッ

杏子「あごぁああああ!!!!」

さやか「こら暴れるなって!」

杏子「そりゃ暴れもするわ!」


39:2014/03/21(金) 21:36:16.73 ID:LY7gbhx70

マミ「どうにか『ややガニマタ』くらいまで来たわね」

杏子「これ絶対明日筋肉痛になるよな… 座っていよう」

ほむら「……」

さやか「……」

まどか「……杏子ちゃん、そこまでそーっと腰降ろさなくていいんだよ」

杏子「だって中で動いちゃいそうだし」

マミ「タンポンだってあまり動かないわよ。そのためにヒモ付いてるくらいだもの」

杏子「そういやこのカップにも引っ張るところ付いてるな」

まどか「出す時はそれを引っ張って出してね」

杏子「今すぐ引っ張りたいわ」


40:2014/03/21(金) 21:38:21.96 ID:LY7gbhx70

32 :名無しさん :2014/03/21(金)01:50:07 ID:xaSKEeCeE
??まどかたちが帰った後??

マミ「少しは慣れてきたようね」

杏子「とりあえず、歩けるようにはなったぞ」

マミ「じゃあ次はちょっと動いてみましょうか」

杏子「だんだんチャレンジしたくなってくるような、もう出しちゃいたいような……」

マミ「ここまで来たんだもの。練習しましょうよ」

杏子「いや、そろそろ出す時間だな。確か最初は三時間くらいで様子みてみようって、まどかが」

マミ「寝る前には石鹸で洗うんだったかしら」

杏子「じゃトイレで外してくる」



41:2014/03/21(金) 21:43:47.61 ID:LY7gbhx70

杏子「マミ! 見て見て!」

マミ「ちゃんと洗えた?」

杏子「まだ洗ってないよ。ほら」タプン

マミ「早く捨てちゃいなさいよ!」

杏子「それがさ、よく見てると不思議なんだよ」

杏子「意外ときれいな色してるんだ」

マミ「……言われてみればそうね」

杏子「それにしても思ったより少ないんだな。三時間でこんなもんか」

マミ「ナプキンだといつも頻繁に変えるから、もっと多く感じるのかもしれないわね」

杏子「しかも毎回捨てちゃうからなぁ。よく考えたらもったいないな」

マミ「佐倉さんもカップ派になれそう?」

杏子「この調子で行ったら明日中には平気になりそうだしね」


42:2014/03/21(金) 21:45:28.63 ID:LY7gbhx70

??朝??

まどか「おはよう、杏子ちゃん。あれからどう?」

杏子「見てよこのゲッソリした顔」

マミ「昨夜は遅くまで寝付けなかったのよ」

杏子「だいぶいい線いったんだけど、やっぱり寝る時はまだまだ外してないとダメだ」

さやか「今は?」

杏子「朝付けてきたよ。でももう平気かな」

まどか「カップの良さが伝わったみたいだね」

杏子「うん。ありがとな、いいもの教えてもらっちゃった」

杏子「……ほむらも」

ほむら「え、ええ…」

杏子「来月楽しみにしてろよ」

ほむら「楽しみでしかたないわ」


43:2014/03/21(金) 21:49:29.00 ID:LY7gbhx70

??そして一ヶ月後??

杏子「ほ〜ら動くなって!」

ほむら「ひぃっ! やっぱりやめて! 入れないでぇ!」

杏子「うるさいな、お前が始めたんだろ! 覚悟を決めな!」

まどか「待って杏子ちゃん。ほむらちゃんも素に戻って頼んでるんだから」

ほむら「クスッ… かなめさん、助けてぇ」スリスリ

まどか「よ〜しよ〜し、甘えん坊さんめ」

ほむら「ごめんなさい… やっぱり無理だよぉ……」

まどか「あんな大きいの入れるんだもん、怖いよね」ナデナデ

まどか「かといって逃がさないけどね」クイッ

マミさや杏子(鬼畜生がいるわ……)

ほむら「いっ いやぁあああ!! 入れちゃダメぇ!!」


  おわり

日本でもカップ派が増えますように


44:2014/03/21(金) 21:51:26.51 ID:CftkCieZ0

期待の以上の面白さでした(変態並みの感想


45:2014/03/21(金) 21:51:38.68 ID:V/EdihE90

さすがGAIJIN!変態だぜ!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395327613/