1:2014/06/15(日) 18:27:08.51 ID:EFRilvpEo

久「よし、今日の部活はこれでおしまい」


全員「お疲れさまでした」


優希「やっと部活も終わったじぇ!」


優希「のどちゃん、タコスを食べに行かないか?」


『片岡優希:タコスが好きな清澄高校一年』


和「優希?タコスもいいんですけどそろそろインターハイの予選も始まるんですよ?」


和「順部は始めなくてもいいんですか?」

『原村和:おっぱいの大きいエトペン好きな私の親友だじぇ』


優希「う……」


優希「そんなこといっても清澄じゃキツいと思うじぇ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402824428



2:2014/06/15(日) 18:28:16.41 ID:EFRilvpEo

久「あら、そんなことないわよ?」

『竹井久:頼りになる麻雀部の部長だじぇ』


優希「え?」


久「優希のいう通りインターハイは強豪の風越って言うイメージはあるわよね?」


久「でも昨年の長野予選を制覇したのは龍門渕高校……」


久「風越の不敗神話に土をつけたのよ!」


久「さらに!そのメンバーは全員一年生だったのよ!」


久「ね?これでわかったでしょ?」


久「強豪と言われる風越だって風越だって絶対に勝てないわけじゃないの!」


久「ますは<<情報を集めて、相手のことを知ることがインターハイへの第一歩>>なのよ!」


3:2014/06/15(日) 18:28:55.63 ID:EFRilvpEo

優希「でも私情報なんて……」


和「大丈夫ですよ、優希」


和「そういうときの強い味方が『新免ゼミ』」


優希「うーん……そんなのいらないじぇ」


優希「それってたしか毎月麻雀の本が届くんでしょ?」


優希「だったらどうせ私の頭には入らないしいいじぇ」


和「優希……どうして最初から諦めたようなことをいうんですか!」


和「東場の強さで言えば、優希の方が上じゃないですか!」


和「私だってインターハイに出場しようと思って頑張っていますのに!


和「優希の意気地なし!もう知りません!」


バタン


4:2014/06/15(日) 18:29:23.88 ID:EFRilvpEo

優希「行っちゃったじぇ……」


咲「お、追いかけなくてもいいの……?」


優希「今ののどちゃんに会っても仲直りできそうな気がしないじぇ……」


咲「そっか……」

『咲ちゃん:読書の好きな私の親友だじぇ』


5:2014/06/15(日) 18:30:26.20 ID:EFRilvpEo

優希「はあーぁ……のどちゃんとケンカしちゃった……」


優希「でもなぁ、勉強なんて続いたことないし……」


優希「あんなのやったって……」


煌「おや、優希じゃないですか!浮かない顔をしてどうしました?」


優希「あ、花田先輩……実は……」

『花田先輩:インターハイにも出場したことのある憧れの先輩だじぇ!』


煌「なるほど……」


煌「たしかにそれは和の言う通りですね」


煌「相手の打ち筋を知って、それに合わせた対策をとらないとインターハイは厳しいでしょう」


優希「でも私に対策なんて……」


6:2014/06/15(日) 18:31:32.48 ID:EFRilvpEo

煌「そういうときのために『新免ゼミ』があるんですよ!」


優希「『新免ゼミ』……」


優希「のどちゃんも同じこと言ってた」


優希「でも私にそういうのは難しくて……」


煌「大丈夫です!誰でも続けられる工夫が『新免ゼミ』にはいっぱいなんです!」


煌「インターハイに団体戦の先鋒で出場した真剣使いがポイントを丁寧に解説してくれるんです!」


煌「さらにテキストは<<1日15分で終わる>>ように作られているんです」


煌「<<イラストも多くてわかりやすい>>ので集中力が続くんです!」


煌「もちろん団体戦だけでなく個人戦でのインターハイを目指すひとにはそれ用の対策も用意されているんです!」


煌「最新の雀士情報やお便りコーナーなんかの楽しい情報もついてくるんですよ?」


優希「そうか!<<短時間で楽しく学べるから、どんどん身に付く>>ってことなんですね!」


煌「そういうことです!」


優希「ありがとうだじぇ花田先輩!私もゼミやってみます」


煌「ええ、気をつけて帰るんですよ?」


??「まったく……対策だとかテキストだとか大変だな」


??「私のような王者になれば対策なんてしなくてもインターハイなんて余裕さ!」


煌「そんなことを言って足元すくわれてしまいますよ……?」


8:2014/06/15(日) 18:32:09.34 ID:EFRilvpEo

優希「ただいまだじぇ!」


優希「あっ!絶妙なタイミングでゼミから手紙が来てる!」


優希「なんと!今申し込めば期間限定で特別付録『覚えておきたい麻雀用語カード』がもらえるんだじょ!」


優希「お母さん!私、『新免ゼミ』始めたい!」


「『新免ゼミ』?急にどうしたの?」


「へえ、インターハイのための講座ねぇ」


優希「これなら私でも続けられそうな気がするじぇ!」


「そっかぁ、じゃあこれで頑張ってみる?」


優希「うん!ありがとうお母さん!」


9:2014/06/15(日) 18:32:44.18 ID:EFRilvpEo

数日後

優希「ただいまー!」


優希「あっ!すごい、もう届いた!」


優希「これなら県大会にもばっちり間にあうじぇ!」


優希「ポイントを絞って解説してあるから頭にも入りやすいし。見直しもスピーディー!」


優希「そして空いた時間は用語を復習!」


優希「<<自分のペースで無理なく>>進められるじぇ!」


10:2014/06/15(日) 18:33:18.09 ID:EFRilvpEo

翌日

優希「のどちゃん」


和「はい?」


優希「この前は悪かったじぇ、せっかくゼミを勧めてくれたのに」


和「いえ、私の方もひどいことを言ってしまってすいません」


優希「それでさ……私も『新免ゼミ』始めたんだじぇ」


和「本当ですか?」


優希「だからまた一緒に全国で戦うじぇ!」


和「ええ、そうですね」


京太郎「なんだ、優希も始めたのか」


優希「どういうことだじょ?」


和「須賀くんも『新免ゼミ』始めたみたいですよ?」


京太郎「これなら俺も続けられそうだったしな」

『京太郎:麻雀部唯一の男子部員だが雑用をしていることが多い』


優希「ま、いくら京太郎がゼミを始めたとは言ってもこの優希ちゃんにはかなわないだろうけどな!」


京太郎「なんだとー?」


まこ「一応部活中なんじゃがのう」

『まこ先輩:雀荘の娘で優しい副部長だじぇ!」


咲「ま、まあまあ」


11:2014/06/15(日) 18:33:47.46 ID:EFRilvpEo





『ゼミを始めてからインターハイの対策に集中できる!




 集中できるから、それ以外の時間もしっかり確保できるんだ!』







12:2014/06/15(日) 18:34:44.94 ID:EFRilvpEo

優希「それ、ロンだじぇ!」


「あちゃー、優希ちゃん強くなったねー」


優希「私は常に進化しているからな!」


和「東風戦以外はどうなんですか?」


優希「それはいわないでほしいじぇ……」


和「ほら、県大会は半荘戦なんですよ?」


まこ「まあそう一朝一夕での急激な成長は難しいじゃろう」


靖子「まあ、カツ丼でも食べてリラックスしな」

『藤田プロ:まくりの女王とも呼ばれるプロ雀士だじぇ!』


優希「いただきます……あ」


和「どうかしました?」


優希「ああ、いやその……」


優希「東場のエネルギーを南場にいくときに補給すればいいんじゃないかと思って……」


和「ふふ、優希?麻雀のことを考えるのもいいですけど今はバイト中だということを忘れないでくださいよ?」


優希「それもそうだな、ごめんだじぇ!」


靖子「じゃあ次はあたしが打ってやろう」


優希「じぇじぇじぇ!?」


13:2014/06/15(日) 18:35:17.71 ID:EFRilvpEo






『麻雀も対策も絶好調だじぇ!』







14:2014/06/15(日) 18:35:46.13 ID:EFRilvpEo

県大会団体戦前日


優希「直前の対策もゼミがあれば心配無用だじぇ!」


優希「直前重点ポイント復習BOOK!」


優希「麻雀で頻出のすじなんかを総まとめしているから、これさえ押さえればバッチリ!


優希「そしてちょっとした時間も細かい打ち筋の確認に使えば」


優希「時間を無駄にすることなく効率的だじぇ!」


優希「うん!手ごたえあり!」


15:2014/06/15(日) 18:36:41.05 ID:EFRilvpEo

県大会予選当日


優希「……とはいったものの」


優希「やっぱり緊張するじょ」


優希「そろそろ対局が始まるじぇ……」


和「優希、そろそろ出番ですね」


優希「のどちゃん!」


和「大丈夫ですよ優希」


和「ゼミで学んだことを活かせばきっと上手くいくはずですよ」


優希「そうだじぇ、私、頑張って来る!」


『団体戦一回戦先鋒の選手は会場に集合してください』


16:2014/06/15(日) 18:37:28.88 ID:EFRilvpEo



優希「そうだじょ、あれだけゼミで頑張ったんだ」




優希「きっと上手くいく!」




『それでは団体戦一回戦対局開始です』




17:2014/06/15(日) 18:39:01.33 ID:EFRilvpEo



優希「ふむ、そこで六萬を切るか……」



優希「ここまでの捨て牌」



優希「ここまでの相手の打ち回しーー」



優希「間違いないじぇ!」




19:2014/06/15(日) 18:40:32.78 ID:EFRilvpEo

>>18訂正



         f'"´`ヽ//:,..:-イ ./: : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:. : \  __   ,..---、
          i     レ′/,..:/ / / /: : :/: : : ; : : : : : : : :i: : : : :ヾ ,ゝ-<: ∠ ̄`ヽ
.         |      |/.:/ / / /:./ :..::/.: /;.ィ: : ; : : : :|: :.|: : : i: : :ヾ   )-、 : `丶、
       |      i.:./ / / /../、./:/:.:.///:.:./!:.i.:.:..:|:.:. !.|: : |: : : :`r-<: :.:.:\ー、ヾ、
.         |     V:/.:/ ./ !.../>!、.// i:.:./ ! :!.:.:.:i!:.:.:|:|:.:...|: :!: : :ト、: :ヾ:、:.:.ヽ、ヾ、!
          |       i:.:/:.∧:.:i|:/!ハ:.:.iメ、.i:.:/ /:/:.:. i| .:.:i|:|:.:.:.|:.:.|: : :i|丶:.:.゙、.i.:.:i:.iヽ:.iリ
        |       V:.:/;.:.VY'≠=ミ、`ト! /,ィ:.:.:;〃:. !.:|:._/.i.:.|;.:.:.|:! |i:.:.:.:i:|:.:l|:i| i:|
.         |         i://:.:./{ R:::::;:;::!ヾ|乂/ /ィ大フ'7´/./:/i  |:| ハ .:.:.:.|:.:! i| リ
          |        |:i:.:.:f.| 辷ーン  ノ_,.ノ彳::::::ミ<イ:./:/ i! .:.iノ' /:/:.:/:/ /
            i         |:!:.:iト! ⊂⊃         iユ::;:;::/ 〉'/イ:ノ:ノノ // :ノ:/ノ
      ,..-、__ノ!      |ハ:.||:.゙、        ′ 弋_ン イ'"´ノレイ ノノ'"ノノ´    この場面、ゼミでやったのと同じだじぇ!
      ノ     li      ト、Wヽv\  (`^ー-v、 ⊂⊃/ノ|:.:.:.:.: : | '"´ '"´
  r‐'" i    !〉       iヾ、:、::`ヽ 、 ` ー '′   /:.: /:.:/:.: :i |
  ノ.    |    |      ヽ、 ヾ:、:::::\ー==ニエ,´イ:.ノイノi:.: :.ル′
./ i   |      i  _ _/  ヾ、 ゙、i、、:::::ヽ_,.、,.._ /、__'" レ'ツ:.ノ
!  |   |    ├'         `ー-Lヽ_、.ヽ!ハ,ュ....._ir.、 '"´
| |   ヽ     |            ̄ ̄ ̄       ̄`ヽ
ヽ ヽ   ヽ   ヽ                        ___ノ


20:2014/06/15(日) 18:41:27.08 ID:EFRilvpEo



優希「あからさまな引っかけリーチは筋の三萬を避けて……」



優希「よしっ、きたじぇ!」



優希「ツモ!親の倍満で8,000オールだじょ!」



優希(決まったーー)




21:2014/06/15(日) 18:41:54.57 ID:EFRilvpEo

そしてーー


『県大会団体戦女子の部決着!優勝は清澄高校です!!」


優希「ついにやったじぇ!」


まこ「まさか本当にいけるとはのう」


久「ええ、今でも実感がわかないわ」


和「でも、これでみんなでインターハイにいけますね!」


京太郎「まさか咲があそこから逆転するなんてなあ」


咲「た、ただいまあ……」


「「「「「おかえりなさい!」」」」」」


22:2014/06/15(日) 18:42:22.71 ID:EFRilvpEo

「今日も練習するじぇ!」


「はい、頑張りましょう」


『無理だと思っていたインターハイ』


「元気ねえあの子たち」


「ほとんど同い年じゃろうが」


『だけど『新免ゼミ』がそれを叶えてくれた』


「ほら、咲、置いてかれちゃうぞ?」


「待ってよみんなー」


『ここからインターハイへの一歩を踏み出そう!』



カンッ!


23:2014/06/15(日) 18:44:37.48 ID:EFRilvpEo

??「そんな……」


??「団体戦制覇どころか一回戦負けなんて……」


煌「どうかしたんですか?」


??「ふん、どうせあんたも予選落ちでしょ!」


煌「このたび先鋒としてインターハイに出場が決定しました!」


煌「すばらです!」


??「こ、個人戦では負けないからな!!」



もいっこカンッ!


24:2014/06/15(日) 18:46:38.21 ID:EFRilvpEo

以上です

新免さんが誕生日だったので書きました

ちなみに彼女の讃甘高校も『進○ゼミ』のベ○ッセもどちらも岡山です

読んでくださった方ありがとうございました

HTML化依頼出してきます


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402824428/

→→もっと咲-Saki-を読む←←