1:2015/04/26(日) 22:29:35.43 ID:MSNifYWw0


久「うーん…それは困ったわね…」

まこ「これから和の出番じゃと言うのにのう…」

和「ど、どうしましょう…エトペンがないと、私…私…!」

咲「の、和ちゃん…落ち着いて…!」

優希「あ!」

和「ど、どうしたんですかゆーき!心当たりでも!?」

優希「そういえば…」

優希「>>3」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430054965



3:2015/04/26(日) 22:32:01.02 ID:kSAmmempO

さっき愛宕妹が強引なドリブルで連れて行った


9:2015/04/26(日) 22:43:09.94 ID:MSNifYWw0

優希「そういえばさっき姫松の副将の人が…」

咲「私たちが丁度部屋を開けていた時だね」

まこ「優希が一番早くに戻ってきたんじゃったのう」






優希「ん?何か控え室が騒がしいじょ」


恭子「き、絹ちゃん!」

絹恵「す、すみません末原先輩…でも私、私…あの時のキックが忘れられなくて…!」

絹恵「今度はきちんとした環境で蹴ったらどうなるのか…試したくて…!!」

洋榎「ははーん。一目惚れっちゅーわけやな。こいつも罪なペンギンや」

洋榎「愛宕姉妹の妹のハートを一瞬で鷲掴みにしたっちゅーわけやからな!立派なもんやで!」

由子「今は逆に鷲掴みにされてるのよー(物理)」

漫「そ、そうやで絹ちゃん…!」

絹恵「そ、そうですね!いつまでも持ってちゃいけませんね!」


12:2015/04/26(日) 22:50:47.29 ID:MSNifYWw0


絹恵「やっぱりサッカーは足で運ばないと!」

恭子「どうしてそうなるんや絹ちゃーん!?」

優希「あ、あの…?」


絹恵「す、すみません!少しだけこのペンギンをお借りしてもええですか!?」

優希「いや…その…」

絹恵「ね!?ね!?良いですよね!?」

優希「いや…それはのどちゃんのだし…」

絹恵「代わりに>>13を置いていきますんで!」ダッ

優希「ちょ…!?」


13:2015/04/26(日) 22:51:28.04 ID:QeqgngFbo

京太郎


18:2015/04/26(日) 22:58:27.84 ID:MSNifYWw0


絹恵「これ、うちが寝る時に使ってる犬のぬいぐるみ!京太郎って言うんですけど…」

優希(京太郎…本当に犬になったか…)

洋榎「へい絹ー。パースパース」

絹恵「ホンマすみません!それじゃ!」


優希「行ってしまった…」

恭子「ホントすみませんうちの姉妹がホントすみません」ペコペコ

漫「原村さんとは副将戦でまた会いますよね?」

由子「その時までに傷一つなく戻すように説得するのよー…」

恭子「ホントすみません。ホントに…」

優希「いや…はい…。うん…」






優希「ーってことがあって…」

まこ「押し切られたのう」

京太郎「俺は犬じゃないっつーの!」



19:2015/04/26(日) 23:04:09.42 ID:MSNifYWw0


和「……で、これがその京太郎ですか…」


京太郎(犬のぬいぐるみ)「」


久「あははは。可愛いじゃない」

咲「うん、京ちゃんより可愛いね!」

京太郎「こーら咲ぃ!」グリグリ

咲「ふぉめんなふぁいぃ」

優希「すまないのどちゃん…ホントはもっと早く報告するべきだった…」

和「…かわいい…」

全員「ん?」


和「コホン。…じゃ、なくてですね…!」

和「いくら何でもこれをエトペンの代わりにするのは無理です!」

和「聞いてる限りでは、エトペンが無傷で帰ってくる保証もありませんし…」

和「な、何か他にないんですか?」


まこ「んー。そうじゃのう…」

まこ「>>22とかなら、持ち合わせはあるんじゃが…」


22:2015/04/26(日) 23:04:59.03 ID:TrXYnRio0

危ないクスリ


23:2015/04/26(日) 23:12:49.45 ID:MSNifYWw0


まこ「丁度あれじゃな。…タミ○ルなら持ってるんじゃが…」

優希「おぉ…。一見すると良薬に見えるが、使い方を誤ると危ない薬になる、あのタミフルか…」

京太郎「というか何でそんなもん持ってるんですか?」

まこ「いや、備えあれば憂いなしとでも言うじゃろ?色んな薬を持ち込んだんじゃ」

久「あー。それで、この須賀君(犬)を幻覚でエトペンに見せようと」

咲「タミフル…そんなものだったなんて…怖いよぉ…」ガタガタ

和「SOA!安心してください、咲さん!」

和「そもそもインフルエンザにもかかってませんし、幻覚を見るのはもっと小さな子供です!」

和「使い方さえ間違わなければ安全な薬ですから!」

和「………じゃなくて!もっと一時的な代用品みたいなものはないんですか!?」

久「んー。それなら良いのがあるじゃない」


久「>>26とか」



26:2015/04/26(日) 23:14:04.06 ID:e0qR0oHCo

ハギヨシのそっくりさん


30:2015/04/26(日) 23:23:39.44 ID:MSNifYWw0


久「ちょっと待っててね。うってつけの手があるから」ニヤニヤ

咲「何が始まるんですか…?」

まこ(これ絶対楽しんでる目じゃ)


久「あー。そうそう。ちょっと用立てて欲しいんだけど…」

揺杏『はぁ?』

久「まぁ良いじゃない。一緒に準決勝戦った仲でしょう?」

揺杏『しゃーないなぁ』


揺杏「……って、事で渋々呼ばれてきました岩館揺杏です」

揺杏「で、これが久おねーさんが言ってた人?」

京太郎「ん?」

久「そうそう♪」


32:2015/04/26(日) 23:29:26.60 ID:MSNifYWw0


揺杏「ふーむ。素材は良さそうだ。これはやりがいがあるね」

京太郎「あ、あはは…良く分かりませんが、お手柔らかに…」

揺杏「そんじゃちょっとこの人借りまーす」

久「ごゆっくりー♪」


数分後


揺杏「じゃーん!どうすかこれ!!」


京太郎(執事服)「あ、あははは…」


咲「おおぉぉぉぉぉ!?」

優希「きょ、京太郎!?お前京太郎か!?」

京太郎「いや…執事服って、恥ずかしいですね…」

久「どう!?これで須賀君はハギヨシさんのそっくりさん!」

和「部長のフィルターは執事服なら何でもかんでもハギヨシさんなんですか!?」


33:2015/04/26(日) 23:34:03.11 ID:MSNifYWw0


揺杏「いやホントは黒髪にもして欲しいってリクエストも聞いてたんだけど、時間ないからそこは断念した」

揺杏「丁度執事服持ってて良かったよ。やっぱ用意しておくもんだね」

まこ「じゃろ?用意は大事じゃ。あ、わし染谷まこ。宜しくのう」

揺杏「あ、同級生だったよね?宜しくー。で、何でこうなってんの?」

まこ「いや、実はのう…」


久「こうして私は北の代表校との繋がりを確固たるものにした…めでたしめでたし!」

和「どこがめでたしめでたしなんですか!」


咲「京ちゃん京ちゃん!あれ!あれやって!消えるやつ!!」

優希「よし!そんでもっかいタコス買ってこい!」

京太郎「か、勘弁してくれ!」


和「何か私以外の二人が夢中になってますし!何かないんですか他に!?」

咲「んー…。そうだなぁ…」

咲「>>35とか、どうかな?」


35:2015/04/26(日) 23:35:14.89 ID:QZou73Plo

ダチョウの卵


37:2015/04/26(日) 23:45:08.70 ID:MSNifYWw0



ゴロッ


和「なんですかこれ」

咲「ダチョウの卵です!」

揺杏「おぉ。でっか」

和「いや何でそんな物持ってるんですか咲さん!?」

咲「実はお姉ちゃんと仲直り出来たら、この大きな卵でプリン作ってあげようと思って…」

まこ「良い話じゃのう」

久「感動的ね」

和「いやいやいやいや!賞味期限!咲さん!?賞味期限考えましょう!?」

咲「あ、大丈夫だよ。今日試合終わったらプリン作って冷蔵庫で保存するから」にこにこ

和「そういう問題じゃなく!大体、何でそんなの私に持たせるんですか!?」

咲「それは…信じてるから」

和「へ?」

咲「私が、和ちゃんの事を…信じてるから……」

和「さ、咲さん……!」


38:2015/04/26(日) 23:51:25.28 ID:MSNifYWw0


咲「和ちゃん…」

和「咲さん…」


『準決勝、副将戦が間もなく始まります』

『選手の方は会場へとお集まりください』


和「し、仕方ないですね…。エトペンがいないことですし…」

和「丁度大きさも同じくらいですし、これを持ってとりあえず会場に行ってみますよ」


まこ(ええー……)


咲「頑張ってね、和ちゃん!」

和「はい、咲さん!」


優希(のどちゃんの咲ちゃんフィルターこそ大概だじぇ…)

京太郎(どうなるんだこの大会…)



揺杏「そんじゃま、何かあったらまた呼んでね」

久「うん、ありがとうね」


39:2015/04/27(月) 00:01:21.84 ID:9AVKHT8F0


-準決勝会場-


和「あ、エトペン…!」

絹恵「原村さん!本当に無茶なお話ありがとうな!」

絹恵「この子、思ったとおり蹴り心地抜群やった!」

和「そ、そうですか…。そうなるとこのダチョウの卵、要らないですね…」


由暉子「」てくてく


絹恵「え、何なん?それ」


由暉子「」てくてく


和「実はですね…」てくてく


和・由暉子「あっ…」ボヨンッ


ふわっ


和「あ」

由暉子「タマゴ…上がりましたね…」



『あーっとぉ!絶好のループボールが上がったあああああああああぁっ!!』



絹恵「!!!!!!!!!!!!」



42:2015/04/27(月) 00:08:06.14 ID:9AVKHT8F0


絹恵「ピンチ…いや、チャンスや!エトペン!いっくでー!!」

和「え?え?」

絹恵「キーックぅうううううううう!!!」ドシュァッ


『妹の愛宕選手の上空めがけたペンギンの蹴り上げが入るぅううううううううううっ!!』

『何してるの…』


ゴッ


絹恵「ヒット!!」

ダヴァン「Woo…素晴らしい命中力でス」


ビキッ


和・由暉子・絹恵・ダヴァン「あっ」


44:2015/04/27(月) 00:14:15.08 ID:9AVKHT8F0


咲「ああ!あのままじゃ和ちゃんたちがダチョウの卵の黄身塗れに!」

まこ「あんな高いところからじゃその飛び散る範囲は広い!回避は不可能じゃ!」

久「エトペンと同じ大きさの卵というのがここで災いしたわね!」

優希「華の女子高生の黄色く塗れた姿とか放送禁止だじぇ!!!」

咲「おまけに何の因果かおもち持ちばっかりで大変だよ!!」

久「くっ…!!何か止める方法はないの!?」

優希「このままでは…のどちゃんが痴態を晒すことに…!!」


まこ「………お前の出番じゃ!ダブル京太郎!!」


京太郎「!?」

京太郎(犬)「」



45:2015/04/27(月) 00:22:25.21 ID:9AVKHT8F0


まこ(さっき岩館さんに聞いたところ…限られた執事服にはブーストを掛ける事が出来る…お前が着とるのもその一つじゃ…)

まこ(今から執事服を着替えさせる時間はない…今の和たちを救えるのは…お前しかいないんじゃ!)


京太郎「……っ!」 ギャギャギャギャギャッ(加速音)


まこ(まず、場内のカメラを止める…。これを使え、京太郎)

京太郎(こ、これは…)

まこ(危ない薬じゃ。タミフルなんかより相当やばい、な…)

京太郎(!!!)

まこ(ま、何事も用意しておいて損はないってことじゃな…)

まこ(まずはこの危ない薬…即効性のある睡眠薬を、場内のカメラマン他に飲ませる!)


Start up


京太郎「うおおおおおおおおおっ!!」ビュッ ビュウッ!


カメラマン「がっ…」

カメラマン「Zzzzzzzzzzzzzz」


京太郎「まず一つ!」



46:2015/04/27(月) 00:30:57.85 ID:9AVKHT8F0


まこ(そして次に…京太郎(犬)とエトペンをすり替える!)

京太郎「うああああああああああああっ!!」

まこ(こうすることでエトペンへの被害を無くす!)

京太郎「うおおおおおおぁあああああああっ!!」ダッ


京太郎(犬)⇔エトペン


京太郎「入れ替え完了!」

まこ(選手全員が卵の中身塗れになったら、流石に放送なんて出来ん。試合開始は遅らすじゃろう…)

まこ(そうなれば、服も着替えることも出来るし、シャワーなりの時間も取れよう)

まこ(じゃが、卵を浴びたぬいぐるみはそうはいかん…)

まこ(染みも、匂いもすぐには取れんじゃろう…)

まこ(そんなエトペンを持った和が本気を出せると思うか?出せんじゃろう?)

まこ(じゃから、まずは最大限のリスクから回避するんじゃ)


まこ(?和たちの痴態を全国に晒さない)

まこ(?落ち着いた後に、和が本気を出せるようエトペンを確保する)

まこ(これが、京太郎…お前が最低限やらなくてはならないことじゃ…)


京太郎「?まで終わりましたよ、染谷先輩…。……あと、一つ!」



47:2015/04/27(月) 00:36:19.02 ID:9AVKHT8F0


まこ(そして、最後に…)


京太郎「四人、全員の……救助!!」


まこ(京太郎。もし?まで出来たなら、それだけでもおんしは良くやったと言える)

まこ(じゃが、仮に同じ状況に……ハギヨシさんが立たされたのなら…)

まこ(これが龍門渕で起こった出来事だったなら…)


京太郎「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!」


まこ(全ての行動を時間内に終わらせる事が出来るじゃろうが…)



3

2

1


京太郎「俺だって、俺だって…!」

京太郎「麻雀部の役に立ちたいんだよおおおおおおおおおおっ!!!」




Time Out

Reformation



ビチャッ ビチャビチャッ


48:2015/04/27(月) 00:39:00.61 ID:9AVKHT8F0


和「きゃあっ!」

由暉子「きゃっ…」

絹恵「うわっ!」

ダヴァン「Shit!!」


京太郎「………ぐっ!」

京太郎「所詮俺は…ハギヨシさんにはなれない…ハギヨシさんのソックリさんで終わるのか…!!」


京太郎「すまない…っ!!すまないみんな!」クルッ


50:2015/04/27(月) 00:41:26.61 ID:9AVKHT8F0




和・由暉子・絹恵・ダヴァン「エトペン(ペンギン)が京太郎(犬)になってるーっ!!!」キャッキャッ




京太郎「………」

京太郎「は?」ビッショリ



51:2015/04/27(月) 00:47:57.54 ID:9AVKHT8F0


和「すごいすごい!見ました皆さん!?」

由暉子「見ました見ました!何があったんでしょうか!?」

絹恵「京太郎(犬)!あんたやるやん!そんなことも出来るんか?」

ダヴァン「アメイジング…!日本に来て、一番驚きましタ!」


咲「和ちゃん、大丈夫!?」

和「咲さん!?見ました?今の!」


和「エトペンが、ないんですよ!!」



カンっ!


53:2015/04/27(月) 00:53:52.68 ID:9AVKHT8F0


<あ、でも…咲さんの大事な卵を割ってしまいました…

<じゃあ、今度一緒に買いに行こう?ねっ?

<咲さん…

<それより、お風呂行こう?


わいのわいの




京太郎「………」

まこ「お疲れさんじゃのう、京太郎」

揺杏「あ、やっぱり君か。ユキの痴態を全国に晒さずに済んで助かったよ。ありがと」

京太郎「そっか…あいつらには一瞬の出来事だから何があったか分かってないんですね…」

京太郎「最後まで出来れば俺がやったって事を分かってもらえたのに…」

揺杏「………あのさ、一言だけ良いかな?」


54:2015/04/27(月) 01:03:10.47 ID:9AVKHT8F0


揺杏「君は恩を売るために、何かやったわけ?」

揺杏「違うでしょ?ただ、人を助けたいと思ったから行動した」

揺杏「エトピリカになれなかったエトペンのように、君は完璧な執事にはなれなかった」

揺杏「でも君は、別に執事って訳じゃないでしょ?」

揺杏「君のおかげで助かった人がいる。それで良いっしょ」

揺杏「それに……誰にも知られなかったわけじゃ、ない」

揺杏「今ここに、君の勇姿を知ってる人は、いる」


京太郎「岩館、さん…」


揺杏「…げっろ。何言ってるんだろ、私。キャラじゃないわ」

まこ「……まぁ何じゃ、お疲れ…って話じゃな」


55:2015/04/27(月) 01:16:05.79 ID:9AVKHT8F0


揺杏「ま!そういうわけだから!今度会う時にはこんな説教されないように、男磨いとけ!」

京太郎「え、今度…ですか?」

揺杏「あったりまえじゃん!君、素材は良いんだから。ユキと一緒にまとめて面倒見てやんよー。じゃ!」


まこ「…ふっ。良かったのう、京太郎。頼れるお姉さんに気に入られたみたいじゃぞ?」

京太郎「べっ、別に…俺の好みはもっと胸の大きい人ですし…」

まこ「でも、嬉しかったじゃろ?」

京太郎「そ、そりゃ…まぁ…」

まこ「だったらもっと素直に喜びんさい」にやにや

京太郎「岩館さん、かぁ…」

京太郎(確かに俺はハギヨシさんにはなれない…。なろうとしている憧れだとしても、俺はハギヨシさんじゃないから…)

京太郎(俺は、俺だから…。また会う時まで…待っててください、岩館さん…!」


まこ「で、男気を磨かなきゃいけない京太郎」

京太郎「?」

まこ「早速会場の片付けをして、男気ポイントを…」

京太郎「あ、そういえば岩館さんの連絡先を聞いておかないと!」ダッ Start Up


まこ「………発破掛けすぎた…」

久「どうしたの?」

まこ「京太郎が、いないんじゃ…逃げたんじゃ…」


カン!


56:2015/04/27(月) 01:25:03.55 ID:9AVKHT8F0

というわけで安価してくださった皆さんも読んで頂いた皆さんもありがとうございました。
安価は難しい。いや本当に。捌ける人ホント尊敬します。
あと和なら「ない」じゃなくて「いない」って言いますね。1レス目投稿して即後悔した。

寝て起きたらHTML化申請致します。ありがとうございました。


57:2015/04/27(月) 01:28:38.08 ID:yw5AdDP5O




58:2015/04/27(月) 01:29:42.02 ID:QKKR54CKo

乙乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430054965/