1:2014/04/15(火) 01:28:24.90 ID:MgDX1LzSO

久「え、何言ってるの?和…」

和「え、だって今、エトペンから声が…」

まこ「お前さんらしくないのう、ぬいぐるみが喋るだなんて…」

和「み、皆さんには聞こえないのですか?」

エトペン『そう、和ちゃんにだけ聞こえるように話している』

和「ほ、ほら!今もまた喋りましたよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397492904



2:2014/04/15(火) 01:30:24.87 ID:MgDX1LzSO

途中から人によっては閲覧注意になるかも。お気を付けを。


4:2014/04/15(火) 01:37:14.43 ID:MgDX1LzSO

咲「和ちゃん…あなた、疲れてるんだよ。もっとリラックスして、ね?」

和「そんな、ホラー展開のフラグが立つようなこと言わないでくださいよ」

優希「のどちゃん…おっぱいが重すぎて疲れちゃったのか?この贅沢ものめー!」

エトペン『あはは、相変わらず愉快なお友達だねー』

和(やっぱり私にしか、聞こえてない…)


5:2014/04/15(火) 01:46:52.06 ID:MgDX1LzSO

帰り道

和(結局、あれからエトペンは何度か発言しましたが、誰にも気付かれませんでした)

和(いったいエトペンに何が…)

エトペン『まぁまぁ、和ちゃん。そんなに難しく考えないで。』

和「お、おかしいでしょう。人形が喋るなんて。そんなオカルトありえません!」

エトペン『あはは。さっきは、まさに和ちゃんが有り得ないって目で見られてたじゃないか。』

和「そりゃ、ぬいぐるみの人形が喋ったなんて言ったら、怪しまれますよ。」



6:2014/04/15(火) 01:52:54.12 ID:MgDX1LzSO

エトペン『まぁ皆のいるところでは声に出さなくていいからさ。2人のときは話し相手になってよ。』

和「ふーむ。仕方ないですね。理解の範疇を越えてますが、今は現状を受け入れるしかないですよね。」

エトペン『うん、じゃあ帰ろう。』トコトコ

和「あ、待って下さいよ……」

和「…」

和「…え?」


7:2014/04/15(火) 01:58:33.81 ID:MgDX1LzSO

和「あ…あぁ!動いてる!?」

エトペン『おっと失礼。言い忘れてたけど動くことも出来るのだ!』

和「のだ、って…どういう原理なんですか?」

エトペン『さぁ?』

和「ええっ!?わからないんですか!?」

エトペン『和ちゃんにオカルトの存在を示すために、神様が与えてくれた力かもね?』

和「SOA!」


8:2014/04/15(火) 02:10:08.73 ID:MgDX1LzSO

後日
和(結局、原因がわからないまま数日が経ちました)

エトペン『さぁ和ちゃん、朝だよ、朝ご飯食べて学校行くよ』

和「こらエトペン!勝手に動いちゃダメです!お父さんに見つかったらどうなるか…」

エトペン『わかったわかった、おとなしくしてるよ』

和「学校でも動き回っちゃダメですよ?皆に声は聞こえなくても、大騒ぎになりますからね。」

和(なんだかすっかりエトペンが動いて喋る生活に馴れてしまいました…)


9:2014/04/15(火) 02:19:11.37 ID:MgDX1LzSO

そして部活中

咲(よし、カンできそう!)

和「カン」

咲「!?」

優希「おりょ?のどちゃんが…?」

咲(私の嶺上牌が…)

久(今の…和は最初からカンするつもりで組み立ててた?わざわざ大明カンしなくても手は進んだはずなのに…

まるで嶺上牌を咲から奪ったように見えた…)

和「ロン、トイトイにカンドラがのってドラ3ですね。」

咲「は、はい…」



10:2014/04/15(火) 02:27:24.91 ID:MgDX1LzSO

優希「よーし、次は私が相手だじぇ。東場なら負けないじぇ!」

和「ポン」

優希「じょ!?」

和「ポン」「チー」

まこ(何!?)

和「ツモ、500、300です」

優希「東場で私が競り負けた!?」

まこ(速さ勝負で出鼻をくじいた?和にしちゃ乱暴すぎる打ち方じゃが…)


11:2014/04/15(火) 02:35:29.86 ID:MgDX1LzSO

エトペン『ふふ、流石に人形がしゃべったり動いたりするのに比べれば、麻雀の流れくらい認められるようになったかな?』



咲「和ちゃん、大丈夫?調子…は悪くないか、むしろ良いもんね。」

和「そうですね、私にしては強引な戦法でした。けど咲さんやゆーきを相手にしたら、どうしてもあんな手くらいしか思いつかなくて…」

久「戦法!?和が相手によって打ち方を変えたっての!?」



12:2014/04/15(火) 02:44:04.89 ID:MgDX1LzSO

和「え、えぇ、何だか咲さんやゆーきのような打ち方もあるんだなって思えて…」

優希「やっぱり変だじぇ…いつもの和らしくないというか…さては男の子に恋でもしたな!」

咲「わわっ、そうなんだ!応援するよ、和ちゃん!」

和「ありえません、男の人に興味なんて」

咲「や、やっぱりいつもの和ちゃんだね…」

エトペン『……』


14:2014/04/15(火) 02:53:01.54 ID:MgDX1LzSO

久「はい、じゃあ部活終了ー」

一同「お疲れ様でしたー」

久「須賀くんは女の子達を送ってってあげるのよ」

京太郎「任せてください!」


帰り道

和「じゃあ皆さん、私はこっちですから」

マタアシター バイバーイ

和「…」テクテク

エトペン『和ちゃん…』

和「何です?お話できなくて、寂しかったですか?」


16:2014/04/15(火) 03:06:30.84 ID:MgDX1LzSO

エトペン『そこまでやわじゃないよー。ところでさ、さっきの部活でさ、男に興味ないって本心?』

和「なんです、急に?まぁ今の所考えてませんねー」

エトペン『ふーん。あの須賀くんって少年はどう?』

和「くすっ、恋人にってことですか?それこそありえません。須賀君はゆーきと良い仲ですからね。」

エトペン『へぇ…ゆーきちゃんが…意外だね。じゃ和ちゃんは本当に恋愛に興味ないんだね。』

和「そーですねー」

エトペン『ふーん…』


18:2014/04/15(火) 03:11:16.07 ID:MgDX1LzSO

帰宅後

和「さて、じゃあお風呂に入ってきます。」

エトペン『僕も連れてってよ。洗ってほしい。』

和「え…エトペンと一緒に入るんですか?」

エトペン『なんだよー、つれないなぁ。』


24:2014/04/15(火) 04:02:03.92 ID:MgDX1LzSO

エトペン『今更恥ずかしがることないだろー』

和「そ、そうですけど…」

エトペン『それとも人形に見られるくらいで恥ずかしがっちゃうほどウブなのかな。そんなんじゃ彼氏が出来たとき大変だよw』

和「その予定はありませんから、ご安心を!!」

エトペン『えー、つまんないのー、洗ってよー、洗ってよー』ジタバタ


25:2014/04/15(火) 04:20:18.84 ID:MgDX1LzSO

和「あー、もー暴れないでください。わかりました、いいですよ。一緒に入りましょう。」

エトペン『わーい!』

和「そのかわり、いやらしい言葉でからかったりしないで下さいよ。」

エトペン『おー、いいねー、ゆこう、すぐゆこう』

和「え、えぇ、ゆきましょう」

エトペン『そういうことになった』

和「?」


26:2014/04/15(火) 04:25:45.01 ID:MgDX1LzSO

脱衣所


エトペン『…』ジー

和「何ですか?」

エトペン『脱がないの?』

和「ぬ、脱ぎますよ、お風呂に入るんですから」

和「でも…その前に…」ヒョイ

エトペン『え?』

ガラッ ポーイ

和「先に浴室に入ってて下さい」

エトペン『なんだよー、脱ぐとこ見せてよー!』


27:2014/04/15(火) 04:35:23.73 ID:MgDX1LzSO

和「いやらしいこと言ったら一緒に入りませんよ」

エトペン『ちぇっ…(まぁいいや、どうせ入るときは拝めるだろうし…)』

ガチャ

和「お待たせしました」

エトペン『…』

和「?」

エトペン『何でバスタオル巻いてるの?』

和「だって…」

エトペン『お風呂入るんでしょ?』

和「…」

エトペン『…』

和「あぁもう!わかりましたよ。人形相手にバカバカしいです。見たければ勝手に見なさい!」ハラリ


28:2014/04/15(火) 04:41:37.43 ID:MgDX1LzSO

エトペン『……』

和「な、なんで黙ってるんですかぁ…」プルン

エトペン『二つの峰に豊かな裾野…そして山頂には桜色のポッチが…』

和「か、解説しないで下さい」プルルン

エトペン『とっさに両の手で胸を隠す和ちゃん…だが覆い切れずに溢れ出すおもち…』


29:2014/04/15(火) 04:50:46.07 ID:MgDX1LzSO

エトペン『視線を下に移せば、両の足の付け根には…あっ、体をひねって隠さないでよ。こっち向いて!』

和「もう、馬鹿なことしてないで洗いますよ。」プルンプルン

ガシッ ワシャワシャ

エトペン『うわっぷ…も、もうちょっと優しく…』ゴシゴシ

和「いやらしい人形にはこれで十分です」タユンタユン



30:2014/04/15(火) 05:02:32.34 ID:MgDX1LzSO

エトペン『もうちょっと下…』

和「ん?かゆいとこでもあるんですか?」プルン

エトペン『もうちょっと下向けて…』

和「あ、目にお湯が入っちゃいましたか?ごめんなさい、このくらいの角度でいいですか?」ポヨンポヨン

エトペン『うん、これでよく見える。和ちゃんの股間が。下の毛もピンクなんだね。惜しむらくは毛で隠れて肝心の部分まで見えないところが…』

和「えいっ、ニーキック!!」タユーン

エトペン『ぐはっ』

和「反省するまで…」カラダアライ
「そこで干されててください!」ユブネツカリ


37:2014/04/16(水) 01:43:18.44 ID:+rj71vESO

エトペン『そういえば和ちゃん、ゆーきちゃんとも仲いいけど、咲ちゃんともずいぶん仲いいね』

和「何です?私の大事な友人ですよ」

エトペン「友人というより恋人を見るみたいだよ」

和「女の子同士じゃおかしいですか?男の人より気楽ですよ」

エトペン『気楽ねぇ…』


38:2014/04/16(水) 01:47:51.32 ID:+rj71vESO

エトペン『和ちゃんも咲ちゃんも可愛いから、男にもてるだろうに勿体ないね。和ちゃんが彼氏とイチャイチャするのなら応援したいけどね。』

和「興味ありません」

エトペン『ふーむ…』


39:2014/04/16(水) 02:00:57.40 ID:+rj71vESO

別の日 麻雀部部室

まこ「そろそろお茶でもいれよーかいの」

京太郎「あ、いれてきますよ」

和「ありがとうございます、須賀君」

久「あ、須賀君、私のはこれにいれて頂戴。今日はマイカップを持ってきたのよ」

京太郎「はーい、わかりました」

久「じゃあ、お願いね…あっ」ポロッ


40:2014/04/16(水) 02:07:48.07 ID:+rj71vESO

ポロッ ヒューッ

エトペン『よっ、と』キャッチ

久「あー、危なかった…って?ええっ?」

咲「あわわ…」

和「エ、エトペン!勝手に動いちゃ…」

エトペン『ごめん』


41:2014/04/16(水) 02:14:48.52 ID:+rj71vESO

久「な、何なの、これは!?」

まこ「何かのトリックか?」

京太郎「ギアスか?」

咲「そういえば、和ちゃん、エトペンが喋るって…」

和「え、えぇ。声は私にしか聞こえなかったんですが。」

優希「むむむ、呪われた人形か?」

エトペン「…やっぱり気持ち悪いよね。喋って動く人形なんて…」ショボン

咲「あ…」


42:2014/04/16(水) 02:24:28.36 ID:+rj71vESO

久「ありがとう…」

エトペン「?」

久「おどろいて、お礼を言ってなかったわ。お気に入りのカップだったの…ありがとうね、エトペン!」

エトペン「うわーん」ダキツキ

久「あらあら、どうしたの?」

エトペン「僕もずっと皆とお話がしたかったんだぁー」(胸に顔うずめ中)

久「あっ…ちょ…くすぐったいわよ」

咲「あはは、甘えんぼさんだね」


44:2014/04/16(水) 02:37:30.96 ID:+rj71vESO

エトペン「咲ちゃんにも甘えていーい?」

咲「うん、私でよければ、おいで」

エトペン「わーい!」スリスリ(胸に顔うずめ中)

咲「あんっ…もうっ、意外とエッチだね、めっ!」

エトペン「僕、小さい頃お母さんと別れて…それ以来おっぱいが恋しいんだ」

咲「そ、そうだったの?」ジーン

咲「私の胸でよければ…足りなかったら東京のお姉ちゃんの胸も貸すから!」

エトペン「えへへー」スリスリ

咲「あれ?でもペンギンは鳥だから卵生だよね?」

エトペン「……てへ☆」

咲「嶺上開花(キューティーブロッサム)!」

エトペン「ぐはっ」


46:2014/04/16(水) 02:47:15.89 ID:+rj71vESO

和「もー、エトペンったら!」

エトペン「和ちゃん、ヤキモチ?」

和「何言ってるんですか!」

エトペン「やっぱりここが一番落ち着くなぁ」ポヨーン

和「まったく、もう!…でも、何で皆にも声が聞こえるようになったんでしょう?」

エトペン「それは……何でだろう」

和「わかんないんですか…」

エトペン「ひとつわかるのは…」

和「?」

エトペン「皆に聞こえるようになった辺りから『』が「」になってる!」

和「知りませんよ、そんな事!!」


47:2014/04/16(水) 02:54:42.78 ID:+rj71vESO

優希「じゃーまた明日なー。次も遊んでやるじぇペンギン!」

咲「またねー」

和「さようなら、二人とも」

エトペン「ゆーきちゃん、咲ちゃんバイバイ!」


48:2014/04/16(水) 03:05:29.21 ID:+rj71vESO

原村家

和「そういえば今日はお父さんもお母さんも泊まりがけでしたね」

エトペン「ふふっ、二人っきりだね」キリッ

和「一人と一匹(一羽?)でしょう?」

エトペン「つれないなー。そんなんだから、彼氏ができないんだよ…」

和「大きなお世話です!前にも言いましたが、今は興味ありません!」

エトペン「もったいないなー…」ジーッ



49:2014/04/16(水) 03:46:30.12 ID:+rj71vESO

一応警告、閲覧注意



エトペン「勿体ないなー、こんなに…」ジー

和「!?」ゾクッ

エトペン「良い体してるのに!」ガバッ

和「え」ドサッ


突如、エトペンの体から触手が飛び出し、和の体の自由を奪った。

あまりの出来事に、和はSOAと言うこともできずに呆然としている。

しかし、エトペンはお構いなしに触手で和の胸をはだけ、まさぐった。

和「んんっ!?あ…あぁ…エトペン?何…なんで?」

ここに至って和は自分が襲われていることに気付いた。

エトペン「教えてあげるよ和ちゃん、何で僕が動けるようになったかを…」

和「え」

エトペンは和の乳首を弄りながら話始める。

エトペン「和ちゃんとエッチなことがしたい…物言わぬ人形でもその思いが強まって動けるようになったんだ」

和「そん…なっ、んんっ」

エトペン「はじめは和ちゃんに好きな男でもできたら可哀相かなって思ったけど…相変わらず男に興味なさそうだし、それなら性的な快楽を教えてやろうと思ってさ」

和「性的な快楽って…まさか…」

エトペン「このまま和ちゃんを犯しちゃう」

エトペンは今度は和のスカートを剥ぎ取り、下半身をなめ回す。

和「や、やだやだっ」

和は暴れるも、触手によって押さえ付けられ、長い時間をかけて愛撫された。


和「も…やめ…て…」

エトペン「さて御開帳」

和「み、見ないでぇ」

大股開きにさせられた和の秘部が晒された。度重なる愛撫で粘膜がまくれあがり、肉穴が小さく口を開けヌラヌラと照り輝いている。

エトペンはそこへ新たな触手を伸ばした。

和「エトペン、それだけは許してっ!」

エトペン「ほら、力抜いて、大丈夫、人形とヤッたって初体験には入らないさ(適当)、オナニーの延長だよ」

恐怖と、そしてこみあげてきた快感にさらされる和に甘言をささやくエトペン。

和「はぁ、はぁっ…」

エトペン「でも役得として和ちゃんの処女膜はもらっちゃうね」

ブチッ

和「あぐっ!うぅぅ!い、いたいっ!」


50:2014/04/16(水) 03:55:25.73 ID:+rj71vESO

エトペン「くああっ、締めつけすごっ!」

和「いたいっ、やだっ…やだぁ、そんなぁ」

かぷっ

和「ひあぁぁっ」

エトペンは和に突き挿しながらも乳首にしゃぶりつき、次いで触手で和の両手を持ち上げさせて脇をなめ回した。

和「………ッ」

その刺激に和は我を忘れてエトペンを締めつけて、絶頂に導いてしまった…


51:2014/04/16(水) 04:07:59.35 ID:+rj71vESO

事後

和「…エトペン…なんでこんなこと…わたしのこと、きらいになったんですか?」レイプメ

エトペン「いーや、大好きだよ」

和「……うそ」

エトペン「和ちゃんは、本当は男が欲しかったんだろ、体を持て余してたんだろ、女の子同士のが気楽って、そいつはただ男女の恋愛の代理だよ、君は心の奥では異性を求めてるのさ。何も悪い事じゃない、生物として当然の事さ。」

和「なにをいって…?」

エトペン「まぁ、まずはゆっくりおやすみ、和ちゃん。そしてよく考えてね、僕の言ったこと…」

和「あ…」クラァ


52:2014/04/16(水) 04:13:11.14 ID:+rj71vESO

和「はっ」ガバッ

和「寝ちゃった…エトペンッ、さっきのはどういう意味ですか!?女の子に乱暴していい理由には…」

エトペン「……」

和「エトペン?」

和「そういえば、あそこも痛くない…もしかして…」

エトペン「……」


53:2014/04/16(水) 04:19:40.83 ID:+rj71vESO

学校

咲「ふぇ?エトペンが動いてしゃべった?」

優希「の、のどちゃん、疲れてるんだじぇ。おっぱい重すぎなんだじぇ。」


和「…本当に、ぜんぶ夢でした」


54:2014/04/16(水) 04:30:49.97 ID:+rj71vESO

帰宅

和「まったく…夢とはいえ、大変な目にあいましたよ。さすがに夢でエトペンに犯されたとはいえませんしね。」

和「…それにしても夢の中でエトペンが言ったことは、私の本心だったのでしょうか?」

和「ともかく…これからもよろしくお願いしますね、エトペン」ツン

そうつぶやいて、和はエトペンを指でつついた。


カン


55:2014/04/16(水) 04:34:40.19 ID:+rj71vESO

おまけ

エトペン「…」


「…」


「…また、夢の中で遊ぼうね、和ちゃん」ニヤリ


もいっこカン


56:2014/04/16(水) 04:42:00.44 ID:+rj71vESO

たまには和が襲われるのもいいかなって書いた。後悔はしていない。


60:2014/04/16(水) 07:49:44.12 ID:1uBwiCx30

どういう展開だよww


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397492904/