1:2013/08/17(土) 20:51:18.56 ID:TuX83NU60

咲「…………」ゼェゼェ

「さぁ残すは後一局!卓上には一年の宮永咲!」

「全国の頂を目の前にして、彼女は今何を思うのか」

咲「カン」カシャッ

「ここでカンが来た!このツモで決着してしまうのか!!」

咲(お姉ちゃんが教えてくれたこの嶺上で、私は――)スッ

        ピシィッ!!!

咲「えっ………うあああああああああああああっ!!!」


     ドサッ!

  ピピピピッ ピピピピッ

咲「……夢か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376740278



3:2013/08/17(土) 20:57:56.56 ID:TuX83NU60

  
 パチパチ…  ボオオオオオッ

咲「…………」

咲父「咲?なんでこんな時期に焚き火なんか…って何か燃やしてんのか」

咲父「何を燃やしてるんだ?」

咲「…私の青春かな」

咲父「そんなもんより俺はお前のベッドの下にある百合本(姉妹もの)を燃やして欲しいんだが…」

咲「あれは……」


          「私の命だから」

  


4:2013/08/17(土) 21:08:47.56 ID:TuX83NU60

淡「それでゼンブ燃やしちゃったんだ。そーいうあっさりした所サキらしいね」

咲「プラスチック製だからあんまり燃えなかったけどね」

咲「炎見てたら楽しくなって来て、自動卓の方も燃やそうとしたらお父さんに止められちゃったけど」

穏乃「そりゃそうでしょ…」

淡「しっかし改めてホントに残念だよねー。高校でも三人で一緒に伝説を作れると思ってたのにな」ブー

穏乃「淡、それは言わない約束じゃ…」

咲「あはは。まぁお医者さんに止められちゃったら仕方ないよね」

咲「『このまま麻雀を続けたら三ヶ月も持たずに肘が壊れて、日常生活にすら支障が出る』」

咲「壊れる前に気付けたのは僥倖だったよ」

淡「…………」


5:2013/08/17(土) 21:11:18.44 ID:7UzIvnvCo

咲世界の麻雀って肘が壊れる可能性があるのか…


7:2013/08/17(土) 21:19:59.68 ID:TuX83NU60

穏乃「…名門校のスカウトの人達も皆がっかりしてたよね」

穏乃「高校どころかプロのスカウトだって咲に注目してた位だったし…麻雀の神様もホント残酷な事するよ」

淡「そんな他人事みたいに。シズノだってサキ程じゃないにしても色々熱視線を向けられてたじゃん」

穏乃「わっ私は全然そんな事無いって!」

咲「いやいや。私達が優勝出来たのだって穏乃ちゃんの功績に寄る所が大きいんだし、謙遜する事無いって」

淡「まさか山で遊んでて腰をやっちゃうなんてね。最初聞いた時は笑っちゃったよ」

穏乃「たはは面目無い…。ちょっと無理をし過ぎちゃったみたいで」


淡「…ねぇ、ホントに二人共辞めちゃうの?麻雀」

淡「今は無理でも、怪我が治ったらまた一緒に……」


9:2013/08/17(土) 21:27:55.71 ID:TuX83NU60

咲「…ごめんね。淡ちゃんの気持ちは嬉しいし、私もそうできたらどんなに良いかって思うけど……」

淡「………うん。分かってる」

淡「ごめんね、我が儘言っちゃって。未練を残さない為に二人はわざわざ麻雀部が無いトコに決めたんだもんね」

淡「キヨスミだったっけ?」

穏乃「うん。まぁ、それだけが理由じゃないけどね。山から近いし」

淡「ふふっ怪我しても山好きなのは変わらないんだ」

咲「大丈夫だよ、淡いちゃん。そんなに心配しなくても、学校が違った位で私達の友情は無くならないって」ニコッ

淡「なっ…///わ、私はベツに寂しいとかそんな事思ってるワケじゃ…!」ワタワタッ


10:2013/08/17(土) 21:37:10.66 ID:TuX83NU60

咲「道は違える事になっちゃったけど、私達は私達でまた熱中出来るものを見つけるから」

咲「淡ちゃんは白糸台で、今迄通り頂点を目指してよ」

咲「…私達の分まで、さ」

淡「…………っ!」

淡「うん!ソッコーでレギュラーになって高校三連覇!」

淡「いや!100連覇してみせるからねっ!!」

穏乃「100って。子供じゃないんだから」アハハッ

咲「ふふっ淡ちゃんなら何かやっちゃいそうだけどね」クスクス

         ガチャッ

照「賑やかな声がすると思ったら、やっぱり淡と穏乃か」

淡「テルー!」

穏乃「お邪魔してます」ペコッ


12:2013/08/17(土) 21:48:23.19 ID:TuX83NU60

咲「お姉ちゃん。動いて大丈夫なの?まだ寝てないと」

照「大丈夫大丈夫。軽い風邪だって言ってるのに…」

淡「サキはホント心配症だよねー」ニヤニヤ

咲「む…。いやでも完治したとはいえいつ再発するか分からないんだから用心するに越した事は…」ゴニョゴニョ

照「高校を決める時だって、家族の中で最後まで抵抗してたんだよ?一人で登下校させるなんて有り得ないって」フゥ

穏乃「アハハ。まぁそれだけ照さんのコトを大事に思ってるって事ですよ」

咲「そっそんなのじゃないから!ただ下校中に誘拐でもされて身代金を要求されたら困るってだけで!」

咲「ほら、お姉ちゃんお菓子出されたらホイホイ付いて行きそうだし!」

照「咲は私を何だと思ってるの…」


13:2013/08/17(土) 21:58:51.18 ID:TuX83NU60

淡「まーまーこれからはこの大星淡が、ちゃんとテルの面倒を見るからご心配なさらずに」

咲「余計心配なんだけど…」

穏乃「そっか。照さんも白糸台に行くんでしたね」

照「うん。ちゃんと一般入試でね」

淡「むっ!まるで私が麻雀推薦でなければ合格出来なかったかの様な言い草!」

咲「事実でしょ」

穏乃「30くらい偏差値足りてなかったよね」

淡「ぐぬぬ……」

照「大丈夫、これから入学までに私が面倒見てあげるから、15足りない位にはなるよ」ぽむっ


14:2013/08/17(土) 22:04:26.43 ID:TuX83NU60

淡「立場逆転してる!?」

照「さ、そうと決まったら私の部屋に行くよ」ぐいっ

淡「やだやだ勉強やーーだーーー!」ジタバタ ズルズル…

穏乃「淡〜頑張ってねー」ヒラヒラ

咲「淡ちゃんが買って来たお菓子は食べておいてあげるからー」ヒラヒラ

淡「はくじょーものー!!も〜テルー!」
  

    「折角恋人が二人きりなんだからもっと楽しいことしようよー!」


咲「……………」


15:2013/08/17(土) 22:25:02.79 ID:TuX83NU60

穏乃「今で大体一年半位だっけ。二人が付き合い始めて」

咲「ん…それぐらいだったかな。中二の秋口とかだったから…」


咲(お姉ちゃんと淡ちゃんが付き合い始めたのは、20××年の9月16日午後4時13分)

咲(二人が初めて会ったのはその三ヶ月前)

咲(お姉ちゃんが小学校卒業に8年を要した原因の病が、漸く体から消えてすぐの頃だった)

咲(一目惚れだと騒ぐ淡ちゃんにせがまれ、お姉ちゃんに淡ちゃんを紹介して)

咲(その後も二人が会う機会のセッティングをしたり、時にはそれに付いて行かされたりもして)

咲(色々と骨を折らされたものだった)

咲(最初のデートの時なんて、あの基本騒がしい淡ちゃんが緊張で一言も喋れなくなる事態に陥り)

咲(帰り道に至るまで、ずっと私が間に入って通訳をやらされたりしたからなぁ…)アハハ…


咲「―――尤も、今じゃまったく骨を折る機会も無くなったけどね」ボソッ

穏乃「ん、何か言った?」

咲「何でも無いよ。さて、高校でどの部活に入るか考えよっか」


17:2013/08/17(土) 22:38:41.39 ID:TuX83NU60

 
―――四月。清澄高校―――

咲「ん〜。大分高校生活にも慣れて来たね」

穏乃「そうだね。学食の美味しいメニューも大分把握出来て来たよ」

咲「穏乃ちゃんはどの部活に入るか決めた?」

穏乃「登山部!…って言いたい所だけど腰がアレだから、ここはお医者さんの勧めを聞いて水泳部かな」

咲「へー水泳部。穏乃ちゃん泳ぐの速かったもんね」

穏乃「ま、人並くらいにはね。咲もどう?」

咲「私は産まれつき水とは相性が悪いから…」

咲「運動は苦手だし、将棋部にしようかなって考えてるんだ」

穏乃「将棋かぁ。全国大会どこでやるんだろう…ん?」コツン

咲「どうしたの?」

穏乃「いや、何か今足に当たって……麻雀牌?」ヒョイッ

咲「!何で…この学校には麻雀部は無いハズじゃ」

穏乃「何でだろ。あ、誰かこっちに来るよ」


和「すみません、この辺りで麻雀の牌を見かけませんでしたか?」

  


20:2013/08/17(土) 22:48:04.23 ID:TuX83NU60

咲(うわっ。すっごいキレーな子…。そして凄い胸)

穏乃「もしかして、これの事ですか?」スッ

和「そうです!この一筒!」

和「良かった…。見つけて下さって本当にありがとうございました」ぺこっ

穏乃「いえいえそんな。私達一年生ですから、敬語使わなくても大丈夫ですよ」

和「あ、そうなんですか。では同級生ですね」

穏乃「同級生!?」

咲(その胸で!?)

和「そ、そんなに驚くような事でしょうか…?」

穏乃「い、いやゴメン。なんでもない」ずーん


21:2013/08/17(土) 23:08:12.06 ID:TuX83NU60

和「では改めて自己紹介を」

和「私は1年A組の原村和です。中学校は高遠原でした」

穏乃「1年B組の高鴨穏乃。青南中出身だよ」

咲「同じく、1年B組で青南中出身の宮永咲です。よろしくね」

和「よろしくお願いします。お二人は同じ中学校のご出身なんですね」

穏乃「うん。結構ここからは遠いから、ウチから来てるのは私と咲だけだけどね」

和「奇遇ですね、私も同じ様な境遇なんですよ。同じ中学から来てるのは私の他に一人だけです」

和「…というかその子に引っ張られてここに進学した様な形なのですが」アハハ…

穏乃「へー。じゃあ知り合いが少ない者同士、これからよろしくね。和っ」スッ

咲「いきなり呼び捨てなんだ」

穏乃「その方が早く仲良くなれそうでしょ?私の事も穏乃で良いからさっ」

和「初対面の方にというのは少し抵抗がありますが…。よろしくお願いします、穏乃」ギュッ


23:2013/08/17(土) 23:22:18.27 ID:TuX83NU60

咲「私の事は徐々に仲良くなってからで良いからね。原村さん」スッ

和「ハイ、宮永さん」ギュッ

穏乃「相変わらず咲は最初壁を作りたがるなぁ…」

咲「うるさいよ。それで原村さん、ずっと気になってたんだけど」

咲「どうして麻雀牌を探してたの?」

和「部活で使ってるものがボロボロだったので、今日家から私物を持って来ていたんです」

和「けれど、移動している時に何かの拍子で零れてしまったみたいで…」

咲「部活で使ってる?だってこの学校には…」

和「ハイ。麻雀部はないんですけど、この学校麻雀愛好会ならあるんですよ」

咲「愛好会…」

和「私も知ったのは入学してからですけどね。あっもうこんな時間」

和「すみません、練習がありますので先に失礼します」ぺこりっ

穏乃「あ、うん。またね〜」

  テクテクテクテク

穏乃「…麻雀部、あったんだね。ここ」

咲「…………」


24:2013/08/17(土) 23:31:17.88 ID:TuX83NU60

――咲の部屋――

淡「それで、どうなの?高校生活は」

穏乃「ぼちぼちかな。学食は美味しいよ、変わったメニュー多いし」

咲「タコスとかあったよね。どういう需要なんだろ…」

淡「そーじゃなくて。部活だよ部活。どこか入ったんでしょ?」

穏乃「うん。私は水泳部。最近はバタフライばっかりやってるなー。お医者さんの勧めでね」

照「腰を痛めてるのにバタフライ…?」

穏乃「そのお陰で最近はすこぶる快調だよ!山へ復帰する日もそう遠くないかもっ」

照「なら良いけど…無理だけはしないようにね」

咲「お姉ちゃんがそれを言うかぁ…」ジト

照「だからもう大丈夫なんだって。流石に麻雀部は体の負担が大きいから入れなかったけど、私も運動部に入ったんだからね?」


26:2013/08/17(土) 23:37:24.54 ID:TuX83NU60

淡「弓道部だけどね」アハハッ

照「弓道部は立派な運動部です」

穏乃「弓道着似合いそうですね、照さん」

照「ありがとう」

淡「あははっ。まぁおっぱいがあったら難しそうだもんね。弓道着っていづぁっ!?」べしっ! べしっ! べしっ!

淡「な、何で三方向攻撃?」ナミダメ

咲「何か腹立った」

穏乃「同じく」

照「…………」


29:2013/08/17(土) 23:48:16.19 ID:TuX83NU60

淡「サキは将棋部かぁ。考えなきゃいけないから疲れない?あれって」

穏乃「麻雀部にあるまじき発言だねそれ…」

咲「最初は手こずったけど、場を支配する時の応用だって気付いたらコツが掴めたよ」

咲「とりあえず今は同級生の池田っていう経験者の子を凹ますのが目標かな」

咲「ホント……五月蠅くて」ズズズ…

穏乃「黒オーラが出てる出てる」ナデナデ

淡「イケダ…?なんかどっかで聞いた様な…気の所為だねっ」

穏乃「結論はやっ」

咲「淡ちゃんはどうなの?名門白糸台の練習はやっぱり厳しい?」

淡「フツーの子はなかなか牌に触らせても貰えないみたいだね。なんか色々虎やら龍やら亀やらあって」

穏乃「なんだそれ」

淡「でもこのプラチナゴールデンシルバーブロンズステンレスルーキーの私は当然の様に特別待遇!」

淡「入部した日にレギュラー当確の舞妓はんを貰ったよ!」ドヤッ

咲「…お姉ちゃん、ホントにちゃんと面倒みれてるの?」

照「面目無い…」ウツムキ

淡「何がっ!?」


31:2013/08/18(日) 00:02:04.28 ID:sKWt0bqc0

 
――五月。清澄高校――

穏乃「この4人でご飯食べるのも定番って感じになって来たね」モグモグ

優希「仲良きことは美しきことだじぇ。タコスがとりもった仲ということだな!」

和「いえゆーきに二人を紹介したのは私ですけど…」

優希「どーせなら4人で同じ部活に入ればもっと仲が深まるのになー」チラッチラッ

咲「だからそれは無理なんだって。遊びで軽く打つくらいは出来るかもしれないけど、そんな事したい訳じゃないし」

穏乃「ていうか始めちゃったら咲は歯止め効かなくなるだろうからね。打ってる時は性格が余計に悪くなるよ」

咲「失礼な……」

和「最初にゆーきからお二人が全国区の選手だと聞いた時は、本当に驚きましたよ」

優希「麻雀部なら普通知ってるじぇ。青南中の『魔物トリオ』と言えばその名を聞いただけで震え上がり雷が轟くという」

穏乃「私までそんな風に言われてたんだ…」ずーん

咲「その唐揚げ貰うね」ヒョイパクッ

穏乃「あぁっ!?楽しみに残しておいたのに!返せよぉ〜!」ユサユサッ

和「子供ですか…」



33:2013/08/18(日) 00:11:34.83 ID:sKWt0bqc0

咲「へー今度練習試合があるんだ」

和「公式の試合には出られませんから、練習試合と言えど私達にとっては本番の様なものですけどね」

優希「試合が出来るってだけでテンション上げ上げだじぇ!」

優希「最近は練習場所を確保することすらロクに出来てなかったからなー」

咲「あー…何かウチ(将棋部)との場所争いみたいなのがあるんだっけ。何かごめんね」

和「宮永さんは何も悪くないですよ」

和「私達は何の実績も無い愛好会ですから、立場が弱いのは当たり前のことです」

優希「だからこそ次の試合は絶対に勝って、部費と部室を理事長からふんだくってやるじょ!!」ボオオオオッ

穏乃「…まぁ、目標が高いのは良い事だよね」

咲「私達も練習が終わったら応援しに行くから頑張ってね」

和「ありがとうございます。良い所を見せられる様に頑張りますね。ねっゆーき」

優希「ガッテンだじぇ!のどちゃんも早く体力付けて試合に出られる様に精進するんだじょ。まずは走り込みだ!」

和「う…。が、頑張ります」


34:2013/08/18(日) 00:20:18.41 ID:sKWt0bqc0

 
  ――そして練習試合当日――


咲「王手。これで詰み…ですね?」

門松「ぐ…最速と呼ばれたこの私がこんなに速く…!?」


田中「…宮永の奴はマジでメキメキと力を付けていくな。こないだまで初心者だったとは思えん」アセ

上柿「凄い奴は何やらせても凄いってことっすかねー」

池田「フンっあんなのちょっとマグレが続いてるだけだし!」


咲(さて、もうそろそろ試合始まってるかな?)テクテク

池田(ん。宮永の奴、どこへ行くんだ?)


36:2013/08/18(日) 00:31:20.10 ID:sKWt0bqc0

咲「失礼します」ガララッ

和「宮永さん、来てくれたんですね」

咲「うん、ちょっと抜けだして来た。…あれ?まだ相手の人は来てないの?」

和「それが、今さっき急に都合が悪くなったという連絡が来まして…」

すばら「非常に残念ですが、練習試合はお流れという事になってしまいそうですね」すばら…

咲「そうなんですか…」

優希「まっ気落ちしててもしょうがないじぇ」

和「そうですね。自動卓で打てるだけでも幸せな事ですし、今日は練習を「良い提案があるし」

和「?」クルッ

咲(池田…?)

池田「要は試合の相手が居れば良いんだろ?それ、私達将棋部が請け負ってやってもいいし」

すばら「ほ、本当ですか?それは本当にすばらなご提案ですっ」すばらっ

池田「ただし、条件があるし」ニヤリ


37:2013/08/18(日) 00:39:56.79 ID:sKWt0bqc0

咲(自分で言い出しといて条件とか…)

室橋「負けたらこの部屋の使用権を全て将棋部に譲渡…」

和「そんなっ!ただでさえ殆ど使わせて貰えてないのに…」

池田「勝てば問題無いだろ?」

池田「それにこっちはお前達の土俵で戦ってやるって言ってるんだぞ?」

池田「将棋部に麻雀で負ける麻雀部なんて存在しない方が学校の為だし。あっ部じゃなくて愛好会だったか?」にゃはははっ

優希「そこまで煽られたら黙ってられないじょ!勝負だ池田!ほえづらかかせてやるじぇ!」

池田「どこまでその威勢が持つか楽しみだし。じゃ、ちょっと待ってろよー」スタスタ


咲「…どういうつもり?池田」

池田「どういうつもりも何も言った通りだし。対戦相手が居なくて困ってるみたいだったから、相手に名乗り出てやった。優しいだろ?」

咲「それじゃなくて、負けたら使用権がどうとか…」

池田「なーに。ただの勝負を面白くする為のスパイスだよ。奴らが勝てば問題無いさ」


39:2013/08/18(日) 00:47:52.13 ID:sKWt0bqc0

池田「まっ偶然にも、ウチの将棋部には元麻雀部や麻雀経験者がわんさか居るから」

池田「意外と良い勝負になってしまうかもしれないけどなー。まぁ対等な勝負なんだからその時は恨みっこなしだし」にゃははは

咲「…………」

池田「宮永。お前も将棋部なんだから、ちゃんと将棋部の勝利の為に貢献するんだぞ?」

池田「オトモダチを敵に回そうと、そんな事は関係無いからな」ニヤリ

咲「!」

池田「少なくとも私の足は引っ張らない様に頼むぜー」

    スタスタ

咲「…………」

咲(…また、麻雀をする時が来るなんてね)


40:2013/08/18(日) 01:02:13.29 ID:sKWt0bqc0

和「皆さんならきっと勝てます!焦らずに落ち着いて戦いましょう」ぐっ

すばら「そ、そうですね。思いがけず負けられない戦いとなってしまいましたが」

すばら「愛好会の私達が、この様な緊張感を持った試合が出来る事はある意味ラッキーとも言えます」

すばら「麻雀を楽しんで、使用権と勝利を掴み取りましょう!」

優希「流石花田先輩!良い事言うじぇっ」

室橋「う、うん。私達だって毎日遊んでた訳じゃないんだから」

マホ「チョンボだけ気を付ければ大丈夫ですよね!先ヅモ少牌多牌フリテン山崩し…」ブツブツ


田中「ったく。勝手にそんな約束取り付けやがって」

池田「でも美味しい話でしょう?目ざわりなハエを潰して予備の練習場所まで確保できる」

田中「まぁ勝てばな。だが勝つ保証なんてあるのか?」

田中「そりゃあ私は高校入る時に麻雀か将棋か散々悩んだクチだが、ブランクもあるし…」

池田「問題無いですよ、私が居るだけで後はかかしでもお釣りが来ます」

田中「へぇ。随分自信があるみてーだな」

池田「まぁ見といて下さいって。頭脳スポーツの王様は何かってのを分かり易く教えてあげますから」


41:2013/08/18(日) 01:09:00.39 ID:sKWt0bqc0

穏乃「ふー。ちょっと遅れちゃったかな」

   ジャラジャラッ   タンッ タンッ

穏乃(懐かしい牌の音っ!やっぱりもう始まってたんだ)

穏乃「失礼しまーす」ガララッ

穏乃「…へ?」


A卓 将棋部『池田・宮永』vs『片岡・花田』麻雀愛好会


穏乃「咲が卓に付いてる…?」

和「あっ穏乃!」

穏乃「和、状況説明してくれる?」

和「はい。えぇとですね…」カクカクシカジカ


43:2013/08/18(日) 01:22:01.21 ID:sKWt0bqc0

穏乃「なるほど。麻雀愛好会vs将棋部…」

穏乃「ごめんね、咲が敵に回る様なことになっちゃって」

和「いえ、宮永さんはあの池田という人に無理矢理座らされていたので…」

和「私達に気を遣っているのか、ここまで殆ど和了って居ませんし…。むしろ心労を掛けてしまって申し訳無いです」

穏乃「ふーん…」


池田「ツモッ!!リーチ一発ツモ三色ドラ3!」

池田「親倍で8000オールだしっ!!」


和「っ!またあんな高い手…」

穏乃(へぇ、やるなぁ池田。あれは素人の打ち筋じゃ無い)

穏乃(経験者…どころか、相当しっかり麻雀をやってないとあの雰囲気は出ないハズだけど…)フム


44:2013/08/18(日) 01:30:50.13 ID:sKWt0bqc0

池田「にゃっはっは。この局も気付けば7万も点棒を集めてしまったし」

池田「チョロ過ぎて逆に悲しくなってくる。お前達今迄何を練習してたんだ?」

優希「ぐぅっ………」ワナワナ

花田「っ…………」スバラ……

咲「…三味線が過ぎるよ。池田」

池田「けっ弱い奴ほどマナーにうるさいってか?お前もいつまでも空気やってないで少しは和了ってみろし」ハハハ

池田(さて。フツーに打つのも飽きてきたし、ちょっと喜ばせてやるか)

     タンッ

咲「!」

優希「!ロ、ロンだじぇ!リーチ一発ドラドラで7700!」

池田「うわ〜一発で振るとかビギナーズラックって恐ろしいしー」フフフ

咲「…………」イライラ


47:2013/08/18(日) 01:41:29.84 ID:sKWt0bqc0

すばら(な、なんだか分かりませんが急に甘い牌を切って来る様になりました!チャンスですっ)すばらっ

すばら「チーッ!ポンッ!チーッ!」

すばら手牌
????  鳴??? ??? ??? ドラ?


すばら(…池田さんがキー牌を都合よく出してくれたので張れましたが)

すばら(流石にこんな見え見えの清一に振る訳が…)

池田「通るかなー?」タンッ(?)

すばら「ロ、ロンっ!!清一ドラ4で16000です!」すばらっ

池田「しまったー。清一は逆に無いと思ったのに裏をかかれたしー」

  ―次局―

池田「悪いなそれだし!ローン!」

すばら「すばら…。ってあれ?池田さん、それはフリテンでは…」

池田「え?あーしまったー!大量リードで油断してたしーー!ハイ、罰符」チャラッ

すばら「は、はぁ……」


咲「……………」ゴゴゴゴゴ


49:2013/08/18(日) 01:51:20.11 ID:sKWt0bqc0

池田(ククク。遊ばれてるのが分かったか、良い顔してるし)タンッ

咲「ロン。3900」パラッ

池田「あん?何リードしてる味方から和了ってんだよ宮永。素人かお前」ヤレヤレ

咲「遊びなんでしょ?」

池田「お前が和了っても面白くないんだっての。空気読めよなー」

咲「…………」ピキッ


穏乃(…命要らないのかな、アイツ)アセ

和「み、宮永さんの表情が氷の様になってます…」


池田「ツモだし〜♪!!6000オーーール!」

池田「ロンロンローン!12600〜!」

池田「あーあ。折角待ちを教えてやったのに振るんだから救えないし。ほら、5200よこしな」クイクイッ

池田「ぶぇっくしょい!!あ、悪い悪い。山崩しちゃったからチョンボだな。一万ずつやろうか?」ハハハ


50:2013/08/18(日) 02:07:19.74 ID:sKWt0bqc0

和「い、いくらなんでも酷過ぎます!!」

穏乃「悔しい?」

和「当然です!!――でも、負けてる事がじゃないですよ」

和「麻雀愛好会の皆は、麻雀が大好きで、麻雀に真剣に取り組んでるのに…こんなの…!」プルプル

穏乃「あぁ――麻雀じゃないよ。こんなの」


池田「全く。麻雀っていうのは変なゲームだよなぁ宮永」

池田「攻撃手段のリーチを掛けたら、攻撃の最中だってのに思考停止で後は運に身を任せるだけ」

池田「時間制限も無いから雑魚相手だと無駄に試合時間も長くなるし、ホント出来の悪い遊びだよ」

池田「こんなモンに人生懸ける奴の気が知れないし。アホだなアホ」タンッ


          「カン」

 


52:2013/08/18(日) 02:17:31.44 ID:sKWt0bqc0

池田「な…っ!?」ゾワッ!!

咲「もいっこカン」スッ

咲「もいっこカン。――――ツモ」パラッ


優希「こっこれって……!」

和「宮永さん…!?」


咲「清一…対々三暗刻三槓子赤1」

咲「嶺上開花」

咲「池田、32000」ゴッ!!!!!!


53:2013/08/18(日) 02:24:27.72 ID:sKWt0bqc0

池田「か、数え役満だと………?」ガタガタ

池田「い、いやそんなの関係無いし!宮永お前何責任払いなんざブチ当ててくれてんだ!!」

池田「私は味方で――   

    カタッ   スタスタ

池田「お、おい…?」


田中「…なんだ?宮永」

咲「田中部長。宮永咲、只今を持って将棋部を退部致します」

池田「なっ!?」

    クルッ   スタスタ

和「宮永さん…?」

咲「原村さん。入部届けって必要かな?」

和「〜〜〜〜っ!」ぱああっ

和「届けは明日で大丈夫です。入会、歓迎します。宮永さん」ニコッ


55:2013/08/18(日) 02:36:12.93 ID:sKWt0bqc0

咲「…という事で、何か問題あるかな?」

池田「っ…。上等だし!だが宮永ぁ今の数え役満は将棋部のお前の和了だ」

池田「愛好会に移った以上点棒はこっちn

咲「いくらでもどーぞ」テクテク

池田「あ…?」

咲「優希ちゃん。ごめん、ちょっとだけ代わって貰える?」

優希「…咲ちゃん。咲ちゃんなら…勝てるのか?」

優希「私達のこの悔しさ…晴らしてくれる?」グスッ

咲「うん、任せて」

咲「私が――本当の麻雀の楽しさを、骨の髄まで池田に叩き込んでやるから」ニコッ

池田「」ゾッ!!!

優希「この借りはいつか絶対返すじぇ。けど今は…頼んだじょ」スッ


           パンッ!

 


57:2013/08/18(日) 02:49:07.49 ID:sKWt0bqc0

咲「それじゃ、再開しよっか」ザッ

池田「…お前、本気でこの状況から勝つつもりなのか?」

池田「この半荘だけで見ても、残すはオーラスただ一局」

池田「点棒はお前の代走で入った門松が48700。私が43300」

池田「片や、愛好会の会長が7300で、片岡の代走のお前はリーチも掛けられない僅か700だぞ?」

池田「親は門松だから、役満ツモでも直撃でも逆転不可能!お前に勝機なんて毛ほども無いんだよ!!」

咲「………ハー。池田」

池田「な、なんだよ?」

咲「とりあえず二つ。良い事教えてあげるよ」

咲「麻雀は口でするものじゃない事。そして――」


         「―――タイムアウトのない試合のおもしろさを、ね」

   


66:2013/08/18(日) 22:18:21.37 ID:sKWt0bqc0

和(か、かっこいい…///)

優希「流石は青南中のエース。桁違いのオーラを発してるじぇ」ゴクリ

和「そうですね、普段の大人しい姿とはまるで別人の様…」

和「けれど、先程池田さんが言っていた様に状況は絶望的。ここから逆転なんて…」

穏乃「和。愛好会の名簿の所、もう一人分追加してもらっても良い?」ザッ

和「穏乃。はいっ勿論です!」

優希「おぉっシズちゃんの打ってる所まで見られるのか!」

穏乃「友達のピンチだからね。咲ばかりに良い所を持っていかせらんないって」グルグルッ

和(なるほど。花田先輩と代わって、二人の連携でこのピンチを逆転するんですね)

    スタスタスタ  

穏乃「やり過ぎ無いようにね」ボソッ スッ

咲「そっちもね」

和(えっ?擦れ違って…奥の卓へ?)


68:2013/08/18(日) 22:39:46.19 ID:sKWt0bqc0

穏乃「マホ先輩」

マホ「何も言う必要はありません!好き放題暴れちゃって下さいっ!」

穏乃「ありがとうございます」スチャッ

田中「…向こうの手助けをしなくて良いのか?ジャージ女」

穏乃「生憎、手助けを受けてくれる様な素直な性格してないんですよ。私の幼馴染は」

穏乃「それに…流石の咲でも別の卓に居る人までは楽しませる事が出来ませんから。多分」

穏乃「見劣りするかもしれませんが、ここは私で妥協しといて下さい」ペコッ

田中「フン。宮永もバカな奴だよな」

田中「一年も我慢すればウチの将棋部でもアイツなら相当良い所まで行けたろうに。もったいねえ」

田中「こんな結果の決まった試合なんぞの為に…」


70:2013/08/18(日) 22:52:34.64 ID:sKWt0bqc0

穏乃「決まらないんですよ麻雀ってヤツは」

穏乃「どんな点差でも、最後の局が終わらない限りは…ね」

田中「けっいくら圧倒的な実力差があろうと、無理なもんは――


        「ロン」パラッ


池田「に”ゃ!?!?!?」

  ざわああああああっ!!!   どよおおおおおおおおっ!!!

咲「64000。単騎がダブルになるなら、96000です」


田中「は……?」タラリ

穏乃「ほらね」

穏乃「それじゃこっちも、オーラス始めちゃいましょうか」チャッ 

田中「」ダラダラダラダラ


72:2013/08/18(日) 23:05:21.88 ID:sKWt0bqc0

咲「これで愛好会も一勝。次の半荘で勝てば、総得点の勝負でしたよね」

咲「そうなると設定は…」ブツブツ

門松「ば、化け物にも程度ってモンがあるだろ…。こうなったら私が点数度外視の最大スピードで…」

池田「無駄だし」

門松「あ?」

池田「朝から晩まで麻雀牌握ってる様な馬鹿でもないと、コイツの和了は止められない」

門松「じゃ、じゃあどうすりゃいいんだよ」

池田「言っておくが……私もまだ、自分の全力を出してた訳じゃないし」キッ!

咲(…少しはマシな顔になったね)


73:2013/08/18(日) 23:29:00.98 ID:sKWt0bqc0

穏乃「5本場突入〜!」

  池田「ツモだし!2000・4000!」

穏乃(!咲から和了った?咲の予想を上回るなんて、そこらの麻雀部員に出来る事じゃないのに)

穏乃(ホントに何者なんだろ。池田って)フム


――その頃――

照「へー淡ってリトルリーグ時代はショートカットだったんだね」

淡「伸ばしたかったんだけど、すぐ泥だらけになって汚しちゃうからお母さんに切られちゃってたんだよねー」

照「ふふっその頃からおてんばだったんだ。…あれ?集合写真なのにこの子はどうして隅っこでぶすっとしてるの?」

淡「あー居たねこんなの。たしか私が入るまで白山エンジェルスのエースでポイントゲッターだった奴のハズ」

淡「私がその座を奪ったら、すぐ辞めちゃったからよくは知らないけどね。名前は…ミケダとかマケダとかそんなのだった気がする」


74:2013/08/18(日) 23:35:31.37 ID:sKWt0bqc0

照「エースでポイントゲッターなんて凄いね。まだ麻雀続けてるのかな」

淡「んー中学の時は名前聞かなかったね。火力はまぁまぁ頑張ってたし、センスはあったから」

淡「続けてるならそれなりになってるハズだけど…」

淡「あーなんか話してたら思い出して来た。ミケダはとにかく…」

         「うるさい奴だったよ」


池田「リーチせずには居られないなっ!!!」タァンッ!!!

咲(五月蠅い…)ハァ トンッ

すばら「すばら!ロン、1000点です」すばらっ パラッ 

池田「また…!!汚いぞ宮永ぁっ!!」ギャーギャー

咲「勝手でしょ別に…」


76:2013/08/18(日) 23:54:31.58 ID:sKWt0bqc0

淡「全く。サキもシズノも何やってるのか。携帯は携帯しないと意味ないっての!」プンスカ

照「咲は持ってすらないもんね。まぁ一度二人が通ってる学校に来てみたかったから、ある意味丁度良かったけど」

淡「ま、ごくフツーの学校だよね。えぇと、将棋部の練習してる部屋はここを曲がって…ん?」

   ジャラジャラ  チャッ  タンッ!

淡「この部屋から麻雀やってる音がする」

照「?清澄って麻雀部は無いはずだよね」

淡「ちょっと覗いてみちゃおっか!たのもー!」ガララッ

照「勝手に開けちゃ…遅かったか」ハァ


和「!ど、どちらさまですか?」

優希「白糸台の制服だじょ!って、ていうかこの人…!」

淡「いや〜麻雀の音色に誘われてついつい。ね、ちょっと聞きたい事あるんだけど「あ」

淡「テル?」

照「知ってる背中が二つ見える」

淡「?」クルッ

淡「あ。…何してんの?あの将棋部と水泳部」


77:2013/08/19(月) 00:09:38.44 ID:ieX/91TS0

和「………という流れになってるんです」

淡「なるほどなるほど。説明ごくろー!」

照「ありがとうございます、でしょ」コツン

淡「あたっ。それで、今って何局目なの?」

優希「どっちも今から最終戦のオーラスに入る所だじょ」

淡「へー。なら丁度サキのイケてる所を見られそうだね」わくわく

照「イケてる所?」

淡「中学の時さ、平均打点も平均和了率も私の方がサキより良かったけど」

淡「最終局での和了数。特に、逆転する状況での和了数は圧倒的にサキの方が多かったんだよね」

照「逆転和了…」

淡「オーラスのサキは、一番頼りになるんだ」フフッ


79:2013/08/19(月) 00:17:53.96 ID:ieX/91TS0

和「へぇ…」ムゥ

和(っ!どうして今私、少しモヤっとした気分になったんでしょう…?)

      咲「カン。もいっこカン」

淡「必殺技キター!」

照(咲、楽しそう…)

照「…やっぱり」

淡「テル?」

照「やっぱり咲は、麻雀をしてる時が一番輝いてるよね」

淡「…当たり前だよ。そんなの」


80:2013/08/19(月) 00:30:58.50 ID:ieX/91TS0

池田「ちくしょう…ちくしょおおおおおお!!!」

    咲「嶺上開花!」パラッ

 ワアアアアアアッ!!  パチパチパチパチッ!!

優希「やってくれたじぇ咲ちゃん!」

和「凄いです宮永さんっ。あの状況から総得点をひっくり返すなんて!」

咲「あはは、力になれて良かったよ」

穏乃「B卓も逆転出来たから、これで愛好会の完全勝利だね」

優希「おぉシズちゃんもいつの間に」

咲「流石穏乃ちゃん。相変わらず静かにいつの間にか勝ちを収めるよね」クスクス

穏乃「咲の勝ち方が派手なだけだっての」ブー


81:2013/08/19(月) 00:38:54.15 ID:ieX/91TS0

淡「二人共おつかれ〜」アワッ

咲「?何で二人が此処に居るの?」

  わいわい がやがや


池田「…………」ウナダレ

田中「おら、帰んぞ。さっさと歩け」どんっ

池田「はいだし…」トボトボ…

淡「ん?あっ!」

淡「ミケダだ!そこの人、ミケダでしょ!」

池田「池田だし!!」

池田「…何か用か?大星淡……」


86:2013/08/19(月) 17:40:58.35 ID:ieX/91TS0

 
――翌日――

穏乃「自分か淡か。どっちを取るかチームメイトに聞いた結果、満場一致で淡が選ばれてチームを退団」

穏乃「まさか淡と池田にそんな因縁があったとはね」

咲「因縁っていう程の事でも無いと思うけどね。唯の一方的な嫉妬だよ」

穏乃「それが原因でグレてひねくれたんだとすれば、同情の余地はあると思うけどね」

咲「性格は元々のもの大きいと思うけど…。そんな事より、腰の方は大丈夫なの?」

穏乃「全く問題無し。寝る前はちょっと心配してたけど、快調なもんだったよ。咲は?」

咲「私も今の所は何ともない…かな」

穏乃「そりゃ良かった。和、昨日帰る時すっごい心配してたもんね」

咲「…悪い事しちゃったよね。あんな啖呵切って入会したのに」

咲「『悪いけど今日一日だけの入会って事にしといて』なんてさ」


87:2013/08/19(月) 17:57:40.39 ID:ieX/91TS0

穏乃「…言った時の顔はちょっと忘れられそうにないよね。無い胸が痛むよ」ハァ

咲「うん…」

穏乃「ツッコめよ」

咲「?何が?」きょとん


咲「…どうせ将棋部を辞めて行く所も無いし、和ちゃんみたいにマネージャーとしてって道もあるのかなぁ」

穏乃「咲にはそんなの無理だって。毎日牌を見て、自分で打つの我慢出来る訳無いじゃん」

咲「だよね。…そうえば、お姉ちゃん言ってたな。私が麻雀辞めるか続けるか悩んでる時…」


   照『麻雀を辞める?何言ってるの。咲から麻雀を取ったら何も残らないじゃない』

   照『壊れる事なんて恐れるな。雀士なら倒れる時は前のめり、卓上で死ねたら本望、でしょ?』

   照『肘の痛みなんて根性で治して、今迄通り麻雀を楽しんでれば良いんだよ』


咲「――って。全く、酷い姉だよ」ムゥ

穏乃「逆に思いっきり心配して、お願いだから麻雀なんか辞めて治療に専念しろって言われたら、咲は辞めた?」

咲「…………」

穏乃「辞めないよ。そう言われてたら意地になって、壊れるまで打ち続けたはず」


88:2013/08/19(月) 18:12:17.31 ID:ieX/91TS0

穏乃「本当に咲のコトを心配してたから、その時はそう焚きつけたんだ」

穏乃「咲の性格なんて全部お見通しだよ、照さんはさ」フフッ

咲「………ちぇっ」

穏乃「これからどうする?」

咲「ゆっくり考えるよ。高校生活は長いんだからさ」ンーッ

穏乃「じゃ、今日の所は一緒に病院で診てもらおっか。小走医院にゴーッ!」タタタッ

咲「きゅ、急に走りださないでよっ」タタタッ


89:2013/08/19(月) 18:18:01.09 ID:ieX/91TS0

 
――白糸台――

「ぐわああああああああっ!!!」

淡「ん?」

淡「なになに?どーしたんですか?」ヒョコッ

亦野「龍姫の○○先輩がツモった後、急に肩を押さえて…」

尭深「…そうえば先輩って、前に何か違和感があるって言って病院に行ってたよね」

尭深「その時はちょっと疲労が溜まってるだけって言われたらしいけど…」

淡「じゃあその医者がヤブだったんですね。怖いな〜」

亦野「それってどこの病院だったっけ?」

尭深「えぇと……」ウーン

淡「病院なら私良い所知ってますよ!私の親友も通ってる、こばし――

     「たしか、小走医院って名前だったはずだよ」

淡「――――っ!?」


90:2013/08/19(月) 18:25:01.91 ID:ieX/91TS0

 
――小走医院前――

穏乃「あれ?なんか病院の前に人だかりが出来てる」

咲「テレビの人まで来てるみたいだね。何があったんだろ」

穏乃「あっ、淡から電話だ。もしもしー」ピッ

淡『シズノ!!今どこに居る!?』

穏乃「な、なに?そんな大声で…。今は咲と一緒に小走医院の前に居るけど…」

淡『ちょーど良かった!10分後に行くからそこで待ってて!!』ピッ

穏乃「え?…切れた」

咲「何だったの?」

穏乃「さぁ…」


91:2013/08/19(月) 19:24:13.21 ID:ieX/91TS0

淡「サキーーー!!シズノーーーー!!」ダダダダッ!! ゼェハァ

咲「あ、来た来た」

穏乃「どうしたの?そんな血相変えて」

淡「とっとりあえずこれ見てコレっ!」ゼーゼー スッ

咲「今日の夕刊?淡ちゃんが新聞読むなんて珍しい………えぇっ!?」

穏乃「なになに?小鍛治プロが結婚でもしたの?」ヒョコッ

咲「こ、これ……」

穏乃「えぇと……えええええええええええっ!?」


  『ニワカ医師逮捕。小走医院院長、小走やえは無免許医師だった!』


淡「二人共病院行くよ!今すぐっ!!」 


92:2013/08/19(月) 19:33:56.39 ID:ieX/91TS0

 
――荒川クリニック――

  ガーッ(自動ドア)

淡「出て来たっ!」

淡「どうだった!?診断結果は…!」

咲「……ガラスの肘だってさ」

淡「えっ………」シュン

照「そう……」

咲「―――ただ」

     「ガラスはガラスでも、拳銃で撃っても割れない防弾ガラスだけどね」

淡「えっ!!」

照「という事は…」

咲「………す〜〜〜〜〜っ」シンコキュウ

穏乃「せーのっ」

咲・穏「「あのニワカ医者ああああ〜〜〜〜〜っ!!!」」


93:2013/08/19(月) 19:45:34.81 ID:ieX/91TS0

 
――翌日。清澄高校――

穏乃「まさかこんな事になるとはね。人生何が起こるか分からないモンだよ」

咲「何が起こるかっていうか、何も起こって無かったんだけどね。実際はさ」

穏乃「それで、どうする?昨日淡も言ってたけど…」

  淡『白糸台に来なよ。また三人で、黄金の伝説を作っちゃおう!』

穏乃「本気で麻雀をするなら、淡の言う通り転校はアリだと思うよ」

咲「今更、カッコ悪いと思わない?」

穏乃「……少し」

咲「穏乃ちゃんは、この学校嫌い?」

穏乃「――ううん」

咲「だったら、カッコ良く行こうよ」

咲「また麻雀が出来るんだよ?私が居て穏乃ちゃんが居て、和ちゃん達が居て…他に何か必要?」

穏乃「いや、十分過ぎる位だね。これからが楽しみでわくわくしてくるよ」ニッ


96:2013/08/19(月) 19:56:10.66 ID:ieX/91TS0

穏乃「でもこれで淡を敵に回すことになっちゃうのかー。それだけは気が重いね」

咲「仕方ないよ。きっと神様が見たかったんだと思う」

咲「私と淡ちゃんの対決をね」フフッ

穏乃「…それ、自分で言ってて恥ずかしくないの?」

咲「う、うるさいなぁっ///!」


――愛好会練習場所――

咲「――という訳で、勝手を言って申し訳ありませんが」

穏乃「私達二人を正式に麻雀愛好会に入会させて下さいっ!」ぺこっ

和「ハイ、歓迎します。本当に良かったですね」ニコッ

咲「うん、ありがとう。改めてこれからよろしくね」

和「こちらこそ。宮永さんと穏乃が居ればインターハイだって夢じゃないですね!」


97:2013/08/19(月) 20:02:54.66 ID:ieX/91TS0

穏乃「そうだ。これで5人以上になったんだし、愛好会から部に昇格する様にお願いしに行きましょうよ」

咲「そうだね。部にならないと公式試合には出られないし」

すばら「あー…そのことなのですが、少し問題があるんですよ」

咲「問題?」

すばら「あくまで噂なのですが、ウチの学校の理事長は相当な麻雀嫌いらしくて…」

すばら「人数が揃っただけでは、申請を断られてしまうかもしれないんです」

穏乃「麻雀嫌いって…そんな個人的な趣向で部活作りを止めたりできるものなんですか?」

優希「ウチの学校はかなり理事長の権限が強いって言うからなー。有り得る話だじぇ」

咲「…まぁ、ここで話していても仕方ありませんし、とりあえず会ってみません?理事長に」


98:2013/08/19(月) 20:09:01.58 ID:ieX/91TS0

――理事長室――

トシ「〜〜〜という訳だ。何を言われようともここでは私の意見が絶対」

トシ「従えないなら転校でも何でも好きにするが良いさね」

優希「う〜〜〜!!話にならないじぇ!」

和「えぇ!行きましょう、宮永さん」

咲「うん」スタスタ

トシ「………ねぇ、そこのトンガリ」

咲「…………」ピクッ

トシ「どうして私が麻雀嫌いになったか聞かないのかい?ん?」

咲「いいですよ。どうせくだらない理由なんでしょ」

       バタンッ

トシ「…………フン」


99:2013/08/19(月) 20:20:06.40 ID:ieX/91TS0

和「思っていた以上に頭の固い人でしたね」プンスカ

優希「のどちゃんが言うのはどうかと思うけど、その通りだじぇ!老害だじょ老害!」

すばら「そ、それは少し言い過ぎでは…」

穏乃「でもどうしましょうね。結局あの人を説得しないと部には出来ない訳で…」

咲「脅迫でもしてみます?」アハハッ

穏乃「おいおい、真面目に考えなよ」ハァ

優希「…いや、それは良い手かもしれないじぇ」キラン

和「どういう事です?」

優希「ほらのどちゃん。私達のクラスには居るじゃないか、理事長の孫娘が。それを誘拐して身代金を…」フフフ

和「目的変わってますって」ペシッ

和「そうえば、そんな事を話してるのを聞いた事がありますね。理事長と名字が違いますから失念してました」

和「たしか名前は――「臼沢さん?」


100:2013/08/19(月) 20:25:07.52 ID:ieX/91TS0

和「そうそう臼沢塞さん。あれ?何で宮永さんが知ってるんですか?」

咲「え?いや私は向こうに歩いてる人の名前を言っただけだけど…」

和「?」

穏乃「わっホントだ。あれ宮守二中の臼沢塞じゃん」

すばら「知ってるんですか?」

穏乃「はい。中学の時に何度か試合した事があって」

咲「すっごく守備の堅い人だったよね。ただ振らないってだけじゃなくて、もっと本質的な…」

穏乃「なんであれだけ上手い人が麻雀部の無いこの学校に?」

優希「麻雀が強くて理事長の孫娘…これは声を掛けない手は無いじぇ!」ダダダッ!!


101:2013/08/19(月) 20:33:23.24 ID:ieX/91TS0

塞「やっ久し振りだね。宮永さんに高鴨さん」

塞「もっとも、こうして話すのは初めてだけどさ」

咲「どうして臼沢さんともあろう人がこの学校に?」

塞「それ、宮永さんが言う?まぁ二人は怪我してたんだったっけ」

塞「私は元々麻雀は中学までで辞めるつもりだったからさ。で、おばあちゃんの勧めでここに進学したって訳」

穏乃「麻雀を辞めたのもおばあさんの方針?」

塞「っ!…それ知ってるんだ」

咲「さっきそれが原因で、麻雀部設立を断られた所なんだ」

塞「あー…そりゃ悪いことしちゃったね。ごめん、おばあちゃんに代わって私が謝るよ」

和「謝る必要は無いですけど…教えて下さいませんか?」

和「理事長があそこまで麻雀を嫌う理由…」

塞「………昔は、おばあちゃん大好きだったんだよ。麻雀」

皆「!」


102:2013/08/19(月) 20:47:21.05 ID:ieX/91TS0

塞「○△高校って知ってる?」

穏乃「?うん。十年位前のインハイで330000-400の試合したとこでしょ?」

優希「私も覚えてるじょ。あれは物凄いボロ負けだったじぇ」

塞「そこ、おばあちゃんの母校なんだ」

優希「!す、すまないじぇ…」

塞「いいよ、本当のコトだし。…元々は○△高校と言えば、地元じゃ結構有名な進学校で」

塞「名のある人物も何人も輩出してる、そこ出身だって言えば凄いって一目置かれる様な学校だったんだよね」

塞「その代わり、勉強で忙しい分部活では結果を残せてなかったんだけど」

塞「ある時いくつかの幸運が重なって、その年の県代表としてインハイに出場にする事になったんだ」

咲「…………」


104:2013/08/19(月) 20:55:54.60 ID:dqK1wDPjo

な阪関


105:2013/08/19(月) 21:02:02.16 ID:ieX/91TS0

塞「OBの人達はそりゃあ喜んで、大応援団を組んでインハイの会場へ詰め掛けた。…おばあちゃんもね」

  トシ『塞、凄いだろう。おばあちゃんの母校が全国大会に出るんだよ』ニコニコ

   塞『うん凄ーい!大きくなったらさえも絶対インターハイに出るねっ』

  トシ『そうかそうか。その時は○△と決勝で勝負出来ると良いねぇ』ナデナデ


塞「…………けど、結果は――」


    『これは歴史的な大敗です!記録ずくめの大敗北となりました○△高校!』

    『いやーある意味インハイの歴史に消えない傷跡を残しましたよね。○△は』ハハハ

    『大活躍した小鍛治選手の今後が楽しみですな』

  トシ『……………』

   塞『おばあちゃん…』


塞「それ以来、○△高校が地元で有名な進学校だって事は知らなくても、330000-400のコトは全国誰でも知ってる様に」

塞「○△出身は嘲笑の対象に…。学校のOB達が長年頑張って作り上げた名声は、あの一試合で全てパーになっちゃった」


106:2013/08/19(月) 21:11:59.26 ID:ieX/91TS0

塞「それからだよ。おばあちゃんが麻雀の話題を口にしなくなったのは」フゥ

穏乃「…普通ならトビ終了なんて珍しくないけど、あの年は青天井の変則ルールだったもんね」

すばら「雰囲気に飲まれて力を出し切れず…という印象でしたが」

和「不運な話ですね。誰が悪いという訳でも無いのに…」

塞「強いて言えば、マスコミが悪かったんだろうけどね」

塞「あの事があったから、おばあちゃんは麻雀で名を上げようとか言って」

塞「設備整えて人集めて、勉強しないで麻雀ばっかりやってる麻雀部が大嫌いに。そして麻雀部自体も憎む様になっていってね」

すばら「そんな事情があったとは…。それでは仕方ないのかもしれませんね」すばら…

咲「…気に入らないなぁ」

塞「え?」


107:2013/08/19(月) 21:25:00.29 ID:ieX/91TS0

咲「条件が違うのは当たり前だよ。気候も環境も設備も選手の集め方も指導者も練習時間も」

咲「けど、それをいちいち言い訳してたんじゃ全国大会なんて出来ないじゃない」

     「みんな胸を張ってれば良いんだよ!インハイに出て恥も何も無い!」

和「宮永さん…」

穏乃(珍しいね。咲がこんなに感情を露わにするなんて…)

塞「…きっとおばあちゃんも頭では分かってるんだよ」

塞「けど当時の事を思うと、感情の方がどうしても…ね」

咲「何とかしなくちゃね。早いとこ目を覚ましてもらわないと、私達も困るし」

穏乃「だね。良い作戦考えないと」

優希「臼沢ちゃん、ちょっと誘拐されてみる気はあるか?」

塞「どゆこと?」アセ

和(…あの人に、お願いしてみようかな)




109:2013/08/19(月) 21:32:34.04 ID:ieX/91TS0

――二日後――

咲「どうなってるだろうね。原村さんの親戚の人の交渉は」

和「きっと上手く行きますよ。交渉事の得意な方ですし」

和「ただ、ちょっと調子の良い所があるというか、大きな事を言い過ぎる癖があるのが玉に傷ですが…」

咲「…過度な期待はよした方が良さそうだね」

穏乃「次のプランを考えとかないとね」

マホ「あっ交渉終わったみたいですよ!」


和「わざわざ来てくれてありがとうございます。赤土さん」

赤土「なーに。可愛い姪っ子の頼みとあらばお安い御用さ」ハハハ

穏乃(…たしかに駄目そうな人だ)

和「それで、どうでした?」

赤土「あぁ、バッチシ上手くいったよ」フッ

皆「えぇっ!」


110:2013/08/19(月) 21:38:37.54 ID:ieX/91TS0

赤土「…なんだ?今のええっは」

和「き、きのせいですよ。それより赤土さん、本当に?」

赤土「あぁ。といっても、あの理事長なかなかやり手だ。条件を出して来た」

咲「条件?」

赤土「『今年の県予選優勝校と練習試合をして、勝ったら設立を認める』というね」

すばら「インハイ代表校と試合!?」すばら!?

優希「それに勝てなんて無茶にも程があるじぇ…」

赤土「ハッハッハ。安心したまえ、それは却下しておいた」

赤土「『県予選優勝校はインハイに向けて忙しいから、練習試合などしてる暇が無い』」

すばら「そ、そうですか。助かりました…」

赤土「『試合が出来るとしたら、準優勝校に決まってるだろう!』…ってね」ニヤリ

すばら「」


113:2013/08/19(月) 21:44:39.69 ID:ieX/91TS0

マホ「準優勝校と試合…」

優希「大差無いじょ…」ガックシ

咲「…聞いてた通り、だね」

穏乃「全くだね」ハハハ…

赤土「ハハハ、何を心配することがあるんだ。君だろ?宮永咲っていうのは」

咲「え?そうですけど…」

赤土「和から聞いてるよ?何でもプロでも掌の上で軽く転がせる、超高校級の大天才だと言うじゃないか」

咲「…………」チラリ

和「…………」アセアセ

赤土「君が居るならどこが相手でもノーヒットノーラン間違い無し!あ、それは野球か?」

赤土「はっはっは!それじゃーね〜」ブロロロロ


咲「…大きな事を言い過ぎるのは、あの人だけじゃなかったみたいだね」

和「あはは……ゴメンナサイ」


115:2013/08/19(月) 22:02:27.57 ID:ieX/91TS0

 
――県予選決勝戦――

穏乃「という訳で、試合相手の偵察にやって来ました!」

咲「偵察ってそんな元気良くするものじゃないと思うけど…」

穏乃「でも嫌な展開だよねー。淡が先鋒で大暴れしたけど、そこからも稼ぎはするものの二位との差は広がらずで」

咲「それがずっと続いてもう大将戦だもんね。地力では白糸台が大分上に見えるけど…」

咲「流石に部の設立を懸けた試合で淡ちゃんと戦いたくなんてないし、ここはしっかり逃げ切って――あ」

    『ロン!24300』

実況「な、なんとーーー!!松庵女学院の親倍がラスだった晩成に炸裂!!トバしました!」

実況「そしてこの和了で順位は逆転!!圧倒的優勝候補白糸台は準優勝という事に――



――咲の部屋――

穏乃「なーにをやってるんだよ淡っ!」ポカンッ

淡「あいたっ!何で私が殴られなきゃいけないの!?」プンスカ


116:2013/08/19(月) 22:09:10.58 ID:ieX/91TS0

淡「ほらサキも何か言ってやって!」

咲「ホントだよ…。五分五分の力ならまだしも、10回やれば8回は勝てる相手だったのに」ハァ

淡「シズノの援護射撃!?も〜!そんなの私の方が何で!悔しい!って思ってるに決まってんじゃん!」

穏乃「絶対私達の方が白糸台に勝って欲しかったよ!あーもう参ったな〜〜」

淡「へー。そ、そんなに真剣に私のコト応援してくれてたんだ…///」

淡「あ、ありが……」モジモジ

穏乃「どうせなら一回戦で負けといてくれればよかったのに…」

淡「え?」

咲「あのね、淡ちゃん。これこれこういう事情で…」カクカクシカジカ


118:2013/08/19(月) 22:18:19.69 ID:ieX/91TS0

照「そんな事になってたんだ。咲と穏乃はホント波乱万丈だね」

穏乃「望んでないんですけどね…」ハハ…

照「まぁでも、そういう事情なら淡もここは空気を読んであげて…」

淡「ふっふっふ」

照「淡?」

淡「ふーっふっふっふ!面白い!そんな面白いことになってるんだったら負けた甲斐があるってものだね!」

淡「サキ!シズノ!私は絶対負けないからね。全力を以て二人の門出を叩き潰す!」アワッ

咲「…淡ちゃんならそう言うと思ってたよ」ハァ

穏乃「なんて友達甲斐の無い…」フー

咲「じゃ、穏乃ちゃん。練習行こっか、越えるべき壁も定まったとこだしね」スクッ

穏乃「取っ掛かりを作るとこから始めないとなぁ…」

        バタンッ

照「…淡。折角二人が麻雀を打てる事になったんだから、そんな意地悪しないで…」

淡「だって、負けたら二人が白糸台に来てくれるかもしれないもん」

照「!」


120:2013/08/19(月) 22:26:54.37 ID:ieX/91TS0

照「まだそれ諦めて無かったんだ」

淡「本当にそうなると思ってる訳じゃないけどね。サキもシズノもこうと決めたらガンコだし」

淡「けど…寂しいよ。サキとシズノは二人で楽しそうなことやってるのに、私は一人ぼっちで…」シュン

        ギュッ

淡「わっ。テ、テル?」

照「淡は一人ぼっちなんかじゃないよ。私が付いてる」

照「麻雀じゃ力になれないけど…それじゃ駄目かな」

淡「…んーん。そんな事無い」

淡「テルが見ててくれるだけで、百人力だよ。私は誰にも負けないからっ」

照「…咲達には負けてあげても良いんだよ?今回は特別に…」

淡「ダーメ。絶対勝ーつ!」アハハッ

照「…やれやれ」ナデナデ


121:2013/08/19(月) 22:35:59.88 ID:ieX/91TS0

そして、怒涛の様に月日は流れ――


塞『ごめんね。おばあちゃんの手前、私はその試合に出る訳にはいかないんだ』

咲『臼沢さん自身は、それで良いの?好きなんでしょ、麻雀』

塞『…………』

     『次鋒(セカンド)は空けておくからね』


淡『あははっ教えてあげよっか。ミケダがチームを追いだされた理由』

池田『な、なんだと…?』


池田『絶対お前は試合でぶっ飛ばしてやるからなーー!!』ダダダッ!!

淡『…単純なヤツ』

照『良かったの?』

淡『まっ敵に塩辛を贈るってやつだよ。元戦友のよしこでね』

照『…今日は国語にしようか』


――練習試合当日を迎えた!!


122:2013/08/19(月) 22:47:29.11 ID:ieX/91TS0

和「凄いです宮永さんっ。どうやって池田さんを連れて来たんですか?」

咲「さぁ……どうやったんだろ」

和「?」

すばら「宮永さん、あの帽子で眼鏡でマスクをした方は一体…?」

優希「やけにエロいカラダしてる子だじぇ」

咲「今日の助っ人ですよ。カゼ引き女とでもしておいて下さい」

カゼ女「………コホンコホン」

穏乃「さーて、役者は揃ったね。後は鬼退治に向かうのみ!」

咲「頑張ろうね」


亦野「監督。なんであんな部ですら無い所との練習試合なんて受けたんですか?」

菫「校長からの命令で仕方なくな。ま、出るのは二軍だし、それでも直ぐにトバして終わるだろう」

菫「一軍はその後の練習に備えてアップでもしていろ」

淡(その読みはちょっと甘々過ぎると思うけどな〜。さっさと私達を引き摺りだしてよねっ♪)


124:2013/08/19(月) 22:55:32.37 ID:ieX/91TS0

――試合中盤――

校長「…なかなかやるもんですな。そちらの麻雀部も」

トシ「ウチに麻雀部なんてものはありません。あれはただの愛好会」

トシ「それより…私は圧倒的な蹂躙を見せて貰えると聞いて、ここに座っているんですが?」

校長「こ、これからですよこれからっ。化けの皮が剥がれるのは……」


二軍A「なーんかやりにくいよな。アイツ達]

二軍B「レベルが低過ぎてかみ合わないだけだろ?なーに今はたまたまラッキーで凌いでるが、すぐにボロが出るさ」

二軍A「そうだよな、たまたまたまたま。名門白糸台があんな雑魚共に苦戦する訳無いって」ハハハ

淡(…一生二軍に居ろ)ハァ


126:2013/08/19(月) 23:08:05.77 ID:ieX/91TS0

淡(しっかし、よくやるもんだね。弱いふりして油断させて)

淡(出来るだけ長く二軍を引っ張らせるつもりか。まぁサキはそういうの得意中の得意だからね。地味顔だし)


咲(…むっ。何か今淡ちゃんあたりに失礼なこと思われた気がする)ピクリ

咲(まぁそれはとりあえず置いといて、ここまでは上手く行ってるね。他の卓も十分戦えてる)

咲(この半荘くらいは二軍のままで居てくれるといいけど…)


菫(…あの卓の角娘。どこかで見た事のある様な…気の所為か?)

菫(打ち筋もセンスは感じるがミスも多いし…。しかしどうも気になる…)

    照「頑張れ、咲」

菫(!咲…?たしかリストアップしていた誰かの名前がそんな感じの)

    和「宮永さん、その調子です!」

菫(みやなが…。みやなが…さき……)

菫(―――――宮永咲だとっ!?)はっ!


       「タ、タイム!!」

  


127:2013/08/19(月) 23:14:28.81 ID:ieX/91TS0

咲「わー白糸台の人から和了ました。嬉しいなー」パラッ

穏乃「咲、それもう止めといた方が良いと思う」

咲「…みたいだね」

 ざわざわざわざわ…   どよどよどよどよ…


   ザッ! ザッ! ザッ! ザッ!

穏乃「とうとう一軍のお出ましだね。龍に虎に雀に亀が勢ぞろいだ」

咲「淡ちゃんは虎だっけ。もうちょっと引っ張って貰いたいとこだったけどね」フー

穏乃「ここからはガチンコ勝負。気合い入れてくよ」グッ!

咲「うん…良い緊張感。やっぱり麻雀は、こうじゃないとね」ニコッ


140:2013/08/20(火) 23:11:44.04 ID:IQqjPm4K0

亦野「ヒット!2000・3900!」パラッ

咲(流石は白糸台の一軍。和了らせるつもりじゃなくても自力で和了って来るね)

咲「ロン。11600」

亦野「ぐっ……」

咲(とは言ってもまだまだ高校生。剣を通す隙間は十分にある)


菫「…………」じっ

淡「どうですかっ?サキは」ヒョコッ

菫「大星、もう終わったのか」

淡「私のトコはシズノもサキもあのマスクの子も居なかったからね」

淡「リボンしたチビっ子を跳満と親っパネで二局トばし!」ドヤッ


142:2013/08/20(火) 23:25:18.96 ID:IQqjPm4K0

菫「相変わらず大したものだな。流石は青南の三匹の魔物の一角」

淡「ふっふっふ。でしょーそうでしょー」

淡「私に必死のラブコールを送り続けたスミレ監督の目に狂いは無かったって事ですね。よっ名監督!」

菫「調子に乗り過ぎだ」グリグリ

淡「あたたたたっ!ごめんなさいごめんなさーい!」

菫「全く。…だがな、大星。私が去年、お前達の試合を何度か視察に行った時」

菫「私はお前よりも、宮永咲の方を欲しいと思った」

菫「名門白糸台で、入学早々エースポジションを奪取したお前よりもだぞ?」フフッ

淡「別に驚きゃしないですよ」


143:2013/08/20(火) 23:42:02.02 ID:IQqjPm4K0

菫「フッ。だろうな」

菫「あの決勝戦を見た時は思ったものだ。もしコイツ達が三人揃って同じ所に進学すれば」

菫「インハイ優勝校の書かれる欄は、間違い無く三年連続で同じ名前が刻まれるだろうとな」

淡「ま、よっぽどの弱小校で無い限りはヨユーだっただろうね」フフン

菫「年がいも無く、その『もしも』には胸を弾ませたんだがな」

菫「残念ながら、麻雀の神は長期政権より戦国乱世を望んだという事だ」

淡「がっかりする必要は無いよ」

淡「シズノとサキが居なくても……」

         「私一人で白糸台の三年無敗伝説を歴史に刻んでみせますから」

菫「もう負けただろ」

淡「そ、それはノーカン!これから全部無敗ならほぼ100%無敗だったみたいな扱いになるから!」


144:2013/08/20(火) 23:56:45.94 ID:IQqjPm4K0

菫「やれやれ。おっ」

    「…………」スチャッ

菫「お前の言う無敗伝説は、公式非公式問わずの記録なのか?」

淡「…トーゼン」ゴォッ!!

淡「路傍の石ころだろうと、森林限界の上で咲き誇る花だろうと」

淡「全部大星の爆発でブッ飛ばしてやる」ニヤリ ザッ!


――白糸台高校麻雀部vs清澄高校麻雀愛好会(練習試合)

  最終試合B卓 宮永咲 vs 大星淡

 
※他にも二人居ます


146:2013/08/21(水) 00:11:47.79 ID:TH9d1tiE0

咲(ふぅ。覚悟はしてたけど、やっぱりこうなっちゃったか)

咲(淡ちゃんが最終戦で当たる様に合わせて来たから当たり前だけどね)フー

淡「ふっふっふっふっふ」わくわくっ

咲(…まぁ、考え様によってはこれで良かったのかも)

咲(一軍が出て来てから大分押し戻されたけど、総得点はまだこっちがリードしてる)

咲(ここで私が淡ちゃんを叩ければ――勝てる!)ゴッ!


校長「い、いやぁしかし思いがけず良い試合になったものですなぁ」

校長「例えばの話ですが、もし同点引き分けなんてことになったらどうするんです?」

トシ「さぁ…。そんな場面を想定する必要があるとは全く思っていなかったものでね」

校長「たはは…。しかし、本当に良いんですか?これだけ戦えるチームが…」

トシ「……………」


147:2013/08/21(水) 00:32:17.12 ID:TH9d1tiE0

池田「大星ぃ。私はずっと待っていたし」

池田「お前のそのムカツクアホ面を直接苦痛に歪ませてやる事の出来るこの機会をなぁ…!」

咲(あ。ウチのもう一人は池田だったんだ)

淡「なんだ、ミケダも居たんだ」

淡「悪い事言わないから、私とサキの勝負に巻きこまれないように隅っこでじっとしてた方がいいよ?怪我したくなければさ」

淡「リーチ!!」クルクルクルクルッ!バシューン!!

池田「上等だしっ!積年の恨みも兼ねてボッコボコにしてやるし!!」ニャー!!


148:2013/08/21(水) 00:32:50.35 ID:TH9d1tiE0

咲「ま、まぁまぁそんな熱くならないで」

咲「折角ここまで頑張って総得点プラスにしてるんだから、ここは慎重にさ」

池田「黙れよ宮永。私はお前達愛好会のコトなんてどうでもいい」

池田「コイツに勝つ為にここに居るんだからなぁっ!!追っかけリーチだし!!」ダァンッ!!(?)

咲「!?ばっ…」

淡「ロン!!」パラッ

淡手牌
??123一一一二三九九 ドラ:?

淡「リーチ一発純チャン三色ドラ1!親倍で24000っ!!」

池田「」グー

咲(…めんどくさいことになったなぁ)アセ


154:2013/08/21(水) 23:54:11.45 ID:TH9d1tiE0

照「…もう。今日はそんな凄い和了はしなくていいのに」ムゥ

菫「なんだ、恋人よりも妹の方を優先か?」フフッ

照「今日に限っては」

照「咲の高校生活が黄金色に輝くか、灰色にくすんで終わるかの瀬戸際ですから」

菫「フフッ流石に姉としての想いが勝つか」

菫「宮永はどう見てるんだ?この対決…」

照「さぁ…。淡はリベンジを果たしてみせるって息巻いてましたけどね」

菫「リベンジ?チーム内の紅白戦等では、大星の方に分があったと聞いているが…」


155:2013/08/22(木) 00:04:46.25 ID:rX5B+4O30

照「同じチームの選手を本気で潰したりしませんよ。公式戦を思えば、調子を上げておくに越したことは無いんですから」

照「それでなくても、咲は負けられない試合で無いと本気を出せないタイプですし」

菫「なるほどな。それで、リベンジというのは?」

照「咲と淡が初めて会った時の…。今の所唯一の真剣勝負を踏まえての台詞ですよ」

照「淡曰く『練習が大嫌いで才能だけで打ってた自分が、中学三年間毎日牌を触る羽目になった原因』だそうです」

菫「天狗の鼻を折られたという訳か。なら私は宮永咲に感謝すべきなのかもしれないな」

菫「ただでさえフリーダムな生意気坊主だというのに、練習嫌いなんて要素まで加わったら始末におえん」フー

照「…お世話かけます」

照(中学の三年間で差は埋まったのか離れたのか、或いは逆転しているのか)

照(不謹慎かもしれないけど、どうなるか楽しみっていうのも事実かな)



156:2013/08/22(木) 00:20:50.61 ID:rX5B+4O30

亦野「…テンパイ」パラッ

亦野(くそっ!三副露したのにまた和了れなかった…)

塞「…………」フー

塞(ふー思ったより体力落ちてたなぁ。このレベルの相手だとキツいキツい)

塞(ま、けど残りは一試合だし…。久々に牌に触れる喜びを思えば、これくらい何でもないけどさっ)タンッ!

トシ「…………」じっ

塞「!………ゴホンゲフン」


穏乃(淡が相手じゃ、流石の咲も大量得点は望み薄)

穏乃(池田が同卓っていうのも不利条件だろうし…ここは私の頑張り所だねっ!)

穏乃「ロン!チートイドラドラで6400!」パラッ


すばら「私にだって会長としての意地があります。この卓の誰一人トバさせはしませんよ」すばらっ!

優希「こっちだって牌を握って打ってるんだ。何が起こるか分らないじぇ〜」


157:2013/08/22(木) 00:38:10.45 ID:rX5B+4O30

淡(クライマックスに相応しく、どの卓もイイ感じに盛り上がってるみたいだね)

淡(ほらサキ。私達ももっともっと熱く戦おうよ!まさかこのままミケダがトんで終わりになんてしないよね?)

池田「うぐぐぐぐぐ…」ギリギリ(点棒:0)

咲(出来ればさっきの池田のリーチは実らせたかったけど、上手く封じられちゃったな)

咲(分かってた事だけど、ガンガン攻める事しか知らなかった昔の淡ちゃんじゃない)

咲(ホント厄介な雀士に育ってくれたものだね)フゥ

泉「よっと」タンッ!(?)

淡(!サキ相手にこの巡目で生牌出してどーすんの!)

咲「ポン」カシャッ

淡(ほらやっぱ――…ポン?カンじゃなくて?)

咲「…………」ガショッ

淡(で、もう点棒ケースを開けた…。………まさか!)


159:2013/08/22(木) 00:53:20.32 ID:rX5B+4O30

 
  チャッ「カン」カカンッ

泉(ツモ牌を見もせずに加カン?えらいせっかちな…)

池田「ロ、ロン!」ガタッ

泉「な!?」

池田「チャンカンドr「はい」チャラッ

池田「まだ喋ってる途中だし!!」ニャー!!


泉(点棒まで既に準備済みとか…どこまで先を読んどったんやコイツ)ブルッ

淡(さっきのは二牌持ってのポンじゃなくて、手中に三牌持ってる状態からのポンだった)

咲(差し込みは河だけじゃないよ。淡ちゃん)ニヤリ

淡(やってくれるね。でも良いの?サキ。これで私との点差は更に開いた)

淡(後はこのままブッチ切るだけ!)

淡「ダブリー!!」クルクルクルピシャーン!!

咲「それカンッ!」カシャンッ!!


162:2013/08/22(木) 09:19:12.78 ID:rX5B+4O30

尭深「…ツモ。4000・8000」パラッ

塞(つーっ。大三元はどうにか食い止められたけど、結局三位かぁ)

穏乃「お疲れ様。うすざ…じゃなくて、カゼ引き女さん」

塞「お疲れ様。そっちはどうだった?」

穏乃「なんとかトップ。ギリギリだったけどね」

塞「流石だね」

穏乃「そっちだって十分凄いじゃん。一軍の中でも上の方っぽい二人相手に微差の三位だし」

塞「せめて二位は取りたいとこだったけどね。ま、白糸台の名は伊達じゃないって事を思い知ったよ」

穏乃「次は、勝ちたい?」

塞「………ズルいこと聞くなぁ」ポリポリ

穏乃「へへっ。私達はいつでもずっと大歓迎だからね」


163:2013/08/22(木) 09:33:03.17 ID:rX5B+4O30

塞「はいはい。で、残ってる卓は…あの世にも恐ろしい卓だけか」アセ

塞「何なの?あの重力を無視した髪の毛は」

穏乃「私達にも分かんない。独立した生き物なのでは?って説はあるけどね」

穏乃「和、あの卓を除いた総得点ってどうなってる?」

和「えぇと…私達愛好会が+3ですね」

塞「微差も微差だね」

優希「あの卓の結果が、そのまま総合結果につながる感じだじぇ」

すばら「宮永さんが大星さんに勝てれば勝ち。勝てなければ…ですか」

穏乃「結局そうなっちゃいましたね。まぁこれもあの二人の産まれた星の運命というか何というか…」


165:2013/08/22(木) 09:55:09.81 ID:rX5B+4O30

淡(この親っパネで勝負を決める!)

淡「カン!」カシャッ スッ


  「――お行儀が悪いよ。淡ちゃん」


淡「!………ちっ」ニヤッ トンッ(?)

咲「ロン」

咲手牌
????二二二六六六西西西 ドラ:?


咲「対々三暗刻ドラ2。12000の三本場は12900」

咲「他人の領域(もの)に手出しちゃ駄目って学校で教わらなかった?」ニコッ

淡「欲しいものはどんな手使ってでも奪い取るのが私の主義だからね。次はこうはいかないよ!」

  バチバチバチバチッ!  プスプス…
 


166:2013/08/22(木) 10:09:40.22 ID:rX5B+4O30

菫「何というか…異次元の会話だな」タラリ

菫「この和了で宮永咲と大星はほぼ横一線。次が色々な意味で勝負を分ける一局となるな」

照(咲は、出来ればこの南三局で決めておきたかったんだろうね)

照(最終局での逆転和了が得意とは言っても、淡だって勝負所の引きの強さでは負けてない)

照(オーラスでの和了り合い勝負なんて望んでなかった筈だから、和了りはしたものの多分内心は苦い顔してるね)


咲(ハァ。この展開に引き摺りこまれちゃったかぁ)

咲(負けられない試合で、勝つ保証の無い一発スピード勝負なんてやりたくなかったけど…)チラッ

淡「…………♪」ゴオオオオオッ!

咲(元々確実に勝てる保証なんてある訳無い相手だもんね。どうなるかは天に任せて…全力で打ち勝つ!)ゴッ!!!!

     ゴオオオオオッ!!!   ゴッ!!!!!

           プスプス… 
 


167:2013/08/22(木) 10:22:28.88 ID:rX5B+4O30

穏乃「ん…?ねぇ、何か変な音しない?」

和「変な音ですか?……あ、言われてみればたしかに」

和「煙が出ている様な音…宮永さん達の方からでしょうか?」

穏乃「咲達の方………っ!!まずいっ!!」


     プスプスプスプス………ボカンッ!!!!


咲「あ」 淡「やばっ!」

池田「ぐにゃあ!?!?!?」

泉「なんやっ!?!?!?」


和「じゃ、雀卓が爆発!?」

穏乃「やっぱり…。あの二人の本気の激突には耐えきれなかったか」

すばら「っ!危ない!!爆風の衝撃で池田さんが頭から倒れ…


池田「わあああああああっ!!」ジタバタッ

咲「くっ!」バッ!


           グキィッ!

   


172:2013/08/22(木) 22:40:32.16 ID:rX5B+4O30

和「宮永さん!?」

咲「…よいしょっと」

咲「大丈夫大丈夫。心配しないで」ヒラヒラ

池田「あ、ありがとう。宮永」

池田「助けてくれて…」

咲「いえいえ。多分壊しちゃった一因は私にもあるしね」

咲「あと一局。気合い入れて行くよ」


菫「一応万が一に備えて、チタン合金製のを使わせていたんだがな…」アセ

菫「それすら一半荘持たないとなると…。宮永、アイツ達はどうやって練習を……宮永?」クルッ


175:2013/08/22(木) 22:56:04.72 ID:rX5B+4O30

和「良かった、何ともないみたいですね」ホッ

和「池田さんの頭を支える時、腕を捻った様に見えた様に見えましたが…」

     「咲は」

和「っ!」

和(いつの間に後ろに…。この方はたしか、宮永さんのお姉さんでしたっけ)

照「大したことの無い時は大騒ぎしてすぐに泣いちゃうくせに」

照「本当に痛い時は誰にも言わないの」

和「という事はやっぱり…!と、止めないと!」スクッ

照「無駄だよ。何を言っても、咲が麻雀を途中で止める訳無い」

照「終わったら私が処置をするから、今は黙っておいて」

和「…………そうはいきません」

照「え?」

和「私は清澄高校麻雀愛好会のマネージャーです。会員の怪我の処置は、私の仕事です」

照「……そう。分かった」


177:2013/08/22(木) 23:12:57.85 ID:rX5B+4O30

―卓を移動して、最終戦再開―

咲「…………」チャッ チャッ

淡(何でもないフリして強がってもオーラでバレバレだよ、サキ)

淡(あーあ。最後の最後でつまんない事になっちゃったな。折角この日の為に麻雀やってた気がする位の気分だったのに)ハァ

淡(テルもサキのコト心配そうに見てるし…)

淡(サキを心配して応援するのは良いケド、本当に今日だけなんだよね?)チラッ

咲「カン」カシャッ!

淡「っ!」

咲「…つっ………!」ギロッ!

淡(…ゴメン、サキ。そうだよね、手負いだろうが何だろうがサキが相手なんだ)

淡(遠慮したり他のコト考えたりする余裕なんて…無い!)

淡「リーチ!」クルクルクルクルッ ピシャーン!!!

咲「リーチ」コトッ


178:2013/08/22(木) 23:32:38.82 ID:rX5B+4O30

穏乃「2軒リーチか…。お互い、退路を断って来たね」

塞「他の2人はまず降りるだろうから、先にツモるか相手から和了るかした方が勝ち。でも…」アセ

すばら「五面待ちの大星さんに対して、宮永さんの待ちは嵌?のみ。分の悪過ぎる勝負です…」すばら…


咲(まだ山に?は一枚残ってる。それなら待ちの数の有利不利なんて問題じゃないけど)

咲(駄目だ。今の流れじゃ淡ちゃんの引力に持っていかれる。かと言って鳴く術も無いし…)タラリ


        「カンだしっ!」


淡「え!」パチクリ

泉(きっちり降りる為に現物が何より欲しいこの状況で、大星の捨て牌をわざわざ大明カンやて?)

泉(しかもオタ風の西。和了りに向かうにしても鳴く意味の薄い牌や。一体何のつもりで……)


179:2013/08/22(木) 23:45:41.31 ID:rX5B+4O30

咲(池田……)

池田(フン、勘違いするなよ。別にお前の為なんかじゃないし)

池田(借りはすぐ返す主義なだけ…それで大星を凹ませてやる事が出来るなら一石二鳥だし!)


穏乃(淡から鳴いて淡のツモを奪った上に、西カン)

穏乃(カンの数が多ければ基本的に咲に有利に働く上に、西は咲が好きな牌の一つ)

穏乃(たまたまかもしれないけど、流れを変えるには最高の仕事だね。やるじゃん池田)

穏乃(あとは淡の待ちをかわせるかどうか…)

池田「……………」ムムム…

池田「これ…は駄目。これ……もピンと来ない。残るはコレかコレ…」ブツブツ

池田「これだしっ!!」タァン!!!


181:2013/08/22(木) 23:59:34.80 ID:rX5B+4O30

池田「どうだ…?」ドキドキ

淡「…………」

淡「ちょっと見なおしたよ、ミケダ」スッ(手牌から手を離す)

池田「しゃあああああ!!」


照(これで咲にツモ番が回った)

和(宮永さん…!!)


咲「…………」チャッ

咲「カン」カシャッ   スッ

照(よしっ)

穏乃(勝った!)


183:2013/08/23(金) 00:15:23.63 ID:gW94eJV10

淡「………ふー」 パタンッ

4つ揃えた牌を晒し、嶺上牌へ手を伸ばす咲の姿を見て
彼女の事をよく知る者は、先の未来を確信する。


咲「……………」チャッ




       コトッ(?)





穏乃「なっ―――!?」


      「ロンッ!!!」


清澄高校麻雀愛好会vs白糸台高校麻雀部 練習試合

勝者―――白糸台高校麻雀部


184:2013/08/23(金) 19:20:11.20 ID:gW94eJV10

 
 ワアアアアアアッ!!  オオオオオオッ!!

亦野「よくやった大星!」

尭深「流石…」ズズズー

菫「デカい口叩くだけの事はやってくれたな」

泉「いやいや先輩方に監督。そんな褒めたら大星のコトやからまた調子乗って…」

淡「…ありがとうございます」スクッ スタスタ

泉「あれ?」


淡(…なんで私、こんなにモヤモヤしてるんだろ)

淡(試合に勝って勝負に負けたみたいな感じだから?)

淡(いや、そもそも試合に勝てたのだって何でか分かんないんだけど。ミケダに邪魔されて、サキがカンした時は負け覚悟だったし)


185:2013/08/23(金) 19:25:16.09 ID:gW94eJV10

淡(…どっかで私は、サキになら負けてもいい)

淡(例え自分が相手だってサキの負けるトコは見たくない…みたいな気持ちがあると思ってたのにな)

淡(こんなに悔しいと思う理由は…


        『ロンッ!!!』

        照『――っ!?』

        照『……………』シュン…


淡(―――何でなんだろ)


186:2013/08/23(金) 19:36:55.31 ID:gW94eJV10

和「宮永さん痛みますか?」グルグルッ

咲「あはは、大袈裟だって原村さん」

咲「…ゴメンね、皆。負けちゃった」

すばら「宮永さんが謝るところなんて何一つありません。本当にすばらな試合でしたよ」

優希「そーそー。咲ちゃんで勝てなかったならしょーがないってスッパリ諦めも付くじぇ」

穏乃「私達はみんなベストを尽くした。ここは素直に淡を讃えるしかないね」

咲「うん…。ホントに強かったよ、淡ちゃんは」


187:2013/08/23(金) 19:51:22.73 ID:gW94eJV10

穏乃「でもそれにしてもラストは意外だったなぁ」

穏乃「オーラスの咲のカンが嶺上開花にならなかったのとか初めて見たよ。しかも五筒だったのに」

咲「ん…私も中学に入ってからはちょっと覚えが無いかな」

咲「あのカンをするまでは五筒を感じてたんだけど、ツモろうとした瞬間に牌が見えなくなって…」

穏乃「ふーん。痛みで支配力が鈍りでもしたのかな?」

塞「私達にも分かる言葉で会話してくれるかな…」アハハ…

池田「敵地でいつまでもくっちゃべってんなよー」

池田「そんな暇があったらさっさと家帰って自分の甘い打牌でも反省してろし!このヘタクソ共!」プルプル…

咲「はいはい。家に帰って思いっきり泣いて悔しがろうね」ポンッ


      スタスタテクテク…


トシ「…………」ジャラジャラ

校長「どうされました?熊倉先生。最後の卓の山なんか見て」

トシ「いや、何でもありません。じゃあこれで私はおいとまさせていただきますね」スタスタ

校長「は、はぁ。お疲れ様でした…」

校長(………なんで笑ってたんだ?)


188:2013/08/23(金) 19:58:22.86 ID:gW94eJV10

――ある教室――

部員A「あ、やっぱり」

部員B「やっぱりって、何が?」

部員A「この箱見てみて。筒子のトコ」

部員B「えぇと…あれ?五筒が五枚で三筒が三枚?」

部員A「実は最後の試合に使ったあの卓さ、牌のセットしたの私なんだよね」

部員A「急遽使うことになったから慌てて手が滑って、五筒入れなきゃいけないとこを三筒入れちゃってたの」

部員B「…ということは、もしかして最後の宮永咲の嶺上牌って……」

部員A「そ。間違えて私が入れた三筒。よーく見ると背の色が若干違うから間違い無いよ」

部員A「いや〜それに気付いた時は焦ったわー」


189:2013/08/23(金) 20:07:35.62 ID:gW94eJV10

部員B「つまり本来ならあの三筒は五筒で、宮永咲が嶺上で和了ってたって事か」

部員A「そ。まぁ結果的にファインプレーでしょ?」

部員A「いくら練習試合とはいえウチの一軍が出てって愛好会なんかに負けたら大騒ぎだしね」

部員A「口ばっかの大星淡には感謝してもらわなきゃ」

部員B「ははっ違いないね」

部員A「私から見ればあのリーチは爆笑ものだったよ。三枚見えててもう一枚も残ってないんだからさ」ハハッ

部員A「ま、敵地の試合なんだからそれぐらいの愛敬は許し――

         ポカンッ!!

部員A「いっづぁっ!!!な、何が飛んできたの!?石!?」

部員B「い、いやコレ麻雀牌だ」

部員B「………三筒の」


トシ「♪」テクテク


190:2013/08/23(金) 20:17:59.95 ID:gW94eJV10

 
   ガチャッ

塞「あ、おっおかえり!おばあちゃん」ゼーハー

トシ「どうしたんだい?そんなに汗かいて」

塞「ちょっちょっと急に走りたい気分になったからジョギングにね」

トシ「そうかい」

塞「うん、そう…」ホッ

     「カゼはすっかり治った様で何よりだね」

塞「へ?」


     テクテクテク ガチャッ

トシ「よっこいしょっと」ゴロッ

トシ「…………」スッ(目を閉じる)


  トシ『どうして私が麻雀嫌いになったか聞かないのかい?』

   咲『いいですよ。どうせくだらない理由なんでしょ』


トシ「ふん」

トシ「惜しかったねェ。宮永咲」ニヤリッ


192:2013/08/23(金) 20:29:03.85 ID:gW94eJV10

 
――咲の部屋――

咲「痛い痛いっ!痛いってばお姉ちゃん!」ナミダメ

照「ちゃんとほぐしておかないと癖になるから。やっぱり今から病院に行く?」

照「骨でも折れてたら大変…」

咲「いや流石に折れてはないから…」

穏乃「アハハ。いつもとは立場が真逆ですね」

咲「ていうかお姉ちゃんちょっと仕返し入ってるでしょ?」ジト

照「…バレた?」フフッ

咲「もうっ!」

淡「ハイハイそんなイチャついてないでさ。これからどーすんの?二人は」


193:2013/08/23(金) 20:37:51.50 ID:gW94eJV10

穏乃「どうって…。あ〜〜〜ちくしょー!!どうすりゃいいんだー!!」

淡「試合に負けたから清澄じゃあもう部は作れないんだよね。残念だなぁ」

咲「負かせた当人がそれを言うの?」ブー

穏乃「淡さんのフェアな全力プレーには感動したよ」グイッ(胸ぐらつかみ)

淡「ありがとー」アワッ

照「転校してきたら?」

淡「!」

照「また一緒に麻雀やりなよ。淡と、三人で」

淡「…………」

咲「手遅れだよ」


194:2013/08/23(金) 20:46:34.00 ID:gW94eJV10

咲「淡ちゃんと勝負する楽しさを覚えちゃったからね」ニッ

淡「へー」ニヤリッ

咲「諦めるのはまだ早いよ、穏乃ちゃん。何か道を探してみよう」

穏乃「そーだね!元々めちゃくちゃな条件なんだから、生真面目に従う必要も無いといえば無いし!」

咲「困ったらまぁ脅迫しちゃえばどーにかなるよね」

穏乃「いやだからそれはどうかと…」

淡「私ちょっと喉乾いたからジュース取ってくるね」 キィッ

咲「うん。…ていうかここ私の家なんだけどね?」

照「…私も一緒に取って来るね」


196:2013/08/23(金) 20:52:30.89 ID:gW94eJV10

淡「ジュースジュース〜♪」

淡「100%オレンジかそれとも100%アップルか。テルはどっちがいい?」

照「淡、どうしたの?」

淡「何がー?私はいつもどおり超可愛いよ?」

照「…私が転校を提案した時、変な感じだったから」じっ

淡「…………私、さ」

淡「サキには負けたくないんだ」

照「?知ってるけど…」

淡「負けないからねっ私!」ダキッ!

照「わぷっ。うん…頑張れ、淡」ナデナデ


197:2013/08/23(金) 21:04:00.63 ID:gW94eJV10

――翌日、清澄高校――

優希「さーて、今日から仕切り直して名案を考えるじぇ!」

マホ「会長、今日も来てくれたんですね」

すばら「はい。昨日の試合が私の引退試合で、その事に悔いは何一つありませんが」

すばら「貴方達まで一緒に引退してしまってはそこに悔いが残ってしまいますからね。及ばずながら力を添えさせて下さい」

和「花田会長…!」ウルッ

咲「応援に来て下さいね。来年の県予選」

すばら「勿論です。全国制覇のその瞬間まで、見届けさせてもらいますよ」すばらっ


199:2013/08/23(金) 21:10:42.46 ID:gW94eJV10

穏乃「その未来に繋げる為にも今考えないとね」

穏乃「塞、10年前までは一緒に打ってくれてたんだよね?おばあちゃん」

塞「うん、随分鍛えられたものだよ。懐かしいなぁ」

和「その頃に好きだったプロ雀士の方とか居ます?」

塞「小鍛治プロが好きだって言ってたね。あと大沼プロとか」

穏乃「瑞原プロのサイン牌なら持ってるよ?」

塞「瑞原プロはあんまり…」

咲「とりあえず、一回試したいことがあるんだけど…」


200:2013/08/23(金) 21:16:20.57 ID:gW94eJV10

  
     「「じゃんけんポン!」」

穏乃「ぐあああああーーっ!!」

和「あ、危ない所でした…」ホッ

咲「はい穏乃ちゃん罰ゲ…じゃなくて脅迫電話ー♪」

穏乃「罰ゲームって言い掛けただろ今!」プンスカ

咲「気にしない気にしない」

咲「私達はこっちで会議してるから、向こうで電話しててね」

穏乃「くっそー…」ブツブツ


   PRRRRRR  ガチャッ

トシ「はい、熊倉ですが」


201:2013/08/23(金) 21:22:55.50 ID:gW94eJV10

  「な、何も言わずに黙って言う通りにしろ」

トシ「は?」

  「お宅の可愛くて妙にエロい娘さんは預かった」 「な、何言ってんの!?」ギャーギャー

トシ「…………」

  「無事に帰して欲しかったら清澄に麻雀部を作れ」 「じゃあ小鍛治プロを拉致って…」「殺されるでしょ」ガヤガヤ
 
  「分かったか!?…あとお前らうっさい!」

トシ「…………」ニヤリ

トシ「麻雀部を作ればいいのかい?」

  「そうだ!」

トシ「…分かった」


203:2013/08/23(金) 21:30:16.35 ID:gW94eJV10

 

   「言うとおりにしよう」ガチャッ


穏乃「へ?」ツーツーツー…

咲「終わった?もう、時間のムダだからもっと真面目に考えてよね」

穏乃「作るって」

咲「何を?」

穏乃「清澄に麻雀部を…」

    皆「「「「「………………?」」」」」」きょとん



トシ「10年…か」


  咲『どうせくだらない理由なんでしょ?』


トシ(まったくだ……)


210:2013/08/24(土) 21:59:05.13 ID:9CJwWQ4G0

憩「残念やけど……」

憩「ただの打ち身やね。骨にも筋にもなーんも異常なし!」

憩「二、三日で治ると思いますよ――ぉ」


咲「ゴメンね原村さん。付き合わせちゃって」

和「いえ、お願いされなくても元々付き添うつもりでしたから」

和「その怪我は愛好会の為の名誉の負傷なんですから、マネージャーとしては…

咲「もう愛好会じゃないけどね」

和「あ…そう、でしたね」ニコッ

咲「まぁ気持ちは分かるけどね。私もまだ全然実感無いもん」

和「きっと宮永さんのプレーが理事長の胸を打ったんですよ」

咲「胸をねぇ…」

和「私だってちょっとその…見惚れちゃいましたし///」ボソッ

咲「?ごめん、何か言った?」

和「な、なんでもありませんっ///」


211:2013/08/24(土) 22:17:19.85 ID:9CJwWQ4G0

 
 テクテク トコトコ

咲「でもホントモテるよね、原村さんは。今月だけでラブレターもう三通目なんでしょ?」

和「えぇ…本当に困ってしまっていて。私なんかよりもっと素敵な人はいくらでも居ると思うんですけどね」ハァ

咲「自覚が無いのは罪って名言だよね」アハハ

和「それに、クジ運無いんですよ。私って」

和「今までちょっと良いなって思った人も、後で冷静になって考えてみると殆どハズレで」

咲「あぁ、こないだ絡まれてた金髪の人とか?池田並のうぬぼれ屋だったよね」

和「えぇ…。あの頃、中一くらいの頃ってそうじゃないですか」

和「外見だけて自分の中で勝手に理想を作って、相手を見る目よりも恋に恋してしまう年頃だったんですね」

  『可愛いね、淡ちゃんって』

咲「ふーん」

和「…それでも良い人に当たる人は当たるんですけどね」

  『良い子だよね。淡ちゃん』

咲「…だろうね」


212:2013/08/24(土) 22:25:54.80 ID:9CJwWQ4G0

和「宮永さんはちゃんと当たりました?」

咲「クジは売り切れてたかな」

和「え?」

咲「今度私の中学時代の写真見てみる?笑っちゃうよ?」

咲「中二になるまでは鼻水たらしたただのチビ」

咲「やっと身長が追い付いてそろそろ――と思った時には、目ぼしい人はみんな初恋の真っ最中」

和「本当ですか?」

咲「嘘付いてどうするの、こんなこと」アハハッ

和「――でも、今はモテますよね」

和「だって絶対カ、カッコ良いですから…///」

和「麻雀を打っている時の宮永さん…」カアアッ

咲「ありがと。原村さんに褒められるなんて身に余る光栄だよ」ニコッ

和「…………///」プシュー


213:2013/08/24(土) 22:34:53.87 ID:9CJwWQ4G0

咲「あ、この河原。懐かしいなぁ」

和「何かあったんですか?」

咲「小学生の時、水遊び中に足をすべらせて大ケガしちゃってね」

和「た、大変じゃないですか!」

咲「うん、大変だったよ」

咲「頭を打って血だらけになった私を、ずっと遠くの車の中で昼寝してたお父さんの所まで運んでくれて…」

和「どなたがですか?」

咲「ん……。ま、結局途中で力尽きて、たまたま通りかかった穏乃ちゃんが二人いっぺんに運んでくれたんだけどね」

和「…………」


214:2013/08/24(土) 22:39:35.01 ID:9CJwWQ4G0

和「もしかして、宮永さんは後悔してるんですか?」

咲「?何を?」

和「大星さんをお姉さんに紹介したこと」

咲「…………」

咲「うーん………」ムムム…

和「いいですよ、何もそんなに真剣に考えて答えてくれなくても」

咲「淡ちゃん以外の人を紹介したなら、ハッキリ後悔出来るんだけどね」

和「そうですか?」

咲「…………」

和「逆のような気もしますけど」


215:2013/08/24(土) 22:53:37.93 ID:9CJwWQ4G0

咲「ふーむ…」

和「…………」ズクンッ

和「さぁ、そろそろ行きましょうか」 

   ツルッ

和「きゃっ!?」

咲「おっと」パシッ

和「あ、ありがとうございます…///」

咲「気を付けてね。私もこの腕じゃ原村さんをおぶってあげられる自信無いもん。原村さんおっきいし」フフッ

和「なっ!ど、どこを見て言ってるんですか!それに私そんなに重くありませんっ」

咲「あはは、ゴメンゴメン」


  『咲。私ね、淡と付き合うことになった』


咲(――あの日からもうじき三年かぁ)


216:2013/08/24(土) 23:03:58.86 ID:9CJwWQ4G0

――熊倉家、庭――

トシ「…………」チョキチョキ

トシ「…ふー。こうも暑いと植木の世話も結構な重労働だね」トントン

塞「肩でも揉んであげよっか?おばあちゃん」

トシ「アンタを誘拐した連中の要求は、麻雀部を作れってことだけだ」

トシ「アンタに麻雀をやらせろとは言われてないよ」

塞「…………」

トシ「どうする?もう一回誘拐されてみるかい」ニッ

塞「自分で要求するよ」

     「麻雀をやらせてほしい。麻雀が好きなんだ」

塞「おばあちゃんと同じくらい…」

トシ「条件がある」


     「肩を揉みな…」

  


217:2013/08/24(土) 23:32:27.76 ID:9CJwWQ4G0

―――変わった学食がある事以外は、特筆することも無い無名校


池田「王手だしっ!」パチィンッ!

田中「池田ァ。お前麻雀部の方に移籍したんじゃなかったのか?」

池田「ハッハッハ!私くらいの天才になると一つの競技で頂点奪るくらいじゃ物足りないんですよっ!」ニャー!


穏乃「あれ、皆さん。何してるんですか?今日はオフって決めたのに」

マホ「み、見つかってしまいました!どうしましょう秘密特訓なのに!どうにかしてごまかさないとっ」アタフタ

室橋「言っちゃってる言っちゃってる」

室橋「いやぁ。この前の試合、もうちょっとだけ私達がしっかりしてたら…って思ったら休む気分にならなくてね」

優希「次は絶対二人にばっかり負担かけさせないからな!首を洗って待ってるんだじぇ!」

穏乃「皆さん……」じーん

穏乃「よーし!それなら今から私が稽古を付けてあげましょう!」

優希「おぉっ!シズちゃんが指導してくれるんなら心強いじぇ」

穏乃「まずは山に登りますよっ!私に付いてきて下さい!」ダダダッ!

3人「山!?」


―――清澄高校に新たに発足された麻雀部


219:2013/08/25(日) 00:06:39.92 ID:32IpDSMo0

―――知る人ぞ知る、このピカピカホヤホヤの麻雀部が


??「うそっ!?あれだけやられてまた先制リーチ掛けちゃうの!?」

??「あーあ。どこか私に監督やらせてくれる学校があればなァ」


――来年の夏。北長野予選を大きく沸かすことになるのかもしれないが


照「…………!」キリキリキリ…

   ボヒュン

照「…………」

咲「ハイ淡ちゃん。今回の賭けも私の勝ちだね」スッ

淡「いやいや。よく見てよ今回は3メートルも前に飛んでるんだよ?」

淡「テルーの絶望的運動神経思えば、これはもう実質的当たった様なもんだって!」

咲「くっ!反論の余地が無い……。っ!!」ピクンッ

    ゴゴゴゴゴギュルルル…

咲「こうなったら麻雀で決着を付けるしかないよね!」ダッ!

淡「そーだね!負っけないよー!」ダッ!

     ポコン  ポカンッ 

咲・淡「」バッタリ

照「…当たった」


―――…とりあえず今の所は、ただの全国4000分の1。


220:2013/08/25(日) 00:30:15.66 ID:32IpDSMo0

―――宮永咲と大星淡。共に名前を『I』で締める二人の戦いも


淡「あたた…テルに射止められちゃったね」アワッ

咲「なにそのしょーもないノロケ…。ていうかそれだと私まで射止められてるんだけど」

淡「ねぇサキ。私達、絶対また勝負しようね。今度はもっとでっかい舞台でさ」

淡「自分の持ってる全てを懸けて、ぶつかり合おう」じっ 

咲「…また急だね」

咲「勿論、望む所だよ。私だって、麻雀でだけは誰にも負けたくないんだから」じっ


     「「……………」」ニヤリッ


淡「私にボッコボコにされない様に頑張ってね、サキ」スッ(拳を突き出す)

咲「淡ちゃんこそ。私が倒す前に、日本一の称号位は奪っておいてよね」スッ


      ゴンッッ!!!


―――まだまだ、始まったばかりである。


                 ――カン――


222:2013/08/25(日) 01:20:14.66 ID:32IpDSMo0

〜未来予告〜

  『今日からこのチームの監督を務める事になったわ。よろしくね』

  『私にはこの配牌は跳満手ですよー』

  『今年の清澄の一位指名だよ』

  『まさか、淡までそのふざけた予告和了を食らったっていうんですか?』

  『麻雀にそんな名前の座席があるのか?』

  『ケガには気を付けなよ、玄。ケガには―――ね』  

  『待ってる時間も、デートのうちですよ。デートの時間は、長い方が良いですから』

  『――凄い人だよ。――けど、二度とインターハイには行かせない』

  『私の予想は当たらないよ。いつも大穴狙いだからな』

  『しばらくの間の辛抱や。いずれ分かる。
   あの大将から和了れへんかった事が、それほど恥ずかしいことかどうかはな』

  『なるほど。そうだよね、全国四千校が狙ってるインターハイとデートしようって言うんだもんね』

  『あの時の私は、お姉ちゃんのファーストキスに乾杯する気にはなれなかったな』

                                     to be continued…?


224:2013/08/25(日) 01:43:02.88 ID:32IpDSMo0

第一部完というか、一回区切りをつけたかったというか。
ここまでしか考えてなかったので、どうすればいいか悩んでいるというか。

とりあえず一旦締めです。読んでくれた方ありがとうございました。


225:2013/08/25(日) 02:10:15.24 ID:D4Q0HyqL0




226:2013/08/25(日) 09:02:12.74 ID:p02hj9CSO

乙乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376740278/