1:2014/06/07(土) 15:45:14.88 ID:KA0C0VUGo

一太「確か君……麻雀部の須賀くんだっけ……?」


京太郎「えっとあなたは……」


一太「副会長の内木一太だけど……全校集会とかで見たことない?」


京太郎「……すいません」


一太「いやいいよ、大体会長がやってるしね」


京太郎「会長って部長ですよね?」


一太「ああ、そうだよ」


京太郎「今更ながら両方兼ねてるなんてすごいですね……」


一太「そうだね……ところで両手一杯に荷物を持ってどうしたの?」


京太郎「インターハイに参加することになって色々と入り用になったので買い出しに行ってきました」


一太「そういえば麻雀部のインターハイ出場おめでとう」


京太郎「といっても女子だけですけどね」


一太「あれ?須賀くんは?」


京太郎「……聞かないでください」


一太「ごめん……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402123514



3:2014/06/07(土) 15:48:55.15 ID:KA0C0VUGo

一太「申し訳ないついでに片方もってあげるよ」


京太郎「副会長にそこまでしていただくのは……」


一太「まあまあ……それとも僕と話しながら部室まで行くのはいやかな?」


京太郎「いえ……」


一太「そんな反応されるのもちょっと傷つくな……」


京太郎「わあ、副会長が手伝ってくれるなんて嬉しいなあ!」


一太「……やっぱりさっきのでいいや」


京太郎「……俺もそう思います」


一太「じゃあ大きい方をくれるかな?」


京太郎「え?」


一太「せっかくだから先輩に甘えてもバチは当たらないと思うよ?」


京太郎「じゃあこれをお願いします」


一太「ああ、任されたよ」


4:2014/06/07(土) 15:53:26.48 ID:KA0C0VUGo

京太郎「ところで副会長はどうしてここに?」


一太「会長に用事があって麻雀部に行く途中で君の姿を見かけたからね」


京太郎「でもよく俺が麻雀部だってわかりましたね」


一太「そりゃあ麻雀部のメンバーは写真で確認してたしそれに……」


京太郎「それに……?」


一太「ごめん、さっきのことは忘れてくれないかな?」


京太郎「そこまで言いかけられたら気になりますって」


一太「でも会長に口止めされてるからなあ……」


京太郎「ここなら副会長と俺だけの秘密に出来ますよ?」


一太「会長に悪いしなあ」


京太郎「俺一度気になると眠れなくなる性分なんですよね」


京太郎「これで麻雀部のみんなに迷惑かけちゃったら副会長のせいですよね?」


一太「君は底意地が悪いみたいだね」


京太郎「まあまあ、せっかくだからいいじゃないですか」


一太「それもそうだね」


5:2014/06/07(土) 15:59:08.77 ID:KA0C0VUGo

京太郎「それでなんなんですか?」


一太「会長が自慢げに話をしたち写真を見せたりしてくるからね」


京太郎「え?」


一太「君たちが入部したときから嬉しそうに毎日のようにね」


京太郎「……ちなみにどんなことを?」


一太「かわいい後輩が4人も入って毎日嬉しいって」


京太郎「なんだか部長のキャラが違うような……」


一太「そうかい?」


京太郎「どちらかといえば『これで私の野望だった大会出場が果たせるわ』とかいいそうなので……」


一太「たしかに最初の頃はそうだったね」


京太郎「やっぱり……」


一太「でもだんだん後輩の君たちがかわいくてしかたなくなってきたみたいだけどね」


京太郎「……変な汗が出てきそうです」


6:2014/06/07(土) 16:03:27.82 ID:KA0C0VUGo

一太「さて、今度は僕から君に質問してもいいかな?」


京太郎「ええ、まあ……」


一太「どうして君は麻雀部に入ろうと思ったの?」


京太郎「…………笑いませんか?」


一太「よほどのことはない限りね」


京太郎「和……原村っているじゃないですか?」


一太「ああ、いるね」


京太郎「あいつの……その……胸に惹かれまして……」


一太「ははは、それはかなり立派だね」


京太郎「笑わないって言ったじゃないですか!」


一太「ごめんごめん、でも男子ならしかたないと思うよ?」


京太郎「ですよね!」


一太「そこまで行動にうつす人はそんなにいないと思うけどね」


京太郎「うう……」


7:2014/06/07(土) 16:09:09.82 ID:KA0C0VUGo

一太「じゃあそれだけで麻雀部を続けてるの?」


京太郎「さすがに違いますよ!」


一太「そうなの?」


京太郎「最初は咲……宮永の保護者みたいな感覚だったんですよ」


一太「うん」


京太郎「だけど実はあいつは麻雀がめちゃくちゃ強くて」


一太「たしかにすごかったね」


京太郎「それで自信をなくして麻雀部をやめようと思ったんですよ」


一太「ほう」


京太郎「だけどみんなを見てるうちに……その……なんていうか『憧れ』みたいな……」


一太「『憧れ』?」


京太郎「いつか俺もあんなふうになりたいなと思って最近は頑張ってますね」


一太「そっか……」


9:2014/06/07(土) 16:16:52.52 ID:KA0C0VUGo

一太「なんとなくその気持ちわかる気がするな」


京太郎「え?」


一太「僕がなんで副会長になったか知ってるかい?」


京太郎「いえ……」


一太「会長に憧れてたからさ」


京太郎「え?」


一太「あの人が働いているのを見てかっこいいと思ってね」


京太郎「へえ」


一太「せっかくだから一緒に働きたいと思って副会長に立候補したんだ」


京太郎「そうでしたか……」


一太「ああ」


10:2014/06/07(土) 16:21:57.00 ID:KA0C0VUGo

京太郎「だったら麻雀部に入りませんか?」


一太「はは、僕はもう3年だよ?」


京太郎「でもまだインターハイがありますし……」


一太「いや、僕はいいよ」


京太郎「そうですか……」


一太「それに今僕が入っても邪魔にしかならないだろうからね」


京太郎「そんな……」


一太「今まで6人でやってきたのに僕が加わって和を乱すのはいやだしね」


京太郎「そんなことはないと思いますが……」


一太「そうかな?」


11:2014/06/07(土) 16:25:33.37 ID:KA0C0VUGo

一太「たとえば君たち1年生4人が出かけるとしよう」


京太郎「はい」


一太「そこに誰か先輩が来たら気を遣ってしまうんじゃないかな?」


京太郎「そうですね」


一太「今インターハイで大事な時期に余計な気遣いはかけたくないからね」


京太郎「……わかりました」


一太「だけど僕にできることがあったら出来るかぎりサポートさせてもらうよ」


京太郎「ありがとうございます」


一太「といっても麻雀では力になれないからこうして荷物を半分持ってあげることぐらいしかできないだろうけどね」


京太郎「いえ、それだけでもありがたいです」


一太「そっか」


12:2014/06/07(土) 16:30:23.79 ID:KA0C0VUGo

一太「お、ちょうど麻雀部に着いたみたいだね」


京太郎「ありがとうございました」


久「あら、珍しい二人ね」


一太「須賀くんが荷物を重そうにしてたのでここまで手伝っただけですよ」


久「それは助かったわ、ありがとうね」


一太「いえ、では僕はこれで……」


京太郎「あれ?部長に用事があったのでは?」


久「そうなの?」


一太「いえ、たった今終わりました」


久「へんなの……」


一太「では僕はこれで」


京太郎「今日はありがとうございました」


一太「ああ」


14:2014/06/07(土) 16:32:55.85 ID:KA0C0VUGo

一太「さて……まずは書記と会計の二人に連絡しなきゃな」


一太「それに会場を用意したりカメラなんかも用意したりしないといけないし……」


一太「まあたいへんだけど会長なら難なくこなすだろうから僕も頑張らないとね」


こうしてインターハイ当日、清澄高校麻雀部への応援メッセージは送られたのだ…………




カンッ


15:2014/06/07(土) 16:33:38.66 ID:KA0C0VUGo

短いですが読んでくださったかたありがとうございました

HTML化依頼出してきます


20:2014/06/07(土) 17:01:25.66 ID:0Bm4XUiFO

この二人はもっと絡んでもいいよね


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402123514/

→→もっと咲-Saki-を読む←←