1:2014/05/26(月) 21:24:58.30 ID:t7vCf/HHo

咲「あるじゃないですか? 何ででしょうね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401107098



2:2014/05/26(月) 21:25:34.20 ID:t7vCf/HHo

和「はかない雰囲気の文学美少女だからでしょうか///」

久「和と初めて会ったとき、中庭でひとりで読書してたからかしら」

咲「あれは自分でもちょっと失敗だったかなって思います」

京太郎「わざわざ俺のレディースランチに付き合ってくれるからじゃないか?」

咲「ホント、別の人に頼んでほしいよ……」

久「あと初めて部室に来たとき、同じクラスの優希と微妙な距離感だったからかしらね」

咲「それは確かに……でもグループが違うので……」

久「それならしょうがないわね」

和「儚い雰囲気の文学美少女だからでしょうか!」

咲「……」



3:2014/05/26(月) 21:26:26.05 ID:t7vCf/HHo

咲「でも、今は休み時間とかよく話してますよ?」

久「『今は』『よく』……?」

咲「……」

久「もしかして、優希……」

咲「えと、はい。若干ういちゃってますね……」

久「アチャ〜」

咲「えと、最初の自己紹介のとき、やっちゃって……後は喋り方が……」

久・和「「あ〜〜」」

咲「それでクラスのリーダーっぽい子に目を付けられちゃって」


5:2014/05/26(月) 21:28:02.96 ID:t7vCf/HHo

久「須賀くんは? 優希のために何かしてないの?」

京太郎「俺はクラスのムードメーカーですから!」

咲「京ちゃんはあれですね。とりあえず女子の上位グループの”お話”を男子に拡散するので”マイク”とか”ミケ”って呼ばれてます」

京太郎「」

久「じゃあ助けるわけないわね。でもマイクは分かるけど、ミケって?」

咲「最初声が大きいから”マイク”って渾名になりそうだったんですけど、横で私達がネコタチの話ししてたら、『なんかマイクだと何かムカつくからミケでいいんじゃね』って」

久(猫達?)

和「そういう口調の咲さんも良いですね///」

京太郎「金髪イケメンだからじゃなかったのか!?」



6:2014/05/26(月) 21:29:03.97 ID:t7vCf/HHo

咲「残念だけど、便利屋扱いかな」

京太郎「なぜだ!」

咲「だって女子に気に入られようとして、雑用でも何でもするでしょ?」

京太郎「ん? 『京太郎さんやさしー!』ってなるだろ?」

咲和久『……』

京太郎「え、なに?」

咲「京ちゃん……」

京太郎「……なんだよ」

久「いい? 須賀君。優しさっていうのは立場が上か同じの人が見せるから効果的なのよ? それに須賀君みたいのは『太鼓持ち』って言うの」

京太郎「……咲?」

咲「……」メソラシ

京太郎「……和?」

和「咲さん、もう一度さっきみたいな乱暴な口調お願いしてもいいですか///」

京太郎「」



7:2014/05/26(月) 21:29:31.28 ID:t7vCf/HHo

咲「えっと……さっき部長も言ったけど、京ちゃんのは強い人に媚びてるだけかな。それに、そういう時の京ちゃんの顔、ニヤニヤしてて……その……」

京太郎「」

久「咲、もうやめてあげなさい?」



8:2014/05/26(月) 21:30:44.87 ID:t7vCf/HHo

和「でも、咲さんのクラスって大変だったんですね。私のクラスは平和なので楽でいいですよ」

咲「いいなぁ……。あの人達って、何しに学校に来てるんだろう? 自分を上に見せるために、周りを落とそうと必死になってる人って」

久「しょうがないわよ。そういう人は隙を見せたらあっという間に転落させられるから」

咲「なら、自分を高めればいいと思いません?」

久「まぁ、楽だからでしょうね。自分を成長させるのは大変だし、それに外に敵を作れば〜〜って言うでしょ? それで今度は自分が落とされないようにビクビクしないといけないなんて、自ら墓穴を掘ってるようなものよね」

咲「自滅するのは構いませんけど、他人を巻き込まないで欲しいですよ。私は平和に生きたいのに」

和「そういう人は、きっと将来、会社に入っても徒党を組んで頑張ってる人の足を引っ張るに違いありません!」

京太郎「そしたら俺が養って 和「須賀君みたいな風見鶏男も最低ですけどね」

京太郎「」

咲「和ちゃんもいろいろあったんだね……」

和「咲さん……その可愛らしいお胸で慰めて下さい」

咲「早く優希ちゃん来ないかな……」



優希(……Rec完了だじぇ)ニヤ




9:2014/05/26(月) 21:31:34.77 ID:t7vCf/HHo

〜〜


咲「優希ちゃん、リーダーさんに何か言ったでしょ」

優希「何のことだじぇ」

咲「とぼけないで。今朝からクラスの雰囲気おかしかったもん」

久「あらあら」

咲「いくらあんまりそういった事と関係のないグループでも少しは影響あるんだから。……今日何回気を使われたか」



10:2014/05/26(月) 21:32:00.98 ID:t7vCf/HHo

優希「……咲ちゃんが悪いんだじぇ」

和「咲さんが? ありえませんね」

優希「べつに話しかけてほしいとかじゃないじぇ。それが難しい事は分かってるから」

優希「でも全国で活躍して、やっとクラスで人気になれると思ったのに……全部咲ちゃんが横取りしたんだじぇ!」

咲「でも、聞かれたら応えないと……」

優希「わかってるじぇ。わかってるけど、だけど……」

和「逆恨みですか。優希、謝りなさい」

優希「咲ちゃん、ごめんだじぇ……」

咲「ううん、気にしないで?」



11:2014/05/26(月) 21:32:27.63 ID:t7vCf/HHo

久「さて、問題はこれからどうするかね」

和「うちのクラスに来ますか?」

咲「ううん、大丈夫。たぶんリーダーさんは私達が全国で活躍して、クラスのバランスが崩れたのを心配したんだと思うけど……」

久「手、貸しましょうか?」

咲「いえ、少し”お話”してみます」ニコ

和「大丈夫ですか?」

咲「うん。私、プラマイ0は得意だから。平和の尊さを説いてみるよ」ゴッ

久(やり過ぎなきゃいいけど……)



12:2014/05/26(月) 21:32:54.36 ID:t7vCf/HHo

〜〜


和「咲さん大丈夫でした!?」

咲「ん? うん、大丈夫だったよ? 誠心誠意お話したら……ふふ、衣ちゃんにいろいろ教えてもらっておいて良かった」

和「楽しそうでなによりです」

久「あんまりやりすぎないでよ?」

咲「大丈夫です。私は平和主義者ですから。まずはうちのグループで染め上げようかと……クフフ」

久「別の意味で心配ね……」



14:2014/05/26(月) 21:33:38.50 ID:t7vCf/HHo



優希「でも上手くいったじぇ」フッフッフ

和「……すみません、咲さん。優希が……」

咲「まあ、なんとなく気付いてたし。和ちゃん、最初から優希ちゃんの事あまり心配してなかったから」

和「優希はそういう嗅覚が鋭いですから。中学の時も同じような事がありましたし」

和「そ、そんなことより今『最初から』って言いました!? それはつまりずっと私の事を///」

優希(本音を言えば、もっと潰して欲しかったじぇ……お姉さんと仲直りしたせいか?)



15:2014/05/26(月) 21:34:04.51 ID:t7vCf/HHo

京太郎「しかし女子って怖いよな。グループとか権力とか、ドロドロしてるっていうかなんて言うか……」

咲「本当だよ……京ちゃんも――あ、なんでもない」

京太郎「え?」

咲「え?」

優希「京太郎は……うん、頑張るじぇ」

優希(本当はハリキリすぎて少しウザがれてるけど……そしたら優しく慰めて、私のにする計画。われながら何て策士だじぇ!)



17:2014/05/26(月) 21:34:55.20 ID:t7vCf/HHo

 数週間後、須賀君は教室で無視されるようになり、色々あってゆーきと交際し始めました。

 咲さんはお友達が増えて、そしてクラスが平和になったらしく、毎日が楽しそうです。

 そして私は……


和「咲さん! 罵ってください!」

咲「……」

和「あぁ、無視もいいです……///」

咲(普通に話しかけてよ〜!)


 熱烈歓迎わんだーらんどを見つけることが出来ました!


カン


18:2014/05/26(月) 21:35:54.26 ID:t7vCf/HHo

なぜこんなものを書いたのか、自分でも分からない


20:2014/05/26(月) 21:44:19.05 ID:c4pUq88s0

乙 淫ピが楽しそうで何より


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401107098/