1:2014/03/06(木) 18:22:42.91 ID:7gBvV6u10

亦野「iPSパワーで雀力がアップするという偽情報を鵜呑みにした監督に無理やり手術させられた…」シクシク

淡「誠子だけじゃなく私たち全員つけられちゃったんだし良いじゃない」

照「そうそう、お揃いお揃い」

菫「これからはチーム虎姫改めチームふたなり姫だな」

亦野「嫌ですよそんなチーム名!」

淡「あ、菫のおっきくなってるー」

菫「渋谷、お願いする」

尭深「はい」サワサワ

亦野「ファッ!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394097762



2:2014/03/06(木) 18:24:35.85 ID:7gBvV6u10

照「何驚いてるの亦野?」

亦野「だ、だってここ、会場の控え室ですよ!?」

淡「女の子同士だし別にいいじゃん」

照「そうそう」

亦野「先輩たち、もっと慎みを持ってくださいよ…」

照「ねえ淡。私のもお願い」

淡「いいよテルー」サワサワ

照「ん…淡うまいね…」

亦野「わああ!もう嫌だこんな部ー!!」ダッ

照「亦野は純情だなぁ」



3:2014/03/06(木) 18:26:58.04 ID:7gBvV6u10

亦野「思わず飛び出してきてしまった…」

亦野「すぐには戻りずらいし、しばらくぶらぶらしてるか。…ん?」

咲「うう、おトイレどこ…」グスッ

亦野「そこの君、トイレを探してるの?」

咲「え、あ、はい」

亦野「よかったら案内してあげるよ」

咲「本当ですか?助かります!」パアッ



亦野「ほら、ここだよ」

咲「は、はいっありがとうございます!」ダッ

がちゃっ

亦野「あんなに急いで…ずっと我慢してたのかな?」



4:2014/03/06(木) 18:28:31.52 ID:7gBvV6u10

じゃー がちゃっ

咲「あの、さっきはどうもありがとうございました」フキフキ

咲「私すごい方向音痴なので…本当に助かりました」

亦野「いや、お役にたててよかったよ」

亦野(方向音痴なんて、まるで宮永先輩みたいだな…)

咲「あ、あのう…」

亦野「ん?何かな」

咲「その、股間のもの…///」

亦野「!?!?」



5:2014/03/06(木) 18:30:24.31 ID:7gBvV6u10

亦野(うおおおおお何でおっ立ててんだ私!?これじゃあバレバレじゃないか!!)

亦野「ええと、こ、これはその…」

亦野「…変なモノ見せちゃってごめん」カアッ

咲「あ、いえ気にしないでください。うちの部長にもそれ、付いてますから」

亦野「え、そうなの?」

咲「はい」

亦野(はー、引かれなくて良かった…)

咲「…あの、良かったらお手伝いしましょうか?」

亦野「ファッ!?」



7:2014/03/06(木) 18:31:29.34 ID:7gBvV6u10

咲「さっき助けていただいたお礼です」ニコッ

亦野「い、い、いや、でも、知らない人にそんな…」

咲「遠慮しなくても良いですよ」

亦野「え、ええと…」

亦野(どうしよう…正直に言うとかなり興味がある)

亦野(さっきの弘世先輩や宮永先輩、すごく気持ち良さそうだったし…)

亦野(全く知らない子にやってもらうんだし、皆よりは抵抗ないかな…ええい、ままよ!)

亦野「…そ、それじゃあ…お願いしてもいいかな?」

咲「はい。では個室に入りましょうか」


がちゃ、ぱたん



8:2014/03/06(木) 18:35:40.89 ID:7gBvV6u10

咲「では触りますね」

亦野「あ、ああ///」

咲「…」サワサワ

亦野「っ!!」ビクンッ

咲「どう…ですか?」シュッシュッ

亦野「ふっ…うっ…もっと強めでも…いいよ…んんっ」ビクビク

咲「ではもっと激しくしちゃいますね」シュッシュッシュッ

亦野「んっ!ああっ!」ビクビク

咲「あ…もうイきそうですね…」シュッシュッシュッ

亦野「うっ…!」ドピュドピュドピュッ

亦野(はあ…すげー気持ちよかった…)トローン

咲「っ!」ピチャッ

亦野「ああっ!?ご、ごめん!君の顔にかかってしまって…」



9:2014/03/06(木) 18:38:12.36 ID:7gBvV6u10

咲「良いですよ、気にしないでください」ペロッ

亦野(な、舐めたっ!?///)ドキッ

咲「?どうかしましたか?」

亦野「い、いや何でも。それより君上手だね。あ、あはは///」

咲「そ、そうですか?」

咲(言えない…たまに部長の相手させられてるなんて…)

亦野「そ、それじゃあ私はそろそろ控え室に戻るから」

咲「はい。では私も戻りますね」クルッ

亦野「あのっ君!」

咲「はい?」



11:2014/03/06(木) 18:40:28.08 ID:7gBvV6u10

亦野「このことは皆には…///」

咲「ええ、大丈夫です。誰にも言いませんから」

亦野「助かる。ええと、君の名前は…」

咲「私は宮永咲と言います」

亦野(宮永…先輩と同じ苗字か、すごい偶然だな)

亦野「私は亦野誠子。変なことさせて悪かったね、咲ちゃん」

咲「いえ、気にしないでください亦野さん。それでは…」

亦野「ああ、じゃあな」



12:2014/03/06(木) 18:41:52.84 ID:7gBvV6u10

亦野「…ただいまです」ガチャッ

淡「誠子おそーい!」

照「今までどこに行ってたの?」

亦野「ちょっとお手洗いに…」

菫「今ちょうど照が買ってきたケーキを食べるところだったんだ。お前も食べるか」

亦野「はい、いただきます」

尭深「これ誠子の分のお茶ね」スッ

亦野「ありがと…」



13:2014/03/06(木) 18:44:22.58 ID:7gBvV6u10

亦野「…」パクパク

亦野「…」ズズッ

亦野(………駄目だ!さっきのアレが頭から離れない!)

咲『気にしないでください』ペロッ

亦野(一見大人しげで清楚な感じの子なのに)

亦野(頬に付いた私のを舐めたあの顔が妙にエロくって…)ムクッ

亦野(あの舌に直に舐めてもらったら…さぞ気持ちいいんだろうな…)ムクムク

亦野(って私は一体なにを考えてるんだ!!///)

菫「おい、亦野」

亦野「は、はいィ!?」



14:2014/03/06(木) 18:47:20.36 ID:7gBvV6u10

菫「その股間のモノを何とかしろ」

亦野「っ!?」ギンギン

照「ケーキ食べて興奮するなんて、亦野って変態なんだね」

亦野「ううっ///」ダッ

菫「おい照、あんまり亦野をいじめるなよ」

照「これも後輩への愛情表現だよ」

淡「テルーは単にドSなだけだと思う」



亦野(やばいやばい!誰にも見つからないうちに早くトイレで抜いて…)

咲「あれ、亦野さん?」

亦野「っ!?」



15:2014/03/06(木) 18:49:33.29 ID:7gBvV6u10

亦野「さ、さささささ、咲ちゃんっ!?」

咲「またお会いしまし………あ」

亦野(あああああ、咲ちゃんの視線が私のブツに…///)

亦野「ち、違うんだ!これは決して咲ちゃんを思い出してこうなったわけじゃなくって!」

咲「へ?私?」

亦野「あああああ!今のは違くて!」アセアセ

咲「…私を思い出して大きくなったんですか?」

亦野「…///」カアッ

咲「くすっ。亦野さんって正直な人なんですね」

亦野(うう、穴があったら入りたい…)



16:2014/03/06(木) 18:51:18.60 ID:7gBvV6u10

咲「いいですよ。ではまた手伝ってあげますね」

亦野「えっ!?」

咲「今度は、口で…」

亦野「っ!!い、いいのか?」

咲「はい。ではトイレに行きましょうか」

亦野「あ、ああ///」


がちゃ、ぱたん


亦野「よ、よろしく…///」ボロン

咲「はい」ハムッ

亦野「んっ!」ビクッ



17:2014/03/06(木) 18:54:30.39 ID:7gBvV6u10

咲「ちゅぱっ…ちゅぷちゅぷ…じゅるる」

亦野「ふあっ!」ビクビクッ

咲「れろれろ…どうですか…ちゅぷっちゅぷっ…亦野さん…ちゅぱちゅぱ」

亦野「んんっ…滅茶苦茶いい…よ…ふうっ」ビクビクビク

咲「じゅぷっじゅぷっ…それは…じゅるるる…良かったです…ちゅぽっちゅぽっ」

亦野「さ、咲ちゃ…激しすぎっ…あ…ああっ」ビクビクビク

咲「ぢゅるるるるっ…ぢゅぷぷっ…ぢゅぷっ…ぢゅるるるる」

亦野「うああっ!そ…そろそろ、出る…っ」ビクンビクンッ

咲「はい…じゅぽじゅぽ…出してください…じゅるじゅるっれろれろれろ」

亦野「い…イクウっ!!」ビュルビュルビュッビュッビュッ



19:2014/03/06(木) 18:58:01.81 ID:7gBvV6u10

咲「ごくっ…ごくっ…ごくん…」

亦野「ああっ!勢いで口に出しちゃってごめん!」

咲「ぷはっ…いえ、気にしないでください」

咲(よく部長のを飲まされてるし…)

亦野「でも不味かっただろう?お腹壊さないといいけど…」

咲「いえ、そんなに不味くなかったですよ。むしろ…」

亦野「え?」

咲「あ、いえ何でもないです///」

亦野「でもやっぱり悪いよ。ちょっと来て咲ちゃん」

咲「?はい」



20:2014/03/06(木) 19:00:44.83 ID:7gBvV6u10

がこんっ

亦野「はい」スッ

咲「自販のジュース?」

亦野「良かったら飲んで」

咲「そんな、悪いですっ」アセッ

亦野「いや。お詫びにぜひ貰ってほしい」

咲「じゃあ…いただきます」

咲「ごく…ごく…うん、美味しいです」

亦野「よかった」ホッ

咲「亦野さんも一口どうですか?」

亦野「…えっ」




22:2014/03/06(木) 19:02:55.99 ID:7gBvV6u10

亦野(こ、これは咲ちゃんとの間接キスになるんじゃ…///)

咲「?どうしたんですか?」

亦野「い、いや…///」

咲(あっ!よく考えたらこれって間接キスになるんじゃ…///)

咲(ううっどうしよう…今更手を引っ込めるのも不自然だし…)

亦野「い、いただくよ!///」スッ

咲「あ…」

亦野「ごくごく…ん、甘いね」

咲「で、ですね///」カアッ



23:2014/03/06(木) 19:05:00.92 ID:7gBvV6u10

亦野「ありがとう。残りは咲ちゃんが飲んで///」スッ

咲「は、はい///…ごくん…ごくん…」

亦野(うう、咲ちゃんの顔がまともに見れない///)

咲(恥ずかしくて亦野さんに視線合わせられないよぅ///)



亦野「全部飲んだ?それじゃあ戻ろうか」

咲「はい亦野さん。…あの」

亦野「ん?」

咲「また…いつでも呼んでくださいね。私、亦野さんのだったら喜んでお手伝いしますから///」

亦野「っ//////」ボンッ



24:2014/03/06(木) 19:07:32.00 ID:7gBvV6u10

翌日


菫「今日は準決勝だから皆気合を入れろよ」

淡「はーい」

尭深「はい」

亦野「…」ボー

照「亦野?どうかしたの?」

亦野「えっ?い、いえ。何でもありませんよ」

亦野「それより試合までまだ時間ありますよね。私ちょっと出てきます…」ガチャッ

淡「ついでにお茶買ってきてね〜」



25:2014/03/06(木) 19:09:52.69 ID:7gBvV6u10

お手洗い

咲「ちゅぱ…ちゅぱ…れろれろれろ…じゅるるる」

亦野「うっ…咲ちゃん気持ちいいよ…」ビクビクビク

咲「亦野さんの熱いモノ…ちゅぽちゅぽ…口の中でビクビクしてますね…じゅぷじゅぷじゅぷ」

亦野「あっ…も、もう出る…っ!!」ビュックビュクビュクビュッビュッビュッ

咲「んっ…」ゴクンゴクン

亦野「ご、ごめん…また沢山出しちゃって…」

咲「良いんです。それより私なんかで亦野さんのお役に立てるなら嬉しいです」ニコッ

亦野(咲ちゃんは良い子だなぁ///)



26:2014/03/06(木) 19:11:33.12 ID:7gBvV6u10

亦野(しかし…こんな優しい子に性欲処理みたいなことをしてもらっててもいいのだろうか…)

咲「亦野さん?」

亦野「あ、いやごめん。ちょっと考え事してて…」

咲「考え事?」

亦野「ええと…そうそう!咲ちゃん随分と慣れてるなーって…」

咲「っ!!」ビクッ

亦野「あ…ひょっとして私の他にも相手が…」

咲「……」

亦野「そっか…。えと、そろそろ戻ろうか」

咲「…はい」



27:2014/03/06(木) 19:14:16.00 ID:7gBvV6u10

亦野「ただいま…」ガチャッ

淡「おかえり誠子。お茶買ってきてくれたー?」

亦野「あ、ごめん忘れてた…」

淡「えーっ?ずっと待ってたのにー!」ブーブー

菫「お茶ぐらい自分で買ってこい一年坊」


亦野(…なんでこんなにショック受けてんだろうな、私)

亦野(咲ちゃんの相手が自分だけでなかったからって…)

亦野(もともと私達の関係なんて、体だけのものだったのに)

亦野(…って体だけとか何を卑猥な言い方してるんだ私は!私達は別にそんな…そんな///)ムクムクムク

菫「…おい、亦野」

亦野「っ!?」ギンギン



28:2014/03/06(木) 19:17:11.80 ID:7gBvV6u10

菫「はぁ…おい淡、手伝ってやれ」

淡「ラジャー」サワッ

亦野「やっ、駄目だっ!」パシッ

淡「いったーい!手はたくなんてひどいよ誠子ー」

照「亦野?」

亦野「あ、ご、ごめん淡。でも私は…」

尭深「…好きな人でないと嫌とか?」

亦野「っ!!」

尭深「図星」ズズッ

淡「えーっ!?誠子って好きな人いたんだ!?」

菫「最近ぼーっとしてたのは恋わずらいが原因か」

亦野「…そうかも、知れません」



29:2014/03/06(木) 19:19:47.11 ID:7gBvV6u10

菫「…行ってこい亦野」

亦野「え、どこへ?」

菫「その相手の元へだ。お前、その様子じゃ告白もまだなんだろう?」

亦野「で、でも彼女には相手がいるみたいで…」

菫「じゃあこのまま思いも告げずに泣き寝入りするつもりか?それで本当に後で後悔しないか?」

亦野「…っ」

亦野「先輩。私行ってきます!」ダッ

淡「頑張れ誠子ー」

照「でも誰なんだろう?亦野の好きな相手って」

尭深「案外皆の知ってる人物だったりして」

淡「まさかー」



30:2014/03/06(木) 19:21:43.33 ID:7gBvV6u10

亦野(咲ちゃん…たとえ玉砕しようと私は君に想いを告げる!)

亦野(いつものトイレについたが…彼女はいるかな…)

亦野(ん?中から声が…)


咲「や、嫌ですっ」

久「どうして?いつもは舐めてくれてるじゃない」

咲「もうこんな関係は嫌なんです」

久「咲ったら我侭言わないの。さあ早く咥えてちょうだい」グイッ

咲「いやっ、嫌ぁ!」

亦野「っ!!咲ちゃん!」ガチャッ

咲「亦野さんっ!?」



32:2014/03/06(木) 19:25:09.05 ID:7gBvV6u10

亦野「おいそこのあんた!咲ちゃんを放せよ!」

久「誰よあなた」

亦野「咲ちゃん嫌がってるだろ!」

咲「亦野さん…」ジワッ

久「嫌よ。まだ咲にフェラしてもらってないんだから」

亦野「…どうしても放さないって言うんなら…」ブンッ

どごっ!!

久「ひっ!か、壁に穴が…」ガクガク

亦野「悪いけど拳には自信があるんでね」パキパキ

久「わ、分かったわよ。放せばいいんでしょ放せば!」パッ

亦野「大丈夫?咲ちゃん」

咲「は、はい」



33:2014/03/06(木) 19:27:07.82 ID:7gBvV6u10

久「いいわよもう!美穂子に慰めてもらうんだから!うわーん!」ダッ

咲「あの、亦野さん…ありがとうございました」

亦野「いや。でもあの人は…?」

咲「うちの部長なんです。最近iPS棒を生やして、部内で一番気の弱い私に奉仕を迫ってくるようになって…」

亦野「とんでもない部長だな」ハア

咲「最初は嫌だったんですけど、何回もさせられてるうちに段々慣れてきて…そのうち部長に言われるまま事務的に奉仕するようになって」

亦野「…」

咲「でも…亦野さんに出会って、亦野さんのを手伝うようになってから…部長のを受け入れられなくなったんです」

亦野「…えっ?今なんて?」

咲「ええと…亦野さんのでないと、嫌だって思うようになって…///」カアッ



34:2014/03/06(木) 19:29:23.29 ID:7gBvV6u10

亦野「い、今の話は本当!?」ガシッ

咲「ひゃっ!?は、はい本当です」

咲「私、亦野さんのことが…///」

亦野「待った!!」

咲「へっ!?」

亦野「そこから先は私に言わせてくれ」

亦野「私は…私も君が好きだ。咲ちゃん」

咲「…っ///」

亦野「妙な出会い方をしてしまった私達だけど、この想いは本物だ」

亦野「部内ではへタレやら釣りキチやら戦犯やら言われてる私だけど…」

亦野「こんな私で良かったら、付き合ってほしい」



35:2014/03/06(木) 19:31:30.04 ID:7gBvV6u10

咲「はい、亦野さん…いえ誠子さん」

亦野「ふふ。初めて下の名前で呼んでくれたね」

咲「ずっと、呼んでみたかったんです///」

亦野「これからはずっと下の名で呼んでほしい」ギュッ

咲「はい…っ」ギュッ

亦野(あっ!?しまった!おっ立てたままなの忘れてた!)

咲「あ、あの…腹部に亦野さんの固いモノが…///」

亦野(台無しだよ私!)

咲「ふふっ。それじゃあ…」サワッ

亦野「うう、お願いします…///」



36:2014/03/06(木) 19:34:07.49 ID:7gBvV6u10

咲「試合前なのでスピードあげますね」シュッシュッシュッシュッ

亦野「んんっ…はあ…あの、咲ちゃん…」ビクビクビク

咲「はい?」シュッシュッシュッ

亦野「部長さんには…ふうっ…その、口でだけ…なんだよね?」ビクビク

咲「?」

亦野「ええと…んっ…つまりその…下の方は…///」

咲「あ…///」カアッ

咲「大丈夫です。処女はしっかり守ってますから///」

亦野「そ、そうか」ホッ

咲「初めては、やっぱり好きな人でないと嫌ですし///」チラッ

亦野「っ///」ボッ



37:2014/03/06(木) 19:36:40.81 ID:7gBvV6u10

咲「誠子さん、あの…この大会が終わったら、私と…」

亦野「うん…私も咲ちゃんとひとつになりたい///」

咲「…はいっ///」



亦野「ただいま戻りました!」バタン

淡「おかえりー」

菫「随分とすっきりした顔をして戻ってきたな」

亦野「はい。あの先輩…」

菫「いや、結果は聞かなくても分かる。…良かったな亦野」

亦野「弘世先輩に喝入れて頂いたおかげです」

照「じゃあ亦野にめでたく彼女ができたところで、そろそろ皆試合モードに入ろうか」

皆「はいっ!」



38:2014/03/06(木) 19:38:00.22 ID:7gBvV6u10

亦野「この大会が終わったら彼女と…うへへ…えへへへへ///」

淡「試合モードに入りきれてない人がいるね」

菫「やれやれ」

尭深「リア充しね」ズズッ


――――――――――――
――――――――
――――



39:2014/03/06(木) 19:41:25.82 ID:7gBvV6u10

インハイ後 〜ホテルiPS〜


亦野「ラブホ照なんてはじめて入ったよ…」キョロキョロ

咲「私もはじめてです。結構混んでますね」


竜華「なぁ怜、この部屋でええか?」

怜「どこでもええから早くぅ、私もう我慢できへん///」


哩「姫子、今日は最初からレベルMAXでいくたいね!」

姫子「すべて部長にお任せします///」


宥「菫ちゃぁん…」スリスリ

菫「ま、待ってくれ宥!せめて部屋に入ってからで///」アワアワ


咲「何か見たことある人がちらほらいるような…」

亦野(弘世先輩、やっぱりへタレだったんですね…)



40:2014/03/06(木) 19:43:26.46 ID:7gBvV6u10

亦野「へえ…結構部屋広いんだな」キョロキョロ

亦野「咲ちゃん、先にシャワー浴びてくる?」

咲「あ、あの誠子さん。私…」

亦野「ん?」

咲「早く…誠子さんと繋がりたいです///」

亦野「っ///咲ちゃん!」ガバッ

咲「きゃっ」ドサッ

亦野「あんまり煽らないで…」チュッ

咲「ん…」

亦野「服、脱がすよ///」

咲「は、はい///」



42:2014/03/06(木) 19:46:13.87 ID:7gBvV6u10

ぱさっ

亦野「……」ジーッ

咲「あ、あんまり見ないでください///」カアッ

亦野「どうして?綺麗だよ。ここも…」サワッ

咲「あっ!」

亦野「かわいい胸」モミッ

咲「うう///」

亦野「乳首も、赤くておいしそう」ペロッ

咲「んあっ!」ビクン

亦野「気持ちいい?咲ちゃん」ペロペロ

咲「は、はい…あっ…ああっ」ビクビク



44:2014/03/06(木) 19:48:50.08 ID:7gBvV6u10

亦野「今まで咲ちゃんに気持ちよくしてもらってたんで、今度は私が咲ちゃんを気持ちよくしてあげたいんだ」クニックニッ

咲「誠子さん///…んんっ…気持ち…良いです…」ビクビク

亦野「良かった。…こっちも触るよ」クチュッ

咲「ひゃっ!」ビクンッ

亦野「ふふ…濡れてる…感じてくれてるんだね」チュクチュクチュク

咲「んっ…あん…あん…」ビクビク

亦野「指、増やすよ」ジュプッ

咲「っあ!」ビクビクッ

亦野「どう?咲ちゃん」ジュプッジュプッジュプッ

咲「んっ…ああっ…気持ちよすぎて…どうにかなりそ…ああああっ」プシャアアア



45:2014/03/06(木) 19:51:22.22 ID:7gBvV6u10

亦野「イッちゃった?」

咲「はい…///」トロン

亦野「ふふ。咲ちゃんエロい顔してる」

咲「はぁはぁ…誠子さんのも…熱くなってますね」サワッ

亦野「咲ちゃんの乱れる姿見て煽られちゃった。…入れてもいい?」

咲「はい…入れてください誠子さん///」

亦野「じゃ、いくよ…」ズッ

咲「っ!!」

亦野「んっ…」ズプズプズプッ

咲「んあああっ!!」ビクンッ

亦野「はぁっ…全部、入ったよ…」



46:2014/03/06(木) 19:53:51.68 ID:7gBvV6u10

咲「いっ…痛…い…」

亦野「大丈夫?痛みが収まるまで暫くこうしてるから」ギュッ

咲(あ…誠子さんに強く抱きしめられると凄く安心する…)

咲「…あの、誠子さん。もう大丈夫ですから」

亦野「本当に?無理してない?」

咲「はい。…だから、動いてください…」

亦野「じゃあ…ゆっくり動くね」ズッ

咲「んっ!」ビクッ

亦野「咲ちゃんの中…狭くて熱いね」ズッズッ

咲「あっ…あっ…」ビクビク

亦野「ん…良い声になってきたね…」ズッズッズッズッ

咲「あんっ…誠子さ…急に激しく…ああっ」ビクビクビク



47:2014/03/06(木) 19:58:41.87 ID:7gBvV6u10

亦野「はあっ…ごめんね咲ちゃん…私も余裕ないから…」ズプズプズプズプス

咲「あっ…あんっ…あんっ」ビクビクビクビク

亦野「咲ちゃん…イイ、凄くイイよ…っ」ズプッズプッズプッズプッズプッ

咲「ああっ…私も…気持ちい…誠子さ…ああんっ」ビクビクビク

亦野「んっ…そろそろイキそ…咲ちゃんの中に…出していいかな…」ズップズップズップズップ

咲「はい…私の中に…はあっ…誠子さんの…あんっ…出してください…」ビクビクビク

亦野「じゃあ…出すよ…うっ…出る…っ!」ドプッドプッドプドプドピュッ

咲「あっあっ…お腹のなか…んん…熱いので満たされて…はぁ…」ビクンビクンビクン


亦野「ふぅっ…良かったよ咲ちゃん」

咲「」クテッ

亦野「わあっ!?咲ちゃん!?!?」ガクガクガク



48:2014/03/06(木) 20:01:11.87 ID:7gBvV6u10


――――――――――――
――――――――
――――


咲「あの、さっきは気絶しちゃってすみませんでした///」カアッ

亦野「ううん。咲ちゃん初めてだったのに私が無理をさせたから…」

咲「いえっ、私が体力なさすぎるのがいけないんです!誠子さんのせいじゃありませんっ」

亦野「ありがとう。咲ちゃんは優しいね」ナデッ

咲「そ、そんなこと…///」

亦野「しかし咲ちゃんがまさか宮永先輩の妹さんだったなんて驚いたよ」

咲「私も誠子さんがお姉ちゃんのチームメイトだったなんて知りませんでした」



49:2014/03/06(木) 20:03:34.70 ID:7gBvV6u10

亦野「宮永先輩とはずっと仲違いしてたんだってね」

咲「はい。この大会でようやく仲直りできて嬉しいです」

亦野「そっか。今度咲ちゃんと私の仲を先輩に報告しに行かないとな」

咲「そうですね」

亦野「でもちょっと怖いな。大事な妹を傷物にしやがってー!なんて怒られたらどうしよう」

咲「大丈夫ですよ。お姉ちゃんはきっと私達を祝福してくれますって」

亦野「そうだと良いけどなぁ…」



淡「ねえねえ。テルーに妹さんがいたなんて知らなかったよ!」

照「ずっと離れて暮らしてたからね」

菫「やっぱりいたんじゃないか、妹」



50:2014/03/06(木) 20:05:09.87 ID:7gBvV6u10

淡「決勝ではじめて対戦したけどすっごく強かったよサキ!」

照「そう、咲は強い。そして可愛い」

菫(シスコンだったのか…)

淡「恋人とかいるのかなー?」

照「は?咲に恋人なんてまだまだ早い」

淡「えー、高校生なんだし恋人の一人や二人いてもおかしくないって」

尭深「じゃあもし妹さんが先輩に恋人を紹介してきたらどうするんですか?」

照「どうするって…そんなの決まってる」

照「ゴッ倒す…!!」ギュルルルル



51:2014/03/06(木) 20:07:12.21 ID:7gBvV6u10

亦野「っ!?」ゾクッ

咲「誠子さん?どうかしたんですか?」

亦野「いや、何だか急に寒気が…」カタカタ

咲「大丈夫ですか?夏風邪とかでないと良いけど…」オロオロ

亦野「咲ちゃん」ギュッ

咲「あっ…」

亦野「しばらく手を繋いでても良いかな?」

咲「…はい///」ギュッ

亦野「咲ちゃんの手、暖かくて安心する」

咲「誠子さんの手も暖かいです」



52:2014/03/06(木) 20:08:35.26 ID:7gBvV6u10

亦野(ひょんなことからiPS棒を生やしちゃってどうしようかと思ったけども)

亦野(そのおかげでこうやって可愛い彼女もできたことだし)

亦野(iPS棒…案外悪くないかも、な///)



亦野「iPS棒が生えてしまった…」  カン!



57:2014/03/06(木) 20:15:29.22 ID:B4FO26Zc0

乙乙


58:2014/03/06(木) 20:21:57.76 ID:gDIpxDoj0


後日談はよ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394097762/