1:2015/09/13(日) 18:06:52.55 ID:EQgS2Xnc0

※ほんの僅かに、ですが最新号付近のネタバレが存在します。
ご了承お願いします。

あと正直二人称が若干怪しいので、違和感があったら脳内補完をお願い致します…。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442135212



2:2015/09/13(日) 18:07:10.76 ID:EQgS2Xnc0

恭子「……」

洋榎「おかしいんや!!!」バン

竜華「……」

洋榎「絶対おかしいんや!!!」バンバン

セーラ「…………」

洋榎「あんなんありえへんのや!!!」バンバンバンバン

怜「…………で、何がおかしいんや?」


3:2015/09/13(日) 18:08:01.38 ID:EQgS2Xnc0

洋榎「あれ、そこ話してへんかったか?」

セーラ「アホか!!いきなり難波のサテン来いて呼び出されて、開口一番がそれやったやないか!!」

竜華「洋榎ちゃんとと末原さんからウチら全員に連絡が来るなんて珍しいから、ただ事やなんやないかって皆心配しとったんやで?」

洋榎「そやったか〜。まあそういうこともあるっちゅう事で堪忍してや〜スマンスマン」

怜「アホくさ……で、そろそろ呼び出した理由を話してや」

恭子「そこは私の方から話させてもらいますわ」



4:2015/09/13(日) 18:08:58.57 ID:EQgS2Xnc0

恭子「ゆーこ、分かりますよね?ウチんとこの真瀬由子」

セーラ「まあそらな」

怜「私はそんなに知らんけど、フワフワおっとりしてる金髪の娘やな」

竜華「可愛らしい娘やんな〜、確かエエとこ育ちのお嬢様なんやったっけ?」

洋榎「せや!ゆーこはお嬢様なんやで〜、家に遊び行った事あるけど部屋が家のリビング位あったわ」

怜「……で、その真瀬さんがどうしたん?」


5:2015/09/13(日) 18:09:48.71 ID:EQgS2Xnc0

恭子「最近な、ゆーこの様子がおかしいんですよ」

竜華「おかしいっちゅうと、どんな感じにですか?」

洋榎「……もうインターハイも近いやん?」

セーラ「せやなぁ、ウチんとこも今は皆めっちゃ気合入っとるわ」

竜華「部活時間が終わった後とかにも、居残り練習やってる娘もおるね」

怜「そっちはどうなん?」


6:2015/09/13(日) 18:10:39.38 ID:EQgS2Xnc0

洋榎「ウチんとこも勿論やっとるで〜仕上がり十分やし今年は優勝間違いなしやで! 特に千里山なんぞには絶対負けへんで!」

セーラ「言うたな!今年はオレが中堅やからな、ぶっ潰したるわ」

洋榎「ほほ〜、言いよるわ。直接対決の戦績はどっちが勝ち越しとったっけな〜?」

セーラ「何やと?別に大した差やあらへんやろ!イーブンやイーブン」

洋榎「数は口ほどに物を言うってやっちゃな」


7:2015/09/13(日) 18:11:44.16 ID:EQgS2Xnc0


恭子「……で、続きエエですか?」

セーラ「あ、スマンスマン。どこぞのアホが挑発してくるもんでな〜」

洋榎「おい、どこぞのアホって誰のことやねん」

セーラ「んん〜?高校生にもなっておしぼりでウサギ作っちゃってるようなアホが他にどこにおんねん」

洋榎「……可愛ない?絹にはウケええんやけどな〜」

竜華「もう、二人ともいい加減にしてや」

怜「一向に話が進む気配がないやん……」


8:2015/09/13(日) 18:13:27.93 ID:EQgS2Xnc0


恭子「で、姫松でも練習後の居残り練はまあほぼ当たり前みたいになっとるんですよ。 強制ではないですけどね」

恭子「特にゆーこは不動のスタメンですし、尚の事ですわ」

怜「まあ自然の流れやな」

洋榎「ゆーこ自身もそういうのに不満がある訳やないと思うんやけどな〜」

恭子「この一週間くらい……普通の部活の時間終わったら帰りよるんですよ」

竜華「理由とか何か聞いとらんの?」


9:2015/09/13(日) 18:14:28.98 ID:EQgS2Xnc0


恭子「ゆーこ本人は用事があるからしばらく居残り練には参加出来ん、としか言わんのですよ」

洋榎「今までそんなこと全然無かったし……あいつの場合は家近いし帰るときはいつも一緒やったからな……」

恭子「そもそも用事が〜ってボカした言い方して、はっきり理由を言わないのが何か変なんですわ」

洋榎「何かあった時にそういう曖昧な言い方する奴やないからな」

恭子「で、何やすれ違った後輩が言うには、部室出た後に電話で待ち合わせの話しとったらしいんですわ」

竜華「まあ確かに変な感じやね……。で、何か知らんかって話?」

恭子「そうですね、もし何か知ってるなら教えて欲しい思いまして」



10:2015/09/13(日) 18:15:05.21 ID:EQgS2Xnc0


セーラ「そうは言うてもなあ、真瀬さんとは練習試合とかで会うことはあってもそれ以外は交流ないからな〜」

怜「最初に言ったとおり、私はそもそも真瀬さんの事はあんまり知らんわ」

竜華「うちもちょくちょく電話したりするけど、何も聞いてへんな」

恭子「やっぱそうですよね、ってか清水谷さんはゆーこと結構交流あるんですね」

竜華「うん、ちょくちょくお二人のおもろい話も聞いとるで〜」

洋榎「どんな話しとるんやあいつ……」


11:2015/09/13(日) 18:16:17.15 ID:EQgS2Xnc0


竜華「えーと……洋榎ちゃんがからあげ好きをこじらせて、料理部の部室に突撃して納得いく味が出来るまでから揚げを作らせた話とか」

セーラ「何やそれ、無茶苦茶やな!」

竜華「あとは……末原さんが上重さんのデコにペンで書いてる文字のバリエーションに困り始めて、ケバいメイクをやりだした話とか」

怜「何かそっちは常にドタバタしとる感じやな」

洋榎「全部事実なのがなんとも」

恭子「そろそろ漫ちゃんの罰ゲームも新しいの考えんといかんな」


12:2015/09/13(日) 18:17:13.11 ID:EQgS2Xnc0


竜華「まあ、そんなレベルでちょこちょこ日常のお話聞いとるくらいやで〜。そもそもここ二週間くらいは電話しとらんし」

恭子「ふんふむ、まあ流石にご存知ないですか……」

怜「そもそも真瀬さんのことでアンタらが知らん事を、私らが分かるわけないんちゃう?」

恭子「ダメ元でもお話聞きたいレベルには異常事態ってことなんですよ」

セーラ「ってか本人に直接聞けばエエんちゃうんか?」

洋榎「もうとっくに聞いとるわ!」


13:2015/09/13(日) 18:18:22.61 ID:EQgS2Xnc0


――
キーンコーンカーンコーン

郁乃「じゃあ今日の練習はこれまでな〜、片付け始めてな〜」

由子「さて、それじゃお先に失礼するよー」

洋榎「なあ、ゆーこ。用事って何かあったん? ここ三日間くらい毎日な気がすんねんけど」

由子「んー、別に大したことではないのよー。居残り練参加出来んのはちょっと申し訳ないけど気にせんとってー」

恭子「この時期にそんな毎日早めに帰るってちょっと気になるやん、何かあったんなら相談してや?」

由子「ありがとうなー、まあそんな相談するようなことでもないのよー。そろそろ時間やで行くわ、ごめんな」

洋榎「あ、ああ。また明日な」



14:2015/09/13(日) 18:21:03.97 ID:EQgS2Xnc0


洋榎「ゆーこのやつ、何か隠しとるな」

恭子「間違いないでしょうね」

絹恵「真瀬先輩…何かあったんやろか?」

上重「何かボカされてる感じでしたね、お家の事情とかですかね?」

絹榎「監督は何かご存知ですか?」

郁乃「う〜ん、どうやろうね〜」

郁乃「なあ、洋榎ちゃん、末原ちゃん」


15:2015/09/13(日) 18:22:06.86 ID:EQgS2Xnc0


恭子「はい?」

洋榎「なんでっしゃろ?」

郁乃「友達は、大事にせなアカンで〜」

洋榎「え、それってどういう」

郁乃「どうやろな〜、私はちょっと職員会議があるで失礼するわ〜」

恭子「ちょっと、代行!」

バタン

恭子「………あれ、どういう意味やと思う?」

洋榎「めっちゃモヤモヤするわ……」



16:2015/09/13(日) 18:23:39.48 ID:EQgS2Xnc0


――
洋榎「っちゅうことがあってん」

セーラ「それはそれは……なんつーか相変わらずやなあの人」

恭子「あんなこと言われたら気になってしゃーないやろ?」

怜「何か口ぶり的には事情知ってそうな感じやな」

恭子「あの人そういう思わせぶりな事ばっかり言うんですわ……」

洋榎「それでいて言ってることは的を得てる事が多い、っちゅうのがなんともまたな……」

恭子「そやから余計に何かあったんやないかと心配になりまして」



17:2015/09/13(日) 18:30:45.53 ID:EQgS2Xnc0


セーラ「まあ気持ちは分かるけどな」

竜華「セーラ?」

セーラ「オレかて怜や竜華がそんな風になったら気になるし、心配でしゃーないと思うわ」

怜「セーラ……」

セーラ「そやから、もしオレたちで手伝えることがあるんやったら協力したいて思う。……二人はどうや?」

竜華「……うん、せやね」

怜「姫松の方々にはちょくちょくお世話になっとるしな、こんな話聞いてまったら協力せん訳にもいかんやろ」

洋榎「皆……すまん、恩に着るで」

恭子「すみません、助かります」


18:2015/09/13(日) 18:34:18.75 ID:EQgS2Xnc0


竜華「で、協力するのはええんやけど具体的には何するん?」

恭子「まずゆーこが何しとるのかも分からんからな……」

怜「後をつけるとかするしかないんちゃう?」

洋榎「そういうコッスい真似すんのはちょっとなぁ……」

セーラ「しのごの言うとる場合ちゃうやろ! 聞いても答えてくれないならそれしか手はないやろが」

怜「……まあそれがエエんちゃう? 正直状況だけ聞いてると男でも出来たんちゃうかって思うし、直に見るのが一番やろ」

竜華「あー、それうちもちょっと思った」


19:2015/09/13(日) 18:35:24.53 ID:EQgS2Xnc0


恭子「……」

洋榎「ウチが敢えて考えんようにせんかったことを……」

怜「正直一番考えられることやない?」

恭子「…………」

セーラ「そやなあ、時期考えると優先順位ちゃうやろ! って思うけど」

竜華「でも真瀬さんってめっちゃモテそうやもんな〜! 無い話じゃあ…」

恭子「嫌やそんなん!!!」バンッ


シーン……


恭子「あっ…すんません、すんません!」

怜「……ビックリしたわ」

恭子「すんません……でも、ゆーこに男なんて考えたくないですわ」


20:2015/09/13(日) 18:38:00.01 ID:EQgS2Xnc0


恭子「あいつは…あいつは、いつもフワフワしてるように見えますけど……」

恭子「何かと意見でぶつかり合う私と洋榎を、常に違う目線での意見を挟みながら宥めてくれるような奴なんです」

恭子「初めて会ったときもそうでした、あいつがいなかったら洋榎とは喧嘩になってたかもしれません……」

恭子「いつも三人でつるんでますけど…正直言ってゆーこがいなかったら、今こうやって仲良う出来てなかったんや無いかて思います」

恭子「私らだけやない、部内でもゆーこのお陰で切っ掛けを持てて仲良うなった娘らが大勢います」

恭子「私ら皆を繋いでくれる大事な、かけがえの無い……親友なんです」

恭子「そんなん私のエゴってのも分かっとりますけど……でも、離れていくなんてそんなん嫌や……」


21:2015/09/13(日) 18:38:55.38 ID:EQgS2Xnc0


竜華「末原さん……」

洋榎「恭子、主将呼びやなくなっとるで」

恭子「……あっ、これは申し訳ない」

洋榎「エエって、そもそもやらせとるって訳でもないんやし」

洋榎「それにな、ウチも気持ちは一緒や」

恭子「えっ?」


22:2015/09/13(日) 18:40:16.47 ID:EQgS2Xnc0


洋榎「例え男が出来たとして、ウチらの大切なゆーこと付き合おうって言うんや。 並大抵の男じゃ許さへんで! ……そやろ?」

恭子「洋榎……ああ、そうやな!」

洋榎「だから主将呼び抜けとるって」

セーラ「話はまとまったみたいやな!」

竜華「末原さんの真瀬さんを想う気持ち、確かなもんみたいやな」

恭子「いや私も正直その可能性をずっと考えとったから……急にすんません」

怜「もっとクールな人や思っとったからビックリしたわ、でもそっちの方がエエと思うで」


23:2015/09/13(日) 18:41:48.69 ID:EQgS2Xnc0


竜華「そうと決まったら善は急げや!明日の部活終わりのタイミングにでも真瀬さんの事つけてみる?」

怜「そやな〜、キズもんにされてからじゃねえ遅いわけやし早い方がエエやろ」

セーラ「キズもんって……一大事やないかい!」

恭子「明日の部活終わるタイミングを、あらかじめ洋榎を通して連絡させますわ。 皆さんよろしゅうお願いします!」

洋榎「いやだから主将呼び……それにまだ男やとと決まったわけや……」

恭子「ゆーこに付きまとう悪い虫を引き剥がしたるで!!」

三人「「「お〜!!」」」

洋榎「お〜い、人の話聞いてや……」


28:2015/09/14(月) 08:23:39.63 ID:J4jC7NyR0

――
翌日・姫松高校部室

キーンコーンカーンコーン

郁乃「さ、今日はここまでにしとこか〜。 片付け当番はよろしくな〜、居残り組は閉門10分前には切り上げるようにな〜」

由子「さて、じゃあ今日もお先に失礼するのよー」

郁乃「真瀬さん、毎回残らずに帰るのも下級生に示しつかんからそろそろ決めといてな〜」

由子「はいなのよー、それでは失礼するのよー」

洋榎(あの監督の口ぶり……明らかになんか知っとるやろ)


恭子「それじゃ今日は私らもお先に失礼します!!主将、行きますよ!!」

洋榎「あっちょい待ちいや!!」

バタバタバタバタ


29:2015/09/14(月) 08:24:41.42 ID:J4jC7NyR0


郁乃「って、三年のスタメンが全員帰っちゃったやんか〜」

絹恵「お姉ちゃんと末原先輩、どうしちゃったんやろか?」

漫「とりあえず……監督、どうしましょう?」

郁乃「う〜ん、二人ともちょっと私に付き合ってくれる〜?」

絹恵「えっ?」

漫(何かめっちゃ嫌な予感するんやけど)

郁乃「まあ嫌とは言わさへんけどな〜??」

絹恵「」

漫「」


30:2015/09/14(月) 08:26:15.80 ID:J4jC7NyR0


由子「………あ、もしもし? 私よー」

洋榎&恭子(尾行中)「「……」」

由子「うん、今部活終わったとこよー。そっちは大丈夫? ごめんなーいつもいつも付き合うてもろーて」

洋榎「……人と会っとったってのは確定か」ヒソヒソ

恭子「ゆーこをモノにしたろうやなんて許さへんで!」ヒソヒソ

洋榎「大きい声だすなや、バレるやろ…!」ヒソヒソ

由子「うん、そんじゃいつも通り難波の駅で待っとるよー。着いたら連絡してなー」ピッ


31:2015/09/14(月) 08:34:11.66 ID:J4jC7NyR0

――
難波・駅地下

ザワザワ…ザワザワ…

三人「「「…………」」」

洋榎「おお、やっと来よったか」

恭子「わざわざ来て頂いて、申し訳ないです」

セーラ「いや、その前に突っ込んでええか?」

洋榎「なにがや?」

セーラ「なにがや?じゃないわボケェ!!お前らその格好は何やねん!!」



洋榎←
※参考画像

恭子←
※参考画像


32:2015/09/14(月) 08:40:54.99 ID:J4jC7NyR0

洋榎「いや、それがな……」


――
恭子「あ、洋榎。ゆーこの行き先も分かったことやし、清水谷さんらと合流する前に着替えるで」

洋榎「え、何で?」

恭子「何でもクソも、後ろつけてくのに普段の姿じゃ見られた時すぐバレるやんか」

洋榎「まーそれもそうか、変装するってことなん?」

恭子「ああ、衣装はもう用意しとるで体育倉庫に行くで」

洋榎「よっしゃ、任しとき!」


33:2015/09/14(月) 08:44:43.52 ID:J4jC7NyR0



洋榎「…………」プルプル

恭子「よし、サイズはバッチリやな。そんじゃ行くで!」

洋榎「ちょお待ちいや!!」

恭子「何や!急がんとゆーこが男と合流してまうやろ!」

洋榎「このどこぞのヘヴィメタバンドのメンバーみたいなボンテージ衣装は何やねん!!」

洋榎「ド派手さも肩のトゲトゲもやけど…こ、このヘソ出しルック……は、恥ずかしいやんか……」


34:2015/09/14(月) 08:46:56.75 ID:J4jC7NyR0


恭子「洋榎……あんた私の格好見ても、まだ恥ずかしいて言えるんか?」

恭子「あまりにも際どすぎて、正直水着着て街中歩いたほうが恥ずかしいレベルやで」

洋榎「選んだの恭子やんか……、まあ確かにそれ見とったら自分のは生易しいなって思えるな」

恭子「そやろ、それにその格好意外と似合っててかわええと思うで」

洋榎「え、ホンマ?……しゃーないな、コスプレ付きあったるわ」テレテレ

――

洋榎「っちゅうことがあってん」


35:2015/09/14(月) 08:48:30.36 ID:J4jC7NyR0


怜「末原さん…あんたアホなん?」

恭子「な、なんでや! これならパッと見られても私や洋榎とは分からんやろ!」

竜華「そら確かにパッと見じゃ全然分からへんけどさぁ……」

セーラ「それ以上に悪目立ちしとるわ!! アホかいな!!」

怜「今めっちゃ見られとるん分かっとる?」

洋榎「正直めっちゃ視線感じてて死ぬほど恥ずかしいです……」

恭子「アホか! そんなん気にしとる場合か!」

竜華「……末原さん以外と楽しんどるんちゃうか?」


36:2015/09/14(月) 08:51:58.71 ID:J4jC7NyR0


怜「しかし末原さん、あんた意外と良い体付きしとんやな」

恭子「え?」

怜「おもちはそんなあらへんけど、脚のラインとくびれがセクシーやわ」

洋榎「おい」

怜「これは是非とも膝枕を…」ジュルリ

竜華「やめんかい!!」

怜「こら大変失礼をば


37:2015/09/14(月) 08:55:18.55 ID:J4jC7NyR0


由子(アッチの方うるさいのよー、ってかあの人ら変な格好なのよー)

由子(後姿しか見えへんけど……こんなところでこんな格好しててよう恥ずかしないなー)

???「おーい! 真瀬さーん!」

由子「あ、お疲れ様よー。 ほないこかー」

???「はいはい、今日はどの辺見るんです?」

由子「せやなー、いつも地上ばっかりやったから今日はなんばウォークでも見て回ってみるのよー」

由子「何か怪しい集団もいるしさっさといくのよー」

???(あれ、あの人たちは…)


38:2015/09/14(月) 09:00:21.10 ID:J4jC7NyR0


洋榎「っておい! いつの間にかゆーこがおらんくなっとるで!」

恭子「何やと!?」

セーラ「んなアホなやりとりやっとるからやろ……」

恭子「探しに行くで!!」バタバタ

怜「しかし、これ一緒に行動すんのめっちゃ恥ずかしいわ」

洋榎「ウチはもうなんか羞恥心って概念が消し飛んだ気がするわ……」

竜華(帰りたい……)


39:2015/09/14(月) 09:02:40.93 ID:J4jC7NyR0


――

由子「うーん、やっぱ見つからんのよー……そっちはどうよー?」

???「それらしいモンはあらへんなぁ……やっぱ非売品なんちゃいます?」

由子「もう諦めて別の物に決めてしまおかなー? これ以上付きあわせるのも悪いしなー」

???「まあウチは別に大丈夫やからそんな気にせんといて下さいな!」

由子「ごめんなー、ホンマ手伝って貰えて助かるのよー」

???「ほな他のお店も一応回ってみますーぅ?」

由子「そやね、よろしくなのよーぅ」

???「……変な伝染り方してますよ?」


40:2015/09/14(月) 09:04:16.97 ID:J4jC7NyR0


――

恭子「どっちや! どっちに行ったんや!」

洋榎「すんません、この女の子見まへんでした? この画像の中の金髪の娘やねんけど」

セーラ「……しっかしなあ……」

竜華「セーラ、どしたん?」

セーラ「いや、改めて見ても壮絶な光景やなぁと」

竜華「……ああ、そやな」

セーラ「一緒にいんのがホンマ恥ずかしいわ」

怜「まあまあ、眼福やんか」

セーラ「ええ加減にせんかい!」


41:2015/09/14(月) 09:07:29.74 ID:J4jC7NyR0


――

???「なあ真瀬さん! これひょっとしてお探しのモンなんちゃいます?」

由子「え、ホンマ? ……うん、間違いないのよー」

???「おぉー、無事に見つかって良かったやないですか!」

由子「お陰様なのよー。ホンマに助かったのよー、ありがとうなー」

???「いえいえ! ウチもデート出来て楽しかったしお気になさらずですよーぅ」

由子「まあお茶くらいはご馳走させてもらうのよー、とりあえず買って来るよー」

???(しかしさっきのあの集団は何やったんやろなぁ? 千里山の方々はコスプレに趣味でもあるんやろか?)



42:2015/09/14(月) 09:08:44.28 ID:J4jC7NyR0


――

洋榎「その辺のオバちゃんが言うにはこっちの方で二人連れで見たらしいで!」

恭子「しかしゆーこを見逃すとは……私としたことがウッカリしとったわ」

竜華「もうどこから突っ込んだらエエのか分からん……」

怜「あれ、今の店の中におったん真瀬さんちゃう?」

洋榎「お、ホンマや! って、一緒におんのって……」

セーラ「あ、あんたは……!」

憩「うわーぁ……、さっきの怪しい集団、と思ったら姫松の方々やったんか」

由子「皆……何しとるの?」

五人「「「「「荒川憩やんか!?」」」」」


43:2015/09/14(月) 09:10:28.65 ID:J4jC7NyR0


セーラ「まさか男やなくて女やったとはな……」

怜「真瀬さんはあんまり女の子とかに興味なさそうやったから以外やわ」

洋榎「いや、だから別にそうと決まった訳や「荒川さん!!」

恭子「あんた……その子と、ゆーことどういう関係なんや!?」

洋榎「だからウチの話を……」

憩「え、えーと、とりあえず……どっかお店でも入りません? めっちゃ目立っちゃってますけど……」

竜華「う、そういえば回りからの視線が痛い……」

由子「……意味不明なのよー」


44:2015/09/14(月) 09:15:04.70 ID:J4jC7NyR0


――


憩(悪目立ちするから言うてお店に入ったのに、着替えてくれへんかったから余計に目立っとる気がする……)


恭子「……で、二人は何で一緒におったんか教えてくれんか? ……付き合っとるんか?」

憩「へ!? な、何でいきなりそうなるんですか?」

恭子「正直、どっかの知らん男に持ってかれるくらいやったら、荒川さんの方がウチらも安心できるんや」

憩「い、いやいやいや! さっきから話が飛躍し過ぎですよーぅ!」

由子「何か突拍子無さ過ぎる気がするけど、とりあえず荒川さんとは特に何かある訳ではないのよー」

恭子「ホンマか?」

由子「実際何でこんな状況なのかよく分からないのよー」

洋榎「まあその辺はウチから説明するわ」


59:2015/09/14(月) 21:14:32.08 ID:J4jC7NyR0

見返してて何か違和感あるな〜、と思ったらレスが一個抜けてた……

>>44と>>45の間にこれを挟んで補完していただけると助かります、すみません

――

洋榎「……まあそういう感じの事情があってな、悪いけどゆーこの事探らせてもらっとったんや」

由子「なるほどー、それはご心配おかけしたみたいで申し訳ないのよー」

洋榎「まあ正直恭子が一人で突っ走っとっただけな気がするけどな」

怜&竜華&セーラ(((確かに……)))

洋榎「まあ実際何で二人が放課後に会ってるのかはウチも気になるわ。 差し支えなかったら事情聞かせてもろってもええか?」

由子「うーん……なら予定よりちょっと早いけど…二人共、これ受け取って貰える?」

恭子「…何やこれ、小箱?」

由子「開けてもろてええよー」


45:2015/09/14(月) 09:18:35.30 ID:J4jC7NyR0


ガサゴソ

恭子「あ、これって……」

洋榎「ゆーこが付けとる時計……やんな」

由子「洋榎と、ちょっと早いけど恭子の誕生日にな、送りたかったのよー」

恭子「嬉しいけど、何で時計なん?」

由子「この時計がウチのパパから貰った大切な物やって話はしたやんなー?」

洋榎「せやな、よう聞いとるな」

由子「私な、この時計をパパから貰った時に心がめっちゃ満たされたっていうかなんていうか……兎に角幸せな気持ちになれたのよー」



46:2015/09/14(月) 09:21:42.69 ID:J4jC7NyR0


由子「でな、私らももう高3やろー? この後の進路は別々になる可能性も高いやろし、こうやってずっと一緒に居られるんは今年が最後になると思うんよー」

洋榎「まあそれは……そうかもしれんな」

由子「だから、一緒に居られる内に大好きな二人に…そんな私の気持ちを送ってあげたかったんよー」

恭子「ゆ、ゆーこ……」

由子「この時計ってお店のオリジナルの物みたいで時計の店とか見てもどこにも置いてなかったのよー」

洋榎「ブランドの名前とかも特に書いとらんもんなぁ……」

由子「パパに聞いたら難波の駅周辺のどっかのお店で買った言うとったから、ダメ元で探し続けてたのよー」


47:2015/09/14(月) 09:24:51.51 ID:J4jC7NyR0


由子「でな、監督にはその辺の事情をお話して居残り練はしばらく断らせてもらってたんよー」

洋榎「なるほどなぁ、ところで憩が一緒なのは何でなん?」

由子「荒川さんは、お店を回ってる途中でばったり会っただけなのよー。 で、軽く事情を話したら探すの手伝ってくれる言うてなー」

憩「まあウチも地方大会終わってそんな急がしなかったですし、真瀬さんの気持ちを聞いて是非お手伝いしたいなーて思うたんですよーぅ」

怜「妙な組み合わせやとは思ったけど、二人は元々交流あったん?」

由子「よく電話とかメールとかするのよー」

竜華「コミュ力高いなあ」


48:2015/09/14(月) 09:28:04.25 ID:J4jC7NyR0


由子「なあ、洋榎、恭子」

洋榎「んー?」

恭子「どしたんや?」

由子「普段はちゃらんぽらんなでイケイケな感じやけど。 実は周りをしっかり見てて察しが良かったり、意外と押しに弱い洋榎も」

洋榎「おい」

由子「普段は冷静なしっかり者な感じやけど。 実は熱血やけど卑屈で、意外とポンコツでテンパると回りあんま見えなくなる恭子も」

恭子「ちょお待て」

由子「私な、そんな二人が大好きなのよー」


49:2015/09/14(月) 09:30:32.99 ID:J4jC7NyR0


洋榎「ゆーこ…」

由子「恭子と洋榎が初めて会った時の事、覚えとる?」

恭子「……忘れるわけあらへんやろ」

――

「ただの普通のお友達からお願いします」
「私も」

「……こちらこそ、喜んで」

――

由子「もうただの普通のお友達、で済まんくなったと思うけど……離れ離れになっても、ずっと大切なお友達でいてください」

恭子「……ああ、私も」

洋榎「………こちらこそ、喜んで」


50:2015/09/14(月) 09:32:36.31 ID:J4jC7NyR0


怜「……見せ付けてくれるやん」

セーラ「エエとこ見させてもろたわ」

竜華「うっううっ…三人とも……良かったなぁ……ホンマに、うっ、良かったなぁ……」グスン

憩「ほら…清水谷さん、これティッシュです」

竜華「ゴメンな…ゴメンな……ウチこういうのっ、弱いっねん…」グスグス

怜「まーでも……良いシーンやけど冷静に考えて、二人の格好で台無しやな」


51:2015/09/14(月) 09:35:05.26 ID:J4jC7NyR0


恭子「あっそういえば着替えんの忘れとったな」

洋榎「冷静に考えてめっちゃ恥ずかしゅうなってきたわ……」

セーラ「そういう余計なチャチャ入れすんなや!!それこそ台無しやろが!!」

怜「いやーでも気になってしゃーなかったし……さっきから道行く人たちが、物珍しそうにジロジロ見てくから」

由子「大胆過ぎて目のやり場に困るのよー」カァァァ

恭子「やっやめてっ! こんなヒンソーな体見んといて!!」

洋榎「何言っとんねん!! さっきまで散々ノリノリやったろが!!」

竜華「うっうええぇぇ…うっ、ううっ……」グスグス

憩「あ、あははは……ホンマに台無し……」


52:2015/09/14(月) 09:38:37.42 ID:J4jC7NyR0


――

郁乃「ちゅうことだったみたいやで〜」

絹恵「……何か最後の方酷かった気ィするけど」

漫「でも、三人のお話が聞けて良かったです」

絹恵「そう、やね……お姉ちゃんと先輩たちを最後まで一緒に打たせてあげたいって思いました」

絹恵「そのせめてもの手助けがしたいですわ」

郁乃「そっか〜、そう思ってくれたんなら二人をここに連れてきて良かったわ〜」

漫「……正直、笑顔で引っ張っていかれるから最初はどんな目に会うかて思いましたわ」

郁乃「え〜なんで〜? 私はそんな酷いことせぇへんよ〜?」

漫「いや、あの、イメージっちゅうか、なんちゅうかですね……」

絹恵「しっかしお姉ちゃんたち……後ろの席に思っきし座っとったのに結局気付かへんかったなあ」



53:2015/09/14(月) 09:43:12.54 ID:J4jC7NyR0


――
キーンコーンカーンコーン

洋榎「さーて、今日も閉門まで打つで〜!」

恭子「ゆーこ、今日は大丈夫やんな」

由子「大丈夫よー、居残り練はバッチリお任せよー」

絹恵「私らも頑張りますよー!」

漫「絶対優勝や!!」

恭子「……漫ちゃんはもうちょっと爆発をしっかり出せるようにならんとな、不発やったらデコに油性やで」

漫「え〜…堪忍してくださいよ……」

郁乃(これで皆の絆はより固くなった……これで良かったやんな?善野さん)

郁乃(貴方が私に託した生徒たち……絶対勝たせたるからな)


槓!


54:2015/09/14(月) 09:46:18.35 ID:J4jC7NyR0

以上です、途中で盛大に休憩挟んで失礼致しました。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442135212/