1:2014/04/06(日) 21:43:09.19 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「どうやらこの国には生きていても世の為、人の為にならない人達が多いような気がします」

ネリー「ミョンファ?」

ミョンファ「大会での三味線行為、プラマイ0とかいうナメプ、このような鬼畜の所行を決して許してはなりません!」

ネリー「なになにシカト?私ハブられてる?」

ミョンファ「私、殺ッて殺ります!!」

ネリー「もう、無視しないでよ!!ネリーは無視と人種差別と露助が大っ嫌いなこと知ってるでしょ!」

>>3「ミョンファ居る?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396788189



3:2014/04/06(日) 21:44:31.08 ID:YrMaMyyHo

がいと


4:2014/04/06(日) 21:52:09.08 ID:SYWaFYth0

智葉「おい!ミョンファ!居るか?」

ネリー「あ!サトハ!聞いてよミョンファがさっきから分けわかんないこと言って無視するんだよ」

ミョンファ「!もしかして、仕事ですか?」

智葉「あぁ、実はどうしてもお前に始末してもらいたい人物がいるんだ」

ネリー「もう!サトハまで無視しないでよ!」ぷんぷん=3

ミョンファ「それで一体誰を?」

智葉「あぁ、>>7という人物を殺してほしい」

※咲の登場人物でお願いします




7:2014/04/06(日) 21:52:52.03 ID:DBd68j9Wo

白水哩


9:2014/04/06(日) 22:03:36.23 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「白水哩?たしか、新道寺の副将でしたね」

智葉「あぁ、私たちとは違うブロックに出場してたからな、あまりなじみが無いと思うが…」

ネリー「もしかして、サトハ達物騒な話してるの?」

ミョンファ「一応、全国に出場した選手ですから顔くらいは覚えてます」

智葉「そうか…」

ネリー「ねぇねぇ聞いてよ〜」

ミョンファ「その白水哩という方、本当に悪い奴なのですか?」


10:2014/04/06(日) 22:10:19.03 ID:SYWaFYth0

智葉「あぁ、普段はクールビューティーな面してるけど、奴はゲスの中のゲスだ」

ミョンファ「そうなんですか」

智葉「新道寺の麻雀部は永い歴史と伝統があるがゆえ、部長の権限が何よりも強い」

智葉「白水哩はその部長の権限を悪用して、手当たり次第部員をレズレイプしてやがる」

ミョンファ「なんと!」

智葉「新道寺にとって麻雀部の部長は絶対だ、奴に無惨に犯されて泣き寝入りする部員も多いと聞く…」

ミョンファ「許せません…」わなわな

ネリー「ねぇ、聞いてる?」








11:2014/04/06(日) 22:13:28.68 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「わかりました、ぜひ私にやらせてください!」

智葉「おお!やってくれるのか!」

ネリー「ハオのところへ遊びに行こうかな…」

智葉「私も全面的に協力させてもらうからな」

ミョンファ「それで、依頼人は誰なんですか?」

智葉「あぁ、依頼人は>>14だ」


14:2014/04/06(日) 22:14:53.77 ID:YrMaMyyHo

すばら


16:2014/04/06(日) 22:20:57.31 ID:SYWaFYth0

ことは数日前…

煌「ごめんください…」

男「なんだ?嬢ちゃんここは辻垣内組の敷地で嬢ちゃんの来る場所じゃないぜ?」

煌「ここにくればお金で人を殺してくれると聞いて…」

男「はぁ?そんなことうちでは…」

智葉(ん?あれは新道寺の…)

煌「お願いです!智葉さんに逢わせてください!」

男「はぁ、こんな物騒なことを言い出す子をお嬢に会わせるわけには…」

智葉「おい!そいつは私の友人だ、通せ!」


18:2014/04/06(日) 22:22:35.99 ID:EVUYwdkIo

あの聖人が暗殺の依頼とはよっぽどのことがあったんだな…


19:2014/04/06(日) 22:23:13.33 ID:SYWaFYth0

男「お、お嬢…しかし、こいつ[ピーーー]とかなんとか…」

智葉「あぁ、麻雀の話だ」

男「ならいいんですが…」

煌「………」

智葉「私の部屋に来い」

煌「はい…」

智葉「今から二人っきりで話すから誰も部屋に入ってくるんじゃないぞ!!」

男「へい!!わかりやした!!」


21:2014/04/06(日) 22:28:43.29 ID:SYWaFYth0

智葉「今日はどういった訳で来た?そんな大金背負ってまさか、練習試合の申し込みじゃないだろ…」

煌「はい、実は殺してい人物が居まして…」

智葉「ほう…」

煌「新道寺麻雀部部長、白水哩をどうか殺してくれませんか?」

智葉「それまたどうして?」

煌「えぇ実は私は哩部長、いえあの外道に>>24されたんです!!」

ごはん食べてきます


24:2014/04/06(日) 22:32:08.22 ID:mbdvuDjYo

首絞めファック


26:2014/04/06(日) 22:40:20.86 ID:SYWaFYth0

ある日の新道寺

煌「すばら!部長から直々に話があると聞きました」

哩「おぉ、花田かよく来たと」

煌「それで私に話とは一体?」

哩「あぁ、実は花田を今度のインターハイ団体戦でのエースば起用したいと思ってな」

煌「すばら!!わ、私なんかがレギュラーになれるなんて!!しかもエースに…」

哩「まぁ、条件があるけんどもな」ニヤリ


27:2014/04/06(日) 22:43:33.90 ID:SYWaFYth0

哩「実は前々から花田の腰つきばエロいと思うとってな」

煌「!?」

哩「首締めファックなんかしたい思う取るばい」

煌「い、嫌ですよそんなの!」

哩「ほう…拒否するんやったらこっちにも考えがあるばい」

煌「な、なんですか?エースの件ならこちらから辞退させていただきますよ!」

哩「お前、姫子に気があるみたいやな」

煌「!?」


28:2014/04/06(日) 22:46:59.21 ID:SYWaFYth0

哩「まぁええわ、なら代わりに姫子と首締めファックするだけやし」

煌「そ、そんな!!」

哩「あいつの家は金持ちやからな、同室といえど迂闊に手をだせんかったばい。でも今の私の権力ならいくらレイプしたって揉み消せる…」

煌「そ、それだけは勘弁を!!」

哩「ふふん、ならなにをすべきかわかってるはずと…」にやり

煌「はい…」




29:2014/04/06(日) 22:48:07.85 ID:EVUYwdkIo

本当にやりたい放題やないか…!


30:2014/04/06(日) 22:49:52.63 ID:SYWaFYth0

煌「こうしていやがる私に無理矢理、首締めファックを…」

智葉「ほう、それは酷いな…名門新道寺の部長が聞いて呆れる…」

煌「お願いです!このお金で奴を新道寺から始末してください!!」

智葉「わかった、私に任せておけ」

煌「くれぐれもお願います、早くしないと姫子まで奴の毒牙にさらされることとなるのです!!」




31:2014/04/06(日) 22:53:21.28 ID:SYWaFYth0

智葉「というわけだ…」

ミョンファ「ゆ、許せません!!」

智葉「よしそれじゃあ…」

ミョンファ「待ってください!」

智葉「ん?」

ミョンファ「仕掛け前に仕掛け料の半額を渡すのがこの世界の常法です」

智葉「おお!そうだったな、これが今回の仕掛け料の半額だ>>34」


34:2014/04/06(日) 22:56:55.90 ID:Dymsd2y5o

5千万


36:2014/04/06(日) 23:04:53.69 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「半額で5千万ですか…この前の鳩◯元総理くらいですかね…」

ネリー「わひゃぁぁぁ!!!ご、五千万円だ!!グルジアの国債いくつくらい買えるのかな…」

智葉「あぁ、それだけ恨みが深いということだろう…」

ミョンファ「では早速…」

智葉「待て、そう一筋縄ではいかないぞ」

ミョンファ「というと?」

智葉「奴には>>39という強力な用心棒がいるぞ」


39:2014/04/06(日) 23:06:01.18 ID:YrMaMyyHo




40:2014/04/06(日) 23:10:50.52 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「石戸霞?あの永水の大将の…」

智葉「どうやら、奴も一緒になってレズレイプを楽しんでるらしい…」

ミョンファ「腐ってますね…」

智葉「あぁ、あいつは怪しげな妖術を使うからな厄介だぞ…」

ミョンファ「大丈夫です!私には>>44と>>45という強い見方がいますから!」


44:2014/04/06(日) 23:13:20.60 ID:EVUYwdkIo

すこやん


45:2014/04/06(日) 23:13:25.25 ID:nZLpfyj8o

胡桃


48:2014/04/06(日) 23:18:13.53 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「小鍛冶さんと鹿倉さんです」

智葉「ほう、あいつらも仕掛人だったのか…」

ネリー「ふんふん♪札束のお風呂だ♪」ダバー

ミョンファ「小鍛冶さんは>>50の使い手、鹿倉さんは>>51の使い手…」

ネリー「わはは、最高だよ!」

ミョンファ「そして私の得物は>>52です!」


50:2014/04/06(日) 23:20:44.63 ID:gFVweYPAo

アラフォーの呪い


51:2014/04/06(日) 23:21:04.61 ID:YrMaMyyHo

太刀


52:2014/04/06(日) 23:21:32.07 ID:nZLpfyj8o

ワイヤー


56:2014/04/06(日) 23:27:21.86 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「小鍛冶さんはアラフォーの呪いで相手を行き遅れにし、鹿倉さんは大刀で一刀両断にする!」

智葉「なかなか頼りになるな」

ネリー「行き遅れにしてどうすんの…」

ミョンファ「そして私はワイヤーを自在に操り敵を倒す!!」

智葉「それは頼もしいな…」

ミョンファ「ところで、さっきからごちゃごちゃうるさいグル公をどうします?」

智葉「そうだな、見られたからには消えてもらうのがこの世界の掟…」

ネリー「!?」




57:2014/04/06(日) 23:32:36.32 ID:SYWaFYth0

ネリー「い、いやサトハ達が勝手に喋ったんでしょう!!」ガクブル

智葉「そんなこと言われてもな…」

ミョンファ「消えてもらうしかありませんね…」

ネリー「そ、そんな!何でもするから許して!!」ガクブルガクブル

ミョンファ「どうします?」

智葉「なら>>60してもらうしかないな…」


60:2014/04/06(日) 23:35:21.78 ID:b4j+3TQAo

哩を誘い出す囮になってもらう


61:2014/04/06(日) 23:41:52.71 ID:SYWaFYth0

智葉「奴らを誘き出す囮になってもらうぞ」

ネリー「!?」

智葉「奴は最近、洋ロリにハマってるらしいからな…」

ミョンファ「石戸霞も幼女を性的に虐めるのが大好きだと聞きました」

ネリー「嫌だよ!!ネリーそんな奴らに貞操を奪われたくないよ!」

智葉「なら、死んでもらうかだな…」

ネリー「!?わ、わかったよ…囮になればいいんでしょ…」ビクビク


62:2014/04/06(日) 23:42:54.90 ID:EVUYwdkIo

こっちの陣営も負けず劣らず鬼畜だな


63:2014/04/06(日) 23:45:04.32 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「決まりですね」

智葉「あぁ…」

ネリー「うぅ…ネリーに拒否権は無いの…」

智葉「それで明日中には片をつけたい」

ミョンファ「はい…それで奴らは今どこに?」

智葉「あぁ奴らは今日、明日は>>66に居るらしい」


66:2014/04/06(日) 23:47:52.30 ID:X1CTZ3Sco

姫子の部屋


67:2014/04/06(日) 23:51:44.03 ID:du0PVFJ10

盛り上がって哩ました


68:2014/04/06(日) 23:53:56.29 ID:EVUYwdkIo

悲劇待ったなし!


69:2014/04/06(日) 23:54:07.93 ID:SYWaFYth0

ミョンファ「新道寺寮の鶴田さんの部屋…」

智葉「あぁ、鶴田は実家に帰省中、哩自身の部屋でもあるからな…」

智葉「ネリーを囮に哩を部屋から誘い出す…」

ミョンファ「部屋に残った石戸を小鍛冶さんと鹿倉さんで始末すると…」

智葉「誘い出した哩はミョンファが片付ける…」

ネリー「うぅ怖いよ…」



70:2014/04/06(日) 23:59:14.42 ID:SYWaFYth0

決行当日…

胡桃「そんな、無理矢理首締めファックだなんて!許せない!!」わなわな

小鍛冶「私すらまだバージンなのに…」ごごご!!

ミョンファ「敵は哩だけじゃありませんあの石戸霞もです」

胡桃「二回戦で豊音と戦った!?あいつグルだったんだ…」

小鍛冶「大丈夫私達が全力で潰すから!!」

ネリー「うぅ…祖国に帰りたいよ…」

ダヴァン「ワタシも居マス!!」

ミョンファ「それでは参りますか!」


71:2014/04/07(月) 00:05:31.04 ID:rWf4vgxs0

新道寺寮

哩「ふふ、花田との首締めファック最高ばい」

霞「あらあら、次貸してもらえるかしら♪」

哩「あぁ、私もそろそろ明星ちゃんと十曽ちゃんの味見をしたか」

霞「なら煌ちゃんと交換ね♪ところで姫子ちゃんはどうするの?」

哩「姫子?あぁ、あいつもそろそろ犯してやると、姫子は私のこと信頼しきっとるからな楽にヤれるばい」

霞「なかなかの悪ね♫」

哩「お前さんもな♪」




73:2014/04/07(月) 00:08:42.30 ID:rWf4vgxs0

ネリー「うぅ…怖いよ…」

哩「ほう…外にあんな美味しそうな娘が…」

霞「あらあら、本当ね♪」

哩「こんな夜遅くに出歩くと危険ばい、ちょっと注意してくると」

霞「はいはい♪」

ネリー「うぅ寒いよ…怖いよ…」

哩「お嬢ちゃんお一人かな?」


74:2014/04/07(月) 00:13:39.77 ID:rWf4vgxs0

霞「暇ね…早く部屋に連れてこないかしら…」

「その必要はないよ!!」

「石戸霞、覚悟!!」うにょ〜ん

霞「!?あらあら鼠さんが迷い込んだのかしら…」

胡桃「石戸霞!成敗!」シャキン!!

小鍛冶「行き遅れになってしまえ!!」

ダヴァン「………」ぽちぽち

霞「ふんふむ戦いは苦手なんだけど、苦手分野いかせてもらおうかしら…」


75:2014/04/07(月) 00:17:31.40 ID:O2nI6KZs0

ロリコンおばさんから受けた明星ちゃんと十曽ちゃんの怨みを晴らしてくれ


76:2014/04/07(月) 00:18:16.54 ID:rWf4vgxs0

胡桃「はぁ!!」シャキン!!

霞「ふん!!」

ダヴァン「アーアーただいまマイクのテスト中デス」

小鍛冶「くらえ!!アラサービーム!!」ビビッ!

霞「あらあら、当たらないわ♪」

カラオケ機〜♪

ダヴァン「風吹き荒れ〜♪雨が降りつぐ〜♪」

霞「今度はこっちからいかせてもらおうかしら…」

ダヴァン「恋をなくした〜♪男の背中に〜♫」



77:2014/04/07(月) 00:21:18.39 ID:rWf4vgxs0

むぃ〜ん

小鍛冶「!?霞が複数に増えた!?」

胡桃「これが奴の妖術!」

霞1「あらあら♪」

霞2「私のこと♪」

霞3「楽しませてちょうだい♫」

胡桃「!?どれが本物なの!!」

小鍛冶「くぅ!?」

ダヴァン「広い荒野の果てを〜♪どこまで行くの〜孤独をかついで〜♫」




78:2014/04/07(月) 00:22:42.82 ID:to1MXcPQ0

必殺ファンのワイ涙


79:2014/04/07(月) 00:25:15.30 ID:rWf4vgxs0

霞1「はぁ!!」ゴッ!!

胡桃「うぎゃ!!」

霞2「死ね!!」

小鍛冶「うわわ!!」

霞3「あらあら!」

胡桃「くっ!!」

ダヴァン「時は空しく流れ〜愛する人も思い出も〜♫遠くすぎる〜♪」

胡桃「どれが本物なの…」

小鍛冶「よし>>82に攻撃しよう」


82:2014/04/07(月) 00:27:06.73 ID:nWvapWLAO

ダヴァン


83:2014/04/07(月) 00:27:31.84 ID:roA0CvUto

なんでだよwwwwwwwwwwww


87:2014/04/07(月) 00:32:23.65 ID:rWf4vgxs0

胡桃「本物がわかったの?」

小鍛冶「いえ…」

霞1・2・3「「「あらあら♫」」」

小鍛冶「さっきからうるせぇーんだよ!!何しにきたんだ!!このメリケン野郎!!」

ダヴァン「おぶえあ!!」ボコー!!

霞3「きゃ!」

胡桃「あ!ダヴァンが吹き飛ばされて、都合良くに本物の石戸霞に当たった!!」


88:2014/04/07(月) 00:35:34.80 ID:wCIIrhab0

これも雀力の成せる技 いてよかったすこやん
(歌詞が気にさわったんやろなぁ)


89:2014/04/07(月) 00:36:44.96 ID:rWf4vgxs0

霞「くっ…衝撃で私の妖術が解けてしまったわ…」

胡桃「石戸霞!お前もこれまでだね!」シャキン!!

小鍛冶「アラサーの呪いを受けろ!!」うにょ〜ん

霞「あ、あらあら…見逃して貰えないかしら…」

胡桃「お前はそうやって命乞いする相手に情けをかけたの?」

小鍛冶「問答無用!!」

霞「お、お願いします…どうか助けて…」

どうする?>>92


91:2014/04/07(月) 00:39:18.14 ID:NUIEFrlo0

天誅


92:2014/04/07(月) 00:40:01.00 ID:zgST2oGQ0




94:2014/04/07(月) 00:43:47.29 ID:rWf4vgxs0

胡桃「天誅!!」ズバー!!

霞「ギャー!!」ブシュー!!

霞「あ、あらあら…」気絶

ダヴァン「死ーん…」

胡桃「裸に引ん剥いて今までやってきた悪行の証拠と一緒に外に吊るしておこう」

小鍛冶「ついでにアラサービーム」びびびっ



95:2014/04/07(月) 00:46:15.12 ID:rWf4vgxs0

一方その頃…

哩「さ、一緒にお姉ちゃん達と良い事しよう…」

ネリー「うぎゃー変態!!助けてーミョンファ!!」

哩「くっ!静かにするばい!!」

ネリー「ひぃぃぃ!!」ガクブルガクブル

「………」

ネリー「た、助けてー!!」タッタッ

哩「くそ!待て!!」


96:2014/04/07(月) 00:51:11.50 ID:rWf4vgxs0

哩「!?」どて!

哩「くっこんなところにワイヤーが…」

「どうなされました?」

哩「?あぁ、いやちょっと転けてしまって…」

ミョンファ「これは大変、すぐ手当しないと…」くいくい

哩「い、いえ大げさですよ…」

ミョンファ「いえいえ、ここはこうして…」きゅっきゅっ

哩「!?お前何を…!?」ぎゅっ


97:2014/04/07(月) 00:57:48.09 ID:rWf4vgxs0

哩「く、苦しいばい!」亀甲縛り

ミョンファ「いえね、あなたに無理矢理犯された人達の無念を思うとね…」

哩「ぎゃー…た、助けて…」

ミョンファ「すぐ白水哩という癌細胞から手当しないといけませんからね…」

哩「」カクッ

ミョンファ「喜んでください…今度は地獄の鬼とSMプレイ出来ますよ…」

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
––––––––––––––––––––––––––––––––––––


99:2014/04/07(月) 01:02:08.07 ID:rWf4vgxs0

智葉「よくやった…これは報酬の半金だ…」

ミョンファ「確かに受け取りました…」

智葉「実はもう一人仕掛けてほしい奴がいるのだが…」

ミョンファ「いえ、続けて仕掛けは受けませんよ」

智葉「そうか…」

ミョンファ「そういえばあのグル公はどうするんですか?もう用済みですよね」

智葉「あぁ、ネリーか…奴なら>>102してもらうことに決めた」


100:2014/04/07(月) 01:03:01.53 ID:6mvuZ5b1o

引き続き囮として使う


101:2014/04/07(月) 01:03:51.50 ID:J+xp5bJt0

>>100


102:2014/04/07(月) 01:04:20.73 ID:MWCgSSVuo




103:2014/04/07(月) 01:11:55.34 ID:rWf4vgxs0

智葉「引き続き囮として使うことに決めた…」

ミョンファ「そうですか…始末してしまったほうが後腐れが無くていいのに…」

智葉「まぁ、何かの役には立つだろう」

ミョンファ「はぁ…」

智葉「それより、これからどうするんだ?」

ミョンファ「えぇ、>>106へ旅に出ようと思います」


106:2014/04/07(月) 01:13:49.63 ID:WXefBygUo

鹿児島


109:2014/04/07(月) 01:30:36.30 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「鹿児島まで骨休めに行きたいと…」

智葉「そうか…」

ミョンファ「それでは、元締め…また生きてたら御会いましょう」

智葉「あぁ…」

こうして、明華は独り鹿児島へ向かう…

決して癒えることのない孤独な旅路、桜の花びらだけがそっと見送った…


120:2014/04/07(月) 20:01:56.30 ID:rWf4vgxs0

ここは鹿児島…

ミョンファ「ソーキそば美味しい」ちゅるちゅる

ネリー「うわーん!!お腹すいたよ、ネリーにも何か食べさせてよ!」

ミョンファ「はい…」つうまい棒

ネリー「うまい棒なんか嫌だよ!!ネリーもソーキそば食べたい!!」うわーん!!

ミョンファ「うるせぇ!『フェイタライザー2巻』投げつけるぞ!!」

ネリー「ぐげぇー!!」バコ!!


121:2014/04/07(月) 20:08:48.73 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(正直、邪魔ですし適当に始末したいんですけど…)

ネリー「きゅ〜…」

ミョンファ(辻垣内の元締は私の命の恩人です。その元締の頼みとあれば何としてでも従わなければなりません…)

「………」

ミョンファ「!?」(さっきから誰か後ろを付けてますね…)

ミョンファ「誰ですか?」

>>124「雀明華、貴様の実力を見せてもらうぞ…」バッ!

ネリー「うわわ」


124:2014/04/07(月) 20:10:22.23 ID:IXrkeL/Yo

はっちゃん


127:2014/04/07(月) 20:14:48.69 ID:rWf4vgxs0

初美「ふふふ、私はある人から雇われた暗殺者ですよー」

ミョンファ「ある者とは?」

初美「そんなのあなたに言う必要はないんですよー」

ネリー「あわわ」

初美「あなた達はここで死ぬのですからね!!手裏剣です!くらえ!!」シュッシュッ!!

ミョンファ「くっ!」バシバシ!!

初美「おや、なかなかやりますね…それなら…」

ミョンファ「待て!!」



128:2014/04/07(月) 20:19:18.46 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「敵はどうやら、あの漁船に逃げ込んだようですね…」

ネリー「なんでネリーまで…」

初美(ふふふ、私は泳ぎが得意なんですよ、うまく海の中に引きづり込んで海の藻くずにしてやりますよー)

ミョンファ「!?」

初美「そこですよー!!」バシャン!!

ネリー「うわわ!捕まっちゃったよー!!」

ミョンファ「ネリーさん!!」

初美「まずはこいつから殺しますよ」

ネリー「うわーん!!ミョンファ、助けて!!」


129:2014/04/07(月) 20:22:07.42 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「ネリーさん!!」

ネリー「ミョンファ!!」

ミョンファ「ばいばい」

ネリー「え?」

バシャン!!ごぼごぼ!!

ミョンファ「………」

ミョンファ「さて、明らかにここではアウェイです、どうしましょう?>>131」


131:2014/04/07(月) 20:23:09.52 ID:QBE7RqIco

ネリーを助ける


132:2014/04/07(月) 20:26:31.38 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(あんなのでも、元締から頼まれた手前無下には出来ませんね…)

ミョンファ「ワイヤーを使って…えい!!」

ミョンファ「!?手応えありです」ぐいぐい

バシャン!

ネリー「うぎゃー助かった…死ぬかと思ったよ…」

初美「く、私までワイヤーに絡めとられてしまいましたよー」

ミョンファ「さて、これで初美さんも終わりですね」

初美「ど、どうするつもりですか…」

ミョンファ「えぇ、>>134してもらいます」


134:2014/04/07(月) 20:27:52.20 ID:bBbPkH97o

砂浜に首だけ出るようにして埋める


136:2014/04/07(月) 20:33:36.63 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「近くの砂浜に首だけ出して埋めておきましょう」

初美「くっ!酷いですよ」ジタバタ

ネリー「なんでネリーまで」ジタバタ

ミョンファ「夕方になれば潮が満ちて二人は溺れてしまいます、出してほしければあなたを雇った人は誰か白状してください」

初美「誰が言うもんかですよー!!」ジタバタ

ネリー「うぎゃー!!嫌だよ死んじゃうよー!!」ジタバタジタバタ

ミョンファ「強情ですね…もうしばらく様子を…」

???「その必要はあらへんで!!」


137:2014/04/07(月) 20:40:25.53 ID:rWf4vgxs0

赤坂「イヒヒヒ!!その娘はウチが雇ったんやで〜」

ミョンファ「あなたは、赤坂郁乃!!」

初美「元締!!」

赤坂「なんや、ウチのこと知っとるん。嬉しいな〜」

ミョンファ「あなたが何で私に刺客を差し向けたんですか?ことによっては容赦しませんよ…」

赤坂「おぉ怖わ…ちょっとあんたの実力を見たかっただけやで〜そんな怒らんといてや〜」

ミョンファ「能書きはいいです、あなたの目的は何ですか?」

赤坂「実はミョンファちゃんに仕掛けの依頼をしたくてな…」


138:2014/04/07(月) 20:45:41.78 ID:rWf4vgxs0

明華が旅立つ前日…

智葉「この間言ってた、もう一つの依頼のことなんだが、話だけでも聞いてくれないか」

ミョンファ「いえ、話を聞いてしまったら関わってしまうことになるので…」

智葉「いやな、そいつはお前のことを狙ってるという噂を聞いたんだよ」

ミョンファ「!?少し聞きましょうか…」

智葉「あぁ、私が始末してほしいのはな、大阪の新参の元締『赤坂郁乃』という奴なんだ…」

ミョンファ「その人は悪い人なんでしょうか?」あ

智葉「あぁ、そいつの表の顔は姫松麻雀部の監督代行なんだがな…」




139:2014/04/07(月) 20:53:23.89 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「あの名門姫松の…」

智葉「そいつは、自分の組織を大きくするために善人悪人見境無く仕掛けてる…」

ミョンファ「ほう、仕掛人の道を外れた外道ですね」

智葉「私も会ったことがないからな、詳しいことは解らないが…」

智葉「風の噂によると>>142にも手を出してる」



142:2014/04/07(月) 20:54:02.60 ID:uCt9EDNko

拉致


143:2014/04/07(月) 20:58:08.07 ID:rWf4vgxs0

智葉「重要人物を拉致して強請や人身売買をしているらしい」

ミョンファ「許せません…」

智葉「まぁ、あくまで噂だけどな」

ミョンファ「して、元締…私が関わっているとは一体?」

智葉「あぁ、どうやらお前の仕掛人としての実力に目をつけたらしくてな…」

ミョンファ「はぁ…」

智葉「どうやら赤坂はお前を>>145したいようだ」


145:2014/04/07(月) 20:59:41.52 ID:d7Jn4HQ0o

この世界で誰よりも強く


146:2014/04/07(月) 21:03:37.37 ID:rWf4vgxs0

智葉「この世界で誰よりも強くしたいらしいんだ」

ミョンファ「はぁ、それはまた?」

智葉「大方、最強の仕掛人となったミョンファを自分の組織に引き込んで、自分の組織の力を盤石なものにしたいのだろう」

ミョンファ「ふむふむなるほど、しかし私はそんな悪党の元につく気はありませんよ」

智葉「だが奴はとんでもない悪党だ、どんな手を使ってくるかは解らん」

ミョンファ「はい、奴らの動向には十分気をつけますよ」


147:2014/04/07(月) 21:08:09.44 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(元締から言われた通り怪しい奴ですね…)

赤坂「そんで、話だけでも聞いてもらえんやろか?」

ミョンファ(ここは素直に聞いて、奴の動向を探りましょう…)

ミョンファ「いいですよ、話を聞きましょう」

赤坂「ほんまか!?実はあの神代小蒔さんからの依頼なんやけどな…」

ミョンファ(!永水の…)

赤坂「実は>>150を始末してほしいという依頼なんや」


150:2014/04/07(月) 21:09:46.90 ID:uCt9EDNko

染谷まこ


152:2014/04/07(月) 21:14:52.88 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「染谷まこ…私たちが戦った清澄の…」

赤坂「あぁ、その染谷まこという奴を始末してほしいんや」

ミョンファ「その人は本当に悪人なんですかね?」ギロリ

赤坂「あ、悪人に決まっとるやん!めっちゃ悪い奴やで!」あせあせ

ミョンファ(怪しいな…)

ミョンファ「して、どうしてその人を始末しなければいけないのですか?」

赤坂「実はな…あいつは神代さんに>>154をしたらしいんや…」


154:2014/04/07(月) 21:17:17.74 ID:IXrkeL/Yo

ワカメで窒息


156:2014/04/07(月) 21:18:33.78 ID:/zHdE6rq0

これはいけない。


157:2014/04/07(月) 21:26:09.90 ID:rWf4vgxs0

赤坂「神代さんのお父様を自慢のワカメで窒息死させたらしいやてな〜」

ミョンファ「はぁ、それなら警察にでも行けばいいのでは…」

赤坂「それが、染谷まこがやったって証拠は無い奴の手口は完璧や」

赤坂「そのうえ本家を乗っ取ろうと企んどる分家が、裏で手を回してるみたいで警察はまともに動いてくれへん」

赤坂「それで娘の小蒔がどうしても敵を取りたいから仕掛人を雇いたい、そこでこのいくのんのところに白羽の矢が立ったてわけなんや」

ミョンファ「そうですか…」

赤坂「そや!ぜひともミョンファちゃんに引き受けてもらいたいんやけど、どうや?」

ミョンファ(どう考えても怪しい…)

どうする>>158 引き受けるor引き受けない



158:2014/04/07(月) 21:27:25.83 ID:8myaeJy+o

受けへん


159:2014/04/07(月) 21:35:10.93 ID:m8EnORP1o

ですよねー


160:2014/04/07(月) 21:37:57.74 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(ここはやめておいたほうがよろしいですね…)

ミョンファ「いえ、この話は無かったということで」

赤坂「そんな、お金もはずむで」

ミョンファ「赤坂さん、あなたずいぶん黒い噂が絶えないようですね…例えば誰かを拉致したりとか…」

赤坂「そ、そんなん新興でメキメキ力をつけてきたウチの組織に対する僻や!」

ミョンファ「果たしてそうでしょうか、少なくとも私にとって赤坂さんは信用に足りる人物ではありませんね」

赤坂「まぁええ、また頼むからよろしくな〜」

こうして赤坂郁乃と薄墨初美は去って行った…


161:2014/04/07(月) 21:40:27.30 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(さて、かといってさっきの話、気になりますね)

ミョンファ(旅の最中は仕掛けをしないことに決めてるのですが…)

どうする?>>164 

1、永水に行く 

2、染谷まこの動向を探る

3、その他


164:2014/04/07(月) 21:41:20.18 ID:d7Jn4HQ0o

2


168:2014/04/07(月) 21:59:45.00 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(元締の話によると善人悪人見境なしに仕掛けていると聞きます…)

ミョンファ(それなら、染谷さんの動向を探ってその話が本当かどうか見極める必要がありますね…)

ネリー「あっぷ!あっぷ!ねえ、潮が満ちてきたよ!助けてよ!」

ミョンファ「そういえば、こないだ清澄の方から染谷さんはいつもは>>170に居ると聞きました」

ミョンファ「早速、行って見ましょう!」

ネリー「あばばばば…」ごぼごぼ…


170:2014/04/07(月) 22:00:43.17 ID:KoeMkeAKo

ローマ


171:2014/04/07(月) 22:05:15.28 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「どうやら清澄の部長さんの卒業旅行としてローマに居るらしいですね…」

ミョンファ「早速、辻垣内の元締に頼んでチケットを用意してもらいました」

胡桃「あれ?小鍛冶さんは?」

ミョンファ「あぁ、なんでも昨日のやけ酒がたたって二日酔いだそうです」

胡桃「そ、そうなんだ…」

ミョンファ「かわりに>>174に来てもらいました」


174:2014/04/07(月) 22:06:31.80 ID:k4DrBgHvo

ダヴァン


175:2014/04/07(月) 22:07:54.96 ID:x3Jr6t5n0

そいつ役に立つんですかねぇ


177:2014/04/07(月) 22:11:07.84 ID:rWf4vgxs0

ダヴァン「ワタシもご一緒しマス!Wiiカラオケも持って行きますよ!」

胡桃「………」

ミョンファ「それでは参りましょうか」

胡桃(私がしっかりしないと…)

そんなこんなで一同、イタリア首都ローマへ

機内

ダヴァン「空の旅は快適デスネ♫」

胡桃「うるさいそこ!!」

ミョンファ(飛行機の機内だからといって油断は出来ません、いつ何時敵が襲ってくるか…)

>>178「お前がミョンファだな…」


178:2014/04/07(月) 22:11:23.30 ID:KEJ+5AOxo

しぶやたかみー


181:2014/04/07(月) 22:17:45.05 ID:rWf4vgxs0

尭深「あなたが雀明華…」

ミョンファ「!?なんの用ですか?」

尭深「いえ、大ファンなんです、サインお願いできますか?」

ダヴァン「HAHAHAサインデスカ?いくらでも書いてあげマス♪」

胡桃「………」

尭深「いえ、あなたのは結構です…」

ミョンファ(見たところ只の私のファンというだけではなさそうですね…)

ミョンファ「いいですよ」カキカキ

尭深「ありがとう…」るんるん♪

ミョンファ(おそらくは赤坂が雇った仕掛人…これはうかうかはしてられませんね)


182:2014/04/07(月) 22:23:18.32 ID:rWf4vgxs0

そんなこんなでローマに到着…

ダヴァン「WRYAAA!!ローマに着きまシタ!!」

胡桃「そこ!はしゃがない!」

ミョンファ(早く見つけ出さなくては、染谷さんの命が危ない!)

わいわいがやがや

久「私ローマの休日に憧れてたのよね〜」

優希「部長がかじぇ?」

まこ「おんしはオードリーヘップバーンっちゅう柄じゃないじゃろう」

咲「私、真実の口を見てみたいよ〜」

和「一緒に行きましょうか?咲さん」




183:2014/04/07(月) 22:29:29.99 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ(居た!)

ダヴァン「もぐもぐ、本場ローマのラーメンも美味しいデスネ」

胡桃「………」

わいわいがやがや

まこ「じゃあここいらで自由行動にするかのう」

優希「賛成だじぇ!」

ミョンファ「見たところ後輩に慕われている良い先輩のようですね…」

胡桃「やっぱり、赤坂の言う事はデタラメだったんだね!」

尭深 じっー

ミョンファ(どうやら奴も動向をさぐってるようですね…)

どうずる?>>185 

1、染谷まこを引き続き見張る

2、渋谷尭深を追いかける

3、その他


185:2014/04/07(月) 22:30:01.82 ID:IXrkeL/Yo




186:2014/04/07(月) 22:33:22.37 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「どうやら赤坂は金ずくで染谷まこを始末しようとしてたみたいですね」

ダヴァン「そんな!」ガーン

胡桃「きっとさっきの人は赤坂に雇われた仕掛人だよ!」

ミョンファ「追っかけましょう!」

尭深「!?」

胡桃「待て!!」

ダヴァン「何の罪もない人を始末しようなんて許せません!!」

ミョンファ「人気の無い路地裏に追い込みました!」


187:2014/04/07(月) 22:36:25.30 ID:rWf4vgxs0

尭深「ひぃぃぃ」びくびく

胡桃「観念して!もうあなたの負けだから!」

ミョンファ「あなたは赤坂に雇われた仕掛人ですね?」

尭深「ち、違う…」ぐすぐす

胡桃「しらばっくれるの?」

ダヴァン「こいつ、演技が上手デスネ」

尭深「私なにも知らない」うわーん

ミョンファ「>>190してみましょう」


190:2014/04/07(月) 22:37:57.13 ID:m8EnORP1o

拷問


191:2014/04/07(月) 22:43:14.53 ID:rWf4vgxs0

ミョンファ「拷問しましょう!」

尭深「ひぃ!」ぶるぶる

ミョンファ「このワイヤーで縛り付けて…」

尭深「ん…//苦しい…//」

胡桃「この!白状しろ!!」縄跳びでぺちん!

尭深「っ…!ほ、本当に何も知らない…//」

ダヴァン「白状しなサイ!」熱々のおでん近づけ…

尭深「!?や、やめて…//」

ミョンファ「どうやら本当に何も知らないようですね…」

尭深「うぅ…//町で明華さんを見かけたから、こっそりついてきただけです…」


192:2014/04/07(月) 22:47:29.99 ID:rWf4vgxs0

染谷まこ「」

胡桃「!?あれ、染谷まこじゃ…」

ダヴァン「なんであんな所に…」

ミョンファ「様子を見てみましょう…」

染谷「お前さんの言う通り、神代さんをワカメで窒息死させたわ」

>>195「ご苦労です…」

ミョンファ(あ!あの人は…)


195:2014/04/07(月) 22:50:56.58 ID:pH6au9x5o

狩宿さん


198:2014/04/07(月) 22:59:21.92 ID:rWf4vgxs0

巴「これは約束のお金です…」

まこ「ほほう、わしは札束に目がないんじゃ♪」

巴「ふふ、本家の当主が亡くなり我々分家の力が増すというもの、ゆくゆくは神代家を乗っ取り私が当主の座に…」

まこ「わしは金さえもらえれば善人だろうが何だろうがかまわんからのう…」

巴「ふふ、表の顔は面倒見の良い先輩、裏ではもう何人もの人を始末した仕掛人『稚海藻のおまこ』…」

「聞きましたよ!父の敵!」

まこ「!?」

小蒔「えい!死ね!!」

まこ「ふん!そんなもんでわしを殺せる訳はないのう」

小蒔「くっ!この離してください!!」ジタバタ

まこ「ふふ、こいつはどうするかのう…」

巴「そうですね、>>200しましょう」



199:2014/04/07(月) 23:00:21.14 ID:pH6au9x5o

ペロペロ


200:2014/04/07(月) 23:00:37.88 ID:cjiKiINgo




201:2014/04/07(月) 23:06:57.73 ID:rWf4vgxs0

巴「ふふ、姫様いえ、神代小蒔前からあなたのことが気になっていたのよ」うひひ

小蒔「!?」

巴「ふふ、たっぷり可愛がってあげますからね…」ぺろぺろ

小蒔「い、いや!やめて…!!」

まこ「やれやれ、同性愛なんて理解できんのう…」

巴「うひひ…ぺろぺろ…」

まこ「!?誰か来るぞ、ずらかるのじゃ!?」

ばっ!

ミョンファ「神代さん!大丈夫ですか!?」

胡桃「神代さん!」

小蒔「うぅ…」



202:2014/04/07(月) 23:11:46.40 ID:rWf4vgxs0

小蒔「父の敵を取ろうと、赤坂さんに仕掛人をお願いしましたが上手くいかず…かくなるうえはと、単身染谷まこを追ってローマまで来てみれば…うぅ…」

胡桃「大丈夫!!しっかりして!」

ダヴァン「一曲歌いますから元気だしてくだサイ」

ミョンファ「まさか赤坂の言ってたことは本当だったとは…」

小蒔「お願いです>>202で奴らを始末してもらえませんか?」



203:2014/04/07(月) 23:12:21.39 ID:rWf4vgxs0

ごめん
>>205で


205:2014/04/07(月) 23:13:08.13 ID:QzRvYuqLo

私の全て


206:2014/04/07(月) 23:13:50.75 ID:QzRvYuqLo

間違えた

私の全てと引き換え


207:2014/04/07(月) 23:20:08.06 ID:rWf4vgxs0

小蒔「私の持ってるものなら全て、命さえも差し上げます!だから、染谷まこと狩宿巴を…」

ミョンファ「わかりました、引き受けましょう!」

ダヴァン「私はその豊満なおもちを揉みしだきたいデス!」

胡桃「………」

ミョンファ「とにかく、今は安静にしていてください」

胡桃「早速奴らをやる?」

ミョンファ「いえ、日本に帰ってきてからのほうがいいでしょう」

ミョンファ「>>210で奴らを始末します!」


210:2014/04/07(月) 23:20:46.73 ID:rWf4vgxs0

日本のどこかで御願いします


213:2014/04/07(月) 23:22:03.89 ID:rWf4vgxs0

すみません
自分で取っちゃったので>>215で場所でお願いします


215:2014/04/07(月) 23:22:28.82 ID:QBE7RqIco

桜島


216:2014/04/07(月) 23:26:36.95 ID:rWf4vgxs0

日本のアジト…

ミョンファ「鹿児島の桜島で仕掛けましょう!」

胡桃「それにしてもお金さえ貰えれば良い人でも殺すなんて許せない!」

小鍛冶「普段は良い人面してるのも気に入らないな…」

ダヴァン「神代さんの敵、絶対取りまショウ!!」

エイスリン「ワカメ、コロス!」

ミョンファ「しかし、狩宿巴は>>218の使い手だと聞きます」


218:2014/04/07(月) 23:27:48.42 ID:nWvapWLAO

蛇腹剣


220:2014/04/07(月) 23:29:56.71 ID:QzRvYuqLo

エイスリンが仲間に加わった


221:2014/04/07(月) 23:34:47.00 ID:rWf4vgxs0

鹿児島、桜島…

巴「さて、ここいらでもう一つ始末していただきたい人が居るんですよ…」

まこ「ほう、どいつじゃ?」

巴「えぇ、石戸家はこの間の件で失脚、薄墨家も素性が怪しいので大丈夫でしょう…」

巴「あとは滝見春と神代小蒔きを始末してくれれば…」

まこ「神代はこないだ始末し損なったからのう、早速行ってくるわい」

巴「ふふ、もうすぐ神代の家は私の物に…」

「お前の野望もそこまでだよ!」


222:2014/04/07(月) 23:39:53.64 ID:rWf4vgxs0

胡桃「狩宿巴、覚悟!」シャキン!

小鍛冶「私は今回、後ろから援護射撃するね」

巴「ふふ、蛇腹剣の使い手であるこの私に歯向かうとは…」

ダヴァン「wiiの準備をしマス」

エイスリン「デンゲンドコダ?」きょろきょろ

胡桃「そんなヘンテコな剣なんかに負けない!」シャキン!!

小鍛冶「アラサービームを食らえ!」

巴「まとめて冥土に送ってやります!」

エイスリン「デンゲンアッタ!」


223:2014/04/07(月) 23:40:36.32 ID:/zHdE6rq0

うーんこの外国人


224:2014/04/07(月) 23:43:20.30 ID:rWf4vgxs0

胡桃「うりゃー!!」ガキン!!

巴「ふん!」シュッ!

Wii 〜♪

ダヴァン「ふるさとの花びら〜♪」

エイスリン「見送るように舞い散る〜♪」

胡桃「くっ!まるで鞭のように自在に…」

巴「そんな大刀ではこの私に指一本触れる事はできませんよ」

ダヴァン「忘れるため振り向かず〜♪」

エイスリン「消せない日々忘れたい〜♫」




225:2014/04/07(月) 23:47:49.21 ID:rWf4vgxs0

小鍛冶「くらえ!!アラサーの呪い!!」びびびっ

巴「ほっ!」しゅるしゅる

胡桃「避けられた!」

ダヴァン「一人孤独抱いて〜♪」

エイスリン「笑顔の向こう〜♫」

巴「自分の心配もしたらどうですか!?」ブン!

胡桃「うわー!!」ガキーン!!

小鍛冶「胡桃ちゃん!?」

ダヴァン・エイスリン「「続く道を願う〜♫」」

胡桃「うぅ、あの剣強すぎるよ…」

小鍛冶「こうなったら奥の手>>228」





228:2014/04/07(月) 23:49:20.96 ID:M4bLPQSao

石仮面


229:2014/04/07(月) 23:57:22.00 ID:rWf4vgxs0

小鍛冶「こうなったらこの『石仮面』の力で吸血鬼に…」

胡桃「あわわ!!」

巴「!?」

小鍛冶「えい!」石仮面装備

睦月「説明しようッ!!小鍛冶健夜は石仮面をかぶると、究極のアラフォー『アルティメットスコヤン』に変身出来るのだァ!!」

胡桃「あ!アラフォーが朝日を背にしても小皺が一つもない!!」

アルティメットスコヤン「………アラサーだよ」

巴「あわわ…」ぶるぶる

スコヤン「さあ、続きを始めようか…」うにょ〜ん

巴「え、えい!」ブン!

スコヤン「ふん!」バキィ!





230:2014/04/08(火) 00:00:39.27 ID:/aPaIcAH0

巴「わ、私の剣が…」

スコヤン「まだやるき?」

胡桃「お前はもう終わりだよ!」

ダヴァン「やりましたネ、エイスリンサン!」

エイスリン「ヤッタネ!ダヴァン!!」

巴「くっ!私の負けです!殺すなら殺せ!」

胡桃「どうする?」

小鍛冶「>>234」


234:2014/04/08(火) 00:02:26.89 ID:LdabYoxeo

縛って海に沈める


235:2014/04/08(火) 00:07:22.92 ID:/aPaIcAH0

小鍛冶「縛って海に沈めておこう…」

巴「!?」

胡桃「まぁ、酸素ボンベはあげるから反省するまで桜島の海に潜っててね」

睦月「うむ!」

ジャポン!!

エイスリン「ワタシタチノショウリネ!」

ダヴァン「HAHAHA!敗北を知りたいデス!」

睦月「うむ!」

胡桃「………」

小鍛冶「………」


236:2014/04/08(火) 00:10:25.44 ID:/aPaIcAH0

小蒔?「………」

まこ(しめしめ、飛んで火にいる夏の虫じゃ♪)

小蒔?「!?」

まこ「神代小蒔!死ね!」

小蒔?「うわーん!!ネリーは小蒔じゃないよ!!」

まこ「!?何!」

ネリー「うぅまた無理矢理囮にされたよ…」

「染谷まこ…」


237:2014/04/08(火) 00:17:57.50 ID:/aPaIcAH0

まこ「ほう、お主のしわざかのう…」

ミョンファ「染谷まこ、あなたは生かしておいては世の為、人の為になりません…」

まこ「どうやら、誰かに雇われた仕掛人みたいじゃのう…」

ミョンファ「……!」シュッ!!

まこ「ふん!お主のワイヤーは見切っておる!食らえ!」ワカメしゅっ!!

ミョンファ「!?」

まこ「ふふ、わしのワカメからはどうあっても逃れられまい…そのまま、ワカメで絞め殺してやるわい!」




238:2014/04/08(火) 00:22:07.85 ID:/aPaIcAH0

まこ「ふふん、最後にその憎らしい面でも眺めておこうかのう♪」

ミョンファ「………」ぎゅっぎゅっ!!

ぽてっ…

ネリー「うぅ…苦しいよ…」ぎゅっぎゅっ!!

まこ「!?こいつ明華じゃない!こっちが囮じゃったか!」

バッ!

まこ「!?」ワイヤー巻き付き

ミョンファ「………」ぐいぐい

まこ「」カク…

ミョンファ(終わったか…)



239:2014/04/08(火) 00:23:05.86 ID:bikdRMiBo

ネリーいじめられすぎわろた


240:2014/04/08(火) 00:25:09.46 ID:/aPaIcAH0

赤坂邸

赤坂「イヒヒ、ようやってくれたわ〜」

ミョンファ「………」

赤坂「これでよう解ったやろ?ウチが正義の味方やて」

ミョンファ「まだ、信用したわけじゃありません…」

赤坂「それでなぁ、今回の仕掛け料やけど…」

ミョンファ「いえ、もういただいてるので結構です」

赤坂「?」


241:2014/04/08(火) 00:31:38.66 ID:/aPaIcAH0

小蒔「今日から暫く、身の回りのお世話をさせていただきます」ぺこり

ミョンファ「お願いしますね、滅多に家に帰らないからお掃除とか溜まってるんです」

胡桃「身寄りのない神代さんは、今日から明華さんの家で住み込みのお手伝いさんとして働いてもらうことになりました」

ネリー「私の時と、対応が違うよ…」

ダヴァン「とにかく一件落着デスネ」ラーメンずずー

エイスリン「ヤッタネ!」同じくラーメンずずー

小鍛冶「何であなた達まで住み着いてるの?」

ミョンファ(それにしても赤坂郁乃、何者なんでしょうか?)


242:2014/04/08(火) 00:36:55.25 ID:/aPaIcAH0

再び赤坂邸

赤坂「イヒヒ、今回の仕掛けは上手く行ったな…」

赤坂「さて、末原ちゃんの写真でも加工しようか♪」

「………」じー

赤坂(それにしても雀明華ちゃん、なかなか使える奴や…)

赤坂(上手く引き入れて私の『計画』の為に働いてもらいたいなぁ…)

ミョンファ「………」 すっー

赤坂「!?」ぎゅっ!!

赤坂「ギニヤー!!く、苦しい…助けて!!」ジタバタ

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
––––––––––––––––––––––––––––––


243:2014/04/08(火) 00:39:28.16 ID:/aPaIcAH0

赤坂「うぅ…く、苦しい」ウンウン…

赤坂「!?ゆ、夢か…」バッ!

赤坂「………」ドキドキ…

赤坂(私自身が殺される夢やなんて、縁起が悪いなぁ…)

赤坂「ひぃ!南無阿弥陀仏〜南無阿弥陀仏〜」ガクブル


244:2014/04/08(火) 00:53:48.94 ID:/aPaIcAH0

アジト…

胡桃「それにしても赤坂の奴はどうするの?」

小鍛冶「念のために殺っとく?」

ミョンファ「いえ、今はまだ敵ではないでしょう…」

ミョンファ(えぇ、今のところは………)

はらせぬ恨みをはらし、許せぬ人でなしを消す…

悲しみ背負った裏家業、雀明華は今日も只独り地獄を往く…

カン!


248:2014/04/08(火) 01:03:40.57 ID:/aPaIcAH0

ご協力ありがとうございました

また時間がありましたら続きをやりたいと思います


252:2014/04/08(火) 18:10:36.88 ID:/aPaIcAH0

玄「うぅ、主水さん格好いいよ、念仏の鉄さん格好いいよ…」

玄「決めた!私も殺し屋を目指しますのだ!!」

宥「 」

玄「でも、殺し屋なんてどうやってなるのかな?」

宥(ど、どうしよう…このままだと玄ちゃんが人殺しになっちゃうよ〜)

玄「ねえ、どうすればいいのかな?お姉ちゃん?」

宥「>>254」


254:2014/04/08(火) 18:13:42.93 ID:j6XitgJUo

まずは私を殺さないと殺し屋にはなれないんだよ


255:2014/04/08(火) 18:25:42.27 ID:/aPaIcAH0

宥(玄ちゃんを人殺しにするくらいなら…)

宥「まずは私を殺さないと殺し屋にはなれないんだよ!」

玄「!?」

宥「だから、そんな物騒なもの諦めよう…」

玄「お姉ちゃんを殺すのも、殺し屋さんになれないのも嫌ですのだ…」

どうする?>>258

1、違う人に相談する(その場合、人物も指定)

2、お姉ちゃんと戦う

3、あきらめておもち職人を目指しますのだ!


258:2014/04/08(火) 18:26:11.79 ID:PwOzecHeo

3


260:2014/04/08(火) 18:28:36.17 ID:/aPaIcAH0

玄「わかったよ、お姉ちゃん。そこまで言うんなら諦める」

宥「玄ちゃん」ぱぁ!

玄「代わりにおもち職人を目指しますのだ!」

宥「よかったね玄ちゃん、お姉ちゃんも応援してるからね」(おもち職人ってなんだろう?)

玄「しかし、おもち職人になるにはどうすれば良いですのだ?」

>>262


262:2014/04/08(火) 18:29:24.68 ID:22esYvF0o

姉をレイプ


264:2014/04/08(火) 18:31:37.95 ID:/aPaIcAH0

玄「ふふ…」

宥「玄ちゃん?」

玄「簡単ですのだ!お姉ちゃんをレイプすれば良いですのだ!」

宥「玄ちゃん!?い、嫌ー!!助けて菫ちゃん!!」

キンクリ


265:2014/04/08(火) 18:33:19.26 ID:/aPaIcAH0

それから暫く…

胡桃「♪〜」

「あなたが胡桃さんですか…」

胡桃「!?誰?」

>>267「あなたに始末していただきたい人物がいるのです…」


267:2014/04/08(火) 18:35:41.18 ID:fGkfSZp9o

はるる


268:2014/04/08(火) 18:42:39.29 ID:/aPaIcAH0

春「あなたに始末してほしい人物がいるのです…」ぽりぽり

胡桃「あなたは一体?」

春「私は滝見春、赤坂の元締から話を聞いて直接頼みにきました…どうか引き受けてはくれませんか?」

胡桃「とにかくどこか、落ち着ける場所に行きましょう」

喫茶店…

ワハハ、黒糖パフェとカフェオレお持ちしましたぞ

胡桃「それで、始末してほしい人物とは?」

春「はい、おもち教教祖『松実玄』です…」

胡桃「なんでまた…」

春「実は>>270でして」




270:2014/04/08(火) 18:47:32.33 ID:4tBQvRVqo

ヤツはレイパー


271:2014/04/08(火) 18:56:37.26 ID:/aPaIcAH0

春「教祖の松実玄は、表向きはおもちは世界を救うなどと言っていますが、裏では信者たちを自身の慰めものにする極悪非道です…」もぐもぐぽりぽり

胡桃「それで、なんでまた滝見さんが?」ごくごく

春「どうやら、今回のことは石戸霞が絡んでいたようです…」もぐもぐぽりぽりぽり

胡桃(あの、石戸霞が!?)じゅーごくごく

春「身内の不祥事は身内で片を付けないとならないのに、分家は今、死んだ当主の代わりを巡る権力争いの真っ只中で、見て見ぬ振りをするだけです…」もぐもぐぽりぽりもぐもぐ

胡桃「それは酷い…」ちゅーちゅーごくごく

春「おねがい…どうか引き受けてください…あ!ウェイターさん黒糖パフェ追加でお願い…」ぱくもぐもぐぽりぽりぽりぽり

胡桃(どうしよう、明華さんは居ないし…)

どうする?>>273


273:2014/04/08(火) 18:58:43.57 ID:RPn18/oCo

できるだけ苦しめて[ピーーー]


274:2014/04/08(火) 18:59:27.32 ID:RPn18/oCo

しまった・・・


できるだけ苦しめて殺す


275:2014/04/08(火) 19:03:28.32 ID:/aPaIcAH0

胡桃「引き受けましょう!」

春「本当ですか!」ぽりぽり

胡桃(元はと言えば、あの時情けをかけた私たちのせいでもある、今度こそ出来るだけ苦しめて[ピー]してやる!)

ワハハ、追加の黒糖パフェとカフェオレ持ってきましたぞ

春「そうと決まれば、さっそくお願い…」もぐもぐぽりぽり

胡桃「ところで依頼料のほうは…」ごくごくぐび

春「もちろん用意してる、これが依頼料の>>276です」もぐもぐぽりぽりもぐもぐぽりぽり




276:2014/04/08(火) 19:04:04.53 ID:H+fyXrygo

黒糖一年分


277:2014/04/08(火) 19:18:34.68 ID:/aPaIcAH0

春「黒糖一年分用意してきた、もちろん成功したらもう一年分…全部で2年分ある」ドヤッ

胡桃(いらねー)

春「ではくれぐれもお願いします…」もぐもぐぽりぽりもぐもぐぽりぽり

胡桃「わかりました」

胡桃(よし一旦>>280に相談してみよう)


280:2014/04/08(火) 19:19:51.04 ID:4tBQvRVqo

アラフォー


281:2014/04/08(火) 19:24:10.38 ID:/aPaIcAH0

アジト…

小鍛冶「なるほどなるほど、ヘンテコな新興宗教をやっつけたいんだね」

胡桃「話を聞くと、どうやら私たちが前に倒した石戸霞がからんでるらしいの」

ダヴァン「OH!ワタシが倒した霞デスカ」

エイスリン「コリナイヤツ」

睦月「うむ!」

小鍛冶「よし、さっそく>>284しよう」




284:2014/04/08(火) 19:29:26.41 ID:RPn18/oCo

捕まえてなぶり殺しに


285:2014/04/08(火) 19:34:07.17 ID:/aPaIcAH0

小鍛冶「そんなの簡単だよ」

胡桃「?」

小鍛冶「二人とも捕まえてなぶり殺しにすればいいだけだよ」

胡桃「あわわわ」

ダヴァン「そうと決まれば奴らの本拠地にレッツゴーデス!」

エイスリン「ギャクサツギャクサツ」キャッキャ

睦月「しかし、こんな大人数で行ってもうまく潜り込めませんよ」

胡桃「そうだね、ならまずは私と小鍛冶さんと>>288だけで潜入捜査しよう」


288:2014/04/08(火) 19:35:38.82 ID:mayINSY9o

エイちゃん


289:2014/04/08(火) 19:41:49.89 ID:/aPaIcAH0

ここはおもち教本山…

胡桃(ここがおもち教本部…)

小鍛冶(なんだかピンクなお店っぽいね…)

エイスリン(OH!ファンタスティック!)キャッキャ

信者「今日はどういったご用件でしょうか?」

胡桃「私たち、松実玄さんのおもち談義に感動して体験入信しに来たんです!」

信者「ほう、それはそれは…」じー

胡桃「………」ぺたーん

小鍛冶「………」ぺたーん

エイスリン「?」ぺたーん

信者「失礼ですがあまり良いおもちをおもちでないようで…」ぷっ

胡桃「むか…」





290:2014/04/08(火) 19:48:22.89 ID:bikdRMiBo

クソチビはおもちとかいうレベルじゃない


291:2014/04/08(火) 19:49:33.71 ID:/aPaIcAH0

信者「まぁ、我が宗教はおもちを差別しませんので…」

胡桃「ありがとうございます…」むかむか

エイスリン「ワァ、ナカハトテモスゴイ!」

小鍛冶「そこら辺におっぱいを象ったオブジェが…きもい」

ぺったらこ♪ぺったらこ♪

胡桃(あ!松実玄だ!)

玄「おもちこそ母性の象徴!おもちこそ宇宙の真理!」うにょ〜ん

宥「うぅ、玄ちゃん目を覚まして…」

胡桃(どうも、目がおかしい…きっと石戸霞に>>295されたんだ!)


295:2014/04/08(火) 19:54:24.38 ID:H+fyXrygo

憑依


298:2014/04/08(火) 20:01:27.90 ID:/aPaIcAH0

胡桃(後ろに石戸霞の生霊が見える!きっと憑依されてるんだ!)

宥「玄ちゃん!お願い、もうこんなことやめて!」

玄「うるさいですのだ!私に指図するなですのだ!」うにょ〜ん

宥「!?」バシン!

胡桃「!?大丈夫ですか?」

小鍛冶「一体どうして…」

宥「うぅ、突然玄ちゃんが殺し屋になりたいとか言い出したと思ったら、今度はレイプしてきて…」

胡桃「きっとその時から石戸霞に操られてるんだ」

宥「お願い、玄ちゃんを元に戻して…」

胡桃「わかりました!任せてください!」

小鍛冶「でも、石戸霞本体はどこにいるのかな?」

エイスリン「ミツケタ!オッパイババア>>300ニイヤガッタ!」


300:2014/04/08(火) 20:02:17.54 ID:F+/Xripao

択捉島


301:2014/04/08(火) 20:06:56.64 ID:/aPaIcAH0

択捉島…

胡桃「こんな遠くから操ってたのか…」

小鍛冶「北方領土だよね、ここ…」

宥「うぅ、寒いよ」ぶるぶる

胡桃「しかしどうやって見つけたの、エイちゃん?」

エイスリン「ワタシノガバンタンチキニナル」

小鍛冶「便利だね…」


302:2014/04/08(火) 20:12:39.31 ID:/aPaIcAH0

霞「あらあら、お久しぶりね…」

エイスリン「デヤガッタ!オッパイババア!」

胡桃「さあ!松実さんに取り憑いた生霊を離しなさい!」

宥「玄ちゃんを返して!」

霞「ふふ、嫌よこっちには>>305という助っ人がいるんですからね…」


305:2014/04/08(火) 20:16:33.39 ID:iWqNer9Zo

パワーアップして復活した巴さん


307:2014/04/08(火) 20:22:57.97 ID:/aPaIcAH0

巴「くくっ、お久しぶりですね」

胡桃「お前は、狩宿巴!」

小鍛冶「こないだ倒したばかりなのに…」

霞「ふふ、分家同士手を組む事にしたのよ」

巴「こないだのようにはいきませんよ」ジャキン!

胡桃「くっ!」シャキン!

小鍛冶「まとめて行き遅れにしてやる!」

エイスリン(カラオケセットワスレテキタ)ガーン


308:2014/04/08(火) 20:28:53.82 ID:/aPaIcAH0

胡桃「くらえ!」シャキン!!

巴「くっ!こいつ強い…」ガキン!!

エイスリン「ウタエナイトパワーガデナイ…」

小鍛冶「アラサーの呪い!」うにょ〜ん

霞「あ、あらあら…」タジロギ

エイスリン「ワタシノセイデミンナマケチャウ…」

胡桃「あれ?今日は楽勝じゃない?」

小鍛冶「ものすごく調子がいいね」

エイスリン「オナガイダレカタスケテ…」うるっ

???「心に傷を〜持っている〜♪」


309:2014/04/08(火) 20:33:28.07 ID:/aPaIcAH0

胡桃「!?」ガキン!

巴「今だ!!」シャッ!

エイスリン「!?」ぱぁ!

ダヴァン「貴方に 足りないものは 愛ね〜♪」

霞「ふんふむ波!!」どひゅーん!!

小鍛冶「!?くっ急に強くなった…」

エイスリン「哀しみ色の 紅をにじませ〜♪」

ダヴァン「お前は 胸の中でつぶやく〜♫」

小鍛冶「ダメだ、歯が立たないよ…」

胡桃「こうなったら>>312を使おう…」




312:2014/04/08(火) 20:36:09.44 ID:H+fyXrygo

ドーピングコンソメスープ


313:2014/04/08(火) 20:42:03.25 ID:/aPaIcAH0

胡桃「こうなったら、ドーピングコンソメスープだ!!」ごくごく

小鍛冶「!?」

霞「あ、あれは…」

巴「なんなんですか…」

胡桃「ふふ、パワーアップしたよ」ムキムキ

小鍛冶「体は筋骨隆々なのに顔だけそのまんまでとてもきもい…」




314:2014/04/08(火) 20:45:14.03 ID:/aPaIcAH0

巴「あわ、あわわ…」

胡桃「そんなもの効かないよ!」ばき!

巴「きゅ〜」ぶくぶく

小鍛冶「狩宿巴が気絶した!」

霞(あんな化け物に勝てる分けないじゃない…こうなったら…)

胡桃「さぁ、石戸霞覚悟!」

霞「あらあら、この子がどうなってもいいの?」

宥「うぅ、助けて…」

小鍛冶「あ!松実宥さんが人質に!」

どうする?>>316


316:2014/04/08(火) 20:46:59.98 ID:IDoZ7daoo

二人もろとも葬る


317:2014/04/08(火) 20:56:11.69 ID:/aPaIcAH0

胡桃「どうしたら…」

宥「お願いします!私にかまわずこいつを葬って下さい!」

胡桃「!?」

霞「こ、こいつ何を…」

宥「このままだとみんな全滅しちゃう、だから私ごとこいつを葬って!」

小鍛冶「そんな…」

胡桃「仕方ない、松実さんの意思を無駄にしない為にも…」

「待って!!」


325:2014/04/09(水) 18:37:10.41 ID:yTxGbGya0

玄「お姉ちゃんを殺さないで!!」

宥「玄ちゃん!?」

霞「ちっ、いつのまにか憑依が解けたか…」

玄「えい!お姉ちゃんを離せ!!」

霞「あらあら、無類のおもち好きのあなたが、咲史上最大のおもちの持ち主であるこの私を倒せるのかしら♫」どたぷーん

玄(うぅ、私にはあのおもちを無下にすることは出来ないよぉ…どうしよう、お姉ちゃん…)


326:2014/04/09(水) 18:44:07.31 ID:yTxGbGya0

霞「うふふ、それじゃあそこで大人しく見てちょうだいね♪」

宥「うぅ…苦しい…」ぎゅうぅ

玄「お姉ちゃん!?」

胡桃「松実玄さん!!お願い、お姉さんを助けてあげて!!」

玄「うぅ、しかしおもち…」

胡桃「玄さん!!目を覚まして!あなたが本当に好きなものはあんなおもちババアじゃないよね?」

宥「うぅ……」

霞「あらあら♪」

玄「!?」


327:2014/04/09(水) 18:52:58.30 ID:yTxGbGya0

玄(そうだ、私がこうやって無事にもとに戻れたのも、全部お姉ちゃんのおかげなんだ…)

玄(それなのに私はおもち、おもちって…一番、私のことを考えていてくれたのはお姉ちゃんなのに…)

玄「決めた!私はお姉ちゃんの為におもちを手放す!!」

霞「!?」

宥「玄ちゃん!」ぱぁ!

玄「おもちとは、一旦ここでお別れ…たとえ帰ってこなくても私は…」

健夜「うるせぇーアラサービーム!」びびびっ

霞・宥「「ウギャー!!」」ドカーン!!

胡桃(台無しだ…)



328:2014/04/09(水) 18:56:16.37 ID:yTxGbGya0

玄「うぅ、お姉ちゃーん!!」うわーん

宥「玄ちゃーん!!うわーん

ダヴァン「感動の再開デスネ」うるうる

エイスリン「ハナカラネミダガ」ずずー

胡桃「………」

霞「きゅ〜」

巴「きゅ〜」

健夜「ふぅ、なかなか手強かったね…」

胡桃「この二人どうしよう>>330」


330:2014/04/09(水) 18:56:58.46 ID:q/y+59dFo

宥姉のマフラーで絞首


332:2014/04/09(水) 19:01:35.28 ID:yTxGbGya0

胡桃「宥さんマフラー借りますね」

宥「?」

胡桃「えい!」しゅっ!

霞「!?」ぎゅ!

巴「!?」ぎゅ!

胡桃「それ!」ぐい!

霞「」カク…

巴「」カク…

胡桃「これでもう大丈夫だよね…宥さんマフラーありがとう」

宥「 」






333:2014/04/09(水) 19:05:12.21 ID:yTxGbGya0

すこやんの家…

健夜「すーすー…」Zzz

「すこや!すこや!起きなさい!」

健夜「むにゃむにゃ…もう、せっかくの休みだっていうのに…もう少し寝かせてよ…」Zz…

健夜「お母さんおはよー…」Zz…

「すこや!あんた宛に荷物が届いてるわよ」

健夜「?」

「ちょっと外見に行ってきなさい!」


334:2014/04/09(水) 19:09:20.34 ID:yTxGbGya0

4tトラック「オーライ!オラーイ!」ワハハ

健夜「?」

どばー!!!!

健夜「うわぷ!!何これ、4tトラックいっぱいの黒糖?」ざぱーん!!

春「報酬届けにきた…」ぽりぽり

健夜「ほ、報酬ってこれ?」

黒糖たんまり!!

春「安心して、これで一ヶ月分だから、まだまだ黒糖はある」ドヤッ

健夜「まだまだって…」

4tトラック's「「「黒糖お届けに来やしたぞ」」」ワハハ

健夜「うぎゃー!!!」

おわり




336:2014/04/09(水) 19:20:43.02 ID:yTxGbGya0

ミョンファ「………」

「………」キョロキョロ

ミョンファ(あの人が今回のターゲットですか…)

「………」スタスタ

ミョンファ「………」

>>339「誰だ!?」


339:2014/04/09(水) 19:22:08.15 ID:Kx2bN+rEo




341:2014/04/09(水) 19:26:54.64 ID:yTxGbGya0

和「誰ですか?あなたは…」

ミョンファ「………」しゅ!

和「!?」ぐっ!

ミョンファ「………」ぐぐっ!

和「く、苦しい…助けて咲さん…」ぎゅ…

ミョンファ「………」ぎゅぎゅ!

和「」カク…

ミョンファ(終わった…)


342:2014/04/09(水) 19:40:45.05 ID:yTxGbGya0

ことは数時間前…

ミョンファ「失礼します…」

智葉「明華か、今日はどうしたんだ?」

ミョンファ「今日は元締に折り入ってお頼みしたいことがありまして…」

智葉「どうした?何でも言ってみろ?」

ミョンファ「えぇ、神代小蒔さんをそちらで預かっておいてほしいんです」

智葉「ほう、それはまたどうして…」

ミョンファ「永水のお家騒動の件はご存知ですね」

智葉「あぁ、狩宿巴と染谷まこが神代さんのお父上を暗殺した…」

ミョンファ「どうやら、未だに彼女の命を狙う暗殺者が居るようで…私も彼女に付きっきりという訳にはいきませんし…」

智葉「私のところに置いておけばひとまず安全ということだな、わかった彼女はウチの組で預かろう」

ミョンファ「ありがとうございます」


343:2014/04/09(水) 19:44:41.41 ID:yTxGbGya0

智葉「ところで、こっちからも相談なんだが…」

ミョンファ「はい」

智葉「始末してほしい人物が居るのだが引き受けてくれないだろうか」

ミョンファ(元締に頼み事をした手前、無下にはできませんね)

ミョンファ「とりあえず、話を聞きましょう」

智葉「ありがとう、始末してほしいというのは『原村和』という人物なのだが」

ミョンファ「あの清澄のですか…」

智葉「依頼人は>>345、理由は>>348だ」


345:2014/04/09(水) 19:46:47.10 ID:2AyaLvL7o




348:2014/04/09(水) 19:47:40.74 ID:j3EnMB6po

末期癌だから楽に死なせてあげたい


349:2014/04/09(水) 19:54:22.72 ID:4egGMxrEo

咲ちゃん……


350:2014/04/09(水) 19:54:24.18 ID:yTxGbGya0

智葉「依頼人は同じ清澄の宮永咲だ」

ミョンファ「それは…」

智葉「理由はどうやら末期癌である原村和を楽に死なせてあげたいからだ…」

ミョンファ「………」

智葉「今日中には必ず仕留めてほしい、お前にしかできないんだ、どうだ?」

ミョンファ「わかりました、引き受けましょう…」

智葉「そうか!よかった…神代の件も私に任せて大船に乗った気でいてくれていいぞ!」

ミョンファ「ありがとうございます…」


351:2014/04/09(水) 19:58:04.27 ID:yTxGbGya0

そして現在…

ミョンファ(元締はああ言ったけど、何か引っかかりますね…)

ネリー「どうしたの、ミョンファ?」

ミョンファ「いえ、何でもありませんよ…」

ネリー「変なの」

ダヴァン「きっとストレスが溜まってるんデスヨ!ここは一つ私が歌って…」

赤坂「ミョンファちゃん居る〜?」


352:2014/04/09(水) 20:02:58.33 ID:yTxGbGya0

ミョンファ「何ですか?いきなり」

赤坂「いやな…頼みたいことがあってきたんやけど…」

ミョンファ「お断りします」

赤坂「つれないな〜話だけでも聞いてえや〜」

ダヴァン「あなたは胡散臭いんデスヨ!さっさと帰りなサイ!」

赤坂「なぁ〜お願〜い」

ミョンファ「しょうがないですね、頼み事って何ですか?」

赤坂「それはな>>354や」


354:2014/04/09(水) 20:04:39.39 ID:e1Ax1+Sgo

竹井久の暗殺


355:2014/04/09(水) 20:14:50.09 ID:yTxGbGya0

赤坂「竹井久っちゅう女を知ってるか?」

ミョンファ「清澄の部長さんですか…」

赤坂「そいつを暗殺してほしいんや…」

ダヴァン「!?」

ミョンファ「それはまたどうして?」

赤坂「それはな>>358やからや」


358:2014/04/09(水) 20:20:10.18 ID:Kx2bN+rEo

染谷まこの黒幕


359:2014/04/09(水) 20:28:34.56 ID:yTxGbGya0

赤坂「染谷まこの件の黒幕やからや」

ミョンファ「なんと!?」

赤坂「イヒヒ、どうやら永水を乗っ取ろうとも考えとったらしいで〜」

ダヴァン「そいつは許せまセンネ」

赤坂「どうやらこないだの件で、ウチが恨まれてもうたみたいやで〜」

赤坂「相手はバックにやばいもんが着いとる。一方、いくのんの組織は産まれたてホヤホヤの赤ちゃん組織や、まともにやったらどっちが勝つかは目に見えとる」

ネリー「その割には暢気だね」

赤坂「そこでミョンファちゃんに黒幕である竹井久の暗殺をお願いしたいんや。どうや?お礼もはずむで〜」

ミョンファ(確かに、私にも関わりがあることですが…)

どうする?>>362


362:2014/04/09(水) 20:33:26.26 ID:RMoFPkXyo

詳しく調べてみる


363:2014/04/09(水) 20:48:15.72 ID:yTxGbGya0

ミョンファ「念のため、詳しく調べてみましょう」

赤坂「つれないな〜いくのんのこともっと信じてくれてもええのに〜」

ミョンファ「調べてみてあなたの話が本当なら、あらためて引き受けましょう」

赤坂「ほうか、なら頼むで〜早くええ返事聞かしてや〜」

ばたん!

ネリー「調べるって、どうするの?」

ミョンファ「ネリーをスパイにする…」

ネリー「!?」


364:2014/04/09(水) 20:51:59.42 ID:yTxGbGya0

ネリー「嫌だよ!ネリーそんな危ないことしたくないよ!」うわーん

ダヴァン「我が儘言うのではありマセン!」

ネリー「第一、ネリー独りでは簡単に捕まっちゃうよ!」

ミョンファ(たしかに、こいつのどんくささは並じゃありませんからね…)

ミョンファ「わかった>>266についてきてもらいましょう」


366:2014/04/09(水) 20:53:41.98 ID:Z3cQsXVXo

ダヴァン


367:2014/04/09(水) 20:55:26.34 ID:Y7npH5aP0

役に立つんですかねぇ


368:2014/04/09(水) 21:01:34.63 ID:yTxGbGya0

ミョンファ「ダヴァンさんについてきてもらいましょう」

ダヴァン「ワタシデスカ?」

ネリー「えぇー!胡桃やすこやんみたいなもっと頼りがいのある人がいいよー」

ミョンファ「うるせぇ!ウスランガの仮面投げつけるぞ!」

ネリー「ひぃぇぇ!わかったよ!やればいいんでしょ!やれば!」

ダヴァン「OH…」

そんなこんなで竹井久のアジトへ…


369:2014/04/09(水) 21:12:01.04 ID:yTxGbGya0

ネリー「うぅ天井裏怖いよー汚いよー」

ダヴァン「我慢しなサイ!見つかってしまいマスヨ!」

久「小蒔と春を逃したから、永水乗っ取りはもう暫くかかりそうね…」

ダヴァン「やっぱり!奴が黒幕だったんですね!」

久「それにしても邪魔な和が消えてくれて助かったわ。まぁ、私の計画を邪魔した罰ね」

>>371「本当ですね…」

ネリー「うわわ!蛇だ!ネリー、蛇とレイシストと露助が嫌いなの!!」ドタバタ!!

ダヴァン「あわわ、暴れないでくだサイ!蛇がこっちきちゃいマス!」ジタバタ!!

どんがらがっしゃん!!




371:2014/04/09(水) 21:13:53.27 ID:WoODOqk8o




372:2014/04/09(水) 21:28:27.93 ID:yTxGbGya0

ネリー「うぅ、痛いよー」

ダヴァン「イタタ…」

久「あら?鼠が二匹迷い込んでたみたいね」

咲「話を聞かれたからには生きて帰さないよ」

ネリー「あわわ…」ガクブル

ダヴァン「ひぃぃ!」ガクブル

咲「きゅふふ、いっぱい拷問して苦しめちゃお☆」

ネリー「うわーん!誰か助けて!」

ダヴァン「うぅ何か良いアイデアハ…」

3択−一つだけ選びなさい>>375
 
 答え?イケメンのメガン・ダヴァンは突如反撃のアイデアがひらめく
 
 答え?胡桃達がきて助けてくれる
 
 答え?助からない。現実は非情である。


375:2014/04/09(水) 21:29:32.00 ID:Kx2bN+rEo

3


376:2014/04/09(水) 21:35:17.50 ID:yTxGbGya0

咲「う〜ん、可哀想だし私たちの仲間になるなら助けてあげてもいいよ」

ネリー「本当!ネリーあなた達の仲間になるよ!」

ダヴァン「!?」

ネリー「こ、これで助けてくれる…」びくびく

咲「助けてあげる、訳がない」ゴッ!

ネリー「ひぃぇぇ!!」ガクブルガクブル

久「それじゃあそいつらは咲に任せるわ。よろしく〜」

天井裏…

胡桃(あわわ、心配でこっそりついてきたら大変なことになったよ!戻って知らせないと)


377:2014/04/09(水) 21:40:32.10 ID:yTxGbGya0

アジト…

ミョンファ「そうですか、赤坂の言ってたことが本当でしたか…」

胡桃「そんなこと言ってる場合じゃないよ!早くしないとダヴァン達がこの世からカン!されちゃう」

小鍛冶(私は別にいいかな…)

エイスリン「ダヴァン…」ぐすん…

ミョンファ「そうですね!急いで助けに行きましょう!」

小鍛冶「私も新しい能力>>380を手に入れたから、試し打ちに行こうかな…」


380:2014/04/09(水) 21:44:26.30 ID:J6qfyGYNo

百錬自得の極み


382:2014/04/09(水) 21:54:19.45 ID:yTxGbGya0

小鍛冶「百錬自得の極み!無我の境地を極めたものだけに使える必殺技!」

小鍛冶「体中のオーラを一カ所に集中させることで、爆発的なパワーを出す事ができる!」

胡桃「おぉ!!すごい!」

ミョンファ「まぁ、なんでもいいんですけどね…」

エイスリン「ハヤクダヴァンヲタスケニイコウ!!」

再び、竹井久アジトへ…





383:2014/04/09(水) 22:00:19.48 ID:yTxGbGya0

咲「きゅふふ、どんなことして遊ぼうかな☆」

ネリー「うわーん!!ネリーだけでもいいから助けてよ!」

ダヴァン「!?酷いデス!助けるならこんな糞グル公よりワタシデス!」

咲「うるさいなぁ、そんなに心配しなくてもまとめて遊んであげるよ」

胡桃「そこまでだよ!宮永咲!」

エイスリン「ダヴァンヲカエセ!」

小鍛冶「百錬自得の極みを食らえ!」うにょ〜ん

咲「ふぅ〜ん、私は>>385の使い手だって知らないのかな?」


385:2014/04/09(水) 22:02:45.92 ID:gf3gzU7xo

フタエノキワミ


388:2014/04/09(水) 22:09:52.35 ID:yTxGbGya0

咲「二重の極み!一撃目で物体の抵抗を殺し、二撃目で破壊する必殺技!」

胡桃「こいつ、今までの相手とは全然違う!」

小鍛冶「大丈夫、こっちには百錬自得の極みがあるから…」

咲「ごちゃごちゃうるさいよ!二重の極み!!ハァ!!」ゴッ!

小鍛冶「くっ!こっちだって!」ゴッ!

ガキーン!!

胡桃「あわわ、すごい戦いだ!」

エイスリン「ファンタスティック!」キャッキャ!

ネリー「見てないで助けてよ!」

ダヴァン「ヘルプ!」



389:2014/04/09(水) 22:15:54.32 ID:yTxGbGya0

咲「くっ、なかなかやるね…」ハァハァ…

小鍛冶「うん、こんなに苦戦したのは十年前以来かな…」

胡桃「若干、小鍛冶さんのパワーが上回っている!これはいける!」

エイスリン「ワンダフォ!」キャッキャ

咲「仕方が無い…『SOA』」バーン!!

小鍛冶「きゃっ!何これ!?」

睦月「説明しようッ!!『SOA』とはデジタル雀士原村和だけが使える、特殊能力を無効化する必殺技だッ!!」

咲「ふふ、和ちゃんから奪っといて正解だったよ」

小鍛冶「くっ!百錬自得の極みが使えない…」


390:2014/04/09(水) 22:20:42.51 ID:yTxGbGya0

咲「カン!カン!」ゴッ!

小鍛冶「ぐはっ!」ボコー

咲「もいっこカン!リンシャンカイホー!麻雀って…めんどくせぇ死ね!」

小鍛冶「ぐわー!!」

胡桃「あの小鍛冶さんがやられた!」

睦月「能力者にとって、能力を封じられることは手足をもがれることも同然、今の小鍛冶プロでは圧倒的不利だ!」

エイスリン「スゴイスゴイ!!」キャッキャ

胡桃「こうなったら>>293」




392:2014/04/09(水) 22:24:11.83 ID:yTxGbGya0

すみません
>>395でお願いします


395:2014/04/09(水) 22:25:22.83 ID:2MmgV1Jxo

土下座


397:2014/04/09(水) 22:31:51.68 ID:yTxGbGya0

胡桃「こうなったら…」わなわな

咲「ん?どうするのかな?」

胡桃「すみませんでしたー!!」ドゲザー

咲「ふぅ〜ん、なんだガッカリだよ…まぁ、その心意気に免じて楽にカン!してあげるね」

胡桃「………」

咲「そおれ…カ…」

胡桃「今です!小鍛冶さん!」

小鍛冶「くらえ!アラサービーム100%」びびびびっ!

咲「しまっ…きゃ!」どかーん!

胡桃「やった!勝った!」

エイスリン「ヤッタネ!!」

ダヴァン「正義の勝利デス!!」


398:2014/04/09(水) 22:38:47.28 ID:yTxGbGya0

小鍛冶「まさか私がこんなに苦戦するなんて…」ハァハァ…

胡桃「宮永咲、手強い相手だったね…」

ダヴァン「お祝いに一曲歌いマス!」

カラオケ機 〜♪

ダヴァン「恨みつらみが悲しくて〜♪」

エイスリン「なんでこの世がいきりょか〜♫」

ダヴァン「どうせ一度の花ならば〜♪」

エイスリン「咲いて気ままに散ってくれ〜♪」

ダヴァン・エイスリン「「春と思えば〜夏が来て〜夏と思えば〜秋が来て〜♪」」

小鍛冶「うるせぇ!!」ゴッ!

ダヴァン・エイスリン「「うぼおあ!!」」


399:2014/04/09(水) 22:41:32.96 ID:yTxGbGya0

咲「うぅ負けちゃったよ…」

胡桃「あなたが元締を騙して罪も無い人を仕掛けさせたんだね!」

小鍛冶「今回ばかりは許せないね」

咲「?なんのこと?」

胡桃「とぼけないで!あなたが原村さんが末期癌に犯されてるなんて嘘をついて…」

咲「知らないよ、和ちゃんのことは竹井部長に全部任せたし…」

小鍛冶「どういうこと?」


400:2014/04/09(水) 22:45:19.50 ID:yTxGbGya0

久「ふう、咲大丈夫かしら?」

ガサガサ!

久「!?」ビクッ!

久「ひぃぃ!きっと刺客が私を始末しに来たんだわ…」ガクブル

ガサガサガサ

久「ど、どこかに隠れましょう!」ガクブル

ロッカー

久「ここならあんぜ…」パカッ

ミョンファ「ここなら満員ですよ」

久「ひぃぇぇ!!」ガクブルガクブル


401:2014/04/09(水) 22:50:12.00 ID:yTxGbGya0

久「お、お願い。み、見逃して…」

ミョンファ「出来ませんね、あなたは散々私たち仕掛人をコケにしたのですから」

久「ひぃ!」ぎゅう!

ミョンファ「あの世であなたの後輩達が待っていますよ」

久「く、くるしぃ…」

ミョンファ「最後に一つだけ教えてください、あなたの背後に居る本当の黒幕は誰ですか?」

久「い、言えない…」ぎゅ!

ミョンファ「ほう…」ぐい!!

久「ひぃい、言うから助けて…」ギュウ!!

久「本当の黒幕は…」


402:2014/04/09(水) 22:54:11.36 ID:yTxGbGya0

アジト…

咲「ちょっと離してよ!」ぐいぐい

胡桃「連れてきちゃった…」

エイスリン「キチャッタ」

ミョンファ「………」

小鍛冶「辻垣内の元締に報告をしないなんて、なにかあったの?」

ダヴァン「それよりこの人どうしマショウ」

咲「うぅ…」

胡桃「>>405」


405:2014/04/09(水) 22:56:22.20 ID:z/gGejG7o

水責めで苦しめてからそのままあの世に送る


406:2014/04/09(水) 23:01:32.51 ID:yTxGbGya0

胡桃「水責めで苦しめてからそのままあの世に送ろう」

咲「!?」

ダヴァン「いいデスネ!」

エイスリン「ヤロオヤロオ!!」

咲「そんな…いや、助けてよぉ…」じわっ…

ネリー「ちょっと可哀想だよ…」

小鍛冶「でも、これがこの世界の掟仕方ないよ…」


407:2014/04/09(水) 23:04:18.29 ID:yTxGbGya0

ネリー「でも…」

胡桃「………」

本当にする?>>410


410:2014/04/09(水) 23:06:06.48 ID:FR1aAFsCo

いえす


411:2014/04/09(水) 23:09:26.31 ID:yTxGbGya0

ばしゃーん!

胡桃「しかし、宮永咲の言ってたことが気になるね…」

ダヴァン「今となっては闇の中デスケドネ」

小鍛冶「もしかして、明華ちゃんが何か聞き出してるかも」

ネリー「ねぇねぇ、竹井は何か言ってたの?」

ミョンファ「いいえ、何も…」

胡桃「なんだ…」


412:2014/04/09(水) 23:14:29.80 ID:yTxGbGya0

ミョンファ「………」

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
–––––––––––––––––––––––––––

久「言う言うから!」ギュウ!!

ミョンファ「………」ばっ

久「はぁはぁ…私はあの人から話を持ちかけられただけ、本当の黒幕は…」

ミョンファ(一連の事件に影で暗躍していた黒幕の正体…)

久「本当の黒幕は、辻垣内智葉よ」

ミョンファ「!?」






413:2014/04/09(水) 23:19:23.77 ID:yTxGbGya0

ネリー「どうしたの、ミョンファ?」

エイスリン「?」

ミョンファ「ちょっと、元締に会いに行ってきます」

胡桃「それなら私たちも…」

ミョンファ「いえ、一人で十分です…」

小鍛冶「………」

ミョンファ「もしかしたら、二度と帰ってこないかもしれませんが無駄な詮索はしないでくださいね…」

胡桃「明華さん…」

つづく…





424:2014/04/12(土) 18:16:46.92 ID:qAqImzSE0

そろそろ再開しますよー

ヘタクソな堕コラを作りました



427:2014/04/12(土) 18:36:31.01 ID:qAqImzSE0

前回のあらすじ

辻垣内元締の命令で、原村和を始末した雀明華。しかしどうにも、その仕掛け自体に腑に落ちないものを感じるのであった。

おりしも、赤坂から竹井久の暗殺計画を依頼され、一度は断ったものの、真偽を確かめたいと調べてみれば、なんと赤坂の言う通り、竹井久は永水の乗っ取りを企てていた。

赤坂の言う事が真実であったことを知った一同は、さっそく竹井久一味の討伐に乗り出す。激闘の末、一味を討伐した明華は竹井久からバックで操る黒幕の事を聞き出す。

しかし、一連の事件の黒幕として上がった名前は、明華にとって最も馴染みのある者の名であった…


429:2014/04/12(土) 18:43:58.06 ID:qAqImzSE0

辻垣内ビル…

智葉「ん?ミョンファか…どうした、いきなり?」

ミョンファ「元締、実はこないだの仕掛けの件で話が…」

智葉「………」

ミョンファ「あの後、どうにも気になって仕掛け相手の事を調べてみたら、どうやら元締の話とは少し食い違うようでして…」

智葉「どうやら、こちらで手違いがあったようだ、すまないな…」

ミョンファ「本当にそれだけなんですか?」

智葉「何が言いたい?」

ミョンファ「元締、本当は>>432なんじゃありませんか?」


432:2014/04/12(土) 18:47:24.27 ID:GAPB0ebjo

すべてあなたが仕組んだこと


433:2014/04/12(土) 18:58:23.51 ID:qAqImzSE0

ミョンファ「元締この一連の騒動、すべてあなたが仕組んだことですね…」

智葉「そうだ……」

ミョンファ「元締!どうして…!?」

智葉「永水を手に入れる、いずれは関西も北九州も辻垣内組の傘下に置くつもりだ…」

ミョンファ「………」

智葉「辻垣内組はまだまだ大きくならなくてはならない、何故なら私の目的は>>436だからな」



436:2014/04/12(土) 19:11:18.62 ID:gpHIRYwJo

世界征服


437:2014/04/12(土) 19:18:47.20 ID:qAqImzSE0

智葉「私の目的は世界征服だからな、いずれ全てを私の手中に収めてやる!」

ミョンファ「………」

智葉「ふふ、もちろんお前は私の片腕としてそれなりの地位を与えてやるつもりだ…」

ミョンファ「いえ、もう元締とは杯を返させていただきます」

智葉「ほう、私と縁を切るとは、覚悟はしているのだろうな?」

ミョンファ「えぇ、私の命でよろしければいくらでも差し上げます、その代わり神代小蒔さんだけは帰していただけませんか?」

ミョンファ「彼女にもう永水での権限はありません、もう彼女は放っておいても元締には何の関係もございませんでしょ…」



438:2014/04/12(土) 19:22:52.40 ID:qAqImzSE0

智葉「そいつは物事が逆さまだ…私はお前の力が欲しい、お前を殺してしまっては意味がないんだ」

ミョンファ「………」

智葉「今からでも遅くはない、私に忠誠を誓え。そうすれば神代の命は保証してやる」

ミョンファ「そんな…」

ミョンファ(私はもう元締の元に居る気はない、でも断れば小蒔さんの命が…)

どうする?>>440


440:2014/04/12(土) 19:24:32.47 ID:ErVWpbqYo

何とかして小蒔を助ける


441:2014/04/12(土) 19:30:30.63 ID:qAqImzSE0

智葉「どうした?返事を聞きたいのだが?」

ミョンファ「いえ、考えさせてください…」

ミョンファ(何とかして小蒔さんを助けないと)

「ス〜エ〜ハ〜ラ〜!!!」ババババババ!!!!

智葉「!?マシンガンだ!!」

ミョンファ(ヘリコプター!?)

パリーン!!

赤坂「イヒヒ!慌てん坊のいくのんサンタがクリスマス前にやって来たで〜!!」

赤坂「プレゼントや〜!!」バババババ!!!

智葉「くっ!赤坂、貴様!!!」

赤坂「ミョンファちゃん、はよ!ヘリコプターに!」


442:2014/04/12(土) 19:33:40.55 ID:qAqImzSE0

赤坂のヘリコプター

パイロット「作戦成功!帰還するのよー」

赤坂「イヒヒ、間に合ってよかったなぁ、ミョンファちゃん」

ミョンファ「しかし、小蒔さんが…」

赤坂「イヒヒ、ウチの組の得意分野は何やった?」

ミョンファ「!?」

小蒔「明華さん!」ばっ!

赤坂「何や、重要人物みたいやったさかい、ついでに拉致してきたで〜」


443:2014/04/12(土) 19:37:19.16 ID:qAqImzSE0

ミョンファ「ありがとうございます…」

赤坂「イヒヒ、感謝するのはまだ早いで、辻垣内の野郎が…」

どか〜ん!!

パイロット「あ、あいつロケットランチャーなんて打って来たのよー!!」

小蒔「あわわ!!」

地上…

智葉「ちっ!はずしたか…」ロケットランチャー構える

どか〜ん!!

パイロット「爆風に当たったのよー!不時着するのよー!!」

赤坂「どひゃぁぁぁ!!」


444:2014/04/12(土) 19:41:42.12 ID:qAqImzSE0

なんだかんだで東京湾に不時着…

赤坂「ひぃぃ、ミョンファちゃん大丈夫かぁ…」

ミョンファ「えぇ、大丈夫です…」

パイロット「あっぷ!あっぷ!なのよー」

小蒔「早く陸に上がりましょう」

赤坂「うぅ、ローンで買ったヘリコプターやのに…」しょんぼり…

ミョンファ「一旦、私たちのアジトへ向かいましょう!」


445:2014/04/12(土) 19:46:46.00 ID:qAqImzSE0

一方その頃…

智葉「逃したか…」

???「厄介ですね…」

智葉「あぁ、だが此方には最強の仕掛人であるお前と、二人の刺客を用意している…」

>>448「お呼びでしょうか?智葉様…」

>>449「何なりと…」

智葉「あぁお前達には今から雀明華を始末してもらいたい…」

>>448「は!」

>>449「承知しました!」




448:2014/04/12(土) 19:52:52.19 ID:5iY3G2Xeo

成香


449:2014/04/12(土) 19:52:56.69 ID:fDxhd9Cdo

絹ちゃん


450:2014/04/12(土) 19:58:35.80 ID:qAqImzSE0

アジト…

小蒔「カクカクシカジカ…」

胡桃「四角い仁鶴がまぁ〜るくってなるほど!今回の黒幕は辻垣内元締だったんだね!」

ネリー「ひぃぃ!サトハを怒らせたら怖いよ!早く謝りにいこうよ!」

ミョンファ「いえ、もう辻垣内の元締は私たちの命を狙ってくるでしょう…」

小鍛冶「うん、面倒なことになったね」

ダヴァン「これからどうするんデスカ?」

ミョンファ「おそらくこのアジトも見つかっているでしょう、早く引き上げないと…」





451:2014/04/12(土) 20:02:41.06 ID:qAqImzSE0

成香「ミョンファさんは居ますか?」

絹恵「ちょっと伺ったで!」

ミョンファ「刺客か!?」

ネリー「あわわ!!」

成香「辻垣内様の命令であなた達を消しに来ました」

絹恵「覚悟しいや!」

どうする?>>453


453:2014/04/12(土) 20:11:58.82 ID:8VcFziAbo

返り討ちにしてやる


454:2014/04/12(土) 20:14:59.67 ID:qAqImzSE0

ダヴァン「返り討ちにしてクレマス!」

ネリー「えぇ!!に、逃げようよー!」

成香「そうですか、あくまで大人しく殺されてくれないんですね…」

絹恵「どうする?成香ちゃん?」

成香「私が胡桃達を絹恵さんがミョンファさんを仕留めてください…」

絹恵「ええで!」

胡桃「くるの!?」シャキン!!

小鍛冶「……」


455:2014/04/12(土) 20:17:37.05 ID:qAqImzSE0

成香「さぁ私が相手になります…」

小鍛冶「くらえ!アラサーの呪い!」びびびっ

胡桃「はぁー!!」ジャキン!!

成香「はっ!」うにょ〜ん!

エイスリン「ナンカデテキタ」

小鍛冶「私のビームが消えた!?」

胡桃「私の大刀が吸い込まれた!?」


456:2014/04/12(土) 20:21:27.46 ID:qAqImzSE0

成香「ふふ、私の能力はなんと他人の能力を吸収して自分のものにすること…」

胡桃「なんだって!?」

成香「くらえ!アラフォーの呪い!!」びびびっ

小鍛冶「ぎゃー!!アラサーだよ…」ばたんきゅ〜

成香「えい!」シャキン!!

胡桃「ぎゃー!!」ぶしゅー!!

成香「ふぅ、たいした事ありませんね…」

胡桃「きゅ〜」

小鍛冶「くっ!私が負けるなんて…」

成香「どうしましょうか>>459」


459:2014/04/12(土) 20:30:05.96 ID:XWj6FXTCo

屈伏するまで拷問


460:2014/04/12(土) 20:35:18.06 ID:qAqImzSE0

成香「屈服するまで拷問させていただきます」

胡桃「!?」

成香「それ!」鞭でペシン!

ネリー「うぎゃー!!何でネリーが!!」バシン!

成香「これでどうだ!」蝋燭垂らし

ネリー「!?ぐげぇー!!熱いよ!!」

胡桃「私たちはどんな拷問にも屈服しない!!」

小鍛冶「えぇ!」

成香「ほぅ、なかなかしぶといですね…」

ネリー「うぅ、さっきからネリーばっかり拷問を受けてるんだけど…」


461:2014/04/12(土) 20:38:08.74 ID:qAqImzSE0

ダヴァン「助けにきマシタ!」

エイスリン「マシタ!」

成香「まだ、仲間が居たのですか…」

胡桃「ダヴァン!エイスリン!なんとか私たちを解放して!」

小鍛冶「頼んだ」

ダヴァン「このカラオケセットで…」

エイスリン「ジュンビオーケー!」


462:2014/04/12(土) 20:42:20.37 ID:qAqImzSE0

成香「?」

カラオケセット ♪〜

ダヴァン「………」マイク取り出し

成香「させるか!!」うにょ〜ん

エイスリン「!?マイクスイコマレタ!」

成香「あなた達が何を企んでいたのか知りませんが、これで…」

♪〜

成香「うぅ…猛烈に歌いたくなってきました…」


463:2014/04/12(土) 20:45:41.73 ID:qAqImzSE0

小鍛冶「!?」

成香「あの人とさよならしたよるは〜♪」

ダヴァン「あ!ワタシの18番が!」

胡桃(歌に気を取られてるうちに、縄をほどいて…)

成香「人恋しくて〜♫」

エイスリン「ヒトノウタトルナ!」ぷんすこ!

胡桃「えい!!」ドゴー

成香「!?」ドカ!



464:2014/04/12(土) 20:47:34.51 ID:qAqImzSE0

成香「くっ!どうして…」

小鍛冶「やれやれ…今度はこっちの番だよ」

成香「!?」

小鍛冶「アラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラアラサーだよ!!!!!!!!!!」

成香「うぎゃー!!!」


465:2014/04/12(土) 20:51:58.70 ID:qAqImzSE0

一方その頃…

絹恵「それじゃ、決着をつけようか…」

ミョンファ「………」

絹恵「あんたがワイヤー使いなんわ、元締から聞いてるで」

ミョンファ「そうですか…ですが関係ありませんね…」

ミョンファ「あなたは私に倒されるのですから」

絹恵「ウチが>>468の使い手やて、知ってのことなんか?」


468:2014/04/12(土) 20:57:21.36 ID:gpHIRYwJo

マジシャンズレッド


469:2014/04/12(土) 21:01:11.21 ID:qAqImzSE0

絹恵「ウチはスタンド使いなんや!!行け!マジシャンズレッド!!」

マジシャンズレッド ゴゴゴ!!

ミョンファ「!?フライングマンのようなものから炎が!!」

絹恵「燃やし尽くせ!!」

ミョンファ「くっ!こちらが不利ですか…」

絹恵「降参するんやったら、楽に殺したるで」

ミョンファ「ワイヤー攻撃!!」


470:2014/04/12(土) 21:09:20.08 ID:qAqImzSE0

絹恵「ふん!無駄や、マジシャンズレッドの炎は全てを焼尽すで!」

ミョンファ(駄目か…)

絹恵「死ね!!」

マジシャンズレッド ゴゴゴ!!

絹恵「ふん!ワイヤーで繭を作って炎を防いでるんか、無駄やな…燃やし尽くせ!!」

ゴォォー!!

絹恵「もうそろそろワイヤーの繭も溶かし尽くすわ…」

ミョンファ「………」バッ!

絹恵「甘いわ!どうせあの繭は囮やとわかってたわ!マジシャンズレッド!繭やのうて私の後ろの奴を


471:2014/04/12(土) 21:13:50.40 ID:qAqImzSE0

ネリー「うぎゃー!!熱いよ!!」

絹恵「!?こっちが囮!?」

ミョンファ「ふぅ熱い熱い…なんとかワイヤー繭は持ちこたえましたね…」

絹恵「!?」

ミョンファ「スタンドは精神の像!心が乱れればこっちのものです!」

絹恵「くっ!」ぎゅー!

ミョンファ「次は地獄の炎とも仲良くしてください…」ぎゅー

絹恵「 」カク…


472:2014/04/12(土) 21:18:45.14 ID:qAqImzSE0

絹恵「うぅ…」

成香「捕まってしまいました…」

ダヴァン「やりマシタ!」

エイスリン「ムカウトコロテキナシ!」

絹恵「ふん!ウチらを倒してもこっちには最強の仕掛人がおるんやで!」

胡桃「最強の仕掛人?」

ミョンファ「聞いた事があります、仕掛人になって一度も仕損じた事が無い最強の仕掛人…」

小鍛冶「そんなに強いの?」

ミョンファ「えぇ、私たちが束になっても勝てるかどうか…」


473:2014/04/12(土) 21:24:59.09 ID:qAqImzSE0

胡桃「とにかくここから早く出よう!」

ネリー「でも、ここを出てどこに…?」

ばたん!

末原「雀明華とかいう奴はおるか!?」

ミョンファ「!?」

小鍛冶「新たな刺客!?」

末原「ちゃうちゃう、ウチは赤坂の元締の使いや」

胡桃「赤坂の使いが何しにここへ?」

末原「あぁ、元締からの伝言や!至急>>477まで来てくれって」




477:2014/04/12(土) 21:33:07.06 ID:2P2rnJGFo

松実館


478:2014/04/12(土) 21:38:02.89 ID:qAqImzSE0

松実旅館…

赤坂「イヒヒ、待ってたで!ミョンファちゃん!」

宥「お待ちしておりました〜♫」ふりふり

ミョンファ「こんなところに呼び出してどうしたんですか?」

赤坂「イヒヒ、実はなあの後、ウチの組は辻垣内に潰されてもてな、ここを貸し切って臨時のいくのん組本部にしたんや〜」

胡桃「確かにあんまり人居ないね」

赤坂「ええやろ?貸し切りやで、お風呂で泳いでも誰にも怒られんで〜」

ダヴァン「ワンダフル!じゃあさっそく温泉に浸かりに行きマス!」

エイスリン「オー!」


479:2014/04/12(土) 21:41:45.19 ID:qAqImzSE0

ミョンファ「私はこんなところで油を売ってる暇は…」

赤坂「イヒヒ、小蒔ちゃんも連れて来てるで〜」

小蒔「わわわ!」

小鍛冶「うん、とにかく暫くはここで落ち着くのもいいんじゃ…」

ミョンファ「………」

赤坂「イヒヒ、そうと決まれば大尽遊びや!ねえちゃん>>451するで!」

宥「は〜い♪わかりました〜♪」あったか〜い♫


480:2014/04/12(土) 21:42:22.02 ID:qAqImzSE0

すみません
>>483で


483:2014/04/12(土) 21:45:59.57 ID:gpHIRYwJo

放火


484:2014/04/12(土) 22:00:05.18 ID:qAqImzSE0

宥「松実名物放火となっております♫」あったか〜い♪

ごごごご!!!!

ネリー「うぎゃー熱い!!助けて!!」

赤坂「おもろいなぁwwwwwww」

ミョンファ「………」

ダヴァン「旅館燃えちゃいマスヨ…」

赤坂「ミョンファちゃん気に入ってくれた?」

ミョンファ「>>486」


486:2014/04/12(土) 22:01:58.30 ID:J9Ao+JyMo

無言で代行を〆る


487:2014/04/12(土) 22:02:12.83 ID:EBKsccWSo

もっと熱くなれよ!


488:2014/04/12(土) 22:07:31.31 ID:qAqImzSE0

ミョンファ「………」ぎゅー

赤坂「!?ひぃぃミョンファちゃんタンマ!ちょいタンマ!」

ミョンファ「私たちがこんなになってる時に、あなたって人は…」ぎゅー!!

赤坂「く、くるしい…そんなに、恩人である辻垣内の元締を殺すのは嫌か?」

ミョンファ「!?」ばっ!

赤坂「ひぃひぃ…実はなこんなことしたのもミョンファちゃんにあらためて仕掛けを頼みたいからや…」

赤坂「辻垣内智葉を始末してほしいんや、どうや?ひきうけてくれんか?」

ミョンファ「>>490」


490:2014/04/12(土) 22:11:15.05 ID:EBKsccWSo

無理です


491:2014/04/12(土) 22:13:56.06 ID:qAqImzSE0

ミョンファ「私には…無理です…」

赤坂「そうか…なら仕方ないな…」

胡桃「私たちは受けるよ…」

小鍛冶「どうせやらないと、あっちから潰しにくるからね」

ダヴァン「それで、辻垣内はドコニ?」

赤坂「イヒヒ、実は二日後、この旅館に泊まりにくるんや」

小蒔「!?」

赤坂「其の時が最後のチャンスっちゅうわけやで〜」


492:2014/04/12(土) 22:18:08.97 ID:qAqImzSE0

赤坂「ミョンファちゃんも逃げるんやったら早いとここの旅館から離れたほうがええで〜」

ミョンファ「………」

ばたん!

エイスリン「ミョンファ、カナシイメヲシテアタ…」

ダヴァン「無理もありまセンネ、何せ辻垣内の元締はミョンファを仕掛人になった頃から世話してた恩人デスカラ」

胡桃「でも、私たちに勝算はあるの?」

小鍛冶「只でさえ、あっちの力は強大なのにミョンファちゃんまで出て行かれたら…」

赤坂「イヒヒ、どないしよう…」


493:2014/04/12(土) 22:21:24.80 ID:qAqImzSE0

そして二日後…

玄「は〜い♪団体様ですね、こちらで…」

黒服's「「「「お嬢!どうぞ中へ!」」」」

智葉「うむ…!」

???「………」

玄(ひぃぃ!!本物のヤクザさんですのだ!!)ガクブル

赤坂(ほぅ、とうとう来たで…)

胡桃(ごくり…)


494:2014/04/12(土) 22:24:55.30 ID:qAqImzSE0

赤坂(ウチのもんがどんちゃん騒ぎ起こして敵の注意を引く、あんたらはその隙に彼奴らを始末してや…)

胡桃(わかった…)

小鍛冶(………)

小蒔「すーすー…」Zzz…

由子「酒盛り始めるのよー!!」

末原「今日は飲むで!!ねえーちゃん、酌してや!!」

宥「あ、あのう…他のお客さんも居ますからあまりうるさくは…」おろおろ


495:2014/04/12(土) 22:29:28.03 ID:qAqImzSE0

由子「うるさいのよー!!ウチらが酌しろって言ったら黙って酌するのよー!!」

宥「あわわ…」

末原「それ!ねえちゃん!なんかおもろいことしてーな!」

宥「面白いことって言ったって…」

玄(あわわ、お姉ちゃん!隣さんヤクザさんですのだ!あまりうるさくしないでほしいのだ!)

宥(えぇ〜そんなこと言われたって…)

宥「えぇい!松実宥!>>498します!!」


498:2014/04/12(土) 22:37:54.60 ID:2P2rnJGFo

玄ちゃんにチュー


499:2014/04/12(土) 22:42:00.88 ID:qAqImzSE0

宥「松実宥!玄ちゃんにキスします!!」

玄「!?」

宥「ん…//玄ちゃん…//」

玄「お姉ちゃん…//」とろ〜ん

由子「いいのよー!!そのままべろちゅなのよー!!」

末原「ひゃひゃひゃ!最高やな!!!」

隣…

辻垣内「くっ!隣は何をやってるんだ…」イライラ

黒服「へぃ、一度注意してきます…」


500:2014/04/12(土) 22:45:43.32 ID:qAqImzSE0

黒服「おい!ワレ静かにせんかい!!」

末原「あぁ〜?なんやて?聞こえへんなぁウチ盲ろうの作曲家やし」

由子「てめぇこそ静かにするのよー!!」

黒服「!?なんやて!!!」

玄「あわわわわ!!!」ガクブル

宥「ひぃぃ玄ちゃん!!」ガクブル

胡桃(今だ!!)


501:2014/04/12(土) 22:47:47.65 ID:qAqImzSE0

智葉「…一度、外に出てくる…」

???「わかりました…」

胡桃「さぁ!辻垣内!お前もこれでおしまいだよ!」

小鍛冶「本当のアラサーの呪いを受けてもらおうか…」

>>505「私が相手になる…」

胡桃(こいつが最強の仕掛人!?)


505:2014/04/12(土) 22:52:25.21 ID:gpHIRYwJo




507:2014/04/12(土) 22:57:50.76 ID:qAqImzSE0

照「最強の仕掛人てるてるだ!!」ご!

胡桃「………」

小鍛冶「こいつが…」

照「ふふん♪いつぞやは妹がお世話になったね…」

胡桃「こいつ、強いのか…?」

照「私は>>509の使い手」



509:2014/04/12(土) 23:00:29.00 ID:J9Ao+JyMo

死者召喚


510:2014/04/12(土) 23:03:51.93 ID:qAqImzSE0

照「私は死者を召還出来る!」

胡桃「!!?」

照「いでよ!>>511!>>512!>>513!」






511:2014/04/12(土) 23:04:11.70 ID:5iY3G2Xeo




512:2014/04/12(土) 23:04:31.99 ID:gpHIRYwJo




513:2014/04/12(土) 23:05:00.92 ID:2P2rnJGFo




514:2014/04/12(土) 23:09:59.32 ID:qAqImzSE0

咲「うぅ…お水怖い…みなもちゃん…」

霞「あらあら、地獄から復活したわよ♪」

和「うぅ…咲さん…」

照「ふふ、どう?」

胡桃「ぐぬぬ…」

小鍛冶「私たちが倒してきた人達が復活した…」

照「覚悟!!」

小蒔「えい!!神様パワー!!」ぴかー!!

照・咲・霞・和「「「ぎゃー!!!」」」



515:2014/04/12(土) 23:13:03.30 ID:qAqImzSE0

小蒔「間に合いましたね…よかった、たまたまアンデット族にめっぽう強い神様を降ろしてて…」

胡桃「あっけなかったね…」

小鍛冶「うん…」

ダヴァン「それより、辻垣内を追うのデス!」

エイスリン「ウワワ!ヤクザドモイッパイキタ!」

黒服「てめぇ!覚悟しやがれ!」

胡桃「ちっ!数が多いな…」




522:2014/04/13(日) 07:23:16.29 ID:ByQWZlEa0

GTA的な展開に


523:2014/04/13(日) 13:15:46.64 ID:5I4fxSoR0

黒服「[ピーーー]よやぁぁ!!」

胡桃「えい!!」ズシャ!!

黒服「おらぁ!!」

小鍛冶「く!」ドゴー!

ダヴァン「うぅ数が多すぎマスネ」

エイスリン「キリガナイ」

小鍛冶「なら、あなた達も戦ってよ…」



524:2014/04/13(日) 13:16:29.53 ID:5I4fxSoR0

黒服「これで死ね!!」

胡桃「しまっ!?」

霞「ふんふむ波!」

黒服「!?」どぎゃん!!

咲「カン!」

和「SOA!!」

黒服「ぐわー!?」

睦月「食らえ!」

黒服’s「「「うぎゃぁー!!!」」」

胡桃「!?石戸霞!宮永咲!原村和!」ぱぁ!



525:2014/04/13(日) 13:17:33.48 ID:5I4fxSoR0

咲「こいつら雑魚は私たちに任せてよ」

和「久しぶりに腕が鳴りますね…」

霞「地獄での鬱憤を晴らさせてもらうわ」

赤坂「ウチらもいるで〜」

小鍛冶「赤坂さん…」

ダヴァン「さぁ!早くサトハを追いましょう!!」

エイスリン「コンドハニガサナイ」

ネリー「あわわ!!」


526:2014/04/13(日) 13:18:11.39 ID:5I4fxSoR0

吉水神社…

智葉「………」

がさ…

智葉(来たか…)

智葉「おい、先に旅館へ帰ってろ」

黒服「し、しかし…」

智葉「いいから…」ギロッ

黒服「はぁ!」


527:2014/04/13(日) 13:18:58.26 ID:5I4fxSoR0

智葉「居るんだろ?ミョンファ…」

ミョンファ「………」

智葉「私を殺しに来たのか?」

ミョンファ「元締…>>530」



530:2014/04/13(日) 13:25:58.09 ID:H6As0d+Yo

楽に[ピーーー]るとは思わないでくださいね


531:2014/04/13(日) 13:37:37.37 ID:5I4fxSoR0

ミョンファ「元締、あなたの私利私欲で殺された人達の無念…」

ミョンファ「楽に死ねるとは思わないでくださいね」

智葉「そうこなくてはな…」にやり…

ミョンファ「………」しゅ!

智葉「………」シャキン!

ミョンファ(元締の得物は長ドスですか…)

ミョンファ(なんとか摂社から、人目の無い場所へ追い込まなければ…)


532:2014/04/13(日) 13:40:35.18 ID:5I4fxSoR0

智葉「なかなかやるな…」ガキン!

ミョンファ(やはり、元締は強い…)

玄「あわ、あわ、あわわ…」

ミョンファ(見られた!?)

智葉「今だ!?」

ミョンファ(くっ!とにかく一旦逃げましょう…)

玄(あわわ、ヤクザさんが殺し合いを始めましたのだ…どうしよう、お姉ちゃん…>>534)


534:2014/04/13(日) 13:46:47.30 ID:oWeZrFvSo

おもち神に祈る


535:2014/04/13(日) 13:55:44.80 ID:5I4fxSoR0

玄「おもち神に祈りましょう…」アーメン…

智葉「見られたか…厄介だな…」シャキン!

玄「南無阿弥陀仏〜南無阿弥陀仏〜」ガクブル

智葉「念の為、殺すか…」

玄「!?あわわ、い、命だけはお助け…」ガクブルガクブル

智葉「………」シャキン!

ミョンファ「させない!」

キュピーン!

小蒔「誰かが私を呼んだような…」


536:2014/04/13(日) 13:57:18.42 ID:5I4fxSoR0

ミョンファ「えい!」ぎゅー

智葉「しまっ…」

玄「あわわ…」どひゅーん

ミョンファ「………」ぎゅー!

智葉「くっ!」ぐぐっ

ミョンファ「!?」グサッ!

智葉「っ…!!」ぎゅぎゅー!

ミョンファ(元締のドスが脇腹に…意識が…)くらっ…

智葉「くっ…」にやり



537:2014/04/13(日) 13:58:37.86 ID:5I4fxSoR0

小蒔「明華さん!!」

ミョンファ「!?」

小蒔「えい!?」体当たり

智葉「ぐはぁ!?」

ミョンファ(とどめだ…)ぎゅー

智葉「 」カク…

ミョンファ(終わった…)ふらっ…

小蒔「!?明華さん!?」



538:2014/04/13(日) 13:59:37.56 ID:5I4fxSoR0

胡桃「明華さん!しっかりしてください!」

小蒔「明華さん!」

ミョンファ「…ここは…」

赤坂「気づいたみたいやな、ここは病院やで〜」

小鍛冶「よかった…」

ダヴァン「サトハも倒せマシタ!」

エイスリン「オイワイダネ!」

ネリー「わーい!ごちそうが食べられるよ!」

ミョンファ(私は何の関係のない小蒔さんまで巻き込んでしまった…)



539:2014/04/13(日) 14:00:46.08 ID:5I4fxSoR0

それから数日後、雀明華は病室から消えた…

彼女が寝ていたベッドには、書き置きだけが残されていた。残された書き置きには達筆な文字で『西の方へ旅立ちます』とだけ書かれていた。

胡桃「明華さんどこいったんだろうね…」

ダヴァン「せっかく、退院パリィーをしようと考えていマシタノニ」

エイスリン「ザンネン…」

ネリー「ミョンファ…」

小鍛冶「きっと、堅気である小蒔ちゃんを巻き込んでしまったのが許せなかったんだね…」

小蒔「明華さんどこへ行ったのでしょうか…」

睦月「さぁ、それはあの人にしか解らないでしょう…」

また独り、悲しみを背負い旅路を続ける雀明華…

その行き先は、春の夜風だけが知ってるのかもしれない…

カン!



540:2014/04/13(日) 14:02:56.54 ID:5I4fxSoR0

これで終わりです

本来なら仕掛人は仕掛けた相手が何者か、誰が頼んだのか一切感知してはならない設定なんですけど
安価スレとしてそれでは面白くないから、あえてセオリーは無視しました

それではまた機会がありましたら…




545:2014/04/13(日) 15:47:11.95 ID:ZedE2qEao

乙 次回作も期待してる


550:2014/04/13(日) 17:57:07.26 ID:2eJkyf1SO

おつー


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396788189/