1:2015/06/11(木) 12:29:29.68 ID:k/hvEgeSO

初めてSS書くので オリ主あり 多分、独自設定 独自解釈 キャラ崩壊あり ギャグなし 安価なしでスミマセン





技術将校「陸軍としては、海軍の提案に反対である!」キリッ

深雪「だから、何でだよ!!!」クワッ


将校「人が乗れる舟が無い、だから この島からの脱出は不可能なのだ……」フゥ…

深雪「だから、この深雪様がダッコでもオンブでもして連れてけば大丈夫じゃん!?」イライラ


将校「この島の周りは深海棲艦がウジャウジャいる… まぁ、それ以外にも問題があるんだがね」アタマ ボリボリ

深雪「じゃあ、どうやってココに来たんだよ!?」


将校「同盟国から内地に戻る途中、夜間ボカチンを喰らった… んで、この島に流れ着いた…」ハナホジホジ

深雪「他に助かった人はいねぇのか?」イライラ


将校「人間で助かったのは、私だけの様だ…」ミミホジホジ

深雪「そっか……、この島を深海棲艦が囲んでるってのは、どうして解ったんだ?」キタネェ…


将校「妖精さん逹が、島の周囲を偵察してくれたからな…」

深雪「演習中に沈んだ深雪をサルベージしてくれたのも妖精さん逹か…?」


将校「あぁ、そうだよ… まぁ、ココら一帯は遠浅の海だからサルベージ出来たが…」

深雪「助かったよ あんがとな?」

将校「しかし、何故こんな危険な水域で演習なんかしたのだ?」

深雪「ここは、深海棲艦が少ない比較的安全なトコだって、海軍総督府から聞いてたからな…」

将校「そうか……、不運であったな?
まだ、気がついて二日と経ってないのだ…とりあえず、今はユックリ休むと良い… 」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433993369



2:2015/06/11(木) 12:31:55.45 ID:k/hvEgeSO

コンコン…ガチャ…
偵察妖精「提督ちょっといいかい?」

将校「提督と呼ぶのは辞めてくれ、私は陸軍将校だよ?」


偵察妖精「じゃあ司令官殿? スンマセンね、自分、召喚されてからまだ日が浅いんで……で、偵察状況を話たいから、執務室で話そう?」

司令官(将校)「わかった……それでは、深雪君と言ったかな? 貴艦はもう少しユックリ休みたまえ… 後で基地内部の案内を使わすよ」


深雪「あー、技術将校さんは、この基地の司令官さんなんだ?」

司令官「まぁ、そうなるかな?」


深雪「じゃあ、司令官と呼ぶ方がいいな?……司令官さんは、案内してくれないのかい?」

司令官「時間があれば案内出来ないコトもないけど… 何もない様で、一応やるコトがあってね…」


深雪「ふーん…」


司令官「また来るよ… では…失礼する」
ガチャ…パタン…



深雪(電は無事かな…? 白雪は帰れたのかな…?
演習中に敵の奇襲にあって、混乱の最中に、また電とぶつかっちゃったな…
旗艦の那珂ちゃんが、負傷した私に肩を貸してくれたけど……
その後の記憶がないや………
皆逃げるコトできたのかな…?)


−執務室−
司令官「さて、じゃあ状況を教えて貰おうかな?」

偵察妖精「ヤッパリこの近海の深海棲艦の数は、ドンドン増えてるね…」


司令官「やはりな… 深海棲艦側もこの地が欲しいよな…」

偵察妖精「そりゃ、まぁ… 欲しいでしょうな…」


3:2015/06/11(木) 12:35:36.28 ID:k/hvEgeSO

−食堂−
深雪「ここは、どんだけ広い基地なんだよ…」デケェ…

メイド妖精「はい、物凄く広いですよ…島の5分の4を要塞化してますので…」ハイ…


深雪「はぁー…凄いねー…って、司令官は内地に帰るつもりないんじゃね?」

メイド妖精「いえ、ご主人様はチャンスがあればすぐにでも帰りたいと、いつも言ってます…」


深雪「そんな風には、見えねーけどな?」フーン…

メイド妖精「何でも深海棲艦に対する新兵器の研究は内地に戻らないと難しいと常々言ってますから…」


深雪「んじゃ、何故、無人島に、こんな馬鹿デカイ要塞を作るんだ?」

メイド妖精「この島には、艦むす専用の豊富な地下資源がある様でして、深海棲艦側が常に狙っているみたいなのです…」


深雪「でも、深海棲艦とは、深雪逹みたいな艦娘しか戦えないはずじゃん?」ヤベージャン?

メイド妖精「私達妖精が戦ってますから…」フフン…

深雪「おいおい、妖精が勝手に戦えないだろ?」


メイド妖精「正確には、ご主人様の言霊の力をかりて私達が戦っています。」

深雪「言霊?」ナニソレ?


メイド妖精「霊力を含んだ言葉で、妖精を操るコトのできる不思議な力です。
基本、言霊でしっかり命令を出さないと妖精は応じません」エッ?

深雪「そうなのか?」アレッ?


メイド妖精「敵に弾が当たらないとか、索敵に失敗するとかは、言霊を使いきれてないからなんです…」シラナイノ?

深雪「そうなんだ…」シラナカッタ…


メイド妖精「基本 個々の艦娘に宿りし妖精が個々の艦むすの命令で機銃や砲、艦載機を動かし戦っています…」

深雪「そう言えば艤装の兵器に妖精さんついてくるな…」


メイド妖精「しかし、妖精に霊的な言霊をしっかり伝えるコトが出来れば人間でも深海棲艦と闘うコトが出来ます…
そんな特異的なコトが出来る人間は、まず、いませんけどね…」スゴイデショ?


深雪「つまり、その人こそがココの司令官と言うことか?」チートキャラ?

メイド妖精「はい… ご主人様は一度 海で沈み臨死体験をなさってますので… その時に不思議な力を使って妖精に命令が出来る様になったと言ってました」ソノヨウデ…


4:2015/06/11(木) 12:37:07.99 ID:k/hvEgeSO

ドア ガチャ…
司令官「その、ご主人様と言うのは、辞めてくれないか?メイド妖精……」ハズイ…

メイド妖精「これは、失礼しました 提督様…」


司令官「私は海軍じゃないから提督と呼ばないでよ…もうご主人様でいいや……ヤレヤレ

…で、貴艦は、ここにいましたか…? 部屋に行ったらいなかったので探しました…」


深雪「気分転換に基地内をメイド妖精さんに案内して貰ってた…」


司令官「しかし、艦娘と言うのは、本当に女の子の形をしているのだな?」アタマ ナデナデ

深雪「ち、ちょっと!何すんだよー…!」///


司令官「あぁ… すまなかったね… さて、メイド妖精さん に変わって貴艦にこの基地内部を案内しよう」カワイイ…

深雪「あのさぁ、一応、私にも名前があるんだよね?」ムッ!


司令官「ふむ…?」オコッタ?


深雪「じゃあ、改めて……
深雪だよ。よろしくな!」ニコッ




5:2015/06/11(木) 12:58:51.33 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
司令官「…と言うわけで この島の色々な施設を案内したが…
まぁ、機密部分は申し訳ないが、案内は控えさせてくれ……
ふぅ…しかし、外の施設を歩き回ると疲れるな……」アセ ダラダラ


深雪「お疲れ様!司令官!」ケイレイ

司令官「あぁ… しかし、貴艦は元気だな…」アセフキフキ


深雪「だから、深雪だって言ってんじゃん!! 司令官だって、提督って言われるのイヤだろ?」ムゥ-…

司令官「あぁ… すまなかったね 深雪君… まだ、出逢ってから日が浅いのでつい…な……」オコルナヨ…


深雪「ふーん…まあいっか! ちょっと、風呂入って来るわ 汗かいたからな…」ムナモト パタパタ

司令官「あぁ、お疲れ様」ヤレヤレ…


深雪「じゃねー」
ガチャ…パタン……


…………………
……………
………


コンコン…
メイド妖精「緊急の報告です」イソイソ…

司令官「入ってくれ どうかしたか?」ナニ…?


メイド妖精「偵察機3番機と6番機より入電です
基地正面をより、1時方向に距離100ノット、7時方向に距離80ノット 双方ともヌ級を中心とする深海棲艦多数です。挟撃されますね…」

司令官「申し訳ないが、私は戦闘に対して、ど素人でね…戦術とか良く解らないんだよ…
いつも通り、妖精さん逹の判断で闘って貰って構わないかい?」


メイド妖精「わかりました…
合わせて1000機近くの航空隊の出撃になりますが、よろしいですか?」

司令官「資源はいくらでもある… 存分にやってくれ…
『敵を殲滅せよ!』」ウナヅキ


メイド妖精「了解しました…失礼します」
ガチャ…パタン……


司令官(今日は、夏の気候か、赤道近くの場所に転移してるな この島…)


6:2015/06/11(木) 13:04:00.46 ID:k/hvEgeSO

−浴場−
ウゥゥゥゥゥ---!!ウゥゥゥゥゥ--!!

深雪「…今、サイレン鳴ってるよね? 敵襲? 早くお風呂出なきゃ!」
ザバー…

イソイソ カラダ フキフキ

深雪「ぃよーし!行っくぞぉー!」グッ!


−簡易ドッグ−

深雪「まだ、誰も来てない… 深雪さま一番乗りぃ!敵はどいつだぁ? なんちゃって? 」ビシィ!

メイド妖精「あっ!いた!!ヤハリここにいましたか… 深雪様 外は危険です 施設内にとどまって下さい!」ナニシテンノ…?


深雪「敵襲だろ? 先駆隊の駆逐艦が出ないでどうするよ?」ムッ?

メイド妖精「陸軍の航空隊と沿岸砲でいつも通り対処いたしますので、ご心配なさらずに…」スマシガオ


深雪「おいおい 味方の数は多い方が良いじゃん? 出撃するぜ!」ムムッ!!

メイド妖精「陸軍としては、海軍の提案に…」ツーン…
深雪「だからそれは、もういいっつうの!!」ムキー!!


ドタドタドタ…
伝令妖精「大変です!」アセアセ…

メイド妖精「どうしました?騒がしいですよ?」ムッ?


伝令妖精「潜水艦です カ級その他未確認の群れ 基地正面3時40ノットの位置です!」ドウシヨウ…

メイド妖精「なっ… すっ水観妖精逹は何をしていたんですか?敵に揚陸されたら…」フェエ…


深雪「…で、どうする? 何か雰囲気ヤバめじゃん?」フフン

メイド妖精「……っ!」クッ!!


司令官「餅は餅屋ですよ、メイド妖精…… 深雪君 貴艦だけで危険じゃないのかね?」ヤッホー

メイド妖精「ご主人様いつの間に…」ビクッ!

深雪「大破進撃さえしなければ大丈夫だろ? 多分…」ウンウン


メイド妖精「…解りました 深雪様… コチラの沈んだ敵から鹵獲改修した 三式水中探信儀と三式爆雷投射機を装備して下さい 対潜戦闘をヨロシクお願い致します…
でも無理だと思ったらすぐに引き返して下さい?」ハァ…


司令官「もちろん航空支援は出すからヨロシク頼むよ!」ペコリ

メイド妖精「伝令妖精?航空管制室に、待機中の攻撃機隊に発進命令を! 深雪様の直掩に出します」ウゥ…


深雪「あんがと メイド妖精! 司令官さん!直掩機頼むぜ!」ガッツポーズ

メイド妖精「べっ…別に御礼を言われる筋合いはありませんわ 」///

司令官「ムリはしないで下さい? まだ病み上がりなんだから気をつけて…」



深雪「特型駆逐艦、深雪、出撃するぜぇー!一回言ってみたかったんだよねぇ!」フフーン♪



メイド妖精「お気をつけて…」///



7:2015/06/11(木) 13:50:08.83 ID:k/hvEgeSO

−沖合い30ノット付近−
深雪「対潜戦闘用意!!……ソナーに感あり!!!」ソコダ!

爆雷妖精「投射器準備出来てます!!」

深雪「喰らえーっ!」

爆雷妖精「投射開始!」

深雪「当ったれぇ〜い!!」
バシュン… ガボン…ブクブク…

…………ドムッ……



水観妖精「水中より浮翌遊物と大量の気泡が浮いて来ました 命中です」

深雪「よぉしっ!」グッ!

爆雷妖精「次弾装填完了済みです!」

深雪「ええぃ、もういっちょ!」

爆雷妖精「投射!!」
バシュン…ザブン…プクプク

…………ズシン…ドドン…



観測妖精「さらに他の浮翌遊物と気泡上がってきます 命中です」


攻撃機隊長妖精「くっ…他の標的は我々が頂くぞ! 爆雷の雨を降らす、全機攻撃開始!」

攻撃機妖精逹「「「応!!!」」」


深雪「ざぁっとこんなもんだ!楽勝だなぁ! ……ふぅ……、後は陸さんに頑張って貰いますかね…♪」

観測妖精「右舷後方より 雷跡!!!!」ウワワ…

深雪「なっ!?」


観測妖精「駄目です!!当たります…」ヤッベー



ド ッ カ ー ー ン!!



8:2015/06/11(木) 13:51:09.47 ID:k/hvEgeSO

深雪「いっつつつつ… っん…これ以上はやらせねーよ。」プッツーン…

応急修理妖精「次こそは、深雪様を沈めるな!! 破穿部を急いで塞げ!!」イソイソ…



深雪「もう、怒った!!爆雷全部使用可能状態に!(おこモード)」

爆雷妖精「えっ!? あっ? ちょっと?一個づついきましょうよ?」アレッ?



深雪「えっ?早く準備!!まだ?(激おこモード)」

爆雷妖精「爆雷の数に対して投射器の数が足りませんよ」カオヒキツリ…



深雪「そんなの、私が走りながら手でポイポイすれば良いっぽい? 早く準備するっぽい?早くしないと爆雷の変わりに投げるっぽい?(激おこぷんぷん丸)」

爆雷妖精「他の艦娘のアイデンティティーとったらあきませんよ姉さん?……わかりました、やります!用意します!」オコラナイデヨ…



深雪「深雪スペシャル!いっけー!!」オリャー!!!



ポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイポイ…


バシャンザバンガボンザブンドプンダパンバシャンザバンガボンザブンドプンダパン…


応急修理妖精「うわーん!深雪様が走って方向を変えるたんびに水が水が水がーー(泣)」


ドカドカドカドカ-ン ズドドドド-ン!!


水観妖精「何か色々いっぱい浮いてきてます…」

深雪「やったぜー!!なぁ!深雪さまの活躍、見てくれた?」ガッツポーズ


攻撃機妖精「絨毯爆撃……いや… 絨毯爆雷撃だと?」ゴクッ…


水観妖精「海域沈黙… 深雪様は負傷されております 速やかに基地に戻って下さい!」

深雪「了解♪帰投するゼ!」


9:2015/06/11(木) 13:56:52.72 ID:k/hvEgeSO

−ドッグ外−

深雪「痛っつつつ…まいったな。名誉の負傷だよ…。」フラフラ…

司令官「ご苦労様、大丈夫かね? 深雪君?」オイオイ…


深雪「大丈夫、大丈夫 平気 平気… ちょっと入渠してくるわ…」フラフラ… コケッ…

司令官「ちょっ!? 大丈夫かね?突然転ぶなよ、ほら手を貸してやろう…」アセアセ…


深雪「いつつつっ… 何かにつまずいた…」イッタ-…

グシャボロッ…
97式中戦車「」


司令官「チ ハ た あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ー ー ー ん!!」


深雪「あっ ゴメン 潰したみたい?」エット…ゴメン?

メイド妖精「カ級が揚陸してくる可能性があったので、念の為に沿岸に配備しておいたのです…が…… まさか海軍に潰されるとは………」ヤレヤレ

深雪「次も、頑張っていこうぜ?」アハハハ…

司令官「うりゅしゃい!!(泣)」



10:2015/06/11(木) 14:01:59.97 ID:k/hvEgeSO

−深雪入渠中−
……はぁ………鎮守府の皆は、無事かなぁ……

あの日の演習中 霧が出て来て、凄く嫌な感じがしたんだよね………



深雪「電? 霧が出て来た… まるで、あの時みたいだ…」

電「ハワワワワ…今回は、深雪ちゃんとぶつからないない様に注意をするのです!!」

那珂「アイドルは霧の中でもへこたれない!! 写真映りは、歌声でカバーするぞーー!!フンフンフン♪ フンフンフフーン♪」

神通「那珂ちゃん ふざけないで!今日は那珂ちゃんの旗艦の演習も含まれるてるのよ?旗艦は私じゃないんだから…」

那珂「はーい……」


川内「特型駆逐艦四番艦? 顔色悪いけど大丈夫か?」

深雪「あっ… うん… 大丈夫… 平気 平気… うん…」

白雪「電ちゃんも顔色悪いわ?大丈夫?」

電「大丈夫…なのです…」


白雪「それにしても霧がどんどん濃くなっていくわね?これじゃあ演習なんか……っ!? てっ敵襲〜〜!!7時方向!」

神通「えっ!?艦種は?」

那珂「そっ 遭遇戦でもアイドルは、へこたれない…… おっかけ 待ち伏せは、想定内だよ!!」

白雪「敵 戦艦2 重巡1 軽巡1 駆逐2 主砲で弾幕はりますか?」

川内「那珂 まだ連携の取れない私達じゃ無理だ!撤退戦の準備をしよう?」


電「ハワワワワ… 突然湧いて出たのです 全然気づけなかったのです」

那珂「アイドルへの過度のおっかけは、メっ!!ストーカーと一緒なんだからね? プレゼントは鎮守府を通して渡してね?」

白雪「深雪ちゃん!電ちゃん!お互いに気をつけて!」



11:2015/06/11(木) 14:06:27.38 ID:k/hvEgeSO

神通「敵、砲撃開始! 各艦まずは、回避行動!!
距離をとって相手の出方を見ましょう!下手に動くと霧の中で味方どうし衝突するわ!見極めた後に離脱!」

那珂「相手は戦艦がいるから脚が遅いよ!初撃は観測目的のはずだから回避行動を取らずに各艦海域より全速離脱!
スクープなんか絶対に撮らせないんだから!」


神通&那珂「「えっ??」」


電「ハワワワワ…どうすればいいのです?」

川内「各艦、回避しながら海域より全速離脱!白雪、指令部に緊急の打電!!」

白雪「了解しました!!皆さん?可燃物は投棄されましたか?まだなら急いで!」



ド ッ カ ー ン!!



深雪「……くっ…左舷前方至近弾……」

電「ハワワワワ…深雪ちゃん狙われているみたいなのです やらせないのです!深雪ちゃんと敵の射線に入って庇うのです 深雪ちゃんの後ろにつけるのです!」


深雪「面舵いっぱい!回避行動とるぜ!」

電「ハワワワワ… 深雪ちゃんが突然減速して右側に… 取り舵いっぱいなのです!!」



ザ ッ パ ー ン ! !



深雪「電はどこ? 霧が濃くてわからない… まさか取り残された? ………っ、前方に至近弾 次、取り舵いっぱい蛇行して狙いを絞らせやしないぜ!」



バッシャーン!



電「ハワワワワ…このままでは、編隊から離れてしまうのです いそいで面舵いっぱいなのです …………前方至近弾なのです!正面に水柱…前見えないけど……このまま全速で突っ切るのです……」



12:2015/06/11(木) 14:12:02.54 ID:k/hvEgeSO

ガ ッ シ ャ ー ー ン!!!



深雪「……っ 、 ぐ 、 げふっ……… ……ッ …!?」ボタボタッ



電「はにゃあーっ?!イタイのです……………って…………あっ… あぁぁ……… み 深雪ちゃん?」フラフラ…


白雪「深雪ちゃん!!?捕まって!!早く私に捕まるの!」ガシィ…


深雪「……ゲフッ こ…これが運命? …カハッ……運命には…抗えない……? 頭の中がザワつ…く…… 白雪、電…みんな… ……ごめん…先に…逝くわ。またな。」


白雪「くぅっ…、深雪ちゃん…立つのよ…今度こそ一緒に…帰ろう…あぁ、手を離さないで、深雪ちゃん!」ズルズル…

電「あっ……あっあああ…………」ヘタン…


那珂「深雪ちゃん! 沈むには、まだ早いよ! コッチ!早く捕まって!アイドルは、どんな逆境にも負けないものだよ!運命は自分の力で切り開くの!」ガシィィイ!

電「」

神通「電ちゃんもしっかりして、大丈夫! 砲撃が止んだわ、霧が味方してくれている今がチャンスよ捕まって、海域から離脱しましょう?」ガシッ…


川内「最後尾は、私がやる 白雪は先導して!」チクショウ…

白雪「わかりました……那珂さん…力及ばずスミマセン…深雪ちゃんをよろしくお願いします…」クウッ…


深雪「那珂ちゃん、ゴメン 弱気になって…… ゴフッ… 次こそは、皆の役にたちたい 皆を守りたいと思ってたのに…」ケフケフッ…

那珂「いいから、喋らないで!早く行こう!!」グググッ…


川内「那珂!!右舷後方雷跡!!!危ない!」




チ ュ ド ォ ー ン !!




那珂「きゃーーーーーっ!!!−−−−−…………深雪ちゃん!? 深雪ちゃんどこ??」ハッ…?

白雪「そ、そんな…また私は何も…深雪ちゃん?深雪ちゃぁぁぁぁーーーん……」



深雪「あぁ、これ………… 水の……中……あった……か…い……?」







深雪「????」
ザバー……ゲホッゲホッ… ケフケフッ………

深雪「夢?……危うく風呂で轟沈するところだった……… 出よう……」
…トボトボ……



13:2015/06/11(木) 15:25:24.57 ID:k/hvEgeSO

−脱衣場−
深雪「ちょ〜っと疲れたなぁ。休憩っと。」
フルーツギュウニュウ ゴクゴク…ハァ…


メイド妖精「失礼します。お着替えをお持ちしました。傷は癒えましたか? 予定より少し長く入渠していた様に感じましたが…?」

深雪「おっ…おう!!もう元気バリバリだぜ!ありがとな?」


メイド妖精「お元気そうで、何よりです… あぁ、忙しい忙しい……」ハァッ…

深雪「ため息つくと幸せが逃げちゃうぞー 元気だせーー!(笑顔) 何なら何か手伝ってやろうか? 居候の身だしな?(満面の笑み)」ニッコリニコニコ


メイド妖精「いえ、陸軍としては、海軍の提案に…」ツーン…
深雪「だから、もういいから、そういうの!!」クワッ


メイド妖精「そうは言っても……あっ! それでは、この書類を執務室のご主人様にお届け願いますか? 私これより夕食の用意がありますので…」

深雪「紙っペラ一枚だけ?」


メイド妖精「えぇ、今回の防衛戦での地上被害報告をすっかり忘れてしまいまして…」

深雪「地上被害なんて、この島にたどり着いた敵なんていないじゃん…?」


メイド妖精「えぇ、どこかの駆逐艦が味方を敷き潰さなければ、地上被害はゼロのはずでした…!(満面の笑み)」ニコニコ

深雪「」

メイド妖精「よろしくお願い致しますね 深雪様?(にっこり)」ニコニコ



14:2015/06/11(木) 15:54:14.35 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
コンコン…
司令官「どうぞ!」カキカキ

ガチャ…
深雪「あ〜めんどくさ〜い。な〜んか連絡だよ〜?」ダルッ…


司令官「あぁ…、スマンね深雪君……何々?被害報告の追加分か… ん? 地上被害? 地上被害は無いはずだが………… ………チ ハ た あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ー ー ー ん」 う わ゛ー ー ん(号泣)

深雪(何これ凄く面倒臭い!!!)


司令官「海軍なんか 海軍なんか…… ブツブツブツ…」

深雪「あのぅ、…指令官? 報告書類受け取りのサインくれよ?? 作戦指令室に持ってくからさ…」イライラ…


※一時間経過
司令官「…チハたんは47mm砲の改バージョンもイイけど、ヤッパリ旧式の57mm砲の……ブツブツブツ……」

深雪「ヨシヨシ解った解った、チハたん最高だね?ほらハンコをポポンとココに押してくれよ?」ハヨハヨ…


※二時間経過
司令官「チハたんのディーゼルエンジン最高だよなぁ… ヤッパリ 浪漫だよ… そりゃ、ガソリンエンジンの方が…… ブツブツブツ……」

深雪「おーい おーい おーい チハキチー? 応答せよー! ココにハンコを押すと皆が幸せになれるぞー、特に深雪は幸せになれるぞー?」オネガイ…


※三時間経過
司令官「チハ最弱なんてのは、知ってるんだって!!でも、ほら守ってあげたくなるだろ? だって、本当は支援戦車であって……ブツブツブツ……」

深雪「メイド妖精め… こうなることを知ってたな…… やられたっ!失敗したぜ、チクショ〜!」ウガー!


※四時間経過
司令官「チハたん チハたん チハたん チハたん」チハタン ペロペロ

深雪「Zzz… Zzz…」



15:2015/06/11(木) 16:41:08.25 ID:k/hvEgeSO

チハたん「この駆逐艦め… よくも潰してくれたな!」ヌーン

深雪「ちっ…違う故意じゃない!……と言うより…チハたん滅茶苦茶デカくない?」フルフル


チハたん「お前を潰す為に司令官からデカく作り直して貰ったのだ!」ヌヌーン

深雪「待て、話せばわかる!」フルフルフルフル


チハたん「問答無用 キャタピラの錆となれ!」ノシカカリ

深雪「ううーん 重いー」ジタバタ


チハたん「ついでに、その潰れた胸に榴弾砲をお見舞いしてやろう?」

ドッカーン!

深雪「うーん 胸が重い熱い…」ジタバタジタバタ





ウーン ウーン……
司令官「随分うなされているな… ヤハリ病み上がりで調子がでないのだろう…」

深雪「うっ…うーん…あっつーい!!」ガバァ…


司令官「おっ?起きたか…」

深雪「何だこりゃ?」アセ ビッショリ


司令官「フム、気がついたら、君が執務室で眠りこけているから布団を敷いて寝かせたのだが…?」

深雪「毛布3枚に羽毛布団1枚おかしいよな?」オモイ


司令官「そうかね?女性は冷え性が多いと聞くのでな… それに艦娘の生態って知らないし、名前が寒そうじゃない…?」

深雪「司令官!?艦娘は人間と同じだぜ!!……って………ない…ない!ない!ない!!」ムネサワサワ


司令官「胸がどうかしたかね?」

深雪「チハたんがキャタピラで胸を潰した後、榴弾砲で………」ハッ…!


司令官「何を寝ぼけているのだね? 最初から存在しないモノは…………えっ?」

ゴゴゴゴゴ……
深雪「最後に何か言い残すコトはないか?……どうせ、きっと深雪は改になってもこのままなんだ………」ショウジュン アワセ ウチカタ ヨウイ!


司令官「胸のない… いや、夢のないコト言うなよ……」ハ…ハハハ …ハハ……



16:2015/06/11(木) 17:33:09.32 ID:k/hvEgeSO

コンコン…ガチャ…
メイド妖精「失礼いたします 朝食の用意ができま…し…た…?
なぜご主人様が天井から吊るされているのですか?深雪様?」


深雪「スマキの暑さを体験して貰おうと思って?」フン…

司令官「暑い 悪かった 下ろしてくれ…」プラーン


深雪「次 は な い か ら な ?」ニッコリ


司令官「了解した… しかし、私は一応この基地司令なのだがね? 鹵獲駆逐艦君?」ギロッ


深雪「えっ!? ……アレッ? アハハハハ…ハハ…… ゴメン…ナサイ…」オロシオロシ ホドキホドキ


メイド妖精「まぁ いいでしょう… ご主人様?朝食の準備が整いました。それと、報告です…今日は、基地正面より4時の方角から日の出がありました」


司令官「そうか… ヤハリ深夜に<霧>が出たのだな?」テクビイタイ

メイド妖精「はい……それと、遠方捜索隊ですが… 未帰還機36機 全機戻ってません…」


司令官「そうか… また召喚して彼等の魂を呼び戻すよ… 後で名簿を持ってきてくれ…」クビコキコキ

深雪「日の出って普通は東からしか上がらねんじゃね?」ワケワカラン


司令官「あぁ、深雪君には、言ってなかったね…
日の出の位置は勿論、星の位置も、どんどん変わるからこの島…… 勿論 コンパスも羅針盤も言うコトききゃしない…」アタマ ポリポリ


深雪「えっ!?」


メイド妖精「いったい、この場所はドコなんでしょうね…」

司令官「もう、大体1年半になるな… 果たして、私は本当に生きているのだろうか…… ここは、地獄なのかも知れんな…」


深雪「」アタマ マッシロ


司令官「天測して大体の位置がわかっているつもりなのに、遠くを偵察しに行く部隊はいつも帰って来ないな…」

メイド妖精「召喚し直すと、妖精達の記憶がなくなるのが厄介ですよね…」フゥ…

司令官「深雪君 この島を中心に約半径150kmが不思議な海域なのだよ…」



18:2015/06/11(木) 18:03:47.03 ID:k/hvEgeSO

−食堂−
司令官「どうかしたかね深雪君?食が細い様だが?
あぁ、そうか、まだ病み上がりだものな?」

メイド妖精「あら…、味が薄かったかしら? 病人食からと思いましたが、大変失礼しました…
深雪様、昨晩、食堂に来ませんでしたので、食べやすいモノをと用意したつもりなのですが…」


深雪「いや違うよ ご飯は旨いし 気を使ってくれてありがとう メイド妖精… ただ、今の状況に凄く混乱してる…」


司令官「まぁ、心配しないでくれ 場所の話しだが大体20くらいのパターンがあるらしい…
そして、ある特殊な霧が出るまでは、場所が変わらない…
上手くいけば、内地に戻れるはずだ…」


深雪「そっか…」


司令官「さて、私は仕事をするかな?深雪君は、ゆっくりしてくれて構わないよ では、また後でね?」

深雪「ちょっと待って……司令官の仕事…………手伝っていいか?」


司令官「…そうか? じゃあヨロシクお願いします 深雪君!」

深雪「………ありがとな?司令官……」


司令官「コチラこそありがとう、私の初期艦は、深雪君だね?
ところで、君、食べられるなら、ちゃんと食べなさい? このままでは、小さいままだぞ?」

深雪「あん?誰が貧乳だと?」ギロッ

司令官「あっ、いや背のコトを言ったのだが…」ビクゥ

メイド妖精「貧乳にコンプレックスあり…と」メモメモ

深雪「メモんな! ほっとけ!」クワッ

メイド妖精「貧乳でも イイじゃない 駆逐艦なんだもの…」ボソッ

深雪「あ○だ みつ○ じゃねー!!もう、ほっとけよーー」ウワーン

メイド妖精「バストアップ効果が期待出来そうな世話は、いらぬ世話っ…と……」メモメモ

深雪「胸おっきくなりたいであります、ハイ、陸軍の協力を要請します!」ケイレイ



21:2015/06/11(木) 18:20:04.93 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
司令官「まぁ……私の仕事の内容だが、まず第一に、この場所の位置の把握と周辺の状況を日記に書いたり、召喚したばかりの妖精の名簿を作るコト」

深雪「ふんふん」メモメモ


司令官「第二に私の記憶している情報…まぁ、兵器の設計図等を紙に書き出すコト 本職は技術将校だからね」

深雪「ほうほう」メモメモ


司令官「第三に島周辺の戦闘で各種兵器を操る妖精さん達に攻撃命令を直接下したり、新しく妖精さんを召喚したりする この3っつだ」

深雪「わざわざ、艦娘を仲介しなくても戦える能力って奴だっけ?」


司令官「実際は設計屋だからメイド妖精さんに丸投げだが、私の闘うという念…、というか思いで妖精の使う兵器が動くらしい…」

深雪「ふーん で、深雪は何すれば良い?」


司令官「とりあえず、出してある設計図をまとめて棚にしまってくれるか?」

深雪「了解!」

司令官「私は、ある兵器の設計図の最後の方を書き上げてしまうよ… 上手く行けば、新戦力の増加となる」


深雪「仕事中は、あまり喋ったらマズイ?」

司令官「何か聞きたいコトでもあるのかね?」カリカリ シャーッ…

深雪「私を助けてくれた時のコトを教えてくれよ…、他に5人艦娘がいたはずなんだ…」


司令官「あぁ、偵察機の話しでは、他の五人は、おそらく無事なはずだ…」カリカリ…

深雪「ほ 本当か?」パァアッ!



24:2015/06/11(木) 18:27:47.53 ID:k/hvEgeSO

司令官「ただ正直、絶対とは言えない… 5人全員がかなりの負傷をしていたらしいからな…」


深雪「……っ」ゾクッ…


司令官「深雪君の隊を最初に狙った敵艦隊は、すぐに我々陸軍が全て沈めるコトに成功した!
だが、君達がさらに進んだ先に敵潜水艦がいた様だね…」


深雪「知らない間に進軍してた…んだな…?」


司令官「霧の中の船団攻撃を我々の部隊は得意とするが、流石に水の中までは、解らなくてね…」

深雪「でも、皆、大丈夫なんだよな…?」


司令官「あぁ、大丈夫だと思われる。敵潜水艦部隊は軽巡達が鬼神の如く全てを血祭りにあげた様だ…」

深雪「軽巡の先輩達…」


司令官「その後、負傷艦も多かった為か、その海域からすぐに全艦離脱した様だ…」

深雪「あの場で沈んだのは、私だけなんだな?」


司令官「あぁ、他の艦娘が沈むトコロをウチの偵察機や高速艇は確認していない。」

深雪「そっか でもきっと大丈夫 そんな気がする!」ニコッ


司令官「そうだな… しかし、君も運が良い…
たまたま浅い場所だったから浮上させるコトが出来たんだ… 普通ならサルベージできんよ…」ニコッ


深雪「色々 ありがとな 司令官!」ケイレイ


25:2015/06/11(木) 18:56:04.41 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
(○二○○時)

???「ビンカン…、トコロに入れてイイのか?」ハァハァ

???妖精「ご主人さ…、ビンカ……トコロに入れたら駄目ですよ そんなに 大きいの入…たら 破けちゃ…」ハァハァ


???「もう、いいだろ」ハァハァ

???妖精「もう!駄目です… そ…な 硬くて大きいの 入れ…ら 裂けちゃいますよ サイズ考えて…さいよ」ハァハァ


深雪「ちょっ… 喉乾いたから食堂に行こうとしたら、途中の執務室から ぁゃιぃ 声が聞こえるんだけど…敏感なトコロに入れちゃうとか…」ドキドキ


???「もう、我慢できない …イド妖精さん ゴメン」ハァハァ

???妖精「あぁん 駄目ぇぇぇー!!ご主人様ーー無理矢理なんて酷いーーー!!」ハァハァ



深雪「チョット 待 っ た ー ー !!」

ド ア バ タ ー ー ン!



司令官「」キョトン
メイド妖精「」キョトン


深雪「憲兵の変わりに深雪様が裁く!! いくら司令官だからって……… ん?アレッ?何やってるの?」


司令官「えっ?掃除?」ハァハァ


メイド妖精「ほらー ご主人様 ゴミ袋破れちゃったじゃないですか?ビン缶ゴミの小さな袋にこんな大きな角張った硬いの入れたら破れちゃいますよー」ハァハァ


深雪「何で息荒いんだよ…」


司令官「いや、ハウスダストで鼻水凄くて口呼吸しか出来なくて」ハァハァ

メイド妖精「いつも、掃除させてくれないから、執務室のホコリ酷くて 鼻ムズムズします」ハァハァ



26:2015/06/11(木) 18:58:55.20 ID:k/hvEgeSO

深雪「手伝うよ…」


司令官「感謝する もう鼻がダラダラで早く掃除終わりにしたい…」ハァハァ

深雪「どさくさに紛れてエロ本探してやるぜ!」ニヤニヤ


司令官「お願いします それは、やめてください」セツジツ

メイド妖精「ご主人様…それは、そうとこの前の防衛戦で少しお話しがあります 掃除しながらでよろしいですか?」ゾウキン フキフキ


司令官「かまわんよ… 何かね?」ムリヤリ ツメツメ

メイド妖精「敵潜水艦隊が本格的に編成された様ですが… 対抗策はお考えで?」ヤブレマスヨ ソレ?


司令官「ある程度は、考えている…」ビリビリッ グチャー…

メイド妖精「流石はご主人様!」ダカラ イッタジャナイデスカ?


司令官「明日 ○八○○にドッグに来てくれないか 深雪君?対抗策を説明しよう!」ドウシヨウ…

深雪「了解した 司令官!」ホウキ サッサカサー


メイド妖精「艦娘が1人いるだけで全然違いますね?ヨロシクお願い致します 深雪様」カクサレテタ エロホン ツクエ ノ ウエニ カサネオキ

深雪「まぁ 深雪様に任せな!」エロホン ミユ!!


司令官「我が隊の海のエース 期待してるぞ!」チョッ ナカヲミルナ!

深雪「惚れるなよ 司令官?」アタゴキュウ ハッケン!!


司令官「抜かせ!明日からコキ使ってやる!」ゴメンナサイ ハヤクカエシテクダサイ!オネガイシマス!



27:2015/06/11(木) 19:46:29.22 ID:k/hvEgeSO

−ドッグ−

司令官「深雪君、君に仲間だ!」フフフ…

深雪「やったー♪」バンサーイ


司令官「まずは、カロ艇さんだ!!」ジャジャーン!

深雪「カロ艇? いえ、知らない子ですね…」アカギフウ…


司令官「そして、マルレちゃんだ!!!」ジャカジャーン!

深雪「まるゆちゃんだろ? ヤッパリ陸軍だなwww」アハハハハ


司令官「いや、マルレちゃんだ…」

深雪「誰よ そいつ… 深雪というものがありながらー……って、本当誰よ…」キョトン…

司令官「紹介しよう 入って来なさい」

マルレ妖精1「よろしくなベイベー♪」ウインク

マルレ妖精2「モーターボートだと思って甘く見るなよ?」フン…

マルレ妖精3「アマガエルって言わないで!」オドオド

マルレ妖精4「震洋なんかと一緒にしないで!」ヤリマシタ

カロ艇妖精「駆逐艇舐めんな!」ムスッ


深雪「おおっ!艦隊に新しい仲間みたいだなっ。 …………って、言うと思ったか?」クワワッ!


司令官「深雪君を旗艦とした6艦艇で駆逐隊を編成しようと思う!」ググッ


深雪「いや あきつ丸 や まるゆちゃん はどうしたんだよ?」クワワワッ

司令官「彼等は、海軍に取られた……」ショボーン


深雪「この妖精の乗ってるモーターボート 絶対特攻仕様じゃないか? 私に特攻の指揮を取れと?」ムッキー!

司令官「おい、話しを最後まで聞け!!!」ギロッ


深雪「なっ、なんだよ…」ビクッ


司令官「君とカロ艇のソナーによる二重索敵で敵潜水艦の早期発見とマルレを含む6艇の爆雷による波状攻撃をする為の対潜戦闘仕様の編成だ…特攻なんてさせるか!!」


深雪「ふーん…でも、潜水艦以外の深海棲艦や敵艦載機はどうすんだよ?」プリプリ

司令官「それは、いつも通り陸軍の 航空隊 沿岸砲 他の小艦艇 で充分どうとでもなる… しかし、潜水艦相手は、ウチらは、どうも苦手でね…」


深雪「まぁ、いいよ… でも駆逐艦の速さについてこれんのか?」フフン

司令官「ふむ、試してみたらどうかね?ついでに哨戒任務に出てくれ…」


深雪「いいゼ、海軍の艦艇の速さを見せてやるよ!
さあ、深雪さまの敵はどいつだあ?艦隊抜錨!!ぃよーし、行っくぞー!」



28:2015/06/11(木) 20:02:45.99 ID:k/hvEgeSO

−島の沖合い−
深雪「マルレちゃん達は、そんなに遅くないし… 驚きは、カロ艇さんが速くてなかなか振り切れない!!?」


カロ艇妖精「深雪お嬢 お遊びは、ここら辺で、しまいにして、少し離れた場所でソナーによる二重索敵しませんか?」


深雪「そ、そぉだねぇーんじゃ、索敵開始ぃぃ!!」

カロ妖精「カーン…ココココーン……??前方距離約60多数感あり お嬢どうだい?」


深雪「確かに!相手はコチラに気がついてる?」

カロ妖精「どうする お嬢?」


深雪「いやいや、いけるいける!! みぃんなー ぃくぞぉーー!! 対潜戦闘 よおーーい!!」

カロ&マルレ妖精「「「いよっしゃー!!!」」」


深雪「と っ つ げ ー き ぃ ぃ い!!」


カロ妖精「ホラホラ ドンドン 爆雷投げ入れるぞ!」バチャン パチャン ボチャン

マルレ1妖精「蝶のように舞い蜂のように刺す」ボチャン

マルレ2妖精「魚雷?当たらなければどうということはない!」バチャン

マルレ3妖精「爆雷をお届けに参りました…ここにおきますね?」ザバン

マルレ4妖精「震洋とは違うのだよ震洋とは…」ドボン

深雪「喰らえーっ!」バシュン……ザッパン……



チュドチュドチュドーン!!!!



カロ妖精「撃破多数!……不利を悟り逃げに入る奴がいる!!」


深雪「追い込みますかぁ?艦隊、追撃戦に突入だあ!!いっけー!!」


カロ&マルレ妖精「「「イエス マム!!」」」


深雪「深雪スペシャル!いっけー!!」ドボドボドボドボン



ドカドカドカドカーン!!!



カロ妖精「敵沈黙!!」

深雪「よぉしっ!」


カロ妖精「お嬢、一度補給に帰りましょう?」

司令官「ザーザザー… 皆さん聞こえますか?ご苦労様です、補給を準備してます。帰投して下さい」


深雪「補給〜!ありがたいぜ!ごっそうさん!!」


29:2015/06/11(木) 20:17:26.59 ID:k/hvEgeSO

−ドッグ−
深雪「しれーかぁん、いつもサンキューな!思いっきり戦えて、なんかスッとしたぜ!…なんでだろうなあ…まっいいかぁ〜!細かいことは!なっ!!」キラキラキラ


司令官「いやいや、補給させて上げるコトくらいしか出来ないからね コチラこそいつもありがとうな?」

深雪「何か、体の中から力が溢れてくる 今ならなんでも出来そうだぜ!!」


メイド妖精「本当ですか? じゃあ、大浴場とトイレの掃除お願いします」

深雪「」エッ…


メイド妖精「それと、洗濯物とお食事の用意も一緒にしましょう!」

深雪「」アノ…ソノ…


メイド妖精「冗談ですよ…深雪様?練度がだいぶ高くなったみたいですね…
ご主人様?戦力増強の為、陸軍の工廠で改良を試みてはいかがでしょう? 出来るかは、解りませんが…」


司令官「んー、まぁ、出来なくもないが…? 弱くなったらゴメンな?」


ボソボソコソコソ
カロ妖精「オイ、改良ってあれだよな?」ガクガクブルブル

マルレ1妖精「あぁ、前に司令官が、チハたんを新砲塔に変えようとして改良したら、泣きペンギンになったやつだよ…」

マルレ2妖精「ペンギンになるくらいなら弱くていいぞ俺は…」

マルレ3妖精「アマガエルよりは、良いかもしれないけど…」

マルレ4妖精「上手くいっても震洋になっちまったら俺もう生きていけねーよ…」

深雪「おいおい、怖いコト言うなよー…」ペンギン…ヤダナ…


メイド妖精「そうですね…海軍の改良と違って 陸軍の改良ですからね…色々なパーツが無駄に大きくなると機動力が下がるかも知れませんしね」ムネ…トカ…

司令官「そうだな、大袈裟に大きくなると被弾率も高くなるしな…」ムネ…トカナ?


メイド妖精「工廠には、駆逐艦改良の為の場所と時間のキャンセルを連絡しておきます…」チャンス ホウキ シチャッタネ? ウフフフフ…

司令官「あぁ、頼む!」ミユキチャン ユメ ジャナクテ ムネ ナイママダネ…


深雪「うん、ヤッパリある程度のリスクがないと強くなれないよな?決めた!!陸軍で改良受けるぜ!」ムネ オオキクナリタイデス!

司令官「了解した」ウフフ

メイド妖精「あらあら」ウフフ



30:2015/06/11(木) 20:36:35.66 ID:k/hvEgeSO

−工廠−
深雪「おぉー!!12.7cm連装砲が10cm連装高角砲と61cm三連装魚雷に化けたwww しかも、何か強くなった気がするぅーーwww」キラキラキラ


司令官「どうよ!技術将校なだけあるだろ?」ドヤ

メイド妖精「なんか、オーラが違いますね!!」ウレシソウ


深雪「サンキューな!司令官!ご機嫌だぜ〜!」イヒヒ

司令官「今度からは、対潜の他に対空戦闘もいけますな?」イイカオシテルナ?


深雪「いっけるいける〜、早く戦いたいぜ〜!」ウデグルグル

メイド妖精「戦略の幅が広がりますね?」ヨカッタヨカッタ


深雪「…で、今から体の方の改良するんだろ? まぁ、このままでもイイんだけど、一応受けてやるよーー!」ワクワク


司令官「このままで イイなら、ここまでの改良で充分だよー」メ ソラシ…

深雪「いや、ある部分の装甲厚くすると良さげじゃない?」ハヨハヨ


メイド妖精「さ、深雪様 お腹空いたでしょ?食堂に行きましょ?」ゴハン タベマショ



深雪「い い か ら 胸 デ カ ク し ろ よ !」イラッ



司令官「スペック上最初から無理です!!!」

メイド妖精「そそのかしてゴメンなさい!!!」


深雪「知ってたよ… うん元気 元気 平気 平気…」ズーン…


司令官「だ、大丈夫だ きっと 改二になれば、巨乳になる!」ワタワタ

メイド妖精「い、今だって虚乳くらいの改造は出来るかも?パット装備しますか?しましょう!」アセアセ


深雪「オマイラ、夜道気をつけろよ!」(怒)



33:2015/06/11(木) 21:28:49.16 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
深雪「なぁ? 思ったんだけどさ、この基地、凄く大きくて近代的じゃん?」


司令官「あぁ、妖精さん逹ってスゲーよな」カリカリカリ

深雪「んでさぁ、内地の方向が解りしだい、妖精さんに輸送機か輸送船作って貰って脱出すればイイんじゃね?」


司令官「妖精さん逹の作るモノは、人間が触れると動かなくなるのだ… それに、人間の乗れるサイズのモノを作れない…」シャッシャッ コシコシ カリカリカリ

深雪「えっ?」


司令官「勿論、軍刀とかナイフとかフォークとか布団とか動きが静的なものであれば何ら問題もないが、シャワーとか水道の蛇口とか動的なものは、制限される…電灯のスイッチに至っては、妖精さんを介して使ってる有り様だ…」ペラッペラッ カリカリカリ


深雪「だから、手洗い場にタライがあったり ボットン便所があったりするわけか?」ナルホド

司令官「それでも、全く何もない無人島よりかは、かなりイイ暮らしが出来る 妖精さん逹には、とても感謝してるよ」エンピツ ケズリケズリ



34:2015/06/11(木) 21:30:36.13 ID:k/hvEgeSO

深雪「ところで、さっきから高速で設計図書いてるけど、もっと計算したり色々な資料見たりして書くもんじゃねぇのソレ?」


司令官「あぁ、映像記憶って知ってるか?私は、それが出来るんだよ……一度見た図面をただ、トレースしているだけだからな… あまり計算とかしなくてもイイんだよ…」カリカリカリ ハンコ ポーン


深雪「でも、その設計図の束は尋常な枚数じゃねぇよ…分厚い本一冊分以上あるじゃん…」ガーン!!

司令官「400枚以上になるな、全部トレースしたモノだ… まぁ、諜報員に選ばれそうになったコトもあるが、体力が無くてね…
結局陸軍の技術部から強く欲しがられてね、断れきれず 陸軍に入った…」チリリーン


コンコン…シツレイシマス…ガチャ…
メイド妖精「お呼びですか?ご主人様…」

司令官「設計図を書いたから工廠に持っていってくれますか?」


メイド妖精「かしこまりました」ペコッ

深雪「あっ、手伝うゼ!」


メイド妖精「深雪様 ありがとうございます!では、行きましょう」

深雪「おう!また後でな司令官!」ケイレイ
ガチャ…パタン……


司令官「行ったか…」



キョロキョロ……ガサガサガサ……
司令官「フフフ、浜辺に流れついた新しい雑誌から情報を得る楽しみは勿論あるが……、この巻頭グラビア エロい娘を使いやがってけしからん!」タカオキュウ ハッケン!!


キョロキョロ……
司令官「た、たまにはガス抜きも必要だよな… ん?メモが挟まってる?」


(短装砲の整備はトイレでして下さい 執務室が雄臭いです!メイド)


司令官「クソっ!!!」ムキー


36:2015/06/11(木) 21:48:30.06 ID:k/hvEgeSO

−遊戯室−
深雪「TVゲームとか無ぇの?」コツッ…

メイド妖精「ハードが作れてもソフトが作れませんので…」カッ… チェックデス…


深雪「将棋 トランプ 麻雀 オセロ 色々やったけど…」コンッ…

メイド妖精「全部、私の勝ちでした…」カッ… チェックメイト ワタシ ノ カチデス…


深雪「チェスも負けた…」ガクッ…

メイド妖精「じゃあ罰ゲームですね!」ヤリマシタ


深雪「あー、忘れてなかったかー」ホント ニ ヤルノ?

メイド妖精「随分ハンデをあげたつもりですが?全敗で罰ゲームですよね? では、ついてきて下さい!」ニヤニヤ


深雪「あぁ、でも麻雀は二着だったゼ?」

メイド妖精「私は一着でした…二着以下はハコったでしょ?圧勝です。着きましたよ」ウフフ


深雪「オーラス親の四暗刻単騎ツモ上がりとかどんなイカサマしてんだよ… ってか、ココ大浴場だよな?」

メイド妖精「只今の時間 ご主人様の入浴時間となっております 背中を擦ったりお湯をかけたりなどの介助をヨロシクお願い致します!」


深雪「くっ、殺せ!」


メイド妖精「勿論、しないと言う選択肢はないんですよ? まぁ、もし、しない場合、一週間の献立を考えてあります。これドウゾ!」

朝:レタス1玉 レモン一個
昼:豆腐1丁 玉子3個
夜:キャベツ1玉 豆乳沢山
これを毎日

深雪「」ウルウル


メイド妖精「バストアップ深雪スペシャルです!」ドウシマスカ?

深雪「わーったよ… でも水着無いんだけど?」


メイド妖精「深雪様は、お風呂入るのに水着を着られるのですか?」

深雪「タオルはイイっすよね?」オネガイシマス


メイド妖精「まぁ、それは、しょうがありませんね… では、毎日一食だけは深雪スペシャルで手をうちましょう」

深雪「なぁ?ちょっと酷くね?」イジメダ


メイド妖精「御飯の話は冗談です、早く入ってきて下さい これも持っていって下さい」オサケ コボサナイデクダサイ

深雪「いっ…い い い…ぃよーし、行っくぞー!」


37:2015/06/11(木) 22:16:02.17 ID:k/hvEgeSO

−浴場−
深雪「し、失礼するぜ〜 お酒持ってきたぞ〜」ボソボソ…///

シーン……


深雪「うぅ…」///
フクヌギヌギ バスタオルマキマキ…

(あっ、この籠、司令官の服が入ってる… トランクスなんだ〜 ふーん/// …ん、コレはドッグタグ? ふーん いつも司令官って言ってるから名前とか見ると何か新鮮だ… 血液型 深雪と一緒だ…)


司令官「おーい、誰かいるのかぁ?」

深雪「ひゃいっっ!」ビククゥッ!


司令官「なっ!?ち…ちょっと待て!何を考えてる血迷ったか?外に司令官使用中の札かけておいただろ?」アワアワ

深雪「わ、わけあって!し…失礼するゼ!」///
ガラガラ…


司令官「ちょっ、な…入ってくんな!」///

深雪「メイド妖精に頼まれた… 酒持って来たゼ…」///


司令官「メイド妖精の仕業か… ま、まぁ いいか…」///


深雪「そのな、あのほら海軍と陸軍の友好をだな…」ワタワタ

司令官「あー、もういいって それよか酌してくれよ?」


深雪「お、おう… その…あの こういうの初めてでさぁ… って、ちょっと そんな近く来んなよ、見えるだろ?」アトズサリ

司令官「酌して貰うのに近く行かなきゃいかんだろ? それに、君の裸はサルベージの時と改良の時に既に見ているが?」ニヤニヤ


深雪「あー…もう… まぁ、いっかー///」チカヨリ オサケ トクトク

司令官「おっとっと…」キュッ フウッ…


深雪「司令官?旨いか?」

司令官「ん?あぁ…」


深雪「司令官 後で背中擦ってやるよ」

司令官「あぁ、助かる… 深雪君も飲むかね?」


深雪「その深雪君ってのどうにかならないかな?もうココに来て随分たつんだゼ?」

司令官「ん?なら深雪ちゃんがいいか?それともミユキンとか?」


深雪「深雪でいいじゃん!!君づけいらないだろ?」

司令官「あー、そうか呼び捨てにするってのもあるか… 君はそれでもいいのかい?」


深雪「おう、それの方がイイ! さ〜て、背中流してやんよ!」

司令官「じゃあ、頼むよ深雪!」ザバァー…



38:2015/06/11(木) 22:17:59.93 ID:k/hvEgeSO

深雪「ぃよーし、背中ゴシゴシするぞー!」フンス!

司令官「気合い入れるなよ…何か背中が擦りきれそうだ…椅子は…コレでいいか…」スワリ


深雪「擦る力 これくらいでイイか?(背中大きいな…)」コシコシ

司令官「おぉ、テクニシャンだな…」

深雪「何か言い方ヤラシイんだよ…」///


司令官「よし、じゃあ今度は、ソッチが背中をコッチに向けろ!」

深雪「ふぇっ?」///


司令官「早くしないと前から見ちまうぞ?」ニヤニヤ

深雪「ちょっ!待っ!」クルッ


司令官「よし、背中流してやる… まずワキからな?」ウデモチアゲ コシコシ

深雪「…オイオイオイ! そのスキンシップは、どーなのかなー…? まあいっか!」///


司令官「今さらだな…」セナカコシコシ

深雪「うん…そうだな…」///

司令官「よし!前は自分でヤレよ?」



39:2015/06/11(木) 22:41:29.52 ID:k/hvEgeSO

−脱衣場−
メイド妖精「…で、ご主人様がいながら、こうなったわけですか…?」ヤレヤレ


司令官「酒飲むの初めてだったらしくてな… その上長湯して のぼせてしまったらしい… スマン!」オテスウ オカケシマス

深雪「」カオマッカッカ…


メイド妖精「まぁ、いいですよ そこの椅子に横たえますから、手伝って下さい?」

司令官「艦娘と言ってもカワイイもんだ…」ヨイショ


メイド妖精「……ご主人様は、海軍が嫌いなんですよね?」アオギアオギ

司令官「何で?」


メイド妖精「内地に戻る時、うやむやの理由で、海ルートからしか帰れなかったじゃないですか?」タオル ヒヤシヒヤシ

司令官「そうだったな…」


メイド妖精「その時、護衛の艦娘逹が途中で任務を中止して離れていきましたよね… 安全海域と言う理由で…」

司令官「あぁ、覚えているよ… たった一隻の船に護衛は出したくなかったのかも知れない…
勿論、海軍が大規模作戦の前だったから、戦力を温存をしたかったのもあるだろうけどな…」



40:2015/06/11(木) 22:45:15.32 ID:k/hvEgeSO

メイド妖精「月明かりの綺麗な夜、深海棲艦から奇襲を受けて………

最初は何人モノ人が、漂流物に捕まりながら必死に生きていた…」

司令官「あぁ、轟沈だったからな救命ボートを用意する暇もなかった… 近くにボートらしきモノは見えなかったな…」


メイド妖精「そして、ご主人様は、一人一人海に沈んで行く仲間を見ていた……

新米の将校を罠にかけたベテラン提督と自分を殺そうとした深海棲艦を強く憎みながら…!」


司令官「同盟国の対深海棲艦用の兵器の思想や設計は、素晴らしかった…
ただ、それの研究費は莫大なモノになる 陸軍主体の研究を快く思わないモノも多くいる…」


メイド妖精「私は、ここにいる他の妖精逹と違って、貴方の強い念で仕える主人を無理矢理ねじ曲げられてしまった妖精…
元々は海軍に支える妖精です…
私のコトも艦娘逹もあの提督も深海棲艦も全て嫌いですよね?憎いですよね?」

司令官「…」

メイド妖精「知ってるんですよ… 生きて帰って、ご主人様を危険海域に行かせた提督に残虐な仕返しをしようとしているコトを…

そして、その提督の命令で去っていった艦娘逹に恐ろしいコトをしに行こうとしてるコトを…

そして、……そのベテラン提督の下で………………

スパイ妖精をしてた奴に地獄を見せようとしてるコトを…!!

何故、私を生かしておくのですか?何考えてるんですか?何か言って下さいよ」ウワーン…

司令官「昔の話しです… 今は違います。メイド妖精さん…深雪を頼みます。」スタスタ… ガラガラ… パタン

深雪「……。」


41:2015/06/11(木) 23:04:13.58 ID:k/hvEgeSO

−執務室−
司令官「深雪と風呂に入っている間に、メイド妖精はヤハリこの部屋に来ていた様だな…」
ゴソゴソ…


司令官「エロ本コレクションの中の一冊は、中身が同盟国からの兵器の設計図だからな… 最後のページを読んだか…」
(メイド妖精へ、この兵器の設計図を君に渡す。海軍に渡してくれ)


司令官「書き方がまずかったかな……。
今日は、月が綺麗だな まるであの日の様だ……」
…………………
……………
………



将校「ダンケシェーン、流石は素晴らしい兵器の数々でした」

同盟国将校「我が国の科学力は世界一〜〜!!だからな?
たった1日の資料閲覧では、足りなかったかも知れないが我々も忙しくてな…」


将校「いえ、とても参考になりました… 本国より緊急の帰国命令が出ていまして…もっとココにいたかったのですが残念です…」


加賀「時間です… さっ、行きましょう 将校殿?」

赤城「一航戦赤城、出ます!」

加賀「加賀出撃します!」


朧「綾波型駆逐艦、朧、行きます!」

曙「特型駆逐艦「曙」よ。って、こっち見んな!この新米将校!」

漣「新米将校さん、調子に乗ると、ぶっとばしますよ♪」

潮「出撃ですね。やらなくては!」


将校後輩「なんか、個性的な方逹ばかりね…?」アハハハ…

将校「噂の無敵艦隊、一航戦の赤城と加賀 そして第七駆逐隊の面々 確かにこれなら空路より遥かに安全そうだ!皆さん、よろしくお願いいたします」



−船内−
将校後輩「先輩?嬉しそうですね?」

将校「あぁ、同盟国には悪いが、新兵器の設計図は全部頭に入ってる これを元に研究すれば、深海棲艦を恐れなくてイイ時代がすぐ来る!」


後輩「もう、そればっかりですね、少しは他のコト考えられないんですか? そうだ、内地に戻ったら、お食事一緒に行きませんか?」

将校「食事?いつも食堂で一緒に飯喰ってるだろ? ところで悪いが、昨日は1日中設計図とにらめっこして寝てないんだ、昼寝させてくれ!じゃあな!!」


後輩「先輩のバーカ!」

将校「何だ突然…?まぁいい、夕飯出来たら起こしてくれ?じゃあな〜〜」



42:2015/06/11(木) 23:49:53.89 ID:k/hvEgeSO

−船内−
将校後輩「先輩大変です!!起きて下さい!」

将校「んっ?なんだぁ… ゴキブリくらいで毎度毎度騒ぐなよ〜」


後輩「違います 艦娘逹が…」アセアセ

将校「何だ?ボーキサイトが足りないとかごねて烈風でも喰い始めたか?」アハハハ


後輩「と、とりあえず部屋から出て下さい!」

将校「はいはい…」ドア ガチャ…


赤城「将校さん?危険海域を脱したわ、ここからは、安全海域です」

加賀「これより私逹は、別の作戦に参加する為に進路を真逆に取らないといけないの…」


朧「近々、大規模作戦があるから ある泊地に向かいます」

曙「糞提督の人使いの荒らさったら本当にクソ以外の何物でもないわ!」

漣「まぁ、ご主人様の命令ですし、しょうがないですわ!」

潮「そういう訳で、第一航空戦隊は離れます 御健闘をお祈りします」


将校「ま、待ってくれ いくらなんでも、まだ航路の半分も来てないじゃないか… 次のどこか大きな港までは、着いて来てくれよ…」


赤城「提督の命令が最優先になりますので…」

加賀「頑張って下さい将校殿…御健闘をお祈りします… では…… さぁ、皆行くわよ!」

駆逐隊「「「了解!!」」」



43:2015/06/11(木) 23:52:52.52 ID:k/hvEgeSO

将校「行ってしまった…」

後輩「あ、安全海域みたいですし、きっと大丈夫ですよ… きっと…」


将校「ベテラン提督…何故だ…クソっ…」

後輩「先輩、きっと大丈夫ですよ 落ち着きましょう…… お月様が大きい…先輩?月が綺麗ですね?」


将校「月なんて、どうでもいい… どうする?」

後輩「どうでもいいですよね、ゴメンなさい」ズキッ…


将校「そうだ!無線を!」ドタタタタ…

後輩「先輩待って下さい!」パタパタパタ…

スパイ妖精「……」



−無線室−
将校「無線が破壊されている……」

後輩「そんな…」



−船尾−
スパイ妖精「何故、無線を破壊してしまったの? 我々の任務は対象の監視と必要ならば同盟国の秘密資料の奪取だけの筈よ?」


工作妖精「それは、そっちの任務だろ、こっちは違う任務を与えられている… 提督の言うコトを聞かないと存在を消されるぞ…」

スパイ妖精「しかし、無線を破壊したら対象者以外にも危険が及わよ?」


工作妖精「知ったコトか… 自分さえ無事ならいいんだ! お前!まさか裏切る気か?」


−操舵室−
船長「無線が破壊されているなんて異常だ 近くの船に救難信号を送ろう…」

将校「近くに船舶がいればイイが…」


船長「月明かりで良くみえるが…」

将校「船長?2時方向… アレは、何だ……?」


船長「深海棲艦!!?」

将校「なっ?撃ってきた?」



ド ッ シ ャ ー ン!!!


ゴゴゴゴゴ バキバキバキバキキバキバキバキ メキメキメキ………



46:2015/06/12(金) 00:21:30.78 ID:d6ib1Z6SO

−夜の海−
将校「後輩、捕まれ、この浮いてる木片に捕まるんだ!!」



将校後輩「先輩… 私…… 先輩のコトが…好き……」



将校「そ…、そうか じゃあ帰ったらデートしような? だから もう少し頑張れ!」


後輩「私ね…脚がもう……なくなっちゃった……デートいけないね…」


将校「大丈夫だ、今は義足とか色々ある そうだ帰ったら結婚! 結婚しよう!だから頑張れ!」



後輩「何だ… 私の気持ち…ちゃんと…届いてるじゃない……… でも、もう…… ごめ…んなさ…い…… 先輩は生き……て… サヨ…ナ……ラ…」トプン……





将校「後輩?後輩、沈むな?」


うわぁぁぁぁぁあぁぁーーーーーーーー!!


……………………
………………
…………



47:2015/06/12(金) 00:25:39.19 ID:d6ib1Z6SO

−朝の海−
将校「幻覚が見える…妖精が泳いでる いや… 浮いてるのか… おい? 大丈夫か? しっかりしろ?」

スパイ妖精「うっ… うう……」


将校「海水に浸かっているとマズイ 木片に引きずりあげるか…」ズリズリ…


スパイ妖精「げふっ ゴホッ…」


将校「おい、妖精でもいい死ぬな!生きるんだ…」

スパイ妖精「あ、あなたは……… 残念ね 同盟国の設計図は水の中よ…あなたは、ベテラン提督に嵌められたのよ…」コホコホ…


将校「そうかもな… ベテラン提督は、もしかしたら、私を凄く邪魔に思っていたかも知れない…君は海軍のスパイか…?」

スパイ妖精「えぇ…そうよ…」


将校「設計図は私の頭の中に入っている…まだ、沈んでいないよ…残念だったね…」

スパイ妖精「そう…だから貴方への暗殺部隊も出されてたのね…… 提督からの言霊の力が感じられない今 私は長くないでしょうね…まぁ、どの道助けなんて来ないと思うから貴方も終わりね…」ゲフゲフ


将校「言霊?どういう意味だ?」

スパイ妖精「仲間のやり方に文句をつけたから、ベテラン提督が私に利用価値を見出だせなくなったんでしょう…
全く言霊が感じられない…必要がなくなったんでしょ…」


将校「なら、私が存在意義を渡そう 私の為に存在してくれ!生きてくれ!」

スパイ妖精「無理よ、あなたからは、何も感じられない…… 言霊は限られた人間にしか……使えない…」


将校「おい、目を開けろ!」

スパイ妖精「」



将校「みんな 沈んだ みんな 死んでしまった………

疲れたな………………

後輩、そっちはいいトコロか?

今から逝くよ 逝っても怒らないでくれな?」


………ドプン……



48:2015/06/12(金) 01:39:45.23 ID:d6ib1Z6SO

−?−
将校(霧が酷いな… 前にあるのは、川か?向こうに渡るのに橋はないのか… ズボンが濡れるな… 脱ごう…)


将校後輩「ちょっ!何、脱いでるんですか?」///

将校「後輩!!?今そっちに行く!」ザバザバ…


将校後輩「来ちゃダメ!!!」

将校「何故?逢いたかった!」


将校後輩「来たら嫌いになりますよ!!」

将校「じゃあ、コッチに来いよ!」


将校後輩「先輩、聞いて下さい 人をあやめると地獄に行くんですよ… 自殺も同じです… なんで生きるコトを放棄したんですか?」

将校「でも、君に逢えた…」


将校後輩「この川を先輩が渡り終えた時 違う場所に連れて行かれますよ?」

将校「じゃあコッチに来てくれ!」


将校後輩「私、転生するみたいです 何になるかは、わからないケド 先輩のいない世界は、きっと つまらないな…」

将校「後輩…」


将校後輩「先輩生きて! いつか生まれ変わった私に会う為に…! お願い!」

将校「……」


将校後輩「強く生きたいと願って!その念が先輩を助けてくれる!」

将校「一緒になれないのか?」


将校後輩「いつか、一緒になれるよ… 現世に戻ったら… 私を探して?じゃあね先輩…」

将校「消えてしまった… わかったよ…後輩…戻るよ… 絶対に… 絶対君の生まれ変わりを探してみせる そして、次こそは、君を守ってみせる」



49:2015/06/12(金) 01:47:43.24 ID:d6ib1Z6SO

−無人島−
将校(……ここは? これは砂? 陸地か… この子は、スパイの妖精…?)
「おい、水を吐け、息と脈は… ちっ… 人工呼吸を… フーっ フーっ 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・1314・15 フーっ フーっ…

生きろ生きるんだ…目を開けろ!

戻って来い!

俺の為に!俺を1人にするな!!」


スパイ妖精「……!!!」ゲハッ… ゴホゴホゴホ… ゲボー…

将校「おい?おい大丈夫か?」


スパイ妖精「私を呼んだのは貴方?強い言霊を感じたわ……
私は敵だったハズの妖精なのよ… 今はもう元の主人に捨てられたケドね…」コホコホ…


将校「そんなに、陸軍が嫌いか?」

スパイ妖精「いえ、貴方が私に生きて欲しいと言った時点で、貴方に命を助けられた時点で、私は陸軍の鹵獲物よ…キライも何もないわ…」


将校「鹵獲物って嫌な言い方だな… 君は私の大事な仲間だよ……」

スパイ妖精「仲間…ですか…解りました 御主人様… 今後ともどうぞよろしくお願い致します」ニコッ


将校「それで、イイ… そ…れ……で…」バタン……

スパイ妖精「ご主人様?ご主人様しっかりして下さい!? ご主人様!」



50:2015/06/12(金) 09:08:23.02 ID:d6ib1Z6SO

−執務室−
深雪「お っ は よ ー ー ー!!!!」

司令官(ビクゥ!!)

深雪「起きたか?」


司令官「あぁ、君か… おはよう 深雪君?」

深雪「ち っ が ー う !! 深雪君じゃないだろ?」


司令官「あぁ、おはよう深雪!」

深雪「執務室で寝てたのか? ちゃんと布団に入れよ? もう昼前だぜ?」


司令官「何!?あぁ、スマン…ところでメイド妖精は、どうした?」

深雪「大変なコトになっているんだ!!」


司令官「何ごとだ?」

深雪「食堂へ来てくれ…」


司令官「食堂?わかった…」

深雪「メイド妖精が部屋からでてこないんだ…」


司令官「何!?…で、何故、食堂なんだ?」

深雪「…で、食堂がこの有り様だ…」ドア ガチャ…


[キ ャ ベ ツ が ゴ ロ ゴ ロ テーブルの上がキャベツ畑状態]


司令官「」

深雪「昼はデカイ冷蔵庫にレタスがいっぱい入ってるから1人1玉にしようと思ってる…」


司令官「何これ?まさか、朝ゴハン?」


深雪「うん… 深雪1人じゃ妖精逹全員分の朝ご飯を作れないから、一応 すぐに用意出来るものを出したんだけど不評で…」

司令官「」


深雪「司令官どうにかしてくれよ… 軍隊の飯にバストアップ深雪スペシャルの献立は、正直キツいよ…」



51:2015/06/12(金) 09:13:41.95 ID:d6ib1Z6SO

司令官「しかし、どうすれば…」


深雪「相手が初雪なら余裕なんだけどな…」

司令官「初雪?艦娘か?」


深雪「あぁ、吹雪特I型10姉妹の三女だよ私の1つ上の姉」

司令官「ほう?参考までにひきこもりをサルベージした方法を聞こうか?」


深雪「引き出した方法か? たしか……」



−回想−
吹雪「深雪ちゃん お願い!」アセアセ

白雪「私達じゃ イイ方法が浮かばないのよ…」オロオロ


吹雪「早くしないと遠征の時間に遅れちゃう!」ワタワタ

深雪「姉ちゃん逹がやって無理なら駄目じゃね?」


白雪「そう言わないで助けてよ〜」アセアセ

深雪「しゃあねーなー…」メンドイ…

吹雪「深雪ちゃん ありがとう!」パアァッ!


深雪「おい、初雪? ドア開けろ? 遠征の時間だぞ?」ドンドン

初雪「今日は、行きたくない… 深雪…変わりに……行って…」ピコピコカチャカチャ


深雪「おい、提督のオーダーを無視すんなよ…」

初雪「じゃあ、後…レベル5上がるまで、待ってて…」ピコピコカチャカチャ


深雪「ゲームしてんのか?」イラッ?

初雪「……。」


深雪「いいゼ、すぐ部屋から出してやる…」イライラ

吹雪「どこ行くの深雪ちゃん?」ワタワタ

深雪「やるときゃやるぜ。みてなって!」


−主電源室−
深雪「えーっと、初雪のいる部屋は、あっ!これだ!」
ON→OFFバチン… カラノ OFF→ONガチャ

吹雪「勝手にブレーカーを操作したら…」

深雪「良し、部屋に戻ろうゼ!」


52:2015/06/12(金) 09:36:59.90 ID:d6ib1Z6SO

−部屋前廊下−
白雪「ちょっと? 初雪ちゃん?落ち着いて! 深雪ちゃん 早く逃げて!」


初雪怪「深雪…やって…くれたな…?」ユラァ…

深雪「おっ?部屋から出たね?よかったよかった!」


初雪怪「深雪?深雪壊に…なる覚悟は…出来たか?」シュタタタタ…

白雪「深雪ちゃん、逃げてぇー!」

深雪「うひぃーーー!?魔改造いやーーー!」ドタタタタタタ…


初雪「同型駆逐艦の速力で…逃げられると…思っているのか?」シュタタタタ…

深雪「同型駆逐艦の速力で何故差がつまる?」バタタタタタタ…


初雪「姉より…すぐれた…妹なぞ存在しねぇ!!」シュタタタタ…

深雪「うわー!」ドタタタタタタ…



初雪「私の氷はちょっぴりコールド… 深雪の体を…完全ホールド…」ガシィィィ!



深雪「ふぅ ぶぅ ぎぃ゛… じぃ らぁ ゆ゛ぎぃ゛… どっぢでもぉ い゛い゛が ら゛……だ ぢ げ で ぇ ぇ ぇ ー ー !」メキメキメキメキ…



吹雪「初雪ちゃん 辞めて! 深雪ちゃん 死んじゃう!!」オロオロ

白雪「初雪ちゃん 落ち着いて! 深雪ちゃん? 白目剥いてる!!」ワタワタ



初雪「ふんっ!!!」ゴキィィィ…



深雪「」プラーン…



吹雪&白雪「「深雪ちゃーん!」」



−回想終わり−
深雪「……」ガタガタ ブルブル…

司令官「何、そのトラウマエピソード」


深雪「後は…」

司令官「まだ、あるのかよ…?」



53:2015/06/12(金) 09:50:58.37 ID:d6ib1Z6SO

−再び回想−
吹雪「初雪ちゃん 演習遅れちゃうよー 早くコタツから出なさぁーい!」ヒッパリヒッパリ…

初雪「嫌だ… 連日の出撃で…疲れてる…」ピコピコカチャカチャ


白雪「また提督に私達怒られちゃうよ?」オロオロ

初雪「私の変わりに… 叢雲… 行って来て…」ピコピコカチャカチャ


叢雲「嫌よ、何様のつもり? アンタ、姉だからって調子に乗りすぎよ!」バーカ!

吹雪「あぁ、どうしよう 深雪ちゃん?」ワタワタ


深雪「あー、深雪非番なんで間宮に行って来まーす」ナハホジホジ…

白雪「深雪ちゃん お願い待って!今度、間宮で奢るから!」アセアセ


深雪「結構でーす!失礼しまーす!」スタコラサッサ…

叢雲「フン、揃いも揃って駄目姉どもね?」フン…


深雪「あんだと?叢雲おまえ…」ピクッ…

叢雲「なら、初雪をコタツから出してみなさいよ!?」フフン…

初雪「……」カチャカチャピコピコ


深雪「おーし、やってやろうじゃんか… 初雪、早く演習行けよ 姉逹が迷惑してんじゃん?」

初雪「……」カチャカチャピコピコ


吹雪「今回はポータブルゲーム機だからブレーカー作戦は効かないよ?」

白雪「ねぇ、初雪ちゃん 今度、間宮でアイス奢るから行きましょうよ?」

初雪「ヤダ!」ピコピコカチャカチャ


深雪「良く狙って、掴んで」パシィィィ…シュバッッ…

初雪「おい、ゲーム機…返せ…」ゴゴゴ…

深雪「演習行ってきたら返してやんよ!」ニヤニヤ…



54:2015/06/12(金) 10:19:20.04 ID:d6ib1Z6SO

−部屋の外−
白雪「深雪ちゃん!?逃げてぇ!!」

深雪「言われなくても…」シュババババ…


初雪χ「最後通告だ… ゲーム… オイテケ…」

吹雪「あぁ、何かのセリフに似てる?」アハハッ…

白雪「初雪χ(カイ)になってる!強そうだわ!」アラアラ


深雪「今回は強化型艦本式缶を装備済みだゼ!絶対捕まらない!!」シュババババ…


初雪χ「本気だす…」バクライ ポーイ…

深雪「えっ?」シュババババ…

初雪「誰が…捕まえると…言った…?」バクライ サラニ ポーイ ポーイ



ドカドカドカーン!!!



深雪「あっ、危ねぇだろぉ……」ガクガクブルブル


初雪「悪・即・斬!!」キリッ

深雪「イヤっ 斬ってねぇし…」ビクビク…


初雪「次は当てるぞ…」ギロォッ…

深雪「ひゃい!!」チョロ…

初雪「叢雲、姉を舐めるなよ……」ゴゴゴ…

叢雲「わ わ わ 悪かったわよ!?」ガクガクブルブル


吹雪「あっ!初雪ちゃんがコタツから出てる…」

白雪「そりゃ、コタツから出ないと遠投できないし…」

−回想終わり−

深雪「」アウアウ ガクガク ブルブル…

司令官「おい… しっかりしろ? 気を確かに持つんだ…」


深雪「ハツユキ コワイ ハツユキ コワイ ハツユキ コワイ… ブツブツブツ」

司令官「まぁ、参考になったコトは、説得で相手を怒らせては駄目と言うコトくらいかな…」


深雪「みゆきたん おしっこ でちゃった どうしよう? おじさん」チョロロ…

司令官「幼児退行だと? 初雪 おそろしい子!」ギョギョッ…


深雪「みゆきたん ちょっと きぶん わるい から おへや で ねてる」

司令官「あぁ、部屋まで送ろう…」



55:2015/06/12(金) 12:22:45.66 ID:d6ib1Z6SO

−メイド妖精の部屋−
司令官「メイド妖精 ドア越しでいい話しをしよう…」コンコン…

メイド妖精「……。」


司令官「あの設計図を見たんだよな?」

メイド妖精「見ましたよ…」


司令官「最後の文章で少し誤解が……
メイド妖精「もういいんです!どうせ私はいつまでたっても海軍のスパイ扱いなんです!」


司令官「おい?落ち着け…」

メイド妖精「ご主人様が言霊で私の存在を否定すればいいんです!!敵と思われていたなんて…!」ウッウッ…


司令官「味方だと思っている…… 私はなぁ、最初からベテラン提督に設計図を渡すつもりだったんだ…」

メイド妖精「信じることができません」


司令官「あの兵器が出来さえすれば、陸海協同でも海軍主体の研究でも良いと思ってたんだ…」



56:2015/06/12(金) 13:16:29.03 ID:d6ib1Z6SO

司令官「あの兵器を研究するには、我が国の全防衛費の2年分くらいが必要になる」

メイド妖精「陸海軍双方の防衛費の取り合いを考えると危険な研究です」


司令官「ベテラン提督は軍でも発言力がある… だから見極めて貰いたかったんだ…
あの兵器の実現には、海軍の助けが絶対に必要なんだ…」

メイド妖精「ベテラン提督は陸軍に成果も防衛費も全部もっていかれるコトを危惧していたかも知れません…」


司令官「海の脅威には海軍があたるべきだよ、それは絶対だ!」

メイド妖精「だから海軍主体でも構わないと?」


司令官「俺は、自分の家族を深海棲艦に船ごと沈められてね… 早く平和な海を取り戻したいんだ…」

メイド妖精「そんなコトが…そうですか…で、敵の私に…海軍に設計図を持っていけと?」


司令官「いや、元海軍の君なら海軍内に色々つてがあると思ってね…話が通りやすいと思ったんだ…」

メイド妖精「私は一度、海軍に捨てられています海軍は嫌いなんです!」


司令官「海軍じゃなくて、ベテラン提督が嫌いなんだろ?」

メイド妖精「信じてもらえないかも知れませんが、私はご主人様の全てがただ知りたかっただけなんです……」


司令官「君は私を裏切る筈がない… 私が一番君を必要として陸軍の妖精として召喚しているのだから…」


57:2015/06/12(金) 13:19:14.15 ID:d6ib1Z6SO

メイド妖精「私は、てっきり まだ海軍のスパイと思われていると思って勘違いをしていた様です…」


司令官「あのメモには、(陸軍の一員として海軍に設計図を渡す協力をしてくれ!)と書くべきだった… 反省してる」


メイド妖精「でも、何故設計図を隠されていたのですか?」

司令官「研究が失敗した時、国が疲弊する!!
正直自信がなくなってきているんだ… 研究が必ず成功するならすぐに相談したさ…」


メイド妖精「つまり私が見つけなければ…」

司令官「机上の理論が素晴らしくても、兵器にならないなら無駄な研究になる…最初から何もなかったコトにすればいい…」


メイド妖精「あれは、どうすればいいんですか?」

司令官「わからない、だから海軍に渡して相談したいのだ… 勿論、設計図自体なかったコトにしてくれてもいい… 任せるよ…」


メイド妖精「お腹空きましたね…」ドア ガチャ…

司令官「昼飯作ってくれる?」

メイド妖精「ご主人様 よろこんで!」ニコッ



58:2015/06/12(金) 14:29:26.46 ID:d6ib1Z6SO

−島の沖−
攻撃機隊長妖精「煙の位置1時方向! 深雪お嬢が敵に煙幕弾を当てたぞ!」

攻撃機妖精逹「「「位置確認!」」」


攻撃機隊長妖精「相手は煙幕で我々の位置が解りずらいはずだ、各自攻撃せよ!」

攻撃機妖精逹「「「了解!」」」



深雪「この試作煙幕弾で陸軍の航空機隊と連携取れやすくなった…地味だけどスゴい兵器…!」ルン♪

カロ艇妖精「お嬢?発煙筒から煙幕弾をとって手で弄ってると危ないんじゃないか?」


深雪「爆雷とか手で投げた方が、しっくりくるからついねーー?」アハハ…


マルレ1妖精「いや、投射器使ってやれよ…」

深雪「とりあえず、任務終了! 早く帰ろうゼ?」バシューーー モクモクモク…


カロ艇妖精「ほら言わんこっちゃない… 早く投げ捨てな お嬢?」ゲホゲホ

深雪「うわー!本当に何も見えねー」ケタケタケタ



航空機妖精「海軍の艦から煙上がってますが、攻撃しますか?」アソブナヨ…

攻撃機隊妖精「さっき爆弾全部使っちまった、残しておくべきだった… まぁ、帰ろう!」ワラッテヤガル…



深雪「段々煙りがなくなって来た…」ケホケホ… アハハ…

マルレ2妖精「最後まで持ってるとかアホだろ?」ゴホゴホ…


深雪「これは、特別な兵器なんだー!」ケフケフ…フフン♪



59:2015/06/12(金) 14:32:14.00 ID:d6ib1Z6SO

カロ艇妖精「お前さんの今乗せてる 10cm高角砲+高射装置 や 三式爆雷投射機 だって特別だろ?」コフコフ…


深雪「それは、沈んだ敵の残骸をサルベージして改修した鹵獲品だから… 特別っちゃー特別だけど…」ケムリ トマッタ…

マルレ3妖精「全部新兵器でしょうに?」ヤット トマッタ…


深雪「この試作煙幕弾は深雪の為に、司令官とメイド妖精が特別に作ってくれたんだゼ!」ニヨニヨ♪

カロ艇妖精「…んで?」


深雪「どんな兵器か味わってみたいじゃん?」ヘヘヘ…

マルレ4妖精「一応、発火するから危いっスよソレ…」アブネー


深雪「おぉっ?港に着いたねー よかった よかった!」

カロ艇「いや、聞けよ!」ハァー…


発煙筒妖精「普通は敵に投射するモノなんだけど、このガスの抜けた煙幕弾どうしよう… 今から入港準備で忙しいのに…」

深雪「適当に艤装の格納庫においとけばいいじゃん?後で片付けようぜ?」


発煙筒妖精「はいはい、取り合えず そうしましょう…」
…………………
……………
………


深雪「深雪、今帰ったゼ!」

メイド妖精「お帰りなさいませ 深雪様! 先程 航空隊の方々から 深雪様 の様子を聞きました…」


深雪「楽勝だったゼ!」ブイ!

メイド妖精「煙幕弾で遊ぶのは、いかがかと思いますが、ご苦労様です!」ウフフ!


60:2015/06/12(金) 15:13:23.82 ID:d6ib1Z6SO

−ドッグ外−
深雪「おっ?あそこで チハたん を愛でてるのは司令官じゃないか?」オーイ!


司令官「チハたん、チハたん!」ペロペロ…

深雪「おーい!しぃれーかーん!!」トタタタタ…


司令官「おぉ!お帰り 深雪!」フリフリ…

深雪「今日も楽勝だったゼぇ〜♪」ブイ!


司令官「そうか、そうか、偉いぞ! み…ゆ……き…は…」
(アレは!!!?ヤバイ!!)

深雪「頭撫でてくれよ〜♪」エヘエヘ





司令官「深雪 伏せろ!!直上!!」ドタタタタ…





メイド妖精「深雪様!?危ない!! 艦爆? どこから?」


深雪「えっ?何々?聞こえな〜い〜♪」ニコニコ

メイド妖精「ご主人様、行ったらダメぇー!!」

司令官「くそっ!間に合え!!」ドカッ!


深雪「い っ た ぁ 〜 …オイオイオイ! そのスキンシップは、どーなのかなー…? まあ…」







ズ ッ ッ ド ー ー ン ! !






深雪「えっ?」

メイド妖精「ご主人……様…?」ヘタッ…



64:2015/06/12(金) 15:23:58.25 ID:d6ib1Z6SO

カロ艇妖精「お…い、ウソだ…ろ…」

マルレ1妖精「救護妖精を呼んでくる!」ドタタタタ

深雪「」


マルレ2妖精「防空指揮所に連絡しなきゃ!」バタタタタ

メイド妖精「」


マルレ3妖精「司令官を安全な場所へ移動させて止血を!」ズリズリ…

マルレ4妖精「メイド妖精! 呆けてるな、しっかりしろ!! カロ艇の旦那手伝ってくれ!」クソッ…


司令官「み…ゆ……き…は、無事…か…? 目が…見え…ん… 誰か…状況…報…告を…」グゥウゥゥ…


カロ艇妖精「お嬢は、無事だ!安心…してくれ…」

マルレ3妖精「司令官、貴方の…右脚が………無い…です」



ウゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーッ!



マルレ4妖精「今ごろ鳴っても遅ぇーんだよ!!オイ、カロ艇の旦那、司令官の腹押さえろ一緒に圧迫止血するんだ!」

司令官「うぅ… メイ…ド妖精… メイド妖精はいるか?」ハァハァ…

マルレ4妖精「シッカリしろ!」パチーン!


メイド妖精「ハッ…! ご主人様! ご主人様? ご主人様、私はここにいます!どこにも行きません! みんな、早く病棟に運ぶのよ!」


司令官「自分の…コトは、わかって…いる きっと、もう……… メイド妖精 深雪をドッグに…早く… 島からの…脱出を…… 私が…生きている…うちに…… は…や………く…… 全軍に命令…敵を…殲滅せ…よ…」ガクッ…


メイド妖精「嫌です!ご主人様から離れない!死んでも離れない!」ポロポロ…

カロ艇妖精「メイド妖精… 気持ちはわかるが、司令官の頼みを聞かないのか…?」


マルレ4妖精「メイド妖精に直々に頼んでるんだゼ」

メイド妖精「わかりました… ご主人様… 私が戻ってくるまで待ってて下さいね…」


65:2015/06/12(金) 16:22:20.99 ID:d6ib1Z6SO

−ドッグ−
メイド妖精「深雪様!しっかりして下さい!」ユサユサ…


深雪「…早く、司令官を病棟に運ばないと…」

メイド妖精「駄目です! 深雪様 貴女はこれからするコトがあります!」


深雪「島から逃げろって命令なら絶対に聞かない!!!」ギリッ…

メイド妖精「深雪様!聞いて下さい!とっても大事なコトです!」


深雪「…早く病棟に行こう… メイド妖精?」

メイド妖精「ご主人様に何かあった場合、ここにいる妖精達は、全員消滅します! 今でも、言霊の力が弱くなって来ているんです!」


深雪「なっ…!?」

メイド妖精「それだけでは、ありません… ここで作られてるモノは、召喚された妖精によって作られています… それも、消滅します。」


深雪「そんな、だって…」

メイド妖精「艦娘が産み出す妖精と、人間が召喚する妖精は、似て異なるものなんです!!」


深雪「……」

メイド妖精「産み出された妖精は、産み出した艦娘の生死を問わず 妖精自身が無事なら問題ありません…」


深雪「なんで、深雪の初期の艤装を出してるの?」

メイド妖精「ご主人様の召喚した妖精が作りだしたか、または管理を受けた装備では…… ご主人様の身になにかあった時に消滅するからです…!」


深雪「発煙筒…外さないで、それは、深雪の為の艤装だよ…」

メイド妖精「深雪様 私は貴女が凄く好きなんです… 貴女まで死んでしまったら… お願いします」



66:2015/06/12(金) 16:25:10.22 ID:d6ib1Z6SO

ドア ガチャ…
軍医妖精「メイド妖精… すまない… 手を尽くしたが…もっても明日の朝までは無理だろう 我々の残り時間も短い… 早く深雪さんを脱出させるんだ…」

深雪「イヤだ!絶対にイヤだ!出ていかないからな!」


メイド妖精「この場所がどこの位置かは、わかりませんが、賭にでましょう? 今なら近海まで沿岸砲支援も航空支援も出来ます!敵の包囲を一点集中攻撃で穴を開けそこから逃げて下さい…」

深雪「友軍を…、好きな人達を見捨てろって言うのか?冗談言うなよ!」


メイド妖精「好きな人の言うコトを聞いてよ!」


軍医妖精「私は戻る… 最後の輸血パックとリンゲル液を上手く使ってみせるさ… 一時間いや二時間くらいは、絶対にもたせてみせる…」


深雪「輸血?血があればどうにかなるのか?」

軍医妖精「正直…わからない… でも、血が足りない…」


深雪「なら、深雪の血を使ってくれよ 司令官と同じ血液型なんだ!お願い!!」

軍医妖精「そんなことをしたら脱出できなくなる! 司令官の体力を考えても正直絶望的なんだ!」

深雪「お願いだ 司令官を助けたいんだ…!深雪の血を使ってくれよ!」


67:2015/06/12(金) 16:48:54.50 ID:d6ib1Z6SO

−?−
?「アラ?アラアラ?」

司令官「ここは、どこだ…?」


?「お疲れ様です。お風呂にしますか?ご飯にしますか?それとも・・・ふふっ、冗談ですよ。…10%くらいですけど…」


司令官「おまえ、何してんだ こんなところで…」

?「えーっと 神様してる?」


司令官「冗談はよせ、助かるもんも助からなくなる…」

?「あー、フンフン成る程ね……」


司令官「何が成る程なんだ?」

?「おお 司令官よ! 死んでしまうとは 何事だ!仕方のない 奴だな。 お前に もう 一度 機会を与えよう!再び この様なことが おこらぬことを 私は 祈っている!」


司令官「ふざけてないで答えろ 将校後輩!」

後輩「えーっと、ふざけてないです?」


司令官「お前転生するとか言ってたじゃねぇか!」

後輩「女神に転生しました…」


司令官「マジ?」

後輩「はい… と言うよりホラ、我が国は、八百万の神様に守られていましてね?」


司令官「その話し長い?」ハナホジホジ

後輩「えぇーい 神の話を聞かない罰当たり者め!」


司令官「簡単によろしく!」

後輩「私たちの魂は神から頂いた、神の分け霊、つまり分霊なんですよ!分霊なんだから死んで霊界に帰れば神に戻るんです!」


司令官「神道の説明 乙!」

後輩「女神様なんです!偉いんです!」フンス!



68:2015/06/12(金) 16:50:32.75 ID:d6ib1Z6SO

司令官「お前、現世で逢いましょうとか言ってなかったか?」

後輩「いやー、あの時は、何か別のモノに生まれ変わるという漠然とした感覚しかなかったので…」テヘペロ…


司令官「しかし、後輩が神になるなんて、世も末だな…」

後輩「あのぅ… 一応神様になったんで、女神の表記にして良いですか?」


司令官「神とか言っても、どうせ疫病神や貧乏神の類いだろ?」ククク…

女神「違いますよ!!そんなんじゃありません!!」ムッフー!


司令官「んじゃ、なんだよ?」ニヤニヤ



女神「応急修理女神です!!」



司令官「また微妙なネーミングの神様だな…」

女神「ところで、真面目な話、先輩はここでリタイヤしてしまうんですか?」

司令官「……」


女神「先輩?諦めたら、妖精さん達 消滅してしまいますね…?」

司令官「……」


女神「あの艦娘の子、深雪ちゃん …って言うんですね?先輩に見捨てられるんだ…可哀想……」

司令官「み…」


女神「み…?」

司令官「見捨てる訳ないだろぅ?」


女神「それでこそ、私の惚れた男です!」ニコッ

司令官「深雪達の所に還してくれるか?」


女神「えぇ、次来る時は、ユックリ来て下さい… 今度は、あの神社の大きな鳥居の下で待ってますから…」


73:2015/06/13(土) 00:51:04.27 ID:z7g+uA0SO

−病室−
軍医妖精「そんな 馬鹿な? 持ち直しただと? 心音が強く、そして体が温かい!?」


メイド妖精「ご、ご主人様は助かるのですか?」ポロポロ…

深雪「司 令 官 死 な な゛い で お ね が い゛目 あ゛け で …」ユサユサ…


軍医妖精「こら!辞めなさい 司令官は絶対安静だ!」

看護妖精「二人とも部屋から出なさい!邪魔です!」


深雪「イヤだぁ! ぜってぇ、ここにいるぅ!」グスグス…

メイド妖精「静かにしますから居させて下さい!」う わ ー ー ん !!


司令官「静かにしてくれよ… 落ち着いて寝られやしない…」イテテテ…

深雪「!!!」

メイド妖精「!!?」


司令官「ちゃんと生きてるよ… ほら足あるだろ?…って右足ねーーじゃん!!!」

軍医妖精「凄い回復力ですね? 普通なら意識が回復するかどうかも怪しい状態です…」


深雪「……」ダキツキ…ギュウー…

メイド妖精「……」ホオズリ…スリスリ…

司令官「ヨシヨシ…」ナデリナデリ…


深雪「もう、離さねぇから…」ギュウウウウ…

メイド妖精「ご主人様!ご主人様!ご主人様!」スリスリ…


深雪「司令官 ごめんな? 深雪を庇ったから右足が…」ポロポロ…

司令官「深雪のせいではない… 私の油断が招いた事故だ… 深雪は大丈夫か?」ナデリナデリ…


深雪「深雪は司令官のおかげで大丈夫 ありがとな?」カオウズメ スリスリ…



74:2015/06/13(土) 00:53:05.79 ID:z7g+uA0SO

司令官「しかし、逃げなかったのは、命令違反になるのか?」イカンナ…

深雪「司令官から直接命令されてないから、命令違反じゃないもん…」イインダモン…


メイド妖精「深雪様が血液を下さったので助かったのです ご主人様 寛大な処置をお願い致します」アセアセ…

司令官「さて、深雪に罰を与えるか… 目を瞑ってろ 怖いぞ?」ゴゴゴ…


深雪「うっ… わかったよ…」メ ツムリ…



チュッ……



深雪「えっ?」///


司令官「御馳走様でした!」フフン♪


メイド妖精「ご主人様 私も罰を下さい!」///

司令官「ヨシヨシ」チュッ!

メイド妖精「あぁ、もう! 私も口にして欲しかった!」///


司令官「ゴメンゴメン オデコにしやすかったからつい……な…? また、今度な…?」ヨシヨシ…

メイド妖精「約束ですよ? もうっ!」ムゥッ…


司令官「しかし、右足がないのに、痛みがほとんどないな…何故だ?」ドクター ウデイイナ?



−?−
上位女神「あなたと言う神は、超回復のスキルまであげてしまったのですか?」ハァ…

女神「すみませんでした… つい…」エヘヘッ…


上位女神「彼には、現世に修業に行かせる際に映像記憶のスキルを私が授けています。」モウッ!

女神「はい、現世にいる時に先輩の能力を見ています。」ゴメンナチャイ…


上位女神「天は二物を与えず!と言う言葉を知らないんですか?」フゥ…

女神「スンマセン…何せ新米なものでして…」テヘペロ…


上位女神「彼は、さらに言霊 超回復 と合わせてスキル3つ持ちですよ…? 既に人の域をはみ出しかけています… 注意して下さい!」チョウシニノルナ!

女神「再生能力と迷ったんですが、超回復にしておいて良かったです…」フェェ…


上位女神「再生したら右足生えちゃいます!! 彼を化け物にするつもりですか… マッタク…」ヤレヤレ…


79:2015/06/13(土) 01:14:49.61 ID:z7g+uA0SO

−食堂−
深雪「義足って 大変そうだな?」ゴメンナ…

司令官「まぁ、そうなんだけど、慣れると、まぁなんとかなる…」ダイジョウブ


深雪「2ヶ月で、仕事復帰して大丈夫か?」

司令官「正直、体動かすコトあまりないしな… 全然余裕だろ?」


深雪「ところで、凄ーく、疑問に思ったコトがあるんだけどよ…」

司令官「何?」


深雪「ここって、妖精いっぱいいるじゃん?」

司令官「あぁ…10000体くらいかな?」


深雪「家事する人って、メイド妖精しかいないじゃん?」

司令官「そうだな?」


深雪「どうやって、ご飯用意したりしてるの?」

メイド妖精「普通に作ってますよ?」


深雪「いっ いきなり出てくるなよ ビックリするじゃん!」ドキドキ

メイド妖精「基本、妖精はご飯食べませんから… ご主人様と深雪様の分があれば良いんです。」


深雪「えっ? 妖精ってご飯いらないの? さっき、ご飯食べてる妖精いたけど?」

メイド妖精「まぁ、ご飯からでも栄養をとれますが、大気の霊的な力を吸収出来れば必要ありません ご飯を食べるのは、そうですね… 趣味みたいなモノですかね?」


深雪「知らなかった…この前、食堂をキャベツ畑にしちゃった… ゴメンな〜!?」アセアセ

メイド妖精「まぁ、あれは、私も悪いですし 片付けは、他の妖精に頼みましたから、大丈夫です」


深雪「あっ! 大量のキャベツ出しっぱなしだった!!」

メイド妖精「大量のキャベツを朝食で見て、さらにその後、自分達が片付けるとか、どんな嫌がらせでしょうか?」クスクス…


深雪「あ〜、ごめん、ごめ〜ん 何か仕事手伝うから許してよ〜?」

メイド妖精「そうですね? じゃあ、1つお仕事を頼みますわ!」フフフ…



82:2015/06/13(土) 02:21:24.30 ID:z7g+uA0SO

−畑−
深雪「レッタスー キャベツー ハックサイさーん♪」ザック…ザック…


給糧妖精「コリャ!!そのへっぴり腰はなんじゃ? もっと腰をいれんかい腰を!まだ一列しか耕せてないぞ!」コシ クイックイッ

深雪「ふぇーっ… まだこれだけかよー」


給糧妖精「若いんだからしっかりせい…」

深雪「妖精って、畑仕事もするのな?」


給糧妖精「作物だけじゃなくて兵器も作るぞ!」

深雪「あー、それなんだけど、司令官が死んじゃうと、妖精さんやここにあるもの全部消えちゃうの?」


給糧妖精「あぁ、そうじゃ… 我々は、彼の言霊で召喚された妖精だから、彼が召されれば、我らも消滅する」

深雪「兵器や建物は?」


給糧妖精「妖精が作ったものは、戦闘機だろうが、弾丸だろうが、その担当している妖精が消滅すると消滅する それは、艦娘から産み出された妖精だって同じじゃ……
艦娘と一緒に妖精が沈めば担当兵器は消滅するじゃろが?」


深雪「あっ、そうか…」

給糧妖精「ただ違いは、艦娘から産み出される妖精は、艦娘の魂を分けた存在じゃて、産み出した艦娘が不幸に沈んでしまっても、産み出された妖精が、乗り込んでいなければ担当兵器は残るんじゃ…」


深雪「ふんふん」コクコク



83:2015/06/13(土) 02:27:48.66 ID:z7g+uA0SO

−畑の側の木陰−
給糧妖精「司令官の言霊で召喚された妖精は、魂を分けた存在じゃないからのぅ、言霊の供給源がなくなれば、ワシらもワシらの担当した兵器も消えてしまうんじゃ…
勿論、この基地も基地作りを担当した非戦闘員の大工妖精が消滅してしまえば消えてしまう…」


深雪「そっかー つまり司令官の言霊の力と艦娘の言霊の力も少し違うんだね?」

給糧妖精「そうじゃな、艦娘は妖精に攻撃指揮はできるが召喚までは、出来んからなぁ…」


深雪「艦娘は妖精を召喚出来ないんだな…」

給糧妖精「でも、妖精を産み出せるじゃろ?」


深雪「うん…」



給糧妖精「ところで、さっきのへっぴり腰じゃ、司令官との夜の生活も激しいんじゃろ?腰にくる程ヤリまくりじゃな?」

深雪「へっ? えっ? えっ? 何のコト?」///


給糧妖精「何を照れてるんじゃい? 司令官の足はあんなコトになってしまったんじゃ? お主が上になってしてるんじゃろうが?」ニヤニヤ…

深雪「えーっと アレのコトだよな?」///


給糧妖精「今夜もシッポリ楽しむ癖に?足腰立たなくなるまでヤリ過ぎて戦闘までこなせなくならない様にな?」

深雪「あの… 司令官とは… まだ… …って言うか、深雪自身…経験がない…」///


給糧妖精「えっ?」

深雪「そう言うの… 良く…知らねぇんだ…」///


給糧妖精「まさか、おぼこじゃったか? これは、大変失礼したわい スマンのぅ…」

深雪「いや、べ べ 別にいいんだよ…」///



84:2015/06/13(土) 02:31:11.15 ID:z7g+uA0SO

給糧妖精「フム…もしやすると、改二になれんのは、色々な経験が足りないからかも知れんな?」

深雪「経験すれば改二になれるかな?」


給糧妖精「解らん…しかし、試してみる価値はあるかも知れんぞい?」

深雪「でも、難しいと思うぞ…」


給糧妖精「よし、一肌ぬいじゃろ! この秘薬を持っていけ〜い!」ポイッ…

深雪「これ 何さ?」///


給糧妖精「媚薬じゃ! これを司令官に盛れば、ギンギンギラギラで熱い夜を過ごせるぞい?」ウヒャヒャヒャ…

深雪「えっ? それは、駄目だろ?」///


給糧妖精「好きなんじゃろ? 司令官のこと?」

深雪「まぁ、嫌いじゃねぇけど…」///


給糧妖精「消費期限が短いからのぅ? 今日にでも使うコトをオススメするぞい!」ウヒャヒャヒャ…

深雪「あの? 最初って、……ヤッパリ痛ぇのか?」///


給糧妖精「妖精だから良くわからんが、なぁ〜に、天井のシミを数えている間に終わるさぁ…」ウヒャヒャヒャ…

深雪「してる時に、天井のシミを数えればいいんだな?」///


給糧妖精「今夜が楽しみじゃのぅ」ウヒャヒャヒャ…

深雪「ぃよおっしぃ 頑張るぞ!」///

給糧妖精「使い方だがな? 一回に(付属の小匙)一杯使うんじゃぞ?」ウヒャヒャヒャ

深雪「一回にイッパイ使えばいいんだな?了解した!」/////



85:2015/06/13(土) 02:53:01.21 ID:z7g+uA0SO

−深雪の部屋−
どうしよう… とりあえず口紅をヌリヌリ
…………………
……………
………

お化けになってしまった……
これは辞めよう…フキフキ…

髪! 髪を結って……って、ショートヘアーじゃ無理じゃんよー(泣)

カワイイパジャマで誤魔化す?…って、支給された寝巻き地味すぎる…

そうだ!司令官が風呂入っている時に一緒に入ればいいんだ!

そして、お酒にこれを いーーっぱい盛れば、後は天井のシミを数えれば、オッケー!

一応、部屋風呂で一回 からだ 洗っておこう…/////
…………………
……………
………


−食堂−
深雪「メ、メイド妖精? 司令官…、ほら…、足あんなんじゃん? 風呂の介助しようと、お…、思うんだ?」

メイド妖精「……そうですか? ……で?」

深雪「つ、つきましては、飲み物か何かを…」


メイド妖精「お風呂に入りながら飲み物を飲むのは、いけないコトなんですよ?」

深雪「えっ? いや だって この前…」


司令官「ふぅ… いい湯だった…」ホカホカ…

メイド妖精「あら?お湯加減いかがでしたか?」


深雪「えっ?司令官…?」

司令官「おー 深雪! 畑仕事ご苦労様だったね? 君も汗を流してきたらどうだい?」


深雪「何、お風呂に入ってるんだよー ウワーン…」ドタタタタ…


司令官「???」キョトン…

メイド妖精「???」キョトン…


86:2015/06/13(土) 02:55:01.22 ID:z7g+uA0SO

−深雪の部屋−
くっ… 失敗した…
どうすれば……

はっ!

まだチャンスはある!
食事に一服盛れば良いんじゃないか?

これだ!これしかない!

……………………
………………
…………


−食堂−
深雪「メイド妖精? 司令官の部屋に、ご飯を持っていこうと思うんだ?」

メイド妖精「えっ、でも…」


司令官「メイド妖精 ご馳走様でした 美味しかったよ!」

メイド妖精「それは、良かったですわ!」


司令官「おや?深雪?夕飯食べたらどうだ?旨いぞ!」

深雪「………はい…」
…………………
……………
………


−深雪の部屋−
どうする………
戦略的敗北でも、戦術的勝利をもぎ取らねば…!

…って、戦術的なテクニックなんか未経験じゃん………

もう、特攻しかない!!


87:2015/06/13(土) 03:00:06.61 ID:z7g+uA0SO

−執務室−
コンコン…
司令官「どうぞ?」カリカリ ハンコポーン…

ガチャ…
深雪「こ…、こんばんわ〜!」


司令官「あ… あぁ、どうかしたか?」

深雪「お、お茶でもどうですか?」ニコッ…


司令官「あ…、あぁ、頼むよ…」

深雪「了解したゼ〜!!」パアァッ!

司令官(何か、ぁゃιぃ……?)

深雪「給湯室にいってくる!」パタパタパタ…
…………………
……………
………



深雪「深く 深く 深雪のような♪
そう 始まる前に知っていたこの痛み…♪

はい、お茶 ドウゾ…」コトッ…


司令官「おう、スマンね? ご機嫌だな? どうかしたか?」ノビー…


深雪「お疲れ様だね、司令官!大丈夫さ!な、なんでも、ないよ〜〜〜?」チラッチラッ…


司令官「……よく、わからん……」ズズー…


深雪(飲んだ!!)

司令官「ん?このお茶?んん?」ズズー…


深雪「お茶がどうしたにょっ?」ビクゥ…

司令官「味、変?」


深雪「そ、そんなコトないはずだみょ?」アセアセ

司令官「深雪、まさか!! 雑巾汁入れやがったな?」


深雪「んなもん、入れねぇよ!!」クワッ

司令官「ほう?なら飲んでみろ?」ホレホレ…


深雪「えっ?いや… それは、どうかと…」アセアセ

司令官「ほらな? 飲めねぇしろもんじゃねぇか!」


深雪「んなこと、ねぇよ!貸してみろ!」ゴクゴクゴクゴク… プハァ…

司令官「馬鹿、勢い良く飲んだら…」

深雪「あっっぢいぃぃぃ!!」


司令官「ほら、言わんこっちゃない…大丈夫か?」


88:2015/06/13(土) 03:02:47.51 ID:z7g+uA0SO

深雪「うるひゃい!疑うかりゃやりょ?」ヘタン…


司令官「ほら、地べたにへたりこんでないで、立て…」

深雪「えっ?あれっ?力入らねぇ…?」ドクンドクン…


司令官「おい、どうした? ホレ?手えかせ?」ダキアゲ…

深雪「ひゃあん… お腹が熱い?」ドクンドクンドクン


司令官「何やってるんだよ…」ドキドキドキ


深雪「しぃれーかん? 何か深雪 変な感じ…抱き上げられた時に…何か嬉しいよぅ…」ジワーン…

司令官「そうか?(クソっ、深雪から良い匂いがしやがる 駄目だ 駄目だ 手を出したら駄目だ)」
ドキドキドキ


深雪「しぃれーかん 深雪をそのままギュッとしてくれないか?」ウワメヅカイ…

司令官「あ、あぁ…(我慢しろ 我慢しろ 我慢しろ 俺はロリじゃない 俺はロリじゃない)」


深雪「しぃれーかん 早くぅ 早くしてくれよ〜 お願いだ〜」トローン…

司令官(神よ、私に耐える力を!!!)


女神『いやっ、もうやっちゃいましょうよ先輩? 据え膳喰わぬは、男の恥ですよ!?』

司令官(くっ、直接脳内に語りかける邪神がいる)


女神『私は、こっちで妻にしてくれれば、良いからさ? 彼女の期待に答えてやりなよ?』

司令官「クソっ!おぉ神よ煩悩を消したまえ!!」

女神『ロリでも良いからさっさとヤレ! 忙しいからまたね?』



89:2015/06/13(土) 03:08:06.46 ID:z7g+uA0SO

−執務室ベッド−
深雪「ごめん しれーかん 足悪いのに…」ハァハァ//

司令官「義足の良い練習になったさ…」ナデリナデリ


深雪「ひゃああああ ウナジ触ったら駄目ぇーだぞ…」///

司令官「ごめん、もう…」チュウ-レロレロ…


深雪(んんん… キスが気持ちイイ 司令官の舌が…もっと貪ってもっと舌を吸って!)チュウチュパ

司令官(クソっ カワイイな チクショウ 一度意識するともう駄目だ!)


深雪「プハァ… あのな? その初めてなんだ… 優しくしてな?」///

司令官「そうなのか?イイ匂いさせやがって、我慢した分、優しくする自信がないぜ…」ギンギン…


深雪(あ、胸触られるのイイ… ちょっ!?先の部分を舐めたら…)ビクビクビクっ!!!?

司令官(すげぇ 体ビクビクしやがって エロいだろ?)

深雪(頭おかしくなる……乳首舐めあげられるたんびに体が動いちゃう……

あっ、しれーかんの頭が下に行っちゃう…

ああん…、おへそにチュウされるのいい……

えっ?ダメダメダメダメそこは、舐めたら汚い!!
そこは、………
あぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!!?変になるーーーーー!!!!)ビククククーーーン!!!

司令官「おい、大丈夫か?」

深雪「何こりぇ、しゅごい…」ビクンビクンビククン…

司令官「前戯だけでイったのか?カワイイじゃないか…」クックック…

深雪「ひぇっ? まだ、しゅりゅにょっ?」

司令官「オイオイ 深雪だけ満足して終わりはないだろ?」ギンギン…

深雪「ちょっ、ちょっと待て、それは無理!入らない!裂ける!」ギョッ…?

司令官「無理、諦めろ!」チュウ…

深雪(んん… キス好き… でも、アレは入らない…)



90:2015/06/13(土) 03:10:20.27 ID:z7g+uA0SO

司令官「入港準備は完了している様だな? スマンが待機命令は聞けない入港する!」ギチギチ…ミチィィィッ!!!…ヌ゙ブブブブ……

深雪「いいいいいっ…いひゃい!?」ビクビクッ!

司令官(凄い狭いな、しかし、ドンドン飲み込みやがる…)


ミュチミュチミュチ…


深雪「ぜぇんぶゅ ひゃいったにょ?」///ギチギチ

司令官「あぁ、大体全部入った」ハァハァ

深雪「へっへっ… よゆうよゆう…」///
(後は天井のシミを見つけて数えるだけ!)

司令官「くっ… キツいな… 少し動くぞ!」クッチクッチクッチ…

深雪「んひゃあ…いっひ、にぃ、しゃん、ひぃ、ごぉ、りょく、にゃにゃ、ひゃっち、ひゅう、じゅー………」///

司令官(ピストン回数数えたやがって、馬鹿にしてるのか?目茶苦茶にしてやr…… うっ………)ビュクビュクビュク!!

深雪「んはぁ… おくが、あつゅい〜〜〜 ビクビクしてるゅぅ…」///

女神(あー、先輩のは、速射砲だからねぇ… 短い時間で助かったねぇ 深雪ちゃん?///)


司令官(くそっ!……んっ?あれっ?)ギンギン



女神(何?次弾装填済みだと?そんなハズは……? まさか!超回復の能力か?)



深雪「終わったみたい?」///

司令官「いや、まだだ頑張れ!」ズプン…

深雪「んにゃあ…」///

司令官「このっ このっ カワイイなっ…うっ!」パンパンパンドピュ…

深雪「お腹の中がビクビクしてるぅ…」///
ヌルンッ…ゴポォ…



司令官(うぅ…二回目も早い…もう無理か… んんっ?… ギンギン)



女神(媚薬と超回復のシナジー効果恐るべし!深雪ちゃん? 薬盛った罰は受けなさいね?)



司令官(抜かずの何連発とか言うの出来るんじゃね?オラわくわくしてきたぞ…)


91:2015/06/13(土) 03:14:30.07 ID:z7g+uA0SO

10発目
深雪「あへぇ… おかしくなりゅう…」アンアンアンアン…///

司令官「なるほどー、なるほどー…うっ!」パンパンパンドピュ…


20発目
深雪「」ビクンビクンビククン…

司令官「最高ですか?最高でーす!…うっ!」パンパンパンドピュ…
………………
…………
……

−朝の執務室−
チュンチュン…
司令官(やっちまった…… 憲兵いたら 絶対ヤバイ案件だ……)

深雪「Zzz Zzz しれーかん だいしゅき… ムニャ…Zzz Zzz」


司令官「カワイイな… チクショウ もうロリでいいや……」ナデナデ…

深雪「Zzz Zzz」ンヘヘヘヘ…


司令官(もう一度…、いや辞めておこう…)チュッ…

深雪「んっ… アレッ? あっ!!」///

司令官「おはよう 深雪!」


深雪「うん! お っ は よ ー !! 司令官!」ニッコリ


司令官(昨日は気絶させた後も何度もして無理をさせてしまった。正直恥ずかしい しかし、何故理性が吹き飛んだんだ…?)


深雪「えーっとさ、あのさ…司令官の事、好きだぜ。…って、何だよ!そんな顔で見んなって!!」///


司令官「あのな、その、体は大丈夫か? 始めてだったんだろ? 何回もしてスマン!」///

深雪「ああ、そうね、お腹の辺りがなんかキリキリするけど…。ああ、司令官、別に心配いらないから!へーきへーき!!元気元気!!」///


司令官「そ、そうか?それならいいんだが…」ポリポリ



92:2015/06/13(土) 03:20:28.20 ID:z7g+uA0SO

深雪にあるセリフを言わせたいが為にエロパートを入れてしまいました。反省しています。次の話からは真面目な話にします。 皆さまスミマセン


93:2015/06/13(土) 07:33:13.28 ID:z7g+uA0SO

−食堂−
メイド妖精「ゆうべはおたのしみでしたね?」ニッコリ


深雪「な、なんでだにょ?」///

司令官(あっ、噛んだ…)ゴホン…///


メイド妖精「お二人とも、アレの声 五月蝿いです!」ニコニコ

深雪「えっ?外に聞こえてたのか?」ドキン


メイド妖精「そりゃ、呼び出しの鈴が聞こえないと、何かあった時に行けませんよね?」ニッコリ

深雪「防音設備くらい整えておけよ 司令!?」///


司令官「あそこで仮眠は出来るが、そう言う場所じゃないし…」///

メイド妖精「執務室の隣りの部屋が、私の部屋なのを知ってての嫌がらせかと思いました…」ニコニコ


深雪「恥ずぃ」///

メイド妖精「それと、深雪様、コレ給湯室に置き忘れていた様ですよ?」コトッ
[媚薬の空ビン]


メイド妖精「妖精族の媚薬は小匙一杯で充分なのに全部使うなんて、阿呆ですか? 下手すると腹上死しますよ?
まぁ、隣りの部屋で軍医妖精と看護妖精と救護妖精とその他諸々と控えていましたが?」クドクド…

深雪「初体験が…」///


メイド妖精「次は、構わず 違う意味合いの壁ドンしますから? 執務室でオイタは辞めましょうね?」

深雪&司令官「はい…」///

メイド妖精「後、深雪様 コレどうぞ!」アフターピル

深雪「……はい…」///


94:2015/06/13(土) 07:40:51.38 ID:z7g+uA0SO

−執務室−
コンコンコンコン…
司令官「んっ?どうぞ?」
ガチャ…

伝令妖精「司令!緊急です友軍機1機が9時方向から来ます」

司令官「友軍機?この場所にか?」


伝令妖精「はい、偵察機の話しでは、21型零式艦戦と思われます!かなり被弾している模様です!」

司令官「勿論、こちらに誘導しているな?」


伝令妖精「はい、抜かりなく!」

司令官「待機中迎撃機を友軍機の護衛にまわしてくれ!」


深雪「司令官? 航空戦隊が近くにいるのかな?」

司令官「味方空母が見つかれば新たに情報がくるはずだ… とりあえず空港に行こう…」


−空港−
零戦妖精「やっと、戻ってこれました… たまたま、今回は不思議な霧を抜けたらこの島を発見することが出来ましたので…」ケイレイ


司令官「君は……過去に出撃した捜索隊の妖精の方だね?
召喚し直せない妖精が何体かいたからね…心配していたよ…」ケイレイ


零戦妖精「風で流されてなければ、ほぼ、直進で来ました。おかげで回避行動が取れなく僚機は全機喰われましたが…」

司令官「誠にすまない… 苦労をかけた…僚機の妖精逹には何と言えば言いか…」


零戦妖精「まぁ、過去の記憶は無くなりますが、またコッチに召喚してくれれば、逢えますしイイですよ…」

司令官「あぁ、スマナイね さて、ここに来る途中の海域の状態を聞きたいがヤッパリ不味い状態かね?」


零戦妖精「ドンドン増援が来てますな…」

司令官「敵主力の種類はわかるかね?」



95:2015/06/13(土) 07:46:43.51 ID:z7g+uA0SO

零戦妖精「コチラを無視してましたが、レ級が六杯を見ましたよ…他も色々来ていますよ…」

司令官「レ級…始めてだな…」


零戦妖精「今来た道をまっすぐ行くと、良く知った我が軍の泊地に戻れますが、敵に進路を阻まれています…」

司令官「距離は遠いかね?」


零戦妖精「増槽付きの21型に乗り換えて、往復できるギリギリです… 陸軍の戦闘機じゃ正直、何とか届く距離ですな…」

司令官「メイド妖精、今日の日の出は?」

メイド妖精「今日の日の出は基地正面より9時方向です!」


司令官「そうか、9時方向から日が上がる時に9時方向に進むと味方の泊地があるのか…、しかしこのチャンスは逃せないな、次はいつになるか解らんし、敵も集結しつつある…」

深雪「どうする?司令官…」


司令官「逃げられないなら楽しむしかない… とある軍人が言っていたっけな… まぁ、正直楽しくない…」



ウゥゥゥーーーーーッ!!!!!



司令官「空襲?」

整備妖精1「エナーシャ回せ!」ウィンウィンウィーーン…

整備妖精2「前払え!」イソゲイソゲ…

整備妖精1「コンターク!」バラババラバラバ……

整備妖精2「チョーク外せ!!」ワーワーワー


司令官「クソっ! 深雪、メイド妖精、防空壕に行こう… 全軍!敵を殲滅せよ!」


深雪「わかった…」

メイド妖精「はい、ご主人様…」


司令官「悪いが零戦妖精、君も来てくれ…」

零戦妖精「機を与えてくれれば、上がるが?」

司令官「いや聞きたいコトがある…」



97:2015/06/13(土) 08:40:09.10 ID:z7g+uA0SO

−防空壕−
ズシン…ズズ… パラパラ…
司令官「爆撃されてるか…」

深雪「島を一緒に脱出しようゼ 司令官? お願いだ!」


司令官「まぁ、待ってくれ…」ナデナデ…

零戦妖精「で、話しって何ですか? 俺も防空戦闘に行きたいんだが?」イチャツクナヨ…


司令官「君が味方の泊地に降りたのは、勿論、海軍の基地だよな?」

零戦妖精「あぁ、そうですよ…」


司令官「ベテラン提督は、どうしてるか聞かなかったか?」

零戦妖精「ん、あぁ、そう言えば最近まで行方不明だったそうだぜ?」

メイド妖精「あの性悪提督 きっとよからぬコトをしてたんだわ」フン…


司令官「やはりか!!」

メイド妖精「どうしたんですか?」


司令官「ベテラン提督は、多分、私の敵ではない!」

メイド妖精「どういうコトです?」


司令官「私が内地に帰るのを急がせたのは、叔父である彼だ… しかし、罠に嵌める為だとしては、少しおかしいんだ」

メイド妖精「ベテラン提督は、ご主人様の叔父にあたる人だったのですか?」

司令官「あぁ…彼は、私の叔父だよ…」

深雪「そ、それで、おかしい点って何だよ?」


司令官「まず一つは、メイド妖精とは別に暗殺部隊を私に派遣した… 2つの異なる指令を出した部隊が存在したら、現場は普通混乱する…」
ズシンズシン…パラパラ…


司令官「それと、もう一つ、護衛中止の指令を出された艦娘達だが…
それが、たとえ鎮守府からの指令だったとしても、ベテラン提督が出した指令かは、わからないだろ?
生の声ではなくモールス信号の可能性もある…」

ズズズシンズシンズシン…パラパラ…


98:2015/06/13(土) 08:41:28.07 ID:z7g+uA0SO

司令官「そして、もし、深海棲艦が暗号無線を傍受して、解読してたらどうだろう?
制海権を失った場所にでも無理して待ち伏せしてたら?」


メイド妖精「敵が鎮守府にいる…!?」

司令官「いや、真相は解らない…
ただ、ベテラン提督は、私の身に危険が迫っているコトを知って早急な帰還を進言した可能性もあるんだ」

メイド妖精「では、私にベテラン提督の言霊が届かなくなったのは?」

司令官「言霊を使えないくらいの状態、例えば瀕死の状態で拉致されたとしたら… 君に言霊が届かなくて当然だよな…?」


メイド妖精「それは、本当ですか?」

零戦妖精「いや、俺も最近行まで方不明だったとしか聞いてないから… いつからとか、わからないし…」


司令官「まぁ、陸軍の我々に海軍の内情を細かくは教えて貰えないだろうがな…」

深雪「私なら聞けるかも?」


司令官「そうだな… そして、深雪は、ここでの話を踏まえて、暗号が傍受されて解読されている可能性、鎮守府に敵がいる可能性 を報告しなければならない」

メイド妖精「私は、間違えていたのですか?」


司令官「わからない、真偽を確める為にも帰らなければならないところだが…」

メイド妖精「私の任務は、ご主人様の監視とご主人様に何かあった時の設計図の奪取でした…」


司令官「叔父は、私に何かあった時でも、あの兵器の設計図を見れるようにしたかったんだろうよ… まぁ、まだ設計図を書き上げては、いなかった訳だが…」


99:2015/06/13(土) 08:43:38.64 ID:z7g+uA0SO

−防空壕−
司令官「もし、敵が暗号を解読していれば、対深海棲艦用の恐ろしい兵器が出来る可能性を放っておくはずがない…」


メイド妖精「じゃあ、ベテラン提督は…」

司令官「私とベテラン提督は、深海棲艦側からの重要なターゲットだったかもな?」


メイド妖精「ベテラン提督は敵ではないのですか?」

司令官「それは、わからない… しかし、深海棲艦が… 出てくる艦娘だけを相手にするんじゃなくて、将棋でいう王将の方を直接取りに来たとしたら…」


深雪「ベテラン提督は裏切ってない可能性もあるわけだ…」

司令官「まぁ、可能性だけどね… どの道、内地にもどらなければわからない訳だが…」


深雪「司令官、深雪にシッカリ捕まってくれよ?絶対帰ろうゼ!」

司令官「そのことだが、私は、深雪と別ルートで帰る…」


深雪「何を言ってるんだ、島から出る方法がないって言ってただろ?」

司令官「実は、ひとつだけ………、あるのだ…、空襲も終わったみたいだし、外に出よう…」

メイド妖精(そんな方法あったかしら?)



−外−
司令官「おー、ハデにやられたな… 執務室のあった棟が吹き飛んでいるじゃないか…」

深雪「いつも通り執務室にいたら…」ゾクッ…


司令官「設計図は、燃えちまったなコリャ… また書くか…」

メイド妖精「あっ!! スミマセン…」


司令官「別に良いよ… 同盟国には、兵器の設計図はある訳だし、もし、ベテラン提督が生きているなら上手くやるだろうさ…」

零戦妖精「どうやら、空襲の被害は生活をする為に必要な棟だけの被害の様だな…」


司令官「……さぁ、帰る方法を見せようか…、秘密の地下施設に案内するよ…」

深雪「秘密の地下施設?」


司令官「施設の鍵を開けてくる ちょっと待っててくれ… メイド妖精は、ちょっと手伝って欲しい…」


100:2015/06/13(土) 10:58:04.73 ID:z7g+uA0SO

−施設内部−
司令官「メイド妖精 深雪は好きかい?」

メイド妖精「えぇ、元気な良い娘だと思いますよ?」


司令官「彼女をこの島から逃がしたい…」

メイド妖精「はい…」


司令官「では、芝居を手伝ってくれ……」
…………………
……………
………



深雪「こんなに大きな輸送機があったのか?」

司令官「あぁ、同盟国の輸送用グライダー[ギガント]って言うんだ…これを作った…」


深雪「でも、妖精の作った機械に触れると、動かなくなるんだろ?」

司令官「あぁ、しかし中を見て欲しい…」


深雪「何かデッケー寝袋?みたいなモノがあるけど?」

司令官「それの中に私が寝る様に乗っていれば飛行機に接触しないから触れたコトにならない… 操縦は帰る方向を知ってる零戦妖精に任せる…」


深雪「本当に飛ぶのか?」

メイド妖精「ご心配なく、私がちゃんと保証します」ニコッ


深雪「ならなんで、すぐに逃げなかったのさ?」ム-…

司令官「超高速で防弾もかなり優れているから深海棲艦からの攻撃から逃れることができるが、航続距離が増槽付き零戦の半分くらいしかないのだ… 味方基地の方向がわからないのに使えんだろう…」


深雪「信じていいんだな?」

司令官「あぁ、信じてくれ……ただ、ひとつ問題があってな…多分、味方泊地の場所がわかった今、航続距離を考えると、きっと泊地近くに着水するコトになる…」


深雪「危ないじゃないか!!」

司令官「だから、深雪が先に泊地に戻って着水するだろう場所に応援を呼んで来て貰う必要があるんだ…」




101:2015/06/13(土) 10:59:39.05 ID:z7g+uA0SO

深雪「そっか、超高速の輸送機じゃ、私を追い抜いて、応援のない所に着水するコトになるもんね?」

司令官「それと、もし応援を要求しても、私の存在を信じない可能性がある… で、これを持って行って欲しい…」


深雪「ドラム缶?」

司令官「普通のドラム缶にみえるかも知れんが、燃料を無限に出す不思議なオーパーツなんだ…」


深雪「それ… 凄いじゃないか…」

司令官「豊富な資源を産む不思議なオーパーツを持って帰れば、私の存在を信じるだろ?」


深雪「豊富な地下資源ってこれのコトだったんだ?」

司令官「他にもオーパーツはある それは、私が輸送機に入れて持ち帰るさ…」


深雪「絶対に泊地に戻って着水地点に応援を呼ぶ!」

司令官「書簡を筒に入れて渡す 密書ゆえに泊地の提督に開封した状態で渡さぬように!」


メイド妖精「さぁ、ドラム缶を持ってドッグに急ぎましょう? 深雪様!」

深雪「わかった 行こう!」


司令官「ギガントの用意があるから、先に行ってくれ! 零戦妖精 一緒に準備を頼む!」

零戦妖精「了解した!」


深雪「早くドッグに来てくれよ?」

司令官「わかってる」


深雪「じゃあ、また後で!」トタトタトタトタ…

メイド妖精「ドッグで待ってます」パタパタパタパタ…


102:2015/06/13(土) 11:03:19.40 ID:z7g+uA0SO

−丘の上の掩体壕−
零戦妖精「しかし、このギガントとか言うヤツは、ペラが6基ついてるがとても速いとは、思えんがね?」

司令官「あぁ、超鈍足だ、もう一つ言うと航続距離なんて、増槽着けた零戦の四分の一もあるかないかだし、防弾なんて紙装甲だよ…」


零戦妖精「なっ!?」

司令官「それに、私が乗ると、ヤッパリ動かんよ…昔作って試した…」


零戦妖精「……お、おいおい…」

司令官「後、あのドラム缶は、2つに切ったドラム缶をただ溶接してつなげたモノだよ、メイド妖精に作らせた……
ただ中には、君逹妖精全員の名簿が入っている…」


零戦妖精「名簿?」

司令官「あっちに一人、言霊使いがいるだろ……? 記憶はなくなるかも知れんが、皆を召喚して貰えるだろう…」


零戦妖精「他の妖精逹はこのことを知っているのか?」

司令官「言う暇がない…」


零戦妖精「……」

司令官「よし!ドッグから、この丘の上の掩体壕は良く見えるだろう? 今にもギガントが飛びそうに見えるよな?」


零戦妖精「艦娘の嬢ちゃんを逃がす為か?」

司令官「話に信憑性を持たせる為に色々な準備も大変だよな?」



103:2015/06/13(土) 11:05:41.93 ID:z7g+uA0SO

零戦妖精「艦娘の嬢ちゃんにしがみついて行けよ…」

司令官「敵に囲まれた海域を支援なしに抜けれんよ…」


零戦妖精「俺逹がいつも通り戦えばいいだろう?」

司令官「深雪にしがみついていったとして、敵の放つ機銃の一発や至近弾の爆風でも食らえば私は死ぬよ… 艦娘と違って人間はもろい…」


零戦妖精「司令官が死ねば…我々全員消えて、嬢ちゃんは支援を受けれなくなる…訳か…」

司令官「それに、司令官が不在では、不測の事態に対応出来ないと不味いだろ? それと、私はこの島に残ってすることがある…」


零戦妖精「死ぬ気か?」

司令官「この島と無尽蔵の地下資源を深海棲艦は狙っている…」


零戦妖精「まさか…」

司令官「焦土作戦だよ… 自分逹のものにならないなら無に返すさ… 私は軍人だよ… その絶妙なタイミングは島にいないと出来ないだろ?
まぁ、全てを破壊するコトは出来ないだろうが、やれるところまでは、しようと思う…」


零戦妖精「これを知ったら、嬢ちゃんかなり怒るだろうな…」

司令官「秘密にしててくれないか? 頼むよ…」ニコッ


零戦妖精「俺はココにいますよ、嬢ちゃんにあったら色々と話してしまいそうだ… 早くドッグに行ってやんなよ…」

司令官「あぁ、行ってくる…」


104:2015/06/13(土) 11:43:26.41 ID:z7g+uA0SO

−ドッグ−
司令官「メイド妖精は?」

深雪「私の直掩部隊を編成するって出ていったよ…」


司令官「そうか……深雪… 丘の上の掩体壕で待機してるギガントが見えるか?」

深雪「あぁ、見えるゼ! あれで司令官は脱出するんだな?」


司令官「あぁ、そうだ! 霧が出ると場所が変わる早く泊地に戻って、この書簡を泊地の提督に渡してくれ!着水地点が書いてある 頼むぞ?」

深雪「このドラム缶 燃料みたいな水っぽいものが入ってないみたいだけど…」


司令官「あぁ、オーパーツだからな、少し特別なんだ……必ず泊地の提督に届けるように!」


深雪「それと、何で深雪改の時の初期の装備に艤装を変えたんだ?」


司令官「おいおい、試作品とかサルベージしたモノが正常に動かなかったらどうするんだよ…」



深雪「なぁ… 嘘ついてないよな…?」



司令官「嘘つく訳ないだろ?折角の内地帰還のチャンスを確実なモノにしたいだけだ…」

深雪「本当に本当だよな? 死ぬつもりじゃないのか?」


司令官「おいおい、私は帰って偉大な研究をする使命があるんだぞ…?」

深雪「……」


司令官「おいおい、信じてくれよ… あ〜、もうしょうがねぇな〜… 内地に戻ってから言おうと思ってたんだけどよ…」

深雪「……」


司令官「深雪 愛してる! 内地に戻ったら その…一緒に住もう… 駄目か?」

深雪「……良いに決まってるじゃん…卑怯だよ…信じるしかないじゃん……」ポロポロ…


司令官「よしよし、泣くな泣くな…」ナデナデ…

深雪「なぁ?キスしてくれよ?」エグエグ…


司令官「愛してるよ!」チュウ…

深雪「うん!」


司令官「深雪 じゃあ、頼む!」

深雪「解った! ぃよーし!行っくぞぉー!」


109:2015/06/13(土) 17:42:54.31 ID:z7g+uA0SO

−指揮所−
司令官「メイド妖精 御苦労様 深雪には、9時方向に包囲網を抜けるように指示しているか?」


メイド妖精「はい!!それと、陸軍の意地にかけて、深雪様の活路を開く様に全部隊に通達済みです!

皆、ご主人様と消えるなら本望だと………

あと、他に一つ良い情報が…」


司令官「ほう、こんな最悪な状況で良い情報かね?」


メイド妖精「深海棲艦はどうも、あらゆる角度からこの島を叩く為にレ級6杯を3杯2杯1杯の3つの艦隊に分けたようです…」


司令官「それは、ありがたい!」


メイド妖精「基地正面より2時方向2杯、うち1杯はエリート 5時方向3杯、うち1杯はフラグシップ 10時方向1杯それぞれ50km圏内です!」


司令官「10時方向のが邪魔だな… とりあえず、陸軍の兵器を味わって貰うかね?」


メイド妖精「ついに、使うのですね?」

司令官「あぁ、備えあれば憂いなしだな…二十四糎列車加農を作っておいてよかったよ…」


メイド妖精「すでに4門とも準備完了してあります」

司令官「敵の射程内に深雪が捕らえられる前にすぐに砲撃!急げ!」


メイド妖精「攻撃機と攻撃翌用船舶を集中させてもよろしいですか?」

司令官「うん、任せる!」
…………………
……………
………



110:2015/06/13(土) 17:44:48.65 ID:z7g+uA0SO

−島の沖−
深雪「まだドッグを出て10分立ってないけど、不味い感じがする…」

カロ艇妖精「こちとら、対艦攻撃は苦手なんで、煙幕弾を張るので精一杯だよ…」

マルレ1妖精「まぁ、上手く道をあけてあげるさ…」

マルレ2妖精「機銃が厄介だよな…」

マルレ3妖精「まぁ、航空隊もいますし何とかなるでしょう…」

マルレ4妖精「震洋に出来てマルレに出来ないコトはない!」

水観妖精「水観より旗艦ヘ 敵艦見ゆ! 1時方向 戦艦2 軽巡1 軽空母1 駆逐2、我が軍の小艦艇と交戦中!」

深雪「まいったなぁ でも戦艦6隻相手より全然ましか…」



ド ド ォ ォ ー ー ン!


水観妖精「敵艦隊に向け着弾! 駆逐1轟沈!」


ド ド ォ ォ ー ー ン!
ド ド ォ ォ ー ー ン!
ド ド ォ ォ ー ー ン!

水観妖精「さらに敵軽空母ヌ級 軽巡ホ級に着弾 空母発着艦出来ません!」


深雪「あんなに遠いのに陸からの砲撃が敵に届くのモンなのか?」


カロ艇「ん?、さぁ、我が軍最強の騎兵隊がやって来たぞ!」

重爆機妖精「さぁ、ばら蒔くぞ!」

攻撃機隊妖精「海さんにこの機と同じ名前の空母がいるが…陸の底力見せてやる…」

深雪「島からの援軍?」

戦闘機妖精「20mm機関砲はないがね 相手をするさね とりあえず制空権確保!」


深雪「みんな!」



水観妖精「重爆による絨毯爆撃と攻撃機隊の雷撃戦開始 敵レ級とル級に水柱確認 なおも攻撃中!」


深雪「いけるいける 突破するゼ!みんないい?」


水観妖精「敵 軽空母 軽巡 駆逐 撃沈 ル級大破!」


111:2015/06/13(土) 17:51:37.89 ID:z7g+uA0SO

−沖35キロ地点−
水観妖精「レ級 ル級… コチラに進路変えます…」

深雪「……了解…」


水観妖精「敵艦載機レ級より発艦…!! くぅ…後ろに着かれた………!!
後方銃座撃ちまくれ!」


深雪「水観へ戦域より離脱せよ!逃げて!!」


水観妖精「ル級味方雷撃が命中…恐らく致命弾… あぁ…バイバイ…深雪さ……


深雪「水観妖精? 応答を…」


戦闘機妖精隊長「制空戦闘用意!来るぞ!」

戦闘機妖精逹「「「応!」」」


戦闘機妖精1「おい おい 戦艦だろ? 何であんなに艦載機出せるんだよ…」

戦闘機妖精隊長「体当たりしてでも、止めろ! 一匹も通すな!」


戦闘機妖精2「陸軍の意地を見せてやる!」

戦闘機妖精3「くそっ、コッチは多くの戦闘機が 深雪ちゃん についてんだぞやんのか…?」

戦闘機妖精4「ビビるな突っ込め!」
………………
…………
……



112:2015/06/13(土) 17:56:25.85 ID:z7g+uA0SO

−簡易指揮所−
司令官「2時方向のレ級エリートの隊が、9時方向に向かっているのか?」

メイド妖精「二十四糎列車加農の砲身が一門駄目になりました 三門でソチラを攻撃をしますか?」


司令官「そうしてくれ…、全軍の損害は?」

メイド妖精「全方位の敵を相手にしてるので………35いえ……40%です…」


司令官「……開幕から一時間内でその損耗率かよ…」アハハハハ…

メイド妖精「ご主人様?」ギョッ…


司令官「零戦妖精、出番だ、メイド妖精を連れ島を脱出せよ!」

零戦妖精「それは、命令か?」

司令官「命令だ!」


メイド妖精「命令違反を致します!後で軍法会議でもなんでもして下さい…」

司令官「今なら、敵戦闘機の数も少なくなっている、味方泊地の提督に会ってココの事を話してくれ…!
深雪への救援隊を出して貰うように要請しよう!」

メイド妖精「他の妖精に頼みます!」

司令官「言霊で命令するがいいか?」

メイド妖精「絶対に嫌です…! 10時方向残敵 レ級 のみ! ですが深雪様に近づいている様です!」

司令官「くっ…!全軍に命令! 9時方向の深雪を逃がすコトを優先させろ!」


零戦妖精「零戦に増槽つけて、いつでもいけるゼ! メイド妖精 狭いが許せ!」ガシッ


メイド妖精「自決しますよ!!!」シャキン…

司令官「おい!ナイフをしまえ… 首から血が滲んでいるじゃないか…」


メイド妖精「最後まで、よろしいですよね…」ニコッ…



113:2015/06/13(土) 17:59:42.15 ID:z7g+uA0SO

−海戦域−
カロ艇妖精「お嬢 大丈夫か?」

深雪「敵の機銃掃射を受けたけど…大丈夫…」イテテ…


マルレ1妖精「制空権確保とは、言いづらいな… 友軍機が上に4機しかいない…」

マルレ2妖精「雷跡、3時!」

マルレ3妖精「くっ…魚雷まで積んでるんですか?」

マルレ4妖精「戦艦だろ?砲で戦えよ…!」


深雪「なんで、こんな…」


カロ艇妖精「あぶねぇ お嬢!!」




ズ ッ ガ ー ー ン !!




深雪「あっ、ああぁ…」

カロ艇妖精「ギリギリセーフ! そっちに…魚雷行かな…かった……だろ…?」ゴフッ…


深雪「待って…よ… カロ艇…さん……」フルフル

カロ艇妖精「逃げろ……お嬢!!煙幕弾を使う!お嬢……隠すぞ!」バシュー…

マルレ1妖精「しっかりするんだ!深雪さん!」

マルレ2妖精「カロ艇の旦那の作ったチャンスを上手く使え!」

カロ艇妖精「じゃあな… お嬢……」メキメキメキズシャー…

深雪「ごめん… ごめんな…行くよ…」ギリィ…


マルレ3妖精「それでいいんです…」

マルレ4妖精「さて、オレは行くぜ、震洋みたいだな…」

マルレ3妖精「私も付き合います。煙幕の中から突然出て来た二隻が2方向から体当たりしたら、きっと相手もビックリですよ!」

マルレ4妖精「相手のビックリする顔が特等席で拝めるチャンスだな!」

マルレ3妖精「楽しみです!」
……………………
………………
…………



−簡易指揮所−
司令官「はぁ…、まぁいいさ… 零戦妖精 今の命令は取り消す 深雪の直掩に陸軍機で上がってくれるか?」


零戦妖精「いつものヤツに25番を2つ着けて行くぜ…」


司令官「頼む!」ケイレイ

零戦妖精「了解した!」ケイレイ


メイド妖精「やっと二人きりになれました!」

司令官「しょうがねぇな… 変わりの妖精を泊地に向かわせる…」


メイド妖精「深雪様にご主人様の心と体を奪われても、ご主人様との最後は私のモノです!」ニッコリ…


114:2015/06/13(土) 18:09:34.46 ID:z7g+uA0SO

−海戦域−
深雪「マルレさん達の攻撃でも……… レ級 全然弱ってない… 追ってきてる……」ギリィ…


マルレ1妖精「深雪さん 我々をおいていきなよ…」

マルレ2妖精「ここを何としてでも抜けるんだろ!?」


深雪「で、でも…」



バ ッ シ ャ ー ン !




マルレ1妖精「水柱?」

マルレ2妖精「おいおい、砲撃までキッチリこなせるのかよ…」


深雪「何か、良い方法は、ハッ!! 昔 吹雪が言ってたっけ、魚雷を撃って、敵に回避行動を取らせるコトで減速させたコトがあるって…」

マルレ1妖精「何でも試してみよう… 正直まともにやって、我々では勝負にならない!」


深雪「そうだな! 迷うのは私らしくない! 雷撃戦用意 当たらなくて良い 相手に避けさせて進路を阻む!」

雷撃妖精「雷撃よう〜い よし!」

深雪「ぃよっし いっけぇー!!」バシュシュシュン…ザバザバザバン…
……………………
………………
…………


−簡易指揮所−
司令官「まぁ、いいさ、メイド妖精、君には悪いが、私が死んだら、君はベテラン提督の下で産まれ変わる… 名簿を深雪に持たせた。」ヤレヤレ…

メイド妖精「名簿? あぁ、コレのコトですよね? 安心して下さい この一枚は、私のコトだけが書いてある部分なので抜きとっておきました。」フフフ…


司令官「なっ… 何てコトを…」

メイド妖精「貴方とともに、この世から消えます… 貴方以外の誰にも仕えたくないです… 私も連れて行って下さいネ?」ニコッ

司令官「それをコッチに…」

メイド妖精「あら、手が滑って火にくべてしまったわ…」メラメラ パチパチ…

司令官「どうして…」


メイド妖精「決まってますよ 私も深雪様同様 ご主人様を愛してるからです… 」


115:2015/06/13(土) 18:12:37.06 ID:z7g+uA0SO

ド ッ カ ー ー ン ! !

司令官「くっ… 深海棲艦の艦砲射撃か?」

メイド妖精「ご主人様、大丈夫ですか?」

司令官「爆破跡に何かいる!?深海棲艦か!!?」




?「あっ、先輩やっほー」

司令官「おい、邪神…なんのようだ?」オマエカヨ…

女神「いやー、チョット下界の様子(情事)を視察してたら、今の上司に越権行為を怒られましてね?」テヘペロ…


司令官「堕天したわけか…」ヤレヤレ…

女神「あー、その言い方は、ないんじゃないですか?」ムーッ!


司令官「今、忙しい!」

女神「一応、深海棲艦の情報を錯乱させて、兵力分散させたり、頑張ってたんですよ…!」


司令官「もっと、ハデにやっつける方法とかないのかよ?」

女神「あれば、やってます! 私は、専門が応急修理ですから、無理です!」


司令官「ここより、安全な場所に堕天しろよ! 仕事増やすなし!?」

メイド妖精「あの、私 空気なんですが… この方は?」


司令官「昔の仕事仲間で、今は邪神をしてる 元後輩です。」

女神「あの世で結婚の約束をしてて、今はカワイイ女神をしてる 元彼女です。」


メイド妖精「神さま なんですか?」ビックリ!

女神「一応、そうです。」アハハハ…

司令官「ある意味、深海棲艦より タチが悪い…」ヤレヤレ…



116:2015/06/13(土) 19:13:08.67 ID:z7g+uA0SO

女神「ところで先輩?この島の情報をあげますね…?
この島、本当は深海棲艦達が作り上げたんです…陸上型深海棲艦の土地になる筈だった場所なんですよ…地脈の動きで解ったことなんですけどね…」


司令官「なる程…、神出鬼没の深海棲艦は、こういう場所も基点にして動く訳か……」


女神「深海棲艦からしてみれば陸上型深海棲艦を出現させる前に、たまたま流れついた人間がこの島を占領していた…と言う訳です…
島の中央部から陸上型深海棲艦が生まれるみたいなので、激しい損傷を島に与えずに占領するのが深海棲艦達の目標みたいです。」


司令官「つまり揚陸をして占領をしに来る訳だな?」


女神「人類の敵になる深海棲艦の移動島そのものを消滅させる為に来たのが、私の本当の目的です。」


司令官「どうやって?」


女神「ここに、特別の爆弾があります… 島の中央部に設定して、このスイッチを押せば、タイマーが作動して、設定の時間がくると島が消滅する規模の爆発がおきます……

私は天界に帰れるけど、先輩は………

本当は、先輩だけを助けたかった………

でも、多くの人間を救うのが神の仕事なの…

ゴメンなさい……」ポロポロ…


司令官「泣くな… これは、俺の業だよ…」ナデナデ…



127:2015/06/14(日) 01:36:07.80 ID:qSLFeo7SO

−海戦域−
深雪「魚雷を避けない!!?でも、コレなら当たる!!」


ザ ッ パ ー ン !!



深雪「よし、直撃だ…ゼ……」



レ級「……」ニタァ…




深雪「……」ゾクゥ…



マルレ1妖精「全然効いてない…の…か…」


マルレ2妖精「魚雷を避けねぇ…だと?」



レ級「……」フン…
チャキ…ドカドカーン


マルレ1妖精「深雪さん 逃げr… バギャ…


深雪「あっ ああっ…」ガチガチガチガチ…


レ級「……」ケケケ…
チャキ…ドカドカーン


マルレ2妖精「さっさと逃g… グジャ…


深雪「何も…何も、出来ない…のかよ チクショウ…チクショウ…せめて一撃は…」
チャキン…−−−−ズドン!!



パ ギ ー ン !!



レ級「……」ケケケケケ…
チャキ…

深雪「司令官、ゴメン無理だったよ………」



128:2015/06/14(日) 01:37:50.30 ID:qSLFeo7SO

零戦妖精(間に合った!必殺の間合いだぜ!増槽なしで爆弾積んどいて良かったぜ!)
「いっけぇぇぇぇぇぇーーーーーー!!」




ズ ッ ガ ー ー ン!!




レ級「……」グァァァ…




ハッ!?
深雪「友軍機!?突っ込んだ?」



攻撃機妖精隊長「突っ込め!! 深雪さんを守るのだ!」


攻撃機妖精達「「「応!」」」


深雪「おい、みんな 駄目だ 辞めr…




ズ ド ド ド ー ー ン !



レ級「……」グハァ…




深雪「みんな……………チィックショーーーー!!
砲雷ぃぃーー撃せぇーんーー用意ぃぃ! いっけえぇぇぇーーー!!」
『照準合わせて、撃ち方始め!』ズドドドドーン…
…………………
……………
………





−簡易指揮所−
メイド妖精「5時方向の沿岸砲からの連絡が途絶えました 恐らく揚陸されてます…」

司令官「深雪、早くこの海域より脱してくれ… 頼む…」

女神「先輩… 爆弾……」
司令官「大丈夫だ、俺がやる心配するな?」

女神「先輩…ごめんなさい」エグエグ…

司令官「ツラい思いさせてこっちこそゴメンな?」ナデナデ…

女神「!!」

司令官「どうした?」

女神「深雪ちゃんが危ない!!」

司令官「待てどこに行く…」

女神「せめて先輩の最愛の人くらいは助けないと…」バイバイ

司令官「消えた…?」



129:2015/06/14(日) 01:39:42.96 ID:qSLFeo7SO

−戦闘海域−
レ級「くっ……」スィィィー-----……

深雪「レ級が離れて行く… 勝てた?」


偵察機妖精「深雪様、早くこの海域より脱して下さい!危険です!」

深雪「了解! 司令官待っててくれよ…」



ド ッ カ ー ン !



深雪「あっ………がぁ……っ……!?」




戦艦水鬼「ヤクニタタヌ...イマイマシイ......ガラクタドモメッ!」




 ズ ド ン !!



戦艦水鬼「ジャマダ...キエロ!」




ズドドドドォォォーーン



ズブズブ…ドプン…
深雪(駄目…か………悔しい……な……司令…官ごめ…ん…)



女神「まだ、あきらめては、いけませんよ?」トンテンカン トンテンカン

深雪「………誰……?」

女神「貴女の恋敵?」バチバチバチ バシュッ バシュッ

深雪「私の…?」

女神「貴女は、まだ頑張れるわ…… 貴女の好きな人の為に生きなさい!!」パァァァァー……




深雪(あっ… あれっ!?)



女神『戦艦水鬼は去りました…仲間が来ているわしっかりしなさい!』


ガシィィィ!
初雪「深雪………遅くなった……」


ハッ!!
深雪「初雪!?」


初雪「早く……コッチ……」



130:2015/06/14(日) 01:41:56.59 ID:qSLFeo7SO

深雪「アッチから来るのは?」

加古「おぉ!? 深雪ぃ? 何死にそうなツラしてんだよ?」

深雪「加古姐さん どうして…って、ソッチ泊地の方向じゃないよ?」ヒッパリ

加古「はいはいはいはい!ちゃんと聞いてるから!スカート引っ張んないで!」

初雪「あのまま、真っ直ぐだと……… 敵増援に遭遇する……」

加古「ホント、行きはよいよい、帰りは怖い〜ってね!」

初雪「少し遠回りだけど………包囲網の薄いところがある……」

深雪「加古姐さん 右後方!!敵!!」

加古「はいはいはいはい!加古スペシャルをくらいやがれー!」

ズドドドン!!!

バチュバチュバチューン!!!

深雪「なっ!?強ぇぇー!?」

加古「なんかかっこいいぞ!わたし!ふふん!」

初雪「深雪………囲まれる前に早く行こう………」

………………………
………………
………

−中間部海域−
最上「ボクの水観が加古達を発見したよ!」

蒼龍「状況はどうなの?」

最上「敵、深海棲艦多数に追われてるみたいだね…このまま行くと、前方の敵と挟撃されるよ…」

蒼龍「江草隊よろしく頼める?」

江草妖精「任せときな!全員搭乗!!」

蒼龍「攻撃隊、発艦はじめっ!」バシューーン!

江草妖精「加古さん達の前方のデカブツから始末するゼ?」

蒼龍「そうね、大物を狙って行きましょう!」

……………………
………………
…………


加古「あ〜 ほんとメンドイわ〜」

深雪「敵、追って来てるね?」

初雪「前方…、敵…!」

深雪「挟撃される?」

加古「いや、大丈夫だ… 上見てみろ」

深雪「水観?」

加古「ありゃ、最上の水観さ…すぐに援軍が来る……」

ゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥン……

深雪「攻撃隊!?艦爆だ!!」
……………………
………………
…………



131:2015/06/14(日) 01:43:48.61 ID:qSLFeo7SO

最上「敵艦多数撃破 加古達は、包囲網を突破したよ、ただまだ追われてるけどね…」

蒼龍「そう…、合流後撤退しましょう!」

最上「間もなく、加古達と合流するね…」

……………………
………………
…………


加古「ほら、前に最上達がいるだろ?」

初雪「深雪……… 遅れるな頑張れ………」

深雪「うん……」

最上「やぁ、遅かったね?」

加古「何だとコラっ!」


蒼龍「二人ともふざけてないで行くわよ?」

深雪「ハ級フラグシップ!追い付いて来た?」

ハ級「ギィィィィー!」


ド ッ カ ー ー ン !!


加古「おい?最上!大丈夫か?」


最上「ボクを舐めてやいないかい?元は重巡だよ? あんまりしつこいと、ボク、ちょっと怒っちゃうぞ。」ジャキッ!!


ズ ド ド ン !!


ハ級「ギギギィィィ……」
ズシャ …ブクブク……


蒼龍「さぁ、急いで行きましょう…!」


深雪「でも、まだ敵を引き連れてる…このままじゃ泊地が…」


蒼龍「大丈夫よ 深雪ちゃん とっておきがあるの!」

…………………
……………
………



132:2015/06/14(日) 01:48:05.44 ID:qSLFeo7SO

−泊地近海−
?「遠慮はしない、撃てぇ!
この主砲の本当の力、味わうが良い!」




ド ッ シ ャ ー ン !!



…………………
……………
………



ズ バ バ ー ー ン !!



深雪「後方、水柱? 敵? えっ!?」

蒼龍「違うわ… 味方よ 最強の艦娘… 前線に来ているの…」

加古「おぉ、支援砲撃がやっと、始まったゼ!!!」

…………………
……………
………

武蔵「フッ、随分待たせたようだな……。大和型戦艦二番艦、武蔵。参る!」



ド ッ シ ュ ー ン !!




武蔵「ククッ…深海棲艦が宙に舞っているな?
この武蔵の主砲、伊達ではないぜ。」
……………………
………………
…………


深雪「ところで、何故、深雪を見つけれたんだ?」

初雪「零戦妖精から……深雪の話は聞いていた………」


最上「昨日、いつもなら泊地に戻ってくる時間になっても、彼が戻って来ないから、零戦妖精の飛びだった方を捜索してたんだ…」


加古「んで、最上の水観がオマエを見つけたからよ? 飛んで来たって訳!」

蒼龍「たまたま、運が良かったわね? さぁ、最強の艦娘に合流するわよ?」


武蔵「フッ、随分待ったぞ……。」


深雪「武蔵さん!?」スゲェ…


武蔵「ここは、任せろ!早く行けい!」


蒼龍「そろそろ反撃よ…全艦載機、発進!」


武蔵「フッ、おいで…遊んで欲しいのかい?」


加古「初雪!深雪を連れて行け!」


最上「後、少しだけど直掩機をボクから出そう!」


初雪「わかった…… 深雪… 行こう……」


深雪「あぁ、早くこの書簡を渡さないといけないんだ!」



134:2015/06/14(日) 08:05:34.77 ID:qSLFeo7SO

−前線基地泊地−
初雪「深雪を…連れて来た……」

基地提督「初雪、御苦労! 深雪、書簡確かに受け取った!」


深雪「早く中を読んでくれ!」

基地提督「わかった………………………。」


深雪「早く着水地点に行こう! 急がないと…」

基地提督「これを……、君に渡す…読んでくれ… 私は少し席を外すよ……」


深雪「おい、ちょと待てよー あー もうなんだってんだ… 場所はどこだ?」

初雪「私も…行こう…」


深雪「……」

初雪「深雪?」



深雪「……」ヘタン…

初雪「……どうした?」




深雪「ア ッ ハ ハ ハ ー ……… バ ッ カ み て ー!」


初雪「指令書…落としたぞ!」ヒョイッ…


[離島防衛作戦をにおいて、必要のない駆逐艦一杯を海軍に返納する。
今回の作戦において、敵深海棲艦、多数との戦闘が予想される。
しかし、敵殲滅作戦において援軍は、陸海軍の連携が取れない為、双方不利になる可能性大いにあり、危険である!
翌日中に、我が隊の精鋭と共に万歳突撃を敢行す!
海軍の更なる健闘と武運長久を祈る!
陸軍将校 基地司令官]


深雪「嘘つき…… 嘘つきやがって… 深雪様を…騙しやがって…バカ…野郎…」ポロポロ…

初雪「……」



深雪「バ カ ヤ ロ ォ ォ ー ー ー!!」



135:2015/06/14(日) 09:41:03.77 ID:qSLFeo7SO

−部屋−
初雪「……」ピコピコ カチャカチャ…

深雪「……」ボーッ……

白雪「じゃあ、遠征任務に行きましょう 吹雪ちゃん 叢雲ちゃん 磯波ちゃん?」

吹雪「行ってくるね?」

深雪「うん… 気をつけて…」

叢雲「いつまでも腐ってないで、艤装の掃除でもしたら? 命を助けてくれた島の司令官が可哀想だわ!」フン…

磯波「チョット、叢雲ちゃん?」

深雪「うん…」

初雪「……」カチャカチャピコピコ…

白雪「じゃあね?」

磯波「後でね!」

吹雪「行ってきます!」

叢雲「シッカリなさい!」

初雪「行って…らっしゃい…」ピコピコカチャカチャ…

深雪「……」ニコッ フリフリ

初雪「……」ピコピコカチャカチャ…

深雪「……」ガサガサ…

初雪「……」カチャカチャ…プチッ…

深雪「ふぅ……」ボーッ…

初雪「それ、ドラム缶に……はいってた手紙?」

深雪「うん…」

[私は深雪の笑顔に救われた その笑顔で皆を幸せにしてくれ 嘘をつき スマン 司令官]

初雪「……」ノビー…

深雪「笑い方…忘れたよ…司令官……」

初雪「艤装の… 整備をしに行こう…?」

深雪「…………うん…」



136:2015/06/14(日) 09:44:02.49 ID:qSLFeo7SO

−ドッグ−
初雪「……」カチャカチャ ゴソゴソ

深雪「……あっ…コレ…」カチャカチャ ゴソ…


初雪「何かの…弾?」


深雪「……うん、司令官が私の為に作ってくれた煙幕弾の弾…ガスが空になったヤツ…艤装の中に入れっぱなしだった…」


初雪「そっか…まだまだ 色々…見つかるかも…?」

深雪「司令官を思い出しちゃうな… 思い出は消えないし…………」



消えない?



消えてない!!ハッ!



初雪「どうしたの?」

深雪「司令官の召喚した妖精が作ったモノが消えてない!!」パァッ…


初雪「?」

深雪「そうだ! ドラム缶! ドラム缶は? どこ? もしかしたら!」ドタタタタ…

初雪「笑ってた?」
…………………
……………
………



−??−
???「ちっ… ツイてねぇな…」

?????「ご主人様、ツイてるんですよ 生きてるじゃないですか?」

???「この島、どこだよ…」

?????「また、1からやり直しですね ご主人様?」
…………………
……………
………



磯波「深雪ちゃんが 元気になってくれて良かった!!」

吹雪「そっかぁ 深雪ちゃんの大事な人と妖精さんは生きてるんだね?」


深雪「この煙幕弾の弾と持って帰ってきたドラム缶が、証拠だ!」ヤッタゼ!

叢雲「また、五月蝿くなるのね?昨日まで静だったのに…」フフフ…

白雪「じゃあ、司令官を探さないとね?」ニコニコ


深雪「あぁ、探し出して一言、言ってやるんだ!」

初雪「おぉ… 何て言うつもり?」




深雪さまだよ!またよろしくな、司令官!



艦?


142:2015/06/14(日) 15:12:56.63 ID:qSLFeo7SO

−掩体壕−
メイド妖精「ご主人様… 先程、出て来た霧がそろそろ晴れそうです…これで深雪様は戻ってこれなくなりますね…」


司令官「あぁ、これで良かったんだ……」


メイド妖精「女神様も消えちゃいましたね…」


司令官「あぁ……………
しかし、このギガントの中 目茶苦茶に狭いな……」タハハハ…


メイド妖精「しかたありませんよ… 妖精サイズですから…」フフフ…


司令官「メイド妖精 ゴメンな 何も出来ない司令官で……」


メイド妖精「そんなことありませんよ 私は幸せでした…」


司令官「まだ、残存兵力はあるのか? さっきから散発的ではあるが、戦闘音が聞こえる…」


メイド妖精「まだ兵力の10%程が残っていますので…非戦闘員の妖精も武器を手にして、壕の外で待機しています」


司令官「自分はウチに籠って、非戦闘員まで戦わせるとか、とんだ無能司令官だな…」


メイド妖精「仕方がありませんよ… 陸に揚がれる戦艦相手に戦う方法は限られてますし…、司令官が召されてしまうと我々も消えてしまいますから…」パチッパチッ コンプレッサー ジュンビオッケ-


司令官「おいおい、何してるんだ?」


メイド妖精「ご主人様と愛の逃避行ゴッコです♪」


司令官「そう言えば、このギガントは、メイド妖精が作ったんだったよな?」


メイド妖精「えぇ、だから最後に…… 遊びですよ… 何百回とエンジンをかけてもご主人様が乗ると止まってしまう…知ってますよ… 無駄だって……」ポロポロ…


司令官「メイド妖精が、人間だったら嫁に欲しいよ…」ナデナデ…


メイド妖精「皆にそう言って… 本当に女の敵ですね ご主人様は…」エンジンシドウ!!



バルッ バルッ バルッ バッバッバッバッ バルルルルルル……………


メイド妖精「!!!」

司令官「!!?」



143:2015/06/14(日) 15:14:13.30 ID:qSLFeo7SO

メイド妖精「何故… 何故 今 エンジンが動くの?」

司令官「信じられん……」


メイド妖精「艦娘でもないのに…」


司令官「私は艦娘になったのか…?」


メイド妖精「と、とりあえず逃げませんか? ご主人様?」


司令官「あっ あぁ… チョット待っててくれ、脱出するなら、名簿の写しを持って行く…」ドタドタドタ… ズテーン…


メイド妖精「ご主人様! 大丈夫ですか? 膝から血が出てます 慌てるから…」オサエナイト…


司令官「い っ て ぇ ー ー ! ! 何かにつまづいた?」


グシャボロ…
97式中戦車「」


司令官「」



メイド妖精「あぁ、チハの破片で足を切ったんですね? 深雪様から貰った大切な血を出さないで下さいよ…」クスクス…


司令官「………艦娘の血………か? まさかな?」フフフ…


メイド妖精「かも知れませんね………
でも、何でもいいじゃないですか… 早く名簿を持って脱出しましょう?」


司令官「そうだな… 生き延びれる可能性に賭よう!」


メイド妖精「爆弾のタイマーを設置して、全軍の退却を無線で呼び掛けます!」


司令官「よし、どこまで行けるかわからないけどついて来てくれるかメイド妖精?」


メイド妖精「えぇ、深雪様に二人で叱られる為にも!」


司令官「全軍転進するぞ!ついて来てくれ!」



おわり


144:2015/06/14(日) 15:18:31.37 ID:qSLFeo7SO

本当は艦娘の血についての件が話の途中であったのですが、省いてしまったので、こう言う感じで最後とさせて下さい。

残りのネタは、もし、他のSSを書くことがあれば使おうと思っております。
見て頂いた方々 本当にありがとうございました!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433993369/

→→もっと艦隊これくしょんを読む←←