2:2014/07/18(金) 00:34:15.48 ID:yqQNLE6ao

凛「今日は久しぶりにかよちんがお泊りにくる日…」

凛「今日を二人にとって絶対忘れられない日にするよ!」

凛「えへへ…」下剤ダバー

グツグツ…

凛「できた!凛ちゃん特製大盛り下剤入りカレー!」

ピンポーン…

凛「タイミングもバッチリにゃ!」

凛「はーい!」パタパタ


3:2014/07/18(金) 00:35:10.89 ID:yqQNLE6ao

花陽「お待たせ、凛ちゃん」

凛「ううん、今ちょうどご飯できたとこだよ!」

花陽「わぁ…いい匂い…」

凛「さ、あがってあがって!」

花陽「お邪魔します!」

花陽「でもいいの?凛ちゃんが夕飯まで用意してくれるなんて…」

凛「いいのいいの!それよりはい、どうぞ!」ゴト

花陽「わぁ…!」キラキラ

凛「かよちんのために頑張って作ったにゃ!」

凛「簡単でごめんね」

花陽「ううん!ありがと凛ちゃん!」

凛「じゃあ…」

りんぱな「いっただきまーす!」


4:2014/07/18(金) 00:35:48.81 ID:yqQNLE6ao

凛「…」ドキドキ

花陽「あーん…」

花陽「ぱくっ…うん!美味しい!」

凛「ほんとっ!?よかったにゃーっ!」

花陽「うんっ!特にこのご飯の炊き加減が絶妙!」パクパク

花陽「将来凛ちゃんと一緒になる人は絶対幸せだよ〜」ニコニコ

凛「えへへ…」


5:2014/07/18(金) 00:36:27.74 ID:yqQNLE6ao

〜〜〜〜〜〜

花陽「ふぅ…お腹いっぱい…ごちそうさま…」

凛「かよちんいっぱいお代わりしたね!」

花陽「あっ、ごめん…迷惑だった?」

凛「ううん、全然!」

凛「いっぱい食べてくれて嬉しいにゃ!」

花陽「凛ちゃん…」

花陽(あれ?でも凛ちゃん、自分の分ほとんど食べてないんじゃ…)

凛「じゃ、片づけてくるからかよちんはテレビでも観てて」

花陽「えーっ、手伝うよ!」

凛「ほんと?じゃあこっちお願い!」

バシャバシャ…


6:2014/07/18(金) 00:37:11.42 ID:yqQNLE6ao

〜〜〜〜〜〜

凛「ふぅ、片付いた〜」

凛「やっぱり二人でやると早いにゃ〜、ありがとね、かよちん!」

花陽「う、うん!」モジ

凛「ん、どうかしたの?かよちん」

花陽「ううん、なんでもないよ!」

花陽「じゃ、始めよっか凛ちゃん」

凛「え?な、何をかにゃ〜」

花陽「もう…来週からのテストの勉強、するんだよね?」

花陽「そのためのお泊りなんだから…」

凛「あは、あはは…」


7:2014/07/18(金) 00:40:44.17 ID:yqQNLE6ao

〜〜〜〜〜〜

凛「も、もうダメだぁ…」グデー

花陽「凛ちゃん!?」

花陽「まだ3ページしか進んでないよ!?」

凛「ごめんかよちん…」

凛「でも無理なものは無理みたいだよ…」プシュー

花陽「だ、だめだよ凛ちゃん!また赤点取っちゃったら、私たちはっ…うっ」グキュー

凛「かよちん…?」

花陽「っ!うぅ…」グギュルル…


8:2014/07/18(金) 00:41:23.38 ID:yqQNLE6ao

凛「かよちん…?」

花陽「ご、ごめんね凛ちゃん!ちょっとお腹の調子が悪くて…」

凛「そ、それは大変だにゃ!」ガタッ

花陽「きゃっ!」

凛「これはお勉強どころじゃないよ!かよちんを看病するにゃ!」

花陽「ちょ、ちょっと凛ちゃん!」

花陽「それとこれとは話が別だよぉ…」

凛「何言ってんの!こんなに調子が悪そうなかよちんをほっとくわけにはいかないよ!」

花陽「もうっ、凛ちゃん!」

凛「わわっ!?」

花陽「わ、私のことはいいから…」

花陽「ほら、続き、いくよ?」

凛「…はい」

凛(あれ…あんまり効いてない…?)


9:2014/07/18(金) 00:42:21.50 ID:yqQNLE6ao

花陽(ううっ…どうしよう…)

花陽(すっごく…お腹痛いよぉ…)

花陽(こうなったらいつもみたいにおトイレを借りてっ…!)

花陽(でも…でも…っ!おしっこならともかく…凛ちゃんのお家で…うんちなんてっ…!)

花陽「じゃあ凛ちゃん、ここの問題はね…」

凛「うんうん…」

花陽(我慢、我慢…っ!)

花陽(そしたらそのうち…きっとお腹痛いのなんて…)プルプル


11:2014/07/18(金) 00:42:59.86 ID:yqQNLE6ao

花陽「このwhoは関係代名詞だから、この文はね…」

凛「うぅ…」

花陽「凛ちゃーん、あの…聞いてる?」

凛(かよちんにお薬が効いてないってことは…普通にこのお勉強会が続いていくにゃ…)

凛(かよちんとの楽しいひと時を過ごすはずが…これじゃ拷問だよ…)

花陽「凛ちゃん!」ユサユサ

凛「はっ、かよちん!?」

凛「ご、ごめん、さっきのとこもっかいおねがい!」

花陽「もー…」プクー


12:2014/07/18(金) 00:44:00.89 ID:yqQNLE6ao

花陽「まじめにやろうよ凛ちゃん…」

凛「うんっ、今からまじめモードにゃ!」キリッ

花陽「うん、頑張ろうね凛ちゃん」

凛(こうなったらもう真面目にやるしかないにゃ…)

凛(でもその前に…)

凛「じゃ気分転換!」

花陽「ええー…」

凛「大丈夫、ちょっとストレッチするだけ!」ガタン

ドン

花陽「きゃっ!?」

凛「あっ!テーブルが…!?」


13:2014/07/18(金) 00:44:40.29 ID:yqQNLE6ao

凛「ごっ、ごめんかよちん!大丈夫!?」

花陽「あっ、ぐっ、ううぅぅ…」フルフル

凛(あれ?そんなに強く当たらなかったはずなのに…)

凛「かよ…ちん…?」

花陽「だっ、だい、じょぶ、だよ…だけどっ」ハァハァ

凛(顔色が…ってまさか!)

花陽「ご、ごめん、凛ちゃん…」

凛「かよちん…」ゴクリ

花陽「ちょっと…おトイレ、借りていい…?」ハアハア

凛(きたーっ!!)


14:2014/07/18(金) 00:45:20.78 ID:yqQNLE6ao

凛「ほんとに大丈夫!?かよちん!」

花陽「う、うん…ちょっと、お腹…うう…」グギュルルル…

凛「すっごい辛そうだにゃー!どうしたの?お腹、痛いの?」

花陽「…」コクリ

凛「た、大変だにゃー!立てる?かよちん!?」

花陽「な、なんとか…ふぐっ!」キュルル…

凛(かよちん大変そう…想像以上に効いてるにゃ…)

花陽「あぐっ!た、助けてぇ…凛ちゃん…」ハァハァ

凛(か、可愛いにゃ…)

凛「かよちん!とにかくトイレまで行くよ!ほら立って!」グイ


15:2014/07/18(金) 00:46:22.50 ID:yqQNLE6ao

花陽「きゃっ…ダメ、凛ちゃん…」ハァハァ

花陽「動いたら…出ちゃうよ…」ポロポロ

凛「え、何がっ?」

花陽「そ、それは…っ!!」カアア

凛(かよちん…ハァハァ、すっごく…すっごく可愛いにゃ…)

花陽「いやぁ…いやあぁ…」ギュルルグピー

凛「頑張るにゃ!かよちん!」サスサス

凛(これは…そろそろ)

凛(…あれを使うときだにゃ!)


16:2014/07/18(金) 00:47:01.27 ID:yqQNLE6ao

凛「立てる?」

花陽「…」フルフル

凛「じゃあもう最終手段だね、かよちん…」

花陽「凛ちゃん…」ウルウル

凛「ここでしちゃうしかないよ!これに!」バァーン

花陽「そ、それ…」

凛「猫用トイレだよ!」

花陽「えっ…でも…あぐっ」ギュルルルリ

凛「大丈夫、凛はこんなことでかよちんを嫌いになったりしないから!」

花陽「でも…でもぉ…」


17:2014/07/18(金) 00:47:53.98 ID:yqQNLE6ao

凛「トイレにも行けないくらいならどっちみちこれしかないよ、かよちん…」

凛「それに漏らしちゃったら…今かよちんが着てるかわいい服も台無しだよ!」

凛「凛は女の子らしい格好できないから…」

凛「かよちんにはかわいらしいお洋服を大事にしてもらいたいにゃ…」

花陽「りん…ちゃん…うくっ」グギュルルクキュー

凛「もう迷ってる暇はないよかよちん!ほら、お尻出して!」

花陽「でもっ!ま、待って凛ちゃん!こんなのっ…!」グギュルルブジュ

花陽「!?」ハッ

凛「出ちゃった!?早く脱いでっ!!」ズリ

花陽「ひゃあ!?」

凛「お尻に…」ピト

花陽「ああああああっ!!だめえええーーっ!」ブジュジュ


18:2014/07/18(金) 00:48:27.85 ID:yqQNLE6ao

花陽「いやああ!見ないで凛ちゃん!」ブリュ!

ブビビビッ!ブリュッミュリリリリブバッ!

凛「かよちん…すごい…」ハァハァ

花陽「いやああああ!いやああああ!」ポロポロ

ブビュルルブシャァ!ブビッブチュチュブバッ!ブジュッ、ブビィィーッ!!

凛「よく我慢してたにゃ、かよちん…」ナデナデ

花陽「ひぐっ、ひぐ…うええ…うえええええん…」ポロポロ

プシャッ、ショワアアアア…

凛「おしっこも出ちゃったにゃ、かよちん」

花陽「うわああああん!見な、いでぇ…ぐず」ポロポロ


19:2014/07/18(金) 00:49:05.90 ID:yqQNLE6ao

凛「よしよし…えらいねかよちん、ちゃんとこぼさずにできたんだにゃ」ナデナデ

花陽「ひぐっ、ぐすぐす…ああっ!」ブリュッ

凛「ほら、泣かない泣かない…誰にでもお腹が痛いときくらいあるって」

凛「どう?すっきりしたかにゃ?」オナカナデナデ

花陽「あっ、や、やめっ!」ブジューブリュリュ

凛「いいよ、全部出すにゃ」ナデナデ

花陽「ご、めんなさい…ごめんなさい凛ちゃん…」ブリュリュベチャッボトト

凛「だーいじょうぶだにゃ!」ギュ

ブチュチュ…ポタポタ

花陽「はぁ…はぁ…もうやだよぉ…」グッタリ


20:2014/07/18(金) 00:49:49.43 ID:yqQNLE6ao

凛「もうお腹、大丈夫?」

花陽「ひっく…ひっく…」コクン

凛「頑張ったね、かよちん」

凛「拭いたげるからじっとしてて」

花陽「やぁっ…自分で…!」

凛「だってかよちん、全身から力が抜けちゃってるにゃ」

凛「凛にまかせて!」

花陽「そんな…ぐすっ、き、汚いよぉ…」

凛「かよちんに汚いとこなんてないよ」

凛「凛はかよちんの全部が好きだから」

花陽「凛…ちゃん…」


21:2014/07/18(金) 00:51:51.74 ID:yqQNLE6ao

凛「ほら、見せて、かよちん」

花陽「やっ、やだっ、そんなとこ見ないでぇっ、凛ちゃん!」

凛「汚くないよ…よっと」フキフキ

花陽「ぐすっ…は、恥ずかしい…っ」

凛「ほら、だんだん綺麗になるにゃ!」フキフキ

花陽「はわゎ…うぅ…」モジ

花陽(わぁぁ…私、凛ちゃんにお尻を拭かれちゃってる…)

花陽(どうしよう…なんか…すっごく…///)カァァ

凛「かよちん…」

花陽「え…」

凛「かよちん、なんか熱くなってきてるよ?」


22:2014/07/18(金) 00:52:38.52 ID:yqQNLE6ao

花陽「えっ、きゃっ!こっ、これはぁっ!」

凛「熱くて、今にもとろけそうだにゃ…」フキフキ

花陽「やっ、やだっ、凛ちゃん!やや、やっぱり私ぃっ、自分でっ…!」

凛「動かないで、任せてって言ったにゃ」

凛「もうすぐで全部綺麗になるよ、んしょ、んしょ」ゴシゴシ

花陽「あんっ…ちょっと、そこ…はぁっ…」

凛「あれー?」

凛「かよちん…おしっこ拭いてたら何か出てきたよ?」クチュ

花陽「いっ!?」ビクン

凛「えへへ、もっとふきふきしてあげる!」

花陽「やぁっ!ほんと、ほんといいからぁ…っ!」


23:2014/07/18(金) 00:53:15.79 ID:yqQNLE6ao

凛「かよちん…」ギュ

凛「諦めて、全部凛のものになるにゃ!」

花陽「凛…ちゃん…?」

凛「ね、かよちん」

花陽「な、なに…」

凛「凛にお尻ふきふきされて、気持ちよかった?」

花陽「っ…!」

凛「ね、どうなの?」

花陽「うん…」

凛「よかった…」

凛「じゃ、もっと気持ちよくしてあげる!」


24:2014/07/18(金) 00:53:52.21 ID:yqQNLE6ao

花陽「ええっ!?ちょ、ちょっと…」

凛「ほらかよちん、凛にどこを拭かれたらいちばん気持ちよかった?」ナデナデ

凛「ここ?」フニ

花陽「あん!」

凛「それともここ?」ツンツン

凛「それともここだったかにゃー?」クチュクチュ

花陽「ひあぁっ!?ちょっとぉ!」

凛「えへ…かよちんも元気になってきたにゃ!」

花陽「だ、だって凛ちゃんがぁ…!」


25:2014/07/18(金) 00:54:28.77 ID:yqQNLE6ao

凛「うん…ごめんかよちん…」

凛「凛、かよちんに変なことせずにいられなくなっちゃった…」

花陽「どうして…」

凛「だって、いっぱいかよちんの恥ずかしいとこ見ちゃって…」

凛「もう絶対、かよちんをお嫁にしなきゃいけなくなっちゃったし」

花陽「い、意味わかんないよぉ…」

凛「とにかく!今までよりいっぱいいっぱい、凛はかよちんのこと大好きになったの!」

花陽「はわわぁ…」

凛「もう我慢できない…かよちん」

凛「もっと、さわるよ?」

花陽「うん…」


26:2014/07/18(金) 00:55:07.52 ID:yqQNLE6ao

凛「かよちん!」ガバァ

花陽「きゃっ!で、でも…」

花陽「その前に…その…」

花陽「うんち…片づけさせてぇ…」

凛「…忘れてたにゃー」

花陽「き、汚いよぉ…」

凛「えへへ…お部屋がかよちんのにおいでいっぱいだにゃ」

花陽「〜っ!」カァァ

凛「さすがに猫砂でも吸収しきれなかったね…もう溢れそうだよかよちん!」

花陽「い、言わないでぇ…」


27:2014/07/18(金) 00:55:43.94 ID:yqQNLE6ao

凛「おトイレに流せるかなぁ…もしかして詰まっちゃったりとか」ニヨニヨ

花陽「も、もう!早く捨ててきてっ!」

凛「ごめん、かよちん」

凛「せっかくだからもうちょっと置いとくね!」

花陽「なんでーっ!?」

凛「だって…」ペロ

花陽「ひゃん!」ビクン

凛「かよちんが恥ずかしがれば恥ずかしがるだけ、なんかかよちんのことが可愛く見えてくるもん…」

花陽「そっ、そんな、ぁっ」

凛「だからこのままでいいんだにゃ!」


28:2014/07/18(金) 00:56:20.75 ID:yqQNLE6ao

花陽「でで、でも、せ、せめてお風呂くらいはっ!」

凛「このままでもいいにゃ!」

凛「さっきも言ったけど…かよちんのなら汚くないよ!」

花陽「凛ちゃんの変態…」

凛「変態で結構だにゃ!かよちーん!」ガバァ

花陽「ちょ、ちょっと、まだ心の準備がぁ!」ジタバタ

ガタッ、ガッシャーン

凛「わああ!?」

花陽「きゃあっ!」

花陽「あ…ご、ごめんね凛ちゃん…倒しちゃって…ん?」

コロコロ…

花陽「なにこのビン…」


29:2014/07/18(金) 00:57:12.12 ID:yqQNLE6ao

凛「!!!!」

『超強力下剤 アルティメットカイベンα液剤』

花陽「…え?」

凛「わああっ!?」パシッ

花陽「きゃっ!凛ちゃん?」

凛「えへ…えへへぇ…」サッ

花陽「…」ジトー

凛「な、なな、なにかにゃ、かよちん?」ダラダラ

花陽「ね、凛ちゃん…」

花陽「私だけ凛ちゃんに恥ずかしいとこいっぱい見られたの…不公平じゃないかな?」ニコッ


30:2014/07/18(金) 00:57:48.99 ID:yqQNLE6ao

花陽「それに、猫トイレが似合うっていったらやっぱり…ね?」ギュ

凛「あ、あは…あはは…」

凛「あ!ちょっと用事を思い出したにゃ!」ダッ

花陽「凛ちゃん?」ガシ

凛「わ…か、かよちん…」ガタガタ


「にゃーーーーーーーーーっ!!!!」ブチューブビビブリブリブリッ!!!


おしまい


36:2014/07/18(金) 19:40:24.80 ID:9Tnt5pyGO

おつー
次も期待


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405611192/