1:2016/12/02(金) 18:43:12.19 ID:Tr5ODeVBO

美希「今日も収録疲れたの〜」

P「はは、美希にしちゃ頑張ってるじゃないか」

P「これからランクが上がればもっと仕事増えるぞー」

美希「えー」

美希「一日に2つも3つも疲れちゃうよ」



2:2016/12/02(金) 18:45:17.53 ID:Tr5ODeVBO

美希「ハニー!!」ガバ

P「おっ?」

美希「もっとミキに甘えさせて〜」スリスリ

P「ははは、何言ってんだ。このゆとりが」

P「誰かに見られたらどうするんだ。離れなさい」グイ

美希「やーん!」

キャッキャッ アハハ...



3:2016/12/02(金) 18:50:32.45 ID:Tr5ODeVBO

美希「もう!最近ハニーは厳しすぎるの」

P「これくらいで弱音はいてたらトップアイドルにはなれないぞ?」

美希「むぅー」


「ニャ-ン」


美希「あっ!ネコだ!」

美希「ミキ、ちょっと見てくるねっ」タッ

P「あっ!おい…」



4:2016/12/02(金) 18:54:18.82 ID:Tr5ODeVBO

「ニャ-ンニャ-ン」


美希「♪」

P「ま、待て美希!」

P「それはネコじゃないっ!!」

美希「え…」


「ニャ-ンニャ-ンニャ-ン」


P「それは…」

P「種付けおじさんだッッ!!!」


デデーン!!


種付けおじさん「タネツケ-!!」



5:2016/12/02(金) 18:59:23.97 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「タネツケ-!!タネツケ-!!」ダダダ

P「くっ」ダッ

P「美希ッ!逃げろぉ!!」

美希「えっ?えっ?」アタフタ

種付けおじさん「タネツケ-!!」

ガバァ

美希「きゃあああああああッッ!!」

P「美希ー!!」

P「うおおおおおおおッッ!!!」ダッ

ドンッ


6:2016/12/02(金) 19:02:26.10 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「タネツケ-!!タネツケ-!!」

パンッパンッパンッ

P「アオッ!?アオオッ!!」

P「アオオオーーーッ!!!」ビクビク


美希「!?!?!?」

美希「は、ハニイイイイイイッ!!!!」


8:2016/12/02(金) 19:06:23.14 ID:Tr5ODeVBO

スパンスパンスパンスパン

P「美希ッ!アオッ!///」

P「逃げアオオーーッ!!/////」ビクビク

種付けおじさん「タネツケ-!!」


美希「や、やめてっ」

美希「ハニーを離してー!!」ポカポカ

種付けおじさん「ダネッ!!」

ドピュ



9:2016/12/02(金) 19:09:44.41 ID:Tr5ODeVBO

スポッ

P「」バタッ

美希「821ー!」ガバ

P「み、みき…」

美希「もう喋っちゃだめなの!」

美希「ごめんなさい…ミキのせいでっ」ポロポロ

P「美希、しっかりな…」

P「お前ならなれるさ。トップアイドルに…」スゥ

美希「…ハニィ」

美希「嫌あああああああッッ!!!」



10:2016/12/02(金) 19:11:43.80 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「タネツケ-!!タネツケ-!!」

ピョンピョン


美希「許さない…」ユラ

美希「絶対に許さないの」



つづく


14:2016/12/02(金) 20:08:35.11 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「タネツケ-!!」

ガバァッ!!


種付けおじさんは一声叫ぶとミキにタックルを仕掛けてきたの

ミドルエイジの極度の肥満体からの一撃

組み伏せられたら終わりなの

産むことになるの



15:2016/12/02(金) 20:12:33.99 ID:Tr5ODeVBO

美希「ふっ!!」バッ

バシッ

種付けおじさん「ダネ!?」


タックルを喰らう直前、ミキはジャンプ!
おじさんの首を掴み、全体重をかけて抑えつけたの

そして


美希「オオオアッ!!」

ベキッ!!

種付けおじさん「ダネエエエッ!!」


渾身の力のヒザ蹴りを

おじさんのアゴにお見舞いしてあげたの



16:2016/12/02(金) 20:27:16.53 ID:Tr5ODeVBO

美希(まだ…!)

美希「はああああっ!!」

ダッ

美希「なの!なの!なの!なの!!」

ドガッ!!バキッ!!ゴシャッ!!グシャッ!!

種付けおじさん「ゲヘッ!!ダネェッ!!フシ-!!」


上に仰け反ったおじさんの巨躯に

縮地でほぼ0距離まで近づく

そして真クン直伝のワンインチパンチを

一つ、また一つ

再びミキの渾身の力で放っていくの


17:2016/12/02(金) 20:37:10.33 ID:Tr5ODeVBO

バキッ!!ズガッ!!ゴッ!!


一つ、また一つ

ハニーへの想いをのせて


美希(ハニー!はにい!821!)

P『美希ならなれるさ、トップアイドルに…』

美希「は・にぃ…」フラ

ぼやぁ

美希(あ、あれ。なんで目がかすんで)



19:2016/12/02(金) 20:55:26.41 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「タネツケ-!!」

ガババァッ!

美希「!?しまっ…」


一瞬の隙をつかれ

ミキはおじさんの巨体に組伏せられたの

おじさんの吹出物だらけの不快な顔面と

ぬらぬらと光ったナメクジみたいな唇がミキを襲うの


種付けおじさん「フシ-!!ダネダネ-!!」

ヘコヘコヘコ

美希「ぐううううっ!」

美希「離せっ!ミキはハニーだけのものなのっ!!」ジタバタ



20:2016/12/02(金) 21:04:16.13 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「ダネ-!」

ゴスッ

美希「かは…!」


ミキ、鳩尾におじさんの掌底を喰らったの

一撃でミキの身体から自由を奪うなんて

もうダメだって思うな…

ミキ、がんばったよね…?

ゴメンね、ハニー



?『あきらめちゃダメよ!』


21:2016/12/02(金) 21:11:57.40 ID:Tr5ODeVBO

?『あきらめたら、そこで試合終了よ!?』


あなたは…

火野レイ『フンッ!』どん


セーラーマーズ!?


???『私たちもいるわっ!』


22:2016/12/02(金) 21:24:02.40 ID:Tr5ODeVBO

古手川唯『立って!』

どん!

黄瀬やよい『二次創作で散々種付けられた私たちに代わって…』

どどん!!

ティファ・ロックハート『あいつを倒すのよ!!』

どどどん!!!

『『お願いっ!!』』


23:2016/12/02(金) 21:30:23.48 ID:Tr5ODeVBO

そうだ…

ミキは負けるわけにはいかない!!

P『美希!立て!!』

P『立つんだ、美希ー!!」


美希「ぅうウオオオッッ!!」

グイイイッ!!

種付けおじさん「タ.タネツケ-?!」


そうだ

最初からここを狙えばよかったの


美希「なのおおおおっ!!!」

グチャ


24:2016/12/02(金) 21:35:04.40 ID:Tr5ODeVBO

種付けおじさん「ダネエエエエエッッ!!!」ゴロゴロ

美希「もうこれで…」

美希「一生種付けできないの」

種付けおじさん「ダ...ネ」ピクピク


種付けおじさんは死んだ

ポケモンセンターにいっても教会にいっても治らない

死んだ


美希「終わった…終わったよ」

美希「ハニー」


25:2016/12/02(金) 21:36:35.79 ID:Tr5ODeVBO

美希「レイプは犯罪なの」

おわり☆


26:2016/12/02(金) 21:37:05.28 ID:Tr5ODeVBO

ありがとうございました。


27:2016/12/02(金) 21:44:11.52 ID:YLhCS5gUo

おつ
勢いに吹いた


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1480671792/