2:2014/02/02(日) 18:00:43.70 ID:RR2icAZ00


P「ふぅ…この辺にすっかなあ」


P「ちひろさん昼飯食うんでちょっと抜けます」


ちひろ「あら、外食ですか?午後から柚ちゃんと仕事ですからもしかして一緒にとか」


P「いえ残念ながら柚はまだ来ないんでビニ弁っすよ」


ちひろ「そうですか、じゃあ食べ終わったあとでいいので私の分のお茶もいれてくれませんか?」


P「まっそんくらいならお安い御用で」




5:2014/02/02(日) 18:08:19.56 ID:RR2icAZ00



バンッ


柚「柚ダヨー!」


P「おう柚おはよう」モグモグ


柚「うん!おはようございます!」


柚「お?美味しそうなの食ってるじゃん?じゃん?ちょっとちょうだい!」


P「なんだ柚、昼飯食ってないのかよ」


柚「いや?さっき食べてきたよ?」


P「食ってきたばっかなのに人の昼飯にたかるのかよ…」


柚「でも美味しそうなんだもーん!」


P「はぁ…少しならくれてやるよ」


柚「じゃあその唐揚げ一つちょうだい!」


P「メインじゃねえか…ほい箸」


柚「え、えっと…Pサンに食べさせて欲しいなあ…なんて///」


P「なんでだよ…ほい」


柚「あ、あーん」




7:2014/02/02(日) 18:13:25.98 ID:RR2icAZ00


柚「ん!美味しい!」


P「だろ?やはり俺の目に狂いはなかったのだ」


柚「アイドルを見つけてスカウトしてくるみたいに?」


P「流石にアイドルとお弁当を同列にはしないさ」


柚「だよね!にしても最近のお弁当は美味しくなったんだねえ」


P「まさに現代っ子ってやつが何を言ってやがる」


柚「んーでもアタシあんまりコンビニ弁当ってたべないしなあ…菓子パンとかたまに食べるけど」


P「確かに最近の子っても高校生が頻繁にコンビニ弁当食うってないよなあ」



8:2014/02/02(日) 18:17:49.91 ID:RR2icAZ00


柚「そういうPサンはいっつもコンビニ弁当だよね、ちゃんとご飯食べてるの?」


P「今お前の目の前で食ってるだろ何言ってんだ」


柚「じゃなくてちゃんと作ったご飯ってこと!いくらコンビニ弁当でもずっと食べてたら栄養とか偏るでしょ?それにPサンよく変なドリンク飲んでるし…あれだって良くなさそうだし」


P「確かにそういうちゃんとしたのは最近食ってないな…俺も作れないわけじゃないんだがどうにも忙しくてなあ」


柚「じゃ、じゃあさ!明日アタシがお弁当作ってきてあげるよ!」


P「いや、流石にそれは悪いんじゃ…それに柚だし…ってそういや柚は料理出来るんだったな」


柚「あー!酷い!あの仕事とってきたのPサンじゃんかー!流石の柚大明神もこれは怒っちゃうなあ!」


P「何が大明神だよ…まあ悪かったよ、何をすれば許してもらえるでしょうか大明神さま」


柚「仕事終わりに駅前のシュークリームを献上したまえ、さすれば許そう」


P「ははー!ま、そのくらいは問題ないさ」


柚「あ、あとアタシに明日のお弁当作らせることね?だから明日はコンビニ弁当禁止!」


P「お、おうわかったよ」


柚「ふふーん!楽しみにしててね!吠え面かかせてやるんだから!」


P「ああ、楽しみにしてるよ」



9:2014/02/02(日) 18:25:06.26 ID:RR2icAZ00



ちひろ「プロデューサーさん柚ちゃん時間大丈夫ですか?」


P「おっともうこんな時間か、行くぞ柚、すいませんお茶はまた今度」


ちひろ「お願いしますね」


P「それじゃ行ってきます」


柚「行ってきまーす!」


柚「そういえばPサンと二人きりで仕事に行くのって久しぶりな気がするな!」


P「確かに最近はアイドルも増えてそんなことはなくなったな、あっても他に誰かいることが多いし、まああの新人君のおかげでだいぶ楽になったからな、そのおかげさ」


柚「じゃあ二人きりにしてくれた新Pサンに感謝しないとね!」


P「まああいつが二人きりにしてくれたわけじゃないけどな、あと人員を増やす決心をしてくれた社長にも一応感謝な」


柚「二人とも今まですごい大変そうだったもんね」


P「俺はあまり苦じゃなかったがちひろさんがキツそうだったよ」


P「あと俺は新人君が来るだいぶ前から怪しいドリンクは飲んでないから」


柚「あれー?」



14:2014/02/02(日) 18:36:49.01 ID:RR2icAZ00

翌日


P「ただいま戻りました」


ちひろ「お帰りなさい、ご飯食べてきたんですか?」


P「いや、事務所で食べようかと」


ちひろ「じゃあまたコンビニ弁当なんですね」


P「どんだけ俺の飯イコールコンビニ弁当が定着してるんだ…」


ちひろ「でもプロデューサーさんコンビニ弁当かカップ麺しか食べてるとこ見たことないですよ、栄養とか考えてますか?あなたが倒れたらこっちが困るんです」


P「昨日柚にも似たようなこと言われたんすよ、そしたら自分が弁当作ってくるって」


ちひろ「柚ちゃんとも長いですからねえ、よく見てるんじゃないですか?それにしてもアイドルからご飯をたかるプロデューサー…」


P「おい」


ちひろ「まあ別にいいんじゃないですか?本人が言い出したなら」


P「まあそういうことにしといてください」


バンッ


柚「おはよ!」



15:2014/02/02(日) 18:41:53.45 ID:RR2icAZ00


P「おお柚おはようどうしたそんな急いで」


柚「決まってるじゃん!早くPサンに柚お手製弁当食べさせてあげたいからだよ!」


P「なんでお前の方が楽しそうなんた」


柚「そういうPサンは淡白すぎるんじゃないかなー?今をときめくアイドルのお弁当だよ!しかも実力はお墨付き!」


P「そう聞くと楽しみになってきたな、つーわけでちょっと昼飯食べるんで」


ちひろ「わかりました、今日はお茶お願いしますね」


P「はいはい」


柚「早く早く!」



16:2014/02/02(日) 18:51:13.13 ID:RR2icAZ00


柚「ご開帳!」


P「おお!これはマジで美味そうだ!」


柚「でしょ!唐揚げとかハンバーグとか大抵の人が好きそうなの入れてみたけど苦手なものとか入ってないかな」


P「いやどれも美味しそうだよ、それに柚がせっかく作ってくれたもん残すわけにはいかないよ」


柚「えへへ」


P「じゃあ早速頂きます!」


P「……………………」モグモグ


柚「ど、どうカナ…」


P「う、うまい…」


柚「ホント!?」


P「ああ!美味いよ!なんだろうなこんなに美味くてあったかい飯は久しぶりだ!」


柚「ぴ、Pサンに喜んでもらえてなりよりだよ」


P「ああホントに美味いな、これなら毎日食べたいくらいだ」


柚「えっ…」



17:2014/02/02(日) 19:09:20.10 ID:RR2icAZ00



P「ん?どした?」


柚「あ、あのさ…Pサンが良かったらさ…これから毎日は無理かもだけどさ、出来る限りPサンにお弁当作ってきてもいいよ?」


P「えっいや…でもアイドルにこんなことずっとさせるわけには…」


柚「だから毎日じゃなくて…出来る範囲でって…それなら良くない?」


P「ど、どうだろうなあ…」


柚(なんでだろ、すごく顔が熱い…多分アタシ今顔真っ赤だ…)


P「ゆ、柚がいいなら…是非…俺もまた食べたいしさ…」


柚「ホント?あ、ありがとPサン!」


P「お、お礼を言うのはこっちさ」


柚「う、うん」


P「……………………」


柚「……………………」



20:2014/02/02(日) 19:15:19.05 ID:RR2icAZ00



柚「あ!あの!午後からレッスンだからもう行くね!このあと直帰だからまた明日ねPサン!」


P「お、おう」


ちひろ「どうしたんですか?柚ちゃん顔真っ赤にして飛び出して行きましたけど」


P「えっあっいや、別に…なんでもないっすよ」


ちひろ「あー!もしかしてプロデューサーさん柚ちゃん怒らせるようなことしたんですか?折角お弁当作ってきてもらったのに怒らせちゃうなんて全くプロデューサーさんは!」


P「え、ええ…明日にでもフォローをしておきます…」


ちひろ「お願いしますね!全く!あとお茶お願いしますね!」


P「わかりました…」


P(柚のやつ顔真っ赤だったな、なんかこっちまで恥ずかしくなるだろうが…)


ウッウー!ユーガッターメールデスー!
ウッウー!ユーガッターメールデスー!


P(メール?誰からだろ)


柚『明日もお弁当作るからね!あとで好きなものと嫌いなもの教えてね!』


P(明日も作ってくれるのか…イカン楽しみすぎて顔が…)


パンパン!


P「よし!とりあえずお茶入れて午後からまた頑張りますか!」





終わり


25:2014/02/02(日) 20:34:05.07 ID:wEe4WkWAo

くぅ、柚可愛すぎだろっ!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391331444/