2:2013/05/22(水) 22:30:14.21 ID:Eacjao8B0

周子「テンション高いなー、プロデューサー....」

P「まぁ、こういう催しものは嫌いじゃないからな」

雪乃「フフッ、プロデューサーさんらしいですわ」

仁奈「仁奈もたのしみでごぜーます!」

P「美玲はどうだ?」

美玲「フン!ウチは別にどうでも....」

P「ハイハイ、ソウダナー」

美玲「な、なんだよそれ!バカにしてんのか!ガルルー!」

周子「美玲ちゃんは見てて面白いよねー」

雪乃「とても微笑ましいですわ」

仁奈「美玲おねーさんは素直じゃねーです」

美玲「ウ、ウルサイ!」


3:2013/05/22(水) 22:37:46.21 ID:Eacjao8B0

P「んじゃ、もう一回説明しておくぞ」

P「お前たちも知っている通り、美優さんはうちの事務所の中のお姉さん的存在だ」

P「俺の手が回らない時は未成年組の付き添いをしてくれるし」

P「時には事務仕事を手伝ってくれたりもする」

P「おまけに美人で優しく、心も美しい」

周子「最後はプロデューサーの主観じゃん、まぁ間違ってはいないけどさ」

P「....続けるぞ、このように俺を含めてここのメンバーは全員が美優さんにお世話になっている」

P「今日はいつもお世話になっている美優さんにせめてもの恩返しがしたいということで....」

仁奈「パーティーでごぜーます!パーティー!」

P「そう、パーティーを開催する」


周・雪・仁「ワー!」パチパチパチ


美玲「ワー....」パチパチパチ


4:2013/05/22(水) 22:47:41.15 ID:Eacjao8B0

雪乃「でもパーティーをするのはいいのですけど....」

周子「まだ美優さんが帰ってきてないよ」

美玲「オイ、どうなってるんだよ」

P「ああ、どうやら収録が押してるみたいでな、もう少し時間がかかるみたいだ」

仁奈「それまでどーするですか、プロデューサー?」

P「まあ、そのうち帰ってくるさ、それまで.....」

美玲「それまで?」



P「美優さんとの思い出を語ろう会を開催する!」



美玲「....なんだそれ?」

P「題名の通りだ」

周子「.....プロデューサーらしいね」


6:2013/05/22(水) 23:00:07.65 ID:Eacjao8B0

P「なんてことはない、お前たちが美優さんと一緒にアイドル活動をした中で印象に残っていることを話してくれればいい」

雪乃「お仕事限定の思い出ですの?」

P「いや、美優さんと一緒の事なら何でもいいぞ」

仁奈「美優おねーさんとの思い出ならいっぱいあるでごぜーます!」

美玲「思い出....か」

P「そう難しく考えるな、美優さんがこの女子寮に帰ってくるまでの暇つぶしだ」

周子「なんでもいいの?じゃあシューコから話すよ」

P「おっ、じゃあ頼む」

周子「まあ、そんなに大した話じゃないんだけどさ」


周子「あれは少し前のライブの時だったかなぁ......」


−−−−−−−−−


7:2013/05/22(水) 23:29:17.22 ID:Eacjao8B0

周子「ふぅ....」

美優「....どうしたの?周子ちゃん」

周子「あっ、美優さん」

周子「いや、大したことじゃないんだけどさ.....」

周子「あたし、こんな大きなライブやるのは初めてだから....ガラにもなく緊張しちゃってさ....」

美優「....周子ちゃん」

周子「あたしのせいでライブが台無しになっちゃったらどうしよう....とか考えちゃった」

周子「ゴメンね、なんかこういうのあたしのキャラじゃないんだけど....」

美優「私も....最初はそうだった....」

美優「人付き合いが苦手だった私が、人前で歌を歌ったり踊ったりするなんてことするなんて....」

美優「でもね、プロデューサーさんは言ってくれたの」

美優「『美優さんには美優さんにしかない魅力があります!それを観客にわかってもらえばいいんです!大丈夫です、美優さんなら』って....」

美優「最初はよくわからなかったけど、プロデューサーさんを信じて夢中でライブをこなしていくうちに観客の声が聴こえてくるようになった」

周子「美優さん....」

美優「だから...えっと....」

美優「周子ちゃんは私から見てもとっても魅力的だし、レッスンも頑張ってるから....」

美優「だから....きっと観客の心に響くようなライブができると思うの......」


8:2013/05/22(水) 23:35:11.79 ID:Eacjao8B0

美優「ゴメンなさい、なんだかとりとめのない話になっちゃったけど.....」

周子「ううん、アリガト美優さん♪」

周子「やっぱりウダウダ悩むのはあたしには似合わないよね」

周子「レッスンの成果を発揮する、それだけ」

美優「周子ちゃん....」

周子「にしてもプロデューサーの事、本当に信頼してるんだね美優さんは」

美優「えっ?そ、そうね...///」カアァァァ

周子「クスッ、美優さんは大トリなんだからプロデューサーの事考えて失敗しちゃダメだよ?」

美優「だ、大丈夫....だと思うわ...」

周子「んじゃ、頑張ろうね!」


−−−−−−−−−


周子「てな感じかな」

P「さすがは美優さんだ....」


9:2013/05/22(水) 23:58:22.99 ID:Eacjao8B0

仁奈「美優おねーさんはやさしいでごぜーます!」

周子「そうだね、あたしもガラにもなく感動しちゃってさ」

雪乃「美優さんはプロデューサーさんの事を頼りになさってますのね」

P「うんうん、プロデューサー冥利に尽きるってものだ」

美玲「フン!ライブで緊張するなんて大したことないな!」

周子「あっ、そういうこと言ってるとあとで泣きを見るかもよ」

美玲「そ、そんなことないモン!」

雪乃「では次は私が行かせていただきます」

P「おう、頼むぞ雪乃」

雪乃「お仕事とは関係ない話なのですけど....」


雪乃「二週間ほど前の話です.....」


−−−−−−−−−


12:2013/05/23(木) 08:40:01.52 ID:hnJSZ9BT0

雪乃「美優さん、紅茶はいかがですか?」

美優「ええ、ありがとう雪乃ちゃん」

雪乃「今日はアッサムにしてみましたの、ミルクはどうします?」

美優「...じゃあ、お願い」

雪乃「かしこまりました♪」



雪乃「はい、お待たせしましたわ」

美優「....ありがとう」

雪乃「お茶菓子にチョコレートもどうぞ♪」

美優「ええ、いただきます...」スッ

美優「....美味しい」

雪乃「本当?よかったですわ」

美優「雪乃ちゃんの淹れてくれるお茶はいつも美味しいわ....」

雪乃「あら、ありがとうございます♪」


13:2013/05/23(木) 08:54:48.73 ID:hnJSZ9BT0

雪乃「今日みたいなゆっくりした日は珍しいですわね」

美優「....ええ、本当に」

雪乃「でも美優さんは今日はオフでしょう?なのに事務仕事を手伝われてるなんて大変ですね」

美優「いえ、プロデューサーさんが毎日走りまわっているから....せめてこれくらいはしてあげたくて.....」

雪乃「本来は事務員さんの仕事ですのに.....」

ちひろ「私もそう言ってるんですけど、美優さんがどうしてもって」

美優「ちひろさんもいっぱいお仕事があるでしょうから.....」

ちひろ「助かります、本当に」

雪乃「本当に優しいですのね、美優さんは」

美優「....ううん、私はいいの、ただ....」

美優「少しでもプロデューサーさんの負担が少なくなればなって.....」


14:2013/05/23(木) 09:01:55.93 ID:hnJSZ9BT0

雪乃「美優さん.....」

美優「それに、雪乃ちゃんの淹れてくれた紅茶があれば大丈夫だから....」

雪乃「そう言っていただけると、淹れたかいがありますわ!」

美優「そ、そう?」

雪乃「プロデューサーさんは幸せですわね、美優さんみたいな人がそばにいて」

美優「べ、別に私は.....」

雪乃「はいはいわかってますわ、それよりおかわりはいかがです?」

美優「...ええ、お願いできる?」

ちひろ「雪乃さん、私もお願いできます?」

雪乃「ええ、もちろんです」 


−−−−−−−−−

雪乃「ということがありましたの」

P「ほほう、そんなことが.....」


15:2013/05/23(木) 10:49:05.14 ID:hnJSZ9BT0

仁奈「美優おねーさんはえらいです!プロデューサーのお手伝いをしてるでごぜーます!」

周子「すごいね美優さん」

美玲「や、優しいんだな.....」

P「美優さん、自分も忙しいはずなのに.....」

雪乃「美優さんはプロデューサーさんの負担を少しでも減らそうとしているのですわ」

P「こりゃそのうちきちんとお礼をしとかないとな」

周子「そうした方がいいと思うよ」

仁奈「次は仁奈が話すでごぜーます!」

P「おっ、いいぞ」

雪乃「仁奈ちゃんは普段から美優さんと一緒ですもの、色々とお話がありそうですね」

仁奈「あんまりムズかしい話はわからねーですけど....」


仁奈「ちょっと前です....」


−−−−−−−−−


20:2013/05/23(木) 20:17:38.45 ID:jY64kQW90

仁奈「美優おねーさん、疲れたでごぜーます」

美優「....あら、大丈夫?」

仁奈「ダメでごぜーます、いつものしてくだせー」

美優「はいはい、じゃあどうぞ」スッ

仁奈「えいやー!」ポテッ

美優「どう?」

仁奈「うん、やっぱり美優おねーさんの膝はサイコーです」

美優「....そう?ありがとう」

仁奈「えへへ、ここは仁奈のとくとーせきでごぜーますよ♪」

美優「そうね、仁奈ちゃんは常連さんだもんね」

仁奈「そうです、仁奈はじょーれんさんでごぜーます」


21:2013/05/23(木) 20:41:56.83 ID:jY64kQW90

美優「ふふっ」ナデナデ

仁奈「美優おねーさん、一つ聞いてもいいでごぜーますか?」

美優「なに?」

仁奈「美優おねーさんは仁奈が膝にいてジャマに思ったりしてねーですか?」

美優「....ど、どうして?」

仁奈「美優おねーさんは最近とっても忙しそうでごぜーます」

仁奈「テレビもライブもいっぱいやってたいへんそーです」

仁奈「だからもしかして仁奈を膝に乗せてると疲れちまうんじゃねーかと仁奈は思ったです」

美優「....仁奈ちゃん」

仁奈「どーですか?」

美優「....」ギュウウウウ

仁奈「み、美優おねーさん?」

美優「....なこと....」

仁奈「えっ?」

美優「そんなことありません!」


22:2013/05/23(木) 20:49:39.83 ID:jY64kQW90

美優「仁奈ちゃん、私は仁奈ちゃんの事が大好きなの」

美優「仁奈ちゃんとお話しするのも、仁奈ちゃんを膝枕してあげるのも大好き」

美優「邪魔なんて思ったことは一度もないし、これからも絶対にない」

美優「だから仁奈ちゃんは疲れたらいつでも私の膝に来ていいから....」

仁奈「美優おねーさん.....」

美優「だからお願い、自分の事をそんな風に考えたりしないで」

美優「仁奈ちゃんを膝枕できなくなったら私も悲しいから......」

仁奈「....」

美優「ね?」

仁奈「わかったでごぜーます!じゃあこれからは疲れたらすぐに美優おねーさんの膝にお邪魔することにするです!」

仁奈「ええ、いつでもどうぞ」

仁奈「ふわあ....美優おねーさんの膝で横になると眠くなっちまうです」

美優「ええ、仁奈ちゃんはお仕事頑張っているものね、眠たくなったら寝てもいいんですよ?」

仁奈「じゃあそうするです.....おやすみなさいです....」

美優「ええ、おやすみなさい」ナデナデ


−−−−−−−−−

仁奈「という感じだったでごぜーます!」

P「美優さん.....」


24:2013/05/23(木) 21:32:51.71 ID:jY64kQW90

仁奈「びっくりしたです、美優おねーさんが大きな声出すなんて.....」

P「仁奈、お前が遠慮することなんてないんだぞ」

P「甘えたくなったらいつでも言ってくれればいい」

P「美優さんがいないなら俺や他の人たちにもな」

雪乃「そうですわ、仁奈ちゃんが言ってくれれば私もいつだって膝をお貸ししますわ」

周子「うん、あたしもだよ仁奈ちゃん♪」

美玲「ま、まあウチも貸してやらないこともないけどな!年上だし!」

仁奈「ありがとうごぜーます、じゃあ仁奈はこれからは遠慮しねーことにするです♪」

P「おう、それでいい!」

周子「んじゃ、最後は仁奈ちゃんの番だね」

美玲「ウ、ウチもやるのか?」

P「そりゃそうだろ、さあどうぞ」

美玲「うーん....」

雪乃「何でもいいんですのよ?」



美玲「じゃあこの前の事だけど.....」


−−−−−−−−−


25:2013/05/23(木) 21:42:35.15 ID:jY64kQW90

美玲(うぅぅ...なんか変な奴にスカウトされてこんなところに来ちゃったけど.....)

美玲(ウチがアイドルなんてやっていけるのかな....)


ガチャッ


美玲「っっ!?」

美優「お疲れさ....あら、あなたは確か....」

美玲(コイツは確か...三船とかいう名前の....)

美優「....えっと、早坂さん...でいいのかしら?」

美玲「そ、そうだけど?」

美優「私は三船美優、一応ここの事務所の先輩って事になるんだけど....」

美玲「フ、フーン.....」

美玲(なんだか....おとなしそうな人だな.....)

美優「まだ来たばかりでわからないことだらけよね?私にだったら何でも聞いてくれていいから....」

美玲(と、とりあえず悪い人じゃなさそうだ.....)


26:2013/05/23(木) 21:53:08.02 ID:jY64kQW90

美玲「あ、あの.....」

美優「なに?」

美玲「一つ聞いておきたいんだけど....」

美玲「ここのプ、プロデューサーって変な奴じゃない....よな?」

美優「.....プロデューサーさんが?」

美玲「そ、そうなんだ!アイツ、ウチが何べん断ってもしつこく食い下がって、『キミにはトップアイドルになれるだけの才能がある』とか言って....」

美優「はぁ....」

美玲「だから、ウチは仕方なくこんなところに来たんだけど.....」

美優「クスッ、大丈夫よ....」

美玲「ほ、本当か!?」

美優「ええ、最初は半信半疑だったの....」

美優「私、人付き合いはどちらかというと苦手な方だったから、トップアイドルになれるなんて言われても全然ピンとこなかった...」

美優「でもプロデューサーさんはそんな私にいつも笑って言うの」

美優「『大丈夫です!俺を信じて下さい!』って.....」

美優「今思えば、あの時プロデューサーさんの言葉信じていなかったら今の私はなかった....」

美優「私、プロデューサーさんには本当に感謝している....」

美優「あの人は少し変わったところもあるかもしれないけど、決して悪い人じゃない」

美優「だから美玲ちゃんもプロデューサーさんの事を信じてあげてくれない?絶対に美玲ちゃんを見捨てたりしないから.....」

美玲「......」


27:2013/05/23(木) 22:08:07.50 ID:jY64kQW90

美優「....美玲ちゃん?」

美玲「フン!ウチはそう簡単に人を信用したりしないぞっ!」

美優「そ、そう....」

美玲「でも....」

美優「?」

美玲「ア、アンタがそこまで言うのなら....アイツの言うことも少しは聞いてやっても....いいぞ」

美優「美玲ちゃん.....」

美玲「か、勘違いするなよ!『少しは』だからな!完全に信用したわけじゃないぞ!」

美優「ええ、最初はそこからでいいの....」

美玲「あ、あとさ....」

美優「なに?」

美玲「ア、アンタの事はちょっとは信じてもいい...かな」

美優「ええ、ありがとう美玲ちゃん」

美玲「あっ、ちょっと待って!こ、これあげる!」

美優「これは....」

美玲「ウチの地元のお菓子で....パイ倶楽部!お、美味しいぞ....」

美優「ありがとう、あとでいただくわ」

美玲「う、うん....」

美優「美玲ちゃんは優しいのね」

美玲「っっ///」カアァァァ


−−−−−−−−−

P「いい話だなぁ」

美玲「うぅぅ....///」カアァァァァ


30:2013/05/23(木) 23:27:52.87 ID:jY64kQW90

周子「そういえば事務所に来たばっかりの頃の美玲ちゃんって結構アレだったよね」

雪乃「私たちが話しかけてもあまり反応してくれませんでしたわ」

P「俺には常に反抗的だったし....」

美玲「な、なんだよ!なにが言いたいんだよ!」

P「いや、なんていうか.....」

仁奈「やっぱり美優おねーさんはすげーです!」

周子「美玲ちゃんの人見知りオーラを消しちゃうなんて.....」

雪乃「美優さんならではということでしょうか」

美玲「う、うるさいな!言っとくけど、まだオマエらを完全に信用したわけじゃないからな!」

P・周・雪・仁「はいはい」

美玲「ガオーッ!ひっかくぞオマエら!」



P「んじゃ、これで終わりと....」

雪乃「あら、プロデューサーさんはありませんの?」

P「んっ、俺か?」

周子「ああ、そうだよね、プロデューサーもなんだかんだでありそうだし」

仁奈「仁奈も聞きてーです!」

美玲「ここまできたらオマエのも聞いてやる!」

P「わかったわかった、じゃあ話してやるからな」



P「あれは周子も参加したライブのちょっと前だったなぁ......」


−−−−−−−−−


31:2013/05/23(木) 23:38:48.77 ID:jY64kQW90

P「いよいよですね、ライブ」

美優「ええ、そうですね、でも.....」

P「でも?」

美優「こんなところでのんびりしていていいんでしょうか....」

P「いいじゃないですか、たまには息抜きも必要ですし」

美優「そう.....ですね....」

P「それに....こうして美優さんに膝枕されながら、小川のせせらぎを見ているのも結構好きですよ」

美優「ええ、私もプロデューサーさんを膝枕しながらゆっくりとした時間を過ごすのはとても好きです....」

P「ふふっ」

美優「ライブ、上手くいくでしょうか?」

P「美優さんなら大丈夫ですよ、きっと」

美優「....プロデューサーさんにそう言ってもらえるととても安心します」


32:2013/05/23(木) 23:54:36.52 ID:jY64kQW90

P「美優さんも来たころと比べるとずいぶんと変わりましたね」

美優「そうですか?」

P「ええ、最初の頃は俺とあまり目を合わせようともしてくれませんでしたし」

美優「す、すみません.....」

P「謝ることじゃありませんよ、今じゃこんなに色々なことを話せるようになったんですからね」

美優「.....あなたのおかげです」

P「俺ですか?」

美優「ええ、モノクロだった私の日々をこの小川に負けないくらいキラキラした日々に変えてくれたんです....」

美優「あのときあなたが私をスカウトしてくれなかったら、こんな気持ちを抱くこともなかった......」

美優「あなたは私にとってまさに魔法使いなんです......」

P「....そうですか、俺なんかが魔法使いになれたんならこんなに嬉しいことはありませんよ」

P「でも、ここで立ち止まるわけにはいきません」

P「美優さんをトップアイドルにするんですからね!」

美優「ええ、私も一生懸命頑張りますからプロデュースをお願いしますね、プロデューサーさん」

P「もちろんです!」

美優「見守っていてください、私がトップアイドルになるのを......」


−−−−−−−−−

P「ということさ」

周子「.......」


33:2013/05/24(金) 00:10:08.32 ID:eBWzfYpj0

P「んっ、どうした周子?」

周子「うーん、とりあえず聞いときたいんだけど....」

周子「いつの間に二人でデートするようになったの?」

P「デ、デート!?」

周子「だってどう考えてもデートじゃん」

雪乃「羨ましいですわ、美優さん.....」

仁奈「ズルイですプロデューサー!美優おねーさんの膝は仁奈のとくとーせきでごぜーますよ!」

美玲「な、なんだかイライラするぞ!今の話聞いてると!」

P「ま、待て待て!別にデートじゃないぞ、二人でちょっと散歩に行っただけで....」

周子「散歩?」

P「そう散歩だ、ただ美優さんがお弁当作ってきてくれたけど.....」

美玲「ど、どう見てもそれはデートだぞっ!」

P「えっ、そうだったのか!?」

雪乃「本当にどうしてこういうところだけ.....」

仁奈「仁奈も美優おねーさんのお弁当食べたいでごぜーます!」


34:2013/05/24(金) 00:26:07.46 ID:eBWzfYpj0

P「それにしても美優さんやけに遅いな?収録よっぽど押してるのか?」

雪乃「そういえばそうですわね」

周子「あっ、それならさっき連絡しといたよ」

P「おっ、そうか」

仁奈「もうすぐ帰ってくるでごぜーますか?」

周子「うん、多分ものすごく急いで来ると思うよ」

美玲「どうしてだ?」

周子「『プロデューサーが女子寮を視察中に病気でぶっ倒れた!』って連絡しておいたから」

P「ちょ、お前何やってんだよ!」

周子「まぁ、ちょっとしたサプライズってやつでさ、喜びと悲しみは振り幅が大きい方がいいっていうから」

P「おいおい、誰情報だよそれ.....」


キキーッ!


美玲「あっ、帰ってきたぞ!今タクシーから降りてこっちに向かってる!」


36:2013/05/24(金) 03:18:02.04 ID:eBWzfYpj0

P「なんだか嫌な予感がする.....」

雪乃「とりあえず用意をしておきましょうか」

周子「みんなも準備いい?」

仁奈「ばっちしでごぜーます!」

美玲「大丈夫だ!」

周子「じゃあ入ってきたら一斉にクラッカー鳴らしてね」


ガチャッ!


美優「プロデューサーさ.....」


パーン!  パーン!  パーン!


美優「っっ!!?」



周・雪・仁・美・P「「「「美優さん、いつもありがとう!!!!」」」」



美優「.....?」ポカーン


37:2013/05/24(金) 03:24:56.72 ID:eBWzfYpj0

周子「ふふっ、ビックリした?」

美優「えっと....」

雪乃「私たち、いつも美優さんにお世話になっているのでたまには恩返しをしたいと思いまして♪」

美玲「ま、まあな!ささやかだけど....その...」

仁奈「パーティーでごぜーます!美優おねーさん!」

美優「えっ?じゃあプロデューサーさんが倒れたっていうのは....」

周子「ゴメンね、美優さんをびっくりさせようと思って....」

P「すみません、周子が変なことを美優さんに伝えたみたいで.....」

美優「......」

P「美優さん?」

P(ヤバい....さすがに怒ったか?)

美優「......」

P「あの......」

ダキッ

P「!?」

美優「よかった.....あなたが無事で.....本当によかった......」

P「み、美優さん!」


38:2013/05/24(金) 03:40:05.56 ID:eBWzfYpj0

−−−−−−−−

雪乃「こっちがビックリしてしまいましたわ」

周子「いきなり抱きつくんだもんね♪」

美玲「だ、大胆だな.....」

仁奈「美優おねーさんとプロデューサーはオトナのかんけーでごぜーますね!」

美優「...////」カアァァァァ

P「す、すみません美優さん、だますような真似をして....」

美優「い、いえ.....もう大丈夫ですから.....」

P「ほ、本当ですか?」

美優「え、ええ.....」

周子「それじゃ美優さんも安心したところで.....」



周子「美優さん感謝デーのパーティー、始めるよ!」


39:2013/05/24(金) 03:47:16.25 ID:eBWzfYpj0

−−−その夜−−−


美優「.....」グビグビ

P「あの....美優さん....」

美優「....なんですかプロデューサーしゃん?」

P「その....少し飲みすぎじゃないかと....」

美優「らって今日はわらひの感謝デーなんですよ?飲みすぎてもいいと思いまふ....」

P「ま、まぁ.....明日はオフですからいいとしても...」

美優「らにが言いたいんですかぁ?」

P「あのですね、そろそろ離してくれないかなと.....」

美優「らめです」ギュウウウウウウ

P「も、もうパーティーは終わってるんですけど....」

美優「そうですね、とっても楽しいパーティーれした....」

P「ご、ご満足いただけましたか?」

美優「もちろんでしゅ、周子ちゃんも雪乃ちゃんも仁奈ちゃんも美玲ちゃんにもみーんなにお礼を言いまひた...」

P「は、はぁ.....」


40:2013/05/24(金) 03:52:00.86 ID:eBWzfYpj0

美優「れも...プロデューサーさん?」

P「な、なんでしょう....?」

美優「わたひ、本当に心配したんですよ?」

P「は、はい....」

美優「あなたが倒れたって聞いて、いてもたってもいられずにタクシーを飛ばして.....」

P「ええ.....」

美優「そうしたらあなたはピンピンしてるし....」

P「す、すみません.....あとで周子にはきつく言っておきますから....」

美優「でもそれはろーでもいいんです」

P「そ、そうですか?」

美優「わたひがちょーっと、怒ってるのは.....」

P「怒ってるのは?」

美優「ろうひて小川でデートしたことをしゃべっちゃうんですか?」

P「そ、そこですか.....」

美優「そうです!」


41:2013/05/24(金) 03:56:47.83 ID:eBWzfYpj0

美優「内緒にしようって言ったじゃないですかぁ!」

P「す、すみません...場の流れでつい...」

美優「らめです、許しません」

P「まいったなぁ...どうしよう....」

美優「だったら.....」

P「?」

美優「.....また二人だけの内緒を作りましょう」スッ

P「それってどういう.....」


チュッ


P「み、美優さん!?」

美優「ふふっ、内緒ですよぉ?」ギュウウウウウウ

P「ちょ、ちょっと美優さん....」

美優「......」

P「あれ?」

美優「Zzz......」

P「寝てる....」


42:2013/05/24(金) 04:00:14.21 ID:eBWzfYpj0

P「今日はずいぶん飲んでたもんなぁ.....」

P「まっ、なんだかんだでパーティーも喜んでくれたみたいだし、よしとするか」

P「にしても...動けない....」

P「これはこのまま寝るしかないかな」

美優「....プロデューサーさん....行かないで....」

P「はいはい、どこへも行きませんよ」

美優「Zzz....」




P「美優さん、いつもありがとうございます」


43:2013/05/24(金) 04:06:22.54 ID:eBWzfYpj0

チュンチュン....



美優「ううん.....」

美優「あれ?頭が....」

美優「今何時.....!?」

P「Zzz.....」

美優「ど、どうしてプロデューサーさんが私の部屋に!?」

美優「えっと、昨日は確かパーティーをしてもらって.....」

美優「そう!それが終わったらプロデューサーさんと一緒に部屋でお酒を飲んで.....」

美優「そ、そこからの記憶が.....」

美優「ど、どうしよう.....」オロオロ...

P「うーん......」

美優「あっ、プロデューサーさん!」

P「おはようございます、美優さん....」

美優「お、おはようございます.....あの、昨日は....」

P「うーん.....昨日はすごかったですよ、美優さん」

美優「えっ....ええっ!?」


44:2013/05/24(金) 04:09:48.22 ID:eBWzfYpj0

P「全然離してくれないんですもん」

美優「そ、そんな....私ったらプロデューサーさんになんてことを....」

P「あっ、でも....」

P「ちょっと可愛かったかもしれませんね」

美優「っっ!!!」カアァァァァ

P「美優さん?」





美優「そ、そんなこと言うプロデューサーさんは.....嫌いです!」

P「ええっ!?なんでですか!?」





おわり


45:2013/05/24(金) 04:11:13.41 ID:eBWzfYpj0

駄文失礼しました
美優さんみたいなオトナの女性っていいですよね
陰があるのがなお素晴らしい!
みゆになは見ててなごみます
ではまた〜


46:2013/05/24(金) 04:31:04.20 ID:m7AZb1ldo


美優さんかわいい!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369228661/