1:2014/05/10(土) 20:42:04.68 ID:tr3Uym7co


※NTLチック、胸糞要素を含む場合があります
苦手な方は見ないほうがいいです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399722114



7:2014/05/10(土) 21:09:25.15 ID:tr3Uym7co


P「最近、皆のアイドル活動も軌道に乗り、忙しくなってきたな」

P「会社も順調に成長してるし、そろそろ新しいプロデューサーを何人かいれる予定みたいだ」

P「そうなると、アイドルも増やさないと勿体ないわけだ……」

P「というわけで、社長からまたスカウトを任された。なので、アイドルをスカウトしようと思うんだが……」

P「……いちいち外で探すのは面倒だな。また他のプロダクションから移籍してもらうか」



12:2014/05/10(土) 21:21:29.65 ID:tr3Uym7co

申し訳ありません。このスレは前に立てた

モバP「他のプロダクションのアイドルをスカウトする」

http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1397102622

の設定を受け継いでおります。
見てない方でも大丈夫だと思うので、よろしくお願いします



15:2014/05/10(土) 21:30:14.57 ID:tr3Uym7co


P「さて……」

P「どのアイドルがいいか」

P「↓2 って娘が気になるな……」

↓2 アイドルを指定してください



16:2014/05/10(土) 21:30:47.18 ID:XFD3qmTw0

時子


17:2014/05/10(土) 21:30:49.23 ID:752XMz/do

萩原雪歩


25:2014/05/10(土) 21:45:30.93 ID:tr3Uym7co


P「萩原雪歩……がいいな」

P「765プロ所属。765プロか。13人の所属アイドルがいるが……」

P「そのなかでも、この萩原雪歩という娘は凄くいい感じだな」

P「プロデューサーとの仲は、良いのだろうか?」

萩原雪歩と現プロデューサーの好感度は?
↓2 コンマ以外の値で決定



26:2014/05/10(土) 21:46:08.14 ID:A0088mBQ0




27:2014/05/10(土) 21:46:11.15 ID:XFD3qmTw0




36:2014/05/10(土) 21:51:19.15 ID:tr3Uym7co

すみません先に貼っておきます
コンマ以下の判定はこんな感じです

00 大嫌い?
1〜10 嫌い?
〜30 嫌い〜無関心?
〜50 無関心〜普通?
〜70 普通〜やや好意的?
〜90 恋心あり〜好き?
99 大好き?

また指定アイドルですが、前と同じでモバマスでなくても可とします?
コンマ以下が高いにつれ、NTR要素も強くなります



39:2014/05/10(土) 22:07:23.67 ID:tr3Uym7co


P「ま、いい」

P「765プロか……」

P「どうやって接点をつくるか、考えるかな」

P「久々のスカウトか……」

P「フフ……」



42:2014/05/10(土) 22:19:45.94 ID:tr3Uym7co


P「ちひろさんちょっといいですか?」

ちひろ「はいっなんでしょう? Pさん」

P「最近うちも忙しくなってきてますよね」

ちひろ「そうですね。Pさんがスカウトしてきたアイドルの皆が、頑張ってくれているお陰ですね♪」

P「はい。皆は本当に頑張ってくれていますよね」

P「……と、仕事が増えるのはいいんですが、その分、仕事を選ぶことも大事になってきますよね」ズイ

ちひろ「そ、そうですね。ある程度は選ぶことも大事ですし。選べる余裕もちょっとでてきましたね……」



43:2014/05/10(土) 22:26:49.93 ID:tr3Uym7co


P「765プロ」

ちひろ「え……?」

P「765プロと、共演できる仕事が来てましたよね」

ちひろ「は、はい。そういえば、沢山のアイドルを集めて撮影をやる仕事が……」

P「確か参加するアイドルは……」

ちひろ「萩原雪歩ちゃんですね」

P「ですよね。うん。他のプロダクションの子と共演するのは、うちのアイドルにとってもいい刺激になると思うし……」

P「その仕事、受けましょうか」

ちひろ「は、はいっわかりました。えと……この日空いている子は……」カタカタ

P (よし、とりあえず萩原雪歩に会うことができそうだな)

P (一度会って、様子を見てみよう)



44:2014/05/10(土) 22:40:14.45 ID:tr3Uym7co


ちひろ「Pさん。その日愛梨ちゃんが空いてますよ」

P「そうですか。愛梨に受けてもらいましょうか。それじゃあその日、愛梨と現場にいきますね」

ちひろ「え? でもPさんはスカウト業務があるから、ついていかなくても……」

ちひろ「愛梨ちゃんもセルフプロデュースには慣れてますし……Pさん、疲れちゃいませんか?」

P「そんなスカウトで一日潰しませんよ。たまには愛梨の仕事の様子も見てみたいんです」

ちひろ「そうですか……? わかりました……」

P「お気遣い、ありがとうございます。ちひろさん」

ちひろ「い、いえっそんな……えへへっ……」テレ



47:2014/05/10(土) 22:45:37.04 ID:tr3Uym7co


P「もし愛梨が帰ってきたら、伝えといてください。俺はのあさんの仕事の件で、ちょっと外でますので」

ちひろ「はいっわかりました」

P「それじゃあ、いってきます」ガチャ

ちひろ「はい。いってらっしゃいませ!」フリフリ

バタン

ちひろ「……なんか……今の夫婦みたいでしたね……」

ちひろ「ふふっ……〜♪ 」カタカタ



52:2014/05/11(日) 14:28:33.33 ID:CrGwGZxVo


――――

P「よし愛梨、車だすから、撮影スタジオに行こうか」

愛梨「はーい!」スタスタ

愛梨「Pさんと一緒にスタジオに行くの、結構久しぶりですよね♪」

P「そうか? ごめんな」

愛梨「いえ、前に遊びに連れていってもらいましたから、我慢できましたよー」

P「あぁ……あのときは疲れたなぁ……」

愛梨「Pさんが悪いんですよ! 藍子ちゃんのことで皆勘違いしたんですから!」

P「……それは悪かったって。まさか全部の休日、個別に遊びに連れてかれるとは思わなかったよ」



53:2014/05/11(日) 15:00:36.10 ID:CrGwGZxVo


愛梨「まあまあ、それで皆納得してくれたんだから、よかったじゃないですか」

P「そうだな……」

P「……今日は他のプロダクションのアイドルもいるから、緊張しないようにな。あくまで愛梨の良さをだしてくれ」

愛梨「はいー! 確か765プロダクションの子もいますよね?」

P「そうだ。萩原雪歩って子だけど、まだ人気が凄くあるわけじゃない。まだまだ新人だな。愛梨とはいっこ違いで……」

愛梨「……すごく、調べてるんですね?」

P「あぁいや。共演するんだがら、これくらいはやっとかないとな」

愛梨「そうですかー……?」

P「ま、萩原さん以外にもアイドルは何人かいるけど。頼んだぞ愛梨」ナデナデ

愛梨「♪ はーい♪」



54:2014/05/11(日) 15:07:11.37 ID:CrGwGZxVo


――撮影スタジオ――

P「さ、着いたな。愛梨は先に楽屋に行ってくれ」バタン

愛梨「はいー……Pさんは?」

P「あいさつ。後で愛梨とも行くけど、先にちょっとな」

愛梨「あ、はい! わかりましたー」

愛梨「それじゃあ、また後で」タタッ

P「……さて」



55:2014/05/11(日) 16:20:53.36 ID:a00Nvoifo


コンコンコン

「は、はいっ!」

P「失礼します」ガチャ

P「本日一緒に撮影させて頂く、CGプロダクションの……」

萩原雪歩「あ、あ……は……い……」ビク

P「……萩原さんですよね? プロデューサーさんはどちらに?」

雪歩「はい……プロデューサーはちょ、ちょっとスタッフの方とお話をしに……」

P「そうですか。では萩原さんにだけでも挨拶を。CGプロダクションのPです。本日は、よろしくお願いします」ペコ

雪歩「は、はい。 こちらこそよろしくおねがいしますぅ……萩原雪歩です……」ペコ



56:2014/05/11(日) 16:27:17.94 ID:a00Nvoifo


雪歩「そ、それじゃあ……おつか」

P「あ、ちょっと聞きたいことが」

雪歩「な、なんですか?」

P「今日の撮影、犬が急遽入るらしいけど……」

雪歩「い、犬ぅ!?」

P「あ、ああ……知らなかったのかい?」

雪歩「き、聞いてないですっ……ど、どうしよう……」



57:2014/05/11(日) 17:59:08.25 ID:a00Nvoifo


P「まあ、犬くらい……」

雪歩「い、犬は苦手でぇ……」

P「そ、そうなのかい? それは困ったね……」

雪歩「うぅ……」

P「で、でもほらちょっとぐらい我慢すれば大丈夫……」スッ

雪歩「ひっ!」バッ

P「っと……」

雪歩「あっ! ご、ごめんなさいっ!」

雪歩「わ、私……男の人もすごく苦手で……ごめんなさい……」

P「いや、大丈夫だよ。無神経だったね。ごめん」



58:2014/05/11(日) 19:02:47.53 ID:a00Nvoifo


P「しかし……困ったね。犬の参加の件は聞いてないのかい?」

雪歩「は、はい……」

P「ふむ……そんなに嫌なのかい」

雪歩「じ、自信ないですし……犬と撮影なんて……」

P「……」

雪歩「こ、こんな駄目駄目な私は、穴ほって埋まってますぅ!!」バッ

P「はぁ……」ガシッ

雪歩「!? は、離してくださぃ……」



59:2014/05/11(日) 19:09:58.08 ID:a00Nvoifo


P「嫌なことからそうやって逃げてたら、成長できないぞ」ググ

雪歩「っ……で、でも私……」

雪歩「こ、怖くて……自信もないですし、共演者の皆さんに迷惑掛けちゃうから……」

P「やってもないのに、そんなこと分からないだろう」ポイッ

雪歩「うぅ……」

P「萩原さん。もし君が困ったら、765Pさんだけじゃなくて、俺や、俺の担当アイドルの十時愛梨だってアシストするさ」ギュ

雪歩「あ、手……で、でも……」

P「逃げるんじゃなくて、乗り越えようよ。皆で」ギュウ

雪歩「っ……」



61:2014/05/11(日) 19:28:17.04 ID:a00Nvoifo


P「ね?」

雪歩「で、でも……」ウルウル

P「ほら、大丈夫だからさ。君も頑張ろうよ。アイドル活動」ナデ

雪歩「! はぅぅ……」

雪歩「……」

雪歩「本当に……助けてくれますか?」

P「ああ。勿論」

雪歩「他のプロダクションなのに……ですか?」

P「他のプロダクションとかそうじゃないとか、そんなこと考えて撮影しても、みんな面白くないじゃないか」

雪歩「……」

P「せっかく違うプロダクションのアイドルと共演できるなら、楽しまなきゃ」ナデ



62:2014/05/11(日) 19:48:56.97 ID:a00Nvoifo


雪歩「楽しむ……ですか?」

P「そうさ」ナデナデ

雪歩「んぁ……たのしむ……」

雪歩「ちょ、ちょっとだけ……勇気を出して頑張ってみようかな……」

P「お! いいぞ萩原さん。その調子その調子!」

雪歩「は、はい……」

P「――と、他の楽屋にも行かなくちゃな……ごめん萩原さん。また撮影のときに」

雪歩「あ、はい! あのっありがとうございましたっ!」ペコ

P「あぁまた後でっ」ガチャ

バタン



64:2014/05/11(日) 19:51:58.06 ID:a00Nvoifo



雪歩「CGプロダクションの、プロデューサー……」

雪歩「……」サス

雪歩「優しい人だな……プロデューサーには、あんなこと言われたことなかったのに……」

雪歩「……っよーし……頑張ろう」キュ



67:2014/05/11(日) 20:17:26.57 ID:uqvR7ydHo


――――

カメラマン「よし、撮影はコレで終わりです。みなさん、お疲れさまでした!」

「お疲れさまでした!!」

765P「……雪歩!! 凄いじゃないか犬は苦手って聞いてたんだが、頑張ったな!」

雪歩「は、はい……愛梨ちゃんとCGプロダクションのプロデューサーの方が、助けてくれましたから……」

765P「CGプロダクションのプロデューサーさんが……?」

雪歩「はいっ……とても、いい方で……」



68:2014/05/11(日) 20:21:41.79 ID:uqvR7ydHo


765P「ゆ、雪歩が男の人を誉めることなんて、あるんだな……」

雪歩「そ、それはちょっと失礼です……そのくらいありますよ……」

765P「す、すまん……」

765P「でも、まあよかったな。さ、帰るか」

雪歩「……はい」

雪歩 (なんだか、他人事みたいです……)



70:2014/05/11(日) 20:41:11.76 ID:a00Nvoifo


――――

P (今日、ここで萩原雪歩は雑誌の撮影のはずだが……)

雪歩「……」トボトボ

P「……お、萩原さんじゃないか!」

雪歩「っCGプロダクションのプロデューサーさん……!」

P「どうしたんだい? あの撮影はうまくいったじゃないか。犬も、ちょっとは怖く……」

雪歩「……」

P「……っ」スタスタ

P「どうした?」ナデ

雪歩「はぅっ……撮影が、うまくいかなくて……」



73:2014/05/11(日) 20:50:36.21 ID:a00Nvoifo


P「どうしてだい?」

雪歩「カメラマンさん……男の人が怖くて……撮影ができないんですっ……」

P「そうか……765Pさんは?」ナデ

雪歩「ちょっと前に、カメラマンさんと話に行きました……うぅ……私、また迷惑……」グス

P「迷惑なんかじゃないさ。アイドルはそうやって成長してくんだから。前も行っただろ?逃げてたら駄目だぞ」ナデ

雪歩「んぅ……は、い……」

P「よし、撮影の仕方、俺がちょっと教えてやる」

雪歩「えぇ? プロデューサーさんがですか?」

P「そう。臨時プロデューサーってとこかな。カメラマンさんと765Pさんが帰ってくるまで、俺が萩原さん……雪歩をプロデュースしてやる」

雪歩「雪歩……私をプロデュース……」

P「ほら、撮影の指導するから、あっちに
行こう。大丈夫、きっとうまくいく」ナデ

雪歩「……は、はい!! ご指導、よろしくお願いしますぅ!」



75:2014/05/11(日) 20:58:45.73 ID:a00Nvoifo


――――

P「――よし、こんな感じだな。それと、カメラマンのことはあまり意識しないほうがいい」

雪歩「は、はい!」

P「雪歩はすごくポテンシャルが高いから。今教えたことができれば成功できる


雪歩「で、できるでしょうか……」

P「できるさ。臨時だけど、今俺が担当したアイドルだからな」ナデナデ

雪歩「あぅ……ぅふ……えへっ……」

「雪歩ちゃん、落ち着いたかな?」スタスタ

「時間をおけば、雪歩も落ち着きますよきっと!そろそろ撮影再開するって言ってきますね」スタスタ

P「と、帰ってきたみたいだな。雪歩、いけるな?」

雪歩「はい! ありがとうございましたっ」

P「よし、じゃあ俺はもう行くからな……と、もしなにかあったら、ここに電話してくれるか? なにか、教えられるかもしれないからな」スッ

雪歩「あ、えと……はいっ……ふふっ……」



77:2014/05/11(日) 21:01:14.49 ID:a00Nvoifo


ガチャ

765P「雪歩! 落ち着いたか!? 撮影、再開するぞ」

雪歩「はい、やりましょう」

765P「? やる気が出たみたいで嬉しいぞ! よし、やろう」

雪歩 (……)

雪歩 (電話番号……もらっちゃった……)

雪歩 (よしっ)



78:2014/05/11(日) 21:09:29.21 ID:a00Nvoifo


P「ふぅ……さぁて」

P「765Pが、萩原雪歩と極力触れないようにプロデュースしてるのは明白だな」

P「……あとは、電話を待つだけ。俺がもうなにもしなくとも、向こうからきっとくる」

P「ふふ……」

――――

――



79:2014/05/11(日) 21:18:19.37 ID:a00Nvoifo


――――

765P「ゆ、雪歩……今日のレッスン、どうしたんだ?」

雪歩「……」

765P「前のときとは、なんか違うっていうかさ……いや、あの、なんか疲れてるか? 疲れてるならさっ……」

雪歩「い……」

雪歩「い、いい加減にしてくださいっ!」

765P「! ゆ、雪歩……」

雪歩「貴方は、私のプロデューサーですよね!? ちゃんと私を見て指導してくださいぃっ」

765P「っ!それはっ……」

雪歩「いつも任せてばかりで、私わかんないこといっぱいあります! 教えてくれなきゃ、わかんないですぅ!!」

765P「お、俺は雪歩のためを思って!!」



81:2014/05/11(日) 21:27:22.73 ID:a00Nvoifo


雪歩「私の為にって、そんなことで逃げないでくださいっ」

765P「に、逃げてなんかない! みんなお前が男が苦手だって言うから、極力迷惑かけないようにしてただけだろうが!!」

雪歩「ひぅっ……」ビク

765P「自分に都合良く考えるんじゃない!! お前の為にやってんだからな!!」

雪歩「そ、そんなこと頼んでませんっ! 私だって、やればきっとできるって、最近わかったんです……」

765P「俺の気もしらないで、よくも言えたもんだな!!」

雪歩「うぅ……」

765P「皆とは順調に行ってるのに、お前だけ面倒――」

雪歩「っ!! も、もういいです……おつかれさまでした……」タタッ

バタン

765P「雪歩! くそっやっちまった……」



82:2014/05/11(日) 21:35:30.40 ID:a00Nvoifo


雪歩「はぁっ……はあ……」

雪歩「はぁっ……面倒……かぁ……」

雪歩「ひっ……ひっく……やっぱり、男の人って怖い……あんなに大声あげて、怖いよ……怖いよぅ」フルフル

雪歩「はっ……真ちゃんに相談……でも、真ちゃんはプロデューサーのこと……」

雪歩「CGプロデューサー……プロデューサーさん……」ピ ポ

プルルルル プルルルル



85:2014/05/11(日) 21:55:27.21 ID:a00Nvoifo


ガチャ

雪歩「ひくっ……ぷ、プロデューサーさんですか?」グス

P『あぁ、雪歩かい? どうしたんだ』

雪歩「わ、私もうどうしたらいいか……わかんないんですぅ……ぐすっ……助けて……」

P『落ち着いて雪歩。今どこにいるんだ?』

雪歩「765プロ近くの、公園です……」

P『ちょっと待ってろ』ガチャ

雪歩「へっ? あの、プロデューサー! 」



86:2014/05/11(日) 22:07:50.15 ID:a00Nvoifo


雪歩「待ってろって……」

ブルルル バタン

P「はぁっ……雪歩、大丈夫か」

雪歩「プロデューサー! わざわざ来てくれたんですか!? 」

P「あぁ、心配だったから」

雪歩「……違うプロダクションなのに、そこまで……うぅっ……ぐすっ……わぁぁん……プロデューサー!」ダキッ

P「よしよし、なにがあったか、ゆっくりでいいから話してごらん」ナデナデ

雪歩「ふぁ、ふぁぁん……ぐすっ……ひっく……」

雪歩「私、面倒な子だって……! 自分勝手な考えはやめろって……」

P「……それは、765Pさんに言われたのかい」

雪歩「は、はいっ……ひくっ……」

P「かわいそうに……ほらいい子だから、泣くのはやめて。悔しかったな」ナデ



87:2014/05/11(日) 22:13:06.25 ID:a00Nvoifo


雪歩「私、やればできるって気がしてたのに……わかってもらえなくて……」

P「そうだな。雪歩のことを765Pはなにもわかっていない。わかってたら、雪歩のことを気に掛けて声をかけるはずだもんな」ナデ

雪歩「はいっはいっ……私のこと、わかってもらえない……」

P「俺は、雪歩のことわかってあげられるよ」

雪歩「そ、それは……はいっ……」

P「……雪歩、大事な話がある」

雪歩「?」



88:2014/05/11(日) 22:20:20.62 ID:a00Nvoifo


P「俺のプロダクションに入らないか?」

雪歩「ふぇっ……それは……」

P「雪歩と何回か撮影の指導をしたことがあったろう?」

P「あのときから、俺は雪歩をプロデュースしてみたくて堪らなかった」ギュウウウ

雪歩「はぁっ……ぁん……プロデューサー……」

P「雪歩、俺と一緒に活動してくれないか?」

雪歩「……」

P「雪歩をトップアイドルにしてやる。雪歩を生まれ変わらせてやる」

雪歩「!!」

P「さぁ雪歩」

雪歩「はい……私、生まれ変わりたいです! あそこじゃ、私、きっと変われません!」

雪歩「プロデュース、よろしくお願いしますぅ!」



90:2014/05/11(日) 22:25:04.97 ID:a00Nvoifo


P「ありがとう……」

雪歩「い、いえっこちらこそ、ありがとうございますぅ……」

P「よし、それじゃあ明日手続きをするからな。今日は送ってくよ」

雪歩「はいっ……」

P「もし気になることがあったら、好きなだけ電話してくれ」

雪歩「はいっ……はいっ」ギュ

P (……)



93:2014/05/11(日) 22:34:14.55 ID:a00Nvoifo


――――

765P「え!? 雪歩、うちを辞める!? ど、どういうことですか?」

小鳥「え、えぇ……今朝電話かかってきて……私もどうしたらいいか……」

765P「と、とにかく雪歩に会って話を……あぁ、なんでた……雪歩」

小鳥「お、落ち着いてください……ま、まず社長に相談して、それから」

765P「皆に、何て言えばいい……いや、皆にも説得を……」

765P「雪歩……俺が悪かった……もっと、やり方を考えればよかったんだ」

765P「くそっくそ……くそぉ……」グス



97:2014/05/11(日) 22:40:26.00 ID:a00Nvoifo


プルルルル!! プルルルル!!

雪歩「ひゃう……また電話が……プロデューサーぁ……」ビク

P「いまさら、雪歩を使おうとしてるんだろう」

雪歩「っ!! 怖いですぅ……」

P「大丈夫さ。あとで俺が対応しておくから。雪歩はなにも心配するな。もう雪歩をあんな目には会わせないから」ナデ

雪歩「はいっ……プロデューサー……」ギュ

P「フフ……」ナデ

雪歩「……♪」

――――

――



98:2014/05/11(日) 22:45:07.94 ID:a00Nvoifo


――――

P「さ、ちひろさん! 今日からうちのプロダクションで一緒に活動する、萩原雪歩です」

P「ほら、こちら千川ちひろさん。雪歩、挨拶」ポン

雪歩「はいっ萩原雪歩17歳ですぅ! 私、変わりかいのでアイドル活動しています。よろしくお願いしますぅ!」

ちひろ「」

ちひろ「えと……765プロロロ……ま、まあよろしく? ね。雪歩ちゃん……」

P「頑張ろうな。雪歩」ナデ

雪歩「はいっ……あっ」

雪歩「私、男の人は苦手ですけど……プロデューサーは大丈夫みたいですぅ……これから、よろしくお願いします♪」ギュウ



100:2014/05/11(日) 22:45:49.75 ID:a00Nvoifo


――――

萩原雪歩 編 終了


102:2014/05/11(日) 22:51:51.25 ID:a00Nvoifo


P「ふぅ、765プロは萩原雪歩をよっぽど失いたくないようだったな」

P「だが、彼女が本当の力を発揮できない職場に置いておくには、持ったいない」

P「……アイドルとの交流は、大切なことだな」

P「さて、次のアイドルは誰にするか……」

P「↓3 このアイドルがいいかな」



103:2014/05/11(日) 22:52:09.53 ID:9+eMVwAAO

あずき


104:2014/05/11(日) 22:52:15.50 ID:wmTu+EEAO

師匠


105:2014/05/11(日) 22:52:27.03 ID:qw8d4VVco

早苗さん


119:2014/05/11(日) 22:54:43.82 ID:a00Nvoifo


P「片桐早苗がいいな」

P「……でかい……」

P「なるほど。よし、頑張ろう」



121:2014/05/11(日) 22:56:34.24 ID:a00Nvoifo


P「プロデューサーとの仲は……どうだろうな」

片桐早苗と現プロデューサーの好感度は?
↓2 コンマ以下の値で決定


122:2014/05/11(日) 22:56:54.53 ID:GRkWuiwko




123:2014/05/11(日) 22:56:57.52 ID:FybdDNbDO




138:2014/05/12(月) 11:23:44.56 ID:pwSbg3OLo


P (片桐早苗とどのように接点をもつか……)

P「うーむ……」

雪歩「プロデューサー? お茶をいれてみたんです。よかったら……」

P「お、ありがとうな雪歩。いただくよ」スッ

ちひろ「あ! わ、私のアシスタント業務が……」アワアワ

P「なに悔しがってるんですか……ずずっ……おぉ美味しいなこれ」ナデ

雪歩「はいっ……気持ちをこめていれたんですよっ」テレ

ちひろ「はぁあ……やばいやばい……」

P「これからはちひろさんじゃなくて、タイミングが合うなら雪歩にいれてもらいたいかな」

雪歩「は、はいっ是非……」

ちひろ「あわわわわ……」ガクガク

P「そこまで!? オーバーな人ですね……」



140:2014/05/12(月) 12:11:54.00 ID:pwSbg3OLo


ちひろ「……」ヨヨヨ……

P (雪歩はまだ一人で仕事に行かせるわけには行かないしな……)

雪歩「?」キョトン

P「何か考えなきゃな……」ナデ

雪歩「あぅ……えへっ」

P (……久しぶりに、短期移籍で呼ぶか……?)

P (いや、ちょっと調べて雪歩みたいな感じでにまず会ってみるか……)

――――

――



141:2014/05/12(月) 12:47:34.14 ID:pwSbg3OLo


――――

P「雪歩、ちょっと楽屋で待っててくれ。挨拶してくる」

雪歩「あ、じゃあ私も……」スッ

P「いや雪歩とは後で一緒に回る。ちょっと大事な人がいるから先に俺一人で話してくるよ」

雪歩「あ、はい……」

P「よし、ちょっと行ってくるな」ナデ

雪歩「はいっ」



142:2014/05/12(月) 14:41:44.37 ID:pwSbg3OLo


コンコンコン ハーイ

P「失礼します」ガチャ

片桐P「あ、CGプロのプロデューサーさん! おはようございます」

P「おはようございます。本日は、よろしくお願いいたします」ペコ

片桐P「こちらこそ。よろしくお願いします」ペコ

片桐P「早苗さん。こちらCGプロダクションのPさん」

片桐早苗「片桐早苗でーす。よろしくお願いします」

P「CGプロダクションのPです。本日はよろしくお願いします」



143:2014/05/12(月) 14:57:57.49 ID:pwSbg3OLo


早苗「はーい。今日はよろしくお願いします」

片桐P「……? Pさんの担当アイドルはどうしたんです?」

P「あぁ、また後で一緒にきますよ。軽く片桐Pさん達と世間話がしたくて」クスッ

片桐P「またまたぁ……」

P「本当ですよ? ……最近はいい感じですか?」

片桐P「ようやく軌道にのりかけ……ですかねぇ……まだまだですよ」

P「そんなこといって……片桐Pさんのプロダクションのアイドル、よく雑誌で見るようになりましたよ」



144:2014/05/12(月) 15:05:06.51 ID:pwSbg3OLo


片桐P「あはは……実はお陰さまでちょっとだけ忙しいです」

P「羨ましいなあ……ははは」

片桐P「CGプロダクションも、雑誌でもよく見かけますし、テレビにもよく出てるじゃないですか」

P「一部の子だけですよ。まだまだ暇です」

早苗「ちょっと……あたしを置いて二人で盛り上がりすぎないでよ?」

片桐P「さ、早苗さんっPさんに失礼ですよ」

P「いや、大丈夫ですよ。すみません片桐さん。おっさん二人の会話は退屈ですよね」クスッ

早苗「いーえ。けどこんなお姉さんを一人ハブるのはどうかしら」

片桐P「さ、早苗……タメ口は……」

P「ははっ構いませんよ。私の方が年下ですし……片桐さんは最近アイドルに?」

早苗「最近……うーん、もうじき一年くらいかしら……」



145:2014/05/12(月) 16:10:56.91 ID:poAv3PI3o


P「ほう……」

早苗「一年近くやっても、芽はでないのよね〜誰かさんにスカウトされて入ったのはいいけど」

片桐P「う……でも、他の皆も順調にいってますし、早苗さんもそろそろ……」

早苗「後から入った子に抜かされるのは、悲しいものよねぇ……」

P「……片桐Pさんが、片桐さん専属のプロデューサーではないのですか?」

片桐P「ええ……私は早苗さん以外にも何人か見てまして……」

早苗「いつもなら、あたし一人で撮影してるんだから!」

P「そうですか……今日は、都合がついたわけですね」

片桐P「えぇ……」

早苗「来週の撮影は、都合会わせて必ずきてよ? 」



146:2014/05/12(月) 16:18:29.35 ID:poAv3PI3o


P「来週の撮影?」

早苗「ええ。来週とっても大切な撮影があって、一人じゃちょっと不安だから来てほしいって彼に行ってるのよ」

片桐P「……」

早苗「まさか、ちゃんと空けてあるわよね……?」

片桐P「す、すみません。その日はすでに他の子の仕事の付き添いがあって……」

早苗「……こっちは大切な撮影って言ってるのに」

片桐P「そ、その子はドラマの撮影で、私がいないと不味いんです!」

早苗「えぇ、わかったわ。私の撮影はどうでもいいと、こう言いたいのね」

片桐P「そ、そんなことは……」

P (なんだ……喧嘩か?)



147:2014/05/12(月) 16:34:01.39 ID:poAv3PI3o


早苗「はぁ……ねぇ、片桐Pくん。前は……」

片桐P「さ、早苗さん! Pさんの前でする話じゃないですよ」

早苗「フンっ……もういいわよ」プイ

P「……いやはや、どうやら忙しい分、予定が組み合わず大変みたいですね」

片桐P「お、お見苦しい所を御見せして……申し訳ないです」

P「来週の何曜日ですか」

片桐P「え?」

早苗「へ?」



148:2014/05/12(月) 16:47:53.05 ID:poAv3PI3o


――――

早苗「……まさか、違うプロダクションのプロデューサーがついてくることになるとはねぇ……」

P「大切な撮影で、不安なんでしょう?」

早苗「そりゃそうだけど……君は大丈夫なの?」

P「なにがです?」

早苗「…………違うプロの子を助けるようなことして」

P「別に気にしません。困っているのなら、違うプロとか関係ないですから」

早苗「ふぅん……なかなかいい奴じゃない♪」ボソ

P「さぁ、スタジオにいきましょうか」

早苗「こうなったら仕方ない! 君の手腕に期待するわね!」

P「ええ。一日限定プロデュース、期待してくださいよ」

早苗「ええ!」

P「あと、そちらの社長にはくれぐれも内緒で……」

早苗「ええ……バレたら大変よね……」



149:2014/05/12(月) 16:55:00.77 ID:poAv3PI3o


――――

カメラマン「うん。いい画が撮れたなぁ…………」

カメラマン「じゃあ片桐さん。お疲れ様!」

早苗「ありがとうございましたー!」

P「ありがとうございました」

カメラマン「普段みないプロデューサーだったけど、君もなかなかいいアドバイスしてたね。お疲れ様!」

P「はい。ありがとうございました!」

カメラマン「またよろしくね。それじゃあ……」スタスタ



150:2014/05/12(月) 17:10:46.64 ID:poAv3PI3o


早苗「あのカメラマンさん、腕はいいけど気難しいことで有名なのよ? けど、今日は本当にスムーズに終わったわねっ!」

早苗「P君のお陰よ! ありがとねっ」

P「いえいえ。片桐さんの力をちゃんと引き出しただけですよ」

早苗「またまたぁ! 嬉しいこといっちゃって!」バシッ!

P「はははっ」

早苗「……あたし、もうちょっとP君にお礼したいなぁ……ねぇ、この後空いてる?」

P「ええ……今日は片桐さんの予定に合わせましたから。もう片桐さんを送って帰宅ですが」

早苗「ふふん……それじゃあ、お姉さんが奢ったげるわ! 飲みに行きましょうよ!」



151:2014/05/12(月) 20:36:04.50 ID:poAv3PI3o


P「ええ、是非ご一緒させてください


早苗「よっしゃ! じゃあさっそくいくわよー!」スタスタ

P「もしかして、自分が飲みたいだけじゃ……」

早苗「そんなことないわよっ! これはお礼なんだから!」



152:2014/05/12(月) 20:51:30.49 ID:poAv3PI3o


――――

早苗「でねぇ……片桐P君たらぁ、前はあたしのプロデュースに力をいれてたくせに、新しい子が入ってきたら、あたしなんてほったらかしって感じで〜」グビ

P (完全に酔っぱらってるな……)

P「それはひどい話ですね」

早苗「でしょぅ!? 今日の撮影だってそうよぉ……前はもっと構ってくれたのにー……」

P「そ、そうですか……」

早苗「ふぇえ? ちゃんと聞いてるのぉ? 」ガシ

P「ちょ……」

早苗「それにほら、もっと飲みなさい! あたしのおごりなんだからぁ!」グビグビ

P「の、飲んでますって……」

P (やりにくいな……仕方ない。話してもこれじゃ無駄か)



153:2014/05/12(月) 21:00:02.85 ID:poAv3PI3o


P「ほら、飲み過ぎですよ。片桐さん」

早苗「早苗でいいわよぉ……ふぃ〜」

P「ほらお開きにしましょう」

早苗「えぇ〜?」

P「一旦外にでましょうよ。ね?」

早苗「仕方らいわねぇ……あれ、お財布は〜……」

P「……ふぅ」



154:2014/05/12(月) 21:06:41.41 ID:poAv3PI3o


ザーザー……

P「ふむ、結構激しい雨ですね」

早苗「はぁ〜もう眠くなってきたわねぇふあ……」

P「この雨じゃあ、家が近くともずぶ濡れになってしまう」

P「早苗さん?」

早苗「ふぁ……うぅむ……」コックリ

P「眠いですか?」

早苗「んん……うん……」

P「そうですか。じゃあ、雨が止むまでちょっと休憩出来るところに行きましょうか」

早苗「すぅ……うぅん…………」



156:2014/05/12(月) 21:29:55.13 ID:poAv3PI3o


早苗「ぅん……あれ、あたしなにを……」

P「おや、起きましたか? 早苗さん」モミュモミュ

早苗「ぁん……えと、なにしてるの……?」

P「やだなぁ……飲んでるときに肩もみするって、言ったじゃないですか」

早苗「そ、そうだっけ……? ぅん……はぁっ……」ビク

P「そうですよ。雨も酷いし、止むまでここでちょっと休憩です」

早苗「でもここって……あれなとこよね?」

P「ええ。でもやましいことはしませんよ勿論」ググッ

早苗「やぁっ……ぴ、P君っもういいわよっ」

P「いやいや、疲れがたまっていますよこれは」グッ

早苗「そ、そうかしらぁあん! 」

早苗「はあっ……ぁあっ……ぅん」ビクビク

早苗「ね、ねえP君? も、もういいから」



157:2014/05/12(月) 21:43:10.71 ID:poAv3PI3o


P「ふふっ」ギュウウ

早苗「ああっ!……んんん……P、P君!! それ以上やるとシメる――」

P「シメる?」キュッ

早苗「あぁんっ!! い、ま……どこ触って……」ゾクゾク

P「やれやれ……まだ酔ってるみたいですね。僕は肩甲骨の辺りを揉んだだけですよ」

早苗「そ、そんなバカなこと」

P「れろ……」

早苗「あぅ……はぁん……だめ、耳ぃ……耳は駄目っ」ゾクゾク



158:2014/05/12(月) 21:56:31.28 ID:poAv3PI3o


P「じゃあこっちは……れろ」

早苗「うなじも、だめぇっ……」プルプル

P「ふふっ早苗さん……ほら、凝ってますよ。こんなに固く」モニュ キュウウウ

早苗「ぁん!!!……はあっはあっ……あ……あぁ……はぁっ」ビクッ!!!

早苗「あぁ……」グデ

P「……早苗さん? よーく聞いてくださいね? 」

P「雨は……朝まで止まないみたいですよ? 朝まで、じっくり体の凝りをとってあげますね」モニュ

早苗「ふぁ、ふぁい……」



161:2014/05/12(月) 22:08:04.31 ID:poAv3PI3o


――――

早苗「はっ!! 」バッ

早苗「いてて……頭が痛い……」

P「やあ、具合はどうですか?」

早苗「あ、あんた! よくもまぁあんなことやそんなことしてくれたわね!」ガ゙ッ

P「」チョン

早苗「はあぁん……」ビクン

P「ははは……すっかり敏感になりましたね」

早苗「あ、あんたっ! こんなことしてただじゃっ」

P「ねぇ早苗さん? 僕のプロダクションに入ってくれませんか?」

早苗「は、はぁ!? あんたなにいってんのよ!」



162:2014/05/12(月) 22:25:29.56 ID:poAv3PI3o


P「いや、僕は早苗さんのことを考えて言ってるんですよ」

早苗「あ?」

P「そんな体じゃあ……元のプロダクションでやっていけないでしょ」

早苗「そ、それはあんたのせいで」

P「片桐Pさんや、他のアイドル達にそれを言うんですか? 知り合った男とホテルで過ごしたらこんな体になりましたって?」

早苗「っ……」

P「アイドルがなにやってんだと。皆に酷い目で見られるでしょうね」

P「それは流石に駄目ですよね? けど、僕は早苗さんにはアイドルを続けてもらいたいんです」クリクリ

早苗「んぅっ勝手なことばっかり……」

P「でも、僕のプロダクションならそんなことは言わないですし、なにより」キュウ

早苗「あっ……」ビク!!!

早苗 (気持ちいぃ……)

P「こんなこと、出来るのは僕だけですよ」ボソッ

早苗「み、耳ぃん……」キュン



164:2014/05/12(月) 22:35:32.90 ID:poAv3PI3o


早苗「は、はあっ……あんた……覚えてなさいよ……」

P「で、返事はどうなんです」

早苗「っ! わかったわよ……あんたのプロダクションにいってあげる」

P「おお……嬉しいです」

早苗「けどね! それは元のプロダクションの皆に迷惑かけたくないからよ」

P「……」

早苗「いつか、あんたに一泡吹かせてやるんだから。そして、後悔させてあげる。いわば潜伏捜査よ」

P「……ま、いいでしょう。素直になるのも時間の問題だ」

早苗「な、なによ! その言い方! このっ」ポカッ

P「ふぅ……早苗さん?」

早苗「?」

P「んっ」

早苗「んっ……あ……んぅぅ……ぷはっ」

P「これから、よろしく」

早苗「ぁい……ふんっ」ポーッ



165:2014/05/12(月) 22:43:57.36 ID:poAv3PI3o

――――

ちひろ「? あれ、Pさん。早苗さんは……?」

P「元のプロダクションに、移籍届けを出しにいきましたよ」

ちひろ「一人で行かせたんですか!?」

P「そのほうが面白そうじゃないですか」

ちひろ「……」ジトー

P「……なーんて、嘘ですよ。仮眠室で寝てます。さっき一緒に移籍の手続きしに行ったので……疲れたんでしょう」

ちひろ「そ、そうでしたか。もうっPさんたら……そうですよね。Pさんはそんな悪い人じゃないですもんねー」

P「……」

雪歩「プロデューサーは、とってもいい人ですぅっ」コトッ

P「ずずっ……はぁ……落ち着いた」

ちひろ「あーっ、……も、もう雪歩ちゃん!」



――仮眠室――

早苗「あっ……はぁ……はぁ」ビクビク

早苗「もう、癖になっちゃったじゃない……ばかっ」



166:2014/05/12(月) 22:44:38.43 ID:poAv3PI3o


――――

片桐早苗 編 終了


167:2014/05/12(月) 22:48:14.67 ID:poAv3PI3o


P「片桐早苗は危険人物だ……いろんな意味で……」

P「ふぁ……」

P「さて、次は……」

P「↓3 って子が気になるかな」

↓3 アイドル指定
+↓3のコンマ以下の値が、現プロデューサーとの好感度です



168:2014/05/12(月) 22:48:42.10 ID:ri46LnYyo

桃子先輩


169:2014/05/12(月) 22:48:55.80 ID:Y1UgkKMuo




170:2014/05/12(月) 22:48:57.67 ID:JPXYLNizo

ありす


203:2014/05/13(火) 12:09:49.17 ID:+SQTRDXKo


P「橘ありすという子がいいな」

P「12才か」

P「千枝より1個上だな。うちに入ったら仲良くなれるといいな」

P「さて……」



206:2014/05/13(火) 14:50:45.31 ID:+SQTRDXKo


プルルルル プルルルル ガチャ

P「あ、お忙しいところ申し訳ありません。私CGプロダクションのPと申しますが……」

P「はい。いつもお世話になっております。橘Pさんはいらっしゃいますでしょうか? 」

P「あ、お世話になっております。――実は、そちらで短期研修をさせていただきたく思い――」

――――

――



207:2014/05/13(火) 15:14:48.54 ID:+SQTRDXKo


P「――はい。ありがとうございます。ではその日に……はい。失礼いたします」

ガチャ

P「前に俺がスカウトしてた時から1年以上経ったからか、あっさり取り付けたな」

P「まぁ去年から関係を持ち続けたプロダクションのひとつだ。信用は十分にあるから……当然といえば当然か」

P「……これで橘ありすのプロデュースをすることができる」

P「ふぅ……久々だな。研修も……」



212:2014/05/13(火) 15:39:47.23 ID:+SQTRDXKo


P「ちひろさーん」

ちひろ「はいっなんでしょうかPさん?」

P「久々に、研修に行くことになりました」

ちひろ「え? 1年ぶりに急にきましたね!?」

P「はい。えーと……三日後にとりあえず挨拶に行きます。そのあとから本格的に一ヶ月、研修をしてきますから」

ちひろ「そ、そうですか……Pさん研修大好きですね?」

P「ええ。実りになることが多いので」

ちひろ「このこと、アイドルの皆に言ったら多分やばいですよ?」ガクガク

P「あぁ、泰葉ならもう大丈夫ですよ。そんなワガママ言う子じゃなくなりましたし」

ちひろ「そ、それは本当ですか……? よかったです……」

P「ええ。俺も頑張りましたからね」

ちひろ「なにを……?」



213:2014/05/13(火) 15:43:54.47 ID:+SQTRDXKo


雪歩「プロデューサー? お茶がはいりましたよ」コトコト

ちひろ「雪歩ちゃん、ひとつもらいますね?」スッ

P「おお、ありがとう」スッ

P「雪歩にも言っとこうか」

雪歩「へ? なにをですか?」

早苗「なになに? なんの話? 」ヒョコ

P「早苗さんにも、言いたかったので、ちょうどいいです。実は――」



215:2014/05/13(火) 16:01:01.36 ID:+SQTRDXKo


雪歩「た、短期研修ですか!?」

早苗「ちょっと! あたしをほったらかして研修なんて許さないわよ!」ピーッ

雪歩「ひゃあっ!」

P「急に耳元でホイッスル鳴らさないでください……雪歩がびっくりしたでしょう」

P「それに、研修は一ヶ月間ですから。すぐ帰ってきますよ」

雪歩「ぷ、プロデューサーぁ……」ウルウル

P「ん? 雪歩どうした」ナデ

雪歩「私……プロデューサーがいないとどうしたらいいか……」



216:2014/05/13(火) 16:06:12.28 ID:+SQTRDXKo


P「雪歩なら大丈夫さ。幸いこの一ヶ月の期間はあまり忙しくないし、撮影が何度かあるけど、もう大分慣れたろう?」ナデ

雪歩「で、でも……すんっ……」

P「雪歩は少しずつだけど、確実に成長してる。心配しなくても大丈夫だよ」ナデナデ

雪歩「プロデューサー……はいっ、私、頑張ってみますぅ……すんっ」

P「よしよし、いい子だね」ナデナデ

雪歩「んっ……ふふっ」

早苗「な、なによ……雪歩ちゃんまで……」

雪歩「気持ちいいですぅ……あったかい……」

早苗「むぅ」



217:2014/05/13(火) 16:13:45.24 ID:+SQTRDXKo


早苗「はあ……自分より年下の子が納得してるなら、あたしも納得する他ないじゃない」

P「早苗さん……」

早苗「その代わり、帰ってきたら飲みに行くわよ!」

P「ふふっ……いいですよ」ギュウウ

早苗「ふぁっ……な、なによ急に……」

P「いいえ……ありがとうございます」ボソッ

早苗「っ……も、もう……ばかなんだからっ」カアア

ちひろ「蚊帳の外です……ずずっ」ホッ

P「……それじゃあちひろさん。皆のこと、よろしくお願いしますね。任せましたよ?」ナデ

ちひろ「っ!! 」

ちひろ「はーいっ! 任されました!」ニコッ



218:2014/05/13(火) 16:14:14.21 ID:+SQTRDXKo


――――

――




219:2014/05/13(火) 16:19:15.26 ID:+SQTRDXKo


――プロダクション前――

P「ここか……」

P「研修の内容の確認という名目だが、俺の目的は橘ありすだ」

P「さて……どんな人物かな」

コンコンコン ハーイ

ガチャ

P「失礼いたします。CGプロダクションより参りましたPです。本日はよろしくお願いします」ペコ



220:2014/05/13(火) 18:14:07.69 ID:y8sFnF6Xo


橘P「おはようございますPさん。いつもお世話になっております……」

P「いや、こちらこそ」

橘P「では、さっそく応接室までご案内しますよ。こちらです」スッ

P (まあまあの規模だな……)チラッ



橘P「どうぞ、お掛けになってください」

P「失礼します」

橘P「いやあ、Pさんが研修にくるとは思いませんでしたよ」

P「ははは……」



222:2014/05/13(火) 18:24:09.89 ID:y8sFnF6Xo


P「急な話で、申し訳ないです」

橘P「いえいえ、大丈夫ですよ」

橘P「あの……Pさんは、何かしてみたいことってありますか?」

P「……私がこのプロダクションでやってみたいことですか?」

橘P「ええ。研修というか……体験というか……違うプロでしか感じることができないことって、あると思うんです」

P「……それは、研修ではない気がするんですが……」

橘P「Pさんにはお世話になってますから。一ヶ月間の体験みたいになっちゃいますけど」

P「……いえ、ありがとうございます。是非やらせてください」

橘P「はい……で、Pさんがやりたいことなんでしょう? 出来る限りのことしかアレですけど……」



224:2014/05/13(火) 19:00:48.32 ID:y8sFnF6Xo


P「……」

P「そうですね。やはり私もプロデューサーですから……ここのアイドルをプロデュースしてみたいです」

橘P「ははっそれはそうでしょう。では一ヶ月うちの担当アイドルを持って、活動するということでしょうか」

P「ええ。お願いできますか」

橘P「はい。勿論ですよ。逆にうちが助かっちゃうくらいです」クス

P「はは……」

橘P「アイドルですが、どの子をプロデュースしたいとかありますか?」

P「そうですねぇ……」

橘P「あ、うちの所属アイドルの一覧わ持ってきますよ」パタパタ

P (自分からえさを差し出すようなものだな……)



226:2014/05/13(火) 20:00:42.68 ID:y8sFnF6Xo


橘P「はい。これがうちのアイドルの一覧です」バサッ

橘P「珠美なんかどうですか?」チョン

P (どこかで聞いたことあるな……)

P「いえ……そうですね」スッ

「プロデューサー、おはようございます」

P「お……」

橘P「おぉ、ありす。おはよう」

橘ありす「橘……まぁ、いいです」

ありす「こちらの方は……?」



228:2014/05/13(火) 20:20:56.69 ID:y8sFnF6Xo


橘P「CGプロダクションの、プロデューサーのPさんだ。短期研修の件で来たんだよ」

ありす「そうですか。橘です。よろしくお願いします」

P「Pです。よろしくね、ありすちゃん」

ありす「橘です。名前で呼ばれるのは好きではないので、橘と呼んでください」

P「そうかい……よろしくね。橘ちゃん」

ありす「はい」

橘P「す、すみません……」

P「いえ、決めました」

橘P「え?」

P「橘ちゃんを一ヶ月間、プロデュースします」

ありす「……?」



230:2014/05/13(火) 20:35:08.50 ID:y8sFnF6Xo


――――

P「と、いうわけで今日からよろしくね。ありすちゃん」

ありす「橘です……一度言ったことは覚えておいてください」

P「けど、橘Pさんは君のことを名前で呼んでるじゃないか」

ありす「……プロデューサーは、頼りになる人なのでいいんです」

ありす「それより、なんで私が貴方にプロデュースされなきゃいけないんですか」

P「んー……俺がプロデュースしたかったからかなぁ」

ありす「はぁ……なんですかそれ。意味がわからないです」ジト

P「まあいいじゃないか。頑張ろうよ」

ありす「ふんっプロデューサーに言われたことは守りたいので、一ヶ月間、仕方ないですけどお願いします」ムスッ



231:2014/05/13(火) 20:50:28.36 ID:y8sFnF6Xo


――――

P「それじゃあ橘ちゃん? まずは撮影だな」

ありす「……それから、橘 ちゃん はやめてください。呼ぶなら橘でお願いします」

P「……橘は、撮影は好きかい?」

ありす「好き嫌いで、仕事を選ぶつもりはありません」プイ

P「そうじゃなくて、好きな仕事と、そうじゃない仕事はあるだろう?」

ありす「……それはありますけど……」

P「どういうの?」



232:2014/05/13(火) 20:53:32.62 ID:y8sFnF6Xo


ありす「……きわどい水着を着るような撮影は、なるべくやりたくはありません……」

P「着たことあるのかい……?」

ありす「ぷ、プロデューサーが一度だけ……あの恥ずかしさは、あまり……」

P「ふふっ」

ありす「なにがおかしいんです!」

P「いや、ははっ……着たのか」

ありす「むぅぅ……バカにしてますね?」

P「いやいや、そうだよな。そんな水着嫌だよなぁ」ナデナデ

ありす「ひゃっ! な、撫でないでください! 子供扱いしないでっ」

P「あははっ……さぁ、撮影いくぞ」

ありす「」プクッ



233:2014/05/13(火) 21:26:00.88 ID:y8sFnF6Xo


――――

P「よし橘。今日はレッスンだ」

ありす「はい。前のところまでは予習しておきました」

P「おお、偉いな!」ポンポン

ありす「や、やめてください……」

P「じゃあさっそく、曲に合わせて動いてみてくれ」

ありす「はい。では……」





234:2014/05/13(火) 21:56:45.61 ID:y8sFnF6Xo


ありす「はっ……ふぅ……」タンタン

ありす「はっ……はっ……どうでした?」

P「凄いぞありす! 完璧じゃないか!」ギュウ

ありす「ひゃあ! っ離してくださいっ! あと名前! 橘ですっ」

P「ごめんごめん……びっくりしちゃってさ。本当にマスターしてるじゃないか」

ありす「と、当然です。予習復習は基本ですからね」

P「しっかりしてるな、橘は……」ナデナデ

ありす「っ……んん……」



235:2014/05/13(火) 21:57:57.04 ID:y8sFnF6Xo


P「……さ、じゃあこの動きを生かして、ステージでバック、踊ってみようか」

ありす「へっ? い、いや……私まだステージに上がったことないんですけど……」

P「こんなにマスターしてるんだ。誰かに見せなきゃ勿体ないだろ?」

ありす「いえ……これは体を慣れさせる課題曲だからっ」

P「明日だからな。確認含めてもっかい見るぞ。さ、踊ってくれ」

ありす「ご、強引すぎます……」



236:2014/05/13(火) 22:00:46.26 ID:y8sFnF6Xo


――――

P「いよいよ本番だな」

ありす「あ、あの……プロデューサー」

P「ん?」

ありす「こ、この衣装は?」

P「あぁ、橘に似合うと思って用意したんだ。俺のプロダクションから持ってきたものなんだけど」

ありす「そうですか……」

P「気に入った?」

ありす「い、いえ! ただ……衣装を着るて踊るのなんて、はじめてで……」

P「そうなのか……?」

ありす「はい……ちゃんとできるかな……」



237:2014/05/13(火) 22:04:44.58 ID:y8sFnF6Xo


P「ありす」ポン

ありす「あっ……」

P「ありすなら出来る。俺は信じてるぞ」ナデナデ

ありす「……」

ありす「まったく、なんの根拠があって言ってるんでしょうね……」

ありす「けど……頑張りますね」

P「あぁ」スッ

ありす「……私、アイドルみたいですね」

P「みたいもなにも、お前はアイドルだろう。ほら、行ってこい」

ありす「ふふっ……実感しただけです。いってきますね」



238:2014/05/13(火) 22:17:52.44 ID:y8sFnF6Xo


ワーワーワー !!

ありす「はっ……ぷ、プロデューサーっ! やりました、やりましたよ!!」

P「ありす!」ギュウウ

ありす「ありすって……まあいいです。見ましたか? 見ましたか、プロデューサー」

P「あぁ見たとも。素晴らしかったぞ」ナデ

ありす「私、こんなにアイドル活動楽しんだの、初めてかも……はあっ」

P「そうか、よかった……」

ありす「……もしかして、あえて私に急にステージのバックなんてやらせましたね……」

P「ありすがあまりアイドル活動を楽しんでないように見えたからな。今日はバックだけど、このライブこそアイドル活動の醍醐味だろ?」

P「けど、緊張やプレッシャーで負けなかったのは、ありすの力だ。ありすしか出来ないことだったかもな」

ありす「私じゃなかったら、できなかったこと……ふふっ……調子がいいですね」

ありす「でも今日は……満足でしたので……ゆる……っ……すぅ……すぅ」

P「寝ちゃったか……疲れてたんだろうな……ありす」ナデ

P「お疲れさま。よかったよ」サラ

ありす「んぅ……すぅ……」



240:2014/05/13(火) 22:26:17.47 ID:y8sFnF6Xo


――――

ありす「昨日はハードでしたね。プロデューサー」

P「そうだな。今日からはもうちょいゆっくり活動するぞ」ナデナデ

ありす「はい」

P「よしいい子だ。ちょっと待っててくれ。今日の撮影の衣装を持ってくる」

ありす「なるべく、早くお願いしますね」

P「偉そうにいうなっ……ははっ」ポン

ありす「えへっ……」

ありす (なんだか、お父さんみたい)

ありす (プロデューサーは、私のことを子供扱いするけど……)

ありす (悪い気はしない……かな)



243:2014/05/14(水) 06:57:02.58 ID:K4eIl0vfo


ガチャ

橘P「おうありす。昨日はライブのバックやったらしいな?」

ありす「あ……橘プロデューサー……はい」

橘P「成功したらしいじゃないか。おめでとう」

ありす「はい。ありがとうございます」

橘P「バックなんて初めてだったろ? はははっ」

ありす (橘プロデューサーは、前まで頼りになるって思ってたけど……)

ありす (ちょっと考えすぎだったかな……)

橘P「ほらありす。えらいえらい」ワシャワシャ

ありす「」ムッ

ありす (雑……)

ありす「はあ……どうも」スッスッ

橘P「そうだ、明日お得意先に営業いくんだけど、ありすを連れてこうと思う」

ありす「営業ですか……」



244:2014/05/14(水) 07:03:43.32 ID:K4eIl0vfo


橘P「あぁ。そこで昨日やったダンス、やってもらおうかと思ってるんだ」

ありす「あぁ、あの動きから大丈夫ですけど……」

橘P「そうか! うまくいけば使ってくれるかもしれないし、でかいとこだから採用されたら、さらにうちのプロダクションも有名になるぞ!」

ありす「そうですか……明日ですね。わかりました」

橘P「よろしくな。Pさんには俺から伝えとくから」スタスタ

ありす「……まったく、昨日の今日でダンスはきついとは思わないんでしょうか」



246:2014/05/14(水) 07:16:21.06 ID:K4eIl0vfo


P「お待たせありす」ガチャ

ありす「遅いですよ」

P「ごめんごめん。ほらこの衣装、ありすにきっと似合うぞ」

ありす「ありがとうございます」クス

ありす「あ……明日、橘プロデューサーと営業に行くことになりました」

P「営業?」

ありす「ええお得意先だとか」

P「そうなのか……」

ありす「昨日のダンス、またやるみたいです」

P「昨日のダンスって……2日連続でダンスなんて、慣れてないときついじゃないか」

ありす「っ! え、ええ……でも仕事ですから」



247:2014/05/14(水) 07:21:35.89 ID:qiorp7Upo


P「そうか……けど心配だな……無理はするなよ?」ナデナデ

ありす「んっ……はいっわかってます」

ありす (これ……気持ちいい……安心する)

ありす (プロデューサーは、私のこと、ちゃんとわかってくれてる人だ……)

ありす (けど、期間が終わったら……帰っちゃう)

ありす (なんか、嫌だな……あっ)

ありす (こんなこと考えるなんて、子供みたいっ……明日のこと考えなくちゃ)フルフル



248:2014/05/14(水) 07:22:48.47 ID:qiorp7Upo


――――

――





251:2014/05/14(水) 07:36:47.13 ID:AUVfik/Uo


――――

橘P「いいかありす。今日重要な営業だ。プレッシャーをかけるわけじゃないけど、頑張ろうな」

ありす「はい。わかってます」

橘P「それと……昨日の練習したダンスなんだが」

ありす「?」

橘P「一ヶ所、ちょっと振りを変えようと思う」

ありす「え!?」

橘P「いや、変えたほうが向こうにも印象的になる振り付けだ。Bパートのステップを変えるから。まぁ応用みたいなもんだよ。あとで軽く教えるからさ」

ありす「そんな……そんな急に言われても……」

橘P「ありすなら、きっと出来るさ」

ありす (お、応用なんて……けど、やらなきゃ……失敗するわけにはいかない……)

ありす (ぅぅ……)



253:2014/05/14(水) 07:44:26.93 ID:AUVfik/Uo


――――

TV局P「いつもお世話になってます」

橘P「いえいえ、こちらがお世話になってばかりで……」

TV局P「はは……橘ありすちゃん、今日はよろしくね」

ありす (どうしよう……まだ完全に覚えてない……)

橘P「あ、ありすっ! 挨拶!」

ありす「あっ、すみませんっよろしくお願いしますっ」アセ

TV局P「うん。じゃあさっそく踊ってもらおうかな」

橘P「はい。では曲の準備を……」カチャ

ありす (どうしよう……どうしようっ……)

〜♪

ありす (っいけない……集中しなきゃ……)



254:2014/05/14(水) 07:55:46.81 ID:AUVfik/Uo


〜♪

ありす「っ……ふっ……」スッ

ありす (ここまでは大丈夫……)

橘P「……よし……」

TV局P「おぉ……」

〜♪

ありす (Bパート……ここでくるっ…… )

ありす「はあっ……ふっ」タンタン

〜♪

ありす (――!! ここでっ!) バッ

ありす「あっ……!」ヨロッ

バタッ



255:2014/05/14(水) 08:00:30.62 ID:AUVfik/Uo


橘P「ぁっ!!」

TV局P「……」

橘P「っ……す、すみません!! すみませんっ!」

TV局P「本番に弱いタイプか……うーん……はい。ここまでで結構ですよ」

橘P「いやっもう一度最初から! お願いしますっ」

TV局P「いえ、結構ですから」

橘P「そんな! ……くっ」

ありす「はっ……はぁぁ……」ガク

ありす (転んじゃった……足……つまずいて)

ありす (っ……)



256:2014/05/14(水) 08:07:40.31 ID:AUVfik/Uo


ブロロロロ……

橘P「……」

ありす「……」

橘P「営業、駄目だったな」

ありす「……」

橘P「向こうも、使うかは電話でよこすっていってたけど……まず断られるよな」

ありす「……」

橘P「っ!! おい、ありす! 聞いてるのか!」

ありす「っ……聞いてますから……」

橘P「あまり責めたくないけどさ……お前言われたことはちゃんとやるって言ったよな」

ありす「それは……」

橘P「こんな肝心なところで……ホント頼むぞお前……!」

ありす「っ!!」



258:2014/05/14(水) 08:19:50.04 ID:AUVfik/Uo


ありす「勝手すぎます!」

ありす「私は、最初から急な振り付けの自信なんてなかったんです!」

ありす「貴方が余計なこと付け加えるからっ! 失敗しちゃったんです!!」ウル

橘P「はあ? 俺のせいかよ……俺は向こうに少しでも印象を残せることを考えただけだ」

橘P「プロデューサーってのはこういう臨機応変さが必要なんだよっ! それに一生懸命従うのがアイドルだろ!!」

ありす「っ……最低です」ウル

ありす「……第一……一昨日ライブのあとに、またすぐにダンスなんてキツいんです! できっこないんです!そんなことも気づけないなんて、プロデューサーやる資格ないですよっ」

橘P「っ……いい加減にしろ!! もういい、事務所ついたら頭冷やしとけ!」

ありす「自分に都合が悪いと逃げるんですかっ どうなんですかっ!」

橘P「いいから黙ってろ!」

ありす「もういいですっ……はぁ……はぁっ」ウルウル



263:2014/05/14(水) 08:42:25.01 ID:AUVfik/Uo


――――

ガチャ

ありす「……」トボ

P「おお、おかえりありす」カタカタ

P「ん……橘Pさんは?」

ありす「……そのまま、レッスンスタジオ行きました」

P「そうか……ありす」

ありす「……?」

P「ちょっとおいで」

ありす「なんですか……」テクテク

P「なんかあったろ? 話してごらん」ナデ

ありす「っ!! プロデューサーっ」ダキ

P「おおっ、どうしたんだありすっ」ギュウ

ありす「私、私……失敗しちゃった……」

P「……」ナデ

ありす「振り付け、間違っちゃった……転んじゃって……営業駄目でっ……もうどうしたらいいか……」グス

P「なんだ、そんなことか」ナデ

ありす「ふぇっ……」



265:2014/05/14(水) 08:59:22.99 ID:AUVfik/Uo


P「そんなことより、転んだって……怪我はないのか?」サス

ありす「け、怪我は大丈夫ですけど」

P「そうか、ならよかった」

ありす「そ、それより……失敗、そんなことってどういう……」

P「失敗しないアイドルなんて、絶対いないじゃないか」ナデ

ありす「っ……」

P「失敗しても、次に繋げればいい。そうやって成長してくのが大切なんだよ」ナデ

ありす「成長……ですか?」

P「そう。ほらっありす」ギュ

ありす「ひゃっ……だっこなんて……」

P「嫌か? 」

ありす「……ちょっとだけ安心するので、このままで……」ギュウウ



266:2014/05/14(水) 11:15:29.82 ID:AUVfik/Uo


P「よしよし……」

ありす「温かい……」

P「失敗したっていいんだよ。そういうときこそ、俺たちプロデューサーが助けてあげる時なんだから」ナデ

ありす「プロデューサー…………もっと、頼ってもいいんですか?」

P「勿論。どんどん使ってくれよ」

ありす「ぐすっ……プロデューサーぁ……」ギュウウ

P「よしよし、大丈夫大丈夫」ユサユサ

ありす「あり、がとうございますっ……すんっ……うわああん……」



267:2014/05/14(水) 11:56:46.92 ID:AUVfik/Uo


P「落ち着いたか?」ナデナデ

ありす「はいっ……お見苦しいとこをお見せしました」

P「そんなことないさ」

ありす「あのっプロデューサー……」

P「うん?」

ありす「プロデューサーは、研修期間が終わったらいなくなっちゃうんですよね」

P「……まあそうだな」

ありす「私……プロデューサーにプロデュースしてもらいたいです……」

P「ありす……」

ありす「ここじゃあ私、楽しくないですし……あの……」

P「そうか、じゃあ――」

P「俺のプロダクションに来るか?」

ありす「っ……はいっ!」

ありす「……プロデューサー……ありがとうございます……」ギュウ

ありす (この人は……私の支えになってくれる……)

ありす (この気持ちは……お父さんにとかじゃなくて……)



282:2014/05/14(水) 18:53:09.95 ID:44rzmaNko


――――

ありす「私、このプロダクション辞めたいので、手続きお願いします」

橘P「え……? あ、ありす。あの時のことは俺も悪かったよ……大事な会社だったんだ。だからついカッとして……」

橘P「だから、辞めないでくれ……」

ありす「そんなの理由になりません。大人げないって言葉がピッタリです」

橘P「本当にすまない……もう一度、一緒に頑張ろう?」

橘P「悪かった、ありす……」ペコ

ありす「……あの、一つだけいいですか」

橘P「っなんだ? ありす」パァァ

ありす「お願いです。名前で呼ぶの、やめてもらえますか」

橘P「」



296:2014/05/14(水) 22:05:49.66 ID:44rzmaNko


――――

P「――ということで、今日からうちのプロダクションに所属する……」

ありす「橘ありすです。橘と呼んでください。よろしくお願いします」ペコ

ちひろ「小さい子は千枝ちゃんしかいませんでしたから、新鮮ですね!」

雪歩「おかえりなさいプロデューサー! 橘ちゃんも、よろしくね」

早苗「よろしくね。ありすちゃん」

ありす「橘です」キッ

早苗「た、橘ちゃん。よろしくね……」

早苗 (今時の子ってこんな感じなのかしら……)

P「ほら、これから皆で頑張るんだ。名前で呼んでもいいだろう?」

ありす「でも……」

P「みんないい人だぞ。それに、いい名前じゃないか。ありす」ポン

ありす「ま、まあ……プロデューサーが言うなら……」カァ

早苗「あやまぁ……これは……」



297:2014/05/14(水) 22:09:22.16 ID:44rzmaNko


ありす「Pさん……」ボソッ

P「んっ? Pさんて……」

ありす「私、Pさんに会えてよかったです。頑張りますので、プロデュース、よろしくお願いします」

P「あぁ、勿論だとも」 ナデ

ありす「えへへ……」

ありす「……もうちょっとだけ、待っててくださいね。Pさん?」

P「なにをだ?」

ありす「いえ、それはまだ秘密ですっ」

ありす「……♪」



298:2014/05/14(水) 22:10:00.55 ID:44rzmaNko


――――

橘ありす 編 終了



299:2014/05/14(水) 22:13:57.71 ID:44rzmaNko


P「橘ありすが所属してくれた」

P「うちのプロダクションも、年齢のバランスが良くなってきたな」

P「それに、ありすは千枝や、歳は離れるが泰葉ともうまくやってるみたいだ」

P「うん、安心安心。さて……」

P「↓3 ってアイドルが気になるな……」

↓3 アイドル指定
コンマ以下の値が現プロデューサーとの好感度



300:2014/05/14(水) 22:14:13.06 ID:MEqnn3qno

奈緒


301:2014/05/14(水) 22:14:16.35 ID:ZpvfQDSQO

佐竹美奈子


302:2014/05/14(水) 22:14:19.10 ID:Yxa0RBCAO




311:2014/05/14(水) 22:21:51.40 ID:44rzmaNko


P「大槻唯がいいか」

P「おぉ……見事な金髪とプロモーション」

P「大槻唯が所属してるプロダクションも、前からの交流で信頼はあるはずだ。短期移籍も使えるな」

P「……よし、うちに呼ぶか」



314:2014/05/14(水) 22:29:43.04 ID:44rzmaNko


――――

P「ちひろさん。大槻唯って子が短期移籍で来ますので、よろしくお願いしますね」

ちひろ「おっと一年ぶりの短期移籍ですねーわかりましたよ!」

P「……ちひろさんを見てると、癒されます」

ちひろ「えっそんな急にっ……」テレ

雪歩「ぷ、プロデューサー!」

P「どうした雪歩?」

雪歩「いつも、お疲れさまですぅ」モミモミ

P「おー……雪歩の肩揉みは気持ちいいな……癒されるよ」ナデ

雪歩「えへへ……」

ちひろ「……む」プクーッ

早苗「何歳年下の子とやりあってんのよ……いつものお返し! 私も揉んであげるわっ!」バッ

ありす「ちょ、皆さん……まったく……Pさん! 私も揉みますからっ」ピョン

P「お、おいおい……とりあえず、明後日大槻唯が来るからな! 皆わかったか?」

「はーい!!」



337:2014/05/20(火) 15:12:23.08 ID:MFbFWZ6ro


――――

P「そろそろ1時か……約束の時間だな」

P「大槻唯、見た目からして明るそうだし、楽しみだな」

コンコンコン

P「! はい」タタッ

ガチャ

P「こんにちは。大槻唯さんだよね?」

大槻唯「あ……う、はい。こんにちは……」

P「……? 応接室に案内するよ。こちらへどうぞ」スッ

唯「し、失礼します」



339:2014/05/20(火) 15:21:34.62 ID:MFbFWZ6ro


P「どうぞ、座って」スッ

唯「はい……」スッ

P「あはは……緊張してる?」

唯「あ、違っ、んと……大丈夫です」

P「こんなこと言ってごめんね? なんだか、イメージと違ってビックリしたよ」

唯「あ、あははっ……」

P「今日はそちらのプロデューサーさんは日程が合わなくていないけれど、一度会って、説明はしてあります」

唯「はい、聞いてる……聞いてます!」

P「……で、大槻さん本人は詳しい説明はまだ聞いてないだろうから、今から私が短期研修について説明します」

唯「はい、よろしくおねがいします」

P「こちらこそよろしく。まずは――」



340:2014/05/20(火) 15:30:31.78 ID:MFbFWZ6ro


P「――とまあこんな感じで、期間中は私が全プロデュースを担当します。期間が終われば大槻さんは元のプロダクションに戻って、報告をして終わりと……」

P「ここまでで、なにか質問はあるかな?」

唯「大丈夫ですっ」

P「と、自己紹介がまだだったね。大槻さんのプロデュースを担当します、Pです。よろしくね」スッ

唯「えと、大槻唯です。よろしくおねがいします」

P「うん、よろしく。説明は以上だけど……」

唯「はい、ありがとうございました、失礼します……」スッ

P「大槻さん」

唯「?」

P「……明日から、一緒に頑張ろうね」

唯「あっ……うん、頑張りましょうっ」ペコッ

バタン



341:2014/05/20(火) 15:36:03.94 ID:MFbFWZ6ro


P「ふむ……」



ガチャ

ありす「ただいま戻りました……あれ、大槻唯さんは……?」

P「おつかれさま。いまさっき帰ったよ」

ありす「そうですか……どんな方でした?」

P「イメージと違ったな。でもあれは本当の彼女じゃない感じだ」

ありす「訳あり、ですね」

P「そうだな……」ポンッ

ありす「っ♪」

P「ありすも、会ったときはよろしくな?」

ありす「はいっ」



342:2014/05/20(火) 15:37:02.12 ID:MFbFWZ6ro


――――――

――――

――




344:2014/05/20(火) 15:40:37.38 ID:MFbFWZ6ro


――――

P「おはよう大槻さん。今日から活動だけど、大丈夫かい?」

唯「うん、大丈夫……ですっ」

P「そっか。じゃあさっそく、撮影行こうか」

唯「はいっ」

P「……」



345:2014/05/20(火) 15:46:05.36 ID:MFbFWZ6ro


――撮影スタジオ――

カメラマン「いいね! いいねっ!」カシャ

唯「〜♪」

P「……」

カメラマン「よし、一旦休憩!」

唯「ありがとうございました〜」ペコッ

P「大槻さん、凄く良かったよ。表情バッチリだ!」

唯「あっ……えへへっ」

P「この調子で、休憩あけの撮影も行こう!」

唯「はーいっ!」

P「うん、良い返事だ」



346:2014/05/20(火) 15:53:48.84 ID:MFbFWZ6ro


――レッスンスタジオ――

唯「〜♪」タンタン

トレーナー「はい、今日はここまでにしましょう。お疲れ様でした」

唯「お疲れ様でーすっ」

P「大槻さん、お疲れさま。はい、飲み物」スッ

唯「あっ……えと、ありがとうございます! ……んぐぐ……」

P「大槻さんは、撮影もいいし、レッスンも楽しそうにやってて、すごく良い感じだよ」

唯「えっ!? ホント! 」バッ

唯「あ! ごめんなさいっ……ホントですか?」

P「……大槻さん、別にわざわざ言葉遣い、直さなくていいよ」

唯「いや、あのこれは……」



347:2014/05/20(火) 16:01:17.70 ID:MFbFWZ6ro


P「向こうのプロダクションで、なにかあったのかい?」

唯「いや、あの……」

P「聞いちゃ駄目かな? 俺はどうしてもそこだけ、大槻さんの良さが消えてる気がするからさ」

唯「ゆいの良さ……」

P「うん」

唯「……ゆいね、元のプロダクションのプロデューサーに、しゃべり方なおせーって言われたんだ……」

唯「悪い印象を与えるからーって。怒られちゃった」

唯「だから、言うとおりにしないと駄目だし、気を付けるようにしてたの……」

P「そうだったのか……」



348:2014/05/20(火) 16:09:56.92 ID:MFbFWZ6ro


唯「……プロデューサーも、そう思う?」

P「ううん。全然」

P「逆に俺は、唯の良さが出ててやめないほうがいいと思うな」

唯「えっ……」

P「このプロダクションにいる間は、俺がプロデューサーだ。唯には、ありのままで活動してほしいな」ポンッ

唯「……いいの?」

P「勿論。俺が望んでるんだから、やってもらわなきゃ困る!」

唯「えへへっ……そうかな……!」

P「ああ。そうさ」

唯「……うん。ありがとねっ、Pちゃん! ゆい、ありのまま頑張ってみるよ☆」

P「よし、これで本腰いれて活動できるな。バンバンいくぞ! 唯っ」

唯「うん! ゆい、全力パワーでいっちゃうよ!」



351:2014/05/20(火) 16:16:27.33 ID:MFbFWZ6ro


――――

唯「ねぇ、PちゃんPちゃーん!」

P「どうした唯?」

唯「出番までまだ時間あるよねっ?」

P「うん。まだあるぞ」

唯「ゆい、キャンディー舐めてていい?」

P「あぁ、大丈夫だよ」

唯「ホント? ありがとー☆ でね、ゆい、Pちゃんがさっき持ってたキャンディー舐めたい! まだあるー?」



352:2014/05/20(火) 16:20:21.60 ID:W6Lyvl4Mo


P「あぁ、共演者の人にひとつあげちゃったけど、まだあるぞ。ほら」スッ

唯「あむっ……えへへ、美味しい!」コロコロ

P「そうか? なら良かったよ」ナデ

唯「んふふー♪」

P「けど、あんまり食べ過ぎて虫歯になっちゃ駄目だぞー?」ナデ

唯「りょうかいであります!」ビシッ

唯「なんちゃって! へへっ」パァ

P「ふふっ……」ナデ



353:2014/05/20(火) 16:29:17.49 ID:W6Lyvl4Mo


――――

P「唯はやってみたいこととか、あるか?」

唯「んー……楽しいことなら、なんでもしてみたいかなっ」

P「そうか! じゃあ楽しいことってなんだ?」

唯「それはー……んー……もう! Pちゃんのイジワル! 急に言われてもわかんないよー」ポカ

P「あははっごめんごめんっ」

唯「でもねー……ゆい、Pちゃんとしてる今の活動、ちょー楽しいよ☆」

P「本当か? それは嬉しいな」ナデ

唯「ふふっ Pちゃんはいい腕してるよーっ」

P「そうか、ありがとう」ナデ

唯「うん♪」



354:2014/05/20(火) 16:46:06.24 ID:W6Lyvl4Mo


――――

唯「それでね、Pちゃんビックリして、目が点になってたんだよ!」

雪歩「あははっそうなんだ〜」

唯「でね、ゆい言ったんだよー。Pちゃんの目、アリンコみたいーって! そしたらね、Pちゃんがね――」

ガチャ

P「ただいまー……お、待たせてごめんな唯。よし、サイン会いくか!」

唯「うん! ふふふっ……」

P「その顔はさっきまで俺をネタに笑ってたなー?」

雪歩「!?」



355:2014/05/20(火) 16:47:46.42 ID:W6Lyvl4Mo


唯「え! なんでわかるのー!?」

P「なんとなくだけど唯はわかりやすいからなぁ……よし、車で説教だ!」

唯「えー……Pちゃんおじさんくさいかもー!」

P「なっ、俺の傷つくことをっ!」

唯「ふふっ、でも、おじさんなPちゃんもゆいは好きだよ?」

P「調子の良いこといって……」

唯「ホントだよ! ゆいはPちゃんにメロメロなんだー☆」ギュー

P「えー?」

雪歩「ふふっ」



356:2014/05/20(火) 16:54:08.55 ID:W6Lyvl4Mo


――――

唯「明日はーPちゃんと握手会〜」トコトコ

唯「明後日はー……! 明後日は……元のプロダクションに戻る日かぁ……」

唯「……っ」

唯「もうちょっと、長くいたいな……」

唯「でも、元のプロデューサー、めっちゃ怒るだろうなぁ……はぁっ」

ありす「唯さん? どうしたんですかそんな顔して……」

唯「ありすちゃん……」



358:2014/05/20(火) 17:03:02.39 ID:W6Lyvl4Mo


唯「いや、ここでの活動も、もう終わっちゃうなって思ってさ」ストン

ありす「あぁ、明後日には元のプロダクションに戻る予定でしたよね……お疲れ様でした」ペコッ

唯「ちょ、ちょっと〜明日まではいるんだから、まだ早いよっ」

ありす「そうでしたね……ふふっ」ストン

唯「もう……あっ……ありすちゃんは、元々違うプロダクションからここに移籍してきたんだよね?」

唯「どうしてなのー?」

ありす「……」

ありす「元のプロダクションでは、私の力が引き出せないと感じたからです。また、Pさんなら私の力を引き出してくれると思ったので移籍しました」

唯「そっか〜……ゆいもね、正直もとのプロダクションにはあんまり、戻りたくないんだ……」



360:2014/05/20(火) 17:48:56.89 ID:W6Lyvl4Mo


ありす「……」

唯「ゆいのプロデューサーさんはね、あんまりゆいのこと好きじゃないみたいでさ……」

唯「けど、ゆいのワガママでプロダクションに迷惑かけるのもダメじゃん……? だから……」

ありす「私が言うのもあれですけれど……貴方の将来をそのプロダクションに任せていいんでしょうか」

唯「えっ……」

ありす「あっいえ、すみません……もっと伸び伸びとやれるプロダクションのほうが、唯さんの為になるになると思うんですが……」

唯「!」

唯「ううん……確かにそうだよ……ゆいが頑張れるプロダクションのほうがいいよね……ありがとうね、ありすちゃんっ!」ギュウ

ありす「えっちょ、ちょっと……ぅう……」



368:2014/05/20(火) 18:29:39.54 ID:W6Lyvl4Mo


ガチャ

唯「Pちゃん!」

P「お、唯か。どうした?」

唯「突然だけど、ゆいのことどう思う?」

P「どうって……元気で、愛くるしくて……他の人のことを思いやれる子だと思ってるよ」

唯「Pちゃん……」

唯「じゃあさ、Pちゃんはゆいのこと、ずっとプロデュースしてたい?」

P「勿論だとも。それが許されるなら、俺は唯をトップアイドルにするまで、ずっとプロデュースしてやるさ」ナデ

唯「Pちゃん……ゆいね、Pちゃんのとこと、大好きだよっ……」

P「そうか? ありがとう」

唯「うん。じゃあゆい、行ってくるね!」

P「え? どこにだ……もう帰るのか?」

唯「ふふーん♪ 明日、必ず教えてアゲルー!」ダダッ



369:2014/05/20(火) 18:30:15.41 ID:W6Lyvl4Mo


――――――

――――

――



372:2014/05/20(火) 18:49:10.59 ID:W6Lyvl4Mo


P「……と、いうことで?」

唯「今日から本移籍することになった、大槻ゆいだよー♪ みんな知ってると思うけど、改めてヨオロシク☆」

ちひろ「Pさーん? これはどういう?」

P「い、いえ、俺はまだなにも……」

ありす「唯さん……言ったんですね?」

唯「うん☆ あのプロデューサーにね、ゆいはあんたに個性を消されるすじあいはないっ! ゆい自信のモチアジでトップアイドルになるんだから、みてろーっ! って、言ってやったの!」

唯「絶対にゆいのこと、いつか認めさせるんだから!」

雪歩「わっ唯ちゃん、スゴい……」

早苗「自分の意思をキッチリ伝えたのね……スゴいじゃない!」



375:2014/05/20(火) 18:55:20.45 ID:W6Lyvl4Mo


P「……そうか。唯、これからは俺の元でプロデュースする、ということでいいんだな」

唯「うん! ゆいのこと、よろしくねPちゃん!」

P「おう、任せとけ! あの時も言ったけど、俺がゆいをトップアイドルにしてやるぞ!」

雪歩「あのぅ……」ビク

早苗「私たちは?」ジト

ありす「みんな、トップアイドルにしてくれるんですよね? Pさん」 ピョン

P「あぁ、任せとけ。うちのプロダクションのアイドル、皆輝かせてみせるさ!」

ちひろ「おぉ……Pさんがものすごくやる気になってます……!」



377:2014/05/20(火) 19:04:59.94 ID:W6Lyvl4Mo


P「ちひろさんも、これからもよろしくお願いしますね?」

ちひろ「はい♪ 私もPさんを、一生懸命サポートさせていただきます!」ニコ

P「よし、みんな! これからは唯も加わって、もっともっと賑わってくる!」

P「俺が前にスカウトしたみんなも着々と人気を得て、アイドルとして大きく成長しているが」

P「皆もすぐに追い付けるように、これからも一緒に頑張ろう! CGプロ、ファイトー……」

「おーっ!!」



378:2014/05/20(火) 19:06:41.03 ID:W6Lyvl4Mo


――――

終 わ り



383:2014/05/20(火) 19:15:37.70 ID:W6Lyvl4Mo

私の近況がかなり忙しくなっており、更新がこれからも非常に困難となることが予想されます
なので、ここで終わらせていただきました

余裕がもっと持てるときに、必ずまた建てさせてもらおうと思っているので、その時はまた是非、よろしくお願いいたします

最後になりましたが、参加していただいた皆さんや見てくださっていた皆さん、本当にありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399722114/