1:2013/11/14(木) 18:35:56.72 ID:zCfOzMlx0


モバP「おはようございます!」

ちひろ「おはようございます。今日はなんだかテンション高いですね」

P「そりゃあそうですよ。なんたって今日は美世の誕生日ですからね」

P「気合入れまくりです」

ちひろ「いや〜愛されちゃってますね〜美世ちゃん」

ちひろ「誕生日プレゼントはどんなもの用意したんですか?」

P「ふっふっふ 後のお楽しみですよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384421756



2:2013/11/14(木) 18:41:45.59 ID:zCfOzMlx0

美世「おはようございます」ガチャ

ちひろ「噂をすれば美世ちゃん来ましたね」

P「美世おおおおおおおおおおおおお誕生日おめでとおおおおおおおおおおお!」ドタドタ

ちひろ「うわっすごい勢い……」


3:2013/11/14(木) 18:43:40.49 ID:zCfOzMlx0

美世「あっPさんおはよP「今日もかわいいよおおおおおおおおおお美世おおおおおおおおおおおおおおお」

美世「あはは…今日も朝からエンジン全開だねPさん♪」

P「ちっちっち 今日の俺はいつもとは一味違う特別仕様だぜ」ガシッ

美世(近いってPさん///)

P「なんたって今日は美世の誕生日だからだ!おめでとう!」

美世「あっありがとう///」

美世(いきなり肩掴んでくるなんてもうPさんったら///)


4:2013/11/14(木) 18:46:13.33 ID:zCfOzMlx0

ちひろ「おはよう美世ちゃん そして誕生日おめでとう」

美世「ありがとうございますちひろさん!」

ちひろ「プロデューサーさん何かプレゼント用意してるみたいよ」

美世「ホント!?嬉しいな〜どんなのだろう?」

P「きっと美世も喜んでくれるはずだ ちょっと待っててくれ」

美世(どんなものかな〜 順当にいけば車とかバイク関係の物かな?)

美世(もしかしたらアクセサリーとかかも……)

美世(あ、あたしだって女の子なんだからその……す、好きな人からそういうの貰って嬉しくないわけないし)

P『美世に似合うと思って』キリッ

美世『えっこの指輪は』

P『そう 美世に受け取って貰いたいんだ』

P『好きだよ美y美世(うわああああああああああああああ///)

美世(何考えてるのあたしはっ!頭がオーバーヒートしちゃいそうだよぉ///)

P「どうしたんだ美世?そんなに顔真っ赤にして」

美世「いやっなんでもないから気にしないで///」


5:2013/11/14(木) 18:48:44.18 ID:zCfOzMlx0

美世「そんなことよりプレゼント!」

P「おうそうだったな」ドスン

美世「このダンボールの中なの?開けていい?」

P「いいぞ 開けてみてくれ」

美世「ん?なにこれ」

ちひろ「車のカタログがいっぱい……」

ちひろ(うわぁ まさかこう来るとは)

美世「……」プルプル

ちひろ(いくら車好きな美世ちゃんでもこれはさすがにショックよね)

ちひろ(そんなにお金無いのかしら?)


6:2013/11/14(木) 18:50:43.51 ID:zCfOzMlx0

P「好きな車を一台買ってやる」

美世「え?」

ちひろ「はい?」

P「もちろんその中に無いなら別のでもいいぞ」

美世「い、いやこれなんか二千万もするんだけど」

P「それがいいのか?なら早速…」

ちひろ「アホですかあなたは!?」パコン

P「痛っ! 人ががんばってもらってきたカタログを殴るのに使わないでくださいよ!」


7:2013/11/14(木) 18:53:58.16 ID:zCfOzMlx0

ちひろ「まだ20歳の女の子の誕生日に一千万以上もする車買い与えるってバブル時代の社長ですかあなたは!」

ちひろ「頭おかしいって思うこともありましたがここまでとは思ってませんでしたよ!」

ちひろ「だいたい安月給のくせして何見栄張っちゃってるんですか! 何年ローン組む気ですか!」

P「その安月給からさらに搾取するくせに」ボソッ

ちひろ「あーあー聞こえない聞こえない そもそも美世ちゃん引いちゃってるじゃないですか!」

P「!」

美世「……」


8:2013/11/14(木) 18:56:44.75 ID:zCfOzMlx0

P「あのー、美世?」

美世「……」

P「嬉しく…なかったか?」オロオロ

美世「……とりあえずこのプレゼントになった理由」

P「お、おう えーっとだな美世になにをプレゼントしようか迷ってだな」

P「車関係の物なら喜んでくれるかな〜 でも俺車詳しくないしな〜 なにあげようかな〜となって」

P「いっそのこと車買ってあげようそうしようとなったんだが……」

美世「……」ジトー

ちひろ「……」ジトー

P「……」オロオロ

P「…だってしょうがないじゃん!美世の誕生日だよ!」

P「喜んでもらいたいじゃん!笑ってもらいたいじゃん!」

P「だから絶対喜んでもらえるものをと思って選んだのに…」ジワァ

ちひろ(子供みたいな口調ですね 涙目になってますし)



9:2013/11/14(木) 18:58:40.51 ID:zCfOzMlx0

美世「Pさん」

P「美世…」

美世「あたしがPさんからもらったもの喜ばないわけないじゃん」

美世「値段なんて関係ない Pさんがあたしのこと思って選んでくれた物ならどんなものでも宝物だよ?」

美世「あたしが一番辛いのはPさんが無理しちゃうことなんだからね」

美世「わかった?Pさん」

P「うぅ…美世おおおおおおおおおおおおおおお」ダキッ

美世「きゃっ い、いきなり抱きつかれるとあたしも照れちゃうっていうかその…///」

P「ありがとうな美世…」

美世「うん♪」


10:2013/11/14(木) 19:02:57.86 ID:zCfOzMlx0


ちひろ「それで結局プレゼントどうするんですか?」

P「あっ」

美世「じゃあ仕事終わったら一緒に買い物行こうよ」

美世「あたし、Pさんとお揃いのキーホルダーほしいな!」

P「それでいいのか?」

美世「うん!さっきも言ったでしょ 値段じゃないんだって」

美世「もちろん今日はPさんの運転でばっちりエスコトートしてよね」

P「わかった任せろ!」

P「うおおおおおおお夜は美世と買い物だああああああああああひゃっほおおおおおおおおおお」バタバタ

ちひろ「行っちゃいましたね これでよかったの?」

美世「はい! 車はまだ早いですよね」

ちひろ(まだ……?)

美世(いつか一緒に乗る車を二人で選ぼうねPさん♪)

終わり



11:2013/11/14(木) 19:06:24.84 ID:zCfOzMlx0

美世ちゃん誕生日おめでとう!


勢いで書いたのをせっかくなので投稿しました
初SSなのでいろいろ拙いところがあったと思いますがご容赦ください

お目汚し失礼しました


12:2013/11/14(木) 19:09:36.46 ID:PmPwghuIo

乙!すばらしい


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384421756/