1:2013/09/09(月) 07:19:37.01 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ほらほらほら〜〜、早く早くゥ〜〜」

小鳥「早く祝えよぉぉーーーッ」

小鳥「ねえねえ、プロデューサーさぁーん!」

小鳥「プロデューサーさぁぁぁーーーん!?」

小鳥「Producerrrrrrrrrrrrr」

小鳥「プロっ、げほッ、ファッキュートーキョー」



P「うううるせぇぇぇっぇえーーーーー!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378678776



2:2013/09/09(月) 07:23:17.81 ID:ZeAuzanWo


小鳥「へいへい! こっちだよー!」

小鳥「こっち来て祝……」

P「……」

小鳥「なあおい〜〜〜! 祝えよォーーーッ」

小鳥「ハッピーバースディって言えよォォーッ!」

小鳥「COME ON!! コメ オン!」


3:2013/09/09(月) 07:25:53.11 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ちょっとちょっと、へいへい! 私のこと見えてます?」

小鳥「もしかして……見えてない?」

小鳥「ならば今のうちに股間でもまさぐろうかしら」

ゴソッ


P「チッ」 バシッ

小鳥「痛っ」

P「……」

小鳥「……」



小鳥「ねえ、祝ってよォォ〜〜〜!!」




4:2013/09/09(月) 07:28:34.05 ID:ZeAuzanWo


小鳥「あの〜、ちょっと〜、いいですかぁ〜?」

小鳥「レディー(Lady)がいるのにですよ?」

小鳥「レイデー(Lady)がいるのにですお? お?」

小鳥「祝わないってのは男子(だんすぃ)としてどうなんですか?」


P「じゃあいくつになったんですか?」

小鳥「それは言えない」



P「おーいぃぃ! 言えよぉぉ〜〜〜!!」




6:2013/09/09(月) 07:31:53.11 ID:ZeAuzanWo


小鳥「まあでも私ってある意味天使みたいな存在ですし」

小鳥「年齢とかの概念ってないと思うんですよ」

小鳥「聖天子コトリエル?」

P「堕天使か何かだろ」

小鳥「祝ってくださいいいい」orz

P「ンナァッピィヴァースディ〜チュ〜ウー♪」


小鳥「なんでネイディブ寄りの発音なんだよォ〜!」


7:2013/09/09(月) 07:35:01.02 ID:ZeAuzanWo

小鳥「うざいですよプロデューサーさん」

P「引っ叩きますよ」

小鳥「どうぞ」

P「ナァッピィヴァースディ〜」

小鳥「おいそれやめろよーう」


P「じゃあ歳言えよーう」

小鳥「それは言えないです」


8:2013/09/09(月) 07:38:51.31 ID:ZeAuzanWo


P「よし、解散」

小鳥「へい。へいYO!メーン」

小鳥「じゃあ、じゃあ分かった。一歩譲りますよ」

小鳥「一歩譲って私にキスするってのはどうでしょうか」

P「一歩でけえな」

小鳥「プロデューサーさんのアナログスティックも充分な大きさですよ」

P「セクハラで訴えますよ」

小鳥「私……誕生日にお祝いされることが夢だったんです」




9:2013/09/09(月) 07:41:16.43 ID:ZeAuzanWo



小鳥「だ・か・ら。お願いしますよぉぉー」

小鳥「はい、じゃあ行きますよ!」


小鳥「ふぅ、おはようございます! 気持ちのいい朝ですね〜。
    さ、今日もお仕事頑張らなくっちゃ!」

P「なんでコント形式なんですか」

小鳥「あっれぇ〜? でも何か忘れてる気がするなぁ……」

小鳥「何かな何かな〜?」


10:2013/09/09(月) 07:43:10.35 ID:ZeAuzanWo


小鳥「何かな〜」

小鳥「ナニかな〜」

P「チッ」バシッ

小鳥「痛っ」


小鳥「何かな何かな〜?」

P「おい」




11:2013/09/09(月) 07:46:50.58 ID:ZeAuzanWo


小鳥「あ、そろそろこの時間はプロデューサーさんが来る頃だわ!」

小鳥「いつもの死んだふりしなくっちゃ!」

P「仕方ない……。おはようございます〜」

P「あ、死んでる!」

小鳥「なーんて、死んだふりでしたー」

P「ガチャ」

小鳥「あれ!? 今入ってきたんですか!? 事務所入ってきてなかったんですか!?」


12:2013/09/09(月) 07:52:20.20 ID:ZeAuzanWo


小鳥「プロデューサーさんは誕生日のなんたるかをわかってないですね」

P「年齢を言うんだ」

小鳥「またそうやって! 私の心に土足で入り込むのはやめてください!」

小鳥「入り込んだ挙句、ロープで縛って、そしてめちゃくちゃにしようだなんて」

小鳥「そうして私にあらん限りの恥辱屈辱を与えたあとのプロデューサーさんは」

小鳥「おもむろに取り出した火鉢でサンマを焼き始め」

小鳥「私の目に……『ほうら、煙たいかぁ〜? 煙たいんか? おおん?』と」

小鳥「プロデューサーさんは本当に意地悪です」


13:2013/09/09(月) 07:56:19.92 ID:ZeAuzanWo


P「気持ち悪っ」


小鳥「祝ってくださいいよぉぉ〜」

小鳥「お兄サン、ちょっと祝うといいコトあるヨ」

P「ハピバ」


小鳥「うぅぅ〜〜ん、そうじゃあないんですぅーー」

小鳥「そうじゃあないんですゥゥーーー」


14:2013/09/09(月) 08:00:29.55 ID:ZeAuzanWo


小鳥「じゃあ私と懐かしのジャカジャカジャンケンで勝負しましょうよ」

P「なんでですか」

小鳥「ジャカジャカジャンケン、スタート! ポロリもあるよ♪」

P「ねーよ! ジャカジャカジャンケンにポロリする制度なんかねえよ!」

P「全国のPちゃん代表として言うけどポンキッキに謝れよ!!」

小鳥「じゃあ祝ってください」

P「ハピ」


小鳥「結局残ったのHappyだけなんですけど」


16:2013/09/09(月) 09:13:06.36 ID:ZeAuzanWo


小鳥「お願いですかぁら〜」

小鳥「ちゃんと祝ってくださいよー」

小鳥「ケーキ買ってろうそく立ててー」

P「ろうそくの数は?」


小鳥「それは言えない」




17:2013/09/09(月) 09:15:19.35 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ねえ〜、いいでしょう? んもうっ」

小鳥「開国してくださいよぉ〜。ねえ〜」

P「世代がバレますよぉ〜」

小鳥「お願いしますぅ。きゃっぴぴぴぴ〜ん」

小鳥「ぴよちゃん、プロちゃんに祝って欲しいなりよ?」




18:2013/09/09(月) 09:16:36.40 ID:ZeAuzanWo


小鳥「祝わないとこのパーティグッズの三角帽子勝手に頭に乗せて
    祝う気満々の人みたいにしますよ!?」

小鳥「あら祝ってくださるんですか、まあありがとうございます〜」

P「で、いくつになったんですか?」


小鳥「それは言えない」


19:2013/09/09(月) 09:19:20.93 ID:ZeAuzanWo


小鳥「私の年齢なんてどうでもいいじゃないですか」

小鳥「私はあなたの中では永遠の17歳ピッチピチですよ♪」

小鳥「あなたーが中に狙いをきーめて♪」

小鳥「私はですね、怒ってるんですよ」

P「そんな年齢になるまで何もしてこなかった自分にですか?」

小鳥「違います」




20:2013/09/09(月) 09:22:17.50 ID:ZeAuzanWo


小鳥「この前、春香ちゃん言ってました」


春香「プロデューサーさんがお洒落なカフェに連れて行ってくださって
    そこでケーキをごちそうしてくれたんです! えへへ」


小鳥「私知ってますからね!? カフェってネカフェで、そんでもって
    二人席のシート席でこっそりエッチしているんだろうなあってこと」

P「妄想じゃねえか! してないわ!」


21:2013/09/09(月) 09:25:27.94 ID:ZeAuzanWo


小鳥「千早ちゃんも言ってました」


千早「プロデューサーはいつも私の長くなってしまうレッスンに付き合ってくださるんです」


小鳥「本当は、プロデューサーさんは千早ちゃんとのスロー○ックスライフを
    満喫しているんだってことくらい羨ましい私にも」

小鳥「『千早、痛くないか? ゆっくり……そう、そうだ。ああ、いい。
     ああああ、すごくいい。あああ、いいよ。
     ああああおいいいとりいいいいいいい』ってプロデューサーさんが」

P「通報しますね」


22:2013/09/09(月) 09:27:01.31 ID:ZeAuzanWo


小鳥「美希ちゃんも言ってました」


美希「ミキ、ハニーと???だから」

小鳥「って」


P「嘘ヨクナイ」


23:2013/09/09(月) 09:28:55.33 ID:ZeAuzanWo


小鳥「やよいちゃんにはこんなことしたんですってね」


やよい「私が喉が乾いた時はいつも変な汁くれるんです」


小鳥「って」

P「段々現実すらも見えなくなってきているんですか」


24:2013/09/09(月) 09:29:39.63 ID:ZeAuzanWo


小鳥「響ちゃんには」


響「プロデューサーはペット!」


小鳥「って」


P「雑!」


25:2013/09/09(月) 09:36:04.76 ID:ZeAuzanWo


P「何が欲しいんですか?」

小鳥「え? えっと、シンデレラ城」

P「無理」

小鳥「甲斐性なし」

P「他には?」

小鳥「大阪城」

P「まずは城から離れましょうか」




26:2013/09/09(月) 09:38:10.01 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ゴールデングラブ賞」

P「無理」

小鳥「バットを握るのは得意なんですけどね」

P「実践経験があるんですか?」

小鳥「夢の中では嗜む程度に」




27:2013/09/09(月) 09:41:47.55 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ダイヤの指輪」

小鳥「星屑のリング」

小鳥「エメラルドの海」

小鳥「光の護封剣」

小鳥「賢者の石」

小鳥「どこでもドア」

小鳥「伊織ちゃんのパンツ」


P「……」


28:2013/09/09(月) 09:45:36.18 ID:ZeAuzanWo


P「それ全部欲しいものですか?」

小鳥「はい。そうですが?」

P「じゃあ妄想頑張ってください」

小鳥「……いけず」

P「何言ってんですか」

小鳥「私のことがそんなにお嫌いなんですか?」

P「いいえ? 大好きですよ?」


小鳥「おーいぃぃ! じゃあ祝えよぉぉ〜〜〜!」


30:2013/09/09(月) 09:48:33.74 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ねえねえ祝ってくださいよぉぉ」

小鳥「おんおんお〜〜ん? おおん?」

小鳥「おおんお〜〜ん? おんおん?」

小鳥「早くこの口をその唇で塞いでくださいよ」

小鳥「……好きって言ってくださいよー」

小鳥「大嫌い大嫌い大嫌い大好き♪あーん」

P「他事務所のアイドルの歌を歌う事務員がどこにいますか」

小鳥「俺だ俺だ俺だ俺だ俺だ俺だ」


31:2013/09/09(月) 09:52:13.95 ID:ZeAuzanWo


小鳥「ンナァッピィヴァースディ〜でいいからさぁぁ〜」

小鳥「高らかに歌い上げてくださいよ」

小鳥「私の胸をときめかせてくださいよ」

小鳥「そして本能のままに抱きしめてくださいよ」

小鳥「優しくキスをしてくださいよ」

小鳥「本物の恋をしま鮮花?」


P「うぅぅるせぇぇぇぇえええええーーーーー!!」


32:2013/09/09(月) 09:54:50.38 ID:ZeAuzanWo



小鳥「じゃ、じゃあ17歳ってことでいいんで祝ってください」

P「悲しくならないんですかそれで」

小鳥「だって祝わないじゃないですかプロデューサーさん」

P「祝ってますよ? そりゃあもう脳内では」

小鳥「脳内ではケーキの生クリームにまみれた私をぐちゃぐちゃにしてるんですか」

P「いえ、ある一定の距離を保ちつつ、心の壁を作っています」




33:2013/09/09(月) 09:56:32.79 ID:ZeAuzanWo


小鳥「もういいじゃないですか。プレゼントあるんでしょう?プレゼント」

小鳥「はいはい寄越してください」

P「うぜえ」

小鳥「お詫びにキスしてあげますから」

P「チッ」バシッ

小鳥「痛っんむちゅ〜〜〜」

P「チッ、こいつ」バシッバシッバシッ

小鳥「痛イタタタ」


34:2013/09/09(月) 10:02:42.34 ID:ZeAuzanWo


律子「おはようございます〜!」

小鳥「おはようございます!律子さん」

律子「? 今、何かしてませんでした?」

小鳥「いえ? 何も? 
    プロデューサーさんの書類に私のが混ざってないか見ていたんですよ」

P「おはよう律子」

律子「おはようございますプロデューサー」

小鳥「ぐぬぬ」

律子「……? 今なにか」

小鳥「え? いえ、なにもないですよ」


35:2013/09/09(月) 10:04:31.66 ID:ZeAuzanWo


P「ああ、小鳥さん、これ」

小鳥「はい?」


『お誕生日おめでとうございます。
    続きは家で勝手にやってください。プロデューサーより』


小鳥「でゅふ、ふひ、このツンデレめ」


END


36:2013/09/09(月) 10:05:47.02 ID:ZeAuzanWo

途中から突然の腹痛に襲われテンションが下がったのでもうお終いにする。
小鳥さんは可愛いですよ。
お誕生日おめでとうございます小鳥さん可愛いですよ。


37:2013/09/09(月) 10:16:37.52 ID:pG0pc2hIo

小鳥さんうっざかわいいなあ、乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378678776/