1:2014/06/24(火) 18:30:29.06 ID:bgS5uoVgo

P「どうしたらいいと思います?」

ちひろ「知りませんよ」

P「そんな邪険にしなくてもいいじゃないですか」

ちひろ「プロデューサーにあるまじき発言をしていて何を言いますか」

P「しょうがないんです。飛鳥がかわいいのがいけないんです」

ちひろ「そーですねー。……はぁ、戯言に付き合ってあげますけど具体的に飛鳥ちゃんのどこがいいんです?」

P「>>4」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403602228



4:2014/06/24(火) 18:43:07.19 ID:LnjTQTJ+0





6:2014/06/24(火) 18:52:14.43 ID:bgS5uoVgo

P「爪です」

ちひろ「」

P「爪です!」

ちひろ「2回言わなくてもいいです! ……しかし爪ときましたか、予想を超えてました」

P「あの爪にひっかかれたくて」

ちひろ「爪といえば適役なアイドルがいるじゃないですかー」

P「美玲のは武器でしょう?」

ちひろ「ひっかかれたいのが主な理由だと思いましたが」

P「いえ、飛鳥のはひっかかれた後に丁寧に手入れしてあげて、その時切った爪を保存したいくらい好きです」

ちひろ「」

P「ちひろさん?」

ちひろ「……あなたの性癖はさておいて、他に好きなところはないんですか? 内面のこととか」

P「もちろん内面も好きですよ、>>8なところとか」


8:2014/06/24(火) 18:55:32.34 ID:cka+CVg+0

甘えた


9:2014/06/24(火) 19:05:20.87 ID:bgS5uoVgo

P「飛鳥ってああみえて甘えたがりなんですよ」

ちひろ「へぇ、そうなんですか?」

P「あまり周りに知られたくないらしくて、2人きりの時しかそういう素振りを見せてくれませんけどね」

ちひろ「そうだったんですねぇ。結構頼られてるようで何より」

P「でも爪が好きなんです」

ちひろ「聞いてません。……その様子なら既になびいてくれてるのでは?」

P「そんなのわからないじゃないですか。そこでちひろさんにお願いがあるんですが」

ちひろ「嫌です」

P「まだ何も言ってませんよ」

ちひろ「飛鳥ちゃんに自分をどう思ってるのか聞いてほしい、って言うんでしょう?」

P「ちひろさんはエスパーだったんですか!?」

ちひろ「どう考えてもそういう流れでしょうに」

P「スタエナ10ダースずつ買いますから」

ちひろ「いってきます!」


10:2014/06/24(火) 19:13:19.85 ID:bgS5uoVgo

ちひろ「飛鳥ちゃん飛鳥ちゃん」

飛鳥「ん、ちひろさんか。何だい?」

ちひろ「いまね、アイドル一人一人に聞いて回ってることがあるのよ。飛鳥ちゃんも協力してもらえる?」

飛鳥「まぁ、答えられる範囲なら」

ちひろ「まいどあり!」

飛鳥「まいど……?」

ちひろ「あ、ううん何でもないわ。でね、聞きたいことってのはプロデューサーさんについてなの」

飛鳥「Pのこと、ね。それよりちひろさん、どうしてボクの手を見て話すのかな」

ちひろ「け、健康管理もついでにね! それで、プロデューサーさんをどう思ってる?」

飛鳥「どう思ってるとはまた抽象的だね」

ちひろ「何でもいいのよ、好き嫌いだとか担当変えてほしいとかもう何でも。正直に答えてくれさえすれば」

飛鳥「……おおかた意識調査ってところか。そうだな、ボクは>>12だと思ってるよ」


12:2014/06/24(火) 19:16:49.43 ID:UklYWUuDO

結婚してほしい


14:2014/06/24(火) 19:25:44.34 ID:bgS5uoVgo

ちひろ「」

飛鳥「ちひろさん?」

ちひろ「……もう一度言ってもらえるかしら。聞き間違ったかもしれないし」

飛鳥「だから、結婚してほしいと思ってる。これじゃ駄目かな」

ちひろ「駄目ってわけじゃないわ。……理由を聞いてもいい?」

飛鳥「理由、か」

ちひろ「飛鳥ちゃんはこれからたくさんの人と出会っていくはずよ。なのに現時点で結婚だなんてよほどのことがあると思うの」

飛鳥「どうだろう、誰かにとっての些末事がボクにとっての重大なことかもしれないしね」

ちひろ「そうかもしれないけど、それでプロデューサーさんのどんなところがその結論に至ったの?」

飛鳥「>>16」


16:2014/06/24(火) 19:27:50.92 ID:va44cRIK0

プロデューサーのプロデューサー


19:2014/06/24(火) 19:38:25.90 ID:bgS5uoVgo

飛鳥「PのPがね、刺激的だったというか……」

ちひろ(あの野郎、既にそこまで手を出してるんじゃないですか!)

飛鳥「責任は取ってもらわないと、さ」

ちひろ「飛鳥ちゃん……」

飛鳥「どうして泣くんだちひろさん」

ちひろ「……何でもないの。でもほら、そういうことをするに至るまでにいろいろあったわけでしょう? というかあって」

飛鳥「いろいろかどうかはわからないけれど、Pと過ごした日々はボクにとってかけがえのないものだよ」

ちひろ「そういうことじゃなくて……えっと、どういう流れで事に及んだかっていうか」

飛鳥「随分詮索するんだね。……たしか>>21だったかな」


21:2014/06/24(火) 19:41:35.64 ID:cka+CVg+0

中二病同士惹かれあった


26:2014/06/24(火) 19:53:10.40 ID:bgS5uoVgo

飛鳥「Pからはボクと同じ匂いを感じていたからさ、特に抵抗は感じなかったんだ」

ちひろ「……なるほどね。わかったわ、どうもありがとう」

飛鳥「もういいかい? ……あの、わかってるとは思うけどPには」

ちひろ「言わないわ。大丈夫よ安心して」

飛鳥「本当だろうね、頼んだよ」





ちひろ(あああああああああいろいろ問題がありすぎてどうしたらいいか考えがまとまらない!!)

ちひろ(とはいえ2人がその気だっていうなら邪魔するわけにも……でも世間体が……)

P「どうでした!? 飛鳥なんて言ってました!?」

ちひろ「うるさい!」

P「……すみませんでした」

ちひろ「いえ……こちらこそごめんなさい」

P「あの、それでどうだったんですか?」

ちひろ「……そうですね。>>27ですって」


27:2014/06/24(火) 19:54:40.13 ID:ASf1Dji20

結婚したい


30:2014/06/24(火) 20:03:32.78 ID:bgS5uoVgo

ちひろ「結婚したいって言ってましたよ」

P「ほ、ほんとですか!?」

ちひろ「というか聞きましたよ! 飛鳥ちゃんの大事なもの奪ったでしょう!?」

P「いえ、それは、そういう空気だったものでつい」

ちひろ「それも問題ではありますが、何よりそんなことまでしておいてなびかせたいも何もないじゃないですか!」

P「そんなのわからないじゃないですか……こういう業界ですし、実は――みたいな」

ちひろ「……まあ、直接本人に聞けないような方ですもんね。それよりどうするんですか?」

P「何をですか?」

ちひろ「結婚は法的に無理なのでいいんですが、そこまで言ってくれた飛鳥ちゃんをどうしたいんです?」

P「>>32」


32:2014/06/24(火) 20:05:29.77 ID:RgOPR48i0

同棲


36:2014/06/24(火) 20:14:13.78 ID:bgS5uoVgo

P「そりゃあもう一緒に住むしかないでしょう」

ちひろ「同棲ってことですか!? 何考えてるんですか!」

P「今はまだ結婚できなくても結婚した後っぽいことならできますよね」

ちひろ「倫理的にはできません、というかさせられません。まだ14歳ですよ!? 未成年ですよ!」

P「愛があれば年の差なんて」

ちひろ「乗り越えられない壁もあります。……はぁ、ただでさえプロデューサーとアイドルって関係なのに」

P「でもそんな関係でもなきゃ出会えませんでした」

ちひろ「そんなことは聞いてません。……これからどうするつもりなんですか?」

P「飛鳥のことですよね」

ちひろ「好きだという気持ちまでは止められません。飛鳥ちゃんの気持ちを知った今、あなたはどうするつもりです?」

P「>>38」


38:2014/06/24(火) 20:17:01.57 ID:cka+CVg+0

つめをしゃぶりに行く


40:2014/06/24(火) 20:21:22.31 ID:bgS5uoVgo

P「爪をしゃぶらせてもらいに行ってきます!」

ちひろ「」

P「きっとさせてくれるはず! 2人きりになった時に頼んでみますよ!」

ちひろ「もう好きにしてください……」





P「飛鳥ーっ!」

飛鳥「Pか。今日はちひろさんといい慌ただしいな」

P「そんなことよりだな、お前のその綺麗な爪をしゃぶらせてくれ!」

飛鳥「>>42」


42:2014/06/24(火) 20:25:01.77 ID:DD0u74jxo

今日は……足にしてくれないか


46:2014/06/24(火) 20:31:33.44 ID:bgS5uoVgo

飛鳥「いいよ。でも今日は足にしてくれないか」

P「足? どうして?」

飛鳥「ちょっとね、それよりどうなんだい? 足なら構わないとボクは言ってるんだ」

飛鳥(もし迷いなく足の爪なんかをしゃぶれるというのなら、きっとPはボクのことを特別に想っているはずだ……!)

P「そ、そうか……気分は手の爪だったんだけど」

飛鳥「ボクはどちらでもいいんだよ? さぁ、どうする?」

P「>>48」


48:2014/06/24(火) 20:33:44.54 ID:cka+CVg+0

喜んでしゃぶらせて貰うよ


49:2014/06/24(火) 20:41:33.72 ID:bgS5uoVgo

P「喜んでしゃぶらせて貰うよ。さあ行こう、誰も俺達を邪魔しないところへ!」

飛鳥「P……フフッ、あぁ。ボクを好きにしてくれ。いつものようにさ」

P「もちろん!」




ちひろ「…………あー、ほんとにどっか行っちゃいましたよ」

ちひろ「もう私は知りません! すきにしてください!」




――――――
――――
――


ちひろ(――ということがあってから2年、あの2人は今では>>54)


54:2014/06/24(火) 20:45:44.27 ID:sHpMcsDjo

ホームレス


58:2014/06/24(火) 21:00:42.79 ID:EyEoovdYo

悲しいなぁ…


59:2014/06/24(火) 21:03:32.11 ID:bgS5uoVgo

ちひろ(ホームレスとなってしまいました)

ちひろ(でも理由が飛鳥ちゃんの保護者に足が付かないように、というのだからさすがというか何というか)

ちひろ(そんなに同棲したかったんですね……プロデューサーさん)

ちひろ(そうそう、そんなことになりながらも2人ともまだこの業界で活動してます)

ちひろ(衣食住はとか飛鳥ちゃんの学校はとか、いつ聞いても絶対に答えてくれませんが無駄に元気そうでして)

ちひろ(何があっても飛鳥ちゃんの爪はいつも綺麗です)

ちひろ(近々結婚するとも言ってましたが、親権者の同意書はどうするつもりなんでしょう?)

ちひろ(まあもうどうでもいいですね、ついていけません)




終われ


60:2014/06/24(火) 21:04:56.72 ID:bgS5uoVgo

どうしてこうなった


61:2014/06/24(火) 21:07:05.40 ID:KHekid5iO

ほんとだよ!
やり直してもいいのよ?


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403602228/