1:2014/08/04(月) 23:08:45.86 ID:yeOVs3/p0



事務所:休憩室


モバP「すまないが、弁当を食べてくれないか?そっその、作り過ぎてしまってだな、腐らせるといけないから……」つ花柄の弁当箱


モバP「その、これも……いや、決して他意なんか無いんだ!ただ食べてくれる人がま佐久間しかいなかったと言うだけで、だけで……うぁぁぁぁ!」ダダダダダダダッ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407161315



2:2014/08/04(月) 23:09:56.84 ID:yeOVs3/p0



まゆ「見ましたか……?凛ちゃん」


凛「うん、見たよ」ギリッ





まゆ「……どうしましょう、凛ちゃん。まゆは、Pさんに嫌われてしまいました……」グスッ


凛「はい?」


3:2014/08/04(月) 23:11:39.06 ID:yeOVs3/p0



モバP「通学路、定刻通りの朝8時……」カタカタ……カタカタ……ズーン……


まゆ「歌っているのだって、まゆの曲じゃありません……」ズーン……


凛「あの後『「おはよう」ってあなたに向かって言えなくて』と繋がったよね」



4:2014/08/04(月) 23:14:46.39 ID:yeOVs3/p0



まゆ「Pさんは、まゆの事だけ苗字で呼ぶ、んです……皆は名っ、前なのに……」ポロポロポロポロ……


凛「そうだよ。がっつり意識されてるじゃん」



6:2014/08/04(月) 23:17:38.61 ID:yeOVs3/p0



まゆ「まゆはPさんにとって、残飯処理機に過ぎないんですよぉ……あぁあぁ……」


凛「Pさんの言ってる事聞いてた?既視感すらあるよ、絶対アプローチだよ」


まゆ「えっ?何か言ってましたか……?」キョトン


凛「アタックは得意だけど、ディフェンスはてんで、なんだ!?」



7:2014/08/04(月) 23:20:04.56 ID:yeOVs3/p0



数分後


事務所:休憩室


凛「落ち着いた?」ヨーシヨシナデナデグルーミン


まゆ「はい……」



8:2014/08/04(月) 23:22:11.94 ID:yeOVs3/p0



凛「まゆは調理経験が私より長いから……食事を人に振る舞うって事の意味は私より、わかるんじゃないかって思うんだ」


まゆ「……」


凛「まゆはこのお弁当を食べてみて、どう思う?」



12:2014/08/04(月) 23:26:27.78 ID:yeOVs3/p0



まゆ「いただきます……」パカッ チャッチャッチャッ パクリ……


まゆ「……美味しい、ハンバーグです……」ポロポロポロポロ……



13:2014/08/04(月) 23:31:18.68 ID:yeOVs3/p0



凛「今思った事を、Pさんに伝えてみようよ。私が呼んでおくから」


まゆ「……ありがとうございます。何から何まで、凛ちゃん……」


凛「いいよ、別に」


14:2014/08/04(月) 23:32:48.00 ID:yeOVs3/p0



凛(何でなんだろ。チャンスだっていうのに、余計なことなのにしてるんだ……)


凛(ここで割って入るのは、流石にモラルが痛むから……なの、かな)ズキンッ


15:2014/08/04(月) 23:35:50.62 ID:yeOVs3/p0



数時間後


事務所:屋上


凛(『xx時に、屋上でまゆに会って』と伝えた。Pさんは顔が真っ赤になって何かを言ったかと思えば、仮眠室のベッドに突撃して毛布に包まってきりもみ回転していた)



16:2014/08/04(月) 23:37:52.23 ID:yeOVs3/p0



モバP「……」キョロキョロウロウロキョロキョロウロウロ


凛(……まだ予定の二時間前なのに、今は小包みを抱えて屋上にいる)



17:2014/08/04(月) 23:40:00.64 ID:yeOVs3/p0



モバP「……」パカッ


凛(あ、中身見た)


モバP(新しいリボン……喜んでくれると、いいな)


モバP(あ、でも、趣味に合わなかったり……逆に『既に持ってます』とかだったら、どうしようか……)


モバP(でも、つけてるまゆが見てみたい……なあ)


モバP「……ふふっ」ニパァァァァ


19:2014/08/04(月) 23:41:44.30 ID:yeOVs3/p0



凛「……時間来るまで、離れよう」グスッ


20:2014/08/04(月) 23:43:35.37 ID:yeOVs3/p0



一時間と四十分後

事務所:屋上


凛「……あの店、あんなに味付け辛かったかな……」



22:2014/08/04(月) 23:46:59.80 ID:yeOVs3/p0



モバP「……」シュン……


まゆ「Pさん、お待たせしました」


モバP「い、いや!待ってなんかいない!さっき着いたばかりだ!」


まゆ「……そう、ですか」シュン……


まゆ(待って、くれていなかったんですね……)グスッ


凛(面倒な性格しかいない……)ハァ



23:2014/08/04(月) 23:51:19.43 ID:yeOVs3/p0



まゆ「Pさん……には、大事な大事な話しがあって、来てもらいました」


モバP「はひっ……いや、なんだ」


凛(料理が上手くなって良かったね、今度もまた作ってください♪とか、今度交換しましょう♪とかでいいから!)



24:2014/08/04(月) 23:54:05.73 ID:yeOVs3/p0



まゆ「Pさん、料理お上手なんですねぇ」


モバP「えあ!?ああ、あの程度なら、朝飯前だ!」ホッペポリポリポリポリポリポリポリポリ


凛(手がキズパワーパッドまみれ!?)


25:2014/08/04(月) 23:57:06.96 ID:yeOVs3/p0



まゆ「あの味付け、まゆの好みそのままでしたよ」


モバP「やったぁ!……ごほんっ、珍しい事もあるものだな!美味しく食べてくれてありがとう!」


26:2014/08/04(月) 23:59:10.51 ID:yeOVs3/p0



まゆ「……はい、だから、まゆはPさんに伝えたい事があるんです」


モバP「……ああ」ゴクッ


凛(いけ……)ゴクッ


まゆ「Pさんは……」



27:2014/08/05(火) 00:01:25.59 ID:sqCocNf60





まゆ「もう、まゆなんていらないって事なんですかぁ!?」ブワッ


凛 モバP「……えっ?」







28:2014/08/05(火) 00:03:25.18 ID:sqCocNf60



まゆ「自分で、料理出来るから、まゆにもう、関わるなって……事、なんですかぁ……あうぁぁ……」ポカポカ


モバP「そっ、そんな、俺はそんな気持ちじゃ……」ジワァ……


凛(美味しいハンバーグで、どうしてそうなる!?)


29:2014/08/05(火) 00:06:37.48 ID:sqCocNf60



モバP「……バカぁっ!」タッタッタッタッタッ


モバP(馬鹿なのは俺なんだ!まゆが傷つく事も想定出来ず、自己満足な料理をしてしまったと言うのに、罵ってまでしまう!)


モバP(馬鹿、馬鹿、死んじゃえ俺ー!)タッタッタッタッタッ


モバP(……また、渡せなかった……)



30:2014/08/05(火) 00:09:14.00 ID:sqCocNf60



まゆ「ぴっ、Pさぁん、逃げないでぇ……」グスッ……ジワァ……


まゆ「……まゆを一人にし、ないでくだ、さい、Pさぁぁぁぁん!」ウワァァァァァァン!


凛「……もう、意味わかんない」ポロポロポロポロ……グスッ


凛「……うぇぇぇん!」



31:2014/08/05(火) 00:13:04.35 ID:sqCocNf60



話を聞かないヤンデレと素直になれないツンデレ、起きるべくして起きた事です。
この後まゆとモバPの血で血を洗うラーメン対決があったとか無かったとかですが、それは話の本筋ではございません。


おわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407161315/