1:2013/06/29(土) 21:29:44.74 ID:uLq/KGRko





R-18です

地の文が入ります





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372508984



2:2013/06/29(土) 21:30:47.69 ID:uLq/KGRko

P「というわけでやって参りました、池袋博士のラボラトリー。それはいいのですが、なぜ俺は入った瞬間に

 両手両足と胴体を拘束され、台に寝かされるような体勢にされたのでしょうか?」

晶葉「その妙な話し方はやめてくれ。なに、今日はPに助手として私の新作の実験に付き合ってもらいたいのだ」

P「実験って……まさか危険なものじゃないだろうな?」

晶葉「まさか! 絶対に安全だ。私が保証する。それどころかとても気持ちいいはずだぞ」

P(気持ちいい!? そういえば前にマッサージチェアが欲しいと言った覚えがあるけど)

晶葉「なにしろこの搾精機は私の自信作だからな。といっても私の作品は全て自信作だけどな、ふっふっふ」

P「さ、作成機って、何を作るんだ? (いくらなんでもアレじゃないよな……)」

晶葉「違う、違う。精液を搾り出す機械のことだ。もっとも、私は生物学的に女性である以上、男性の生理については

  正直なところ、よく分からない点がある。したがって、助手たるPの協力が必要というわけだ」

P「ちょっと待て、搾精機なんてどこで知ったんだ、晶葉?」

晶葉「ほら、この前みんなで及川牧場へ遊びにいっただろう。そこで牛の搾乳機を見てティンと来たのだ」

P「あのー、14歳の女の子がそんな発想をするのはいかがなものかと……」

晶葉「年齢は関係無い!」


3:2013/06/29(土) 21:32:22.63 ID:uLq/KGRko

 晶葉が指をパチンと鳴らすと、ロボットアームが延びてきて、器用に俺のズボンとパンツを脱がした。

そのとき一瞬だけ足の拘束が解けたが、動かす間もなく再び繋ぎとめられてしまった。


晶葉「ほほう。立派なものをお持ちだな」

P「見るな! ……見ないでくれ、頼むから。アイドルが男性器をまじまじと見つめているなんてどんな悪夢だ」


 拘束は固く、隠すことも抵抗することもできない。


晶葉「大丈夫だ。性的な興味ではなくて、学術的な……」


 ああ、こんな状況なのに、海綿体に血液が集まってしまった。しばらく抜いてないからなあ……。


晶葉「う、うむ。どうやら準備はできたようだな。では始めよう」

P「おい、ちょっと」


4:2013/06/29(土) 21:35:36.75 ID:uLq/KGRko

 晶葉が再び指を鳴らすと、柔らかそうなホールが先端についているアームが出てきた。ホールからは管が

延びている。何に使うつもりかは知らないが、おそらく俺の白い体液も採取する気なのだろう。ホール付きアームは

まるで鎌首をもたげた蛇のようにくねくね動いていたが、俺のモノを発見すると、じりじりと向かってきた。

そして、ついに――


   ヌプッ


P「うっ……」


 俺の棒は餌食になってしまった。かなりの締め付け。だが、ローションで満たされているのか、

あっさりにゅるんと咥えこまれた。内部には、おそらく無数の突起があるのだろう。このいぼいぼの

刺激は俺には強すぎる。そして、程よいぬくもり。なんでこんなに完成度が高いのか。


9:2013/06/29(土) 21:52:28.50 ID:uLq/KGRko

うわっ、ごめんなさい!
>>4と>>5の間に以下の部分が入ります


晶葉「うむ、開始時点にしては少し刺激が強すぎたかもしれないな。ああ、そうだ。言い忘れていたが、

  Pの両手両足と胴を拘束している装置は体温脈拍その他もろもろを計測するようにもなっていて、

  興奮度を常に最適なものにしてくれるはずだ」

P「そこまで手がこんでいるとはな。ところで、最適ってどういうことだ?」

晶葉「いい質問だ。その、男性って出せる回数に限度があるだろ? 十分なデータを得る前に実験が

  不可能になっては困るからな。それにお楽しみは長い方がPも嬉しいだろう」

P「ちょっと待て。それって、つまり、じらすってことじゃ」

晶葉「御明察。久々のオフの日に呼び出して申し訳ないとは思うが、その分悦んでもらいたい」



5:2013/06/29(土) 21:37:43.80 ID:uLq/KGRko

 言い終わると同時に晶葉がキーボードを叩く。その瞬間――


P「ぐっ、が、うっ」


 初めてあじわう感覚だった。俺の敏感なソーセージを包みこんだホールが波打ったのだ。

寄せては返し、寄せては返し。機械らしい周期的で無機質な動きではなかった。あるときは速くするどく、

またあるときは優しくおだやかに。そのまま愉悦の最高潮に達しようとした瞬間


P「あっ……」


 突然、止まってしまった。持っていくところのない感情が押し寄せる。


晶葉「まだ実験は始まったばかりだからな。せっかちはよくないぞ」


6:2013/06/29(土) 21:40:51.02 ID:uLq/KGRko

 晶葉の眼鏡が怪しく光った。一瞬、とんでもない悪魔のようにさえ見えてしまった。うぅ……。


晶葉「まるで食事中にお預けをくらった犬みたいだな。かわいいぞ、助手よ。うん!?」


 ディスプレイの示す数値に晶葉は驚いたようだ。


晶葉「ははは、なるほどなるほど。Pはマゾヒストの気があるようだな。とんだ変態さんだ」

P「…………」

晶葉「いくら天才とはいえ、14歳の小娘にもてあそばれて興奮するなんてな」


 体は正直だった。晶葉の言葉で硬度が増したのがよく分かる。だが、自分の力で刺激を受けることは全く不可能。

情けない、やるせない気持ちが心に溢れていた。


P「ね、年齢は関係無いだろ」

晶葉「ほう、さっきの意趣返しというわけかな。よろしい、そろそろ続きを始めようか」


12:2013/06/30(日) 18:10:09.96 ID:2OSMNzO/o

 晶葉がまたキーボードを操作する。次はどうなるのかと恐れおののいていると、俺のモノを咥えている柔らかな機械が

突然回転を始めた。未知の感覚に思わず声を上げそうになったが必死でこらえる。まだ俺にはプロデューサーとしての、

大人としての矜持が、ぼろぼろになったとはいえ、残っていた。


晶葉「P、無理にこらえなくてもいいぞ」


 そんな俺の我慢など、彼女にはすっかりお見通しのようだ。表情を変えないまま冷静にディスプレイを見つめている。

 徐々に回転数が上がってきた。うぅ……。学生時代の友人が、オナホを扇風機の真ん中にくくりつけて使うとすこぶる

気持ちいいとか言っていたのを思い出した。あのときは馬鹿な奴だなと思ったが、実際に体験してみるとこれは。


   ウィィィィィィィン

   グチュッ、グチュッ


 無機質なモーター音に生々しい音が混じってきた。見えないがたぶん少し泡立っているのだろう。まるで無数の舌に

舐め回されているような感触。耐えろ、耐えるんだ。こんな機械に負けてたまるか。



13:2013/06/30(日) 18:12:18.98 ID:2OSMNzO/o

晶葉「はい、逆回転」

 
 無慈悲な声とともに、俺のスティックに食らいついている柔らかな悪魔が、急に逆方向に回りだした。

この思いもよらぬ刺激は俺にとって厳しくて、ついに


P「あふっ、ひっ」


 声が出てしまった。やっぱり晶葉には勝てなかったよ。俺の痴態を見た晶葉は嬉しそうな顔で


晶葉「そうだ。我慢なんかせずに思い切り楽しみたまえ」


 回転の向きや速さが頻繁に変化するようになった。速い回転で搾り出されそうっ、と思った瞬間に鈍い回転になり、

快感に慣れてきてやや余裕が出てきたら、急に逆回転になったりと、俺を玩弄するように動くのだ。


晶葉「やはり刺激の質を細かく変えた方が、感度が高まるのか。回転はこのくらいにするか」


14:2013/06/30(日) 18:17:37.42 ID:2OSMNzO/o

 晶葉はまたキーボードをいじる。今度は何がくるというのか。俺の男を包み込んでいる素材がこころもち硬くなってきた。


P「んぐっ」


 驚いた。全く未知の感覚だ。なんだこれは。


晶葉「どうだ。毎秒200万回のきめ細かな振動だ。きっと初めて味わう快感だろう」

P「やめっ、やめてくれぇ」


 根元から先端まで、振動の甘い悦びが余すとこなく覆いつくす。思わず腰を動かしたくなるが、しっかりと固定されている。

もどかしい。気が狂いそうだ。吐息が漏れる。こんなにも気持ちいいのに、決定打が無い。


晶葉「どうした、P。普段のPからは想像もつかないほど、かわいらしい声を上げるじゃないか」


 晶葉はこちらをのぞきこみながら言う。口角が少々つりあがっている。こいつ、分かっていて……。


晶葉「なんだ。まだまだ元気そうだな」

P「ひやっ、んっ!」


 地獄の振動に加えて新たな刺激がきた。棒に手のひらを当てて、一本ずつ指を握っていくようなしめつけ。

握ったと思ったらまたゆるくなる。少しでも発射に近づくと、とたんにゆるむ。完璧にコントロールされている。情けない。



15:2013/06/30(日) 18:21:39.98 ID:2OSMNzO/o

晶葉「だいぶいい表情になってきたな、P。そろそろ仕上げに移るか」


 言い終わると晶葉は部屋を出て行った。快楽地獄に俺を落としたまま。振動のむずむずは、俺自身を生かさず殺さずの

強さを保っている。見えないが、肉棒の先端からは随喜の涙があふれでているに違いない。素数を数える程度の余裕も無く、

しばらく俺は放置された。


晶葉「ふぅ、待たせたな。もう少しの辛抱だから頑張れ」


 戻ってきた晶葉の顔は少し赤くなっていた。もしかして、別室で自慰行為でもしてきたのか。


晶葉「うむ、君が失礼なことを考えているのは分かるが、残念ながらはずれだ」


 うっ、お見通しか。なんという奴だ。晶葉はディスプレイを見つめつつキーボードを叩いている。急に俺のモノが感じている

圧迫感がゆるんだ。ん?? 続いてきつい穴に挿入したような感じ。これは。そのまま何度か出し入れを繰り返す。

どういう仕組みかは知らないが、内部で締め付けを巧妙に変えているのだろう。外から見た限り、動いているようには見えないのに、

まるで本当に挿れているみたいだ。……もっとも、俺は女性経験が無いからもっぱらTE○GAによる感触を思い出してのことだが。


16:2013/06/30(日) 18:26:25.32 ID:2OSMNzO/o

晶葉「はぁはぁ、どうだ、これは」


 晶葉の頬が真っ赤になっている。


P「もしかして、女の子の中を再現しているのか」

晶葉「ふぅ。その通りだ。どうだ、本物と比べても遜色無いか?」

P「本物といっても、俺、未経験だから」

晶葉「!? ぷっ、くくく。そうか、Pは未だ経験が無いのか」

P「悪かったな」

晶葉「くっくっ。本当か? この歳で、周りに女性がたくさんいる環境なのにか?」


 晶葉に言われて心から情けなくなってきた。目頭が熱くなる。自然と涙がこぼれおちた。

それなのに股間のモノはますます硬くなる。おお、体は正直だ。


晶葉「ああ、P、悪かった。いいことを教えてあげよう」


17:2013/06/30(日) 18:30:41.19 ID:2OSMNzO/o

P「いいこと?」

晶葉「さっき、私が退出して何をしてきたか分かるか? 決して自分を慰めていたわけではないぞ」

P「?」

晶葉「その……私の中に棒状のアタッチメントを挿入してきたのだよ」

P「??」

晶葉「これは、その、Pが今まさしく体験している装置と連動していて、つまり、女性側の感覚を私に与えてくる」


 すると、つまり……。


晶葉「まあ、機械越しだけどPの初めてをもらってしまったな。ははは。ついでに、私も初めてだ」

P「ちょっと待て。それって……」

晶葉「な、なんだか恥ずかしくなってきたし、仕上げに入るか」


 晶葉は少し息が荒くなっていた。だが、つとめて冷静に振舞っているようだ。キーボードを操作している。うっ。


晶葉「きゃっ! あっ、うぅ……想像以上の刺激だな。Pはこれに耐えていたのか。済まなかったな。今、楽にするから」


18:2013/06/30(日) 18:34:36.91 ID:2OSMNzO/o

 男の咆哮と女の嬌声が響き渡る。防音だから大丈夫だと晶葉は言う。男女どちらも動いていないから

声だけが行為の激しさを物語っていた。もうここにいるのはアイドルとプロデューサーではなかった。

単に快感を求める2人のけだものだった。


P「くっ、ふっ、晶葉、そろそろ、もう」

晶葉「そうか、私も」


 とたんに刺激が強くなった。最後の一突き。


P「ひうぉっ!」

晶葉「ああっ!」


 股間のモノから脳天まで、快感が稲妻となって駆け抜けた。しびれるような感覚。拘束されていなければ、

体がガクンガクン意思とは関係なく動いたに違いない。俺の棒にまとわりついている装置は動きを止めた。

晶葉の方も同様だろう。大量に吐き出された白濁液は管からどこかに吸い取られていったようだ。


19:2013/06/30(日) 18:38:29.27 ID:2OSMNzO/o



 しばしの静寂。


晶葉「……申し訳ない、P。こんなことをして。その上、Pの尊厳を踏みにじるような発言までしてしまって」

P「いや、気にしないでくれ。気持ちよかったのは事実だから。その上、晶葉の初めても妙な形ではあるけど

 もらってしまったわけだし、こっちこそ済まなかった」

晶葉「そういってもらえると、私もありがたいよ。あと、言い訳になるが、Pを選んだのはちゃんとした理由があってな。

  ほら、最近忙しくて自分の時間をちゃんと確保できていないだろ。Pは仕事柄、小さい子を含むさまざまな女性に接するから、

  最悪のタイミングで性欲が暴発してはいけないというのも」

P「おい、俺を信頼していないのか」

晶葉「そ、そういうわけではないぞ。ただ、人間、いつどうなるか全く分からないもので……」

P「俺は担当アイドルに信頼されない駄目プロデューサーだったのか……うう」シクシク


20:2013/06/30(日) 18:43:50.03 ID:2OSMNzO/o

晶葉「ちょっと、そんな本気で泣き出さないでくれ。私が悪かった。この通り。ほら」

P「な〜んちゃって。嫌な相手と間接的とはいえ自分から性行為を行おうとするアイドルがいるわけないだろ。

 分かってるさ。それに、プロデューサーたるもの涙くらい自由に流せないとな」

晶葉「……ほおう、助手のくせにこの天才少女をたばかったわけか、Pよ」

P「あの、晶葉さん、お顔が怖くなってきましたよ」

晶葉「蠱惑的になってきたか。それはいい。実験の続きを始めるか。搾精機はまだ装着したままだからな。

  そういえば、射精直後のペニスの先端部、すなわち亀頭を刺激しつづけると潮を吹くというらしいから、試してみよう」

P「えっ、あの、ご、ごめんなさい! 調子に乗りました。どうかお許し願います!」

晶葉「却下。その後は前立腺の反応を確かめよう。大丈夫、括約筋を破壊することはないから安心したまえ」

P「そ、それって、後ろの穴に……ひえっ、どうか御慈悲を…………」


21:2013/06/30(日) 18:51:28.72 ID:2OSMNzO/o

 ――――――――――――

 ――――――――

 ――――

 
 そろそろPが目覚める時刻だな。

 私は作りかけの機械を一旦置いて実験室へと向かったが、入った瞬間、ゴツッという痛そうな音が響いた。

 慌てて駆け寄り、安眠カプセルくんのふたを開けた。


P「っ……ひっ、後ろは許して…………。ん。ああ。」

 
 立ち上がろうとして頭をぶつけたのであろう。涙目である。寝ぼけているのだろうか。ちょっと可愛らしい。


晶葉「おはよう、P。どうだ、この安眠カプセルくんの具合は」

P「うん……? ああ、おはよう、晶葉。うん、すこぶるよかったよ」

晶葉「それにしては、あまりいい夢を見ていなかったようだけど、一体どんな夢を見ていたんだ?」

P「……覚えていない。所詮、夢だからな」




22:2013/06/30(日) 18:54:34.97 ID:2OSMNzO/o

晶葉「そうか。安眠カプセルくんの中で、不具合は無かったか?」

P「とても快適で……気持ちよかったよ。それにしてもマッサージチェアが欲しいと言っただけで

 こんなに凄い機械を作るとは驚いたよ」

晶葉「マッサージ機能もしっかりついていただろう。全身の凝りもほぐれたと思うが」

P「ああ、非常によかった。市販のマッサージチェアなんか比べ物にならないくらい」

晶葉「Pはいつも頑張っているからな。しっかりと疲れを落としてもらいたい。私も気合を入れて作ったかいがあるよ」

P「アイドル活動の方にも気合を入れてくれよな」

晶葉「もちろんだ」


23:2013/06/30(日) 18:58:03.64 ID:2OSMNzO/o

 Pを送り出した後、なぜかほのかに栗の花の香りがする実験室で、私はデータを解析していた。

実は安眠カプセルくんの中で見た夢は記録される。しかも映像の形で。これが重大なプライバシーの侵害で

あることは承知している。だが、この技術の成果を実証したかったのだ。私は知的好奇心に負けたことを白状する。

決してPがどのような夢を見ているのか覗きたいという助兵衛根性などではない。痴的好奇心ではないのだ。


晶葉「……えっ」


 ディスプレイに映されたのは、想像だにしなかった破廉恥な夢だった。無論、私もそういった行為については

通り一遍ではあるが知識を持っているつもりである。だが、これは……。


晶葉「ふむ……搾精機か」


 夢の中の私は、現実とはまるで別人である。別人のはずである。Pの潜在的な願望が私のイメージをゆがめたのだろう。

だが、しかし


晶葉「作れそうだな……」


おしまい


24:2013/06/30(日) 18:59:14.16 ID:2OSMNzO/o

読んでくださった方、ありがとうございます

なぜかエロいのを書きたくなったから挑戦してみた結果がこれだよ!


25:2013/06/30(日) 19:26:55.53 ID:srjy7aNRo

乙!
博士エロいな!最高だぜ!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372508984/