1:2014/03/19(水) 22:58:12.82 ID:0hFC8v2Lo

晶葉「やり方は簡単だ。この色々付いたヘルメットを被って
   スイッチを入れ、年数を指定すればこっちのモニターに被験者の
   未来が映るというものだ」

P「相変わらずのオーバーテクノロジーだな」

晶葉「ああ、ちひろにも手伝ってもらったからな。異次元の技術も多少
   は入っているぞ」

P「ちひろさんとは一体……」

晶葉「こちらとしては地球文明とは違う系統に発展した文明の器具が
   使えるから嬉しいことだがな」

P「外には漏らさないようにしないとな」

晶葉「もちろん十二分に気をつけているさ。さてと」

P「さてと」

菜々「」

晶葉「やろうか」

菜々「イヤァ、セッカクデスガエンリョサセテモライマスヨ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395237492



2:2014/03/19(水) 22:59:00.71 ID:0hFC8v2Lo

P「まぁまぁヘルメットどうぞ」

菜々「イヤー! ナナは永遠の17歳だから未来なんてないのー!」

晶葉「それはそれでダメだろう」

P「でも知りたくないか? 5年後、自分がどんなアイドルになって何をしているか」

菜々「未来なんてなくていいですよ……。ナナはずっとこのままでいいです……」

晶葉「目が虚ろになってしまった」

P「しょうがないな。菜々はとりあえず置いといて別の人で試すか」

晶葉「誰かいないものかな」

ライラ「どうしたのです?」

P「おお、ライラ。いいところに来たな」

晶葉「よし、これをちょっと被ってくれ。ライラの未来を予測してみよう」

ライラ「おー、未来の予測なんてすごいですね。新作アイスがわかりますです」

晶葉「そういうのはちょっとわからないと思うが……とりあえず5年後でいいか」


3:2014/03/19(水) 22:59:53.91 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

P「お、映ったな。今から5年後って言うとライラは21歳か」

菜々「メガネかけて白衣を着てますね。まるで晶葉ちゃんみたいです」

『ライラさん。先方から実験の結果が届きました』

ライラ『ん』

ライラ「ライラさん少し大人になって目つき悪くなってるです」

晶葉「徹夜した後とか私もあんな目になるぞ」

ライラ『これ、お願い』ポイッ

『おっとっと……。施設内ならメールでいいじゃないですか』

ライラ『メール嫌い』

『はぁ。そういえば教授からはまだ連絡ないんですか』

ライラ『便りがないのは元気な証拠でございますです』

『なんでいきなりエセ外人みたいな喋り方に……』

ライラ『知らなかった? こう見えて外人なんだ。私』

『どこからどうみても外人ですよ。それじゃあ僕は行きますね。
 ……ああ、そういえば新作アイスがあったんで冷凍庫に』

ライラ『休憩しよう、そうしよう』テッテッテ

『ちょっとライラさん。ライラさーん!』

プツン


4:2014/03/19(水) 23:00:40.51 ID:0hFC8v2Lo

P「あの男の人誰だ?」

菜々「見たことない人ですね」

晶葉「そもそもライラの性格がだいぶ変わってるぞ。一体5年で何が……。
   あれ、ライラはどこ行った?」

ライラ「アイスなかったでございます……」

P「あー、はいはい。しょんぼりするな。後で買ってやるからな」

ライラ「約束でございますよ?」

P「約束約束。でもなんでたったの5年であんなにスレちゃうんだ」

晶葉「そもそもアイドル業もやってなさそうだったし……。
   大学にでも行ってるのだろうか」

菜々「これって5年先までしか見えないんですか?」

晶葉「いや、5年ごとで10年先まで見えるようになってるぞ」

P「じゃあ10年先まで見てみるか」

ライラ「またかぶるでございますか?」

晶葉「ああ、かぶってくれ。よし、スイッチ入れるぞ」

ウィーン

ライラ『……』カタカタ

菜々「見た目はあまり変わってませんね。パソコンで何かやってますけど」

『主任』

ライラ『ん?』

ライラ「シュニン?」

P「ちょっと偉い人ってことだ」

晶葉「この男はさっきもいたな」

『教授がまもなく着くそうです』

ライラ『あー、もうそんな時間か。部屋の片付けをしようと思っていたのだが……』

『間に合わないでしょう』

ライラ『もう少し早く言ってくれればいいのに。このへん適当にまとめよう』ドサー

『ああ、大切な資料も入ってるんですよ』

ライラ『そんなもの後から掘り出せばいい。今は教授の出迎え優先……』ピンポーン

ライラ『ほら、来てしまった』

『久しぶりだな。ライラ。元気だったか?』

P「ん? この姿は」

菜々「まさか」

ライラ『そこそこですよ。アキハさん』

晶葉『それはいいことだ』

プツン


5:2014/03/19(水) 23:01:21.98 ID:0hFC8v2Lo

晶葉「今のが私なのか?」

P「10年後だから……24の晶葉か」

菜々「髪型変わってましたね。後ろで一つにまとめてたみたいですけど」

ライラ「眼鏡も違ったですね」

晶葉「先ほどの5年先の映像で言ってた教授というのも私のことなのだろう。
   アイドルをやめて大学にでも働いているのだろうか」

菜々「背景は研究所っぽかったですよね。なんかよくわからない紙が散らばってて」

P「どちらかというと怪しい施設だったな」

ライラ「もう1回見ますです?」

晶葉「……いや、他の子で試してみよう。ライラ、ありがとう」

ライラ「どういたしましてでございます」

P「ああ、そうだ。ほれ、これでアイス買ってきな」

ライラ「おぉ……お小遣いでございますね。いってきますです」テッテッテ

菜々「……Pさんってライラちゃんに妙に優しいですよね」

P「俺が勧誘したとき、あいつ公園で野草採取してたからな……」

晶葉「文字通り道草を食っていたわけか」

菜々「……」

P「……」

晶葉「ほ、ほら! 次の人を探そう! 誰かいないかな」

ありす「何かやってるんですか」

晶葉「橘か。ちょうどいいところに来たな。実はうんぬんかんぬん」

ありす「未来ですか……。それは現時点からの予測ですよね?」

晶葉「まぁそうだな。多分」

ありす「つまりこれを見た後でも未来を変えられると」

晶葉「はっきりとは言えないが変えられるんじゃないか?」

ありす「じゃあ私もやってみます。これを被ればいいんですね」

P「お、やる気だな。そんなに未来が見たいのか」

ありす「ええ、大変興味あります」

晶葉「それじゃあスイッチを入れるぞ」


6:2014/03/19(水) 23:01:56.93 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

P「あの黒髪ロングの後姿……って2人並んでるな」

菜々「制服着てますね。5年後って言うと17歳……今のナナと同い年ですね」

ありす「なんで虚ろな目をしているんですか」

『学校には慣れましたか?』

晶葉「今喋ったのは右の背が低くて髪が長いほうか。
   声音からすると今喋ったのがありすのようだな」

P「すると隣の子はその頃のありすの友人かな。
 後姿からすると結構美人さんっぽいな」

『普通』

『相変わらずぶっきらぼうですね。中学校でもその性格のおかげで
 無駄に苦労したの覚えて無いんですか?』

『どうでもいい。私は私のやりたいようにする』

P「お、映像が正面からになったな。ありすもメガネかけるようになったのか。
 なんか委員長っぽい」

菜々「ああー、わかります」

晶葉「隣の子は他の子と比較してもずいぶんと背も高いし大人っぽいな。
   しかしどこかで見覚えのある面影が……」

ありす『はぁ。一応先輩からの助言ですよ。全く……。私はこっちなのでお別れです。
    あ、放課後空いてるならお茶でも飲みませんか?」

『3人で?』

ありす『はい。いつものメンバーで』

『飲む』

ありす『ではまた放課後に連絡します。クラスの人とは仲良くしてくださいね。
    雪美さん』

雪美『努力する』

プツン


7:2014/03/19(水) 23:02:35.93 ID:0hFC8v2Lo

P「……」

菜々「……」

晶葉「……」

ありす「……」

「「「ええええええええええええ!?」」」

晶葉「あ、あれが雪美? 一体何が起きたと言うんだ」

P「まるでどこかの無口で長身の工房の魔女みたいな」

菜々「それ以上はいけない」

ありす「私の未来のはずなのに全部雪美さんに持っていかれました……」

P「いや、だってあれ完全にモデル体型だろ。少し細いがそこがまた儚さを」

ありす「Pさん、私の未来なんですよ! もっと私を見てください!」

P「ありすは割りと普通に成長してたからな。メガネも似合ってたし結構可愛かったよ」

ありす「可愛いだなんてそんな……」テレテレ

菜々(チョロい……)

晶葉「雪美の今の身長は……137センチか。低く見積もってもあれなら
   170越えはしているだろうしこれkら5年間ずっと身長が6センチ以上伸びていくのか」

P「成長期ってすげー」

雪美「呼んだ……?」

ありす「……まだ勝ってます」

P「当たり前だ。えっとだな。なんちゃらかんちゃらなんだ」

雪美「未来……? そう……」

菜々「あまり興味なさそうですね」

雪美「待ってれば……辿り着くから……。でも……Pが……見たいなら……」

P「ふむ。じゃあ5年後だけ見ようか」

ありす「ではこれをかぶってください」

雪美「んっ……」

晶葉「よし、スイッチ入れるぞ」


8:2014/03/19(水) 23:03:04.73 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

ザザー ザザー

P「砂浜じゃないか!」

菜々「なんで少し声が弾んでいるんですか」

晶葉「見ているだけで暑そうな日差しだな。しかし綺麗な砂浜なのに
   人が一人もいないぞ」

ありす「そもそも未来を見るのに風景を写す必要があるんですか」

雪美『……』ザッザッザッ

雪美「この人……ありす?」

ありす「いえ、雪美さんです」

雪美「え……」

P「本人も驚きの成長っぷりだよ」

ありす『雪美さん! 日焼け止めを塗ってください! 肌焼いちゃいますよ!』

雪美『いらない。アイドルやめたから焼けても問題ない』

ありす『いいんですか、たまに見る肌が茶色いギャルになっちゃいますよ』

雪美『……塗る』

菜々「あ、今雪美ちゃんっぽかったですね」

晶葉「今ので確かに雪美だと納得出来るな」

雪美「毎日牛乳……飲んでるから……?」

P「毎日飲んでるのか。でもそれだけでああなったら今頃世界中の女の子が牛乳漬けだよ」

ありす「飲まなきゃ」

P「落ち着け」

『お二人とも急ぎすぎですわ』

晶葉「誰かと一緒のようだな」

ありす『桃華さんが遅いんですよ』

桃華『レディーの準備は長いですのよ』

P「ギョエエエ!! 金髪ポニーテール少女カワイイ!!」

ありす「そんな同い年なのになぜ……こんなに差が……」

菜々「背はそこまで高くないようですが出るとこ出ているというか……」

晶葉「みくと似たような体型だな」

雪美『私もレディー』

桃華『でしたら少しは身だしなみにお気をつけなさい。
   なんですの、その水着は』

雪美『学校の水着』

桃華『見ればわかりますの。同じ高校に通ってますのよ? 櫻井家のプライベートビーチ
   だから人に見られないとはいえその水着はよろしくありませんわ。
   わたくしみたいな大人っぽい水着を着るべきですわ』

ありす『ピンクのフリル付きは子どもっぽいかと』

プツン


9:2014/03/19(水) 23:03:34.54 ID:0hFC8v2Lo

ありす「なぜ……」

雪美「Pは……ああいう私……すき?」

P「すごく美人だと思う」

雪美「じゃあ私……がんばる……」

菜々「雪美ちゃんとありすちゃんと桃華ちゃんは同じ高校に通ってるみたいですね」

晶葉「ふむ。だが気になるのは雪美のアイドルをやめた発言……。
   ライラの時もそうだがアイドルを続けている子は誰もいないということなのか?
   つまり5年後にはこの事務所が……」

P「やめろぉ! 今クビになったら俺どうすればいいんだよ……」

桃華「わたくしが養って上げますわ」

みく「さっきからなにやってるにゃ」

晶葉「(説明中)」

桃華「あら、わたくしがポニーテール? クセっ毛は治ってましたの?」

菜々「綺麗なストレートに見えましたよ」

桃華「そうですの。未来のわたくしはずいぶんと苦労なさってますわね」

みく「みくは出てこないにゃ?」

P「出てきて無いな。うちの事務所だと出てないのはみくと……俺……」

晶葉「事務所が潰れたんじゃなくてPが死んだ可能性もあるのか」

桃華「ちょっと。人聞きの悪いことは言わないでくださいまし」

ありす「とりあえずどうしますか? 誰かの未来見ますか?」

桃華「ならわたくしがかぶりますわ。きっとPちゃまを家で飼ってる未来が……」

P「ありがとう……桃華……」

菜々「あなたたちそれでいいんですか」

晶葉「スイッチいれるぞー」


10:2014/03/19(水) 23:04:02.64 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

桃華『長閑ですわね』

桃華「わたくしの家の庭ですわね。本当にストレートになってますの。
   このクセっ毛を治すのにはずいぶんと苦労したでしょうに」

晶葉『平和なのはいいことだろう』

晶葉「ん?」

P「なんで晶葉?」

桃華『これであの方がいたら言う事はありませんでしたわ』

晶葉『そのための研究さ』

桃華『ええ、わかってますの。ずいぶんと出資してますのよ?』

晶葉『すごく助かっている』

桃華『お礼は結果で返してくださいまし』

晶葉『わかっている』

桃華『志希さんは元気にしてますの?』

晶葉『ああ、にゃはにゃはいいながら研究してるよ』

桃華『彼女らしいですわ』

晶葉『……もうすぐ3年か』

プツン

シーン

P「……話を整理しよう。5年後、ライラと晶葉は何かの研究をしている。
 桃華の出資の元でだ。おそらくライラの10年後から考えると研究は
 終わっていない」

晶葉「そして桃華はありす、雪美と共に同じ高校に通っている。
   雪美はアイドルをやっていないと名言したが他の2人は不明」

ありす「ライラさんも研究員やっているみたいですしアイドルやめてるかもしれませんね。
    そうなると事務所自体が既にない可能性が高いです」

みく「シキさんって言ってたけど誰にゃ?」

P「聞いた事無いな」

晶葉「……みく、かぶってみろ」

みく「わかったにゃ……」

菜々「ごくり……」


11:2014/03/19(水) 23:04:28.46 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

みく『みんなー! 今日はみくのライブに来てくれてありがとー!!』

P「あれ?」

ありす「普通にライブしてますね」

菜々「猫耳と尻尾がない……あっ」

みく『次が最後の曲になりまーす!!』

みく『この曲は私にとっては一番思い出のある曲です……。
   って言ったらわかっちゃうかな!?』

みく『よーっし! それじゃあ行くにゃー!
   おねだりShallWe~?』

プツン

P「みくは普通にアイドルしてたな」

菜々「プロデューサーさんについては何もわかりませんでしたね」

ありす「猫キャラやめてましたね」

みく「未来のみくは自分を曲げちゃったにゃ……」

晶葉「しかしこうなると後はプロデューサー自身につけて未来を見るしか……」

菜々「そうですね。覚悟を決めてください」

P「すごく怖いんですけど」

雪美「あれ……?」

ありす「どうしました?」

雪美「菜々は……?」

菜々「!?」

晶葉「そういえば後回しにしてすっかり忘れていたな」

P「そうだったな。先に菜々がやれ」

菜々「ナナは遠慮したいかなぁって」

桃華「許されませんわ。こうなったら5年後のPちゃまがどこで養われているか
   ちゃんと確かめないといけませんの」

P「ヒモ確定なのかな?」

みく「ふっふっふ。諦めるにゃ」

菜々「イヤァー! 来年の自分も想像したくないのに5年後なんてー!」

晶葉「かぶせたか? スイッチ入れるぞ」


12:2014/03/19(水) 23:05:04.70 ID:0hFC8v2Lo

ウィーン

P「白い壁に白い天井。これは……病室か?」

ありす「菜々さん……最近腰が痛いって言ってましたね」

菜々「やめてください」

菜々『今日は天気いいですね』

雪美「菜々……健康そう……」

晶葉「5年でずいぶんと大人っぽくなったな」

菜々「ハハハ、だってナナ17歳だもん」

P「ここは22って言っとけ」

菜々『今日はみくちゃんのライブがテレビ中継されるんですよ。
   ふふふ、Pさんに元気なみくのライブを聞かせてやるにゃって
   頑張ってましたからね。ようやく念願が叶えられるみたいです』

菜々『……もうあれから3年経つんですね』

菜々『雪美ちゃんは今年高校入学したんですよ。ありすちゃんと桃華ちゃんの
   の高校です。雪美ちゃんの姿を見たらきっとびっくりしますよ』

菜々『晶葉ちゃん、ライラちゃん、志希ちゃんはずっと研究しています。
   あなたを1日でも早く回復させるために……』

菜々『……ねぇ、Pさん。そろそろ起きましょう。
   みんなが待っているんです。みんながずっと」

P『――――』

プツン

P「最後に映っていた寝たきりの男が……俺なのか」

菜々「植物人間、というやつですか」

晶葉「……ちょっと待ってろ」ガタッ

ありす「なにするんですか?」

晶葉「未来を変える」


13:2014/03/19(水) 23:05:34.54 ID:0hFC8v2Lo

ちひろ「はぁ」

晶葉「手を貸してくれ」

ちひろ「お断りします」

P「即答か」

ありす「なぜですか。説明してください」

ちひろ「不公平だからですよ」

菜々「不公平……?」

ちひろ「本来知ることの出来ないはずの情報を元に未来を改竄する。
    そんなことが出来たら夢のような話ですよね?
    だって宝くじの番号がわかれば大金持ちなんですから」

ありす「普通ならば出来ないはずの改竄を手助けすることは出来ない、と」

ちひろ「そういうことです。ただでさえ未来を覗き見出来たのですから
    それで満足すべきですよ」

晶葉「ならちひろさんの手を借りずに未来を変えればいいか」

ちひろ「自分達の手で変えられないと気付いたから私を呼んだのでしょう?
    晶葉ちゃん」

晶葉「……」

ちひろ「あなたたちがわかるのは『2年後にプロデューサーが倒れる』ことだけ。
    なぜなのか、どうしてなのかはわからない。もちろんその機械を使い
    続ければいつかは原因に辿り着けるかもしれません。
    でももしもわからなかったら。もしも対処しようのない原因だったら。
    もしもあの未来が手を尽くした結果の未来だったとしたら」

菜々「未来は……変えられない」

ライラ「ただいまですよ……。どうかしたのでございますか?」

ちひろ「ああ、丁度いいところに帰ってきましたね」

ライラ「?」

ちひろ「変えることの出来ない事実を前にし、人は次にこう思います。
    『こんなことなら知らなければ良かった』と」ゴソゴソ

ちひろ「自ら望み、そしてそれを拒み、忘れようとする。
    人の心とはどうしてこうも弱いのでしょうね」スゥ

P「……なんですか、そのペンは?」

ちひろ「ここまで色々言いましたが今回の件については私が軽々しく
    発明の手助けをしたという問題点もあります。それについては
    謝罪しなければなりません。だからこれが私に出来るお詫びです」

ちひろ「ではみなさん、これを見て」

ピカッ


14:2014/03/19(水) 23:06:30.96 ID:0hFC8v2Lo

あるところにプロダクションがあった。
アイドルは少数であったが人気は高く、小さいながらも大変繁盛していた。
だがある日、唯一のプロデューサーが未知の病に倒れ、プロダクションは倒産してしまった。


それから十数年後。STDR病と名づけられたその病気の治療薬を
最初の発病者である男のかつてのアイドルが開発したのはまた別のお話。


15:2014/03/19(水) 23:07:03.45 ID:0hFC8v2Lo

以上。
今日はエラーが多いな


16:2014/03/19(水) 23:11:36.77 ID:/9gPCPtu0


ちひろさんは天使だからね。人類の進歩を阻害するわけには、いかないからね!


20:2014/03/20(木) 00:09:50.73 ID:wb3jAWv/o


千川ちひろ…一体何者なんだ…


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395237492/1: