1:2017/12/18(月) 00:05:30.632 ID:nryza9kz0.net

響「ふっ!?ふ…ふ!!?ふごぉぉぉぉお!?」ビクビクビク

貴音「ふふふ…本当に響は…」シコシコシコ

響「ふぉ…ふっ…ふぁぁぁぁあ!?」ビクンビクン

貴音「…ふたなりにしても小さいのですね」シコシコシコシコ

響「ふぉぉぉぉお!?」ビュルビュルビュルビュル


2:2017/12/18(月) 00:07:08.671 ID:jw9jr90jp.net

ちんこのことだと思ったらやっぱりちんこだった


4:2017/12/18(月) 00:08:03.392 ID:nryza9kz0.net

貴音「また精を吐いたのですか…全く…堪え性のない…」

響「ふー!ふー!」プルプル

貴音「ふふふ…そろそろ猿轡を外してあげましょう」カチャ

響「ぷはっ!?た、貴音…も、もうやめて…」


6:2017/12/18(月) 00:09:06.245 ID:nryza9kz0.net

貴音「ダメです。そもそも響が言ったのですよ?『自分はちっちゃくないぞ!』と…」クルクル

響「ひぃう!?そ、それは…あぁぁ!?」プルプル

貴音 「その言葉を信じてふたなり化の薬を飲ませてみれば…」ツツ-

響「ふぎゅゅゅゅゅう!?」ビクンッ


7:2017/12/18(月) 00:10:01.492 ID:nryza9kz0.net

貴音「やはり私の言うとおり小さいではありませんか」フ-

響「あっ…」

ドクンッ

響「あっ…あっ…」ドクンッドクンッ

貴音「あら?今度は吐くというより溢れてしまったようですね」


8:2017/12/18(月) 00:10:52.600 ID:nryza9kz0.net

響「はぁ…はぁ…はぁ…」

貴音「嘘をつくからこのようになるのです」

響「ち、ちが…自分は…はぁ…し、身長のことを…」ヘタン

貴音「おや?さらに小さくなっているではありませんか?」

響「そりゃ出たばっかりだから…」


9:2017/12/18(月) 00:11:40.931 ID:nryza9kz0.net

貴音「あら?またそんな嘘を?」

響「嘘じゃないさー!もう出ないぞ!」

貴音「では判定いたしましょう。もう出ないと言うのならば…」

ポチッ

響「な!?て、テレビが…?」

貴音「これを見ても勃つことはないということですね?」


10:2017/12/18(月) 00:12:56.219 ID:nryza9kz0.net

真美『あっ!?あっ…あぁぁぁあ!?』ビクビク

響「ま、真美!?」

雪歩『ほーら真美ちゃん。真美ちゃんの好きな乳輪がぷっくりしてきたよー?』ツツ-

響「雪歩!?」


11:2017/12/18(月) 00:14:15.822 ID:nryza9kz0.net

真美『ら、りゃめぇ…しゅくらいれきなひぃ…』

雪歩『え?今日も宿題できないの?昨日もちゃんとしなかったよね?』サワサワ

真美『ッ!?そ、それはゆきぴょんが…ンッ!?邪魔するから…ぁぁ…』ビクンッ


13:2017/12/18(月) 00:15:32.555 ID:nryza9kz0.net

雪歩『違うよね?元はと言えば真美ちゃんが質問に来るくせにサボりたいから『くすぐりっこしようよー』とか言うからこうなったんでしょ?』コチョコチョ

真美『ふぁぁあん!?急におっぱいコショコショなしぃぃぃい!?』ビクンビクン

雪歩『ほーら、こうして乳首摘まれてからぁ…』ギュゥッ

真美『あぁぁぁ!?りゃめ!!そりぇりゃめにゃや…』ビクンッ

雪歩『弾かれると~?』プルンッ

真美『ちゅうぅぅぅぅう!?』ブシャアアッ


14:2017/12/18(月) 00:16:31.971 ID:nryza9kz0.net

雪歩『フヒヒ♪潮をふいてるのに色気もへったくれもないね…』

響「こ、これは…」

貴音「雪歩による真美の乳首開発動画です」

響「な、なんだって!?」

貴音「ほら、真美が気絶から目覚めたようですよ?」


15:2017/12/18(月) 00:17:54.889 ID:nryza9kz0.net

貴音「ほら、真美が気絶から目覚めたようですよ?」

真美『う、う~ん…』

響「真美!?早く逃げるんだ!」

貴音「響…残念ながらこれは録画…」

真美『な、なんで真っ暗なの…?』ガチャガチャ

真美『!?』

雪歩『真っ暗なのは目隠しをされているから…そして手足が動かないのは…』

貴音「もう、ことは終わった後なのです…」

雪歩『鎖で拘束しているからだよ!』ツツ-

真美『ひぃぃぃぃ!?』ビクビクビク

響「真美ぃぃぃぃい!?」


16:2017/12/18(月) 00:19:37.815 ID:nryza9kz0.net

雪歩『どう?オイルを塗られてからゆーっくり責められる気分はどう?』サワサワサワ

真美『はぁ…!あぁ…!くぁ…!」ガクガク

雪歩『もどかしいよね~?おかしくなりそうだよね~?』サワサワ

真美『くぅぅぅん…!』ギリッ


17:2017/12/18(月) 00:21:52.088 ID:nryza9kz0.net

雪歩『目隠しされてるから感度も上がるし、想像も膨らんじゃうよね?』サワ...サワ...

真美『ふっ…うぅぅん!?』ガクガクガク

雪歩『どう?ヌルヌルしてるから触手みたいじゃない?亜美ちゃんに見られるシチュエーションとかもいいよね?』サワサワ

真美『はぁぁぁっ!?はっ…あぁぁぁん!?』ビクビク


18:2017/12/18(月) 00:24:51.348 ID:nryza9kz0.net

雪歩『あれ?今のシチュエーション、ツボに入っちゃった?』ニュウリンカリカリ

真美『んんんんっ!?』ビクビクビク

雪歩『亜美ちゃんに見られながら触手に犯されるシチュエーション想像して興奮しちゃった?』プルンッ

真美『あぁ…あぁ…』


20:2017/12/18(月) 00:25:57.744 ID:nryza9kz0.net

真美『ふぁぁぁん…』チョロロロ

雪歩『亜美ちゃんに見られるシチュエーションで感じてお漏らしなんて…本当に変態だね…』

響「そんな…あんなの…誰だって…」


21:2017/12/18(月) 00:30:10.100 ID:nryza9kz0.net

真美『…ねがい…』

雪歩『ん?』サワサワ

真美『ちゃ……さわ…』ブルブル

響「だ、ダメだ!」

雪歩『なに?』サワサワ

真美『…んと…さわ…』ブルブル

響「ダメだぞ真美!」

雪歩『ちゃんと言ってくれなきゃわかんないな~』サワサワ

真美『ちゃ…んと…』ブルブル

響「それ以上は…」

雪歩『ちゃんと?』サワサワ

響「戻ってこれなくなる!」


22:2017/12/18(月) 00:31:16.513 ID:nryza9kz0.net

真美『ちゃんと触ってぇぇえ!』

雪歩『はーい、よく言えました♪』プルン

真美『あひゃあ!?』ビクッ

響「真美ぃぃぃぃい!?」


23:2017/12/18(月) 00:33:32.198 ID:nryza9kz0.net

雪歩『指のお腹で乳首プルプルされるの気持ちいい?』プルプル

真美『あひゃぁぁぁぁあ!?』ビクンビクン

雪歩『爪の先っぽでくちゅくちゅされるのは?』クチュクチュ

真美『ひもひぃぃい!?ひもひぃぃいかりゃぁぁあ!』ビクビクビク

雪歩『あはは、何言ってるかわかんないよぉ』

響「こんなかわいそうなことを…」

貴音「かわいそう?」

ギュッ

響「あぅ!?」

貴音「ここをこんなに固くしている人のセリフではありませんよ?」ギュゥウ


24:2017/12/18(月) 00:35:26.851 ID:nryza9kz0.net

響「こ、これは…だって…」

貴音「『だって』?なんだと言うのですか?」

響「そ、それは…」

貴音「『だって…自分が乳首開発された時のことを思い出したんだもん』…とでも言うつもりですか?」サワサワ

響「はぅぅっん!?」ゾクゾク

貴音「ふっふっ…元気な乳首ですね」ツツ-


25:2017/12/18(月) 00:36:52.818 ID:nryza9kz0.net

響「ひ、ひが…かりゃだが…かっへに…」ビクビクビク

貴音「そうですね、響の意志ではありません」ゾリゾリゾリ

響「あっ!?あっ!?あぁぁ!?」

貴音「ですから、このように乳輪を責められた時に胸を突き出して快楽を貪ろうとするのは響の身体が淫乱なだけなのです」

響「自分、淫乱なんかじゃ…」

貴音「…」プルンップルンッ

響「にゃぁぁぁあ!?ひくびぷりゅぷりゅりゃめぇぇぇえ!?」ブシャァァア


26:2017/12/18(月) 00:38:47.641 ID:nryza9kz0.net

貴音「もうあなたの身体は発情したメス犬なのです」

響「そ、そんにゃぁ…」

貴音「そして次は…こうなってもらいます」

ピッ

響「ま、またテレビが…」


27:2017/12/18(月) 00:40:16.197 ID:nryza9kz0.net

あずさ『んん~…』モジモジ

響「あ、あずささん!?」

貴音「あずさは貴方と同じように、乳首を開発され、ふたなりにされました…」

あずさ『んぐぅぅぅう!?』

響「あぅぅ…」

響(だ、ダメだ…あんなイヤらしい格好のあずささん…見ているだけで…勃っちゃうぞぉ…)


28:2017/12/18(月) 00:51:05.957 ID:nryza9kz0.net

貴音「響と違うのはここからです…」

小鳥『あはは、あずささん、目隠しされて、猿轡はめられた上に拘束されて悶えてると本当に変態みたいですねぇ』

あずさ『もが…もがぁ…』

小鳥『まぁ変態なんですけど…』

あずさ『もがぁ!?』ブンブン

小鳥『そんなに否定するのなら…』クチュ

あずさ『!?』ビクンッ


29:2017/12/18(月) 00:52:22.219 ID:nryza9kz0.net

小鳥『今日の開発でなっちゃいましょうか…言い訳できないくらいの変態に…』ヒソヒソ

あずさ『もが、もがぁあん!?』

小鳥『そう、今日開発するのは…』

クルクルッ

小鳥『お』

ツツ-ッ

小鳥『し』

クチャッ

小鳥『り』

あずさ『んぐぅぅぅう!?』ビクビクビクッ


30:2017/12/18(月) 00:54:25.792 ID:nryza9kz0.net

小鳥『あはは、入り口を軽くくすぐっただけでこの反応…奥を開発したら…どうなるんでしょう?』

あずさ『もごぉ!もごぉ!』ジタバタ

小鳥『見えませんか?あずささん』

小鳥『ヒクヒクと求めるいやらしい肛門、腸汁を垂れ流し、腫れ上がった前立腺を慰めてもらおうと懇願する自分の姿が…』

あずさ『あぐ…』


32:2017/12/18(月) 00:58:57.071 ID:nryza9kz0.net

小鳥『あはは、入り口を軽くくすぐっただけでこの反応…奥を開発したら…どうなるんでしょう?』

あずさ『もごぉ!もごぉ!』ジタバタ

小鳥『見えませんか?あずささん』

小鳥『ヒクヒクと求めるいやらしい肛門、腸汁を垂れ流し、腫れ上がった前立腺を慰めてもらおうと懇願する自分の姿が…』

あずさ『あぐ…』


33:2017/12/18(月) 01:00:08.175 ID:nryza9kz0.net

小鳥『腸内がイヤらしく蠢いて、大きなお尻がビクンビクンと跳ね回しながらも、おねだりをする自分の姿が…』

あずさ『あ…あ…』

小鳥『あれ?動きが止まってますよ?』

あずさ『も、もごもごぉ!?』ジタバタジタバタ

小鳥『無理しなくてもいいんですよ?想像しちゃったんでしょ?自分がそうなる姿を?』コチョコチョカリカリ

あずさ『ふごぉぉぉぉお!?』ブルンブルン

小鳥『尻穴をこちょこちょしてるだけでこんなに感じるのは…貴女が…その想像を受け入れたからではありませんか?』コチョコチョ

あずさ『ふぅぅうん!?ふぅぅうん!?』ブンブン

小鳥『ふふふ、無理して嘘つかなくてもいいのに…ほら、猿轡は外してあげますから』カチャカチャ

あずさ『うぅぅ…ぱぁっ!?はぁ…はぁ…わ、私は…変態なんかじゃ…』


35:2017/12/18(月) 01:18:41.006 ID:nryza9kz0.net

小鳥『ほう、まだそんな嘘をつくんですね?では…これではどうでしょう?』

ブ-ン

あずさ『な、なんですか?この音…』

小鳥『あれ?あずささんは歯ブラシは電動じゃなくて手動派ですか?』

あずさ『いえ…そういうわけでは…』

小鳥『なら聞き覚えはあるはずです…そう…電動歯ブラシですよ』

あずさ『だ、だからそうじゃ…』

小鳥『ああ、なるほど、あずささん…あなたは…』


36:2017/12/18(月) 01:21:40.678 ID:nryza9kz0.net

あずさ『なんで…』

小鳥『「なんで小鳥さんは前にいるのに電動歯ブラシの音は背後からするんですか?」…それは…』

グイッ

ブゥゥゥゥゥウン

あずさ『ふぁぁぁぁぁぁあ!?』ブルブルブルブル

小鳥『私以外に、もう一人いるからに決まってるでしょう?』


37:2017/12/18(月) 01:25:10.124 ID:nryza9kz0.net

あずさ『しょんにゃ…ああああ!?ろ、ろうし…あっ!?あっ!?あっ!?』ガクガク

律子『だから、これも仕事なんですってば…』コチョコチョクチュクチュ

あずさ『ひぃうん!?きょ…うじゃくぅ…』ガタガタ

小鳥『あら?今みたいに強弱つけられるのが好きなの?』

律子『あぁ、この人本当にドMなんですよ』クチュクチュ

あずさ『ちが、りちゅこしゃ…ちが…』ガクガク


38:2017/12/18(月) 01:26:23.323 ID:nryza9kz0.net

ミス
>>36の続き

ブゥゥゥゥゥウン

あずさ『だ、だりぇ!?だりぇぇぇぇえ!?』ガクガクガクガク

??『担当アイドルの性欲処理もプロデューサーの仕事ですから』

あずさ『そ、そんな…あ、あなたは…』

律子『ほら、またそのだらしない大きなお尻を震わせながら感じていてください』

あずさ『律子さ…』

ブゥゥゥゥウン

あずさ『んんんんんん!?』ビクビクビク

>>37へ


39:2017/12/18(月) 01:27:02.962 ID:nryza9kz0.net

律子『…』グイッ

あずさ『あぁぁぁ!?』ビクンッ

律子『ほら、見栄なんかはらなくていいですから。プロデューサーに隠し事なんてできませんって』グイッグイッ

あずさ『ひぃぃぃぃ!?』ブシャァァア

律子『あれ?潮吹いちゃいました?そんなに良かったんですか?』ピトピト

あずさ『あ…あ…』


40:2017/12/18(月) 01:28:13.747 ID:nryza9kz0.net

小鳥『ふたなりにさせられて…』サワサワ  

あずさ『あぁ…あん…』ゾクッ

律子『目隠し全裸でイヤらしく拘束されて…』サワッサワッ

あずさ『ひぐぅ…』ゾクゾクッ

小鳥『ビンビンに勃起した乳首やちんぽを触ってもらえずに…』コチョコチョ

あずさ『ふぅぅうん!?』ゾクゾクゾクッ

律子『自分のプロデューサーにお尻の穴をこちょこちょされるのが』グイッ

あずさ『ふぁぁぁぁぁぁあん!?』ビクビクビク


41:2017/12/18(月) 01:28:59.653 ID:nryza9kz0.net

小鳥『どうですか?気持ちよくても射精はできないでしょ?』

あずさ『はぁ…はぁ…はぁ…』

小鳥『いくら敏感なアナルでも、射精するためには前立腺を刺激されないと難しいですよね』

あずさ『あぐ…うっ…』


42:2017/12/18(月) 01:29:46.616 ID:nryza9kz0.net

小鳥『でも流石にねぇ…おちんちんから精液垂れ流してるだけでもアイドル失格、女性失格なのに…』ツツ-ッ

あずさ『あ…あ…あぁぁ…』

律子『お尻の中を虐めてほしいなんて言い出したら…』フ-ッ

あずさ『ひぐっ!?』

小鳥『変態ですよねぇ…』ヒソヒソ

あずさ『わ、私は…変態なんかじゃ…』プルプル


43:2017/12/18(月) 01:30:46.119 ID:nryza9kz0.net

小鳥『あらあら?まだ抵抗できるんですね?』

律子『まぁここまで痴態を見せといて言えることじゃないですけどね…』

あずさ『はぁ…はぁ…』

小鳥『わかりました、貴女がどこまでアイドルで…女の子でいられるか…試してあげます』トロ-

あずさ『ひぃ!?こ、今度は何を…』


46:2017/12/18(月) 01:34:03.315 ID:nryza9kz0.net

小鳥『安心してください、ただのローションです』ヌルヌル

あずさ『ひゃぁぁあ!?た、ただのって…ぇぇぇえ!?』ビクンビクン

小鳥『媚薬なんかは一切入っていませんから…フェアな勝負ですよ…ほーら、内腿にもたっぷり塗ってあげます』コチョコチョ

あずさ『おほぉぉぉぉお!?』ビクンビクン


47:2017/12/18(月) 01:35:46.471 ID:nryza9kz0.net

律子『では私は尻たぶを…』タプンタプン

あずさ『はぁきゅぅぅう!?』ビクビク

律子『指先で触れるか触れないかみたいな感じ好きですか?』サワ-

あずさ『ふぁ…ふぁぁぁぁあ!?』ゾクゾクゾク

律子『やっぱり…ドMですもんねぇ…』

あずさ『あぁぁぁ…わ、わたひは…わらひはぁ…』


48:2017/12/18(月) 01:36:44.252 ID:nryza9kz0.net

小鳥『大丈夫ですよ、あずささん。私たちはどんな貴女も受け入れますから…』ヒソヒソ

あずさ『あひ…』

律子『そうですよ、変態でもいいじゃないですか…変態なら変態なりにプロデュースしてあげますから』ヒソヒソ

あずさ『あぁ…あぁ…』

小鳥『ホットパンツにノーパンでステージに上がりましょうよ…あぁ小さめのスクール水着とかもいいですね…』ヒソヒソ

あずさ『あっ…あっ…』


49:2017/12/18(月) 01:37:56.380 ID:nryza9kz0.net

律子『お尻の穴は事前にローションでヌルヌルにしてあげますよ…』ヒソヒソ

あずさ『ぁ…ぁ…』

小鳥『お望みならローターやエネマグラもつけてあげます…』ヒソヒソ

あずさ『…て…』

小鳥『え?』

律子『なんですか?』


50:2017/12/18(月) 01:39:21.975 ID:nryza9kz0.net

あずさ『…て…さい…』

小鳥『はっきり言わないと聞こえませんよ?』

律子『ちゃんと言えるまで、こうしてお尻の入り口だけ優しくなでなでしてあげますから、早く言っちゃいましょう』ツツ-

あずさ『ひぃ、はぁ!?』


51:2017/12/18(月) 01:40:46.670 ID:nryza9kz0.net

小鳥『ほらほら、この大きなお尻をどうしてほしいんですか?』

あずさ『い、いじめてくらひゃい!乳首も、おひんひんもおひりも限界らんれしゅ!?』

プツンッ

響「あ、あれ?」

貴音「ふふふ…響見入りすぎですよ」


52:2017/12/18(月) 01:41:39.129 ID:nryza9kz0.net

響「み、見入ってなんか…」

貴音「嘘はいけません…ビンビンにそびえ立っている乳首と…」ピンッ

響「はぅっ!?」

貴音「我慢汁をダラダラと垂れ流している肉棒が証拠です…」ツツ- 

響「くぅぅ!?」


53:2017/12/18(月) 01:42:19.841 ID:nryza9kz0.net

貴音「さぁ…それでは…」

響「はぁ…はぁ…」

貴音「響もあずさと同じように…」

響「や、やめ…」

貴音「ケツまんこの虜になってもらいましょう」


54:2017/12/18(月) 01:42:56.466 ID:nryza9kz0.net

響「やめてく…」

サワサワ

響「りぇぇぇぇえ!?」

貴音「ほらほら、あずさがいじめられるのを羨ましそうに見ていたでしょう?」サワサワ

響「あっ…あっ…ぁぁ…」


55:2017/12/18(月) 01:43:47.361 ID:nryza9kz0.net

貴音「我慢はよろしくありません…響自身の尻穴もクパクパと求めていますよ」クルクル

響「うしょ…りゃめ…りゃめぇ…」

貴音「嘘ではありません」クパァァア

響「おほぉぉぉぉお!?」


56:2017/12/18(月) 01:44:34.103 ID:nryza9kz0.net

貴音「腸内を外気晒しただけでこう…指を入れるとどうなるのやら…」ツンツン

響「やめろぉぉぉお!?戻れにゃくにゃ…」

貴音 ペロッ

響「りゅぅぅぅぅう!?」

貴音「それならば舌にします…まずは肛門を濡らして…」ペロペロ

響「りゃめ!?もっろりゃめ…へぇぇぇぇ!?」


57:2017/12/18(月) 01:45:15.254 ID:nryza9kz0.net

貴音「一気に突き刺す!」

ズルッ

響「おほっ!?」

貴音 レロレロレロ

響「~~~~~~~~~//////」

貴音 ジュルルルルル

響「おほぉぉぉぉお!?」

響 ビクンビクン


58:2017/12/18(月) 01:46:00.128 ID:nryza9kz0.net

貴音「ふぅ…これでもう…貴女は普通には戻れません…」

響「いいかりゃ!!いいかりゃもう一回!!もう一回!!」

貴音「はて?もう一度どうするのですか?」

響「お尻でイカせてぇぇぇえ!!」

ズニュッ

響「ふがぁぁぁぁあん!?にゃ、にゃんれ…」

貴音「本来ならば動かして使う『おなほーる』今回は決して動かさずに、響の望み通りお尻を開発します」

響「そ、そんにゃことされたら…」

貴音「ええ、そのビキビキのちんぽも、ぶよぶよのメスちんぽになることでしょう…」

響「あ、あぁ…」


59:2017/12/18(月) 01:46:38.187 ID:nryza9kz0.net

貴音「ふふふ、嬉しそうにヨダレを垂らして…はしたないですよ?」

響「た、貴音ぇ…」

貴音「ふふふ…焦らずとも、夜は長いものですよ…」

終わり


61:2017/12/18(月) 01:47:35.005 ID:nryza9kz0.net

終わり
765プロ、ドMランキングトップ3を書いた
後悔はしてない