1:2017/03/20(月) 18:56:53.024 ID:8H+XcjhbK.net

ヴィーネ「らふぃえるたそ~……」

ヴィーネ「あれ? 私は何を言っtらふぃえるたそ~」

ヴィーネ「あれ?」

ラフィエル「ふふふ、洗脳完了です」

ヴィーネ「ちょっ、ラフィ? なnらふぃえるたそ~」

ラフィエル「すみませんヴィーネさん。サターニャさんを私の"モノ"にするための練習をさせてもらいました」

ヴィーネ「え、ラフィエ…ル…?」

ヴィーネ「ら、ら、らふぃえるたそ~、らふぃえるたそ~」

ラフィエル「自我は無くなりましたか」


3:2017/03/20(月) 19:00:34.703 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「あのクリスマスパーティで一時的ですがサターニャさんを洗脳できました」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「本格的に行えば完全な洗脳も可能なはずだと考えた私は」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「ある天使が行ったという別の洗脳法をこうして試してみたわけです」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~、らふぃえるたそ~」

ラフィエル「どうやら絶対服従させられたようですね」


5:2017/03/20(月) 19:03:35.077 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「じゃあヴィーネさん!」

ヴィーネ「らふぃえるたそ!」

ラフィエル「三回回れ!」

ヴィーネ「らふぃえるたそ!」クルクルクル

ラフィエル「ふふふ、面白い」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「これをサターニャさんにもすれば……!」

ガラ

ラフィエル「あ、サターニャさん!」

サターニャ「?」


13:2017/03/20(月) 19:07:34.908 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「えいっ!」

サターニャ「……?」

ラフィエル「えいっ!えいっ!」

サターニャ「何やってんのよ、アンタ」

ラフィエル「あれ? おかしいです……」


14:2017/03/20(月) 19:13:56.358 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「何言ってんの?」

ラフィエル「ヴィーネさん!」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

サターニャ「!? ヴィ、ヴィネット?」ビクッ

ラフィエル「ヴィーネさんには効いているのに……」


16:2017/03/20(月) 19:19:22.402 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「もう一度!」

ラフィエル「えいっ!えいっ!」

サターニャ「…」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「…」

サターニャ「…」

ラフィエル「…」ウルッ


18:2017/03/20(月) 19:21:12.298 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「!?」ギョッ

ラフィエル「うぅ…」グスグス

サターニャ「訳わかんないんだけど……どうしたのよ」

ラフィエル「ど、どう…して、効かないんですかぁ?」グスグス

サターニャ「効かないって……何が?」

ラフィエル「えいっ!えいっ!」グスグス

サターニャ「ちょっ……」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「うぅ…」ボロボロ

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

サターニャ「…」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~らふぃえるたそ~らふぃえるたそ~」

ラフィエル「もう! ヴィーネさんはいいですから! 少し静かにしていてください!」

ヴィーネ「……ラフィエルタソー」ボソボソ


21:2017/03/20(月) 19:26:46.074 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「…」グスッ

サターニャ「……ねぇラフィエル」

ラフィエル「……はい。なんでしょう、サターニャさん」

サターニャ「とりあえず、ヴィネットのコレってアンタが原因なの?」

ラフィエル「……ここでサターニャさんに嘘を吐いても仕方ありません。ええ、そうです。私が洗脳したんです」

サターニャ「洗脳……?」


24:2017/03/20(月) 19:30:42.602 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「どうしてそんなことを……」

ラフィエル「サターニャさんには……言いたくありません」

サターニャ「……それは、つまり」

サターニャ「……ヴィネットを天界に引き抜くってこと?」

ラフィエル「えっ?」


26:2017/03/20(月) 19:37:39.826 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「サターニャさん、何を言って」

サターニャ「洗脳してでも、天界へ引き抜きたいってことなんでしょう?」

ラフィエル「違います、そんな、違います誤解です! これはただの練しゅ」

サターニャ「まぁ、ヴィネットはなかなか優秀だからね。気持ちはわかるわ」

サターニャ「でもS級悪魔的行為である洗脳はやりすぎよ。ちゃんと解いてあげなさいよね」

ラフィエル「サターニャさ」


28:2017/03/20(月) 19:42:46.427 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「そういうのは、結果がどうであれ……本人の意思が大切なの」

ラフィエル「え…」

サターニャ「なんてね……大悪魔である私が言うことじゃないわね」

ラフィエル「サターニャ……さん」

サターニャ「何でもないわ。今のは聞き流して」

ラフィエル「サターニャさん!」


29:2017/03/20(月) 19:46:06.779 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「私、ずっと導かれていたんです!」

ラフィエル「サターニャさんに!」

ラフィエル「いえ、回りくどい言い方はやめましょう」フー

ラフィエル「私は」スウッ

ラフィエル「あなたのことが好きなんです、サターニャさん!」


31:2017/03/20(月) 19:49:37.627 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「」

ラフィエル「はぁ、ドキドキしました」テレッ

ラフィエル「でも、とてもスッキリしました。やっぱりサターニャさんの言う通りですね!

ラフィエル「まず相手に自分の気持ちを伝えることが大切だったんです! 私は間違っていました……」

ラフィエル「ヴィーネさんには悪いことをしてしまいましたね」

ヴィーネ「ラフィエルタソー……」


34:2017/03/20(月) 19:55:42.742 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「すみませんヴィーネさん」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~?」

ラフィエル「実はですね、私、洗脳はかける方法しか知らないんです」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「だってサターニャさんに上手くいっていれば、解く必要はないと思っていましたし……」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ラフィエル「クリスマスの時はわりとすぐ解けてましたし……」


35:2017/03/20(月) 20:03:04.380 ID:8H+XcjhbK.net

ガラッ

ガヴリール「なんだ? 何かあったのか?」

サターニャ「!」ハッ

ラフィエル「あ、ガヴちゃん! 今丁度、サターニャさんに告白をしていたところなんですよ」

ガヴリール「マジでか」

ラフィエル「大マジです」

ガヴリール「それで? どうすんだ? サターニャは?」ニヤリ

サターニャ「えっ?」

ラフィエル「それは……サターニャさん……?」チラ

サターニャ「そ、それは……」


37:2017/03/20(月) 20:07:41.419 ID:8H+XcjhbK.net

ガヴリール「サターニャ」ニヤニヤ

ラフィエル「サターニャさん……?」ドキドキ

サターニャ「…っ」

サターニャ「らふぃえるたそ!」


39:2017/03/20(月) 20:10:46.854 ID:8H+XcjhbK.net

ラフィエル「!!」

ガヴリール「は? おまえ何言ってんの?」

サターニャ「ラフィエル」

ラフィエル「はい、サターニャさん!」

サターニャ「これが、私の素直な気持ちよ」

ラフィエル「はい、はい……嬉しいです」ウルッ


41:2017/03/20(月) 20:14:23.142 ID:8H+XcjhbK.net

サターニャ「じゃ、じゃあもう帰る! 帰るからね!」プイッ カアァァ

サターニャ「あ、待ってください! 私も一緒に!」

タタタッ

ガヴリール「なんなんだ一体……?」

ガヴリール「なあヴィーネ、どういうことなんだ?」

ガヴリール「……ヴィーネ? さっきからボーッとしてるけど、どうかし」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ガヴリール「!?えっ!? な、なんだよヴィーネまで? サターニャと同じことを……!?」


43:2017/03/20(月) 20:17:21.858 ID:8H+XcjhbK.net

ガヴリール「また怪しい魔界の通販製品のせいか?」

ガヴリール「しっかりしろヴィーネ」

ヴィーネ「らふぃえるたそ~」

ガヴリール「おい! ヴィーネ!」

ヴィーネ「らふぃえ……? がう゛? あ?」

ガヴリール「ヴィーネ!!」


ヴィーネ「がう゛りーるたそ!」

おわり


49:2017/03/20(月) 20:22:10.226 ID:8H+XcjhbK.net

える「えいっ!えいっ!」里志「え…え…っ!」
というSSのパクリというかオマージュ的なやつでした
コピペして名前と他ちょいちょい変えただけ

らふぃえるたそ~