1:2016/04/08(金) 01:00:51.10 ID:lQfemWmt0

愛里寿・みほ「「やぁーってやるぜー♪」」

愛里寿「いぃーやなあーいつをボッコボコにぃー♪」

みほ「えっ…そんな……」シュン

愛里寿「えっ?」

みほ「愛里寿ちゃん…私のこと、嫌い、だったの…?」

愛里寿「え、みほ…? 急にどうし――」

みほ「やっぱり慣れ慣れしかったかな…。年下とはいえ、大学生だし……」

愛里寿「えぇ? ど、どうしたのみほ? ほ、ほら、続き歌お――」

みほ「そうだよね…。愛里寿ちゃんは私よりも頭もいいし……」グスッ

愛里寿「えっ、えっ」オロオロ

みほ「ごめん、なさい…。私がい、嫌なら、今後、距離を……」グスッエグッ

愛里寿「!! ……そんなことないっ! 私、いつも優しいみほのこと、大好きだよっ!!」ギュッ

みほ「…えへへー、冗談だよ!!」ニコニコ

愛里寿「……むぅ」ポカポカ

みほ(かわいい)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460044850



4:2016/04/08(金) 01:03:40.15 ID:lQfemWmt0

※ガルパンの短編ss集的な、みたいな
※初作品なのでお手柔らかに
※短いくせに書き溜めなし。のんびりやります
※ぶっちゃけ>>1がやりたかっただけです


6:2016/04/08(金) 01:38:09.08 ID:lQfemWmt0

愛里寿「ケェーンカはうぅーるもの、堂々とー♪」

カチューシャ「あら、わかってるじゃない! 挑発も偉大なるカチューシャ戦術のひとつよ!」エヘン

愛里寿「…でも売ったほうは必ず負ける」

カチューシャ「んなっ……。何よそれ! カチューシャを否定するつもり?!」イラッ

愛里寿「大洗戦」ボソッ

カチューシャ「あの時はミホーシャを見くびってただけよ! 次は負けないわ!」

カチューシャ「だいたいあんただって、ミホーシャに負けてるじゃないのよ!」

愛里寿「私は別に挑発なんかしてない」

愛里寿「ケンカは売ると負けるから」

愛里寿「見えてる地雷を踏むことはない」

カチューシャ「あぁーもう! イッラつくわねぇ!」イライラ

カチューシャ「だいたい何、ケンカを売ると負けるって! 根拠でもあるの?!」

愛里寿「それがボコだから」キリッ

カチューシャ「意味わかんないわよー!!」ジタバタ


後日

カチューシャ「ノンナ、今に私があなたの身長を追いこして、見下してやるわ!」センセンフコク

ノンナ「……なるほど」クスッ

カチューシャ「何がおかしいのよー!」



9:2016/04/08(金) 22:06:47.08 ID:I0QcNLJ10

愛里寿「かぁーたで風きり、たぁーんかきるー♪」

ペパロニ「『Tank』を『Kill』? ネトゲの話っすか?」

カルパッチョ「『啖呵を切る』ですよ」

アンチョビ「バカかお前は」

ペパロニ「今更じゃないっすか」

アンチョビ「そうだな」

アンチョビ「っていうかこいつ、確か大学選抜の……!」

愛里寿「そういうあなたはGPSの……!」

カルパッチョ「その呼び方はやめて!」



アンチョビ「で、島田流がウチになんの用だ?」

ペパロニ「さぁーては偵察だな? ウチの秘密兵器のことを聞きつけてきたんだろぉ!」

カルパッチョ「いつの話ですか」

愛里寿「……みほに、アンツィオの食事がすっごくおいしいって聞いて…」

ペパロニ「食いに来てくれたのか!」

カルパッチョ「わざわざ学園艦に乗り込んで?!」

アンチョビ「アクティブすぎるだろ……」



10:2016/04/08(金) 22:13:04.22 ID:I0QcNLJ10

ペパロニ「か~っ!! うれしいねぇ! あの有名な大学選抜の隊長が、わざわざ食いに来てくれっとは、シェフ冥利に尽きるぜぇ~!!」

アンチョビ「誰がシェフか! 戦車道はどうした!」

カルパッチョ「まあまあ、ウチに島田流のお嬢様が来るなんてすごいじゃないですか~! タカちゃんに自慢しちゃおっ♪」ピローン

アンチョビ「ま、せっかく来てくれた客人をもてなさない手はあるまい! 今日はこのドゥーチェ・アンチョビが、直々に料理を振る舞ってやろう!!」

ペパロニ「よっ! アンチョビ姐さん、日本一!」

カルパッチョ「作るのはイタリア料理ですけどね…」

愛里寿「あ、ありがとう……」

愛里寿(ノリが良すぎて会話に入るスキがない…)



11:2016/04/08(金) 22:21:56.00 ID:I0QcNLJ10

アンチョビ「よし、後は盛り付けて……完成だ!」

愛里寿「おいしそう…!」パァァ

アンチョビ「だろう! 我が校の長のみに代々伝えられる、秘伝のボンゴレビアンコだ!!」

カルパッチョ「聞いたことありまse ペパロニ「さっすが姐さん! 気前いいっすねぇ~!」

アンチョビ「さあ、おかわりもあるぞ、たんと食えー!」

愛里寿「いただきますっ!」パチン

愛里寿「…」フォークヲモッテ

愛里寿「…」スウホン マイテ

愛里寿「はむっ」オシトヤカニ

アンチョビ(おおう……何という優雅な動き)

ペパロニ(お嬢様って感じっすね~)

カルパッチョ(味の方は…?)

愛里寿「……おいしい」

愛里寿「スッゴクおいしいよ! うちのシェフより上手かも!」パァァ

アンチョビ「フフン!」

ペパロニ「好評っすねぇ」

カルパッチョ「あんな明るい顔もするんですねー」ホホエマー

愛里寿「すごいすごい、みほが勧めるだけあるよ……!」キャッキャ



12:2016/04/08(金) 22:34:31.70 ID:I0QcNLJ10

アンチョビ「フフフ……我がアンツィオもやる時はやる、じゃなかった、ナンバーワンだと思い知ったか!」

アンチョビ「参ったと思ったら、私のことを『アンチョビお姉様』と呼んでみろぉ!」

カルパッチョ(えぇ…)

ペパロニ(アチャー、調子乗ってますね)

カルパッチョ「あ、あの……。相手はお嬢様ですよ、失礼では…」

愛里寿「…えっと」

アンチョビ「…」

愛里寿「あ…アンチョビ……お姉ちゃん///」

アンチョビ「……ゴフッ」バタッ

カルパッチョ「ドゥーチェ!」

ペパロニ「姐さん、血が、血がぁぁ!」

アンチョビ「こ、これが……島田流…恐るべし……」ガクッ

ペパロニ「ねええええさあああああああああああん!!!!」

愛里寿(おいしいおいしい♪)ムグムグ



13:2016/04/08(金) 23:05:57.33 ID:I0QcNLJ10

ピロリーン

カエサル「あれ、メッセージが来てる……ひなちゃんから?」

 ひな@魅羅野
  『 幼  女  な  う (((o(*゚▽゚*)o))) 』

カエサル「……はぁ?」



18:2016/04/10(日) 14:03:55.10 ID:55o1kZR60

愛里寿「じーんせいっ、負-けてもっ、いぃんだぜー♪」

ミカ「勝ち負け、それはそもそも、人生において大切なことかな?」

ダージリン「あら、愛里寿さんとの試合でわたくし達が勝ちにこだわらなければ、みほさんたちは人生の大切な一片を失うところでしたわ?」

愛里寿「…」

ダージリン「あなたもそれを解って、彼女の勝負に手を差し伸べたのではなくって?」

ミカ「…さぁね、私は波に乗ってやってきただけさ」

オレンジペコ(ダージリン様! いつになく決まってます!!)キラキラ

アキ(ミカ、それじゃサーファーだよ……せめて『風』にしとこうよ……)



19:2016/04/10(日) 14:10:00.53 ID:55o1kZR60

愛里寿「……私はいままで、この歌詞だけは自分に当てはめることができなかった」

愛里寿「私は、ついこの前まで『負け』を知らずに来た。高校生と試合をすると聞いた時も、当然のように勝つつもりだった」

ダー・ミカ「…」

愛里寿「私はたぶん、怖かったんだと思う。負けたことが無いからこそ、いざ負けてしまったとき、自分は今まで通りでいられるのか。『大学選抜の隊長』や『島田流の娘』としての矜持や、信頼がすべて水の泡になっちゃうんじゃないかって。『負けてもいい』なんて、とても思えなかった。」

愛里寿「でも、みほたちを見て思ったの。どんなに戦力差で追い詰められても、必死に立ち上がる……まるでボコみたいって」

愛里寿「もちろん負けた時はそれなりに悔しい思いをしたけれど、みほたちが自分の大切な思い出を守るために戦っていて、私たちに勝ったことで救われたと知ったときは、この歌詞を受け入れることが出来たの」

愛里寿「負けても、いいかって」



20:2016/04/10(日) 14:13:10.67 ID:55o1kZR60

ミカ「…どうやら先日の試合は、キミにとっても大きな糧になったようだね」

ダージリン「みほさんたちの必死な姿や喜ぶ姿を見て、心を変えたわけですか。本当に、友人想いの心優しい方ですわね」

愛里寿「ごめんなさい…重苦しい空気になってしまって」

ミカ「構わないよ。願わくはキミが見つけた友情という強さを、いつまでも持ち続けることだね」

ダージリン「そうね、『友情は喜びを2倍にし、悲しみを半分にする』…イギリスの詩人も言っているわ。きっとこれからもあなたの支えになるでしょう」

愛里寿「えっ…」

ダージリン「わたくしもあなたの胸の内を聞けて、あなたと少し親しくなれた気がしますわ」

愛里寿「えっと、わ…私も、です…」

ミカ「? どうかしたのかい?」

愛里寿「えっと……その名言は、確かドイツの詩人によるもので、イギリスではなかったはず…」

ダージリン「!?」



21:2016/04/10(日) 14:21:01.99 ID:55o1kZR60

愛里寿「い、いや、何でもない! 水を差してしまってごめんなさい!」

ダージリン「そ、そうだったの。わ、私としたことが勘違いをしていたようね…。『Even Homer sometimes nods.』とも言いますし――」

愛里寿「『弘法にも筆の誤り』?……なぜわざわざ英語で…」

ダージリン「!! お、おおおおやりになるわね。こここんな格言を知っている?」

ミカ「何を張り合っているんだい?」

ダージリン「『人生はクローズアップで見れば悲劇――」

愛里寿「ロングショットで見れば喜劇』…たしかチャップリン…」

ダージリン「」チーン

ダージリン「お、お、お…」

ダージリン「おやりになるわねえええええええええ!!」ダッ

愛里寿(走り出した?!)ビクッ



22:2016/04/10(日) 14:25:08.90 ID:55o1kZR60

オレンジペコ「せっかく良い雰囲気でしたのに、何をやってるんですかダージリン様…」

アキ「変なプライドがあったんだろうねー」

ミカ「今の勝負に意味があったとは思えないね」

ペコ・アキ「「まったくです」」


ダージリン「じーんせいっ、負-けてもっ、いぃんだぜー♪」アハハハー



25:2016/04/10(日) 16:51:37.91 ID:3OPUo0Uqo

いいよー
こういう雰囲気の短編集好きだよ乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460044850/