1:2015/11/18(水) 00:21:11.349 ID:CBvd5kChp.net

ドラえもん「じゃあ死ねよ」

のび太「いや、そこは秘密道具だろ!?」

ドラえもん「安楽死できる道具かい?」

のび太「違うよ!人生エンジョイできるやつ!」

ドラえもん「う~ん…ない事もない」

のび太「本当かい?」


6:2015/11/18(水) 00:25:35.695 ID:CBvd5kChp.net

ドラえもん「生まれカワルンバっていう道具なんだけどね」

のび太「生まれカバ…??」

ドラえもん「バカかお前は。簡単に説明すると人の人生を自分がエンジョイできる道具なんだ」

のび太「それ、いいね!貸して!」

ドラえもん「まぁ、きけよ」


8:2015/11/18(水) 00:26:36.770 ID:znTQ9PjD0.net

ドラやさぐれたな


9:2015/11/18(水) 00:29:58.858 ID:CBvd5kChp.net

ドラえもん「当然、その人の人生を生きる事になる訳だから。妻子持ちだったり、君には到底ありえない学校の先生だったりする事もある。」

のび太「いいから、いいから!今の人生はあきあきなんだよ!!貸してよ!」

ドラえもん「あと、重要なことなんだけど…」

ガシッ

のび太「ありがとねー!ドラえもん!」

ドラえもん「あぁ…まったくのび太くんは…知らないぞ」


12:2015/11/18(水) 00:34:49.078 ID:CBvd5kChp.net

のび太「へへっ!人の人生をエンジョイね!いいじゃない。ってもなぁ…誰の人生を?ってなるが…」

出木杉「あ、のび太くんかい?」

のび太「お!出木杉!なんだよ暇か?」

出木杉「暇じゃないよ。営業の途中なんだけどパチンコやってたんだよ」

のび太「暇じゃねーか!」

出木杉「ふふ…ま、もう3件の契約とれたからね!」

のび太「ちっ…ん!そうだ」


14:2015/11/18(水) 00:40:51.663 ID:CBvd5kChp.net

のび太「出木杉さぁ!お前、幸せだろ?」

出木杉「え…?なんだよ急に…まぁ、幸せっちゃ幸せだね…いつも、しずかの手料理を食べれるしね!」

のび太「え…??しずか??」

出木杉「そうだよ。あの、しずかちゃんだよ」

のび太「嘘だろ!?嘘だ!!だって結婚式、呼ばれてないぞ?」

出木杉「悪いね。あの式場は300人までなんだ」

のび太「くそっ!!もうお前でいい!!」

ポチッ


16:2015/11/18(水) 00:46:51.298 ID:CBvd5kChp.net

出木杉「うわぁっ!!」

のび太「あれ?僕の身体が透けていく!?」

ピカッ

辺りは閃光につつまれた

のび太「う…なんだ…気を失ってたのか?」

上司「おい!出木杉。こんなとこで何やってんだ。会社に戻らないから探したぞ」

のび太「出木杉…?そうか、僕は出木杉になったんだ!」

上司「なんだ?アホみたいなかおして?」

出木杉「うひっ!これで毎日、しずかちゃんの裸が見れちゃうもんねー!」

上司「…??」


19:2015/11/18(水) 00:53:44.089 ID:CBvd5kChp.net

上司「出木杉…最近、気張りすぎだぞ。気持ちはわかるがな…もう少し、家族サービスしたらどうだ?」

のび太「は…はぁ」

上司「休め…とは言わんが有給だってあるじゃないか。俺が課長に相談してやるから」

のび太(出木杉ってそんな頑張ってたのかよ。死ねよ!有給つかって、しずかちゃんと毎日、セクロスし放題じゃん)

上司「どうだ?」

のび太「そっすね~それ、いいですね!」

上司「わかった。相談してみる」

のび太(ちょろいぜ)


21:2015/11/18(水) 01:00:14.695 ID:CBvd5kChp.net

のび太「じゃ、お疲れ様でーす!」

上司「うん。お疲れ」

のび太「さてと、愛の巣へ帰るかな~♪」

出木杉邸

ガチャッ

のび太「たっだいまー!!帰ったよ~!しずかちゃあああん!」

シーーーン…

息子「お父さん…おかえりなさい」

のび太「子供いんのかよ!?」

娘「ママ…疲れて寝てるの」

のび太「兄妹かよ!?」

しずか「あら…あなた…おかえり…なさい…」

のび太「だいぶ、疲れてるよ!?」


24:2015/11/18(水) 01:04:27.613 ID:CBvd5kChp.net

のび太「そうだ!僕さ、これから有給とるから家族サービスできんの!嬉しい?」

しずか「…」

のび太「なんだよ!嬉しくないの??毎日、遊べんだぜ!」

しずか「あなた…本当にあなたなの?」

のび太「え…??ぼ、僕は僕さ!な、なに言ってるの?」

しずか「…だったら働いて」

のび太「え…?なんだよ。」

しずか「…あたし、明日はやいから寝るわ」

のび太「…?」


25:2015/11/18(水) 01:11:59.624 ID:CBvd5kChp.net

翌朝

昨日はダブルベッドで寝たのだが手を出せずじまいに終わった。
起きるとすでにしずかちゃんはパートに出ていた。

のび太「へへ!今日は休んじゃおう!」

息子「パパ…お仕事は?」

のび太「今日は休みだよ!嬉しいだろ?」

息子「パパ…ゆっくり休んで!」

のび太「はぁ?遊ばないの?さすが出木杉のガキだな。気配りが上手な事で!娘はどうだ?」

娘「パパはおねむしてていいの!」

のび太「お前もかよ!」

のび太「おいおいおいおい!サービスされすぎだろ!逆にぃ!ああっ!パチンコいこっ!知らんわ」


28:2015/11/18(水) 01:19:16.941 ID:CBvd5kChp.net

ジャラララ…

のび太「んだよ。出ないじゃん」

バンッバンッ

スネ夫「お客様。台を叩くのはおやめください…あっ!」

のび太「あっ!スネ夫!」

スネ夫「出木杉お前、なにやってんだ?仕事は?」

のび太「あ、用事あって休んだ。お前こそパチ屋の店員かよ~ははは!今度、のもーぜ!」

スネ夫「明日、飲む約束したじゃん。ジャイアンも一緒にさ」

のび太「ジャイアン…ちっ…ま、いいか。今は出木杉だからな」

スネ夫「…?」

のび太「出せよ」

スネ夫「お前が出ろよ」


29:2015/11/18(水) 01:27:31.144 ID:CBvd5kChp.net

のび太「あーあ!結局、3万負けかよ!ついてねーな。帰ろっかねー!」

主婦1「あの人も大変よね。旦那さんが身体が弱いらしくて働いてるみたいよ」

主婦2「なんでも、大変らしいわよ?」

のび太「あ~…ここ剛田商店じゃん。立派になったな。でも、ムカつくから買ってやらね~!」

ジャイアン「はいはい!いらっしゃいませ~!いらっしゃいませ~…?お?あれ、出木杉か?」

しずか「どうしました?」

ジャイアン「いえ、なんでも」


31:2015/11/18(水) 01:32:42.527 ID:CBvd5kChp.net

ガチャ…

のび太「ただいま~」

娘「おかえりパパ」

のび太「寂しかったかい?」

娘「んーん大丈夫」

のび太「にいちゃんは寝てんのか」

その日…僕は子供達よりも早く寝てしまった。しずかちゃんの帰りも待たずに…


32:2015/11/18(水) 01:40:51.056 ID:CBvd5kChH.net

翌日
居酒屋

のび太「聞いてくれよ!しずかちゃんさぁ!今朝だぜ?何で働かないの?だってさ!ありえなくね?家族サービスだぜ?」

スネ夫「まぁ、落ち着けよ。出木杉らしくないなぁ」

のび太「はぁ?いや、ありえねーだろ?別にゴロゴロするわけじゃないぜ?(下心はあるが)」

スネ夫「お前、働くのが生きがいになったって言ったろ?何いってんだ?」

ジャイアン「おい、出木杉。それ、本気で言ってんのか?」

のび太「あたりめーじゃん!家族サービスできない奴が大黒柱かよ!へっ!」

バシッ!

のび太「いって!」

ジャイアン「いいか!その大黒柱が今、倒れちまいそうなんだぞ!!わかってんだろ!!」

のび太「はい??」

ジャイアン「お前、あと半年の命なんだろ!?だから家族に生きざま見せたいって言ったじゃねーか!!」

のび太「え………」


34:2015/11/18(水) 01:51:25.518 ID:CBvd5kChp.net

ジャイアン「お前のためにしずかちゃんはうちで働いてんだぞ…わかってんのかよ!」

スネ夫「ジャ…ジャイアン…まぁまぁ…」

のび太「な、なんだよ…なんだよそれ…」

ジャイアン「…わりぃ出木杉。殴っちまって」

のび太「……いや、帰るわ」

ガラララ

トボトボ…

のび太「……なんだよそれ」

ドラえもん「君の悪い癖だよな。いつも説明聞かないんだから。」

のび太「ドラえもん!」

ドラえもん「その道具には条件があるんだ。変われる対象は寿命の短い者のみとなる。寿命まではその者の人生を歩む事となる。ただし、それで寿命を全うしたい場合は自身も消えてしまう。もちろん生きたいのであれば野比のび太としての人生に戻るんだ…」

のび太「…なるほどね。」

ドラえもん「僕にはこの先、何も出来ないよ。」

のび太「…」


35:2015/11/18(水) 01:59:52.266 ID:CBvd5kChp.net

出木杉邸

のび太「ごめんよ。しずかちゃん。僕はダメな夫だ」

しずか「そんなことないわ。たまには休むのもいいんじゃない」

のび太「いや、僕は働くよ。君達に生きざまを見せたいんだ」

その日、しずかちゃんから自分が末期癌であることを聞かされた。
少し、後悔していた。
この後、めちゃくちゃセックスした


36:2015/11/18(水) 02:08:03.728 ID:CBvd5kChp.net

翌日から仕事に復帰したが出木杉のようには上手くいかず
成績は右肩下がり…
でも、必死に頑張った。

そして…運命の日はきた

僕は体調を崩し、医師からは明日がとうげと伝えられた…

薄れゆく意識…僕はまさか…出木杉として死ぬのか?
しずかちゃん…息子、娘…ジャイアン、スネ夫…
いや…なんだろう…何で死にたくないなんて思ってんのかな…

ドラえもん「わかったかい?のび太くん。人の人生なんてたいして自分のものと変わんないのさ…プラスなのかマイナスなのか?答えは0なんだ。みんなそうさ…」

また…閃光につつまれていく…


37:2015/11/18(水) 02:12:05.385 ID:CBvd5kChp.net

のび太「はっ!?」

ドラえもん「起きたかい?」

のび太「生きてるの?僕は?野比のび太だよな?僕は?」

ドラえもん「そうさ。強く生きたいと願ったから君は野比のび太として戻ってきたんだ」

のび太「…」

ドラえもん「満足かい?」

のび太「いや、満足してないよ。やらなきゃいけない事がたくさんある」

ドラえもん「そう…」

のび太「まずは寝る」

ドラえもん「…」

終わり