やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

川崎「ちっちゃくなっちゃった」  21:13

八幡「俺は……本物が欲」結衣「へ」ヘックション!  00:12

八幡「るみるみのパンツが欲しい」  21:13

八幡「由比ヶ浜〇〇事件」  18:07

由比ヶ浜「ゆきのんレイプしちゃった・・・」  22:49

結衣「ねぇもしかしたらゆきのんってアスペルガー症候群なのかな?」  11:10

小町「あれから8年お兄ちゃんが引きこもって怪しい宗教をはじめた」留美「八幡」  21:13

雪乃「押すと比企谷君がとてつもなく快感を得るスイッチを作ってみたわ」  00:12

結衣「戻りたいな高校時代に・・・奉仕部に・・・」  00:12

陽乃「ぶるぁぁぁぁぁ!」雪乃「姉さんがキレった」八幡「もう、おしまいだ」  22:49

川崎「ちっちゃくなっちゃった」

1:2015/12/30(水) 22:18:27.46 ID:
大志「じゃあね、姉ちゃん。いって来ます」

京華「さーちゃん。いってきまーす!」

川崎「ん、いってらっしゃい」

 今日は総武高校創立記念日。
 ということで学校は休み。いつもならこの二人の愛しい弟妹と一緒に玄関をくぐる所だが、今日は家の中から二人を見送っていた。

大志「……家に一人だからって比企谷さんのお兄さん呼んだりしちゃ駄目だよ」

川崎「!?よ、呼ばないよ!何言ってんの大志!」

大志「嘘だよ。別に呼んでもいいよ」

川崎「だ、だから呼ばないって!」

京華「?さーちゃん、はーちゃんと遊ぶの?」

川崎「遊ばない!」

 そしてようやく二人が家を出る。
 全く……大志のやつ。いつからあんなませた子に……。
 そもそも、私があんな奴呼ぶはずがない。呼ぶはずがないのだ。
 そう、今日だって私が呼んだ訳ではないのだから。
 あちらからこっちに来るなら、ノーカン。のはずだ。

 ※八幡×川崎の俺ガイルSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451481507

続きを読む

八幡「俺は……本物が欲」結衣「へ」ヘックション!

1:2015/10/17(土) 22:50:28.88 ID:
結衣「」ヘクション! ヘックション!

八幡「」

雪乃「…………」


結衣「ご、ごめん、ヒッキー……。なんかさっきから鼻がムズムズしてて……ふぃ」フィクション!

八幡「お、おう……」

雪乃「…………」

八幡(あれ? 今、フィクションってくしゃみで言ったよな……?)

雪乃(……今、フィクションっていう風にくしゃみが聞こえた気が……)

結衣「ふぃ……」フィクション!!

八幡「…………」

雪乃「…………」

八幡「……このくしゃみは、実在の人物、団体には一切関わりがありません……」ボソッ

雪乃「っ……!」ブフッ!! ←ちょっとツボに入った

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445089828

続きを読む

八幡「るみるみのパンツが欲しい」

1:2015/12/10(木) 23:15:41.21 ID:
八幡「一つ依頼がしたい。一色の言っていたクリスマスイベントが想像以上にやばくて、手伝ってもらいたいんだが」

雪ノ下「けれど」

八幡「いや、言いたいことは分かる。俺が勝手にやったことだ……千葉村の小学生を覚えているか?あの子も参加してるんだが」

由比ヶ浜「ああ、留美ちゃんだっけ?」

八幡「そうだ。その鶴見留美のパンツがほしい」

雪ノ下「え?」

由比ヶ浜「は?」

八幡「俺の性癖が遠因になってるし、むしのいい話をしてんのはわかってる。それでも、頼みたい」

雪ノ下「いや…あなたは何を言っているの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449756940

続きを読む

八幡「由比ヶ浜〇〇事件」

1:2016/01/16(土) 09:33:20.67 ID:
八幡(事件はいつでも突然起こるものだ)

八幡(犯行予告などもあるが、犯行予告を出されてる時点でそれは事件が始まっているのである)

八幡(つまり事件は未然に防ぐ事など出来はしない)

八幡(だから俺と雪ノ下は今回の事件を未然に防ぐことが出来なかった)

八幡(そして事件の始まりは…)


結衣「やっはろー!」ガラッ


八幡(由比ヶ浜が部室に来たことだった)

八幡「……うす」


雪乃「……こんにちわ」


八幡(その事件の内容とは……)

八幡(由比ヶ浜の鼻毛はみ出している事件だ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452904400

続きを読む

由比ヶ浜「ゆきのんレイプしちゃった・・・」

1:2016/01/27(水) 23:30:07.44 ID:
雪ノ下「うっ・・・うぅ・・・っ!」ポロポロ

由比ヶ浜「ど、どうしよう・・・!?」オロオロ

雪ノ下「酷いわ・・・酷いわ由比ヶ浜さん・・・!」

雪ノ下「貴女はこんなことをするような人じゃないと思っていたのに・・・!」グスッ

由比ヶ浜「ゴ、ゴメンってゆきのん」

雪ノ下「うぅ・・・っ!」ポロポロ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453905007

続きを読む

結衣「ねぇもしかしたらゆきのんってアスペルガー症候群なのかな?」

1:2015/12/09(水) 12:23:01.86 ID:
雪乃「それはどういう意味かしら?」

結衣「だって空気は読まないし他人の気持ちを考えずに酷い暴言を吐くじゃん?普通の人ならまずそんな事言わないでしょ?」

雪乃「それは私が普通じゃないと言いたいのかしら?」

結衣「えぇっ!?今更!?ゆきのん自分の事が普通だと思ってたの!?ないないない!」

八幡「人に向かってアスペルガー症候群とか言っちゃうお前も相当普通じゃないけどな。」

雪乃「そうよ…由比ヶ浜さん貴方は遠慮という言葉を知らないのかしら?」

結衣「遠慮!?ゆきのんに言われたくないんだけど!?ゆきのんなんて言いたい放題言って好き放題生きてるだけじゃん!」

雪乃「それは心外ね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449631381

続きを読む

小町「あれから8年お兄ちゃんが引きこもって怪しい宗教をはじめた」留美「八幡」

1:2015/11/15(日) 21:22:19.48 ID:
八幡×ルミルミ第二弾
夏に昔のあるゲームを最初から再プレイした時思いついたネタ
ハッピーエンドです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447590139

続きを読む

雪乃「押すと比企谷君がとてつもなく快感を得るスイッチを作ってみたわ」

1:2016/01/25(月) 16:15:57.89 ID:
結衣「スゴいね、ゆきのん! そんなスイッチ作ったんだ!」

雪乃「ええ、苦労したわ。だけどその苦労に見あうだけのものよ」

結衣「じゃあ、早速押してみるし!」ポチッ


\ んほおおおおお!! /


雪乃「成功ね」

結衣「流石ゆきのんだし!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453706157

続きを読む

結衣「戻りたいな高校時代に・・・奉仕部に・・・」

1:2015/12/27(日) 10:04:30.21 ID:


 in 奉仕部

結衣「・・・・・・」ガツガツガツ

雪乃「・・・・・・」オロオロ

八幡「・・・・・・」ジーッ

結衣「・・・・・・」ゴクゴクゴク

結衣「ゆきのーん♪ 紅茶お代わり♪」

雪乃「由比ヶ浜さん、少し飲みすぎよ・・・もう9杯目「紅茶!お代わり!」・・・はい」

八幡 (由比ヶ浜の機嫌が悪い)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451178270

続きを読む

陽乃「ぶるぁぁぁぁぁ!」雪乃「姉さんがキレった」八幡「もう、おしまいだ」

1:2015/08/28(金) 23:38:24.20 ID:
*この話はカオスです。キュラ崩壊注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440772704

続きを読む


上に戻る
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ
QRコード
QRコード
アクセスランキング ブログパーツ Subscribe with livedoor Reader