SS古今東西

インフィニット・ストラトス

シャル「壁ドン?」ラウラ「そうだ」

1:2015/09/24(木) 00:15:59.690 ID:tcIPaIi00.net

シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」


鈴「一夏を落としたい」弾「手伝おう」

1:2015/09/23(水) 17:51:11.424 ID:CO6XPd3X0.net

弾「鈴一人で俺の家に来るなんて珍しいな。何の用だ?」

鈴「ちょっと一夏のことで相談がね」

弾「あぁ、恋愛相談か。なるほどな。しかしまた急になんでだ?」

鈴「それが最近ライバルとの一夏争奪戦が激化して……何とかリードしたくて」

弾「ほぁー……IS学園はとんでもないことになってんなぁ」

鈴「まぁそういうことだから、男目線で女の子のドキドキする仕草とかシチュエーションとかを教えて欲しいのよ」

弾「オッケーわかった。まかせとけ!」

鈴「ありがと、弾」


千冬ねえ「アッアッ・・・一夏・・・実の兄弟なんだぞ・・・」 スパパーン 一夏「あ?ケツ振れ」

1:2015/09/10(木) 19:32:52.393 ID:xVYECq9f0.net

一夏「ああああああ・・・もう・・・でるッ・・・」

千冬「ああヤメテェ・・・もう排卵日過ぎてるんだよおおおお」


一夏「し、小便もれるううううううううう!!!」

1:2015/07/22(水) 00:24:55.309 ID:PQwkCsoZ0.net

一夏「漏れる漏れる漏れる漏れるトイレトイレトイ……どおずぎるうううううう」

一夏(そ、そこらへんでやるか?駄目だ、土の地面ならまだしも屋内でやるのは流石に……)

一夏(なら女子トイレ……見られたらヤバイ……いや、というか)

一夏「もう……無理……」

箒「どうした一夏?顔が真っ青だぞ」

一夏「ほ、箒!!」

一夏(も、もうこれしかねえ!!)

一夏「箒!俺の小便を飲んでくれ!!」

箒「……は?」


一夏「性欲爆発」

1:2015/04/19(日) 02:24:00.89 ID:41KzKiQQO

一夏「やべぇ、もう限界かも」

シャル「どうしたの?」

一夏「ここに入って早3ヶ月」

一夏「未だ出せてないんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429377840



箒「ぬわあああん、疲れたもおおおおおおん」その2

1:2015/03/24(火) 20:59:58.37 ID:qbWSOwWM0

KBTIT「皆さん、ご無沙汰しております」

KBTIT「悶絶少年専属調教師のタクヤと申します(丁寧)」

KBTIT「前回のIS<インフィニット・ストラトス> 淫夢編 第一章(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425913225/)はいかがでしたでしょうか」

KBTIT「IS<インフィニット・ストラトス> 淫夢編は、比較的オーソドックスな糞ホモ描写がたくさん盛り込まれているかと思います」

KBTIT「これからお見せするSSも基本的な糞ホモ描写をお見せしたいと思います」

KBTIT「今回のキーマンになる少年はいちかっ!」

KBTIT「ハンサムなマスクと、均整の取れた体(嫉妬)」

KBTIT「まだ16歳のこの少年はIS学園の危機を救うことができるのでしょうか」

KBTIT「それではご覧ください」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427198398



一夏「シャルル…シャルル…」シコシコシコシコ

1:2014/08/24(日) 23:03:28.21 ID:k4KVYnTk0.net

シャル(うわぁ…一夏ったらボクの名前呼んでオナニーしてる。やっぱりボクの事好きなんだ///)

一夏「シャルル…シャルル!!」

シャル(クスッ。たまたま部屋に遊びに来たらいいものみちゃった。あとでラウラにでも自慢しよっと)

一夏「ああシャルル!かわいいよシャルルゥー!!」ドプドプ


千冬「なに!?学園をやめたいだと!?」

1:2014/04/14(月) 21:10:04.44 ID:xXHjt6bN0

一夏「うん」

千冬「なぜだ?わけを話せ」

一夏「いや、千冬姉にはちょっと・・・」

千冬「学校では・・・ってまぁいい」

千冬「わたしにも話せないようなことなのか?」

一夏「うん」

千冬「しかしだな、教員としてはその理由を把握しなくてはならない」

千冬「言いにくいかもしれないが話して楽になることもあるのだぞ?」

一夏「マジで?」

千冬「ああ、姉としても相談に乗ってやらんでもない」

一夏「・・・」

一夏「実は学園に入ってからずっとAVが見れてないんだ」

千冬「・・・」

千冬「もう一度言ってくれ」

一夏「学園に入ってからずっとAVが見れてないんだ」

千冬「・・・」

千冬「・・・」

千冬「・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397477404



一夏「いただきます」

1:2014/03/15(土) 19:08:37.03 ID:R7YlQ+ob0

一夏「あれ?」

シャル「どうしたの一夏?」

一夏「何かが足りない…」

セシリア「何かって何ですの?」

一夏「えっと…何かがー」

ラウラ「嫁よはっきりしろ」

一夏「食べてみりゃ分かるか」

箒「食べて分かるのか」

一夏「ああ、分かったぞ!」

箒「分かったのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394878116



シャル「一夏が鈴に告白するって?」

1:2014/03/08(土) 17:49:54.65 ID:6xUQ3xtF0

シャル「本当なの一夏?」

一夏「ああ、告白する。俺は鈴に会ってからずっと鈴のことが好きだ。これからいってくる。相談乗ってくれてありがとなシャル」

シャル「そ、そうなんだ。が、頑張ってね一夏…」
(そんな…このままだと鈴に一夏をとられる。何か阻止する手は。そうだ!ああすれば…)
「今まで相談に乗るふりして邪魔をしても上手くいかなかった。告白の段階まで来てしまったけど、今回ならきっと上手くいくはず」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394268594








Twitter
Twitterロゴ
SS検索

最新SS一覧
カテゴリー



カレンダー
お問い合わせ

名前
本文
QRコード
QRコード